メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「鼻笛」検索結果。

鼻笛の商品検索結果全18件中1~18件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
Pearl パール フルート ドルチェ PF-665E

Amazon

117,000

Pearl パール フルート ドルチェ PF-665E

頭部管:銀製 管体:洋銀・銀メッキ 頭部管を銀製にする事により、音色の美しさもさることながら、コントロールをより繊細に出来るようになりました。小中学生はもちろんですが、ブラスバンドを久々にやりたい!と思っている方にもオススメです。■セット内容■ハードケース、ケースカバー、クリーニングクロス、ガーゼクロス、クリーニングロッド、メーカー1年保証、イシバシ楽器5年保証、取り扱い説明書■特別全部入りSET ・入門用DVD ・ヤマハフルートお手入れセット (キイオイルライト(8ml)、シルバークロスM、ポリシングクロスS、ポリシングガーゼL(1枚)、ペーパーセット、トーンホールクリーナー(3本)、ウォーターシート1P、巾着袋) ・メトロノームチューナー ・折りたたみ式譜面台(スチール製) 老舗のフルートメーカーから「こだわり」の入門モデルが登場です。↓↓↓コダワリポイント↓↓↓【頭部管銀製】より本格的なフルートの感覚を入門機種から慣れ親しむ為に頭部管が銀製。銀にすることにより、音にまとまりとコシが出てきますので気持ちよく演奏できちゃいます。良い音で楽しみたい。そんな方にオススメの1本です。↓↓↓コダワリポイントその2↓↓↓【ポイントアーム&銀メッキ仕上げ】管体は洋銀製ですが、銀メッキにする事によって音質向上!ポイントアームによってキィの耐久性もあがりました。もちろんEメカ付きですよ♪当店の管楽器は専任のリペアマンが責任を持って調整してからお届け致します。

送料無料
楽器ひょうたん笛プラスチック楽器中国風手作りひょうたん笛中国民族楽器の初心者及びプロ向け (青と白)(C管)

Amazon

2,699

楽器ひょうたん笛プラスチック楽器中国風手作りひょうたん笛中国民族楽器の初心者及びプロ向け (青と白)(C管)

ひょうたん笛(瓢箪笛)は葫蘆絲、葫芦丝(フルス)とも呼ばれ、中国雲南省にある少数民族の間で用いられる気鳴楽器が起源です。発祥地は德宏傣族景颇族自治州梁河县で、現在、主に傣、阿昌、佤、德昂及び布朗など少数民族が集中している雲南省德宏、临沧一帯地域で流行しており、代表的な民族楽器でもあります。 ひょうたん笛は高、中、低音の3つの種類に分かれます。その音色は独特で美しく、素朴で優雅な外観、持ち歩きやすいコンパクトさ、且つ、簡易に学べるという特徴もあり、音楽愛好者や国内外の観光客の間で大人気となっています。 ひょうたん笛は山歌などの民族音楽によく使われており、なめらかな旋律の演奏に最も適しています。特に、持続音が多く、合音が豊かな旋律は、ひょうたん笛のきれいな音色で、演奏者の感情や思いまでもうまく表現することができます。 ひょうたん笛の発祥地及びその起源に関する伝説はひょうたん笛の故郷―雲南省德宏傣族景颇族自治州梁河县より広がってきたと思われています。秦の初期の時代より、既に様々な面白い伝説があったといわれています。 中国風手工制作

送料無料
楽器ひょうたん笛プラスチック楽器中国風手作りひょうたん笛中国民族楽器の初心者及びプロ向け (翡翠)(B♭管)

Amazon

2,699

楽器ひょうたん笛プラスチック楽器中国風手作りひょうたん笛中国民族楽器の初心者及びプロ向け (翡翠)(B♭管)

ひょうたん笛(瓢箪笛)は葫蘆絲、葫芦丝(フルス)とも呼ばれ、中国雲南省にある少数民族の間で用いられる気鳴楽器が起源です。発祥地は德宏傣族景颇族自治州梁河县で、現在、主に傣、阿昌、佤、德昂及び布朗など少数民族が集中している雲南省德宏、临沧一帯地域で流行しており、代表的な民族楽器でもあります。 ひょうたん笛は高、中、低音の3つの種類に分かれます。その音色は独特で美しく、素朴で優雅な外観、持ち歩きやすいコンパクトさ、且つ、簡易に学べるという特徴もあり、音楽愛好者や国内外の観光客の間で大人気となっています。 ひょうたん笛は山歌などの民族音楽によく使われており、なめらかな旋律の演奏に最も適しています。特に、持続音が多く、合音が豊かな旋律は、ひょうたん笛のきれいな音色で、演奏者の感情や思いまでもうまく表現することができます。 ひょうたん笛の発祥地及びその起源に関する伝説はひょうたん笛の故郷―雲南省德宏傣族景颇族自治州梁河县より広がってきたと思われています。秦の初期の時代より、既に様々な面白い伝説があったといわれています。 中国風手工制作

送料無料
TNG ダブルオカリナ コンチェルト アルトC管 ヨウヘン釉薬複管陶笛 吹奏専用

Amazon

10,480

TNG ダブルオカリナ コンチェルト アルトC管 ヨウヘン釉薬複管陶笛 吹奏専用

窯変釉薬の原因 ヨウヘン釉薬とは陶磁器を焼く際、予期しない釉色・釉相を呈することです。 窯の中には多くの色元素があるため、酸化還元反応によって、陶磁器のできた時に予想しない釉色・釉相を呈します。形が特別で、珍しい上に、人々はこのような陶磁器が窯で焼いた時に出た製品だけ知って、ほかの原理も知らないので、窯変釉薬という名前をつけました。「窯変無双」という俗語があります。それは窯変釉薬の変化がユニークで予想できないということを意味しています。 窯変釉薬の市場価値 鮮やかな釉薬の中で、窯変釉薬はとても独特な存在です。近頃、窯変釉薬の市場価格も日増しに高まって、現在、百万元の窯変釉薬は12つに達しました。 2010年、中国の嘉徳で催される「飛鴻閣蔵陶磁器」のスペシャルオークションの中で、清乾隆時期の窯変釉薬の一つ-ハス形の口をしている陶磁器のファイナルプライスは最も高くて、165万元に達します。2011年サザビーズ 香港春のオークションの中で、高さ17.4cmの清雍正時期の窯変釉薬-龍の浮き彫りは150万-200万香港ドルの見積で、258.4万香港ドルのファイナルプライスで売られて、それも現在窯変釉薬の最高プライスです。2012クリスティーズ 香港春のオークションで、清雍正時期の窯変釉薬-「三牺瓶」は224.8香港ドルに値します。関連専門家は単色釉薬陶磁器がだんだん収集者に重視されて、窯変釉薬という単色釉薬陶磁器もきわめて大きな収集投資価値があると考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク