メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ホビー」検索結果。

ホビーの商品検索結果全16,400件中181~240件目

送料無料
Darkglass Electronics ベース OD/プリアンプ ダークグラス MICROTUBES B7K (V2)

VERYAPE-MART

39,050

Darkglass Electronics ベース OD/プリアンプ ダークグラス MICROTUBES B7K (V2)

【メーカーHPより】Microtubes B7K v2では、オリジナルの全ての機能を得られる上に、トーンをより作り込むことが可能になりました。LOW MIDS では中心周波数を 1KHz か 500Hzで、HI MIDSでは中心周波数を 3kHzか 1.5kHzで選択可能なオプションが追加されたことで、夢のようなディストーション・トーンに仕上げることができます。Microtubes B7Kのキャラクターと心臓部は同じですが、B3Kのパワフルでダイナミックなサチュレーション回路を用いて、強力な4バンド EQ と今まで以上の多様性を実現するためにバランスタイプのラインドライバーを追加した、ベース用アナログプリアンプです。スタジオとライブの両方で使用できるようデザインされており、ベースサウンドをまったく新しいレベルへと押し上げます。 Microtubes B7K 仕様・特徴 ・デュアルMicrotubesエンジン搭載 : B3K とVMT を選択可能(フットスイッチは別売り)・クリーンチャンネルにゲインとマスターボリュームを搭載・4 バンドアクティブイコライザー搭載・Lo Mid とHi Mid はそれぞれ2種類の周波数の切り替えが可能・ダイレクトアウトプット搭載 (プリマスターボリューム)・エフェクトループ搭載 (プリマスターボリューム)・ヘッドフォンアウト搭載・スピコン/ フォンコンボジャック搭載・サイズ: 232mm x 190mm x 73mm・重量: 1.8Kg・BLENDクリーンシグナルとオーバードライブシグナルのミックスバランスをコントロールします。オーバードライブシグナルのボリュームをコントロールする Level ノブの設定に関わらず、クリーンシグナルはユニティ・ゲインとなっており、ミックスするバランスの微調整を...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 金龍登天 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

120,472

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 金龍登天 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 金龍登天 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 タロ ジロ 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

226,281

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 タロ ジロ 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 タロ ジロ ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿愛 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

275,000

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿愛 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 寿愛 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 福牛 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

203,236

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 福牛 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 福牛 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク