メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「草木染生地」検索結果。

草木染生地の商品検索結果全91件中1~60件目

【丹後直送品】おびあげ白生地縮緬A格。帯揚げ染加工用風合い柔らかな丹後正絹一越し鬼シボ生地ロングサイズ1枚(30cm幅×160cm)ちりめん人形・草木染めスカーフにもお奨め。シルク100%...

MAYUKO絹工房

2,138

【丹後直送品】おびあげ白生地縮緬A格。帯揚げ染加工用風合い柔らかな丹後正絹一越し鬼シボ生地ロングサイズ1枚(30cm幅×160cm)ちりめん人形・草木染めスカーフにもお奨め。シルク100%...

※500円追加でスカーフ三巻縫製いたします。価格改定のお知らせ 昨年からの世界的な農作物の価格高騰により、シルク原料生糸も値上がりが続しております。 この度、丹後の正絹白生地につきましても上質のシルク生糸を使用している関係上、値上げをせざるを得ない状況となりました。 つきましてはH25年6月1日より1枚 1,980円に値上げをさせて頂くこととなりました。 ご理解の程お願いし申し上げます。 mayuko collection 今井真知子 和小物手芸や帯揚げ用の白生地です 1枚 33cm幅×160cm( 草木染めハンカチ・ストールなどにも使えます ) 縮緬のシボ無地です。 33cm幅のシルク生地。単価は160cm物1,980円です。登録商標【丹後ちりめん】正絹特選生地京都府与謝野町岩滝、高美機業場で織り上げています。 奈良時代から織りつがれる丹後の里 織り上げてからの精練加工によって横糸の縮む力で出来る左のようなシボの柄が特徴です。 横糸に撚りをかける八丁撚糸機 丹後ちりめん織元の今井英之です。お客様からのご注文の品物を心を込めて織り上げています。引き出物や記念品、法事などは、数量に応じて卸売値引きいたしますので、ご遠慮なくメール又はお電話ください。 草木染の方法 印刷用A4版のPDFファイル (1)鍋に染める布の重さの約20~30倍の水を入れ火にかける。(100gの布なら2~3Lの水) 草木を水から入れ15分位煮出す。(木の枝なら30分以上) バケツにザルをのせ布を敷いて鍋の中身を濾す。[一番液] 布に残った草木をもう一度鍋に入れて水を入れ同様に二回目の染料を作る。[二番液] 二回分の染料を合わせ鍋に入れ火にかける。 ※草木によって煮出す回数が異なります。(2~10回) (2)染める布をよく絞って染料に浸し...

登録商標・丹後ちりめん・半衿(はんえり)正絹丹後ちりめん使用、クローバー柄SILK100%黄変防止加工済寸法15cm×95cm京都・丹後の日本製

MAYUKO絹工房

1,706

登録商標・丹後ちりめん・半衿(はんえり)正絹丹後ちりめん使用、クローバー柄SILK100%黄変防止加工済寸法15cm×95cm京都・丹後の日本製

シルク生地は、精練後3か月目くらいから生成り色に酸化黄変してきますが、この締め生地は【サニーライク加工】という黄変防止加工済です。いつまでも純白の白生地です。 ◎正絹丹後ちりめん使用、耳付き最高級半衿(はんり)サイズ95cm×15cm◎丹後製造品。SILK100%丹後ちりめんの半衿、ギフト・贈呈に推薦の商品です。草木染にも使えます。リボン結びスカーフにも使えます。 シルクスカーフ白生地の切り売りはこちらです 草木染め講座 ●準備するもの染める布、※初心者は絹が無難で扱いやすい。高温でもOK。ムラなく染まり、発色も良い 草木(細かく切る)、バケツ、ザル、濾す布、さいばし、鍋(ステンレスかホーロー)、計量カップ、スプーン、ボール(ステンレスかホーロー)、ゴム引き手袋、媒染剤(木酢酸鉄液) =染料屋さんで買える…1ビン500円くらい ★食酢に水と鉄の古釘を入れ煮つめ7~10日放置したものも同様に使える はかり、花ばさみ等。★生地はインターネットで機屋から買う ●布の下準備絹生地や綿・羊毛生地は良く洗い、ぬるま湯に30分位浸しておきます。 ●媒染剤というのは染料の染着性を高めたり、その色調を変化させたりする薬剤である。 ここでは次の2つの媒染剤を紹介します。 1食塩 一般に綿織物など植物繊維に対する染着性を高める。色調は明るく仕上がる。 2木酢酸鉄液 木材を乾留して得られる「木酢」から作った鉄塩。シルク生地の草木染でよく利用され、深みのある色調になる。 ●草木の採集方法採取した植物(染材)はドロなど軽く汚れを洗い落とし、染液が出やすいように刻んでおく。 染材は生の場合、標準で被染物と基本的には同量の重量が必要(乾燥している場合と生の場合で調節が必要) 花だけの場合、茎葉も一緒の場合とでは色が少し違ってくる...

