メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ykk ビスロン 5vs」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
ゴトーガットVSVG-B ブラック定番ウィルキンソン

Amazon

15,638

ゴトーガットVSVG-B ブラック定番ウィルキンソン

「定価21000円」 ★VS100と同等の性能で、ヴィンテージのフィーリングとサウンドを備えたブリッジを望むロサンゼルスのトップギタープレイヤーからのリクエストにより、このデザインへの挑戦は始まりました。 それはクラシックな折り曲げ式スチールサドルと6穴のナイフエッジについて根本から再考する機会となりました。 1954年に"Leo Fender"が設計したものを重量、材質、寸法等を再現し、同音を作り上げるのはとても容易でした。 しかし、アーム使用後に同じ位置へブリッジを戻すことは別問題でした。 このスタイルの伝統的ブリッジにおいて、ブリッジ使用後に6つの穴、及び6本のネジが時々絡んでチューニングの安定が失われ、上下半音程度の狂いを生じることはよく知られた事実です。 VSVのユニークなナイフエッジを観察すると、私たちがどのようにこの問題を解決したか理解していただけるでしょう。 前面の5つの小さな穴を楕円に伸ばすことによって、穴とビスの絡みを排除し、VS100と同じようにスムースにブリッジを元の位置に戻しているのです。6つ目の穴は通常のサイズで、ブリッジの横ずれを防止します。 スペシャルデザインの折り曲げ式スチールサドルは、あのヴィンテージ・フィーリングと音色を完璧に再現し、その前部の特別な曲面形状は、弦高調整ビスがサドル表面より突出しないように設定されており、ブリッジをよりスムースに使用可能です。 さらにチューニングの安定を助けるのはスチールブロックに穿った独特な弦穴です。サドルの調律ポイントにかかる弦の角度を適正化するため、弦穴が一直線上にならないようデザインされ、オリジナル・ヴィンテージブリッジで通常みられる問題点を解決しています。 また、他の全ての"Wilkinson"デザインと同様、サドルはロックされているため...

送料無料
nature sound VS-BB

MUSICLAND KEY 渋谷店

32,400

nature sound VS-BB

名機Brues Breakerを元にNature Sound独自のチューニングが施された「ヴィンテージシリーズVS-BB」 ヴォリューム、ゲインの操作性、音色、周波数特性、サスティン等あらゆる角度から徹底解析し、オリジナルのデメリットを解消したローゲインオーバードライブ/クリーンブースターです。 2013年極少量のみ制作された同モデルを再度検証、PCB基盤へ設計変更する事でコストダウンが実現いたしました。 入力初段キャパシターにオイルコンデンサ(Vitamin-Q)を使用し、伸びのある滑らかな高域と、太く芯のある力強さ、リアリティのあるミュージカルな音色をアウトプット。 オイルコンデンサのサウンドをシステム全体に生かすべく、バッファードバイパス/トゥルーバイパススイッチを新たに装備しました。 外観は、高い強度と輝きを兼ね揃えたウレタン塗装仕上。nature soundが大切にする 「堅牢さ」「美しさ」を追求しています。 こだわりのヴィンテージパーツを効果的に配慮し、全ての工程、細部にいたるまで、 ビルダーの薫田氏による完全ハンドメイドにて一つ一つ丁寧に組み上げています。 スペック サイズ:約86mm(W)×122mm(D)×55mm(H)名機Blues Breakerサウンドを忠実にコピー!!

VG KTR-LG VS

MUSICLAND KEY 渋谷店

108,000

VG KTR-LG VS

KTRアコースティックシリーズ第二弾!! 50年代Gibson LGを基に製作した"KTR-LG"。 KTR-45同様に、剛性もあり粘りのあるトーンが魅力のシトカスプルーストップ、 サイド&バックには軽やかな立ち上がりのマホガニーを採用のLG。 小振りなボディシェイプからは想像できないような、ふくよかなサウンドを狙いました。 今回特にこだわったのはサイド材。 通常のLGだと小さいボディでオール単板仕様ですので、ミッドレンジがきつく音像が若干ぼけた感じになりがちです。 "KTR-LG"は違います。 よりトップ&バック板が振動するように、サイド材をタイトに仕上げました。 ・・・そうです、サイド板はあえての"合板"に仕上げてあります。 そうする事により、より締まったバランスの良いサウンドになるのです。 もちろんネック材はKTR-45同様に30年以上自然乾燥されていた極上ストック材のマホガニーを採用。 サウンドに大きく影響する部分だけに、こだわりの材以外を使用するわけにはいきません。 やはり、このマホガニーの"カンカン"という音がKTRシリーズのトーンには必要不可欠です。 実際にビンテージのLGから採寸することで表面的な弦の“鳴り"ではなく、ボディ全体で“鳴る"楽器に仕上げています。 弾き込んだ時の深みのあるサウンドはここから生まれるのです。 あとはあなたの“ 音色 "に育ててください。 ~Key to the Rock Seriesとは?~ “何もあきらめない本当の楽器作り"を実現した、私達が考える“良い楽器" を提案するシリーズ。現在の生産体制ではコスト計算上できないことが多いため、本当に良いものが作れないと言う事情を根底からひっくり返しました。 できれば各店店頭で実際に手にとってお試しいただき、その"本気度"を体感してください。 ...

送料無料
TRUETONE オーバードライブ VS-XO OVERDRIVE

Amazon

20,786

TRUETONE オーバードライブ VS-XO OVERDRIVE

VS-XO は、2チャンネルのオーバードライブです。右チャンネルは腰のある中域を持たせ、Drive、Tone、Voulumeコントロールに加え、歪みのクリップ特性を設定するスイッチ、ベースの設定スイッチを持っています。左チャンネルはDrive、Tone、Voulumeコントロールに加え、Bassコントロールを持たせ、中域はフラットです。2つのチャンネルは、別々にあるいはチャンネル順を入れ替えても使えるようにそれぞれ入出力を持っています。 ギターからの信号を[DRIVE-1 / IN] に接続し、[DRIVE-2 / OUT] にアンプへの配線をすれば通常のシリーズ接続として機能し、[DRIVE-1 / OUT] と [DRIVE-2 / IN] はセンド/リターンとして機能させることが出来ます。両[DRIVE]の接続順を逆にしたい場合は、ギターからの信号を[DRIVE-2 / IN]に接続、[DRIVE-2 / OUT]→[DRIVE-1 / IN]、[DRIVE-1 / OUT]→アンプ…というように接続します。場合によっては各[DRIVE] に別々のギター、別々のアンプを接続して使用することも考えられます。 スイッチングシステムはリレーによるトゥルーバイパスを導入しています。それに加え、音質の維持を望む方には各チャンネルごとに内部スイッチでPure Toneで使用されているバッファを通すこともできます。 ● 電源:DC9v/006P乾電池 ● 寸法:130mm(W) x 113mm(D) x 55mm(H) ● 重量:約660g

スポンサーリンク
スポンサーリンク