メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リトグラフ」検索結果。

リトグラフの商品検索結果全1,341件中1~60件目

送料無料
ロジェ・ミュール農家リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

210,600

ロジェ・ミュール農家リトグラフ

作品名 農家 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦50cm×横60cm 額付き寸法 縦70cm×横80cm

送料無料
ロジェ・ミュールアネモネリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールアネモネリトグラフ

作品名 アネモネ 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュールアイリスリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールアイリスリトグラフ

作品名 アイリス 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横63cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュール黄土色の家リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

172,800

ロジェ・ミュール黄土色の家リトグラフ

作品名 黄土色の家 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦38cm×横40cm 額付き寸法 縦60cm×横62cm

送料無料
ロジェ・ミュールぼたん2リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールぼたん2リトグラフ

作品名 ぼたん2 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュールチューリップのブーケリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールチューリップのブーケリトグラフ

作品名 チューリップのブーケ 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュールピンクの屋根リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

210,600

ロジェ・ミュールピンクの屋根リトグラフ

作品名 ピンクの屋根 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦50cm×横60cm 額付き寸法 縦70cm×横80cm

送料無料
「赤い舞台」 リトグラフ 斎藤真一

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

110,250

「赤い舞台」 リトグラフ 斎藤真一

←画像をクリックすると拡大されます 作品名 赤い舞台 作 者 斎藤真一 技 法 リトグラフ 寸 法 額寸:71.0cm×59.0cm (額付きとなっております) 画寸:約45.5cm×35.0cm リトグラフとは リトグラフ(石版画)は、1798年ドイツの アロイス・ゼネフェルダー氏が 発明したもので、石や金属版を 使用した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に油性の 画材で描いた後、水と油の反発性を 用いて版をつくり、描画された油の 部分のみインクを付着させ、 紙をのせて刷っていきます。 豊富な色のリトグラフ は、一色につき一版ずつ必要なので、 色分解された版をつくる作業を 繰り返し、重ねて刷りあげて いくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的 技法になっています。 斎藤真一 shinichi saito 1959年 37歳 4月、渡仏。パリのレピュブリック通りに下宿する。 7月、ドイツ・オランダ・ベルギー・ナポリを原動機付自転車で旅行。 11月、スペイン旅行。横断中、藤田嗣冶と親交を結ぶ。 1960年 38歳 8月、文芸春秋画廊(東京)にて帰国後初の個展開催。 1961年 39歳 夏、津軽にてねぶた祭に感動、津軽三味線の音色に驚き、 宿の古老からも瞽女のことを教えられる。 1962年 40歳 瞽女に惹かれ、盲目の女性を描く。 1963年 41歳 1月、養清堂画廊(東京)にて個展開催。 1980年 58歳 5月、エッチング集「雪国」(毎日新聞社)刊行。 6月、「さすらいー斎藤真一画集」(講談社)刊行。 1981年 59歳 3月、ギャラリー・ヤマモト(伊東)にて「斎藤真一展」開催。 6月、岡山県総合文化センターへ油彩画14点奇贈。 カナダのヴィクトリア美術館(モントリオール)に作品収蔵。 1982年 60歳 2月...

送料無料
ロジェ・ミュール海辺の家リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

378,000

ロジェ・ミュール海辺の家リトグラフ

作品名 海辺の家 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦70.0cm×横90.0cm 額付き寸法 縦90.0cm×横110.0cm

送料無料
ロジェ・ミュール南仏グラス風景リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

172,800

ロジェ・ミュール南仏グラス風景リトグラフ

作品名 南仏グラス風景 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦38cm×横40cm 額付き寸法 縦60cm×横62cm

斎藤真一 リトグラフ「赤い舞台」

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

110,250

斎藤真一 リトグラフ「赤い舞台」

←画像をクリックすると拡大されます 作品名 赤い舞台 作 者 斎藤真一 技 法 リトグラフ 寸 法 額寸:71.0cm×59.0cm (額付きとなっております) 画寸:約45.5cm×35.0cm リトグラフとは リトグラフ(石版画)は、1798年ドイツの アロイス・ゼネフェルダー氏が 発明したもので、石や金属版を 使用した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に油性の 画材で描いた後、水と油の反発性を 用いて版をつくり、描画された油の 部分のみインクを付着させ、 紙をのせて刷っていきます。 豊富な色のリトグラフ は、一色につき一版ずつ必要なので、 色分解された版をつくる作業を 繰り返し、重ねて刷りあげて いくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的 技法になっています。 斎藤真一 shinichi saito 1959年 37歳 4月、渡仏。パリのレピュブリック通りに下宿する。 7月、ドイツ・オランダ・ベルギー・ナポリを原動機付自転車で旅行。 11月、スペイン旅行。横断中、藤田嗣冶と親交を結ぶ。 1960年 38歳 8月、文芸春秋画廊(東京)にて帰国後初の個展開催。 1961年 39歳 夏、津軽にてねぶた祭に感動、津軽三味線の音色に驚き、 宿の古老からも瞽女のことを教えられる。 1962年 40歳 瞽女に惹かれ、盲目の女性を描く。 1963年 41歳 1月、養清堂画廊(東京)にて個展開催。 1980年 58歳 5月、エッチング集「雪国」(毎日新聞社)刊行。 6月、「さすらいー斎藤真一画集」(講談社)刊行。 1981年 59歳 3月、ギャラリー・ヤマモト(伊東)にて「斎藤真一展」開催。 6月、岡山県総合文化センターへ油彩画14点奇贈。 カナダのヴィクトリア美術館(モントリオール)に作品収蔵。 1982年 60歳 2月...

送料無料
ロジェ・ミュールピンクのテーブルクロスリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

237,600

ロジェ・ミュールピンクのテーブルクロスリトグラフ

作品名 ピンクのテーブルクロス 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
版画 ポロ/ヴィクトール・スパン リトグラフ 絵画 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

18,130

版画 ポロ/ヴィクトール・スパン リトグラフ 絵画 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

デメリットを確認して下さい。 確認して頂きましたら確認したに変更して下さい。 確認したを選択して頂きましたらお送りさせて頂きます。 ■商品詳細 作品名:ポロ 作家名:ヴィクトール・スパン ■作家履歴 1949年フランスに生まれる。 1982年パリのポログラフでの展覧会をきっかけに、 ポロとゴルフの題材で好評を博し、 作品が全世界に広まる。 フランスのギャラリー・ドゥ・ラ・プラス・ボーボ、 エチェンヌ・サシ邸、スイス、アメリカ、日本、台湾等 各国で展覧会を開催。 テニス、ヨット、F1等の「動き」を 主題とした作品が高評価される。 1988年40点の作品についてEFFA出版と独占契約し、書籍を出版。 現在は柔道家、ダンサー等の他にも、美しい花や 庭園などをモチーフにその才能を発揮。 スパン独特の鮮やかな色彩と、ダイナミックさは、 フランスのみならず世界各国で 大変高い評価を受けている。 ■商品説明 技法:リトグラフ サイズ:72cm×85cm ED:EA サイン有り 箱有り 袋有り 注意: 額に細かなキズが御座います。 作品については画面を見てご確認ください。 写真は出来るだけ実物と近づけていますがどうしても差異が 発生する事がありますのでご了承下さい。

送料無料
絵画 ファンシュ・ルダン ニューヨークサウスストリート 版画/リトグラフ 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

13,037

絵画 ファンシュ・ルダン ニューヨークサウスストリート 版画/リトグラフ 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

■商品詳細 商品名:ニューヨークサウスストリート 作家名:ファンシュ・ルダン ■作家履歴 1949年フランス、ポンティビィ生まれ。 16歳で高校卒業後、単身ヨーロッパ、アフリカを旅する。 その後、パリに戻り、19歳で絵の勉強を始める。 カリフォルニアに移住後、 カリフォルニア州立大学サフラメント校にてMBA(経営学修士)取得。 サンフランシスコでの初の個展で大成功を収め、 その後全米を初めとし、パリをはじめ世界各地で展覧会開催。 彼の描く作品は極めてカラフルであり、 光と影の作り出す明暗が巧みに調和し我々を吸い込ませずにはおかない。 現在、パリとサンフランシスコにスタジオを持ち活躍中。 ■商品説明 中古品 ファンシュ・ルダンのニューヨークサウスストリートの構図です。 是非この機会にお手元にいかがでしょうか! 在庫1点限りとなります。 技法:リトグラフ サイン有り ED:200部 サイン有り 箱有り 袋無し 額寸法:約69cm×約84cm 尚、画面上多少の色味の違いが有る事をご了承下さい。 作品については画面を見てご確認ください。 写真は出来るだけ実物と近づけていますが どうしても差異が発生する事がありますのでご了承下さい。

【小倉遊亀「花と皿」】リトグラフ 額付き 文化勲章受章作家 人気作品

天文館質舗 楽天市場店

73,700

【小倉遊亀「花と皿」】リトグラフ 額付き 文化勲章受章作家 人気作品

【小倉遊亀「花と皿」】リトグラフ 額付き 文化勲章受章作家 人気作品 商品詳細 【小倉遊亀「花と皿」】リトグラフ 額付き 文化勲章受章作家 人気作品 ●状態 ランクB こちらの品はUSED品でございます。 経年により額内側にヒビがあります。 経年による汚れや傷が若干あります。 額:掻き傷やスレが若干あります。 商品の状態は、写真でご確認下さい。 完璧を求める方、神経質な方はご入札はご遠慮ください。 ●詳細 写真掲載の商品を出品しております。 サイズ:画面:W50×H30cm 額:W73×H52×4cm ※誤差はご了承下さい。 ●ランク識別表(当社規定)● N 新品の卸業者又はメーカーから仕入れた新品 S 未使用品又は新品同様の美品 A 中古美品。若干の小キズ等が見受けられるが非常に状態の良い中古品。 AB 程度の良い中古品。小キズや少し汚れ等が見受けられるが中古品としては良質の状態。 B 使用感やキズ・汚れなどがある中古品。 C 使用感やキズ・汚れが多い中古品。 D 使用感やキズ・汚れが非常に多い中古品。 E ジャンク品・故障品・欠陥、欠損のある、またそれに近い商品。 *当社基準に基づき判断しておりますので、あくまでご参考として考慮ください。 ●付属品 付属品:*** *ご注意* 未成年者飲酒禁止法に基づき未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。 ご落札後には落札オーダーフォームの備考欄(ご要望)からでも生年月日及び満年齢のご連絡をお願いいたします。 生年月日及び満年齢のご記載がない場合は、税務署の指導により発送 が出来ません。お手数ですが必ずご記載のほどお願い申し上げます 免許情報 第961010040949号/鹿児島県公安委員会 古物商許可証 鹿児島酒指第144号/鹿児島税務署長 酒類販売免許 【代引決済の受取拒否について...

送料無料
宇田荻邨 リトグラフ「貴船奥宮」

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

231,000

宇田荻邨 リトグラフ「貴船奥宮」

◆勲三等瑞宝章受賞・日本芸術院会員◆ 宇田荻邨「貴船奥宮」 近代日本画に偉大な足跡を残した宇田荻邨画伯は、「京洛の画家」 とも呼ばれています。千余年の歴史を持つ京都の風光を愛し、大和絵の流れを汲む筆づかいで、品格の高い作品を描き続けました。荻邨の遺した、京都の歴史と文化について述懐した大変美しいことばがあります。「京都は古文化の中心地であり、文学、美術、あらゆる方向の宝庫があり、静かな風格をもっている。永い歴史を通した、深い日本古来の伝統は美しい」本作品は、まさに「荻邨芸術」の結晶ともいえる名品です。歴史的な趣を、貴船奥宮の景観や風情を一途に表現することでさわやかに描ききっています。伝統の静かなながれを確実に受け継ぎ描かれた、近代日本画の最高傑作の一点に数えられます。 額付サイズ 61.5cm×54.0cm ←画像をクリックすると拡大されます。 (環境により表示に1分程かかることがあります。)貴船奥宮 近代日本画画壇の巨匠・宇田荻邨が繊細な筆致で描く 風景画の傑作。 涼をさそう京・洛北の風情をとらえた「貴船奥宮」石版画、名作完成。 宇田荻邨 略歴 明治29年三重県松阪市に生まれる。 大正2年京都に出て、菊池芳文の門に入り、 京都市立絵画専門学校にも学ぶ。 昭和2年帝展委員、翌年は審査員となる。 師芳文の没後はその養嗣子菊池契月につく。 昭和11年京都市立絵画専門学校教授になる。 昭和15年「新秋」(京都美術館蔵) 昭和18年「松」(大阪市立美術館蔵) 昭和31年契月の没後、画塾「白申社」を主宰、 後進の育成にも努める。 「夕涼」(京都国立近代美術館蔵) 昭和32年「清水寺」(京都市美術館蔵) 昭和33年「富士の山」襖絵(京都御所) 昭和36年日本芸術院会員となる。 昭和39年「桂離宮笑意軒」(東京国立近代美術館蔵) 昭和41年...

送料無料
中島千波『春日和』リトグラフ

内田画廊

352,000

中島千波『春日和』リトグラフ

■春日和 京都、東山の高台寺の枝垂桜を描いた作品。 高台寺は北政所が夫の豊臣秀吉の菩提を弔うため、 1605年に創建した臨済宗の寺である。 江戸時代から桜の名所としても知られ、早くも年中行事 解説書『日次紀事』の『有桜花処』の項でその名が見え、 また『花洛再見図』や『都名所図絵』でも挿絵中に桜樹が 描かれている。 現在でも春のシーズンにはライトアップがされるなどし、 枝垂桜が見る人の心をひきつけている。 ここでは、画面の右側に桜の木を置き、根元から二股に 分かれた幹から四方八方に枝が伸び、満開の桜花が 画面全体を埋め尽くすように咲き誇っている。 花弁や散り落ちる花弁だけでなく、雌しべ、蕾や萼、 葉までが丁寧に描き出されている。 幹や枝には墨を用いて巧みに濃淡をつけ、滲みの手法で 質感をあらわしている。 さらに枝や花弁に濃淡をつけて諧調をだすことによって、 桜樹全体のヴォリュームや奥行感を得ている。 華やかさ、静けさだけでなく、どことなく妖艶さを感じさせる 空間を現出した作品である。 濱中真治氏(山種美術館学芸員)による本作解説書より抜粋 ■中島千波 なかじまちなみ 1945 長野県に生まれる 1969 東京芸術大学日本画科卒業 再興第54回院展に初出品・初入選 1979 山種美術館賞展・優秀賞受賞 1984 横の会結成に参加 1987 NHK『今日の料理』の表紙絵を担当する(3年間) 1992 長野県に『おぶせミュージアム・中島千波館』がオープン 1999 『春日和』制作 2000 東京芸術大学教授に就任 2013 東京芸術大学を退任 個展をはじめ精力的に活躍中 作家名 中島千波 題 名 春日和 技 法 リトグラフ 用 紙 ベランアルシュ ...

送料無料
ロジェ・ミュール南仏ムージャンの村リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

210,600

ロジェ・ミュール南仏ムージャンの村リトグラフ

作品名 南仏ムージャンの村 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦54cm×横64cm 額付き寸法 縦75cm×横85cm

送料無料
絵画「陽の村」リトグラフ 斎藤真一 版画 インテリア

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

110,250

絵画「陽の村」リトグラフ 斎藤真一 版画 インテリア

作 者 斎藤真一 さいとうしんいち 作品名 陽の村 額寸法 62.5cm×52.7cm 技 法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏が発明したもので、石や金属版を使用した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、油性の画材で描いた後、水と油の反発性を用いて版をつくり、描画された油の部分のみインクを付着させ、紙をのせて刷っていきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき一版ずつ必要なので、色分解された版をつくる作業を繰り返し、重ねて刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法になっています。 斎藤真一 shinichi saito 1959年 37歳 4月、渡仏。パリのレピュブリック通りに下宿する。 7月、ドイツ・オランダ・ベルギー・ナポリを原動機付自転車で旅行。 11月、スペイン旅行。横断中、藤田嗣冶と親交を結ぶ。 1960年 38歳 8月、文芸春秋画廊(東京)にて帰国後初の個展開催。 1961年 39歳 夏、津軽にてねぶた祭に感動、津軽三味線の音色に驚き、 宿の古老からも瞽女のことを教えられる。 1962年 40歳 瞽女に惹かれ、盲目の女性を描く。 1963年 41歳 1月、養清堂画廊(東京)にて個展開催。 11月、青木画廊(東京)にて個展開催。 冬、北陸を訪れる。越後に強く心を打たれ、特に後年、 出雲崎を何度も訪れる。 1964年 42歳 12月、杉本キクエ瞽女を初めて訪ねる。 青木画廊主催で文芸春秋画廊にて個展開催。 この年、1年間、角川源義「私の歳時記」(月刊誌「いけ花龍生」)の挿絵を描く 1865年 43歳 この年より約10年間、瞽女取材のため越後に通う。...

送料無料
宇田荻邨 リトグラフ「清水寺」

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

231,000

宇田荻邨 リトグラフ「清水寺」

作品名 清水寺 作 者 宇田荻邨 略 歴 明治29年 三重県松阪市に生まれる。 大正2年 京都に出て、菊池芳文の門に入り、 京都市立絵画専門学校にも学ぶ。 昭和2年 帝展委員、翌年は審査員となる。 師芳文の没後はその養嗣子菊池契月 につく。 昭和11年 京都市立絵画専門学校教授になる。 昭和15年 「新秋」(京都美術館蔵) 昭和18年 「松」(大阪市立美術館蔵) 昭和31年 契月の没後、画塾「白申社」を主宰、 後進の育成にも努める。 「夕涼」(京都国立近代美術館蔵) 昭和32年 「清水寺」(京都市美術館蔵) 昭和33年 「富士の山」襖絵(京都御所) 昭和36年 日本芸術院会員となる。 昭和39年 「桂離宮笑意軒」 (東京国立近代美術館蔵) 昭和41年 「白申社」を解散して、画業に専念 する。 昭和42年 勲三等瑞宝章に叙せられる。 昭和44年 「水神貴船奥宮」 昭和47年 松阪市名誉市民となる。 昭和51年 「冬嵐山」(皇居新宮殿) 昭和55年 83歳で逝去。 額付サイズ 77cm×73cm■宇田荻邨 略歴 明治29年 三重県松阪市に生まれる。大正2年 京都に出て、菊池芳文の門に入り、京都市立絵画専門学校にも学ぶ。昭和2年 帝展委員、翌年は審査員となる。師芳文の没後はその養嗣子菊池契月につく。昭和11年 京都市立絵画専門学校教授になる。昭和15年 「新秋」(京都美術館蔵)昭和18年「松」(大阪市立美術館蔵)昭和31年 契月の没後、画塾「白申社」を主宰、後進の育成にも努める。「夕涼」(京都国立近代美術館蔵)昭和32年 「清水寺」(京都市美術館蔵)昭和33年 「富士の山」襖絵(京都御所...

スポンサーリンク
スポンサーリンク