メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アート」検索結果。

アートの商品検索結果全16,400件中1~60件目

尾形光琳 国宝 紅白梅図(ピエゾグラフ)/軸装 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

350,000

尾形光琳 国宝 紅白梅図(ピエゾグラフ)/軸装 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

国宝「紅白梅図」で新年を祝ぐ大胆な構図と洗練された色彩感覚で多くの人を魅了する尾形光琳。江戸中期に活躍した光琳は万治元年(1658年)、京都の呉服商の家に生まれ、狩野派の山本素軒をはじめ本阿弥光悦や俵屋宗達の作品などからも影響も受けて大成した、琳派を代表する絵師です。そんな光琳の晩年の傑作といわれているのが国宝「紅白梅図屏風」。二曲一双の屏風に、春の訪れをいち早く伝える紅白の梅の木が向かい合い、その間を縫うようにたっぷりと雪どけの水が流れているという、まさに春の到来を描いた傑作です。紅白の梅はぽつぽつとほころびはじめ、のちに“光琳梅"と呼ばれる意匠性の高い技法で描かれています。ごつごつと節くれだった幹は苔むして風雪に晒されてきたことを物語ります。見る人に迫りくる卓越した筆さばきの水紋など、精神を揺さぶられる名画といえます。超高密度技法により、光琳の傑作を再現。「紅白梅図」を再現するのに、最新技術の“ピエゾグラフ"を使用。“ピエゾグラフ"は、近年美術業界で注目されている“ジークレー"という複製技術の一種です。ジークレーとは、フランス語で“吹き付けて色をつける"という意味で、原画をデジタル化してコンピューターに取り込み、インクを紙に吹き付けて印刷する方法です。作家の独特な筆のタッチを忠実に再現することから、美術館では所蔵する絵画の複製を作り実物の代わりとして展示することもあるほどの作品です。

狩野芳崖「悲母観音」(ピエゾグラフ)/額装 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

350,000

狩野芳崖「悲母観音」(ピエゾグラフ)/額装 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

芳崖の一大傑作をご家庭で鑑賞する贅沢。幕末から明治期に活躍し、近代日本画の父と讃えられる狩野芳崖。日本美術の確立を目指していたアメリカ人美術学者フェノロサの目に留まり、美術運動家の岡倉天心らが組織した鑑画会において中心的存在を担った絵師です。芳崖が死の直前まで全精力を傾けたのが「悲母観音」。フェノロサがヨーロッパの「聖母マリア図」に比肩する作品を、と芳崖に依頼した作品です。完成後、天心が「近世にこの絵画に比べ得る作品はない」と絶賛した、芳崖芸術の帰結点であるとともに日本近代画の出発点とも位置づけられる傑作です。生まれ出づる善財童子に、生命の霊水を静かに注ぐ観世音菩薩。菩薩の眼差しと微笑は永遠の慈愛を湛え、一心に見上げる幼い瞳は清浄無垢な魂そのもの。日本画独特の淡く複雑な色調と、極細の絵筆で丹念に描かれた情景が清らかに澄みわたります。こちらは、その「悲母観音」をご家庭に居ながらにしてじっくり味わえるよう再現した作品です。再現に使用した技法は近年美術業界で注目されている"ピエゾグラフ"。原画をデジタル化してコンピュータに取り込み、インクを紙に吹き付けて印刷する最新技術。作家の独特な筆のタッチを忠実に再現できることから、美術館では所蔵する絵画の複製をピエゾグラフでつくり、実物代わりに展示することもあるほどです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク