メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「煙管」検索結果。

煙管の商品検索結果全67件中1~60件目

【額有り】熟練職人の手作り 希少 浮世絵 四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

Transit store

18,360

【額有り】熟練職人の手作り 希少 浮世絵 四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

【四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛】 【四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛】 寛政六年五月、桐座の「敵討乗合話」へ登場した肴屋吾郎兵衛を描いた作品です。この役は松下造酒之進の娘、高城野、しのぶの姉妹に助刀をして、親の敵志賀大七を討たせる義侠の魚屋を演じたものでした。この絵では、黒い幅広いどてらの襟が色彩の基調となり、その外には袖口の草、煙管の黄と紅がほんの小さい部分に配され、大部分は黒襟に対してどてらの濃紫色の地味な配色になっています。背色の黒雲母とともに暗い色の間に小さな明るい色の点綴が効果をみせ、その色彩感は写楽独特のものとなっています。 四世松本幸四郎は、天明から寛政時代へかけての名優で容姿と風采と音声と弁舌に優れ、つねに寡黙ではありますが、口を開けば皮肉であり、人々を笑わすといわれた性格でした。また生涯のほとんどを白塗りの役ばかり演じたといわれていましたが、この性格と特徴を写楽は十分とらえています。左の袖口へ入れた左手の線や左の肩から煙管をもつ手への線の柔らかさ、眼に紅の隈を入れた派手さなどの表現がまさにそれにあたります。四世幸四郎は、女形瀬川菊之丞の門から四世団十郎の門に移り、染五郎、高麗屋の名をへて幸四郎となりました。享和二年六月、六十六歳で没しました。 鉢巻とキリッとした目元が粋な職人をうまく表現しています。 煙管を握る手元にも粋な職人風情を感じます。 役者松本幸四郎を表す家紋は「三つ銀杏」です。 東洲斎写楽を見出したのは,元祖出版プロデューサー蔦屋重三郎でした。 東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく) 生没年不詳 寛政6年(1794)、浮世絵界に彗星のように登場し、わずか10ヶ月の作家活動の間に140数点もの浮世絵を世に送り出すと忽然と姿を消しました。写楽は大判のしかも背景を高価な黒雲母摺という尋常ならぬデビューを果...

熟練職人の手作り 希少 浮世絵 四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

Transit store

9,180

熟練職人の手作り 希少 浮世絵 四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、桐座の「敵討乗合話」へ登場した肴屋吾郎兵衛を描いた作品です。この役は松下造酒之進の娘、高城野、しのぶの姉妹に助刀をして、親の敵志賀大七を討たせる義侠の魚屋を演じたものでした。この絵では、黒い幅広いどてらの襟が色彩の基調となり、その外には袖口の草、煙管の黄と紅がほんの小さい部分に配され、大部分は黒襟に対してどてらの濃紫色の地味な配色になっています。背色の黒雲母とともに暗い色の間に小さな明るい色の点綴が効果をみせ、その色彩感は写楽独特のものとなっています。四世松本幸四郎は、天明から寛政時代へかけての名優で容姿と風采と音声と弁舌に優れ、つねに寡黙ではありますが、口を開けば皮肉であり、人々を笑わすといわれた性格でした。また生涯のほとんどを白塗りの役ばかり演じたといわれていましたが、この性格と特徴を写楽は十分とらえています。左の袖口へ入れた左手の線や左の肩から煙管をもつ手への線の柔らかさ、眼に紅の隈を入れた派手さなどの表現がまさにそれにあたります。四世幸四郎は、女形瀬川菊之丞の門から四世団十郎の門に移り、染五郎、高麗屋の名をへて幸四郎【四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛】 【四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛】 寛政六年五月、桐座の「敵討乗合話」へ登場した肴屋吾郎兵衛を描いた作品です。この役は松下造酒之進の娘、高城野、しのぶの姉妹に助刀をして、親の敵志賀大七を討たせる義侠の魚屋を演じたものでした。この絵では、黒い幅広いどてらの襟が色彩の基調となり、その外には袖口の草、煙管の黄と紅がほんの小さい部分に配され、大部分は黒襟に対してどてらの濃紫色の地味な配色になっています。背色の黒雲母とともに暗い色の間に小さな明るい色の点綴が効果をみせ...

送料無料
○銀銅キセル○明治時代-無傷-喫煙具-【古美術】【骨董】【中古】【送料無料】

三浦古美術WEB

25,000

○銀銅キセル○明治時代-無傷-喫煙具-【古美術】【骨董】【中古】【送料無料】

商品詳細 時代 明治時代 材質 銀製・銅器 形 キセル(煙管) 高さ 2.4cm 幅(直径) 26.5cm 傷 無傷〇骨董傷用語〇 付属品 なし 数 現品限り 備考 ※『商品の在庫について 』 当店では実店舗で陳列・販売している商品の一部を掲載しております。ご注文いただきますタイミングによっては、既に完売や予約済になっている場合がございます。在庫状況につきましては、楽天から送られる「自動返信メール」の後に、当店からお送りする「受注ご案内メール」にてご確認ください。( 在庫がない場合は後程ご連絡させて頂きます。また、状況次第では注文がキャンセルとなる場合がございますのでご了承下さい。) ※『画像の色合について』 できるだけ実物に近くなるように努めておりますが、お使いのパソコンやモニターの環境や設定、光の加減等により若干違う場合ががあります。 ご理解の上ご注文くださいませ。 気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 ※『画像のサイズについて』 商品の実際の大きさにあわせておりません。 非常に大きい品物は小さく、小さい品物は見やすいよう実寸より拡大して表示しています。ほとんどの商品にサイズ表記と、画像の下部に携帯電話とのサイズ比較したものを掲載しておりますのでご参考下さいませ。 【smtb-ms】 トップページへ戻る 新入荷商品へ〇銀銅キセル〇明治時代 明治時代の銀銅キセル

【額有り】熟練職人の手作り 希少 浮世絵 松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

Transit store

18,360

【額有り】熟練職人の手作り 希少 浮世絵 松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

【松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ】 【松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ】 寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」に登場する役で、志賀大七に父を殺され、その敵を討つ姉妹、宮城野としのぶ。この絵は、敵を尋ねるため、けはい坂の少将という名で遊女となったしのぶを描いています。半身図で女形を描いた作のうちでは、最も穏やかな描写となっています。それは米三郎が若く(このとき二十一歳)、舞台上の米三郎の美しさをそのまま写楽が描いたためと思われます。つまり写楽は好んで異相を描くのではなく、その役者の舞台上の真を描くということを、この絵が証明しているといっても過言ではありません。また眼もとには真剣味があり、口もとにはいいしれない真実味があるのも、敵を探す娘の心の内がとてもよく表現されています。また色彩にも特徴があり、小豆色に麻の葉模様の着付け、薄紅に貝絞りの下着、紅の襦袢を懐から右手で見せた色彩は、ただ派手でなく、大きな帯の黒がぐっと引き締めています。さらに左手にもった煙管の斜めの直線が、画面に安定を与えています。 松本米三郎は、上方の女形四世芳沢あやめの子で、二世松本幸四郎の弟子の松本小次郎の養子となって松本米三郎となりました。寛政時代の人気女形でしたが、文化二年六月、三十一歳の若さで没しました。 凛とした引き締まった表情です。 しなやかな手元を彩る鮮やかな色彩と黒帯がコントラストを演出しています。 役者松本米三郎を表す家紋は「三つ銀杏に米の字」です。 東洲斎写楽を見出したのは,元祖出版プロデューサー蔦屋重三郎でした。 東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく) 生没年不詳 寛政6年(1794)、浮世絵界に彗星のように登場し、わずか10ヶ月の作家活動の間に140数点もの浮世絵を世に送り出すと忽然と姿を消しました...

【額有り】熟練職人の手作り 希少 浮世絵 岩井喜代太郎の二見屋娘お袖 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

Transit store

18,360

【額有り】熟練職人の手作り 希少 浮世絵 岩井喜代太郎の二見屋娘お袖 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

【岩井喜代太郎の二見屋娘お袖】 【岩井喜代太郎の二見屋娘お袖】 寛政六年七月、河原崎座上演の二番目狂言「桂川月思出」に登場する二見屋という宿屋の娘役を描いた作品です。 この絵は写楽第二期作品で、黄摺背色に、さらに黄八丈の縞を着物に描いたところが写楽の大胆な色彩感覚を表現しています。全体にこの黄っぽい色彩をかっきりと引きしめているのが、黒い襟と裾廻し、そして濃緑の帯です。この二つの色の寸分の狂いのない位置の効果には、素晴らしい写楽の芸術感に現れています。さらにこの絵を見事にしているものに、姿態の彎曲した歌舞伎の女形の女性らしい描写があります。左手の位置、そのもつ長煙管と左手で煙草をつめている、その左手の位置がその女形らしい姿を際立させています。 艶やかな手元を彩る鮮やかな着物 役者岩井喜代太郎を表す家紋は「三つ扇に喜代の字」です。 東洲斎写楽を見出したのは元祖出版プロデューサー蔦屋重三郎でした。 東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく) 生没年不詳 寛政6年(1794)、浮世絵界に彗星のように登場し、わずか10ヶ月の作家活動の間に140数点もの浮世絵を世に送り出すと忽然と姿を消しました。写楽は大判のしかも背景を高価な黒雲母摺という尋常ならぬデビューを果たしました。版元の蔦屋重三郎は、歌麿が重三郎の専属を離れたのちに大々的に写楽を売り出しましたが、次第に大判が少なくなっていきます。その理由として、写楽の人気役者であろうと美化せずに、ありのままを描きとる筆致は、役者ファンをはじめ当時の人々の好みに合わなかったからなのかもしれません。しかし、どれも躍動感にあふれた役者絵は見る者に強烈なインパクトを与え、海外でも高い評価を得ています 東洲斎写楽選 東洲斎写楽 東洲斎写楽 写楽の作品が重んじられる理由のひとつに...

熟練職人の手作り 希少 浮世絵 松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

Transit store

9,180

熟練職人の手作り 希少 浮世絵 松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 海外で大人気 インテリア

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶはこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」に登場する役で、志賀大七に父を殺され、その敵を討つ姉妹、宮城野としのぶ。この絵は、敵を尋ねるため、けはい坂の少将という名で遊女となったしのぶを描いています。半身図で女形を描いた作のうちでは、最も穏やかな描写となっています。それは米三郎が若く(このとき二十一歳)、舞台上の米三郎の美しさをそのまま写楽が描いたためと思われます。つまり写楽は好んで異相を描くのではなく、その役者の舞台上の真を描くということを、この絵が証明しているといっても過言ではありません。また眼もとには真剣味があり、口もとにはいいしれない真実味があるのも、敵を探す娘の心の内がとてもよく表現されています。また色彩にも特徴があり、小豆色に麻の葉模様の着付け、薄紅に貝絞りの下着、紅の襦袢を懐から右手で見せた色彩は、ただ派手でなく、大きな帯の黒がぐっと引き締めています。さらに左手にもった煙管の斜めの直線が、画面に安定を与えています。松本米三郎は、上方の女形四世芳沢あやめの子で、二世松本幸四郎の弟子の松本小次郎の養子となって松本米三郎となりました。寛【松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ】 【松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ】 寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」に登場する役で、志賀大七に父を殺され、その敵を討つ姉妹、宮城野としのぶ。この絵は、敵を尋ねるため、けはい坂の少将という名で遊女となったしのぶを描いています。半身図で女形を描いた作のうちでは、最も穏やかな描写となっています。それは米三郎が若く(このとき二十一歳)、舞台上の米三郎の美しさをそのまま写楽が描いたためと思われます。つまり写楽は好んで異相を描くのではなく...

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角女信形羅宇 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

48,500

[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角女信形羅宇 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

0022 火薬・煙草入れ 革・毛皮2個組喫煙グッズ・刻み煙草・懐中/暮らしの古道具☆【中古】

加賀美術店

8,000

0022 火薬・煙草入れ 革・毛皮2個組喫煙グッズ・刻み煙草・懐中/暮らしの古道具☆【中古】

商 品 詳 細 煙草の歴史を感じられる煙草入れです。かつて刻み煙草を煙管と一緒に持ち歩くための腰座し、提げというものが作られました。その中で刻んだ煙草を入れるための袋か、火薬を入れるために作られた袋です。留め金に使われている細工ものまで職人さんの技、遊び心が伺えます。昔懐かしの逸品です。 サ イ ズ 毛皮:9.0×6.0×1.2cm 革:8.0×6.5×0.8cm 材 質 毛皮・革錫 状 態 使用感があり、シワやスレ等があります。 *商品の色目・素材感に関しては画像・照明などの関係上実際の商品の質感や色彩とは若干違いがある事をあらかじめ御了承下さい。 なお、できる限りよい状態の良いものを取り扱っておりますが、アンティークの性質上、多少の汚れ、退色、キズなどある場合があります。 御了承の上お買い求め下さいますようお願い申し上げます。 *当店は、買出し屋です。 実際に一件一件のお宅へ出向いて、 蔵や土蔵に眠っている商品を 買わせて頂いています。 その為、骨董品に関しては、 うぶもの (せり・業者等の世に出ていないもの) を中心に取り扱っております。 昔の方々の巧みの技をそして、 それを大事に使っていた方々の心を 大切にしていただける方々へ お届けしたいと思っております。

■ 喜多川歌麿『歌撰恋之部 深く忍恋』木版画【A1419】・あす楽・【版画・絵画・美術品・人物画】 良好 箱、額付き 人物画 浮世絵 美人画 着物 大首絵 雲母 膠 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,120

■ 喜多川歌麿『歌撰恋之部 深く忍恋』木版画【A1419】・あす楽・【版画・絵画・美術品・人物画】 良好 箱、額付き 人物画 浮世絵 美人画 着物 大首絵 雲母 膠 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 歌撰恋之部 深く忍恋 技法 木版画 額寸 ヨコ455×タテ570(mm) 絵寸 ヨコ240×タテ375(mm) 良好 箱、額付き 「歌撰恋之部」は王朝和歌集をもじった題名である。歌麿が得意とした人物をクローズアップして描く大首絵(おおくびえ)の傑作。お歯黒から既婚女性と見られ、大店の内儀ではないかと思われる。煙管を持つ仕草が女性らしい柔らかさを感じさせる作品。2016年に江戸時代、出版された当時に摺られた作品がフランスのオークションで8800万円で落札されたニュースも話題になった。■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)■1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『歌撰恋之部 深く忍恋』木版画・あす楽・【版画・絵画・美術品】・【人物画】 お部屋のインテリア・新築祝い・開店祝い・贈りものにお使い下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク