メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「青函連絡船模型」検索結果。

青函連絡船模型の商品検索結果全9件中1~9件目

送料無料
天賞堂 青函連絡船 摩周丸 アルカリ乾電池4本付き!

丸栄

9,720

天賞堂 青函連絡船 摩周丸 アルカリ乾電池4本付き!

■青函連絡船 津軽丸型 新型連絡船は、昭和29年の洞爺丸事故を教訓に、当時の最新技術を駆使して近代化へ向けて開発が進められました。 これが昭和39年にデビューした「津軽丸」です。 全長は132m、総トン数5,300t、ディーゼルエンジンで航海速力18.20ノットを出し青森~函館間を3時間50分で結び、車両甲板には4線が敷設されワム型で最大48両の積載が可能となりました。 この津軽丸形には同型船が7隻あり、津軽丸/八甲田丸/松前丸/大雪丸/摩周丸/羊蹄丸/十和田丸が昭和41年までに就航しました。 それまでは地味であった船体色も赤や青、黄色といったカラフルな塗色となり、昭和63年の青函トンネル開通に伴う運行終了まで活躍しました。 ・模型について 今回の模型では昭和40年代中頃の姿を再現しています。 当製品の台座にはスピーカーが内蔵されており約2分20秒のサウンドをお楽しみ頂けます。 サウンド内容は汽笛、銅鑼、蛍の光となっており汽笛は現在青森港に保存されている八甲田丸から収録、銅鑼と蛍の光は現役当時の音源を使用しています。 ※乾電池4本付き!(サウンド電源:単3形乾電池3本通常別売) [サウンドサンプル]は、丸栄ホームページにございます。 ■ 模型仕様 縮尺1/500、ケース付、サウンド付(銅鑼/蛍の光/汽笛・・・単3電池3本使用) 材質 船本体及び台座・・・ABS製(一部真鍮製) サイズ 船本体:長さ26.5cm 幅3.6cm 高さ6.8cm ケース:長さ33.5cm 幅9.5cm 高さ14cm 透明ケース・・・アクリル製 ●在庫次第で、お届けまでに1週間ほど頂戴する場合もございます。 ●詳細写真はすべて松前丸です。汽笛・銅鑼・蛍の光などのサウンドが哀愁を誘います。

送料無料
【送料無料】【正規品・新品】【天賞堂】 1/500スケール サウンド付ディスプレイモデル 青函連絡船【RCP】

エンジョイ特選館

10,260

【送料無料】【正規品・新品】【天賞堂】 1/500スケール サウンド付ディスプレイモデル 青函連絡船【RCP】

青函連絡船が運行を終了してから20余年の歳月が流れましたが、 津軽海峡を渡るその雄姿、旅情は今も多くのファンの思い出として語り継がれています。 天賞堂ではその青函連絡船を1/500スケールのサウンド付ディスプレイモデルで再現。 プロトタイプは、津軽丸型と呼ばれる1964年(昭和39年)から就航した自動近代化船で、 実物は「津軽丸」「八甲田丸」「松前丸」「大雪丸」「摩周丸」「羊蹄丸」「十和田丸」の7隻が建造されました。 模型でもこの7隻を就航間もない昭和40年代初頭の姿で製品化しました。 塗装だけでなく乗船口の形状差やJNRマークの違い等にもこだわりました。 組み込まれているサウンドは旅情を誘う出港時をイメージし、 汽笛・銅鑼(ドラ)の音・蛍の光が流れます。 汽笛は八甲田丸から録音したものを、 銅鑼の音と蛍の光は実際使用していたものを音源にしています。 昭和39年3月、浦賀重工業浦賀造船所で竣工しました。津軽丸型と呼ばれる全7隻のうち最初に落成した一番船です。 昭和40年5月、三菱重工業神戸造船所で竣工しました。現在は「青函連絡船記念館摩周丸」として函館港に保存されています。 昭和39年7月、新三菱重工業神戸造船所で竣工しました。 当初、船体色は緑色でしたが昭和42年黄色へと変更されています。 現在は「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」として青森港に保存されています。 昭和40年7月、日立造船桜島工場で竣工しました。 引退後「青函トンネル開通記念博覧会」でのアンコール運航でも活躍しました。現在は東京お台場の「船の科学館」に保存されています。 昭和39年10月、函館ドック函館造船所で竣工しました。 当初、煙突はオレンジ一色でしたが昭和43年に船体色と同じ緑色に白色帯へと変更されています。 昭和41年11月...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
天賞堂 戦艦 三笠 アルカリ乾電池4本付き!

丸栄

30,240

天賞堂 戦艦 三笠 アルカリ乾電池4本付き!

戦艦三笠は、日露戦争において有名な日本海海戦の旗艦を務めた船で、当時最強と言われたロシア・バルチック艦隊に壊滅的打撃を与えました。現在は横須賀に記念艦三笠として保存されています。 ■モデルは大砲発射音をはじめ、現役時代を彷彿とさせるサウンドを搭載しています。 3種類のサウンドを搭載。 ◎サウンド1 『サイドパイプ』 ◎サウンド2 『波音と時鐘 ◎サウンド3 『砲戦距離通報ラッパと砲撃 [サウンドサンプル]は、丸栄ホームページにございます。 ■代引き梱包サイズ=160サイズ ■スケール・ゲージ 1/500スケール. ■ボディ材質 プラスティック ※アクリルケース入り ■製品仕様 ・材質艦体:ABS・真鍮・ロストワックス・クヌギ材台座:ABS台座銘板:真鍮エッチング透明カバー:アクリル ※ 艦体を台座から取り外すことは出来ません ・サイズ:長さ39.4cm 幅20.5cm 高さ20.7cm 重量約1.7kg(木製台枠付) 長さ35.4cm 幅16.5cm 高さ19.9cm 重量約1.35kg(木製台枠なし) (船体のみ長さ26.5cm 幅4.5cm高さ12.8cm) ・パッケージサイズ:長さ45cm 幅24.5cm 高さ27.5cm ・サウンドボタンは台座前面、電源スイッチ/ボリュームコントロールは台座右面に設置 ・サウンド電源:単3形乾電池3本(通常別売) ※乾電池4本付き! ※在庫次第で、お届けまでに1週間ほど頂戴する場合もございます。

送料無料
【ポイント10倍】【送料無料】【正規品・新品】【天賞堂】 1/500スケール サウンド付ディスプレイモデル 戦艦三笠 クリスマスプレゼント 誕生日プレゼント バレンタイン 父の日【05P03Dec16...

アルエット

30,240

【ポイント10倍】【送料無料】【正規品・新品】【天賞堂】 1/500スケール サウンド付ディスプレイモデル 戦艦三笠 クリスマスプレゼント 誕生日プレゼント バレンタイン 父の日【05P03Dec16...

材質 艦体:ABS・真鍮・クヌギ材 台座:ABS 台座銘板:真鍮エッチング 透明カバー:アクリル サイズ 木製台枠付:長さ39.4×幅20.5×高さ20.7cm、重量:1.7kg 木製台枠なし:長さ35.4×幅16.5×高さ19.9cm、重量:1.35kg 艦体のみ:長さ26.5×幅4.6cm×高さ12.8cm ※艦体を台座から取り外すことはできません 仕様 単三乾電池3本使用(別売)、1/500スケール  模型作り60余年におよぶ天賞堂のノウハウを集結。 樹脂・金属・木製素材を適材適所に使用して質感と細部の再現性を追求しました。 また、台座にはサウンドシステムを搭載し日本海海戦の頃、三笠の現役時代の雄姿を思い起こす音源をセレクトしました。 サウンド1:「サイドパイプ」 総員集合から舷門送迎まで一連の流れで収録されています。 吹奏:(財)三笠保存会 サウンド2:「波音と時鐘」 音源は実際に記念艦三笠の時鐘から収録した2点鐘と3点鐘が収録されています。 サウンド3:「砲戦距離通報ラッパと砲撃音」 通報ラッパは明治38年(1905年)5月27日午後2時10分、バルディック艦隊と距離6400mに至り一斉射撃を開始するときの模様を再現しました。 戦艦三笠 三笠は明治35年(1902年)3月に就役しました。 建造した頃は世界でも一、二を争う戦力を有した戦艦です。 日露戦争で活躍、連合艦隊の旗艦を務めました。 明治38年(1905年)5月の日本海海戦では当時世界最強といわれた帝政ロシアのバルティック艦隊(太平洋艦隊)を連合艦隊が破ります。 第一次世界大戦を経て大正末期になると第一線からは退き、 大正14年(1925年)横須賀に記念艦として保存されることになりました。

送料無料
【送料無料】【正規品・新品】【天賞堂】 1/500スケール サウンド付ディスプレイモデル 戦艦三笠【RCP】

エンジョイ特選館

30,240

【送料無料】【正規品・新品】【天賞堂】 1/500スケール サウンド付ディスプレイモデル 戦艦三笠【RCP】

材質 艦体:ABS・真鍮・クヌギ材 台座:ABS 台座銘板:真鍮エッチング 透明カバー:アクリル サイズ 木製台枠付:長さ39.4×幅20.5×高さ20.7cm、重量:1.7kg 木製台枠なし:長さ35.4×幅16.5×高さ19.9cm、重量:1.35kg 艦体のみ:長さ26.5×幅4.6cm×高さ12.8cm ※艦体を台座から取り外すことはできません 仕様 単三乾電池3本使用(別売)、1/500スケール  模型作り60余年におよぶ天賞堂のノウハウを集結。 樹脂・金属・木製素材を適材適所に使用して質感と細部の再現性を追求しました。 また、台座にはサウンドシステムを搭載し日本海海戦の頃、三笠の現役時代の雄姿を思い起こす音源をセレクトしました。 サウンド1:「サイドパイプ」 総員集合から舷門送迎まで一連の流れで収録されています。 吹奏:(財)三笠保存会 サウンド2:「波音と時鐘」 音源は実際に記念艦三笠の時鐘から収録した2点鐘と3点鐘が収録されています。 サウンド3:「砲戦距離通報ラッパと砲撃音」 通報ラッパは明治38年(1905年)5月27日午後2時10分、バルディック艦隊と距離6400mに至り一斉射撃を開始するときの模様を再現しました。 戦艦三笠 三笠は明治35年(1902年)3月に就役しました。 建造した頃は世界でも一、二を争う戦力を有した戦艦です。 日露戦争で活躍、連合艦隊の旗艦を務めました。 明治38年(1905年)5月の日本海海戦では当時世界最強といわれた帝政ロシアのバルティック艦隊(太平洋艦隊)を連合艦隊が破ります。 第一次世界大戦を経て大正末期になると第一線からは退き、 大正14年(1925年)横須賀に記念艦として保存されることになりました。

送料無料
【お宝発掘!】【HOゲージ】天賞堂73013DD51形ディーゼル機関車800番代 最終型《カンタムサウンドシステム搭載》

汽車倶楽部

91,800

【お宝発掘!】【HOゲージ】天賞堂73013DD51形ディーゼル機関車800番代 最終型《カンタムサウンドシステム搭載》

【実車ガイド】DD51は、国鉄の非電化区間で蒸気機関車を置き換えるために開発された液体式ディーゼル機関車です。1962年(昭和37年)に試作機が登場し、東北本線などで長期試験が行なわれたのち、1964年(昭和39年)には、その実績をもとに改良して量産が始まりました。台枠の上に箱型車体を置き、その両端に運転室があるという、それまでの本線用機関車の常識とはまったく異なり、両側にはそれぞれエンジンを格納したボンネットが設けられ、中央部に運転室が置かれています。国鉄では使い勝手のいい機関車として各地で受け入れられ、1978年(昭和53年)までの間に649輌が製造されましたが、使用線区や製造年次によって多くの変更が施され、趣味的にもたくさんのバリエーションが存在します。今回の製品は、貨物列車専用として列車暖房用の蒸気発生装置搭載を省略したグループを中心に模型化しました。他の仕様と区別するため、番号が801からつけられましたが、899まで達したところで1800番代に飛び、最終的には1805までの104輌が製造されています。他のグループとの外観的な大きな違いは、運転室から蒸気発生装置がなくなったため、側窓の向こうが透けて見えることや、運転室側面のルーバーがなくなったことなどが挙げられます。JR発足のときに、多くはJR貨物に所属しましたが、中には旅客鉄道に所属した機関車もあり、例えば御召列車を牽引した経歴を持つ842号機は、2011年(平成23年)現在もJR東日本の高崎車両センターにあって、臨時列車などを牽いています。【今回製品の特徴】・SG非搭載車(800番代)をラインナップするためキャブ部分を全面改良。今回製作したSG搭載グループ(73009、73010、73011)も同仕様。・キャブライトの光源を、800番代の広く素通しのキャブを再現するためS...

送料無料
【お宝発掘!】【HOゲージ】天賞堂73014DD51形ディーゼル機関車800番代 最終型 JR仕様《カンタムサウンドシステム搭載》

汽車倶楽部

105,840

【お宝発掘!】【HOゲージ】天賞堂73014DD51形ディーゼル機関車800番代 最終型 JR仕様《カンタムサウンドシステム搭載》

【実車ガイド】DD51は、国鉄の非電化区間で蒸気機関車を置き換えるために開発された液体式ディーゼル機関車です。1962年(昭和37年)に試作機が登場し、東北本線などで長期試験が行なわれたのち、1964年(昭和39年)には、その実績をもとに改良して量産が始まりました。台枠の上に箱型車体を置き、その両端に運転室があるという、それまでの本線用機関車の常識とはまったく異なり、両側にはそれぞれエンジンを格納したボンネットが設けられ、中央部に運転室が置かれています。国鉄では使い勝手のいい機関車として各地で受け入れられ、1978年(昭和53年)までの間に649輌が製造されましたが、使用線区や製造年次によって多くの変更が施され、趣味的にもたくさんのバリエーションが存在します。今回の製品は、貨物列車専用として列車暖房用の蒸気発生装置搭載を省略したグループを中心に模型化しました。他の仕様と区別するため、番号が801からつけられましたが、899まで達したところで1800番代に飛び、最終的には1805までの104輌が製造されています。他のグループとの外観的な大きな違いは、運転室から蒸気発生装置がなくなったため、側窓の向こうが透けて見えることや、運転室側面のルーバーがなくなったことなどが挙げられます。JR発足のときに、多くはJR貨物に所属しましたが、中には旅客鉄道に所属した機関車もあり、例えば御召列車を牽引した経歴を持つ842号機は、2011年(平成23年)現在もJR東日本の高崎車両センターにあって、臨時列車などを牽いています。【今回製品の特徴】・SG非搭載車(800番代)をラインナップするためキャブ部分を全面改良。今回製作したSG搭載グループ(73009、73010、73011)も同仕様。・キャブライトの光源を、800番代の広く素通しのキャブを再現するためS...

送料無料
天賞堂 Zゲージ C62 3号機 JR北海道タイプ / 81115

ゼブランド

13,800

天賞堂 Zゲージ C62 3号機 JR北海道タイプ / 81115

商品名Zゲージ 81115 C62 3号機 JR北海道タイプブランド天賞堂メーカー型番81115JAN4571141140826商品仕様対象性別 :男の子 対象年齢 :14歳から ※ お一人様3個まで※ 他ネットショップでも併売しているため、ご注文後に在庫切れとなる場合がございます。予めご了承ください。※ 品薄または希少等の理由により、参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります。ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください。※ 沖縄県の場合、別途送料をご負担いただきます。予めご了承のうえご注文ください。※ 離島・一部地域の場合、別途追加送料のご負担をお願いする場合がございます。※ お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や、イメージに差異が生じることがあります。あらかじめご了承ください。※ 商品の詳細(カラー・数量・サイズ 等)については、ページ内の商品説明欄をご確認のうえ、ご注文ください。天賞堂Zゲージ 81115 C62 3号機 JR北海道タイプ車両●“シロクニ"の愛称で親しまれ、1948年の開通から1976年の引退まで急行列車の牽引に使用されたC62形蒸気機関車が新金型で登場●テンダー内にモーターを内蔵。ジョイントでボイラー側へ渡し、ギアで3軸の動輪全てを連動させ駆動します。ヘッドライトはLEDを使用。カプラーは全部ナックルタイプと後輪アーノルドタイプ(それぞれ変更可能)。スノープロウに各カプラー固定済(梅小路タイプを除く)。究極の最小C62形のプロポーションをお楽しみください。

送料無料
天賞堂 87008 サウンド付ディスプレイモデル 戦艦 三笠 1:500

天賞堂

30,240

天賞堂 87008 サウンド付ディスプレイモデル 戦艦 三笠 1:500

・ 材質艦体:ABS・真鍮・ロストワックス・クヌギ材台座:ABS台座銘板:真鍮エッチング透明カバー:アクリル ※艦体を台座から取り外すことは出来ません ※特にご指定がない場合は、包装を省略させていただきます。 ・ サイズ:長さ39.4cm 幅20.5cm 高さ20.7cm 重量 約1.7kg(木製台枠付) 長さ35.4cm 幅16.5cm 高さ19.9cm 重量 約1.35kg(木製台枠なし) (船体のみ 長さ26.5cm 幅46.5cm高さ12.8cm) ・パッケージサイズ:長さ45cm 幅24.5cm 高さ27.5cm ・ サウンド電源:単3形乾電池3本(別売) 三笠は明治35年(1902年)3月に就役した戦艦です。 明治38年(1905年)5月、日本海軍連合艦隊は、小説「坂の上の雲」にも描かれた日露戦争において、 当時世界最強といわれた帝政ロシアのバルティック艦隊(太平洋艦隊)を対馬海峡沖で迎撃、 これを撃破(日本海海戦)しますが、その旗艦を務めたのがこの三笠でした。 第一次世界大戦を経て大正末期になると第一線からは退き、 大正14年(1925年)横須賀に記念艦として保存されることになりました。 現在も財団法人三笠保存会により維持・保管され観覧が可能です。 三笠と同時代の軍艦で保存されているものは世界的に見ても他になく貴重な技術遺産といえます。 戦艦「三笠」 製品の特長 1、細かく再現されたディティール 財団法人三笠保存会や船の科学館のご協力をいただき、 神奈川県横須賀市にある記念艦三笠(実物)や図面、 当時の資料等から綿密な外観の調査を行いました。 2、リアルなサウンドの搭載 (台座にある、3つのサウンドスイッチ) こちらの製品には、以下3種類のサウンドが収録されております。 サウンド1 サイドパイプ...

送料無料
[鉄道模型]天賞堂 (HO) 52038 EF59形 (EF56 1次型改造タイプ) 【税込】 [テンシヨウドウ52038EF59]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

Joshin web 家電とPCの大型専門店

48,000

[鉄道模型]天賞堂 (HO) 52038 EF59形 (EF56 1次型改造タイプ) 【税込】 [テンシヨウドウ52038EF59]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

在庫状況:入荷次第出荷お届け:2~3週間□「返品種別」について詳しくはこちら□2015年03月 発売【商品紹介】天賞堂のプラスティック製塗装済完成品車両、EF59形 (EF56 1次型改造タイプ)です。 【実車紹介】EF59は、電化後も蒸気機関車を使用していた山陽本線瀬野-八本松間の補機に充当するためEF53全機とEF56の一部を改造したものです。後者は種車の製造時期により丸ボディのものと角ボディの車両が存在しました。本製品は丸ボディのEF56からの改造車で、2エンド側に施されたゼブラ模様や連結器周りが特徴です。【商品仕様】スケール:1/80 16.5mm商品種別:車両完成品(塗装済)材質:プラスティック製モーター:搭載付属品:ナンバープレートインレタ(20、21)、メーカープレート、標記インレタ、区名札シール他【新製品・予約商品】オススメ商品はこちら!カトー KATO (Nゲージ) 10-1363 289系「くろしお」6両基本セット 詳しくはこちらカトー KATO (Nゲージ) 10-1364 289系「くろしお」3両増結セット 詳しくはこちらトミックス TOMIX (Nゲージ) 98215 JR 485系特急電車(上沼垂色・白鳥)5両基本セットA 詳しくはこちらカトー KATO (Nゲージ) 10-1360 14系15形寝台特急「あかつき」長崎編成7両セット 詳しくはこちらカトー KATO (Nゲージ) 10-1361 14系15形寝台特急「あかつき」佐世保編成6両セット 詳しくはこちらトミックス TOMIX (Nゲージ) 98955 24系客車(特別なトワイライトエクスプレス) 8両フル編成セット詳しくはこちらトミックス TOMIX (Nゲージ) 98956 24系客車(特別なトワイライトエクスプレス)...

レイアウトベース[N-B4]【トミーテック・869036】「鉄道模型 Nゲージ バンダイ」

ミッドナイン

5,324

レイアウトベース[N-B4]【トミーテック・869036】「鉄道模型 Nゲージ バンダイ」

Bトレインショーティー専用のレイアウトベースは、机の上、出窓等ちょっとしたスペースで楽しめるお手軽サイズです。 金属レールを採用、電源は乾電池6本使用(別売り)、方向切換スイッチと速度調整ダイヤルを内蔵。レールの直線部分にリレーラー機能も備えています。 別売りのBトレインショーティー(車両本体)と動力ユニット、走行台車を組み合わせ、本格的な鉄道模型走行を気軽に楽しめます。 サイドプレート、センタープレートは取り外しが可能。プレート部分に市販のストラクチャー(建物等)を組み合わせてオリジナルジオラマを作成することが出来ます。 単4乾電池を6本使用。電池ボックスはベース背面にあるので、簡単に電池交換が可能です。【アルカリ電池推奨】※単4乾電池は別売りです。 Bトレインショーティー車両本体を簡単にレールへのせられるリレーラー機能搭載。 走行させたい方向に方向切換スイッチを動かします。 スイッチが入ってることを確認して速度調整ダイヤルを回し、車両を走行させます。 ●広がるBトレワールド ●単4乾電池で手軽に遊べる ●リレーラー機能で車両セットも簡単 ●方向切換スイッチで前進後進が思いのまま ●速度調整が可能 ●シリーズ:Bトレインショーティー ●商品番号:869036 ●スケール:1/150 新幹線E5系 Aセット モジュールベース900A ザ・人間029 歩く人々 ライケン(ライトグリーン) 針葉樹 

送料無料
【HOゲージ】天賞堂57039急行「ニセコ」用旧型客車7輌セット

汽車倶楽部

108,000

【HOゲージ】天賞堂57039急行「ニセコ」用旧型客車7輌セット

■ 商品説明国鉄は1968年(昭和43年)10月に、ヨンサントオと呼ばれる全国的な大規模白紙ダイヤ改正を行いました。この中で誕生したのが、凾館本線長万部~小樽の通称「山線」を経由し、凾館~札幌を結んでいた「急行ニセコ 3・1号(103・104レ)」です。「急行ニセコ3・1号」の前身である客車急行列車「ていね」は、ヨンサントオで同区間を走る気動車急行「ニセコ」と名称統合された形になっています。 客車列車で運行された「ニセコ3号(103レ)」と「ニセコ1号(104レ)」は、等級改変を経てスハ45形・スハフ44形の普通車6輌と、晩年はスロ62形500番代が使用されたグリーン車1輌からなる基本7輌で編成組成されていました(増車・減車の場合あり)。極寒の北海道を走破するため、二重構造の客室窓、歯車式の車軸発電機、大型の蓄電池箱を装備した43形の耐寒形が充当されていました。晩年は改造・修繕により客室窓や車掌室窓、便所・洗面所窓などにさ様々なバリエーションを有しています。 この7輌編成の客車には、青函航路を経て本州と北海道内を結ぶ郵便車・荷物車が連結され、「ニセコ3号(103レ)」では編成後部にマニ+オユ+マニ+マニの順で、「ニセコ1号(104レ)」では機関車と客車の間にオユ+スユの順で連結されることが多かったようです。これは乗客のみならず、郵便・荷物輸送にも大きな役割を担っていたことになります。 牽引は凾館~小樽を小樽築港機関区のC62形(凾館~長万部は単機、長万部~小樽は重連)、小樽~札幌を岩見沢第二機関区のED76形500番代がそれぞれ担当していました。 「急行ニセコ3・1号」を一躍有名にしたのが、凾館本線長万部~小樽の「山線」でのC62形重連での運用です。折からのSLブームと、最後の蒸気機関車牽引の定期急行列車であることに加えてC62形重連...

スポンサーリンク
スポンサーリンク