メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「葛飾北斎富嶽」検索結果。

葛飾北斎富嶽の商品検索結果全154件中1~60件目

駿州江尻 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵

Transit store

9,180

駿州江尻 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画駿州江尻はこちらのページでお求めいただけます。あらゆる物の動きで、北斎は目に見えない風を表現しました。道ゆく誰もが一陣の突風に飛ばされんばかり、体を支えるのさえやっとという描写の巧みさは北斎ならではの技量です。いかに強風かが効果的に描かれている一方、富士山だけは平然としている。そのコントラストが自然の偉大さを表現しています。この絵はイギリスの写真家 Jeff Wallの 「Sudden Gust of Wind」という作品に時を越えて多大なる影響を与えています。【駿州江尻】 (すんしゅう えじり) 【駿州江尻(すんしゅう えじり)】 あらゆる物の動きで、北斎は目に見えない風を表現しました。 道ゆく誰もが一陣の突風に飛ばされんばかり、体を支えるのさえやっとという描写の巧みさは北斎ならではの技量です。いかに強風かが効果的に描かれている一方、富士山だけは平然としている。そのコントラストが自然の偉大さを表現しています。この絵はイギリスの写真家 Jeff Wallの 「Sudden Gust of Wind」という作品に時を越えて多大なる影響を与えています。 揺らぐ天秤の荷物が吹く風の強さを臨場感たっぷりに伝えています。 おもわぬ突風で吹き飛ばされそうになる傘を必死で押える旅人が旅路のリアリティを伝えてくれます。 線画でシンプルに描かれている富士山。シンプルでも存在感があります。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ...

海外で大人気 浮世絵 本所立川 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 本所立川 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画本所立川はこちらのページでお求めいただけます。現在の深川木場と同じく、本所の竪川筋にも木材問屋が多くありました。このあたりを描いたもので佳作のひとつとして数えられています。縦の直線と横の直線を左右からつめて、その間に対岸の問屋街と手前に働く人物を配した北斎ならではの構図です。なによりもこの直線の技巧は秀技で、さらに人物の生き生きした動作の巧みなこと。また北斎独特の遠近法を駆使し、材木の間から見える富士山の姿も素晴らしい。【本所立川】 【本所立川】 現在の深川木場と同じく、本所の竪川筋にも木材問屋が多くありました。 このあたりを描いたもので佳作のひとつとして数えられています。縦の直線と横の直線を左右からつめて、その間に対岸の問屋街と手前に働く人物を配した北斎ならではの構図です。なによりもこの直線の技巧は秀技で、さらに人物の生き生きした動作の巧みなこと。また北斎独特の遠近法を駆使し、材木の間から見える富士山の姿も素晴らしい。 材木を受け取る躍動感ある瞬間を描写しています。 材木を上に投げ渡した瞬間を描写しています。 材木の間から紙まみえる富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え、葛飾派として一派を作り上げるまでになります...

海外で大人気 浮世絵 諸人登山 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 諸人登山 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画諸人登山はこちらのページでお求めいただけます。この絵には富士山の姿は描かれていません。なぜなら、この荒々しい岩肌こそが富士山そのものだからです。この絵は峨々たる山中の富士登山者を描いており、風景画というより風俗画といった方がいいかもしれません。白衣をまとった富士講の人々が白雲をついて登っていく姿のそれぞれに北斎独特の力強よい筆致が見られ、登山の困難が如実に伝わってくるようです。その登山者の心こそ、北斎の富士山に対する尊心のあらわれではないでしょうか。【諸人登山】 (しょにん とざん) 【諸人登山(しょにん とざん)】 この絵には富士山の姿は描かれていません。 なぜなら、この荒々しい岩肌こそが富士山そのものだからです。この絵は峨々たる山中の富士登山者を描いており、風景画というより風俗画といった方がいいかもしれません。白衣をまとった富士講の人々が白雲をついて登っていく姿のそれぞれに北斎独特の力強よい筆致が見られ、登山の困難が如実に伝わってくるようです。その登山者の心こそ、北斎の富士山に対する尊心のあらわれではないでしょうか。 白衣をまとった富士講の人々が黙々と霊峰富士山に登ってゆきます。 梯子をつたって険しい富士に登ります。 片寄せあいながら登山者が休憩を取っています。 ご来光間近の白みはじめた空に朝焼けの雲がたなびいています。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 甲州石班沢 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 甲州石班沢 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画甲州石班沢はこちらのページでお求めいただけます。石班沢は富士川に面した鰍沢あたりの急流を描いた作品です。この絵を見ると一幅の漢画を見る思いがします。激流のなかにつき出た巨巌の上で父子の漁師が綱を打っています。 その構図、その人物の配置、描写にはまことに北斎ならではの緊張感と構図美があります。中景の流れから富士山の厳しい姿への盛り上がりも、前景と調和がとれ、とても美しく仕上がっています。【甲州石班沢】 (こうしゅう かじかざわ) 【甲州石班沢(こうしゅう かじかざわ)】 石班沢は富士川に面した鰍沢あたりの急流を描いた作品です。 この絵を見ると一幅の漢画を見る思いがします。激流のなかにつき出た巨巌の上で父子の漁師が綱を打っています。 その構図、その人物の配置、描写にはまことに北斎ならではの緊張感と構図美があります。中景の流れから富士山の厳しい姿への盛り上がりも、前景と調和がとれ、とても美しく仕上がっています。 漁師の網を打つ姿が富士川の急流をうまく表現しています。 父の傍らで駕籠の中から何かを健気に儒云びする子供。緊張感の中にも穏やかな親子愛を感じます。 激しい波の描写は神奈川沖波裏を思わせます。北斎ならではの巧みな表現です。 藍の濃淡で端麗な姿で表現された富士山 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え...

海外で大人気 浮世絵 日本橋 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 日本橋 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画日本橋はこちらのページでお求めいただけます。江戸日本橋は東海道の起点でもあり、ご存知の通り江戸の中心でした。北斎は日本橋そのものを描かず、橋を往来する人々の姿で街の活気や雑踏を表現しました。こうしたところに北斎の着眼点の素晴らしさを感じます。川を縦に見て、白壁の倉庫を左右対称的に描き、その頂点に千代田城の姿。そこから視線を左へずらすと富士山の遠景。西洋の画法を学んだ北斎が遠近法を巧みに使い、その結果、富士山は際立った存在感を示しています。【江戸日本橋】 (えどにほんばし) 【江戸日本橋(えどにほんばし)】 江戸日本橋は東海道の起点でもあり、ご存知の通り江戸の中心でした。 北斎は日本橋そのものを描かず、橋を往来する人々の姿で街の活気や雑踏を表現しました。こうしたところに北斎の着眼点の素晴らしさを感じます。川を縦に見て、白壁の倉庫を左右対称的に描き、その頂点に千代田城の姿。そこから視線を左へずらすと富士山の遠景。西洋の画法を学んだ北斎が遠近法を巧みに使い、その結果、富士山は際立った存在感を示しています。 橋の上の賑わいが江戸の起点日本橋の活気を伝えてくれます 正面奥に見えるのは江戸の象徴江戸城。存在感は抜群です。 雲の上から覗く富士山。大きさがひときわ際立ちます。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 相州梅沢左 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 相州梅沢左 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画相州梅沢左はこちらのページでお求めいただけます。北斎は自己の澄みきった心境をこの絵で表しています。それは富士山の圧倒的な美しさから伺い知ることができます。この霊山に配して鶴の群を描いている様は、おそらく白々明けの心も澄み渡った北斎の画境といっていいでしょう。薄紅色の雲から富士の稜線の美しさを見せた描写は、46枚中「凱風快晴」に次ぐものです。また画題の「梅沢左」とは、「梅沢庄」の誤彫りでしょう。【相州梅沢庄】 (そうしゅう うめざわのしょう) 【相州梅沢庄(そうしゅう うめざわのしょう)】 北斎は自己の澄みきった心境をこの絵で表しています。 それは富士山の圧倒的な美しさから伺い知ることができます。この霊山に配して鶴の群を描いている様は、おそらく白々明けの心も澄み渡った北斎の画境といっていいでしょう。薄紅色の雲から富士の稜線の美しさを見せた描写は、46枚中「凱風快晴」に次ぐものです。 薄紅色の雲、緑生い茂るやま、そして藍色の富士山。すがすがしいコントラストです。 藍一色で表現された富士山はとてもさわやかな印象です。 鶴の群れが新春のおめでたい雰囲気を演出します。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え...

海外で大人気 浮世絵 従千住花街眺望の不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 従千住花街眺望の不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画従千住花街眺望の不二はこちらのページでお求めいただけます。「武州干住」の田園風景とちがい、同じ干住でも干住の花街の裏手を遠くに見た、街道の賑わいを描いています。街道を進む大名行列の一行の土を踏む足音が聞こえてくるようです。遠くに見える富士山の端麗な姿が、花街とのいい対照を見せてくれます。中景の畑では農作業の休憩中でしょうか、大名行列が街道を行くのを眺める農夫の姿が見えます。春めいているのんびりとした雰囲気が漂う作品です。【従千住花街眺望の不二】 (せんじゅ はなまち よりちょうぼうのふじ) 【従千住花街眺望ノ不二(せんじゅ はなまち よりちょうぼうのふじ)】 「武州干住」の田園風景とちがい、同じ干住でも干住の花街の裏手を遠くに見た、街道の賑わいを描いています。 街道を進む大名行列の一行の土を踏む足音が聞こえてくるようです。遠くに見える富士山の端麗な姿が、花街とのいい対照を見せてくれます。中景の畑では農作業の休憩中でしょうか、大名行列が街道を行くのを眺める農夫の姿が見えます。春めいているのんびりとした雰囲気が漂う作品です。 端麗ながら存在感のある富士山 街道を進む大名行列の一行の土を踏む足音が聞こえてくるようです。 農作業の手を止め大名行列を眺める農夫。ほのぼのとした雰囲気が流れます。 ひしめきあう家々の向こうに青い空が広がります。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 東海道保土ヶ谷 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 東海道保土ヶ谷 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画東海道保土ヶ谷はこちらのページでお求めいただけます。富士山を眺めながら行く東海道の旅情の楽しさがありありと伝わってくる作品です。宿場、保土ヶ谷を描き、松並木とそれを通して見える富士山の姿。休む駕籠、そしてどこへ行くのか虚無僧の後ろ姿。これら人物の配置もよく、東海道中の姿をなつかしむ心が湧いてきます。色彩も爽やかで、松並木の松の配置の見事さが、全体の画面を生き生きとさせています。【東海道程ケ谷】 (とうかいどう ほどがや) 【東海道程ケ谷(とうかいどう ほどがや)】 富士山を眺めながら行く東海道の旅情の楽しさがありありと伝わってくる作品です。 宿場、保土ヶ谷を描き、松並木とそれを通して見える富士山の姿。休む駕籠、そしてどこへ行くのか虚無僧の後ろ姿。これら人物の配置もよく、東海道中の姿をなつかしむ心が湧いてきます。色彩も爽やかで、松並木の松の配置の見事さが、全体の画面を生き生きとさせています。 道中で休憩をとる駕籠が街道らしさを演出します。 松並木が宿場保土ヶ谷らしさを表しています。 松並木の間から見える雄大な富士山 松の向こう、青のぼかしがその先に広がる空を想像させてくれます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え、葛飾派として一派を作り上げるまでになります。そして北斎の名を不動のものとした『富嶽三十六景...

海外で大人気 浮世絵 江都駿河町三井見世略図 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 江都駿河町三井見世略図 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画江都駿河町三井見世略図はこちらのページでお求めいただけます。素晴らしい春景色の舞台は、現在の日本橋三越。沖天には凧がゆるりと舞い、日本橋駿河町の三井見世を両角にした通りの正面に白雪を頂いた富士山が端然と描かれています。軒先の看板には「現金掛け値なし」という商売口上も描かれ、当時の江戸商家の姿を鮮明に伝えています。瓦の修理をする三人の屋根屋の姿がいかにも動的で、絵をさらに清新なものにしています。風景のなかに働く者の姿を描き込むことで、絵をより身近なものとしてくれています。【江都駿河町三井見世略図】 (こうと するがちょう みつい みせりゃくず) 【江都駿河町三井見世略図(こうと するがちょう みつい みせりゃくず)】 素晴らしい春景色の舞台は、現在の日本橋三越。 沖天には凧がゆるりと舞い、日本橋駿河町の三井見世を両角にした通りの正面に白雪を頂いた富士山が端然と描かれています。軒先の看板には「現金掛け値なし」という商売口上も描かれ、当時の江戸商家の姿を鮮明に伝えています。瓦の修理をする三人の屋根屋の姿がいかにも動的で、絵をさらに清新なものにしています。風景のなかに働く者の姿を描き込むことで、絵をより身近なものとしてくれています。 現在の三越の前身である三井越後屋の看板です。 三人の瓦職人の仕事ぶりが作品に躍動感を与えています。 存在感のある雪をまとった富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

海外で大人気 浮世絵 礫川雪ノ旦 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 礫川雪ノ旦 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画.礫川雪ノ旦はこちらのページでお求めいただけます。北斎には珍しい雪景色の一作です。現在の文京区(元の小石川)のあたりを描いた作品で、高台の多い小石川の料亭で男が雪見酒を楽しんでいます。白皚々たる満天地のかなたに、これもすっぽり雪をかぶった富士山の姿が見え、空は雪晴れです。茶屋の女性たちが、その富士の美しさに手をあげて喜んでいる姿が印象的です。中景の流れは江戸川でしょう、高台の下の屋並みの描写も爽やかに描いています。【礫川雪ノ旦】 (こいしかわ ゆきのあした) 【礫川雪ノ旦(こいしかわ ゆきのあした)】 北斎には珍しい雪景色の一作です。 現在の文京区(元の小石川)のあたりを描いた作品で、高台の多い小石川の料亭で男が雪見酒を楽しんでいます。白皚々たる満天地のかなたに、これもすっぽり雪をかぶった富士山の姿が見え、空は雪晴れです。茶屋の女性たちが、その富士の美しさに手をあげて喜んでいる姿が印象的です。中景の流れは江戸川でしょう、高台の下の屋並みの描写も爽やかに描いています。 富士山の美しさに茶屋の女性たちが驚嘆の声を上げている風景画まじまじと伝わってきます。 松や屋根に積もった雪の表現も巧みです。 すっぽり雪をかぶった富士山。その美しさに皆魅了されたのでしょう。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 東海道江尻田子の浦略図 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 東海道江尻田子の浦略図 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画東海道江尻田子の浦略図はこちらのページでお求めいただけます。田子の浦は駿河湾の清水あたりで、ここは富士山が正面に眺められる名所の地です。この絵は三段の構図から構成されています。上段は富士の美しい姿と霞をへだて、中段は浜辺の塩田に働く多くの人々の群、そして下段の前景には海に浮かぶ漁舟と力を入れて漕ぐ漁夫たちの姿が細かく描かれています。しかも北斎一流の海の波がとても躍動的に描かれ、それを乗りきっていく漁舟の動きも動的に素晴らしく表現されています。【東海道江尻田子の浦略図】 (とうかいどう えじり たごのうら りゃくず) 【東海道江尻田子の浦略図(とうかいどう えじり たごのうら りゃくず)】 田子の浦は駿河湾の清水あたりで、ここは富士山が正面に眺められる名所の地です。 この絵は三段の構図から構成されています。上段は富士の美しい姿と霞をへだて、中段は浜辺の塩田に働く多くの人々の群、そして下段の前景には海に浮かぶ漁舟と力を入れて漕ぐ漁夫たちの姿が細かく描かれています。しかも北斎一流の海の波がとても躍動的に描かれ、それを乗りきっていく漁舟の動きも動的に素晴らしく表現されています。 田子の浦の沖から見た雪を頂く富士山。海上から見えるその姿は非常に存在感があります。 浜辺で作業する人の姿が非常に細密に描かれています。 船を漕ぐ人々の躍動感が伝わってきます。 うねる大きな膨らみが荒波を表しています。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し...

海外で大人気 浮世絵 神奈川沖波裏 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 神奈川沖波裏 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画神奈川沖波裏はこちらのページでお求めいただけます。「凱風快晴」「山下白雨」とともに三大役物のひとつであるばかりでなく、世界的にも有名でこれほど多くの人に知られた傑作はありません。大怒濤の逆巻く波の間に、人々の乗る舟のいかに小さく危なげなこと。ダイナミックでスリルに満ちた構図ですが、北斎はその逆巻く波に対し、人々の力を強く打ち出そうとしています。遠景の富士山が静かに見守っているように見えるところが、波と富士の画家といわれた北斎の心なのかもしれません。【神奈川沖波裏】 (かながわおき なみうら) 【神奈川沖浪裏(かながわおき なみうら)】 「凱風快晴」「山下白雨」とともに三大役物のひとつであるばかりでなく、世界的にも有名でこれほど多くの人に知られた傑作はありません。 大怒濤の逆巻く波の間に、人々の乗る舟のいかに小さく危なげなこと。ダイナミックでスリルに満ちた構図ですが、北斎はその逆巻く波に対し、人々の力を強く打ち出そうとしています。遠景の富士山が静かに見守っているように見えるところが、波と富士の画家といわれた北斎の心なのかもしれません。 自然の偉大さを感じる逆巻く波。この波が世界の人々を魅了し続けています。 遠方に小さいながらも波に負けない存在感を放つ富士山。 波間に見える船が自然のダイナミズムを感じさせてくれます。 逆巻く波の中必死に押送船を操る人々に人間の力強さを感じます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し...

海外で大人気 浮世絵 尾州不二見原 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 尾州不二見原 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画尾州不二見原はこちらのページでお求めいただけます。奇抜な構図によって世界的に有名な作品です。中央に大きな桶の円があり、そのなかに現在の名古屋の地から見える富士山が小さく見えるという面白い構図です。しかもこの桶を作っている桶職人の姿を、安定した場所で絵の中心にする幾何学的構図の技巧は北斎の独壇場といっていいでしょう。一生懸命に働く桶職人の姿が生き生きと描かれ、人物画に優れた北斎の典型的な傑作です。そのためでしょうか、本作品は「桶屋の富士」とも呼ばれています。【尾州不二見原】 (びしゅう ふじみがはら) 【尾州不二見原(びしゅう ふじみがはら)】 奇抜な構図によって世界的に有名な作品です。中央に大きな桶の円があり、そのなかに現在の名古屋の地から見える富士山が小さく見えるという面白い構図です。 しかもこの桶を作っている桶職人の姿を、安定した場所で絵の中心にする幾何学的構図の技巧は北斎の独壇場といっていいでしょう。一生懸命に働く桶職人の姿が生き生きと描かれ、人物画に優れた北斎の典型的な傑作です。そのためでしょうか、本作品は「桶屋の富士」とも呼ばれています。 大きな桶の円から望む富士山。北斎ならではの奇抜な構図です。 一心不乱に仕事をする桶職人が作品をより印象的にさせます。 桶の中ら見える富士山。小さいながらもさすがの存在感です。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました...

海外で大人気 浮世絵 武州千住 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 武州千住 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画武州千住はこちらのページでお求めいただけます。荒川は隅田川の上流にあり、その北側に干住があります。宿場町として栄えた千住ですが、この絵は街道から離れた田舎道なのでしょう。よく晴れた空に浮かび上がる富士山の姿に思わず見入る人々を描いています。草を刈った籠を馬の背に積んだ農夫、傍らの入江で釣人が二人。一人はやはり富士を見上げ、もう一人は釣りに夢中であるその姿も、田園風景にほがらかな情緒を与えています。富士山の手前に描かれた水門はいかにも北斎らしい幾何学的な構図になっています。【武州千住】 (ぶしゅう せんじゅ) 【武州千住(ぶしゅう せんじゅ)】 荒川は隅田川の上流にあり、その北側に干住があります。宿場町として栄えた千住ですが、この絵は街道から離れた田舎道なのでしょう。 よく晴れた空に浮かび上がる富士山の姿に思わず見入る人々を描いています。草を刈った籠を馬の背に積んだ農夫、傍らの入江で釣人が二人。一人はやはり富士を見上げ、もう一人は釣りに夢中であるその姿も、田園風景にほがらかな情緒を与えています。富士山の手前に描かれた水門はいかにも北斎らしい幾何学的な構図になっています。 人々もすがすがしい空に見える富士山に思わず見とれてしまいます。 もくもくと釣りに興じる人のどかな当時の雰囲気が伝わってきます。 水門の間から見えるすがすがい空に映える富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

海外で大人気 浮世絵 青山円座松 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 青山円座松 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画青山円座松はこちらのページでお求めいただけます。笠松ともいわれ江戸名所のひとつだった青山竜岩寺の円座の松を題材にした作品です。この絵は構図の妙と描写の細密さで大変優れ、富士山の左の斜線を長くのばした姿と位置、右から左への流れるような円座の松の描写が、配置よく心地のいい構図です。その円座の松の傍らで、数人の町家の男たちが酒盛りをして遊楽にふけっています。ここにだけ動く者を描き込むことで、この絵がまた生きています。【青山円座松】 (あおやま えんざまつ) 【青山円座松(あおやま えんざまつ)】 笠松ともいわれ江戸名所のひとつだった青山竜岩寺の円座の松を題材にした作品です。 の絵は構図の妙と描写の細密さで大変優れ、富士山の左の斜線を長くのばした姿と位置、右から左への流れるような円座の松の描写が、配置よく心地のいい構図です。その円座の松の傍らで、数人の町家の男たちが酒盛りをして遊楽にふけっています。ここにだけ動く者を描き込むことで、この絵がまた生きています 群れる松を一つ一つ丁寧に表現しています。これぞ職人芸ですね。 作品の中心にどっしりと構える富士山 酒盛りをする町人が作品に動きのあるアクセントを出しています。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり...

海外で大人気 浮世絵 東海道金谷の不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 東海道金谷の不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画東海道金谷の不二(とうかいどうかなやのふじ)はこちらのページでお求めいただけます。金谷は東海道の大井川の島田宿と称した宿になります。江戸時代、大井川に橋はなく、旅人は輦台や肩車で川人足の力を借りて渡っていました。その風景を描いたのが本作です。雨上りは水かさも多く、大名行列の駕籠や荷物が輦台で渡り、旅人は人足の肩で渡っています。対岸の島田宿が見え、その左右に蛇籠がつまれています。その奥に富士山が尊大に構え、自然の厳しさと雄大さを表現した一枚になっています。【東海道金谷ノ不二】 (とうかいどうかなやのふじ) 【東海道金谷ノ不二(とうかいどうかなやのふじ)】 金谷は東海道の大井川の島田宿と称した宿になります。 江戸時代、大井川に橋はなく、旅人は輦台や肩車で川人足の力を借りて渡っていました。その風景を描いたのが本作です。雨上りは水かさも多く、大名行列の駕籠や荷物が輦台で渡り、旅人は人足の肩で渡っています。対岸の島田宿が見え、その左右に蛇籠がつまれています。その奥に富士山が尊大に構え、自然の厳しさと雄大さを表現した一枚になっています。 大井川の急流にひるむことなく力強く進む人足 北斎独特の波の描写で大名の駕籠を運ぶ姿がダイナミックに表現されています。 激しい川の流れの奥に尊大に構える富士山。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し...

海外で大人気 浮世絵 五百らかん寺さざえどう 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 五百らかん寺さざえどう 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画五百らかん寺さざえどうはこちらのページでお求めいただけます。五百羅漢寺は本所竪川五つ目(現在の江東区大島町付近)にあり、江戸の名所のひとつでした。「さざい堂」はその寺内にあった三層の堂宇で、ここから富士山を眺望することができ、多くの人で賑わったそうです。描かれているのは、町家の男や子供連れの女房、丁稚、そして札所廻りなどが、堅川越しにくっきりと浮かぶ富士山を楽しんでいるところです。なお、五百羅漢寺は現在、目黒に移転しています。【五百らかん寺さざえどう】 (ごひゃくらかんじ さざいどう) 【五百らかん寺さざゐどう(ごひゃくらかんじ さざいどう)】 五百羅漢寺は本所竪川五つ目(現在の江東区大島町付近)にあり、江戸の名所のひとつでした。 「さざい堂」はその寺内にあった三層の堂宇で、ここから富士山を眺望することができ、多くの人で賑わったそうです。描かれているのは、町家の男や子供連れの女房、丁稚、そして札所廻りなどが、堅川越しにくっきりと浮かぶ富士山を楽しんでいるところです。なお、五百羅漢寺は現在、目黒に移転しています。 ちょっと空いた時間に子連れで富士山を楽しむ女性たち。 人々が愛でる五百羅漢寺から見える富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり...

海外で大人気 浮世絵 下目黒 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 下目黒 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画下目黒はこちらのページでお求めいただけます。田園であった江戸時代の目黒。当時は大名の鷹狩りの遊び場として有名でした。この絵は左右相対に描かれ、その中央に富士山を遠望で描いています。「神奈川沖浪裏」の図法を段畑で用いたように見えます。田夫、田婦、鷹狩りの侍の配置もよく、田舎家と段畑の描写がいささか混み入ってはいますが、これは北斎独特の画法で、鍬をかついだ農夫を高い松の木と対称にすることでバランスの良い絵に仕上げています。【下目黒】 (しもめぐろ) 【下目黒(しもめぐろ)】 田園であった江戸時代の目黒。当時は大名の鷹狩りの遊び場として有名でした。 この絵は左右相対に描かれ、その中央に富士山を遠望で描いています。「神奈川沖浪裏」の図法を段畑で用いたように見えます。田夫、田婦、鷹狩りの侍の配置もよく、田舎家と段畑の描写がいささか混み入ってはいますが、これは北斎独特の画法で、鍬をかついだ農夫を高い松の木と対称にすることでバランスの良い絵に仕上げています。 肩に止まった鷹。目黒が鷹狩で有名だったことを表しています。 鍬を背負った農夫。庶民の生活も垣間見れます。 遠方でありながら存在感のある富士山。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え...

海外で大人気 浮世絵 相州箱根湖水 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 相州箱根湖水 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画相州箱根湖水はこちらのページでお求めいただけます。ここは箱根八里の難所で、旅人の心を慰める芦の湖周辺を描いた作品です。この絵は整然と描かれていますが、画面にかなり多くの霞を用いるあたりは北斎のひとつの試みといってよく、これが端正な風景を作り出しています。右手には箱根神社が描かれ、それに対し白雲に覆われた富士山の姿は、まこと静かな情景を生み出しています。なお、この霞の多用は北斎が大和絵を兼修した、その片鱗がここに表れたものです。【相州箱根湖水】 (そうしゅう はこね こすいず) 【相州箱根湖水(そうしゅう はこね こすいず)】 ここは箱根八里の難所で、旅人の心を慰める芦の湖周辺を描いた作品です。 この絵は整然と描かれていますが、画面にかなり多くの霞を用いるあたりは北斎のひとつの試みといってよく、これが端正な風景を作り出しています。右手には箱根神社が描かれ、それに対し白雲に覆われた富士山の姿は、まこと静かな情景を生み出しています。なお、この霞の多用は北斎が大和絵を兼修した、その片鱗がここに表れたものです。 木々の中から見えるのは箱根神社です。 木々の緑と湖の青が自然の絶妙な調和を生み出しています。 頂きに多くの雪をまとった富士山。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり...

海外で大人気 浮世絵 東都駿台 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 東都駿台 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画東都駿台はこちらのページでお求めいただけます。夏の暑い午後を描写した一枚です。緑の土坡、樹木がうだるような暑さを見せています。現在の神田にあたる駿河台の坂を行商人、六部、商人、侍たちが、暑い日ざしの中を行き来しています。遠景に見える富士山も夕焼けのなかで熱をもったような熱さを感じます。また右手前の家の屋根も熱く乾いているようです。夏の暑さを描写して、ここまで表現出来るのはやはり北斎であると感心してしまいます。【東都駿台】 (とうと するがだい) 【東都駿台(とうと するがだい)】 夏の暑い午後を描写した一枚です。 緑の土坡、樹木がうだるような暑さを見せています。現在の神田にあたる駿河台の坂を行商人、六部、商人、侍たちが、暑い日ざしの中を行き来しています。遠景に見える富士山も夕焼けのなかで熱をもったような熱さを感じます。また右手前の家の屋根も熱く乾いているようです。夏の暑さを描写して、ここまで表現出来るのはやはり北斎であると感心してしまいます。 大名屋敷にむかうであろう武士一行が往来の賑やかさを演出しています。 山の際から見える武家屋敷の屋根。一体に数多く武家屋敷があることを連想させます。 屋根の際から見える控え目ながら存在感のある富士山。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 甲州三坂水面 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 甲州三坂水面 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画甲州三坂水面はこちらのページでお求めいただけます。河口湖北側にある三坂峠からの「さかさ富士」を絵にした作品です。湖面は波ひとつなく静かで、その水面に裏富士がくっきりと写っています。湖畔の民家もひっそりと眠る早暁の感じが、湖水にたった1艘浮かぶ漁舟の姿から読み取れます。「さかさ富士」は北斎の奇智にとんだ構図で見る人の目を楽しませてくれます。おそらく夏の風景ではありますが、湖に浮かぶ「さかさ富士」は雪をいただき、こうしたところに北斎のユーモアを感じます。【甲州三坂水面】 (こうしゅう みさか すいめん) 【甲州三坂水面(こうしゅう みさか すいめん)】 河口湖北側にある三坂峠からの「さかさ富士」を絵にした作品です。 湖面は波ひとつなく静かで、その水面に裏富士がくっきりと写っています。湖畔の民家もひっそりと眠る早暁の感じが、湖水にたった1艘浮かぶ漁舟の姿から読み取れます。「さかさ富士」は北斎の奇智にとんだ構図で見る人の目を楽しませてくれます。おそらく夏の風景ではありますが、湖に浮かぶ「さかさ富士」は雪をいただき、こうしたところに北斎のユーモアを感じます。 波ひとつない湖面に美しく映るさかさ富士は雪をまとっています。こんなところにも北斎の遊び心を感じます。 雄大に構える夏の富士山 ひっそりと湖面に浮かぶ一艘の船がひっそりとした早朝の雰囲気を伝えてくれます。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

海外で大人気 浮世絵 上総の海路 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 上総の海路 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画上総の海路はこちらのページでお求めいただけます。現在の東京湾浦賀水道から描かれた絵です。一見、帆に風をはらんだ大船を中央に描いただけの単純な絵に見えますが、これは佳作のひとつでもあります。水平線を湾曲に描いて大海の広さを示したり、いかにも波静かな上総の海上から水平線と遠い浦廻をはるかに描き、その中央に富士山の姿が、ここより他のどこにも動かせない位置に描かれています。あらためて富士山の存在感を感じさせてくれる、北斎の絶妙なセンスが随所にあらわれた作品です。【上総海路】 (かずさのかいじ) 【上総海路(かずさのかいじ)】 現在の東京湾浦賀水道から描かれた絵です。一見、帆に風をはらんだ大船を中央に描いただけの単純な絵に見えますが、これは佳作のひとつでもあります。 水平線を湾曲に描いて大海の広さを示したり、いかにも波静かな上総の海上から水平線と遠い浦廻をはるかに描き、その中央に富士山の姿が、ここより他のどこにも動かせない位置に描かれています。あらためて富士山の存在感を感じさせてくれる、北斎の絶妙なセンスが随所にあらわれた作品です。 遠方に小さいながらも存在感を放つ富士山 当時の海運で使われていた弁才船の中で働く人が窓越しに見ることができます。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 登戸浦 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 登戸浦 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画登戸浦はこちらのページでお求めいただけます。今は工業地帯になってしまいましたが、登戸は干葉県千葉市の海岸になります。ここは汐干狩の名所で、江戸からも行楽の人々が多かったようです。また、築地への荷を運ぶ湊の要所であり、当時の海上輸送の拠点でもありました。富士山はまだ春雪につつまれて彼方に遠く美しく見えます。汐干狩の人々のそれぞれの動作が面白く、いかにも愉しげです。海岸の丘陵の上に登戸神社があり、海中の鳥居はこの神社のもので、9月5日の祭礼には神社の神輿が海に入ります。【登戸浦】 (のぼとのうら) 【登戸浦(のぼとのうら)】 今は工業地帯になってしまいましたが、登戸は干葉県千葉市の海岸になります。ここは汐干狩の名所で、江戸からも行楽の人々が多かったようです。 また、築地への荷を運ぶ湊の要所であり、当時の海上輸送の拠点でもありました。富士山はまだ春雪につつまれて彼方に遠く美しく見えます。汐干狩の人々のそれぞれの動作が面白く、いかにも愉しげです。海岸の丘陵の上に登戸神社があり、海中の鳥居はこの神社のもので、9月5日の祭礼には神社の神輿が海に入ります。 潮干狩りをする人々から愉しげな雰囲気が伝わってきます。 潮干狩りする母親たちの周りで遊ぶ子供たち。この風景はいつの時代も変わりません。 鳥居越しに見える富士山はシンプルながらもさすがの存在感です。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

葛飾 北斎 「無題」 A1【中古】

セレブbyエンデバー

270,000

葛飾 北斎 「無題」 A1【中古】

※当店は返品・交換できませんのでお買い物ガイド「商品ランクについて」「商品についての注意事項」を必ずお読みの上ご利用下さい。ITEM SPECブランド葛飾 北斎商品名 無題シリーズ・品番 -カラー 春画素材 -サイズ 絵サイズ:約28.4cm×約19.5cm 額サイズ:約47cm×約38.5cm付属品 -参考価格 ¥-商品ランク中古A1ランクコメント 葛飾 北斎(かつしか ほくさい、葛飾 北齋[1]、宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉? - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉)とは、江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人。代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家である。「かつしか 弁慶も 小町むすめも ばかで なきゃア」このサイトで出品中の場合でも、店頭や他のショッピングサイトにて売り切れになり、このサイトの「SOLD OUT」の処理が遅れることがございます。その場合、このサイトでご注文を頂いても、やむをえずキャンセル処理させて頂きますのでご了承ください。 ご購入後、楽天市場から送られる自動配信メールではなく、必ず弊社からお送り致しますご案内メールをご確認頂きます様お願い致します。また、代引き決済ご利用の場合、当店からのご案内メール確認後、お客様からご発送依頼のご連絡を頂いてからの発送となります。 H9C7

海外で大人気 浮世絵 (特大版 額あり)神奈川沖波裏  富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

30,240

海外で大人気 浮世絵 (特大版 額あり)神奈川沖波裏 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画神奈川沖波裏(特大版 額あり)はこちらのページでお求めいただけます。「凱風快晴」「山下白雨」とともに三大役物のひとつであるばかりでなく、世界的にも有名でこれほど多くの人に知られた傑作はありません。大怒濤の逆巻く波の間に、人々の乗る舟のいかに小さく危なげなこと。ダイナミックでスリルに満ちた構図ですが、北斎はその逆巻く波に対し、人々の力を強く打ち出そうとしています。遠景の富士山が静かに見守っているように見えるところが、波と富士の画家といわれた北斎の心なのかもしれません。【神奈川沖波裏(特大版 額あり)】 【神奈川沖波裏(特大版 額あり)】 「凱風快晴」「山下白雨」とともに三大役物のひとつであるばかりでなく、世界的にも有名でこれほど多くの人に知られた傑作はありません。 大怒濤の逆巻く波の間に、人々の乗る舟のいかに小さく危なげなこと。ダイナミックでスリルに満ちた構図ですが、北斎はその逆巻く波に対し、人々の力を強く打ち出そうとしています。遠景の富士山が静かに見守っているように見えるところが、波と富士の画家といわれた北斎の心なのかもしれません。 自然の偉大さを感じる逆巻く波。この波が世界の人々を魅了し続けています。 遠方に小さいながらも波に負けない存在感を放つ富士山。 波間に見える船が自然のダイナミズムを感じさせてくれます。 逆巻く波の中必死に押送船を操る人々に人間の力強さを感じます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し...

海外で大人気 浮世絵 (特大版 額あり)凱風快晴  富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

30,240

海外で大人気 浮世絵 (特大版 額あり)凱風快晴 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画凱風快晴(特大版 額あり)はこちらのページでお求めいただけます。浅草本願寺は一名西本願寺といわれ、築地本願寺の別院になります。この絵は本堂の大屋根を思いきって右に寄せた構図が特長です。その大屋根の上で働く瓦職人の姿はとても小さく、大屋根との対照比の面白さを感じ、遥か下に浅草の町並みが見え、大屋根の高さをも思わせます。凧がひとつ、これさえも大屋根には及びません。しかし富士山は、大屋根に対してゆるぎない位置に描かれ、尊大な存在感を保っています。【凱風快晴(特大版 額あり)】 【凱風快晴(特大版 額あり)】 北斎の最高傑作といわれるこの絵は、世界的にも大変有名な作品です。。 「富嶽三十六景」のなかで、「神奈川沖浪裏」「山下白雨」とともに三大名作のひとつに数えられています。描かれている「赤富士」は早朝に見られる現象で、広々とした晴天の青空に鱗雲のたなびき、赤みを帯びた山肌を抱く大富士の景観をあますことなく表現し、見る者の心に感動を揺り動かします。それをわずか三色で表現する北斎の技量に、彼の偉大なる精神力を感じます。 開運の象徴とも言われる赤く染まった印象的な富士 青空にたなびく雲がすがすがしい夏の雰囲気を伝えてくれます。 卓越した技術で鬱蒼とした樹海の雰囲気を表現しています。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 御厩川岸より両國橋夕陽見 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 御厩川岸より両國橋夕陽見 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画御厩川岸より両國橋夕陽見はこちらのページでお求めいただけます。本所の御廐川岸から浅草への渡し舟を中心に、乗合の人々をさまざまな姿で巧みに描いています。遠くに見える両国や対岸の浅草側もすべて夕陽のなか、逆光線で描かれています。西の空のタ焼けに染まった富士山も同様に逆光線で描かれ、藍色に染まっています。波の描写は北斎の十八番。岸辺近くのうねりも巧みに表現し、今まさに漕ぎ出だす舟の躍動感を感じさせてくれるのに、不思議と静かで柔らかな印象さえ受ける作品です。【御厩川岸より両國橋夕陽見】 (おんまやがしより りょうごくばし ゆうひみ) 【御厩川岸より両国橋夕陽見(おんまやがしより りょうごくばし ゆうひみ)】 本所の御廐川岸から浅草への渡し舟を中心に、乗合の人々をさまざまな姿で巧みに描いています。 遠くに見える両国や対岸の浅草側もすべて夕陽のなか、逆光線で描かれています。西の空のタ焼けに染まった富士山も同様に逆光線で描かれ、藍色に染まっています。波の描写は北斎の十八番。岸辺近くのうねりも巧みに表現し、今まさに漕ぎ出だす舟の躍動感を感じさせてくれるのに、不思議と静かで柔らかな印象さえ受ける作品です。 豊かな川の流れを丁寧に描いています。 乗合いの船のの賑わいと川に手拭いを浸す人。ちょっとしたところに北斎の遊び心が反映されています。 逆行線でシルエットで描かれている富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

葛飾北斎『富嶽三十六景~相州箱根湖水』木版画【A366】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付き 箱付き 木版画 葛飾北斎 ■現品限り

ココクレアcococlea

7,215

葛飾北斎『富嶽三十六景~相州箱根湖水』木版画【A366】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付き 箱付き 木版画 葛飾北斎 ■現品限り

商品の詳細 作家名 葛飾北斎 作品名 富嶽三十六景~相州箱根湖水 技法 木版画 額寸 379×288 (mm) 絵寸 285×195(mm) 良好 額付き 箱付き 作家略歴 葛飾北斎(かつしかほくさい)1760(宝暦十年)誕生1778(安永七年)19歳、勝川春章に師事、春朗と号す。黄表紙のさし絵や役者絵をかく。 1780-1800(天明・寛政のころ) 歌川豊春、司馬江漢の影響を受け、洋風技法を学び、遠近法、陰影法の研究を続ける。 1801(享和一年)洋風技法による『くだんうしがふち』『たかはしのふじ』などの「ひらがながき」の洋風版画をかいた。横文字でかいたようにみえるサインがある。 1823(文政六年)『富嶽三十六景』をかきはじめる。 1834(天保五年)『富嶽百景』をかきはじめる。 1849(嘉永二年)北斎没、享年九十歳。作品は三万枚を超えるが『富嶽百景』は完結せず。・タイトル 相州箱根湖水(View from the lake at Hakone in Sagami Province)箱根八里の難所で旅人の心を慰める芦の湖辺を描いた作。この絵は整然と描かれているが、画面にかなり多く用いた霞は、北斎の一つの試みといってよく、これが端正た画面を作り出している。 右手には箱根神社が描かれ、それに対して白雲に被われた富士の姿、まことに静かな情景である。なおこの霞の多用は北斎が大和絵を兼修した、その片鱗がここに現われたものである。・技法 手摺木版 復刻版 ・ED -・作品の状態 少々、経年しています。 約50年前に草木から採った顔料で刷り込んでおり、少々経年しておりますが、現在の化学顔料と比べますと、やわらかい仕上がりで味わいがあります。 他の◆葛飾北斎◆作品を検索葛飾北斎『富嶽三十六景~相州箱根湖水』木版画・【版画・絵画・美術品】

葛飾北斎『富嶽三十六景~東海道吉田』木版画【A369】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付き 箱付き 木版画 葛飾北斎 東海道 ■現品限り

ココクレアcococlea

7,215

葛飾北斎『富嶽三十六景~東海道吉田』木版画【A369】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付き 箱付き 木版画 葛飾北斎 東海道 ■現品限り

商品の詳細 作家名 葛飾北斎 作品名 富嶽三十六景~東海道吉田 技法 木版画 額寸 379×288 (mm) 絵寸 285×195(mm) 良好 額付き 箱付き 作家略歴 葛飾北斎(かつしかほくさい)1760(宝暦十年)誕生1778(安永七年)19歳、勝川春章に師事、春朗と号す。黄表紙のさし絵や役者絵をかく。 1780-1800(天明・寛政のころ) 歌川豊春、司馬江漢の影響を受け、洋風技法を学び、遠近法、陰影法の研究を続ける。 1801(享和一年)洋風技法による『くだんうしがふち』『たかはしのふじ』などの「ひらがながき」の洋風版画をかいた。横文字でかいたようにみえるサインがある。 1823(文政六年)『富嶽三十六景』をかきはじめる。 1834(天保五年)『富嶽百景』をかきはじめる。 1849(嘉永二年)北斎没、享年九十歳。作品は三万枚を超えるが『富嶽百景』は完結せず。・タイトル 東海道吉田(View from Yoshida on Tokaido Highway)人物が主である。東海道の吉田は今の豊橋。そこの不二見茶屋から遠く富士を眺めた図で、茶屋に休む旅人たちの姿が、自由自在に如実に描かれて気分が出ている。 ことに富士を見る2入の旅の女の姿が秀逸で、文政時代の北斎の女性描写の特色がよく出ている。茶托をもつ女中の立姿もやはり北斎一流である。男の2人の旅人 のつかれて一休みする姿態も巧みで、いかにも真に迫っている。・技法 手摺木版 復刻版 ・ED -・作品の状態 少々、経年しています。約50年前に草木から採った顔料で刷り込んでおり、少々経年しておりますが、現在の化学顔料と比べますと、やわらかい仕上がりで味わいがあります。 他の◆葛飾北斎◆作品を検索葛飾北斎『富嶽三十六景~東海道吉田』木版画・【版画・絵画・美術品】

日本のお土産・贈り物に高品質の復刻浮世絵葛飾北斎「江都駿河町三井見世略図」(富嶽三十六景)

浮世絵のアダチ版画

14,040

日本のお土産・贈り物に高品質の復刻浮世絵葛飾北斎「江都駿河町三井見世略図」(富嶽三十六景)

 仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ 26.0 × 38.5 cm  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説 日本語/英語  納期注文日より3営業日以内に発送 日時指定OK 詳細 >>  在庫あり  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料 国内 一律700円(3万円以上無料)  海外 実費 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応   【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】  備考浮世絵専用額をお持ちのお客様  絵の差し替えのご案内 >>    江都駿河町三井見世略図 葛飾 北斎     中央の店舗は現在の日本橋三越です。季節は、お正月。通りをはさんで建つ越後屋の店舗、その間から見える富士、屋根の上の瓦職人。全てが絶妙なバランスを保っています。北斎の筆使いが冴えわたった1品です。          ■浮世絵サイズ:26.0 × 38.5 cm      ■お正月のインテリアに ■中央区(日本橋)にお勤めの方に★★★★★ ★★★     

スポンサーリンク
スポンサーリンク