メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「飴お菓子」検索結果。

飴お菓子の商品検索結果全10件中1~10件目

送料無料
【茶道具 菓子器 喰籠(喰篭)】 飴楽焼き 木瓜型 八事窯 堀内付 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

286,048

送料無料

【茶道具 菓子器 喰籠(喰篭)】 飴楽焼き 木瓜型 八事窯 堀内付 【smtb-KD】

サイズ約横24×奥行15.5×高5.3cm 作者八事窯 堀内付 箱木箱 (大・286635) 【コンビニ受取対応商品】【初代 一休庵道年(本名 中村新太郎)】(八事窯) 1876年明治09年~昭和12年(1937) 京都の南山城富野庄出身 師事した作家は清水六兵衛(3年)・四代高橋道八(5年)・粟田口帯山(2年)・真清水蔵六(3年)などがいます 各地を巡った、その後、名古屋に戻り、後に知遇を得た森川如春庵から師定三代高松定一を紹介される。 3代高松定一氏の全面的な支援を得て八事南山に住居を提供され、登り窯や楽焼窯を築き作陶三昧の日々を送った 【2代 道年(本名 正次)】(新太郎の長男) 1906年明治39年~1972年昭和47年 初代の元、作陶を修業、一方茶道を吉田紹清宗匠のもとで修業する。また、バーナード・リーチ、益田鈍翁、森川如春庵とも交遊があります。 1937年昭和12年 先代没後2代目を襲名 1943年昭和18年 戦争のため本窯を廃窯、本格的に楽焼の研究に取組む この時期、表千家に入門し、後に表千家即中斎宗匠より「八事窯」の名を受ける 楽焼を専門とし、光悦の作風に魅せられて、森川如春翁のもとにかよい修業 1947年昭和22年 拙巧会に参加 1955年昭和30年 金鱗会を設立 1962年昭和37年 同好会を主催する 1965年昭和40年 東海伝統工芸展に光悦風黒茶碗「雨雲」を出品し受賞、茶道雑誌に光悦風楽茶碗の名手として全国に紹介され、「八事窯」の名を広める 【3代 道年(本名 良太郎)】(正次の長男) 1938年昭和13年~1988年昭和63年 愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業 1973年昭和48年 3代を継承(先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進)...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶器/茶道具 菓子器 喰籠(喰篭・じきろう)喰ろう】 寿づか焼き 丸型 染付山水 惺斎好写し又は白磁 木瓜型 大 染付楓文 石崎靖典作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

21,695

送料無料

【茶器/茶道具 菓子器 喰籠(喰篭・じきろう)喰ろう】 寿づか焼き 丸型 染付山水 惺斎好写し又は白磁 木瓜型 大 染付楓文 石崎靖典作 【smtb-KD】

サイズ丸型:約直径19.6×高12.3cm 木瓜型:約横22×19.9×11.6cm 作者石崎靖典作 箱木箱 (申棒西・石崎ス野江・28000) 【コンビニ受取対応商品】【喰籠の扱い】 蓋の扱いは、決まっていませんが、菓子器を自分の前に持ってきて、蓋の左右の両端を両手で持つ つまみがついている場合は、右手でつまみを持つ 蓋を持ち上げ、胸の辺りまでもってくる 左手が上になるように、蓋を立てる。(蓋の表右、裏が左にきます) 左手はそのままに、右手を離して左手のすぐ上辺りを持つ 左手を離して、立てている蓋の下を持つ(蓋がひっくり返ります) 両手で菓子器の隣に置く(表が下になるように置きます) ・蓋を仰向けての扱いの場合 蒸し菓子が入っている時 蓋裏に露が付いている時 蓋裏に花押が有る漆器や菓子器の時 ・蓋を伏せて扱った方が良い場合 蓋の蒔絵が豪華で仰向けると傷がつく恐れの時 喰籠(菓子器)が時代物・年代物の時 蓋の摘みが有、仰向けると不安定の時 ・蓋の上に黒もじがある場合 右手で上から黒もじを持つ(やや右より) 左手であしらう 懐紙の上に、斜めに置く 触って良いのは、皮が残っている部分です。 削ってあるところから下は持たないように注意 【石崎靖典】清宝窯 寿づか焼き 1934年昭和09年 創業 1969年昭和44年~1973年48年 万古焼&寿づか焼の作品展多数 1973年昭和48年・1975年50年 皇太子同妃の両陛下ご台覧の栄 1988昭和63年 各施設陶壁製作

