メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「蒸気機関車ナンバープレート」検索結果。

蒸気機関車ナンバープレートの商品検索結果全10件中1~10件目

送料無料
11027 C58形1号機 やまぐち号 天賞堂 真鍮製1/80 16.5mm(HO)ゲージ 蒸気機関車

天賞堂

313,200

11027 C58形1号機 やまぐち号 天賞堂 真鍮製1/80 16.5mm(HO)ゲージ 蒸気機関車

品番 11027ボディ材質:真鍮 最小通過半径:610mm1/80スケール 線路幅16.5mm (HOゲージ)付属ナンバー 1号機(緑・赤・黒)メーカーズプレート・所属札貼り付け済み楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here天賞堂製 C58形 1号機 やまぐち号 C58形は、昭和13年から22年にかけて427両が製造された亜幹線用の蒸気機関車で、 客貨車牽引で活躍していた8620形や9600形の代替機とされました。 外観的特長としてテンダー機関車で初めて密閉キャブタイプを採用、 以後国鉄で製造された蒸気機関車は密閉キャブタイプとなりました。 軸配置は1-C-1のテンダー機関車では国鉄唯一のプレーリー型機関車です。 戦前製造分のテンダーは平底タイプでしたが、戦後に製造されたものは船底タイプに変更されました。 これが戦前型と戦後型との大きな違いです。 幹線の機関車に隠れてやや目立たない印象のC58ですが、 お召し列車の牽引を行ったこともあり、 また昭和55年から59年まで1号機が動態復活し「やまぐち号」を牽引したほか、 昭和62年には363号機が秩父鉄道で動態復活するなど、 動態保存機としても活躍しています。 この製品では、動態保存機として、単機だけでなくC57-1との重連も見られた、 「やまぐち号」を牽引していた頃の姿を模型化しています。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
天賞堂 71020 C62形 15号機 北海道タイプ (カンタム・システム搭載) 1/80 16.5mmゲージ 動力車

天賞堂

93,960

天賞堂 71020 C62形 15号機 北海道タイプ (カンタム・システム搭載) 1/80 16.5mmゲージ 動力車

品番 71020C62は、戦後急速に増大した旅客需要に対応するため、貨物用D52のボイラーを流用して製造された国鉄最大級の旅客用蒸気機関車です。東海道・山陽本線をはじめとする幹線で活躍、末期は函館本線山線での急行ニセコ号牽引が有名になりました。本製品はカンタム・サウンドシステムを搭載しており、実車から収録したリアルなサウンドが手軽にお楽しみいただけます。また別売のカンタムエンジニアを使用することで、より多彩なサウンドをお楽しみいただけます。スケール・ゲージ:ダイキャスト製リアルサウンドシリーズ 16.5mm (HO) ゲージ最小通過半径:R550mm 通過可能ポイント 4番以上付属品:ナンバー(15号機)他※ご注意:常点灯機能付パワーパック、サイリスタ方式(パルス制御)パワーパックは本製品には適しません。また、SL-1でのサウンド操作機能によるサウンド操作はできません。通常の電圧のみで制御する車輌とは全く異なる機構で制御しておりますので、カンタムシステム非搭載の車輌と協調運転することは出来ません。このC62形は最新の第2世代カンタムファームウェアを搭載しています。旧来の当社ダイキャスト製C62形のカンタムファームウェアは第1世代です。従いまして、第2世代と第1世代のC62形を重連時、走行等、動作が完全には同期しない機能があり、また同世代のC62形同士でも、個体差により動作が一致しない場合もありますので、予めご了承願います。楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here

送料無料
天賞堂 71017 C62形 常磐タイプ はつかり牽引機 (カンタム・システム搭載) 1/80 16.5mmゲージ 動力車

天賞堂

93,960

天賞堂 71017 C62形 常磐タイプ はつかり牽引機 (カンタム・システム搭載) 1/80 16.5mmゲージ 動力車

品番 71017C62は、戦後急速に増大した旅客需要に対応するため、貨物用D52のボイラーを流用して製造された国鉄最大級の旅客用蒸気機関車です。東海道・山陽本線をはじめとする幹線で活躍、末期は函館本線山線での急行ニセコ号牽引が有名になりました。本製品はカンタム・サウンドシステムを搭載しており、実車から収録したリアルなサウンドが手軽にお楽しみいただけます。また別売のカンタムエンジニアを使用することで、より多彩なサウンドをお楽しみいただけます。スケール・ゲージ:ダイキャスト製リアルサウンドシリーズ 16.5mm (HO) ゲージ最小通過半径:R550mm 通過可能ポイント 4番以上付属品:ナンバー(8、9、19、21)、標記インレタ、区名札シール、ヘッドマーク受け他※ご注意:常点灯機能付パワーパック、サイリスタ方式(パルス制御)パワーパックは本製品には適しません。また、SL-1でのサウンド操作機能によるサウンド操作はできません。通常の電圧のみで制御する車輌とは全く異なる機構で制御しておりますので、カンタムシステム非搭載の車輌と協調運転することは出来ません。楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here

送料無料
【HOゲージ】天賞堂71019C62形蒸気機関車2号機北海道タイプ(改良製品)《カンタムサウンドシステム搭載》

汽車倶楽部

162,000

【HOゲージ】天賞堂71019C62形蒸気機関車2号機北海道タイプ(改良製品)《カンタムサウンドシステム搭載》

■ 商品説明戦後の旅客用蒸気機関車不足を最小限の予算で解消するために、余剰となった日本で最大の貨物用蒸気機関車・D52のボイラーなどを利用して製造されたのが最大級の急行列車用蒸気機関車・C62形です。昭和23年から24年にかけて49両が製造され、東海道本線、山陽本線、東北本線、常磐線の主役となりました。特に、特急「つばめ」「はと」「はつかり」ではヘッドマークを掲げて運転したので、その牽引機関車はまさに国鉄の花形役者的存在でした。昭和31年11月に東海道本線の全線電化が完成し、一部の機関車が北海道に渡りました。小樽-長万部の勾配区間では重連で急行「まりも」「ていね(ニセコ)」を牽引し、特に2号機はツバメのマークを残していたため、ファンの人気の的でした。C62は昭和46年までにすべて運用から退きましたが、2号機は梅小路蒸気機関車館内で「SLスチーム号」を牽引しています。また、3号機は昭和63年から平成7年まで、小樽-倶知安間で「C62ニセコ号」として運転されました。★☆★カトーのパワーパックなどでもサウンドをお楽しみ頂けます!!★☆★

送料無料
【HOゲージ】天賞堂71017C62形蒸気機関車常磐タイプ「はつかり」牽引機《カンタムサウンドシステム搭載》

汽車倶楽部

140,400

【HOゲージ】天賞堂71017C62形蒸気機関車常磐タイプ「はつかり」牽引機《カンタムサウンドシステム搭載》

■ 商品説明戦後の旅客用蒸気機関車不足を最小限の予算で解消するために、余剰となった日本で最大の貨物用蒸気機関車・D52のボイラーなどを利用して製造されたのが最大級の急行列車用蒸気機関車・C62形です。昭和23年から24年にかけて49両が製造され、東海道本線、山陽本線、東北本線、常磐線の主役となりました。特に、特急「つばめ」「はと」「はつかり」ではヘッドマークを掲げて運転したので、その牽引機関車はまさに国鉄の花形役者的存在でした。昭和31年11月に東海道本線の全線電化が完成し、一部の機関車が北海道に渡りました。小樽-長万部の勾配区間では重連で急行「まりも」「ていね(ニセコ)」を牽引し、特に2号機はツバメのマークを残していたため、ファンの人気の的でした。C62は昭和46年までにすべて運用から退きましたが、2号機は梅小路蒸気機関車館内で「SLスチーム号」を牽引しています。また、3号機は昭和63年から平成7年まで、小樽-倶知安間で「C62ニセコ号」として運転されました。★☆★カトーのパワーパックなどでもサウンドをお楽しみ頂けます!!★☆★

送料無料
【HOゲージ】天賞堂73012DD51形ディーゼル機関車800番代 2次型(808~854号機)《カンタムサウンドシステム搭載》

汽車倶楽部

86,400

【HOゲージ】天賞堂73012DD51形ディーゼル機関車800番代 2次型(808~854号機)《カンタムサウンドシステム搭載》

【実車ガイド】DD51は、国鉄の非電化区間で蒸気機関車を置き換えるために開発された液体式ディーゼル機関車です。1962年(昭和37年)に試作機が登場し、東北本線などで長期試験が行なわれたのち、1964年(昭和39年)には、その実績をもとに改良して量産が始まりました。台枠の上に箱型車体を置き、その両端に運転室があるという、それまでの本線用機関車の常識とはまったく異なり、両側にはそれぞれエンジンを格納したボンネットが設けられ、中央部に運転室が置かれています。国鉄では使い勝手のいい機関車として各地で受け入れられ、1978年(昭和53年)までの間に649輌が製造されましたが、使用線区や製造年次によって多くの変更が施され、趣味的にもたくさんのバリエーションが存在します。今回の製品は、貨物列車専用として列車暖房用の蒸気発生装置搭載を省略したグループを中心に模型化しました。他の仕様と区別するため、番号が801からつけられましたが、899まで達したところで1800番代に飛び、最終的には1805までの104輌が製造されています。他のグループとの外観的な大きな違いは、運転室から蒸気発生装置がなくなったため、側窓の向こうが透けて見えることや、運転室側面のルーバーがなくなったことなどが挙げられます。JR発足のときに、多くはJR貨物に所属しましたが、中には旅客鉄道に所属した機関車もあり、例えば御召列車を牽引した経歴を持つ842号機は、2011年(平成23年)現在もJR東日本の高崎車両センターにあって、臨時列車などを牽いています。【今回製品の特徴】・SG非搭載車(800番代)をラインナップするためキャブ部分を全面改良。今回製作したSG搭載グループ(73009、73010、73011)も同仕様。・キャブライトの光源を、800番代の広く素通しのキャブを再現するためS...

送料無料
56019 キハ17 一般色 寒地型(天賞堂 プラスティック製 HO(16.5mm)ゲージ 気動車)

天賞堂

19,980

56019 キハ17 一般色 寒地型(天賞堂 プラスティック製 HO(16.5mm)ゲージ 気動車)

品番 56019ボディ材質:プラスティック車番インレタ(キハ17 248、キハ17 263、キハ17 269、キハ17 280)、所属表記インレタ(室蘭、八戸、弘前、小牛田)検査表記インレタ、幌、ジャンパ、ジャンパ栓、スノープロー(単線用・複線用)、カバ-付きエンジン・ラジエーター付属楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here天賞堂・プラスティック製HOゲージ キハ17形 標準色 寒地型 昭和28年から量産された、初の量産液体式気動車であるキハ10系は、 広く全国に配置され、非電化区間の無煙化が推進されました。 また、液体変速機の採用により重連総括制御が容易になったことにより その後多くの気動車形式が起こされることになり、 本系列がそれらの礎となりました。 キハ10系開発当初は機関の出力が小さく、またモノコック構造の技術が確立していなかったため、 車体軽量化のため車体幅を抑えると共に内装を簡略化しており、 それが本系列の特徴となっています。 キハ17はトイレつき片運転台車で、本系列の中核を為す形式です。 この製品では、北海道や東北地方に配備された車輌を模型化しております。 前面窓のデフロスタを表現すると共に、 カバー付きのエンジン・ラジエーターパーツを添付しております。

送料無料
56018 キハ17 一般色 シールドビーム(天賞堂 プラスティック製 HO(16.5mm)ゲージ 気動車)

天賞堂

19,980

56018 キハ17 一般色 シールドビーム(天賞堂 プラスティック製 HO(16.5mm)ゲージ 気動車)

品番 56018ボディ材質:プラスティック車番インレタ(キハ17 218、キハ17 226、キハ17 228、キハ17 238、キハ17 245、キハ17 252、キハ17 256、キハ17 316)、所属表記インレタ(真岡、千葉、高崎第一、八王子、美濃太田、亀山、福知山、岡山、浜田、厚狭、小郡、岩国、直方、早岐、佐賀、長崎、都城、鹿児島、吉松、志布志)検査表記インレタ、幌、ジャンパ、ジャンパ栓、スノープロー(単線用・複線用)付属楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here天賞堂・プラスティック製HOゲージ キハ17形 標準色 シールドビーム 昭和28年から量産された、初の量産液体式気動車であるキハ10系は、 広く全国に配置され、非電化区間の無煙化が推進されました。 また、液体変速機の採用により重連総括制御が容易になったことにより その後多くの気動車形式が起こされることになり、 本系列がそれらの礎となりました。 キハ10系開発当初は機関の出力が小さく、またモノコック構造の技術が確立していなかったため、 車体軽量化のため車体幅を抑えると共に内装を簡略化しており、 それが本系列の特徴となっています。 キハ17はトイレつき片運転台車で、本系列の中核を為す形式です。 この製品では、ヘッドライトが2灯シールドビーム化された後の姿を模型化致しております。

送料無料
[鉄道模型]天賞堂 (HO) 71018 C62形 常磐タイプ ゆうづる牽引機【ダイキャスト製 カンタム・サウンドシステム搭載】 [テンシヨウドウ71018 C62ユウヅル]【返品種別B】【送料無料】

Joshin web 家電とPCの大型専門店

89,262

[鉄道模型]天賞堂 (HO) 71018 C62形 常磐タイプ ゆうづる牽引機【ダイキャスト製 カンタム・サウンドシステム搭載】 [テンシヨウドウ71018 C62ユウヅル]【返品種別B】【送料無料】

在庫状況:入荷次第出荷□「返品種別」について詳しくはこちら□2015年02月 発売※ご注意常点灯機能付パワーパック、サイリスタ方式(パルス制御)パワーパックは本製品には適しません。また、SL-1でのサウンド操作機能によるサウンド操作はできません。通常の電圧のみで制御する車輌とは全く異なる機構で制御しておりますので、カンタムシステム非搭載の車輌と協調運転することは出来ません。【商品紹介】天賞堂のダイキャスト製塗装済完成品HOゲージ車両、C62形 常磐タイプ ゆうづる牽引機【カンタム・サウンドシステム搭載】です。C62は、戦後急速に増大した旅客需要に対応するため、貨物用D52のボイラーを流用して製造された国鉄最大級の旅客用蒸気機関車です。東海道・山陽本線をはじめとする幹線で活躍、末期は函館本線山線での急行ニセコ号牽引が有名になりました。本製品はカンタム・サウンドシステムを搭載しており、実車から収録したリアルなサウンドが手軽にお楽しみいただけます。また別売のカンタムエンジニアを使用することで、より多彩なサウンドをお楽しみいただけます。【商品仕様】スケール:1/80 16.5mm商品種別:車両完成品(塗装済)材質:ダイキャスト製モーター:搭載カンタムサウンドシステム:搭載付属品:ナンバー(23、24)、標記インレタ、区名札シール、ヘッドマーク受け他【新製品・予約商品】オススメ商品はこちら!カトー KATO (Nゲージ) 10-1363 289系「くろしお」6両基本セット 詳しくはこちらカトー KATO (Nゲージ) 10-1364 289系「くろしお」3両増結セット 詳しくはこちらトミックス TOMIX (Nゲージ) 98215 JR 485系特急電車(上沼垂色・白鳥)5両基本セットA 詳しくはこちらカトー KATO (Nゲージ) 10...

送料無料
56031 キハ26 急行色 雨樋クリーム 2灯シールドビーム 天賞堂 プラスティック製 HO(16.5mm)ゲージ 気動車

天賞堂

21,060

56031 キハ26 急行色 雨樋クリーム 2灯シールドビーム 天賞堂 プラスティック製 HO(16.5mm)ゲージ 気動車

品番 56031ボディ材質:プラスティック車番インレタ(キハ26 178、キハ26 225、キハ26 231、キハ26 258)、所属表記インレタ(美濃太田、郡山、秋田、長崎、高松)検査表記インレタ、幌、ジャンパ、ジャンパ栓、スノープロー(複線用)付属楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here天賞堂・プラスティック製HOゲージ キハ26形 急行色雨樋クリーム 2灯シールドビーム キハ55系は、昭和31年から準急列車に使用するために製造された気動車です。 当時東武鉄道と熾烈な競争が行われていた上野-日光間の準急「日光」に投入され、 従来に対し大幅な所要時間の短縮と居住性の向上が図られました。 その後、全国各地で準急列車、急行列車に使用され 非電化線区のサービス向上に大きく寄与しましたが、 準急列車の急行列車への格上げや、急行型として新製されたキハ58系列の登場により、 昭和40年代には多くが普通列車に転用されました。 キハ26は、エンジンを1つ搭載した車輌で、 平坦線を中心に使用されました。 この製品では、ヘッドライトが2灯シールドビームになった、 普通列車に使用されていた晩年の姿を模型化しております。 この頃には、雨樋の赤色塗装が省略されています。

送料無料
56032 キハ26 400 急行色 雨樋クリーム 2灯シールドビーム 天賞堂 プラスティック製 HO(16.5mm)ゲージ 気動車

天賞堂

21,060

56032 キハ26 400 急行色 雨樋クリーム 2灯シールドビーム 天賞堂 プラスティック製 HO(16.5mm)ゲージ 気動車

品番 56032ボディ材質:プラスティック車番インレタ(キハ26 403、キハ26 417、キハ26 435、キハ26 460)、所属表記インレタ(千葉、新潟、福知山、米子、秋田、鹿児島)検査表記インレタ、幌、ジャンパ、ジャンパ栓、スノープロー(複線用)付属楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here天賞堂プラスティック製HOゲージ キハ26形 400番代急行色雨樋クリーム 2灯シールドビーム キハ55系は、昭和31年から準急列車に使用するために製造された気動車です。 当時東武鉄道と熾烈な競争が行われていた上野-日光間の準急「日光」に投入され、 従来に対し大幅な所要時間の短縮と居住性の向上が図られました。 その後、全国各地で準急列車、急行列車に使用され 非電化線区のサービス向上に大きく寄与しましたが、 準急列車の急行列車への格上げや、急行型として新製されたキハ58系列の登場により、 昭和40年代には多くが普通列車に転用されました。 キハ26-400は、キロ28などと接客設備差が生じたために キロ25を格下げした車輌です。 普通車に格下げされた後も接客設備はそのままでした。 九州に所属の車輌はのちロングシートに改造され600番代に再度改番されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク