メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コレクション」検索結果。

コレクションの商品検索結果全16,400件中181~240件目

FX-6 アドニス FM・SSB用 フレキシブル型 モービルマイクロホン FX6

むせんZone25

11,673

FX-6 アドニス FM・SSB用 フレキシブル型 モービルマイクロホン FX6

FM・SSB用フレキシブル型モービルマイクロホン FX-6 おすすめポイント ★送受信切換スイッチは、薄型形状により車内インテリアにベストマッチ!! アダプターを使わずシフトレバーに取付可能。 ★フレキシブルマイクは、サンバイザー取付ネジと共締め。 ★無線機により、電源供給線の配線が不要。(電源供給型マイク変換コード“Dシリーズ"使用時) 高感度単一指向性エレクトレットコンデンサーマイク 警報音付無変調防止回路内臓 UP/DOWNスイッチおよび送信表示ランプ(LED)付 マイク変換コード方式により各社無線機に対応 各社無線機用マイク変換コード別途、お求めください。 (無線機のマイク端子にマイク用電源を供給している無線機にご使用の場合は、マイク変換コード“Dシリーズ"(別売)で接続すると電源供給用の配線が不要です。) ≪ 仕様 ≫ 入出力ジャック: 8Pマイクコネクター(8Pアドニス配列) 形状(突起部含まず): マイク部 全長32cm(マイクコード長約2.7m) スイッチボックス部 44(H)×38(W)×67(D) (入出力コード70cm・8P入出力中継ジャック/マイク入力ピンジャック付) 電源電圧: カーバッテリー(12V仕様車)電源供給線(赤色線)にて供給の場合DC12V〜15V マイク変換コードDシリーズにて供給の場合 DC5V〜9V 周波数特性: 100hz〜3kHz 適合出力インピーダンス: 500〜100kΩ 出力電圧: 0〜50mV(RMS) 重量: 約240g 別売の各無線機用変換コードが必要です。ご不明な方は、お問合せください。

SX400 第一電波工業(ダイヤモンド) 140〜525MHz 350MHz帯対応 通過形SWR・パワー計 SX-400

むせんZone25

14,025

SX400 第一電波工業(ダイヤモンド) 140〜525MHz 350MHz帯対応 通過形SWR・パワー計 SX-400

第一電波工業 140〜525MHz 350MHz帯対応 通過形SWR・パワー計 SX400 ■周波数範囲:140〜525MHz ■電力測定レンジ:5W・20W・200W ■電力測定確度:5Wレンジ゛±10%(F.S)、20Wレンジ±5%(F.S)、200Wレンジ±5%(F.S)(※220〜420MHzでは-10%を加算、450〜525MHzでは+10%を加算) ■SWR測定最小電力:4W ■挿入損失:140〜250MHz0.1dB以下 (※400〜470MHz0.2dB以下/525MHz0.3dB以下) ■測定機能:進行波電力・反射波電力・SWR・PEPモニター ■入力コネクター:M-J ■照明表示:照明・LED/外部電源接続時表示(DC13.8V) ■外形寸法:155W×63H×103Dmm ■重量:540g ※電源13.8Vはメーター照明用です。通常の測定には必要ありません。 通過形SWRパワー計は、トランシーバーからアンテナへ向かう高周波電力(進行波)とアンテナからトランシーバーへ向かう高周波電力(反射波)さらにSWRを測定することができます。 反射波の大きさは、アンテナの整合状態と送信出力によって変化しますが、反射波が大きくなり過ぎるとトランシーバーが故障したり、電波障害が発生したりすることがあります。 アンテナの整合状態を表すのがSWR(Standing Wave Ratio=定在波比)です。 SWR:1は、完全な整合で送信出力の大小に関係なく反射波は0ワットとなります。 通常のアンテナは、SWR:1.5以下の性能が保証されていますが、周囲の環境や経年変化などにより悪化することもありますので、通過形SWRパワー計を用意しておき、時々チェックすることをお勧めします。 ...

MAT50 第一電波工業(ダイヤモンド) 7〜50MHz帯用マグネットアースシート MAT-50【ネコポス】

むせんZone25

2,970

MAT50 第一電波工業(ダイヤモンド) 7〜50MHz帯用マグネットアースシート MAT-50【ネコポス】

7〜50MHz帯用マグネットアースシート ダイヤモンド MAT50 HF帯のアンテナでは、車体アースを確実に取らなければなりませんでしたが、このMAT50は、車体上面又は側面に貼り付けるだけで、車体アースが取れるマグネットシートです。アース不足を補う目的にも使用できます。 MAT50を車に貼るだけで7〜30MHz帯までの車体アースが取れます。 50MHz帯の運用は、ケーブルを20cm以下に切断して付属の端子を取り付けて使用することにより可能になります。 本製品を2枚使用することにより3.5MHzの運用も可能です。 2枚使用で3.5MHz帯用にした場合は、50MHz帯での運用が出来なくなる可能性があります。 マグネットタイプのため取付・取り外しがとても容易にでき、車体にキズをつけることがありません。 今までアースが取れなかったルーフレール・ルーフキャリア・マグネット基台などに最適です。 シートサイズは、とてもコンパクトな80×195mmです。 自足100km/h走行でも剥がれる心配はありません。 取付方法や使用上のご注意などは、お買い求め後、取扱説明書をご覧ください。 ■使用可能周波数:7〜50MHz *2セット使用により3.5MHz帯使用可能 * ■耐入力:500W(SSB) 200W(FM/CW) ■耐熱性能:-20℃〜90℃ ■吸着性能:時速110Km/sec以下(走行時無風状態で) ■寸法:80x195mm(シート本体) ■ケーブル長:30cm ■重量:55g ■付属品:Φ16端子 熱収縮チューブ ≪取り付け方法の違いによるSWRの変化実験≫ 周波数 アンテナ ルーフサイド 取付 MAT50 なし 標準長 条件1 条件2 備考 3.5MHz HF80FX 1.25 7.0 1.6(1枚)、 1.15...

スポンサーリンク
スポンサーリンク