メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「酒井抱一」検索結果。

酒井抱一の商品検索結果全31件中1~31件目

送料無料
漆絵 酒井抱一の名作「四季花鳥図」

絵画制作専門店ユーラシアアート

151,200

漆絵 酒井抱一の名作「四季花鳥図」

この商品は売却済みです。 同じ作品をお作りしますので、ご注文下さい。制作日数は約1~2ヶ月ですが、ご注文前に必ずお問い合わせ下さい。 お申込金(代金の50%)を頂いてから制作を開始し、残金は作品完成後となります。 異なったサイズをご希望の場合は、お問い合わせ下さい。 画家肉筆による漆(うるし)絵で、名作を見事に再現しました。陽明文庫蔵。 絵画サイズは1枚が40x80cmで2枚一組(総サイズ40x160cm)。 背面にフックが付いていますので、額なしでもそのまま壁にかけられます。 額縁見本は、カテゴリーの額縁見本をご覧下さい。 酒井抱一(さかいほういつ:1761-1828) 江戸後期の絵師。尾形光琳に私淑。琳派のもつ日本的な装飾画の中に繊細な感覚をもりこんだ画風で、代表作「夏秋草図屏風」、「枝垂桜」などがある。 漆絵とは、日本古来の漆工芸技法を絵画に取り入れた新しい芸術作品です。 特殊な合板に漆を塗り込み幾度も磨き出した上に、一点一点ていねいに手描きして仕上げた芸術品です。 自信を持ってお薦めできる作品です。存在感のある美術品としてご活用下さい。 漆絵の受注制作を承っておりますので、お問い合わせ下さい。 国宝級の屏風絵、蒔絵、花鳥図、壁画、天井画などの名画を、熟練した画家が肉筆で精巧に模写します。

送料無料
送料無料 酒井抱一 菊小禽図 掛軸 掛け軸 絵画【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

100,440

送料無料 酒井抱一 菊小禽図 掛軸 掛け軸 絵画【smtb-k】【ky】

菊小禽図 k166 ひと叢の菊は香り高く輝くばかりに美しい秋の色をたたえる。 たおやかなその姿に西風は野の道が彩りを添えたことを知る。 いにしえの詩人、陶淵明が菊を愛でた古事から、冷たい秋雨が 降る頃には菊酒を飲み寿命が延びることを願う。 花の形や葉のたらしこみなどは、伝統的な琳派の描き方で あるが、菊を逆くの字形にして余白を多くとる構図や鳥を 腹側からみせるところなど、江戸琳派を確立した抱一らしい 工夫も随所に見出される。 酒井抱一 1761 姫路藩主酒井忠仰の第四子次男として生まれる 1777 元服 その後は俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と 交わる 1790 句集「軽拳館句藻」を刊行 1797 西本願寺文如の弟子として出家 1815 光琳百回忌と遣墨展を催し「光琳百図」前篇と 「緒方流略印譜」を刊行 1823 「乾山遣墨」を刊行 1826 「光琳百図」後篇を刊行 1828 逝去 享年68才 絵画・俳諧・狂歌・能楽など芸能の才に恵まれ、 大名の子弟としての堅苦しい生活を嫌って多くの 文人墨客らと交わるとともに、自らも当代一流の 文化人として風流三昧の生活を送った。 画技は狩野派や長崎派、浮世絵の歌川派などを学んだ後 酒井家とゆかりの深い尾形光琳に傾倒し、江戸の地に 琳派を再生させ、江戸琳派の祖と呼ばれた。 光琳100年忌を記念し「光琳百図」を出版、光琳研究の 端緒をなした。 題 名菊小禽図 版 式美術印刷 用 紙特製絹本 画面の寸法89.0×31.5cm 掛軸の寸法178.0×48.5cm 表装の仕様 【 三段表装 】 天 地:緞 子 中廻し:緞 子 風帯・一文字:金 襴 軸 先:新 牙 ※特織謹製のため万が一品切れになった場合は ...

送料無料
送料無料 酒井抱一 月に兎 掛軸 掛け軸 彩美版 絵画【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

97,200

送料無料 酒井抱一 月に兎 掛軸 掛け軸 彩美版 絵画【smtb-k】【ky】

月に兎 k217 本図は兎の目に朱を点ずる一見簡素な墨画であるが、 秋の夜長に煌々と輝く明月を、風流に愛でる白兎の姿が 際立つ。 抱一の抱く自然への尊祟と、無垢なるものへの慈愛を強く 印象づける技巧的な作品である。 【 彩美版とは 】 画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された 新時代の画期的な技法による複製画です。 最新のデジタル画像処理技術と高精度プリントにより、 原本の持つ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった 絵の鼓動までもが表現されております。 『彩美版』は共同印刷の登録商標です。 酒井抱一 1761 姫路藩主酒井忠仰の第四子次男として生まれる 1777 元服 その後は俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と 交わる 1790 句集「軽拳館句藻」を刊行 1797 西本願寺文如の弟子として出家 1815 光琳百回忌と遣墨展を催し「光琳百図」前篇と 「緒方流略印譜」を刊行 1823 「乾山遣墨」を刊行 1826 「光琳百図」後篇を刊行 1828 逝去 享年68才 絵画・俳諧・狂歌・能楽など芸能の才に恵まれ、 大名の子弟としての堅苦しい生活を嫌って多くの 文人墨客らと交わるとともに、自らも当代一流の 文化人として風流三昧の生活を送った。 画技は狩野派や長崎派、浮世絵の歌川派などを学んだ後 酒井家とゆかりの深い尾形光琳に傾倒し、江戸の地に 琳派を再生させ、江戸琳派の祖と呼ばれた。 光琳100年忌を記念し「光琳百図」を出版、光琳研究の 端緒をなした。 作家名酒井抱一 題 名月に兎 版 式彩美版 用 紙特製絹本 画面の寸法80.0×35.0cm 掛軸の寸法173.0×51.0cm 表装の仕様 【 三段表装 】 天 地:無 地...

送料無料
酒井抱一『菊小禽図』復刻掛軸

内田画廊

100,440

酒井抱一『菊小禽図』復刻掛軸

■菊小禽図 ひと叢の菊は香り高く輝くばかりに美しい秋の色をたたえる。 たおやかなその姿に西風は野の道が彩りを添えたことを知る。 いにしえの詩人、陶淵明が菊を愛でた古事から、冷たい秋雨が 降る頃には菊酒を飲み寿命が延びることを願う。 花の形や葉のたらしこみなどは、伝統的な琳派の描き方で あるが、菊を逆くの字形にして余白を多くとる構図や鳥を 腹側からみせるところなど、江戸琳派を確立した抱一らしい 工夫も随所に見出される。 ■酒井抱一 1761 姫路藩主酒井忠仰の第四子次男として生まれる 1777 元服 その後は俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と 交わる 1790 句集「軽拳館句藻」を刊行 1797 西本願寺文如の弟子として出家 1815 光琳百回忌と遣墨展を催し「光琳百図」前篇と 「緒方流略印譜」を刊行 1823 「乾山遣墨」を刊行 1826 「光琳百図」後篇を刊行 1828 逝去 享年68才 絵画・俳諧・狂歌・能楽など芸能の才に恵まれ、 大名の子弟としての堅苦しい生活を嫌って多くの 文人墨客らと交わるとともに、自らも当代一流の 文化人として風流三昧の生活を送った。 画技は狩野派や長崎派、浮世絵の歌川派などを学んだ後 酒井家とゆかりの深い尾形光琳に傾倒し、江戸の地に 琳派を再生させ、江戸琳派の祖と呼ばれた。 光琳100年忌を記念し「光琳百図」を出版、光琳研究の 端緒をなした。 作家名 酒井抱一 題 名 菊小禽図 版 式 美術印刷 用 紙 特製絹本 画面の寸法 89.0×31.5cm 掛軸の寸法 178.0×48.5cm 表装の仕様 【 三段表装 】 天 地:緞 子 中廻し:緞 子 風帯・一文字:金 襴 軸 先...

送料無料
送料無料 紙雛図 酒井抱一 絵画 版画 彩美版【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

97,200

送料無料 紙雛図 酒井抱一 絵画 版画 彩美版【smtb-k】【ky】

紙雛図(かみびなず) s019 寸 法 【絵寸】縦70cm×横28.2cm 【額寸】縦87.5cm×横42.3cm 体 裁 【技法】彩美版 ※彩美版とは・・・ 画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法による複製画です。 最新のデジタル加工処理技術と高精度プリントにより、 原画のもつ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった絵の鼓動までもが表現されています。 【用紙】特製絹本 【額縁】高級木製和額、アクリル付 【重量】約2.4kg 【付属品】黄布袋・吊紐付 原画所蔵:財団法人逸翁美術館 複製画 【証明】奥付に所蔵美術館検印入り 作 家酒井抱一(さかい・ほういち) 宝暦11年(1761) 7月1日、姫路藩主酒井忠仰の第4子次男として神田小川町別邸に生まれる。 安永6年(1777)元服。その後、俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と交わる。 寛政2年(1790)句集『軽挙館句藻』を刊行。 寛政9年(1796)西本願寺分如の弟子として出家し、等覚院文詮?真と称す。浅草千束に移住して抱一と称す。 文化6年(1809)下根岸大塚に新居を建て鴬邨を別号とする。 文化12年(1815) 光琳百回忌と遺墨展を催し、『光琳百図』前編と『緒方流略印譜』を刊行。 文化14年(1817) 『鴬邨画譜』を刊行し、雨華庵号を用いる。 文政6年(1823)『乾山遺墨』を刊行。 文政9年(1826)『光琳百図』後篇を刊行。 文政11年(1828) 11月29日逝去。享年68歳 写真は出来るだけ実物と近づけていますがどうしても差異が発生する事がありますのでご了承下さい。