送料無料
【茶器/茶道具 菓子器 喰籠(喰篭・じきろう)喰ろう】 一閑張黒網目 川上峰春作 即中斎好写し 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

79,936

送料無料

【茶器/茶道具 菓子器 喰籠(喰篭・じきろう)喰ろう】 一閑張黒網目 川上峰春作 即中斎好写し 【smtb-KD】

サイズ約直径21.2×高11.2cm 作者川上峰春作 箱木箱 (大・103680) 【コンビニ受取対応商品】【喰籠の扱い】 蓋の扱いは、決まっていませんが、菓子器を自分の前に持ってきて、蓋の左右の両端を両手で持つ つまみがついている場合は、右手でつまみを持つ 蓋を持ち上げ、胸の辺りまでもってくる 左手が上になるように、蓋を立てる。(蓋の表右、裏が左にきます) 左手はそのままに、右手を離して左手のすぐ上辺りを持つ 左手を離して、立てている蓋の下を持つ(蓋がひっくり返ります) 両手で菓子器の隣に置く(表が下になるように置きます) ・蓋を仰向けての扱いの場合 蒸し菓子が入っている時 蓋裏に露が付いている時 蓋裏に花押が有る漆器や菓子器の時 ・蓋を伏せて扱った方が良い場合 蓋の蒔絵が豪華で仰向けると傷がつく恐れの時 喰籠(菓子器)が時代物・年代物の時 蓋の摘みが有、仰向けると不安定の時 ・蓋の上に黒もじがある場合 右手で上から黒もじを持つ(やや右より) 左手であしらう 懐紙の上に、斜めに置く 触って良いのは、皮が残っている部分です。 削ってあるところから下は持たないように注意 【川上峰春】漆芸家 前端工房一門

【茶器/茶道具 菓子器 喰籠(喰篭・じきろう)喰ろう】 織部焼又は志野焼  四方 加藤五陶作

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

4,941

【茶器/茶道具 菓子器 喰籠(喰篭・じきろう)喰ろう】 織部焼又は志野焼 四方 加藤五陶作

サイズ約17.6×17.6×高さ12.6cm蓋取って含む高さです。 箱化粧箱 (輪目の大)(・6178) 【コンビニ受取対応商品】足2個が前・足1個が後ろに使用 【喰籠の扱い】 蓋の扱いは、決まっていませんが、菓子器を自分の前に持ってきて、蓋の左右の両端を両手で持つ つまみがついている場合は、右手でつまみを持つ 蓋を持ち上げ、胸の辺りまでもってくる 左手が上になるように、蓋を立てる。(蓋の表右、裏が左にきます) 左手はそのままに、右手を離して左手のすぐ上辺りを持つ 左手を離して、立てている蓋の下を持つ(蓋がひっくり返ります) 両手で菓子器の隣に置く(表が下になるように置きます) ・蓋を仰向けての扱いの場合 蒸し菓子が入っている時 蓋裏に露が付いている時 蓋裏に花押が有る漆器や菓子器の時 ・蓋を伏せて扱った方が良い場合 蓋の蒔絵が豪華で仰向けると傷がつく恐れの時 喰籠(菓子器)が時代物・年代物の時 蓋の摘みが有、仰向けると不安定の時 ・蓋の上に黒もじがある場合 右手で上から黒もじを持つ(やや右より) 左手であしらう 懐紙の上に、斜めに置く 触って良いのは、皮が残っている部分です。 削ってあるところから下は持たないように注意

送料無料
【茶器/茶道具 菓子器】 干菓子器(干菓子盆)  寄せ木 八ツ橋 川瀬表完工房作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

20,736

送料無料

【茶器/茶道具 菓子器】 干菓子器(干菓子盆) 寄せ木 八ツ橋 川瀬表完工房作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約横24 ×縦10×高4.5cm 作者川瀬表完工房作 箱化粧箱 (野0丸柴) 【コンビニ受取対応商品】【伝統工芸士:号「表完」】 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。先々代より表完をなのる。※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 ●初代没後、長男厚(1933~2007)と次男功(1937~)が共に表完を襲名し、表完工房を設ける。 ・・・・・・・・・ 【川瀬 表完工房作】 【菓子器】川瀬表完工房作 干菓子器 寄せ木 八ツ橋 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【 祖父:千太郎】 【初代表完: 父:繁太郎】京都の塗師。 明治37年(1904)~昭和44年(1969) 〇木村表斎を流祖とする「表派」の京塗を継承する川瀬家の二代目 〇師:表派の技法を伝承する初代鈴木表朔(二代表斎)に師事)に師事し、本堅地・溜塗・布摺・木地溜塗など正統な塗技法を受け継ぎ、初代表完を名乗る 【2代表完:川瀬 表完 (三代目)本名:功】 表完工房【川瀬表完 本名:功】・・・ 1937年昭和12年生まれ ※京漆器伝統工芸士 ※京都府優秀技術者(京の名工) ・・・【次代 本名:豊】・・・ 1965年昭和40年生まれ ※伝統工芸士

送料無料
【茶道具 香合】 独楽香合 堀内書付(堀之内宗完) 岩倉隆斉作 (隆弘峯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

166,752

送料無料

【茶道具 香合】 独楽香合 堀内書付(堀之内宗完) 岩倉隆斉作 (隆弘峯) 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径8.5×高2.8cm 作者堀内書付岩倉隆斉作 箱木箱(コマ香合・風炉用) 時季風炉用 備考コマ香合 【コンビニ受取対応商品】【岩倉隆弘斎(隆弘峯)】岩倉隆斉 ※1926年大正15年石川県山中市生まれ ※1950年 昭和25年隆弘峯を名乗る ※1983年 昭和58年57歳:癸亥 京都市伝統産業祭に特別出品 ※1986年 昭和61年60歳:山中塗りの作家で還暦からは隆斎と改号 ・・・ 参考資料 ・・・ 〇次代に山中塗・岩倉隆斎(隆弘斎)の跡継ぎに岩倉史幸がおられます ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 堀内宗完とは、初代長生庵仙鶴が表千家:覚々斎に師事 (堀内家は江戸中期の堀内仙鶴を祖としています。) ●12代【堀内宗完(兼中斎 宗心)】長生庵主 (11代幽峯斎宗完弟) ※1919年大正08年京都に生(名は吉彦、別号に長生庵) ※1944年昭和19年京都帝国大学理学部卒業 1946年昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ 同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事 ※建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く ※1953年昭和28年十二代堀内宗完を襲名する ●1997年平成09年、甥の堀内国彦氏が宗完を継 現在号:宗心を名乗る ・・・・・・ ●13代【表千家流堀内家13代宗完 :分明斎】11代宗完幽峯斎の長男 ※1943年昭和18年生まれ-(兼中斎の甥:幽峯斎長男) ※1997年平成09年宗完を襲名:分明斎を名乗り当代13代となる

送料無料
【茶道具 建水】 膳所焼き ねじ貫 岩崎新定作 陽炎園窯(遠州七窯の一)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

23,868

送料無料

【茶道具 建水】 膳所焼き ねじ貫 岩崎新定作 陽炎園窯(遠州七窯の一)【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径14.4×高10.7cm 作者岩崎新定作[陽炎園窯(遠州七窯の一)] 箱木箱 (野礼中)(・37050) 【コンビニ受取対応商品】【淡海 陽炎園(膳所焼き)】ねじ貫建水(ロクロ目有り・膳所釉) 建水の分類■建水と蓋置は台子の皆具のひとつで唐銅が本来でした。※建水は 茶碗をすすいだお湯や水を捨てる容器で「こぼし」ともいいます。※材質は 古くからある唐 銅 砂張・モールなどのほか陶磁器のもの、木地の曲物などがあります●分類に(決りはありませんが)●建水の7種の分類 大脇差(おおわきざし)●利休所持の黄瀬戸。一重口の筒形のものだとか。(「大脇指」とも書くみたいです。) 差替●大脇差の小版で、利休所持の楽焼。 一重口の筒形で捻貫(ねじぬき)だとか。 棒の先 (ぼうのさき)●円筒形で底にやや丸みがあって、駕籠とかの担い棒の先端につける金具みたいに見えるところから名前が来ているとか。 槍鞘(やりのさや)●寄せ口の円筒形で、蓋置は吹貫のものを柄杓の柄に刺通して持ち出すとか。 箪瓢(たんぴょう) ●上が大きく下が小さく膨らんだ形のもので、 茶入・水指・釜にも同じ形があるとか。 餌畚(えふご) ●袋形で上部が開いた形で、鷹匠がもつ鷹の餌入れに形状が似ているとか。 鉄盥(かなだらい) ●口が広く浅くて背の低いもの。 同じ形状のバラエティ番組で登場する金ダライは市販されているとか。(参考資料)・・卓下建水は「鉄盥(かなだらい)」という形(なり)の建水で、茶巾盥の小を小卓の地板に飾ったものが最初とされます。 その他:このほかには、「鉄鉢(てっぱつ)」「面桶(めんつう)」:(曲建水)の事、「菊割(きくわり)」「四方」があります...

送料無料
【茶器/茶道具 菓子器】 干菓子器/干菓子盆 曲丸盆 橋村萬象作(2代) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

69,660

送料無料

【茶器/茶道具 菓子器】 干菓子器/干菓子盆 曲丸盆 橋村萬象作(2代) 【smtb-KD】

サイズ約21.4×2.1cm 作者(2代)橋本萬象作 箱木箱 (限礼野り・92880) 【コンビニ受取対応商品】橋村家は平安遷都の時、奈良より皇室の共をして京都に移住。 以後、橋村又左衛門の名で名字帯刀を許され、御所禁裏御用の「有職御木具師」として幕末まで皇室の御用を賜る。 東京遷都以後、「茶器木具師」として茶道具を作り始める。 主に秋田杉・吉野杉・尾州檜による曲物を製作して、茶器木具師となり3代目の又左衛門が大徳寺管長より、萬象の名を拝受する。 平安遷都以後、「有職御木具師」橋村又左衛門をなのる。 江戸幕末「茶器木具師」初代 又左衛門 【2代 又左衛門】 【3代 又左衛門】(後の初代萬象) 大徳寺管長より「一刀萬象」(一の刀より萬の象を作る)の名を拝受し、萬象を名のる。 【2代 清岳萬象】 3代 萬象を継承 【3代 橋村萬象作(本名 誠人)】 1959年昭和34年 京都で2代目の長男として生れ 初代(祖父)に師事~又、日本画家:山本紅雲に師事 曲げ物製作に加え、胡粉による置上や色絵付を手掛ける 2008年平成20年2月 3代目を継承 5月襲名記念を京都高島屋店にて開催

送料無料
【茶器/茶道具 水指】 捻貫水指 瀬戸釉 宇田隆和作(佐平窯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

14,515

送料無料

【茶器/茶道具 水指】 捻貫水指 瀬戸釉 宇田隆和作(佐平窯) 【smtb-KD】

配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ本体:約口直径12.3(胴部15.6)×高16.2cm蓋:約直径12.6cm 作者宇田孝和作(佐平窯) 箱紙箱 (ス吉~目輪リ)(・18145) 【コンビニ受取対応商品】表千家伝来写し (利休所持)瀬戸捻貫水指 水指 瀬戸捻貫水指(せとねじぬきみずさし) 表千家伝来 (利休所持ということでしられています)螺旋状になったロクロが、捻貫状の五段が巻かれ、古瀬戸天目釉は黒い中に柿模様が見れれます。 【宇田孝和】(佐平窯) 昭和25年06月生まれ 昭和44年 滋賀県立甲南高校(現:信楽高校)窯業科卒 京都府宇治市、炭山工芸村にて、森里良三氏に師事 昭和49年 帰郷:佐平窯を開窯(佐平は祖父の名前を継承) 平成08年(信楽陶器総合展)日刊工業新聞社賞 平成09年(信楽陶器総合展)朝日新聞社賞 平成11年(信楽陶器総合展)びわこ放送賞 平成11年 通産産業大臣認定(信楽焼:伝統工芸士) 水指(水器)-釜に補給する水や茶碗・茶筌などをすすぐための水を貯えておく器物 炉・風炉の火の陽の対して水指の水を陰とします。 台子皆具の水指は本来唐物に始まり点前作法の変遷とともに皆具からはなれ銅の水指についで南蛮や国焼の備前・信楽・楽焼や京焼などの焼き物が用いられ、さらに木地釣瓶や曲などの新しい素材や形が造られた。

送料無料
【茶道具 水指/水器】 平水指 丹波焼 伊羅保(イラホ)又は刷毛目水指 市野信水窯 割蓋:掻合塗【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

34,317

送料無料

【茶道具 水指/水器】 平水指 丹波焼 伊羅保(イラホ)又は刷毛目水指 市野信水窯 割蓋:掻合塗【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで) サイズイラホ:約直径27×高11cm 作者イラホ:市野信水窯(大) 素材割蓋:掻合塗 サイズ刷毛目:約直径27.5×(蓋除く)高11.6cm 作者刷毛目:市野信水窯(江) 素材割蓋:掻合塗 箱紙箱 (仕H27N0255:8-219大)(・35640・44280)限定品【イラホ:伊羅保(割蓋:掻合塗)市野信水窯】限定品【刷毛目水指 市野信水窯 (割蓋:掻合塗)】 平水指(※紹鴎棚・立礼用水指併用)●一、丹波、伊羅保平水指・割蓋:掻合せ塗(市野信水窯)●一、丹波、刷毛目平水指・割蓋:掻合せ塗(市野信水窯) ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ ※【平水指の扱い方】 ●蓋を開けたとき、横にもたせかけるのが難しいならば、(親指を上にして手前中央を持って、)向こう側にもたせかける。もしくは、勝手付に、(表を客側にして)立てかける。 (※つまり、「蓋を水指の横へもたせにくいのは水指の向こう側にもたせかけるか、勝手付けの壁へもたせかけます」とある。)・・・・・ ○平水指(一枚蓋 置きつけ・水指) ・ 蓋に摘みがあり、柄杓・蓋置を飾れないので、竹蓋置を使います。 ・ 長板に置いた場合であっても、二つ飾は蓋置を飾れないので、運びと同様です。(仮に諸飾りにしたとすれば別でしょうが、あまり取り合わないと思います。) ※菓子器の喰ろう、と同じで:左手は右手を超えてはいけない。つまり【左手が右手を越えて、右手の上を持つなんてことはしないのです。 】と同じ作法です。 ●【割蓋の平水指の扱い方】 一、右手で蓋右側の下3分の1あたりを押さえ、左手で左側の蓋、下3分の1あたりを持ち垂直な位置まで開けます。 一、右手を左側蓋、2分の1あたりに持ち替え、左手を垂直になっている蓋の下のほうにあてがい...

送料無料
【茶器/茶道具 花入 掛置兼用】 旅枕 坂倉新兵衛作(萩焼深川本窯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

