メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「輪島塗作家」検索結果。

輪島塗作家の商品検索結果全2件中1~2件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 栗棗 (栗木地棗) 中棗 畑幸春作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

12,528

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 栗棗 (栗木地棗) 中棗 畑幸春作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径6.6×高6.8cm 作者畑幸春作 素材栗木地 箱木箱 注意※自然の木を使用しておりますので、木目や色合いが変わります。当店にお任せください。 (中棗棒丸酒)(・15660) 【コンビニ受取対応商品】・・・・・・・・・・ 【栗棗(日本製・木地) 畑幸春作(木地師)】 ・・・・・・・・・・ 【なつめ】栗木地 中なつめ 畑幸春作(木箱) 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器) 植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【畑 幸春作】福井県 木地師 ※木地師専門職の工房で丹念に製作致しております・・・・・

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】(摺漆の欅材) 和巾棗 中次茶器 (内金箔張) 裏千家用【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

13,089

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】(摺漆の欅材) 和巾棗 中次茶器 (内金箔張) 裏千家用【smtb-KD】

サイズ約直径6.6×高6.6cm 箱紙箱 素材摺漆 欅材(和巾茶器、内金箔張) 注意自然の木を使用している為、木目色合いが異なる場合があります。 (棒目り)(・16365) 【コンビニ受取対応商品】・・・・・・・・・・ 「相伝用道具」【四カ伝】 一 茶通箱 一 唐物点 一 台天目 一 盆点 ・・・・・・・・・・ 和巾:中次茶器(摺漆の欅材)【裏千家用】 ◆風炉【和巾点のお手前】の準備 ※準備 一重口水差し。 茶杓は中節。 棗は淡々斎好:桑中次。和巾・仕覆は名物布。 水差し、和巾にのせた中次を飾って向付け。・・・・・・・・・ 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器) 植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ ●裏千家では入門、小習いの基本的な点前の次の段階に位置する物として、茶通箱、唐物点、台天目、盆点を四ヶ伝(しかでん)と呼ばれる点前があります。 ●表千家では入門後、家元から許される資格として「習事」、「茶通箱点」、「唐物点」、「台天目天」、「盆天」、「乱飾」がある。

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 大棗 玉の絵(宝珠) 鵬雲斎好写し 坂下雄峰作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

38,070

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 大棗 玉の絵(宝珠) 鵬雲斎好写し 坂下雄峰作 【smtb-KD】

限定品:鵬雲斎好写の縁起物の玉の絵です サイズ約直径7.5×高7.5cm 作者坂下雄峰作 素材木製 箱木箱 (輪輪中)(49350) 【コンビニ受取対応商品】 参考商品:下の左の商品:辻石斉の縁起物の玉の絵です【坂下雄峰】 大正06年石川県山中町生まれ 師:蒔絵師 坂田秀峰に師事 昭和06年日本伝統工芸石川支部会員 昭和54年伝統工芸士認定 現在 長男と共に製作中 【坂下仙秀】 昭和27年坂下雄峰の長男として山中町に生まれ 昭和45年師:父の坂下雄峰に師事 限定品鵬雲斎好み 玉の絵(宝珠) 宝珠とは頭部がとがり、その左右両側から火炎が燃え上がっている状態にかたどった玉。干支「巳」の方位は南南東。五行では「火」・五色では赤色・蛇は弁財天のお使いとして財宝の神・技芸の神として崇拝されている「巳」に関わりがあります。 ・・・・・・ 【初代 辻石斎】 ※江戸時代の人 【二代 辻石斎】 1885年明治18年生まれ ※加賀蒔絵の第一人者となり、四代を育てる 北大路魯山人に造形と蒔絵の指導を受け、辻家の 工房で共作した「日月碗」などの名品を残す 1973年昭和48年90才で没す 【三代 辻石斎】 ※二代のもと三千家のお好み物を制作するも早逝 【四代 辻石斎】 1938年昭和13年、石川県山中町に生 1974年昭和49年四代石斎を襲名 ※三千家宗匠の指導の下二代祖父と茶道漆芸の製作に専念 【五代 辻石斎 本名:和成】 1963年昭和38年石川県山中町に四代の長男に生まれ 1885年昭和60年帝京大学経済学部経営学科卒 師:父の四代に師事 1999年平成11年初個展・作家名(和成)で開催 2003年平成15年、五代:石斉を襲名 注意 この商品は季節物ですので数量に限りがあります。メーカーの方で在庫切れになり次第終了となります...

送料無料
【茶道具・老松棗/なつめ 割蓋茶器】 老松茶器 溜塗り (表千家) 木製【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

9,028

【茶道具・老松棗/なつめ 割蓋茶器】 老松茶器 溜塗り (表千家) 木製【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ蓋:約直径10.0(本体径9.0)×高5.2cm 素材木製品 箱紙箱 (礼吉酒礼丸No89大)(・11290) 【コンビニ受取対応商品】【老松棗/なつめ・割蓋茶器(木製品)】溜塗り ●表千家用:表千家6世原叟(覚々斉)が、妙喜庵の松の木で作る 〇子供で3男の一燈宗室(裏千家中興の祖)…裏千家8 世が好みなをしています。 ●扱ひは大海と同樣なるも、蓋は「り」の字形に拭き、茶を入れる時は蓋を取らず、左掌へのせ、左の拇指で蓋の「左」の側を押へ、右手に茶杓を握込んで拇指・食指・中指の三本にて蓋の「右」の側を、左へ折返して、茶を掬ふべし。終れば此反對に扱うて、蓋をなす。 客方へ一覽に供する時は、袱紗を握込んで、先のように蓋をあけ、口の右側のみを竪に一度拭くべし。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【老松割蓋】※茶道用語集 井口海仙 表千家6代覚々斉:原痩が山崎妙喜庵の老松をもって50個作った茶器。蓋は割り蓋になっており、銀のちょうつがいで留めてある。 溜塗りである。 原痩の箱書きに「山崎妙喜禅庵茶亭之側有老松枯滑拙採之以作 茶湯之珍器遺愛於千歳」とある。 ・・・・・ 扱い方は大海と同様・・ ・・・・・ 一、薄器として用いるので、扱い方は平素の如く、左手に載せて縦に「り」の字形に拭く。 一、茶を掬うときは、左手に載せ、左の親指で蓋の左側をおさえ、茶杓を握りこんで右側開けて、茶を掬う。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ ●【一燈宗室(裏千家中興の祖)…裏千家8 世】 一、表千家6世原叟(覚々斎宗左)の3男で、7世:長兄の如心斎宗左・裏千家7 世:竺叟宗乾の弟。次兄であった政之助(裏千家7世竺叟宗室)が25歳で突然没し...

送料無料
【茶道具・老松棗/なつめ 割蓋茶器】上 老松茶器(純銀金具付:溜塗) 久世宗春作 木製【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

17,280

【茶道具・老松棗/なつめ 割蓋茶器】上 老松茶器(純銀金具付:溜塗) 久世宗春作 木製【smtb-KD】

上老松茶器(純銀金具付:溜塗) 配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 作者上老松茶器(純銀金具付:溜塗)久世宗春作 サイズ蓋:約直径10.0(本体径9.0)×高5.2cm 箱木箱 備考表千家用 (目丸酒)(・21600) 【コンビニ受取対応商品】【上老松茶器(純銀金具付:溜塗)久世宗春作/なつめ・割蓋茶器(木製品)】 【久世宗春作】 ※1950年昭和25年生れ ※1961年昭和36年より師:父宗春に師事 ※1975年昭和50年2代目宗春を襲名 ※日芸展賞入賞・漆器協同組合理事長賞受賞 、以後茶道具専門の塗師として今日に至る・・・・・ 参考資料 ・・・・・ ●表千家用:表千家6世原叟(覚々斉)が、妙喜庵の松の木で作る 〇子供で3男の一燈宗室(裏千家中興の祖)…裏千家8 世が好みなをしています。 ●扱ひは大海と同樣なるも、蓋は「り」の字形に拭き、茶を入れる時は蓋を取らず、左掌へのせ、左の拇指で蓋の「左」の側を押へ、右手に茶杓を握込んで拇指・食指・中指の三本にて蓋の「右」の側を、左へ折返して、茶を掬ふべし。終れば此反對に扱うて、蓋をなす。 客方へ一覽に供する時は、袱紗を握込んで、先のように蓋をあけ、口の右側のみを竪に一度拭くべし。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【老松割蓋】※茶道用語集 井口海仙 表千家6代覚々斉:原痩が山崎妙喜庵の老松をもって50個作った茶器。蓋は割り蓋になっており、銀のちょうつがいで留めてある。 溜塗りである。 原痩の箱書きに「山崎妙喜禅庵茶亭之側有老松枯滑拙採之以作 茶湯之珍器遺愛於千歳」とある。 ・・・・・ 扱い方は大海と同様・・ ・・・・・ 一、薄器として用いるので、扱い方は平素の如く、左手に載せて縦に「り」の字形に拭く。 一...

送料無料
セット【茶器/茶道具 なつめ/薄器】和巾3点セット 女桑棗(中次茶器) 和巾棗&仕服セット(雲鵬唐草紋紹巴) 裏千家用 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

26,784

セット【茶器/茶道具 なつめ/薄器】和巾3点セット 女桑棗(中次茶器) 和巾棗&仕服セット(雲鵬唐草紋紹巴) 裏千家用 【smtb-KD】

●和巾3点セット(裂地:鵬雲斎好写し、雲鵬唐草紋紹巴) 配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 中次サイズ約直径6.6×高6.6cm 箱紙箱 (む古り・33480) 【コンビニ受取対応商品】 ※自然の木目と手ずくりですの、一点一点変わります。※木目と色目は変わることがあります。当方にお任せ下さい。●●和巾3点セット(裂地:鵬雲斎好写し、雲鵬唐草紋紹巴) ・・・・・・・・・・ 「相伝用道具」【四カ伝】 一 茶通箱 一 唐物点 一 台天目 一 盆点 ・・・・・・・・・・ 和巾:中次茶器【裏千家用】 ◆風炉【和巾点のお手前】の準備 ※準備 一重口水差し。 茶杓は中節。 棗は淡々斎好:桑中次。和巾・仕覆は名物布。 水差し、和巾にのせた中次を飾って向付け。・・・・・・・・・ ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ ●裏千家では入門、小習いの基本的な点前の次の段階に位置する物として、茶通箱、唐物点、台天目、盆点を四ヶ伝(しかでん)と呼ばれる点前があります。 ●表千家では入門後、家元から許される資格として「習事」、「茶通箱点」、「唐物点」、「台天目天」、「盆天」、「乱飾」がある。

送料無料
【茶器/茶道具・菓子器・銘々皿】 糸目桐竹蒔絵 道場宗廣作 5枚組 (直径約15.5cm) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

20,736

【茶器/茶道具・菓子器・銘々皿】 糸目桐竹蒔絵 道場宗廣作 5枚組 (直径約15.5cm) 【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ各約直径16.2cm 素材5枚組:木製 作者道場宗廣作(道場宗広作) 箱木箱 (現物・25920) 【コンビニ受取対応商品】●【道場宗廣 :(宗広)】 ※山中塗の塗り師で、父に師事する。 ※以後、山中工房で30有余年漆器の制作に携わる (道場六三郎の兄にあたり、弟の六三郎が日本料理人) 銘々皿5枚セット(道場宗広作)糸目桐竹蒔絵:やや大振り ・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【茶席のマナー】 ◆銘々皿の扱い・・・ (銘々皿は、一人分の菓子が乗せてある小さな皿です。) 一、銘々皿が運ばれてきたとき、一礼をして受け取ります。 一、お点前から「お菓子をどうぞ」のあいさつがありましたら、お点前に「お菓子をいただきます」の挨拶をします。 一、 銘々皿を軽く持ち上げて一礼をします。 一、懐紙を取り出し、膝前に置きます。 ※、例一、 箸や黒文字がある場合には、箸を使って菓子を皿から懐紙の上へ移動します。(箸の先を懐紙で清め、箸を皿に戻します) ※、一、箸がない場合は手で行います。 一、 銘々皿の正面が亭主に向くように、右回しで向きを変えます。 ・・・ 注意点 ・・・ ●時には、場合によっては、銘々皿が拝見に回ることがあります。この場合には、懐紙や小茶巾を使って、銘々皿を清めます。 ○清める際に気をつけなければいけないのが、決して強くこすらないことです。軽く押すようにし、汚れが完全にとれなくてもよいのです。 箸や黒文字がある場合は、懐紙で箸先をくるみ、亭主や半東へ返します。

送料無料
【茶器/茶道具 菓子器】(丸盆) 干菓子器 独楽盆(尺○) 高桑泉斉作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

79,380

【茶器/茶道具 菓子器】(丸盆) 干菓子器 独楽盆(尺○) 高桑泉斉作 【smtb-KD】

サイズ尺○:約直径29.5×高2.3cm 材質(丸盆:独楽盆)木製製 作者高桑泉斉作 箱木箱 (輪棒り)(・97200) 【コンビニ受取対応商品】(丸盆)干菓子器:独楽盆(尺○)【丸盆:独楽盆(尺○)】高桑泉斉作(丸干菓子器)材質:木製※独楽文様。 【(丸盆) 干菓子器(29.5cm)独楽模様】 ●初代【高桑泉斉】昭和05年より ※師、木地師の父や山中漆器さらに、全国各地の漆技法を広く研究し、茶器・香合・碗等など広く製作・特に、棗の切合口仕上げで、身・蓋別塗りで、時代棗をよく製作す。 ※1930年昭和05年初代泉斎を名乗る ※1976年昭和51年、山中漆器伝統工芸士、代一回に認定され、初代、会長となる。 ※1984年昭和59年高度の技術保存と後継者の育成により、伝統工芸士として、県下初の叙勲。 ※1985年昭和60年日本漆工会憂愁技術者、特別表彰を、高松宮殿下より拝受。 ●二代【高桑泉斉】塗師:昭和61年より ※1937年昭和12年山中温泉に生まれる ※1960年昭和35年金沢美術工芸大学工業デザイン科卒業 (小松芳光名誉教授より加賀蒔絵の基礎技術を教わる) (柳宗理教授より、機能を美の調和のデザイン理念を学ぶ) ※卒業後、父泉斎に師事と同時に、京都・金沢の茶匠について茶の湯の工程の指導を受ける。 1986年昭和61年二代泉斎を継承。 1989年平成元年石川国体記念・人間国宝監修の「石川のうるし碗」代一号製作。 ・現在、加賀美術協会会員 ・石川二科会会員 ・・・(表千家吉祥会会員):漆芸家として、塗全般をこなす。・・・・・

送料無料
【茶器/茶道具 巻煙草入れ/巻莨入れ】 唐花紋 張貫 井上和恵作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

37,692

【茶器/茶道具 巻煙草入れ/巻莨入れ】 唐花紋 張貫 井上和恵作 【smtb-KD】

※模様は唐花文になります。 配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ直径4.8×高9cm 作者井上和恵作 箱木箱 (輪野大) 【コンビニ受取対応商品】【井上和恵】塗師 ※名古屋知立市在住 1969年昭和44年3月生まれ ※師:2代・父の木村表恵に師事 【初代:木村表恵】 ※初代表惠氏(明治41年~平成9年)は京都漆芸家の高橋表清門下である名古屋の漆匠棚橋表光氏に師事し、表惠と名乗る 【二代:木村表恵】 ※2代目は初代を師として昭和38年より技術の習得、研鑽に励み、茶器、香合、菓子器などの作品を制作 ※金鱗会正会員。東海伝統工芸展は昭和61年に初入選以来7回の入選を果たす ・・・・・ ●手法としての【張貫】張抜き, はりぬき, 張貫と書く。 ●張貫は茶器などで形(かた)に紙を張り重ね、その後、形を 抜いたものに塗りを施した漆器を云う。 ※模様は唐花文になります。 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【海田宗恵】 ※愛知一宮の塗師三代目で、主に真塗、一閑塗の茶道具の塗り物を制作しています。 1928年昭和03年 生まれる 1962年昭和32年 木村表恵に師事する

スポンサーリンク
スポンサーリンク