送料無料
酒井抱一『紙雛図』彩美版軸装

内田画廊

97,200

酒井抱一『紙雛図』彩美版軸装

■紙雛図 日本古来の伝統の美 江戸琳派が描く、仲睦まじく寄り添う夫婦雛 江戸琳派の画家たちは雛祭りに関する多くの作品を残していて その中でも特に多いのが紙雛を描いたものである。 紙雛が切る着物には、松と藤が描かれ、これには招福の意味が 込められている。 抱一のこの作品では松がデフォルメ化されていて、デザイン 性が強められているのが面白い。 男雛の袴や、女雛の細帯は、金で描かれている作品が多い中、 ここでは銀を用いていて、年月を経たる間に酸化して黒ずんで いるのも味わい深い。 上巳の節句を祝う少女たちのために心を尽くして描かれた様が よく伝わる作品である。 【 彩美版とは 】 画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された 新時代の画期的な技法による複製画です。 最新のデジタル画像処理技術と高精度プリントにより、 原本の持つ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった 絵の鼓動までもが表現されております。 『彩美版』は共同印刷の登録商標です。 ■酒井抱一 1761 姫路藩主酒井忠仰の第四子次男として生まれる 1777 元服 その後は俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と 交わる 1790 句集「軽拳館句藻」を刊行 1797 西本願寺文如の弟子として出家 1815 光琳百回忌と遣墨展を催し「光琳百図」前篇と 「緒方流略印譜」を刊行 1823 「乾山遣墨」を刊行 1826 「光琳百図」後篇を刊行 1828 逝去 享年68才 絵画・俳諧・狂歌・能楽など芸能の才に恵まれ、 大名の子弟としての堅苦しい生活を嫌って、 多くの文人墨客らと交わるとともに、自らも当代一流の 文化人として風流三昧の生活を送った。 画技は狩野派や長崎派...

送料無料
酒井抱一 絵画 紙雛図 原画逸翁美術館所蔵 送料無料 【複製】【美術印刷】【巨匠】【変型特寸】

掛け軸・絵画の専門店 掛軸堂画廊

97,200

酒井抱一 絵画 紙雛図 原画逸翁美術館所蔵 送料無料 【複製】【美術印刷】【巨匠】【変型特寸】

日本古来から伝わる立雛は、紙で作られた衣装を着ていることから、「紙雛」とも呼ばれていました。 松の柄の入ったお揃いの衣装を着て、愛らしく寄り添う男雛と女雛に心がなごみます。紹介文:(C)掛軸堂画廊 禁転載・禁改変流用 【複製作品】※各アイコンの意味は、こちら 画 題 紙雛図(かみびなず) 寸 法 【絵寸】縦70cm×横28.2cm【額寸】縦87.5cm×横42.3cm 作 家 酒井抱一(さかい・ほういち)◆この作家の作品一覧はこちら◆ 体 裁 【技法】彩美版 ※彩美版とは・・・画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法による複製画です。最新のデジタル加工処理技術と高精度プリントにより、原画のもつ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった絵の鼓動までもが表現されています。 【用紙】特製絹本 【額縁】高級木製和額、アクリル付 【重量】約2.4kg 【付属品】黄布袋・吊紐付 特 記 原画所蔵:財団法人逸翁美術館複製画【証明】奥付に所蔵美術館検印入り※原画を忠実に再現していますが、ウェブ上では色彩が多少違って見える場合がございます。 特 典 全国送料無料、熨斗(のし)ラッピング無料、壁に取り付けるための『金具フック』(→)もお付けします! 全国送料無料!郡部・離島など、一部地域でも追加料金は頂きません!ご安心ください。 ↑クリックすると、それぞれのコーナーをご覧いただけます!↑ 【BUN】酒井抱一 絵画 紙雛図原画 逸翁美術館 所蔵 ●酒井抱一画伯 略歴 ● 宝暦11年(1761) 7月1日、姫路藩主酒井忠仰の第4子次男として神田小川町別邸に生まれる。 安永6年(1777) 元服。その後、俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と交わる。 寛政2年(1790) 句集『軽挙館句藻』を刊行。 寛政9年(1796)...

送料無料
酒井抱一 掛け軸 月に兎 送料無料 【掛軸】【一間床・半間床】【秋】

掛け軸・絵画の専門店 掛軸堂画廊

97,200

酒井抱一 掛け軸 月に兎 送料無料 【掛軸】【一間床・半間床】【秋】

秋草の中でどこか遠くをみつめる兎とぼんやりと浮かぶ月が、とても雅やかな風情を感じさせる月見兎の掛軸。兎の目に赤色を用いてある以外は、墨画で描かれており、大変奥床しい絵柄が深い味わいを醸し出している作品です。紹介文:(C)掛軸堂画廊 禁転載・禁改変流用 【床の間サイズ01】【季節:秋】【複製作品】 ※各アイコンの意味は、こちら 画 題 月に兎(つきにうさぎ) 寸 法 丈:172.9cm×幅:51.0cm 作 家 酒井抱一(さかい・ほういつ) ◆この作家の作品一覧はこちら◆ 略 歴 ページ上(↑)をご覧下さい。 表装材料 天地:斜子地宝冠牡丹 中廻:茶地芝草紋緞子 風帯・一文字:菱七宝紋金襴 軸先:牙代用 箱:柾目桐箱、タトウ入り 技法 彩美版(R) 原画所蔵 松岡美術館 ↑掛け軸を大切に保管する専用桐箱に収納してお届けします。 全国送料無料!郡部・離島など、一部地域でも追加料金は頂きません!ご安心ください。 ↑クリックすると、それぞれのコーナーをご覧いただけます!↑ 【BUN】酒井抱一『月に兎』 拡大図 ◆酒井抱一画伯 略年譜◆ 宝暦11年(1761) 7月1日、姫路藩主酒井忠仰の第4子次男として神田小川町別邸に生まれる。 安永6年(1777) 元服。その後、俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と交わる。 寛政2年(1790) 句集『軽挙館句藻』を刊行。 寛政9年(1796) 西本願寺分如の弟子として出家し、等覚院文詮睴真と称す。 浅草千束に移住して抱一と称す。 文化6年(1809) 下根岸大塚に新居を建て鴬邨を別号とする。 文化12年(1815) 光琳百回忌と遺墨展を催し、『光琳百図』前編と『緒方流略印譜』を刊行。 文化14年(1817) 『鴬邨画譜』を刊行し、雨華庵号を用いる。 文政6年(1823) ...

こちらの関連商品はいかがですか?

タンブラー 奥山峰石 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

270,000

タンブラー 奥山峰石 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

人間国宝・奥山峰石のタンブラー鍛金とは銀などの金属を金鎚や木槌で叩いて形を作る技法のこと。作業の大半は、一枚の板をひたすら叩くことに費やされます。「鍛」とは鍛えることで、銀なら銀の板を思いの形に整えつつ鍛え、丈夫にしてゆくという意味合いを持ちます。奥山氏の手にかかると、銀板は自在に形を変え、うっとりするほど優美な曲線を伴い、かつ凛とした美しさで見る人を、手にする人を魅了。まさに神業、人間国宝の妙技といえます。鍛金の世界に入って65年、人間国宝に認定されて23年という奥山氏は、それでも「満足のゆくものはひとつもない」と謙遜します。「でも、まあいいなと思うものはありますけれど」と笑いつつ、「人間国宝という銘をもらったからには、さらなる技の研鑽と後進の指導に当たらなければいけないと常々思っています」と語ります。その真摯な姿勢が作品にも反映されているのは言うまでもない。ご紹介するタンブラーは、紅梅・白梅をあしらったもの。特に枝ぶりと花のバランスにこだわっています。「銀板を叩きつつ立ち上げてボディを作ったら、先の丸い金鎚で鎚目をつけて磨きます。梅の花芯と内側を金メッキし、紅梅は赤金メッキを、枝は黒金メッキを施しています」と奥山氏。 紅梅・白梅の力強く気品に富む姿は、植物や木立が好きという氏の観察眼の賜物ともいえます。飾って眺めるもよし、また持ったときのひんやりとした感触も心地よく、人生の折々の記念にこのタンブラーを取り出して、一杯を味わうのもまた、格別至極なのではないでしょうか。

萩徳利 波多野善蔵 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

37,800

萩徳利 波多野善蔵 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

素朴さに静かな品格を併せ持つ萩焼を晩酌で愉しむ。旧萩城の城下町、山口県萩市に「波多野指月窯(はだのしげつがま)」を構える陶芸家、波多野善蔵さん。唐津焼、有田焼の修業を経て萩焼の道に入り、その作品が認められ文部大臣賞など多くの受賞歴を持つ名工です。2002年3月に山口県指定無形文化財保持者に認定。さらに2013年には文化財保護功労により旭日双光章を受章しました。書家の故・榊莫山氏も生前、波多野さんの作品に惚れ込み、「波多野さんの陶器の肌を、わたしはとてもすきなのである。(略)土のにおいそのままの肌なのが楽しい」と、窯元を訪れたときのエピソードを著書『莫山つれづれ』に記しています。同氏による窯元の看板の文字は、その親交の証です。萩焼は淡い白色や枇杷色とで、柔らかな手触り、口触りが特徴です。「使ううちに風合いが少しずつ変化していく面白さや、他の焼物に比べて軽くて扱いやすい点が魅力です」と波多野さんは語ります。ご紹介するのは、素朴な自然美を極めた萩焼の徳利。「どっしりとした見た目ですが比較的軽く、常に使ってもらえるような身近な作品になればと思います」。手にすれば美味いつまみと銘酒を用意したくなることうけあいです。品格を携えた実用の美を存分に愉しんでください。

屋久杉/自然仏壇 山王産業 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

486,000

屋久杉/自然仏壇 山王産業 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

代々受け継ぎたい重厚な逸品。神秘の長寿木に託す先祖への祈り。国内最大規模の原生林を有し、島の面積の約20%が世界遺産に登録されている屋久島。その島のシンボル、屋久杉には樹齢千年から三千年に達するものも少なくありません。〈山王産業〉は、自然倒木や江戸時代に残された根株を再利用し、その屋久杉の魅力を最大限に活かした家具や工芸品を製造、販売し、取り扱うのは屋久杉だけというこだわりを持つ会社です。ご紹介するのは、一本の屋久杉から作られたという、重厚感に溢れる仏壇です。「近年、巷では海外製の安価な仏壇が多くみられますが、日本の材料を使って日本人が作ったものを、日本人に使ってほしいのです」と同社代表の山王博和さん。長い年月風雨にさらされながらも腐らずに耐えた屋久杉の自然そのままの姿を活かして磨き上げています。木目や節に表れた生命力が圧巻で、見ているだけで自然への敬意に満たされるでしょう。無骨に見えますが、蝶番部分は丁寧に木で特別加工し、観音開きの扉には開けやすいように指を掛ける部分を作るなど、細部にまで心配りが行き届いたつくりも魅力。扉を開け閉めするとほのかに漂う清涼な香りにも心が安らぎます。 山王さんは、屋久杉の魅力をこう語ります。「一つは地球レベルでの生命力を感じること。二つ目は日本の空気と水を吸って育った純日本産の木であること。そして千年を超える長い歴史を有していること。香りが高く、それが持続すること。木目と色合いが得も言われぬものであることです」先祖への思いとともに、代々大切に受け継いでいきたい逸品です。

帝釈天像/ブロンズ製 村田 宏 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

162,000

帝釈天像/ブロンズ製 村田 宏 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

凛々しくも穏やかな顔立ちに、心奪われる格調高き帝釈天像京都・東寺にある平安期の国宝「帝釈天半跏像」で広く知られている帝釈天。古代インド神話に登場する武神、インドラを仏教に取り入れたもので、仏教では梵天と共に仏法を守護する護法善神です。闘神・阿修羅との壮絶な戦いの末に仏門に帰依し、その後は慈悲深く柔和な性質になったといわれています。ご紹介するのは、その国宝の帝釈天半跏像をもとに、造形作家の村田宏さんがブロンズ像で表現した作品です。村田さんは加賀藩前田家以来の伝統を受け継ぐ金工の本場、高岡生まれ。豊かな感性と優れた技術力から生まれる精密な表現が持ち味で、その実力は日展や日本現代工芸展などでの度重なる入選歴にも表れています。威厳を保ちつつも優雅で穏やかな表情を見せる、白象に乗って半跏踏み下げの姿勢をとる帝釈天。右手に持つのは煩悩を打ち砕く独鈷杵です。甲冑の上の長袂衣の立体感や頭上で結んだ宝髻、どっしりと構えた象のシワにもためらいのなさが感じられ、村田さんが得意とする精緻な表現が存分に発揮されています。ところで国宝の帝釈天像は、その端正な顔立ちから仏像ファン、特に女性の間では“男前"と人気があります。本像もまた、世にあまたある複製とは一線を画す名工ならではの輝きを放つ芸術品。ぜひこの機会に自分だけの念持仏としてみてはいかがでしょうか。

阿修羅像/ブロンズ製 喜多敏勝 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

145,800

阿修羅像/ブロンズ製 喜多敏勝 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

名工が手がけた阿修羅像仏教美術の代表作として知られる、奈良・興福寺の阿修羅像。興福寺では「興福寺国宝特別公開2017」と題し、2017年11月19日まで阿修羅像をはじめとした数々の国宝が公開されています。普段は非公開の仮講堂での展示ともあり、足を運ばれた方も多いのではないでしょうか。この阿修羅像、古代インドでは戦いの神とされているだけに荒ぶる姿で表現されることも多く「修羅場」という言葉の語源でもあるため、恐ろしい存在という印象を持たれがちです。しかし、興福寺の阿修羅像は、少年のようでありながらも凛とした表情で、人々の心を打ちます。ご紹介するのは、この阿修羅像をもとに、日展作家の喜多敏勝さんが精緻なブロンズ像で表現したものです。阿修羅像は3つの顔に6本の腕を持つ異形で、左の顔には怒り、右の顔には苦悩が見られます。愁いを秘めた正面の顔の眼には意志と力強さが感じられ、左、右、正面の順に見ることで阿修羅の心の変遷がわかります。像を手がけた喜多さんは、歴史ある鋳物師の家系に生まれました。喜多家は平安時代、近衛天皇へ御代鋳物燈炉を献上した際に、朝廷から鋳物制作への特権を与えられ、藤原の姓を賜ったといいます。喜多さんは日本古来の鋳物の伝統を引き継ぎ、塑像家の巨匠、故・米治一氏に師事。数々の伝統創作展で受賞を果たし、高い評価を得ています。国宝の阿修羅像は脱活乾漆造という特殊な技法で作られていますが、本像は富山県高岡市の伝統工芸、高岡銅器に伝わる蝋型鋳造の技術で制作。金箔や本漆を用いて仕上げを施し、乾漆に近い外観を見事に表現しています。4分の1スケールながら重厚感と品格溢れる像を、世にあまたある複製とは一線を画す芸術品としてご堪能ください。

送料無料
清水信行『紅富岳(P10号)』日本画【B3118】・【日本画】・【真筆・絵画・美術品】・真筆・風景画 新品 額付き 共シールあり 作家サインあり 赤富士 富士山 吉祥開運 風水画 ■現品限り

ココクレアcococlea

648,000

清水信行『紅富岳(P10号)』日本画【B3118】・【日本画】・【真筆・絵画・美術品】・真筆・風景画 新品 額付き 共シールあり 作家サインあり 赤富士 富士山 吉祥開運 風水画 ■現品限り

商品の詳細 作家名 清水信行 作品名 紅富岳(P10号) 技法 日本画 額寸 ヨコ725xタテ600(mm) 絵寸 ヨコ520xタテ390(mm) 作品の状態/新品 額付き 黄袋、差し箱付き 共シールあり 作家サインあり 真筆 額立てプレゼント 円熟期を迎えた現代日本画家、清水画伯が描き下ろした新作です。後世に残しても恥じぬ作品を描きたいとの清水先生の熱い思いを、感じて頂ければ幸いに存じます。■ 清水 信行 (しみずのぶゆき)1950年 京都に生まれる。1972年 日展初入選し、以降4回連続入選1974年 京都市立芸術大学日本学科卒業1976年 京都市立芸術大学専攻科修了1984年 日仏現代美術展出品、第二席。同フランスソワール賞受賞。2001年 画文集「心の山河 心の森」(芸艸堂)発刊。2007-2010年 「富岳」「紅富岳」「清水新雪」がユニセフのグリーティングカードや年賀ハガキに。他 個展など多数。美術年鑑2016年版/P128掲載(参考評価額 号/30万) 他の◆清水信行◆作品を検索清水信行『紅富岳(P10号)』日本画・【日本画】・【真筆・絵画・美術品】・真筆・風景画

送料無料
清水信行『嵐山爽秋(P10号)』日本画【B2836】・【日本画】・【真筆・絵画・美術品】・真筆・風景画 新品 額付き 作家直筆サイン・落款 京都 渡月橋 紅葉 ■現品限り

ココクレアcococlea

518,400

清水信行『嵐山爽秋(P10号)』日本画【B2836】・【日本画】・【真筆・絵画・美術品】・真筆・風景画 新品 額付き 作家直筆サイン・落款 京都 渡月橋 紅葉 ■現品限り

商品の詳細 作家名 清水信行 作品名 嵐山爽秋(P10号) 技法 日本画 額寸 700×580 (mm) 絵寸 520x400 (mm) 新品 真筆 額付き 作家直筆サイン・落款 額立てプレゼント ■ 清水 信行 (しみずのぶゆき)1950年 京都に生まれる。1972年 日展初入選し、以降4回連続入選1974年 京都市立芸術大学日本学科卒業1976年 京都市立芸術大学専攻科修了1984年 日仏現代美術展出品、第二席。同フランスソワール賞受賞。 2001年 画文集「心の山河 心の森」(芸艸堂)発刊。 2007-2010年 「富岳」「紅富岳」「清水新雪」がユニセフのグリーティングカードや年賀ハガキに。他 個展など多数。美術年鑑2016年版/P128掲載(参考評価額 号/30万)この度、縁あって、清水先生直々にお譲り頂いた作品です。円熟期を迎えるにあたり、後世に残しても恥じぬ作品を描きたいとの清水先生の熱い思いを、感じて頂ければ幸いに存じます。是非、ご自宅にご愛蔵くださいませ。 他の◆清水信行◆作品を検索清水信行『嵐山爽秋(P10号)』日本画・【日本画】・【真筆・絵画・美術品】・真筆・風景画

送料無料
木版画 「茜さす」(額装)【代引き手数料無料】【送料無料】

夢みつけ隊 ONLINE SHOPPING

140,400

木版画 「茜さす」(額装)【代引き手数料無料】【送料無料】

東京にそびえたつ世界一高い「スカイツリー」初の木版画化江戸から伝わる伝統の技法で見事に表現スカイツリーは高さ634メートルをついに実現し、世界一高いタワーとしてギネスに認定されました。(2012年5月認定・ギネス世界記録2012に掲載)この新たな東京のランドマークを、版画家・奥山義人氏が現代の浮世絵版画ともいうべき木版画で表現。江戸川の流れをはさみ、緑豊かな土手の向こうに灯りのともる街並が望めます。かなたにそびえたつ逆光のスカイツリーと夕陽に照らされた富士の遠望。伝統的な浮世絵版画の技法の形式を現代に再現した見事な作品です。●サイズ/画寸:縦71×横22.7cm、額寸:縦92×横37×厚さ1.8cm●材質/用紙:越前生漉奉書(人間国宝・岩野市兵衛漉元)、版木:櫻、額:木、アクリル●日本製●重さ/1.9kg●仕様/摺法:手摺木版画、形式:大錦判/縦2枚続き(紙の継ぎ目を糊づけして繋げてあります)、木版画欄外に組合名・原画作者・彫師・摺師氏名を摺り込み、版数:上部7版9度摺、下部7版10度摺、原画・彫師:奥山義人、摺師:鉄井孝之※お届けまでに3週間ほどかかる場合がございます。※この商品のお支払い方法は代金引換またはカードとさせていただきます。  アイコンの詳細はこちらご購入前にこちらをご確認ください。広告文責夢みつけ隊株式会社TEL:0800-888-0077メーカー商品名茜さす奥山義人 氏 1934年版画家奥山儀八郎の長男として浅草に生まれる。画家、彫師、摺師、版元の一人四役をこなす。東京木版画工芸協同組合による復刻事業の広重「名所江戸百景」、北斎「諸国瀧廻り」「諸国名橋奇覧」などの監修をつとめる。東京伝統木版画工芸協同組合 この度「茜さす」を制作しました。難度の高い北斎の彫り、色重ねとぼかし技法が秀逸の広重...

九谷焼スタンドランプ/黒猫シルエット 澤田郁美 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

19,980

九谷焼スタンドランプ/黒猫シルエット 澤田郁美 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

猫のシルエットが愛らしく空間を彩る九谷焼のスタンドランプ。深みのある赤い花に戯れる黒猫たち。いや、よく見ると猫のシルエットです。ランプの優しい光に照らされて、艶のある白磁を舞台に飛び回る猫の姿は、愛らしさとともに幻想的な趣も醸し出します。この作品を手がけたのは澤田郁美さん。日展作家で同じく伝統工芸士の義父、澤田富雄(穂光)氏の薫陶を受けた澤田さんは、平成18年に創造美術展初入選、石野賞受賞を機に、数々の賞を受賞。平成24年に九谷焼の伝統工芸士に認定されました。花や動物をモチーフにすることが多いという澤田さんの作品は、赤・黄・緑・紫・紺青の“九谷五彩"だけでなく、中間色を巧みに用いた女性らしい色使いが特徴。マグカップなど生活に取り入れやすい作品も多く手がけ、人気を博しています。 「ご近所の猫に接することが多いのですが、その愛らしい仕草や眼差しにとても癒されています」と澤田さん。今回のランプに描かれた猫も、女流職人である澤田さんならではの人気のモチーフです。赤絵で表現した九谷焼の伝統的な唐草模様に、「艶黒」という黒呉須で描いたシルエットの猫が見事に調和。ランプとして使わない時も、モダンなインテリアとして愉しめます。 「伝統的な技法と現代的な猫の姿をマッチさせるのに苦労しました。猫ちゃんの愛らしい姿に和んでいただければ幸いです」と澤田さん。部屋に馴染みやすいクラシカルな形も魅力。ベッドサイドやリビングなどに置いて、ほのかな灯りとともに愉しんでください。

送料無料
井堂雅夫『雨の石庭』(龍安寺)木版画【中古】

内田画廊

32,400

井堂雅夫『雨の石庭』(龍安寺)木版画【中古】

■雨の石庭(龍安寺) 京都を代表する観光名所で世界遺産にも登録されている龍安寺。 龍安寺は室町時代、細川勝元によって創建された寺で、 簡素な構成の石庭は、禅宗が盛んだった当時の時代背景を 色濃く反映しています。 禅の境地が込められた石庭と、作者の世界観が見事に融合した 作品です。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ●中古作品のため、作品・額縁ともに径年変化がみられます。 ご了承の上お買い求めください ■井堂雅夫 1945年、中国東北部に生まれる 日動版画グランプリ入賞 日本版画協会入選 1975年以降は公募展に出品せず独自の活動を展開 全国主要都市、アメリカ、中国、スイス、オーストリア、ドイツ カナダ、フランスにて個展 1992年作品集「日本の四季彩」出版(NHK出版) 1997年画文集「宮沢賢治・心象の風景」出版(河出書房新社) その他出版物、テレビ出演多数 木版画家 染色家 三軌会評議員 作家名 井堂雅夫 題 名 雨の石庭 技 法 木版画 落 款 作者鉛筆サイン 限定部数 111/180 画面の寸法 ヨコ:32.5×タテ:44.5cm 額縁の外寸法 ヨコ:48.0×タテ:63.1cm 額縁の仕様 ブラウン色版画額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも 額縁の窓 ガラス マット 紙マット 箱 かぶせ箱 状 態 【中 古】 作品・額縁ともに径年変化がみられます

季久作「土佐古代塗」マイ箸【花】(木製・本漆塗)土佐古代塗 美禄堂/高知/伝統工芸/漆器/特産品/手造り

森徳蔵楽天市場店

12,960

季久作「土佐古代塗」マイ箸【花】(木製・本漆塗)土佐古代塗 美禄堂/高知/伝統工芸/漆器/特産品/手造り

普通の漆塗りと違って、表面がザラザラとした仕上げになっています。これにより、指紋や傷がつきにくく、非常に丈夫で、日常気軽にお使いいただけます。 手に持った時の重さと、高知県伝統的特産品『土佐古代塗』のこだわり本格漆器の質感を是非実際に手にとってお確かめください。 商品情報 商品名 季久作「土佐古代塗」マイ箸【花】(木製・本漆塗)土佐古代塗 美禄堂 サイズ 箸本体:長さ21cm箸箱:縦12,5cm×横4cm×高さ2cm 材質 木製・本漆 生産地 高知県 【必読】こちらの商品について   こちらの商品は産地および工場直送の商品のため、代引き決済・他商品との同梱・ギフト用ラッピングを承ることが出来ません。ただし、同じ種類の商品とは同梱を承ります(複数個購入など)のでお買上げの際にご確認の上、ご了承くださいませ。 ご不明な点は当店フリーダイヤル(0120-488-229)までお問合せくださいますようお願い申し上げます。今エコブームに乗ってマイ箸を使う人が増えています。 単にマイ箸といっても、他とはちょっと違うこの「土佐古代塗マイ箸」はいかがでしょう。 人目を引き話題も盛り上がること請け合いです。 独特のざら地によって、使いやすくとっても丈夫な仕様になっています。塗りも[漆100%]ですの で安心してお使いいただけます。

練上なで四角銘々皿(5柄セット) 會田雄亮研究所 忍野窯 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

18,900

練上なで四角銘々皿(5柄セット) 會田雄亮研究所 忍野窯 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

「絵付けとはまた違った味わいが、練上げの奥深さなんです」 會田雄亮 會田は食にもこだわっていましたね。レストランの食器に注文をつけたこともあるんです。(暁美さん)陶芸家として、また環境造形作家としても活躍し、2015年10月に、83歳で亡くなった會田雄亮氏。その足跡を振り返ってみると、改めて作品の幅の広さに驚きます。2種類以上の色土を重ね合わせた断面にできる模様を薄く切り、そのまま器などの作品に成形する技法を総称して「練上げ」または「練込み」といいますが、その練上げの現代における第一人者が會田氏です。生活で使う食器を一番大切にしていきたい。大学では都市計画を専攻していたという會田氏。たまたま見た陶芸の本に触発されて、当時日展の審査委員を務めていた宮之原謙氏に弟子入りし陶芸への道を歩むことになりますが、“世界から日本はどう見られているのか知りたくなって"渡米。ボストン美術館付属美術学校の講師をしつつ、ベニントン・ポッターズでチーフ・デザイナーとして活躍。その頃はまだ練上げは意識になく、ディナーウエアや陶板を制作していました。注目されたのは、1968年にファエンツァ国際陶芸コンペで金賞を受賞。これが日本人初の快挙となりました。帰国後は陶の表現を広げようと、建築家とコラボレーションを行い、公共建築の内外に「陶壁」と名付けた陶板のレリーフ群を作るように。最初の仕事は建築家・芦原義信氏との縁で茨城県民文化センターの陶壁を制作することでした。その後も環境造形と呼ばれる、陶を使った空間設計を数多く生み出してゆきます。練上げ技法を極めるようになったのは山梨県忍野村に工房を開いてから。他の焼き物の産地の技を超えるにはどうすればいいか、會田氏自身が考えた末の結果でした。一見、描いたように見える模様は、違う色の土を重ねたもの...

大徳寺聚光院監修/沙羅双樹のれん 近江屋 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

37,800

大徳寺聚光院監修/沙羅双樹のれん 近江屋 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

茶聖・利休ゆかりの名刹の風景織田信長、豊臣秀吉という天下人に仕え、茶道千家流の始祖である“茶聖"千利休。そんな利休の菩提寺として知られるのが、京都・紫野にある大徳寺聚光院です。同院は永禄9年に大徳寺の笑嶺宗訴和尚を開祖として創建。本堂は国の重要文化財に指定され、狩野永徳の襖絵「花鳥図」をはじめ数多くの文化財を有している名刹。また、その永徳の「花鳥図」と対で、雪どけ水が庭に流れ出ていく様を表しているとされるのが「百積庭」と呼ばれる方丈庭園です。石組みの多いことからその名が付いたこの庭は、永徳の下絵を元に利休が作庭し、西側には利休自ら沙羅双樹を植えたと伝えられます。初代は樹齢380年を全うし、現在は三代目がしっかりと根を下ろしています。そんな沙羅双樹をモチーフにしたのれんです。麻地のグラデーションをバックに描かれた楚々とした白い花を付けた沙羅双樹は、円山四条派の日本画家・寺田一哉さんの手によるものです。釈迦が入滅する際、臥床の四辺にあったことでも知られる沙羅双樹。その花は「一日花」と呼ばれるほど儚いもので、白い花びらが散った様子は、さながら鶴の群れのようであったといいます。「生生流転」を通して自己を見つめる禅の教えを感じてください。

喜多川歌麿『両国の花火(右)』木版画【A1557】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 解説書付 美人画 浮世絵 江戸 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,120

喜多川歌麿『両国の花火(右)』木版画【A1557】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 解説書付 美人画 浮世絵 江戸 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 両国の花火(右) 技法 木版画 額寸 ヨコ390×タテ470(mm) 絵寸 ヨコ260×タテ385(mm) 良好 額付 箱付 解説書付 昭和49年制作 高見澤忠雄監修 悠々洞 版画集 (シート)をきれいに額装しました。いわゆる現在の隅田川花火大会の様子を描いた図。両国橋は現在の中央区日本橋両国と墨田区東両国1丁目との間にかけられた端で、扇をかたどった形をしている。本図は縁台に煙草を吸いながら休んでいる茶屋の女将、右手には下女らしき少女、左手には当時の名優瀬川菊之丞の紋所をつけたうちわを持った茶屋の看板娘らしき女性が描かれている。喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『両国の花火(右)』木版画・【版画・絵画・美術品】

喜多川歌麿『両国の花火(中)』木版画【A1558】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 解説書付 浮世絵 江戸 美人画 夜 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,120

喜多川歌麿『両国の花火(中)』木版画【A1558】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 解説書付 浮世絵 江戸 美人画 夜 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 両国の花火(中) 技法 木版画 額寸 ヨコ390×タテ470(mm) 絵寸 ヨコ260×タテ385(mm) 良好 額付 箱付 解説書付(コピー) 昭和49年制作 高見澤忠雄監修 悠々洞 版画集 (シート)をきれいに額装しました。いわゆる現在の隅田川花火大会の様子を描いた図。両国橋は現在の中央区日本橋両国と墨田区東両国1丁目との間にかけられた端で、扇をかたどった形をしている。本図に描かれているのは、白いうちわを持っているのが若い芸者で、子連れの女性はかたぎの妻女と思われる。川面では花火船が今まさに大蛇のような花火を打ち上げたその瞬間を捉えて描いている。喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『両国の花火(中)』木版画・【版画・絵画・美術品】

喜多川歌麿『両国の花火(左)』木版画【A1559】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 解説書付 浮世絵 江戸 美人画 夜 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,120

喜多川歌麿『両国の花火(左)』木版画【A1559】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 解説書付 浮世絵 江戸 美人画 夜 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 両国の花火(左) 技法 木版画 額寸 ヨコ390×タテ470(mm) 絵寸 ヨコ260×タテ385(mm) 良好 額付 箱付 解説書付(コピー) 昭和49年制作 高見澤忠雄監修 悠々洞 版画集(シート)をきれいに額装しました。いわゆる現在の隅田川花火大会の様子を描いた図。両国橋は現在の中央区日本橋両国と墨田区東両国1丁目との間にかけられた端で、扇をかたどった形をしている。本図は中心の薄桃色の着物の女性は若い芸者で、右のやや年増の女性は料理屋の女将らしく、豪華な前帯を締めている。前の子供はどこかの茶屋の子供でこの二人を茶屋に案内している様子が描かれている。喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『両国の花火(左)』木版画・【版画・絵画・美術品】

スポンサーリンク
スポンサーリンク