メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「輪島塗作家」検索結果。

輪島塗作家の商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 住吉蒔絵 門出俊平作 木箱 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

37,800

【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 住吉蒔絵 門出俊平作 木箱 【smtb-KD】

サイズ約直径6.9×高7cm 作者門出俊平作 箱木箱 素材竹材 注意使用後はぬるま湯で絞った柔らかい布でふいて下さい。 (ス輪好日・48600) 【コンビニ受取対応商品】【門出俊平】加賀蒔絵師 1942年昭和17年04月石川県山中町生まれ 1977年昭和52年 表正則氏に師事 1982年昭和57年 山中創作蒔絵展に於いて金賞受賞 以後、連続11会受賞(山中町永久保存一回含・加賀市永久保存三回含) 所属 日本伝統工芸会石川支部所属 加賀美術協会会員 山中町彩漆会会員 五月会会員 山中漆器の伝承漆芸を日々精進 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器) 植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 栗棗 (栗木地棗) 中棗 畑幸春作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

12,528

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 栗棗 (栗木地棗) 中棗 畑幸春作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径6.6×高6.8cm 作者畑幸春作 素材栗木地 箱木箱 注意※自然の木を使用しておりますので、木目や色合いが変わります。当店にお任せください。 (中棗棒丸酒)(・15660) 【コンビニ受取対応商品】・・・・・・・・・・ 【栗棗(日本製・木地) 畑幸春作(木地師)】 ・・・・・・・・・・ 【なつめ】栗木地 中なつめ 畑幸春作(木箱) 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器) 植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【畑 幸春作】福井県 木地師 ※木地師専門職の工房で丹念に製作致しております・・・・・

送料無料
【茶道具】【茶入】【送料・代引手数料無料】羽室文琳写し茶入仕服:笹蔓緞子松本鉄山作(共箱)

花器茶道具いとうや商店楽天市場店

42,000

【茶道具】【茶入】【送料・代引手数料無料】羽室文琳写し茶入仕服:笹蔓緞子松本鉄山作(共箱)

瀬戸赤津焼き、松本鉄山作の唐物写し茶入です。仕服付き。素材:本体:陶器、サイズ:直径7.6センチ×高さ6センチ、口径(内法:3センチ) 唐物羽室文琳大名物茶入(本歌についての説明) 素地に細かい土が用い、その上に黒褐色の釉が薄くかかり、その厚薄によって変化に富んだ景色を見せている。作りは薄く、手取りも軽い。口はやや大きく、底は糸切り底で、畳付際に廻し箆がめぐらされている。文琳茶入は、その形状から、林檎の異名である文琳の名で呼ばれるもので、唐物茶入の中でも茄子と並んで最上位に位置づけられている。『東山御物内別帳』に「羽室文琳薬師院」と記されるほか、いくつかの記録にその名が見え、古くから名物茶入として知られていたことがわかる。もと葉室家に伝わったところから羽室の名を冠していると思われ、その後、堺の薬師院に伝わり、常陸(茨城県)土浦の城主土屋相模守数直が所有し、後、若狭酒井家へと伝来した。また、この茶入には、青木間道、剣先金襴、笹蔓緞子、うつぼや緞子の仕覆と金粉字形で羽室と記した鉄刀木の挽家および、塗師藤重藤厳作の四方盆が添えられている。『大正名器鑑』所載。 作家略歴 松本鉄山(まつもとてつざん) 「赤津の窯屋山口」として300有余年、作陶に従事する家柄である、二代山口錠鉄の二男として生まれる。 母方実家の窯元へ養子となり 後を継ぐ。 愛知県瀬戸市水野町で茶陶を専門としている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク