メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「棗」検索結果。

棗の商品検索結果全219件中1~60件目

【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 梅月棗 淡々斎好写し又は豊兆棗 玄々斎好写し又は源氏棗 玄々斎好写し又は金瓢棗 淡々斎好写し 木崎作 木質

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

9,028

【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 梅月棗 淡々斎好写し又は豊兆棗 玄々斎好写し又は源氏棗 玄々斎好写し又は金瓢棗 淡々斎好写し 木崎作 木質

サイズ各約直径6.7×高6.7cm 素材木質製 作者木崎作 箱化粧箱 山棒梅月・限定N258豊兆・N258源氏・銀杏(山丸吉〜礼吉:木質大・11300) 【コンビニ受取対応商品】・梅月棗 14代 淡々斎好写 [一閑張溜塗の折撓(おりため)大棗]…老木の梅花を中村宗哲が黒絵で描き右上の月を銀蒔絵この月にかかった一枝を金蒔絵の意匠 中国の詩人で最も梅を愛した林和靖の「疎影横斜水清浅、暗香浮動月黄昏」の有名な詩の語句を茶器に応用された一種の詩棗というべきものです。 それゆえに「暗香浮動月黄昏」の文字が箱の表に書付されています。 棗製作は 飛来一閑、蒔絵は中村宗哲です。 ・豊兆棗 11代 玄々斎好写 本歌は玄々斎宗匠のお筆で「今年はじめて女子猶鹿子誕生に付 祝として好之」とあるように「和気兆豊年」より兆豊と名づけた。 猶鹿子氏とは後に又妙斎宗匠の室になられた方です。 後に語呂がわるいので「雪是豊年兆」より豊兆棗となった。 形は黒の雪華蒔絵棗で、甲に三個、胴に三個、合計六個をそれぞれ形を替えて雪花が描かれています。 棗の制作の本歌の作者 8代 中村宗哲です ・源氏棗 11代 玄々斎好 本歌は源氏香図、好の二個、上が須磨で金蒔絵、下が明石で青金、胴の点前が松風で銀、客付は榊で金、裏向こうが東屋で赤になっています。 棗の制作の本歌の作者 8代 中村宗哲です。

送料無料
茶道具 大棗一閑 壺々 即中斎好道場宗廣作

佐藤大観堂

39,780

茶道具 大棗一閑 壺々 即中斎好道場宗廣作

■大棗 一閑 壺々 即中斎好 分類 茶道具 R-W8-N-I-TSU-SO-MS------------------------------------------------【 一閑張(いっかんばり)】木型の上に和紙を貼り重ね、その上から漆を塗り、のちに型を抜きとって作る技法。------------------------------------------------【 即中斎 】表千家 十三代目 無盡宗左 即中斎------------------------------------------------【 好み物 】茶家(家元)の意匠によってつくられた道具類。 作者 道場宗廣 作者略歴 加賀蒔絵・漆芸作家として30余年活躍。----------------------------------------------道場宗廣 栞より加賀百万石の文化の伝統に支えられた漆芸の町に生まれ、厳父より漆の技を教えられ、その難しさと漆の持つ不思議さとに取りつかれて早や半世紀になろうとして居ります。茶道を心の糧として三十余年、その愛着から、心ある器を作ろうと鋭意努力してまいりました。漆の持つ美しさが茶道具に表現出来得ますれば、私の喜びこれに優るものはありません。 寸法 径7.3cm、 高さ7.4cm。 備考 桐共箱、布、作家栞・略歴付。新品。 取扱品: 茶道具 茶碗 棗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 茶道具販売の老舗 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク