メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「麻紙」検索結果。

麻紙の商品検索結果全95件中1~60件目

京都 谷口松雄堂製 F8麻紙ボード(455×379mm)

高品質・激安 額縁画材のまつえだ

1,890

京都 谷口松雄堂製 F8麻紙ボード(455×379mm)

柄名:F8 手漉き麻紙(ドーサ引き)使用 (福井県今立町・岩野製紙) 麻は古代から紙の主要原料として用いられてきました。 正倉院文書などは楮・雁皮より麻紙のほうが多いそうです。 麻紙は紙質が硬くざらざらしている為、細かい文字などが書きにくく、 繊維の処理が難しい為に、平安以後姿を消しました。 現在、福井の和紙工房として全国的に良く知られる岩野さんが、手漉きの麻紙を製造しています。 このいにしえの麻紙が復活する時、日本画家たちの意見が多く取り入れられました。 そして現在、日本画作成に欠かせない重要な画用和紙として、なくてはならないものになったのです。 繊維が大変丈夫で破れにくく、適度なざらつきが絵具をしっかりと抱きとめます。そしてその質感は独特で印象深いものです。 気温や湿度の影響などで製造が遅れ、大変お待たせする場合もございます。 納期厳守の場合は、予めご連絡くださいませ。 【商品仕様】 品番:FG003 寸法:F8規格 455×379mm 個装:OPP袋入り 備考:【用途】日本画用 素材:手漉き麻紙、ベニヤ板 製造メーカー 京都 谷口松雄堂 極稀に在庫切れの場合、 お取り寄せに3~4営業日 お時間いただきます。 誠に恐れ入りますが ご理解賜りますようお願いします。

京都 谷口松雄堂製 F4麻紙ボード(333×242mm)

高品質・激安 額縁画材のまつえだ

907

京都 谷口松雄堂製 F4麻紙ボード(333×242mm)

柄名:F4 手漉き麻紙(ドーサ引き)使用 (福井県今立町・岩野製紙) 麻は古代から紙の主要原料として用いられてきました。 正倉院文書などは楮・雁皮より麻紙のほうが多いそうです。 麻紙は紙質が硬くざらざらしている為、細かい文字などが書きにくく、 繊維の処理が難しい為に、平安以後姿を消しました。 現在、福井の和紙工房として全国的に良く知られる岩野さんが、手漉きの麻紙を製造しています。 このいにしえの麻紙が復活する時、日本画家たちの意見が多く取り入れられました。 そして現在、日本画作成に欠かせない重要な画用和紙として、なくてはならないものになったのです。 繊維が大変丈夫で破れにくく、適度なざらつきが絵具をしっかりと抱きとめます。そしてその質感は独特で印象深いものです。 気温や湿度の影響などで製造が遅れ、大変お待たせする場合もございます。 納期厳守の場合は、予めご連絡くださいませ。 【商品仕様】 品番:BE003 寸法:F4規格 333×242mm 個装:OPP袋入り 備考:【用途】日本画用 素材:手漉き麻紙、ベニヤ板 製造メーカー 京都 谷口松雄堂 極稀に在庫切れの場合、 お取り寄せに3~4営業日 お時間いただきます。 誠に恐れ入りますが ご理解賜りますようお願いします。

京都 谷口松雄堂製 F0号麻紙ボード(180×140mm)

高品質・激安 額縁画材のまつえだ

544

京都 谷口松雄堂製 F0号麻紙ボード(180×140mm)

柄名:F0号 手漉き麻紙(ドーサ引き)使用 (福井県今立町・岩野製紙) 麻は古代から紙の主要原料として用いられてきました。 正倉院文書などは楮・雁皮より麻紙のほうが多いそうです。 麻紙は紙質が硬くざらざらしている為、細かい文字などが書きにくく、 繊維の処理が難しい為に、平安以後姿を消しました。 現在、福井の和紙工房として全国的に良く知られる岩野さんが、手漉きの麻紙を製造しています。 このいにしえの麻紙が復活する時、日本画家たちの意見が多く取り入れられました。 そして現在、日本画作成に欠かせない重要な画用和紙として、なくてはならないものになったのです。 繊維が大変丈夫で破れにくく、適度なざらつきが絵具をしっかりと抱きとめます。そしてその質感は独特で印象深いものです。 気温や湿度の影響などで製造が遅れ、大変お待たせする場合もございます。 納期厳守の場合は、予めご連絡くださいませ。 【商品仕様】 品番:BA003 寸法:F0号規格 140x180mm 個装:OPP袋入り 備考:【用途】日本画用 素材:手漉き麻紙、ベニヤ板 製造メーカー 京都 谷口松雄堂 極稀に在庫切れの場合、 お取り寄せに3~4営業日 お時間いただきます。 誠に恐れ入りますが ご理解賜りますようお願いします。

京都 谷口松雄堂製 F3麻紙ボード(273×221mm)

高品質・激安 額縁画材のまつえだ

642

京都 谷口松雄堂製 F3麻紙ボード(273×221mm)

柄名:F3 手漉き麻紙(ドーサ引き)使用 (福井県今立町・岩野製紙) 麻は古代から紙の主要原料として用いられてきました。 正倉院文書などは楮・雁皮より麻紙のほうが多いそうです。 麻紙は紙質が硬くざらざらしている為、細かい文字などが書きにくく、 繊維の処理が難しい為に、平安以後姿を消しました。 現在、福井の和紙工房として全国的に良く知られる岩野さんが、手漉きの麻紙を製造しています。 このいにしえの麻紙が復活する時、日本画家たちの意見が多く取り入れられました。 そして現在、日本画作成に欠かせない重要な画用和紙として、なくてはならないものになったのです。 繊維が大変丈夫で破れにくく、適度なざらつきが絵具をしっかりと抱きとめます。そしてその質感は独特で印象深いものです。 気温や湿度の影響などで製造が遅れ、大変お待たせする場合もございます。 納期厳守の場合は、予めご連絡くださいませ。 【商品仕様】 品番:BD003 寸法:F3規格 273×221mm 個装:OPP袋入り 備考:【用途】日本画用 素材:手漉き麻紙、ベニヤ板 製造メーカー 京都 谷口松雄堂 極稀に在庫切れの場合、 お取り寄せに3~4営業日 お時間いただきます。 誠に恐れ入りますが ご理解賜りますようお願いします。

折居恵子 ORII Keiko“春の光" ≪日本画 japanese painting≫

TOKYO ART FILE

24,000

折居恵子 ORII Keiko“春の光" ≪日本画 japanese painting≫

Title 春の光 Size SM(227x158mm) Year 2014年 Media 麻紙・水干・岩絵具 *Comment      『花や植物は、大地からのエネルギーの発露である』と考えて制作しています。 そんな植物の命のきらめきを画面上に表現したいと考えています。 *Biography    1962年神奈川県横浜市生まれ   1982年女子美術短期大学別科修了   2007年武蔵野美術大学造形学部日本画コース卒業   [個展・二人展]   1994年 画廊土瓶(横浜)にて二人展(同1996年)   2002年 ギャラリーミロ(横浜)にて個展   2007年 二人展(銀座・みゆき画廊)   2009年 OギャラリーUP・S(銀座)にて個展(同11・12・14年5月)   2011年 かみめぐろ保育園エントランスホールにて個展   2013年 横浜・画廊楽にて企画展   [公募展]   春季創画展(97・02・09・11・13・14年) 臥龍桜日本画大賞展(97・03・05・12・15年) 神奈川県展(03年) 上野の森美術館大賞展(11年)   [グループ展]   「遊展」(03〜15年 横浜・画廊楽)・(奄美田中一村記念館) 「希展」(10〜15年 横浜・画廊楽) 「三人展」(10年 日本橋・SAN-AI GALLERY) 「コンパーニョ展」(10・12年 横浜市民ギャラリー) 「記憶展」(14年 日本橋・SAN-AI GALLERY) 他・多数参加 現在、創画会所属・日本美術家連盟会員...

スポンサーリンク
スポンサーリンク