91,125

送料無料

【茶器/茶道具 花入 掛置兼用】 旅枕 坂倉新兵衛作(萩焼深川本窯) 【smtb-KD】

サイズ約直径9.8(下部10.4)×高18.2cm 作者坂倉新兵衛作(萩焼深川本窯) 仕様掛置兼用 箱木箱 (野礼ウ・121500) 【コンビニ受取対応商品】5代 坂倉新兵衛 萩焼とは 文禄・慶長の役後の江戸時代初期、毛利藩の保護のもとで、李敬(坂高麗左衛門)と李勺光(坂倉新兵衛)の、李朝の陶工達により現在の山口県萩市松本に開窯され、後に長門市深川等に伝えられる。 萩茶碗は、日本人の侘び茶にかない、萩の七バケといわれ、茶人に愛された。 主原料である山口県内防府市大道産の白色粘土との相性が良かった。 現在も松本萩(御用窯)・深川萩と伝承されています。 【深川萩焼】 坂倉家は深川御用窯(深川萩)の名門です。 6代藤左衛門の時に「坂倉」姓に改姓する 【初代 李勺光】 【2代 山村新兵衛光政】生年不詳~1658年(明暦4) 【3代 山村平四郎光俊】生年不詳~1709年(宝永6) 【4代 山村弥兵衛光信】生年不詳~1724年(享保9) 【5代 山村源次郎光長】生年不詳~1760年(宝暦10) 【6代 坂倉藤左衛門】生年不詳~1770年(明和7) 【7代 坂倉五郎左衛門】生年不詳~1792年(寛政4) 【8代 坂倉半平】生年不詳~1822年(文政5) 【9代 坂倉平助】生年不詳~1850年(嘉永3) 【10代 坂倉九郎衛門】生年不詳~1857年(安政4) 【11代 坂倉新兵衛】生年不詳~1897年(明治30) 【12代 坂倉新兵衛 本名:平吉】1881年(明治14)~1960年(昭和35) 1881年明治14年 11代新兵衛の長男として山口県に生 1897年明治30年 12代坂倉新兵衛を襲名 1898年明治31年 萩焼宗家9代坂高麗左衛門に師事して萩焼再興を志す。 1899年明治32年 修行の余暇を利用して萩漢学塾に学び、吉田松陰の兄...

送料無料
【茶器/茶道具 菓子器】 干菓子器 青海盆 丸盆 黄銅製 吉羽興兵衛作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

99,360

送料無料

【茶器/茶道具 菓子器】 干菓子器 青海盆 丸盆 黄銅製 吉羽興兵衛作 【smtb-KD】

サイズ約直径21.4×高2.1cm 素材黄銅製 作者吉羽興兵衛作 箱木箱 (限定輪目酒・124800) 【コンビニ受取対応商品】限定品 【初代 吉羽興兵衛(幼名 健之助)】 1895年 京都四条室町に生 1906年 12歳にして京都三条釜座の千家十職大西家13代目浄長の門下に入る 1925年 大西家より別家を許される 師匠浄長より興兵衛の号を受け京釜師として独立する 表千家様即中斎宗匠、裏千家淡々斎宗匠より御箱書及び御好の釜の御用を賜る 以来、京釜の伝統を守り各種展覧会に出品受賞し、技術保存優秀作家に指定も受ける 1972年 喜寿を期に長男宗敏に興兵衛を譲り、隠居名を惣興とする 1977年 著書「釜」光琳社 晩年の作品制作に意欲をもやし、又、後継者の指導、小作釜の鑑定研究する 1983年「京釜の真髄」と題して、京都高島屋にて、米寿記念展を催す 1986年 91歳にて没 【2代 吉羽興兵衛(本名 宗敏 )】 1930年 初代 興兵衛の長男として生 1947年 家業釜師の修行に入る 1972年 2代 興兵衛を襲名 爾来京釜の伝統を厳しく守り新しい創造を求めて研究製作に打ち込む 1974年 東京にて興兵衛襲名記念展 1975年 京都にて興兵衛襲名記念展 1981年 東京日本橋三越本店にて第一回個展 爾来三年ごとに個展催す。以後福岡・京都等で個展多数 1984年 広島にて個展および文化講演会「京釜から見た茶の文化」岡山で「京釜の製作とその見方」以後各地で講演多数行う 2005年 京都高島屋、東京日本橋三越本店にて喜寿記念展 2008年 長男柾人に三代興兵衛を譲り、二代惣興となる 【3代 吉羽興兵衛(本名 柾人)】 1968年 2代興兵衛の長男として生 1985年 先代、先々代のもと仕事場に入る 1991年 京都芸術短期大学...

送料無料
【茶器/茶道具 菓子器/菓子鉢 縁高重】 縁高(蓋のみ:縁朱) ノミ目塗 五段重 中村湖彩作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

20,196

送料無料

【茶器/茶道具 菓子器/菓子鉢 縁高重】 縁高(蓋のみ:縁朱) ノミ目塗 五段重 中村湖彩作 【smtb-KD】

5段縁高重:菓子器では揃えたい道具●綴じめ丸前・角向こうに置く● 配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ縦16.9×横16.9×高25cm 備考ノミ目真塗(蓋のみ:縁朱) 箱化粧箱 作者中村湖彩作 (仕野O棒大)(・25275) 【コンビニ受取対応商品】【縁高(ふちだか)】 一、濃茶用の菓子器 5段縁高重:菓子器では揃えたい道具綴じめ丸前・角向こうに置く ・・・・ 〇【縁高折敷の略:縁高重ともいう】 ※菓子椀に代わる正式な主菓子器。 利休形と呼ばれる真塗 縁高が基本とされ、通常五つ重ねにして総蓋が添うもの。一重に一つずつ菓子を入れ客数 だけ重ね、一番上に蓋をし黒文字を載せてすすめる・・・・ 裏千家 ページより 【縁高(ふちだか)】 一、濃茶用の主菓子器で、塗り物(ぬりもの)の重箱形(じゅうばこがた)の器です。正客(しょうきゃく) は最下段から順番にとり、次客(じきゃく)へ送ります。五重(ごじゅう・五人分)が正式で、菓子は 一重(いちじゅう)に一個ずつ入れます。客が増えると、上の段から順に数を増やしますが、 最下段だけは一個がきまりです。蓋の上に客の人数分を水でぬらした黒文字(くろもじ)をのせます。 縁高には人数分の黒文字が添えられ、一本で菓子を切って食べます。 【菓子鉢(かしばち)】 一、主菓子器(おもがしき)で陶磁器の鉢を使います。鉢の場合は、客の人数分を盛り、水でぬらした黒文字箸 (くろもじばし)をのせて客にだします。菓子鉢には箸(はし)が添えられ、これで取り、 客は持参した黒文字で菓子を食べます。

送料無料
【茶器/茶道具 水指】 平水指 染付水指 桜川 御室窯 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

34,344

送料無料

【茶器/茶道具 水指】 平水指 染付水指 桜川 御室窯 【smtb-KD】

配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 仕様例置き・誰ケ袖棚(水指) サイズ(本体)約口直径20.5(胴部21.7)×高10.2cm(共蓋付:径20.7 cm) 作者御室窯 箱桐箱 (仕野目丸大)(・43200) 【コンビニ受取対応商品】「平水指 染付 桜川」古染付水指のなかで最も珍重されてきたものです。 形は口縁部に段をつけた平水指で、 大きな高台が付いていて、側面には波、見込みには桜花が描かれています 使用例 (置き・誰ケ袖棚) 明時代の桜川は、野村美術館や藤田美術館、他にも展示されています。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【古染付形物水指】形物とは、その形と文様に一種の定形があるという意味。 【古染付】古染付とは 、新渡り染付に対して古渡りという意味で、概して明末天啓頃の景徳鎮民窯の製。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・ 【平水指の扱い方】 ●(一枚蓋の場合・・・置きつけ:置水指) ・蓋を開けたとき、横にもたせかけるのが難しいならば、(親指を上にして手前中央を持って、)向こう側にもたせかける。もしくは、勝手付に、(表を客側にして)立てかける。 (※つまり、「蓋を水指の横へもたせにくいのは水指の向こう側にもたせかけるか、勝手付けの壁へもたせかけます」とある。)・・・・・ ○平水指(一枚蓋) ・ 蓋に摘みがあり、柄杓・蓋置を飾れないので、竹蓋置を使います。 ・ 長板に置いた場合であっても、二つ飾は蓋置を飾れないので、運びと同様です。(仮に諸飾りにしたとすれば別でしょうが、あまり取り合わないと思います。)・・・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク