メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「北村西望作品」検索結果。

北村西望作品の商品検索結果全77件中1~60件目

北村西望『聖観世音菩薩』

東京書芸館

95,143

北村西望『聖観世音菩薩』

■ブロンズ像 ■寸法(約):高さ25×幅8cm×奥行8cm、重さ1.5kg ■北村西望直筆の「洗心長寿」の複製色紙を無料贈呈 ■証書つき ■作家銘入り ■桐箱入り ■お届けに約1ヶ月。 ■送料は1点につき別途648円(税込)をお申し受けます。■まさに、見るほどに深く心を打つような、温かく崇高なご尊顔です。 どこか古仏を思わせる素朴なたたずまいですが、作者の人格の高さ、慈しみの心が、見るものの心に響いてくる稀有なご尊像。 本作品『聖観世音菩薩』の作者は、長崎平和公園の「平和祈念像」などの作品により、世界的に知られる巨匠・北村西望。 近代彫刻史上に燦然と輝くその作品は、今もなお私たちに深い感動を与えてやみません。 今回は、北村西望没後20周年記念として、巨匠の偉業を称え、 本作品を頒布する運びとなりました。 ■本作品は、104年という生涯を誠実に生きた偉大な芸術家・北村西望その人が、一個人として信仰し続けた観音様そのものが、 かけがえのないお姿として、見事に造形されています。 どのような気持ちで拝しても、深い安らぎの世界に導いていただけるような大悲大慈の御心を見事に表現。 ■西望独特の荒削りなタッチの彫りと、胸の瓔珞(ようらく)、 腕の臂釧(ひせん)、腕釧(わんせん)などの実に精緻な細部の対比の妙。 優美なご尊顔、天衣の流麗な曲線、裳のたゆたいが、堂々としたお姿と高い調和を示しています。 古色を帯びた深みある青銅の輝きも、 独特の落ち着いた魅力を作り上げています。 まさに、西望作品を代表する聖観世音菩薩です。 ■本作品『聖観世音菩薩』は、西望の原作に忠実なブロンズ像として、高度な鋳造技術により製作いたしました。 ご家庭のお仏壇に安置するご本尊として、優れた仏教美術作品として、代々伝えるべき家宝にふさわしい名作となっております。...

北村西望『不動明王』

東京書芸館

129,600

北村西望『不動明王』

西望のダイナミックで雄大な彫刻は、 高さ16.5cmの小座像とは思えない迫力! 玄関や部屋に安置していただくのに最適の大きさです。 ■原型をもとにブロンズにて緻密に制作。 「青銅色」の像に「金粉」を塗りこめ、 《金色の美》をかもし出します。 ■本体背面に【大慈無邊 西望】の刻印 (大慈無邊とは、御仏の慈愛は限りなく広大である、との意) ■黒の木製台座つき ■桐箱入り ■短冊『大慈無邊』(西望自筆の複製)つき ■寸法:高さ16.5×幅12.5×奥行8.5cm ■お届けは、約2週間後になります。 ■送料は1点につき別途648円(税込)をお申し受けます。北村西望 略歴 ■明治~昭和の日本の彫刻界をリードした世界的芸術家。104歳まで制作に没頭した史上まれな巨匠として名高い。 ■明治17年、長崎県の仏教に篤い農家に生まれる。京都市立美術工芸学校(京都市立芸術大学)と東京美術学校(東京芸術大学)を首席卒業し、文展に初入選。36歳で帝国美術展審査員、38歳で東京美術学校教授就任。昭和3年、昭和大礼記念章受章。同10年に帝国美術院(現・日本美術院)会員、同13年に国会議事堂に作品「板垣退助」が設置され、同33年に文化勲章受章。皇居の新宮殿に名作「天馬」を制作、また皇太子(現在の天皇)ご夫妻がアトリエを視察される栄に浴す。日本芸術院第一部長、日展会長・名誉会長、日本彫塑会名誉会長など要職を務める。老いてもかくしゃくと制作に専念するも、昭和62年、104歳の天寿を全うした。

送料無料
北村西望 パネル 松梅猪寿 送料無料

掛け軸・絵画の専門店 掛軸堂画廊

108,000

北村西望 パネル 松梅猪寿 送料無料

松と梅のおめでたい図柄に、力強く駈けていく猪の姿を表現した作品です。 品 名 松梅猪寿 寸 法 作品本体 高さ27cm×幅25cm 額寸法 高さ46.5cm×幅44.5cm 作 家 北村西望(きたむら・せいぼう) ◆この作家の作品一覧はこちら◆ 略 歴 ページ上(↑)をご覧下さい。 体 裁 【材質】 ブロンズ製 【桐箱】 直筆木版署名入り 色紙付き 色 紙 松梅猪寿 老松に熟年を 花を咲かせた梅樹に壮年を 森にかける猪に青年を 耐える事なく繁る小笹に幼年を 人生の継りを自然に 喩えて彫んで見た 人の一生は 猪の山を駈けるが如く 老境に感ずる 人生冬もあり 春もあり 又楽しからずや 白寿 西望塑人 謹筆 特 典 熨斗(のし)ラッピング無料! 全国送料無料!郡部・離島など、一部地域でも追加料金は頂きません!ご安心ください。 ↑クリックすると、それぞれのコーナーをご覧いただけます!↑北村西望パネル【松梅猪寿】(ブロンズ製) ◆北村西望 先生 略年譜◆ 明治17年12月16日長崎県南高来都にて出生 明治45年東京美術学校彫刻科卒業 大正4年第9回文展初入選 大正7年第12回文展に「将軍の孫」出品 大正14年帝国美術院会員「若き日の母」「母子像」出品 昭和30年長崎「平和祈念像」完成 昭和33年文化勲章 文化功労者顕彰 日展創立 昭和43年第16回日本彫刻塑展覧会に「笑う少女」出品 昭和44年社団法人日展改組、会長 昭和45年社団法人日本彫塑会改組、名誉会長 昭和47年長崎県島原城内に西望記念館完成 昭和49年日展名誉会長 昭和50年長崎県有馬町に「西望公園」完成 昭和52年広島市中央公園 鯉「飛躍」設置 昭和53年信貴山に第10回日展出品作「聖徳太子像」「いかるがの王子」を設置 昭和56年東京都青梅市御岳山頂「畠山重忠公像」設置...

北村西望作品『平和祈念像』ブロンズ像/通販/作者銘入/桐箱付

東京書芸館

216,000

北村西望作品『平和祈念像』ブロンズ像/通販/作者銘入/桐箱付

■材質:材質:ブロンズ ■寸法(約):【本体】高さ25×幅22×奥行13.5cm、重さ2.7kg 【台座】高さ3×幅19.5×奥行16cm ■桐箱入り ■お届けは受注から約2ヵ月後。 ■発送手数料は1点につき648円(税込)をお申し受けます。北村西望 『平和祈念像』 ~戦災犠牲者へ哀悼の意を捧げ続けた巨匠の代表作にして最高傑作と名高い名像を復刻~ ■彫刻史に偉大な足跡(そくせき)を遺(のこ)した文化勲章作家、北村西望。没後もその名が人々の心にあり続けるのは、戦災犠牲者へ追悼(ついとう)の意を作品に込め、平和を祈り続けたからに違いありません。中でも最高傑作とれ高い「平和祈念像」は巨匠の創作魂を最も深く感じ取ることができます。 ■天に掲げる右腕は原爆の脅威(きょうい)を示し、水平に伸ばした左腕は平和を表現。そっと閉じた両眼は被爆者の冥福(めいふく)を祈る気持ちを表しています。 「顔は戦争犠牲者の冥福を祈る 是人種(これじんしゅ)を超越した人間に 時に仏 時に神」——。 巨匠の言葉通り、力みなぎる姿は神仏を超えた愛に満ちています。世界的名像の復刻作をご所蔵になり、末長くご所蔵ください。作者銘入り。箱書き入り桐箱つき。 ~北村西望 略歴~ 明治17年、長崎県生まれ。 大正5年、第10回文展に出展した「晩鐘」が特選主席を授与されたことを皮切りに、同6年「光にうたれる悪魔」が第11回文展推薦となる。この快挙を契機に文展常連出品者から文展作家となる。同8年、1回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となり、以後歴任。同14年、帝国美術院会員となる。 今回ご紹介する『平和記念像』は昭和30年に完成。 このほか歴史的作品は数え切れず、森鴎外や陸軍幹部との親交が深かったことから、彼らから依頼された作品も数多く遺している。 同33年には文化勲章...

【置物・美術品】北村西望『知恩』ブロンズ像■新品★

アート明日香

158,760

【置物・美術品】北村西望『知恩』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 知恩 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:22×幅:23 cm 補足説明 銅製 状態 新品 付属品 木製石台 桐箱 エディション — ◆ 北村 西望(Seibou Kitamura)◆1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村 白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま 彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、 ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で 研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。 文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。 以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。 千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。 (1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、 霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、 現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 児玉源太郎大将騎馬像完成し、 満州の新京児玉公園に設置される。1944...

【置物・美術品】北村西望『猛進』ブロンズ像■新品★

アート明日香

39,960

【置物・美術品】北村西望『猛進』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 猛進 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:9×幅:20×奥行:8 cm 補足説明 銅製 作家刻サイン入り 状態 新品 付属品 塗板 墨署桐箱 エディション — 躍動感溢れる猪の姿をブロンズで表現した名作です。猪は、古来より、豊作を司る田の神の使いとされてきました。多産で生命力があり、あらゆる災厄をものともせず、成功に向かって「猪突猛進」すると言い伝えられる吉祥動物です。美術品としての価値はもちろんのこと、干支飾りとしてもお愉しみ頂ける縁起の良い逸品で、小振りなサイズですので、常に身近に飾り運気隆盛を祈念しつつ、ご鑑賞ください。◆ 北村 西望(Seibou Kitamura)◆1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村 白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま 彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、 ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で 研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。 文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。 以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。 千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。 ...

送料無料
■ 北村西望『優風』ブロンズ像【R180】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 ひつじ 羊 ヒツジ 十二支 干支

ココクレアcococlea

172,800

■ 北村西望『優風』ブロンズ像【R180】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 ひつじ 羊 ヒツジ 十二支 干支

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 優風 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:14×幅:23×奥行:11 (cm) 新品 銅製 木製石台付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

【置物・美術品】北村西望『おかあさん(小)』ブロンズ像■新品★

アート明日香

196,560

【置物・美術品】北村西望『おかあさん(小)』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 おかあさん(小) 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:27×幅:14×奥行:9 cm 補足説明 銅製 作者刻サイン入り 状態 新品 付属品 桐箱 エディション — ◆ 北村 西望(Seibou Kitamura)◆1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村 白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま 彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、 ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で 研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。 文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。 以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。 千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。 (1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、 霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、 現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 児玉源太郎大将騎馬像完成し、 満州の新京児玉公園に設置される...

【置物・美術品】北村西望『優風』ブロンズ像■新品★

アート明日香

172,800

【置物・美術品】北村西望『優風』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 優風 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:14×幅:23×奥行:11 cm 補足説明 銅製 状態 新品 付属品 木製石台 桐箱 エディション — ◆ 北村 西望(Seibou Kitamura)◆1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村 白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま 彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、 ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で 研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。 文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。 以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。 千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。 (1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、 霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、 現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 児玉源太郎大将騎馬像完成し、 満州の新京児玉公園に設置される。1944...

送料無料
■ 北村西望『将軍の孫(小)』ブロンズ像【R186】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 塗板付 桐箱 銅像 ブロンズ像 男の子 子供の日

ココクレアcococlea

92,880

■ 北村西望『将軍の孫(小)』ブロンズ像【R186】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 塗板付 桐箱 銅像 ブロンズ像 男の子 子供の日

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 将軍の孫(小) 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:25×幅:13×奥行10 (cm) 新品 銅製 塗板付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

送料無料
■ 北村西望『将軍の孫』ブロンズ像【R187】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 男の子 子供の日

ココクレアcococlea

189,000

■ 北村西望『将軍の孫』ブロンズ像【R187】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 男の子 子供の日

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 将軍の孫 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:33×幅:18×奥:13 (cm) 新品 銅製 木製石台付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

送料無料
■ 北村西望『福寿子(丑)』ブロンズ像【R185】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 塗板付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 うし 牛 ウシ 十二支 干支

ココクレアcococlea

216,000

■ 北村西望『福寿子(丑)』ブロンズ像【R185】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 塗板付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 うし 牛 ウシ 十二支 干支

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 福寿子(丑) 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:14×幅:34×奥行:24 (cm) 新品 銅製 塗板付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

送料無料
■ 北村西望『おかあさん(小)』ブロンズ像【R283】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 桐箱付き 作者刻サイン入り 母の日: 親子 母子像 和服 人物像

ココクレアcococlea

196,560

■ 北村西望『おかあさん(小)』ブロンズ像【R283】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 桐箱付き 作者刻サイン入り 母の日: 親子 母子像 和服 人物像

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 おかあさん(小) 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:27×幅:14×奥行:9 (cm) 新品 銅製 桐箱付き 作者刻サイン入り ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成...

送料無料
■ 北村西望『瑞祥(辰)』ブロンズ像【R182】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 塗板付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 龍 竜 りゅう ドラゴン 十二支 干支

ココクレアcococlea

97,200

■ 北村西望『瑞祥(辰)』ブロンズ像【R182】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 塗板付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 龍 竜 りゅう ドラゴン 十二支 干支

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 瑞祥(辰) 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:16×幅:28×奥行6 (cm) 新品 銅製 塗板付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

送料無料
■ 北村西望『悠風』ブロンズ像【R184】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 塗板付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 とら 虎 タイガー 十二支 干支

ココクレアcococlea

205,200

■ 北村西望『悠風』ブロンズ像【R184】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 塗板付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 とら 虎 タイガー 十二支 干支

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 悠風 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:19×幅:36×奥行:19 (cm) 新品 銅製 塗板付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

送料無料
■ 北村西望『躍進』ブロンズ像【R181】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製・金青銅)木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 馬 ウマ うま 午 十二支 干支

ココクレアcococlea

162,000

■ 北村西望『躍進』ブロンズ像【R181】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製・金青銅)木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 馬 ウマ うま 午 十二支 干支

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 躍進 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:35×幅:35×奥行:10 (cm) 新品 銅製・金青銅)木製石台付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

【置物・美術品】北村西望『瑞祥(辰)』ブロンズ像■新品★

アート明日香

97,200

【置物・美術品】北村西望『瑞祥(辰)』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 瑞祥(辰) 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:16×幅:28×奥行6 cm 補足説明 銅製 状態 新品 付属品 塗板 桐箱 エディション — ◆ 北村 西望(Seibou Kitamura)◆1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村 白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま 彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、 ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で 研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。 文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。 以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。 千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。 (1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、 霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、 現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 児玉源太郎大将騎馬像完成し、 満州の新京児玉公園に設置される。1944...

送料無料
■ 北村西望『知恩』ブロンズ像【R177】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 犬 いぬ イヌ ドッグ 十二支 干支

ココクレアcococlea

158,760

■ 北村西望『知恩』ブロンズ像【R177】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 犬 いぬ イヌ ドッグ 十二支 干支

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 知恩 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:22×幅:23 (cm) 新品 銅製 木製石台付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

送料無料
■ 北村西望『猛進・亥』ブロンズ像【R176】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 いのしし イノシシ 猪 十二支 干支

ココクレアcococlea

172,800

■ 北村西望『猛進・亥』ブロンズ像【R176】 【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 木製石台付 桐箱 銅像 ブロンズ像 動物 いのしし イノシシ 猪 十二支 干支

商品の詳細 作家名 北村西望 作品名 猛進・亥 技法 ブロンズ像 外寸 高さ:16×幅:31×奥行:12 (cm) 新品 銅製 木製石台付 桐箱 ■ 北村 西望(Seibou Kitamura)1884-1987 ■代表作に大作の「長崎平和祈念像」がある。文化勲章受章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞」(単に「西望賞」とも)の名を冠している。1884 12月16日、長崎県南高来郡南有馬村白木野字宮野木場に生まれる。1903 京都市立美術工芸学校彫刻科入学。 彫刻とは、木を彫ることぐらいしか頭にないまま彫刻家への志を立てる。 生涯の最愛の友であり、ライバルである建畠大夢と出会う。1912 東京美術学校彫刻科を主席で卒業。1914 郷里にて結婚式を挙げ東京へ戻る。1915 西望の長男「治禧」(はるよし)誕生。 第九回文展に「怒涛」を出品、最高賞(二等賞)を受賞。1916 第十回文展に「晩鐘」を出品、特選主席を受ける。 建畠大夢・池田勇八・国方林三ら4名で研究会「八手会」(やつで)を結成。1917 「光にうたれる悪魔」が第十一回文展推薦となる。文展常連出品者から文展作家となる。1919 第一回帝国美術院美術展覧会彫刻部審査員となる。以後歴任。1921 東京美術学校教授に任命される。千々石村に橘中佐像建てられる。(1954年復活建立)1923 寺内元帥騎馬像完成、東京の三宅坂に設置。(1943年の銅像供出で撤去され鋳潰される。)1925 帝国美術院会員となる。1930 山県有朋元帥像が完成し、霞ヶ関の陸軍大臣官邸に置かれる。 (戦時中の供出を逃れ上野に移され、現在は井の頭彫刻園に置いてある。)1938 「板倉退助翁」像完成・国会議事堂内に設置。 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク