メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「高村光雲」検索結果。

高村光雲の商品検索結果全37件中1~37件目

送料無料
高村光雲作品/元禄若衆 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

702,000

高村光雲作品/元禄若衆 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 元禄若衆 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅28×奥行19.5×高41.5cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/老子像 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

572,400

高村光雲作品/老子像 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 老子像 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅34×奥行12×高28cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/聖徳太子(小) 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

167,400

高村光雲作品/聖徳太子(小) 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 聖徳太子(小) 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製(金箔) 寸法 本体:幅8.8×奥行7×高19cm台:幅13×奥行11.3×高5.5cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/岩上観音像 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

356,400

高村光雲作品/岩上観音像 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 岩上観音像 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅16.5×奥行12.5×高20cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/慈母観音像 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

502,200

高村光雲作品/慈母観音像 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 慈母観音像 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅16.5×奥行12.5×高36cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/達磨大師 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

356,400

高村光雲作品/達磨大師 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 達磨大師 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅14×奥行11×高27.5cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

高村光雲『聖観世音菩薩』【ブロンズ像】【通販・販売】

東京書芸館

151,200

高村光雲『聖観世音菩薩』【ブロンズ像】【通販・販売】

■素材:【本体】ブロンズ【敷板】木製 ■寸法(約):[本体]高さ21.2×幅6.5×奥行6.5cm、重さ527g ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は1点につき648円(税込)をお申し受けます。 「仏像」商品一覧にもどる高村光雲『聖観世音菩薩』ブロンズ像 気高い御姿と華麗な光背による息をのむほど美しい仏教美術品 ■浄土の光輝(こうき)をまとわれたかのような黄金に輝く本作『聖観世音菩薩』。私たちの悩みに応じて33の御姿に変身し、すべての衆生を救済してくれるとの謂れから「救世菩薩(くぜぼさつ)」との異名をとります。 ■本作は西洋の技法を取り入れ、日本美術を革新した偉大な芸術家・高村光雲の傑作をもとに鋳造。贅沢な本金粉塗(ほんきんぷんぬ)りの上に古色仕上げを施した仏教美術の傑作です。 大慈大悲(だいじだいひ)の御心あふれる美しい御尊顔。左足を半歩前に踏み出された流麗(りゅうれい)な御姿は私たちに歩み寄ってくださるかのようです。透かし彫りの雲形光背(くもがたこうはい)も実に見事。この造形美こそ日本近代彫刻の父たる所以です。 ■日々の平穏と安息を祈念するにふさわしい御仏。末長くお祀りください。木製黒塗り台つき。 桐箱入り。 近代彫刻の巨匠 高村光雲 幕末期の1852年生。明治から昭和初期の日本美術界を牽引した彫刻家。東京美術学校(現・東京芸術大学)教授 、文展・帝展審査員、国宝保存委員などの要職を務める。皇室による作品の買上げ、皇居の御欄間の制作などの栄誉に浴す。また、パリ万博にて最高賞を受賞し、全世界に賞賛された輝かしい経歴を持つ。

送料無料
観音像 高村光雲作品/聖観音像 丸台付 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

469,800

観音像 高村光雲作品/聖観音像 丸台付 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 聖観音像 丸台付 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅12×奥行11.5×高39.5cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
聖観音像 高村光雲作品/聖観音像 後背・蓮台付(金箔) 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

246,240

聖観音像 高村光雲作品/聖観音像 後背・蓮台付(金箔) 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 聖観音像 後背・蓮台付 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製(金箔仕上げ) 寸法 幅14×奥行14×高40cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

【置物・美術品】高村光雲『聖観世音菩薩』ブロンズ像■新品★

アート明日香

108,000

【置物・美術品】高村光雲『聖観世音菩薩』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 高村光雲 作品名 聖観世音菩薩 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:21×幅:6×奥行:6 cm 補足説明 銅製 状態 新品 付属品 桐箱 エディション — 「聖観世音菩薩」は、光雲が生涯をかけて彫り続けた観音菩薩像の中でも入魂の作品とされ、最も人気の高い物の一つとされています。◆ 高村 光雲(Koun Takamura)◆1852 3月8日、江戸下谷(現・東京都台東区)に生まれる。 本名:幸吉、旧姓:中島。1863 仏師・高村東雲の元に徒弟となる。 後に、東雲の姉エツの養子となり「高村光雲」を名乗る。1877 第一回内国勤業博覧会にて、龍紋賞を受賞。1886 東京彫工会を設立。1890 東京美術学校の彫刻家教授に就任。 (現・東京芸術大学) 帝室技芸員拝命。1897 古社寺保存委員。1907 文展審査員。1919 帝国美術院会員。1926 東京美術学校を退職し、名誉教授となる。 聖観世音菩薩を製作。1929 国宝保存会委員。1934 10月10日、東京にて逝去。享年、83歳。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日~数週間を要する場合が御座います。 ■高村光雲の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 置物_銅像_ブロンズ像_仏像_仏教_佛_観音様_たかむらこううん

送料無料
観音像 高村光雲作品/聖観音像 蓮台付(大) 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

475,200

観音像 高村光雲作品/聖観音像 蓮台付(大) 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 聖観音像 蓮台付(大) 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅14.5×奥行14.5×高41cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

【置物・美術品】高村光雲『魚籃観音』ブロンズ像■新品★

アート明日香

259,200

【置物・美術品】高村光雲『魚籃観音』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 高村光雲 作品名 魚籃観音 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:42×幅:18×奥行:15 cm 補足説明 銅製 作者刻サイン入り 状態 新品 付属品 桐箱 エディション — ◆ 高村 光雲(Koun Takamura)◆1852 3月8日、江戸下谷(現・東京都台東区)に生まれる。 本名:幸吉、旧姓:中島。1863 仏師・高村東雲の元に徒弟となる。 後に、東雲の姉エツの養子となり「高村光雲」を名乗る。1877 第一回内国勤業博覧会にて、龍紋賞を受賞。1886 東京彫工会を設立。1890 東京美術学校の彫刻家教授に就任。 (現・東京芸術大学) 帝室技芸員拝命。1897 古社寺保存委員。1907 文展審査員。1919 帝国美術院会員。1926 東京美術学校を退職し、名誉教授となる。 聖観世音菩薩を製作。1929 国宝保存会委員。1934 10月10日、東京にて逝去。享年、83歳。※本商品は受注製作の為、仕上がりまでに1ヶ月程掛かる 場合がございますので予めご了承下さい。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日~数週間を要する場合が御座います。 ■高村光雲の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 置物_銅像_ブロンズ像_仏像_仏教_佛

【置物・美術品】高村光雲『老子像』ブロンズ像■新品★

アート明日香

457,920

【置物・美術品】高村光雲『老子像』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 高村光雲 作品名 老子像 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:28×幅:34×奥行:12 cm 補足説明 銅製 状態 新品 付属品 — エディション — ◆ 高村 光雲(Koun Takamura)◆1852 3月8日、江戸下谷(現・東京都台東区)に生まれる。 本名:幸吉、旧姓:中島。1863 仏師・高村東雲の元に徒弟となる。 後に、東雲の姉エツの養子となり「高村光雲」を名乗る。1877 第一回内国勤業博覧会にて、龍紋賞を受賞。1886 東京彫工会を設立。1890 東京美術学校の彫刻家教授に就任。 (現・東京芸術大学) 帝室技芸員拝命。1897 古社寺保存委員。1907 文展審査員。1919 帝国美術院会員。1926 東京美術学校を退職し、名誉教授となる。 聖観世音菩薩を製作。1929 国宝保存会委員。1934 10月10日、東京にて逝去。享年、83歳。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日~数週間を要する場合が御座います。 ■高村光雲の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 置物_銅像_ブロンズ像_人物_ウシ_牛_動物

【置物・美術品】高村光雲『聖観世音菩薩(B)』ブロンズ像■新品★

アート明日香

280,800

【置物・美術品】高村光雲『聖観世音菩薩(B)』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 高村光雲 作品名 聖観世音菩薩(B) 技法 ブロンズ像 外径サイズ 幅12.5×高40×奥行き12.5 cm 補足説明 銅製 状態 新品 付属品 桐箱 エディション — 「聖観世音菩薩」は、光雲が生涯をかけて彫り続けた観音菩薩像の中でも入魂の作品とされ、最も人気の高い物の一つとされています。やさしく気高いお姿は約40cmの高さで、玄関や床の間に飾っても存在感はたっぷりです。◆ 高村 光雲(Koun Takamura)◆1852 3月8日、江戸下谷(現・東京都台東区)に生まれる。 本名:幸吉、旧姓:中島。1863 仏師・高村東雲の元に徒弟となる。 後に、東雲の姉エツの養子となり「高村光雲」を名乗る。1877 第一回内国勤業博覧会にて、龍紋賞を受賞。1886 東京彫工会を設立。1890 東京美術学校の彫刻家教授に就任。 (現・東京芸術大学) 帝室技芸員拝命。1897 古社寺保存委員。1907 文展審査員。1919 帝国美術院会員。1926 東京美術学校を退職し、名誉教授となる。 聖観世音菩薩を製作。1929 国宝保存会委員。1934 10月10日、東京にて逝去。享年、83歳。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日~数週間を要する場合が御座います。 ■高村光雲の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 置物_銅像_ブロンズ像_仏像_仏教_佛_観音様_たかむらこううん

【置物・美術品】高村光雲『聖観音像(金)』ブロンズ像■新品★

アート明日香

196,560

【置物・美術品】高村光雲『聖観音像(金)』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 高村光雲 作品名 聖観音像(金) 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:40×幅:14×奥行:14 cm 補足説明 銅製 金箔 状態 新品 付属品 桐箱 エディション — ◆ 高村 光雲(Koun Takamura)◆1852 3月8日、江戸下谷(現・東京都台東区)に生まれる。 本名:幸吉、旧姓:中島。1863 仏師・高村東雲の元に徒弟となる。 後に、東雲の姉エツの養子となり「高村光雲」を名乗る。1877 第一回内国勤業博覧会にて、龍紋賞を受賞。1886 東京彫工会を設立。1890 東京美術学校の彫刻家教授に就任。 (現・東京芸術大学) 帝室技芸員拝命。1897 古社寺保存委員。1907 文展審査員。1919 帝国美術院会員。1926 東京美術学校を退職し、名誉教授となる。 聖観世音菩薩を製作。1929 国宝保存会委員。1934 10月10日、東京にて逝去。享年、83歳。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日~数週間を要する場合が御座います。 ■高村光雲の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 置物_銅像_ブロンズ像_仏像_仏教_佛_観音様_たかむらこううん

送料無料
高村光雲『聖観世音菩薩(B)』ブロンズ像【R1411】【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 桐箱付 銅像 ブロンズ像 仏像 仏教 佛 観音様

ココクレアcococlea

319,680

高村光雲『聖観世音菩薩(B)』ブロンズ像【R1411】【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 桐箱付 銅像 ブロンズ像 仏像 仏教 佛 観音様

商品の詳細 作家名 高村光雲 作品名 聖観世音菩薩(B) 技法 ブロンズ像 外寸 幅12.5×高40×奥行き12.5 (cm) 新品 銅製 桐箱付 「聖観世音菩薩」は、光雲が生涯をかけて彫り続けた観音菩薩像の中でも入魂の作品とされ、最も人気の高い物の一つとされています。やさしく気高いお姿は約40cmの高さで、玄関や床の間に飾っても存在感はたっぷりです。■高村 光雲(Koun Takamura)■1852 3月8日、江戸下谷(現・東京都台東区)に生まれる。本名:幸吉、旧姓:中島。1863 仏師・高村東雲の元に徒弟となる。後に、東雲の姉エツの養子となり「高村光雲」を名乗る。1877 第一回内国勤業博覧会にて、龍紋賞を受賞。1886 東京彫工会を設立。1890 東京美術学校(現・東京芸術大学)の彫刻家教授に就任。帝室技芸員拝命。1897 古社寺保存委員。1907 文展審査員。1919 帝国美術院会員。1926 東京美術学校を退職し、名誉教授となる。 聖観世音菩薩を製作。1929 国宝保存会委員。1934 10月10日、東京にて逝去。享年、83歳。 他の◆高村光雲◆作品を検索高村光雲『聖観世音菩薩(B)』ブロンズ像・【オブジェ】・【オブジェ・置物・美術品】

送料無料
和風小物/高村光雲原型・朱肉入「老猿(銀メッキ仕上げ)」銅製 桐箱入【ポイント10倍】

iShop@alpha

11,880

和風小物/高村光雲原型・朱肉入「老猿(銀メッキ仕上げ)」銅製 桐箱入【ポイント10倍】

和風小物/高村光雲原型・朱肉入「老猿(銀メッキ仕上げ)」 サイズ (約)7.5φ×2.8m 材質 銅製 箱仕様 桐箱入 原型 高村光雲 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、 また見る人を神秘の世界へ誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。 ここに高村家の御好意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、 蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。 【作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております】 《略歴》高村 光雲 嘉永5年 東京にて出生 文久3年 仏師 高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋章受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学) 帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳逝去 彫刻家 高村光太郎及び金工家 人間国宝 高村豊周の父 ※今商品は納品までにお時間がかかってしまう場合がございます。 納期につきましては後ほどメールにてご連絡いたしますが、 お急ぎの場合はご購入前に1度お問い合わせ下さい。 ※当店の銅製品は、全国シェア90%を超える歴史ある 高岡銅器において、80年以上の伝統と実績を誇る老舗 にて制作された美術的価値の高い信頼おける逸品です。 高岡銅器、高岡鋳物、伝統工芸、美術品、伝統美術品、鋳物、工芸品、特産物、販売、インテリア、竹中銅器、朱肉入れ、限定、ギフト品、贈り物、贈答品、贈答用、プレゼント、記念品、お祝い品、退職祝い、新築祝い、肉池、セール、通販

送料無料
和風置物/高村光雲原型「恵比須大黒天」銅製 塗板付 桐箱入【ポイント10倍】

iShop@alpha

135,000

和風置物/高村光雲原型「恵比須大黒天」銅製 塗板付 桐箱入【ポイント10倍】

■サイズ: 恵比須:11.2×8.5×13.7cm 大黒 :10.2×11×13.5cm ■材質:銅製 ■塗板付き、桐箱入り ■高村光雲原型 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へ誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。 ここに高村家の御好意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。 【作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております】 《略歴》高村 光雲 嘉永5年 東京にて出生 文久3年 仏師 高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋章受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学) 帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳逝去 彫刻家 高村光太郎及び金工家 人間国宝 高村豊周の父 ※今商品は納品までにお時間がかかってしまう場合がございます。 納期につきましては後ほどメールにてご連絡いたしますが、 お急ぎの場合はご購入前に1度お問い合わせ下さい。 ※当店の銅製品は、全国シェア90%を超える歴史ある 高岡銅器において、80年以上の伝統と実績を誇る老舗 にて制作された美術的価値の高い信頼おける逸品です。 高岡銅器、高岡鋳物、伝統工芸、美術品、伝統美術品、鋳物、工芸品、特産物、置物、インテリア、竹中銅器、ブロンズ像、銅像、ギフト品、贈り物、贈答品、贈答用、プレゼント、記念品、お祝い品、退職祝い、新築祝い、セール、限定、通販、販売...

送料無料
和風小物/高村光雲原型 肉池 朱肉入『福犬』鋳銅製 金箔 桐箱入 T-18【ポイント10倍】

iShop@alpha

16,200

和風小物/高村光雲原型 肉池 朱肉入『福犬』鋳銅製 金箔 桐箱入 T-18【ポイント10倍】

※当店の銅製品は、全国シェア90%を超える歴史ある高岡銅器において、80年以上の伝統と実績を誇る老舗にて制作された美術的価値の高い信頼おける逸品です。 和風小物/高村光雲原型 肉池 朱肉入『福犬』 サイズ (約)7.5φ×2.5cm 材質 鋳銅製 箱仕様 桐箱入 原型 高村光雲 犬は社会性があり、忠実な動物で、人との付き合いも古く親しみ深い動物です。 また、犬はお産が軽いとされることから、安産祈願は、戌の日が吉日とされ、帯祝いなどにはこの日を選ぶ風習があります。 貴家の末長い幸せと健康をもたらしてくれる縁起のよい置物として、お求めいただけますれば幸いです。 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へ誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。 ここに高村家の御好意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。 【作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております】 《略歴》高村 光雲 嘉永5年 東京にて出生 文久3年 仏師 高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋章受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学) 帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳逝去 彫刻家 高村光太郎及び金工家 人間国宝 高村豊周の父 高岡銅器、高岡鋳物、伝統工芸、美術品、伝統美術品、鋳物、工芸品、特産物、販売、インテリア、竹中銅器和風、限定、ギフト品、贈り物、贈答品...

送料無料
和風置物/高村光雲原型「聖観音像 後背・蓮台付(銅製金箔仕上げ)」桐箱入【ポイント10倍】

iShop@alpha

246,240

和風置物/高村光雲原型「聖観音像 後背・蓮台付(銅製金箔仕上げ)」桐箱入【ポイント10倍】

■サイズ:14×14×40cm ■材質:銅製(金箔仕上げ) ■桐箱入り ■高村光雲原型 ※今商品は納品までにお時間がかかってしまう場合がございます。 納期につきましては後ほどメールにてご連絡いたしますが、 お急ぎの場合はご購入前に1度お問い合わせ下さい。 ※当店の銅製品は、全国シェア90%を超える歴史ある高岡銅器において、80年以上の伝統と実績を誇る老舗にて制作された美術的価値の高い信頼おける逸品です。 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へ誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。 ここに高村家の御好意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。 【作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております】 《略歴》高村 光雲 嘉永5年 東京にて出生 文久3年 仏師 高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋章受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学) 帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳逝去 彫刻家 高村光太郎及び金工家 人間国宝 高村豊周の父 高岡銅器、高岡鋳物、伝統工芸、美術品、伝統美術品、鋳物、工芸品、特産物、置物、 インテリア、竹中銅器、ギフト品、贈り物、贈答品、贈答用、プレゼント、記念品、お祝い品、 退職祝い、新築祝い、セール、限定、通販、仏具、和風、販売 神具、仏像、神仏具

【おたからや美術画廊】高村光雲原型●純銀製聖観世音菩薩厨子付(木彫漆塗)/重さ233g/共箱/仏像/銘有/置物/本物保証/23314mo【中古】

おたからや美術画廊・骨董館

167,227

【おたからや美術画廊】高村光雲原型●純銀製聖観世音菩薩厨子付(木彫漆塗)/重さ233g/共箱/仏像/銘有/置物/本物保証/23314mo【中古】

当店販売の美術品作品は全て真作を 保証しておりますのでご安心してご購入ください ※詳しくはこちらの真作保証についてをご確認ください   ★値下げ交渉可能品★多数ございます お気軽にお問合せください ※商品名に ★値下げ交渉可能品★ と入っている物のみが対象品ですのでご注意ください 商品説明 作者 高村光雲原型 作品名 純銀製聖観世音菩薩(厨子付 ) 付属品 共箱・木彫漆塗厨子 寸法 本体 高さ:約13cm 直径:約4.2cm厨子 高さ:約20cm 横幅:約9.5cm 奥行:約8 重さ:233g 銘 底部に印銘・背後裾辺りに鋳刻銘有 状態 良好※厨子の状態はスレ・小キズ有 ストア管理番号 AT23314 送料 1400円 ※当商品は中古品になりますので中古品の性質をよくご理解していただいた上ご購入ください   ※飾った状態で確認できるマイナスポイントがない場合良好とさせていただいております。 画像を良くご覧になり、全文を最後までお読みになってから、ご納得の上でご購入ください。 ※一部複製画や模写等の販売もございます。商品説明、画像等よくご覧になってご購入ください。 ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので万が一品切れの場合ご了承ください。■現物に近い色合いを出せるようにしておりますがモニター環境の違い等による差異はご了承ください。 ■額縁等はあくまでも付帯品としてお考えください。販売しているのは作品そのものですので、額・箱等に関する購入後のクレームはご遠慮ください。 ■万一お届け商品が下記の項目に該当する場合、商品到着後7日以内にご連絡ください。誠意をもって早急に対応させていただきます。 ※お届け商品が、ご注文の品と違った場合。 ※商品の寸法などが、商品説明と著しく違う場合。(多少の誤差はこれに該当しません) ...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿愛 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

270,000

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿愛 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 寿愛 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 タロ ジロ 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

222,166

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 タロ ジロ 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 タロ ジロ ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 福牛 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 福牛 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 福牛 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 金龍登天 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

118,281

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 金龍登天 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 金龍登天 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 愛情 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 愛情 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 愛情 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿福 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿福 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 寿福 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 御神鶏 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 御神鶏 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 御神鶏 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 壽 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

194,400

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 壽 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 壽 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。 2006年...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 置物 馬 午 新風 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

158,392

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 置物 馬 午 新風 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 新風 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 置物 馬 午 干支作品 カンタカ 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 置物 馬 午 干支作品 カンタカ 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 カンタカ ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 太陽に向かって走れ 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

172,800

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 太陽に向かって走れ 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 太陽に向かって走れ ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2...

送料無料
【送料無料】仏像 インテリア 国宝 薬師寺東院堂「聖観音菩薩立像」ブロンズ像 銅像彫刻

西洋美術屋 楽天市場店

30,000

【送料無料】仏像 インテリア 国宝 薬師寺東院堂「聖観音菩薩立像」ブロンズ像 銅像彫刻

【ブロンズの仏像・黄金仏の光を背に微笑まれる聖観音菩薩立像】 ・材質:ブロンズ及び大理石2008年の春、平城京遷都一三〇〇年を記念して、東京国立博物館において、「国宝・薬師寺展」が開催されました。その中でも、ひときわ来館者の目を惹いたのが、薬師寺東院堂所蔵の「聖観音菩薩立像」でした。 ——ここにご紹介する仏さまは、《東洋のビーナス》と称されるこの国宝仏を復刻したブロンズ像です。 ■『国宝・聖観音菩薩立像』のご尊顔は、端正な表情の中にも、何ともいいようのない慈愛が感じられます。 ■また、本作品『国宝・聖観音菩薩立像』において目を惹くのは、「黒」と「金」との強いコントラスト。深い漆黒の御身と、金色に輝く絢爛たる光背との絶妙なる対照の魅力です。 その全身は、三昧の境地の寂静を象徴するかのような、抑制された深みのあるつやを帯びた色合い。ところが背景に目を移すと、一変して、まばゆいまでの豪奢な黄金。この精緻な透し彫りの光背は、なんと24金仕上げです。渦巻く瑞雲は浄土の光明に燦然と映え、歓喜に満ちた純金の輝きを、華麗に放射しています。 優美な輪郭線に包まれた典雅な身体、凛とした中にも慈悲にあふれたご尊顔、さらには薄く流麗な衣の表現、精緻な瓔珞や腕釧の彫りに、技巧の冴えが際立っています。 ■とくに薬師寺所蔵の国宝仏において、しばしば讃嘆されるのが、天衣や裳の襞の流れるように美しい曲線。本像においても、水面に広がる波紋のように、三重の弧を描く薄い衣の表現も、見事。また、左右の両腕から、植物の細長い蔓のように垂下する布の精妙な輪郭線は、見る者の眼差しを、快く癒してくれます。蓮華座の肉厚の花弁は、一枚一枚が立体的。本像においては、音楽的なまでに繊細な造形力が集約されています。雲状の台座の彫刻は周氏独自の創作。丹念な彫りにより...

スポンサーリンク
スポンサーリンク