カットクロス 生地 柿渋染め型染め 柄 「柿渋 椿」 日本製 綿スラブ織キャンバス [100cm×108cm]

creareきき

3,000

カットクロス 生地 柿渋染め型染め 柄 「柿渋 椿」 日本製 綿スラブ織キャンバス [100cm×108cm]

・約100cm×108cmのカットクロスです。 ・素材の素朴な風合いを表現するために生地巾はその時々で前後します。 ・多少の織節、擦れ後は自然素材の特徴、特性である為、ご理解ご容赦下さい。 ・天然草木染料を使用しています。 天然染め素材の特性上、汗や水濡れ、摩擦などにより色落ちすることがございますのでご注意下さい。 柿渋は、柿の実が青く「渋」の多い夏期に製造を行います。 当社では柿渋造りに好適な「天王柿」の代表産地「京都山城地方」の柿渋を使用しています。 柿渋の主成分タンニンは、ポリフェノールの一種であらゆる植物に含まれます。 柿タンニンはタンパクの吸着力の強さから、植物界最強のポリフェノールと呼ばれることもあります。 柿渋染めは帆布生地を強く保護し、抗菌、防臭効果に優れ、使い込むほどに味わい深く経年変化する色合いも楽しめます。 商品コード:VY5KS-G1-kt サイズ:100cm×108cm 素材:綿100%柿渋染め[なっ染型染め] 柄:柿渋 椿 用途:ランチマット、カバー、カーテン、のれん、パッチワーク エプロン、風呂敷、帽子、小物入れ、巾着、カバン、バッグ、小物作等 様々な制作にお使い頂けます。

【草木染にも使えます】縫製後に出荷します。シルクシフォンの縫製済みロングの白スカーフ大判ショールsize55cm×200cm,silk100%北陸製の上質白生地を使用。黄ばまない黄変防止加工は1800...

MAYUKO絹工房

3,780

【草木染にも使えます】縫製後に出荷します。シルクシフォンの縫製済みロングの白スカーフ大判ショールsize55cm×200cm,silk100%北陸製の上質白生地を使用。黄ばまない黄変防止加工は1800...

絹生地に生糸に撚りをかけてから織り上げますので、 着物用のしぼ縮緬生地やスカーフ生地などはお湯につけると縮みます。 縮緬(ちりめん)と言われる名前の由来です。 縮んだ反物の場合は染め上げてから職人が「湯のし」して幅を戻します。 同じようにシルクシフォン生地は透け感とシャリ感を持たせるために経糸と横糸に強い撚りがかかっていますので、草木染などで煮込んだ生地も20%くらい縮みます。 草木染教室では、自然乾燥したあとで必ず高温のアイロン掛けしてサイズをもとに戻します。 ご家庭用のアイロンで可能です。 着物もスカーフ生地も「光沢感のある厚手の生地は縮みにくく、シボや透け感のある薄手の生地は縮み易い。」のが絹の特性です。 ※衣類乾燥機の使用は厳禁です。生地が裂けてしまいます。 アイロンは高温で必ず当て布をしてください。 ご希望の場合には、試験染め絹ハギレを20cm同梱進呈いたします。 シルク生地は、精練後3か月目くらいから生成り色に酸化黄変してきます。草木染で使用するには差し支えないですが、 白のままでお使いなる場合にはいつまでも純白が美しい 防縮+黄変防止加工【サニーライク加工】をお勧めしています。 費用は1枚実費1800円追加です。加工期間はお届けまで2週間くらいみてください。 トップ>> 草木染用の白スカーフ>>シルクシフォンの縫製済み白スカーフシルクシフォンは経糸横糸に撚りをかけた絹糸で織り上げます。しなやかで透け感の美しいフェミニンな生地です。京の国産シルク北陸製の上質白生地を使用しました。日本製仕立て上げのシルクシフォン・ロングスカーフそのまま白いシフォンスカーフとしても使えます。ご家庭での草木染めに、ぜひ挑戦してください。 size 35×200cm..Silk100% 草木染の方法 ...

【数量限定】リボン結びできる白スカーフ草木染にも使用可能,丹後シルク100%シルクサテン(ペイズリー織柄)使いやすいsize 21cm×150cm長めのロングスカーフ縫製丹後ちりめん歴史館製織の白生地...

MAYUKO絹工房

1,350

【数量限定】リボン結びできる白スカーフ草木染にも使用可能,丹後シルク100%シルクサテン(ペイズリー織柄)使いやすいsize 21cm×150cm長めのロングスカーフ縫製丹後ちりめん歴史館製織の白生地...

ご希望のお客様には100円追加で、 可愛いらしいギフトパッケージ入りでお送りします。※ご希望の場合には、試験染め絹ハギレを20cm同梱進呈いたします。トップ>> 草木染用の白スカーフ>> シルクサテンの縫製済み白スカーフ 16匁シルク100%、丹後ちりめん歴史館で織り上げました 仕立て上げのシルクロングスカーフ プロの染色作家も使用している上質生地です。そのまま白いシフォンスカーフとしても使えます。ご家庭での草木染めに、ぜひ挑戦してください。 size 21×140cm..Silk100% 染め上がり見本です。 草木染の方法 印刷用A4版のPDFファイル (1)鍋に染める布の重さの約20~30倍の水を入れ火にかける。(100gの布なら2~3Lの水) 草木を水から入れ15分位煮出す。(木の枝なら30分以上) バケツにザルをのせ布を敷いて鍋の中身を濾す。[一番液] 布に残った草木をもう一度鍋に入れて水を入れ同様に二回目の染料を作る。[二番液] 二回分の染料を合わせ鍋に入れ火にかける。 ※草木によって煮出す回数が異なります。(2~10回) (2)染める布をよく絞って染料に浸し、15分菜箸でつきながらムラにならないように染める。 火を止め、ぬるま湯まで冷ます。 (3)媒染剤(木酢酸鉄液)は布の重さの約2~5%ほどを布の20~40倍の水で溶かす。 ※木酢酸鉄液はネットで500円前後で買えます。食酢に水と鉄の古釘を入れ煮つめ7~10日放置したものも同様に使える。 染めた布をよく絞って30分間媒染液に浸す。 (4)媒染した布をよく水洗いしてすすぐ。 染料の鍋を火にかけ、布を入れてもう一度菜箸で混ぜながら15分煮る。 (5)布は色が出なくなるまで水ですすぎ、脱水して天日干し、アイロンで仕上げる。...

送料無料
【大量購入卸売り】10枚ロット色焼け防止の為、受注後縫製して出荷します。【草木染用】丹後シルク100%ペイズリー織柄縫製済み白スカーフsize 45×150cmロングスカーフ縫製丹後ちりめん歴史館製織...

MAYUKO絹工房

15,224

【大量購入卸売り】10枚ロット色焼け防止の為、受注後縫製して出荷します。【草木染用】丹後シルク100%ペイズリー織柄縫製済み白スカーフsize 45×150cmロングスカーフ縫製丹後ちりめん歴史館製織...

※ご希望の場合には、試験染め絹ハギレを20cm同梱進呈いたします。トップ>> 草木染用の白スカーフ>> シルクサテンの縫製済み白スカーフ 16匁シルク100%、丹後ちりめん歴史館で織り上げました 仕立て上げのシルクロングスカーフ プロの染色作家も使用している上質生地です。そのまま白いシフォンスカーフとしても使えます。ご家庭での草木染めに、ぜひ挑戦してください。 size 45cm×150cm..Silk100% 染め上がり見本です。 草木染の方法 印刷用A4版のPDFファイル (1)鍋に染める布の重さの約20~30倍の水を入れ火にかける。(100gの布なら2~3Lの水) 草木を水から入れ15分位煮出す。(木の枝なら30分以上) バケツにザルをのせ布を敷いて鍋の中身を濾す。[一番液] 布に残った草木をもう一度鍋に入れて水を入れ同様に二回目の染料を作る。[二番液] 二回分の染料を合わせ鍋に入れ火にかける。 ※草木によって煮出す回数が異なります。(2~10回) (2)染める布をよく絞って染料に浸し、15分菜箸でつきながらムラにならないように染める。 火を止め、ぬるま湯まで冷ます。 (3)媒染剤(木酢酸鉄液)は布の重さの約2~5%ほどを布の20~40倍の水で溶かす。 ※木酢酸鉄液はネットで500円前後で買えます。食酢に水と鉄の古釘を入れ煮つめ7~10日放置したものも同様に使える。 染めた布をよく絞って30分間媒染液に浸す。 (4)媒染した布をよく水洗いしてすすぐ。 染料の鍋を火にかけ、布を入れてもう一度菜箸で混ぜながら15分煮る。 (5)布は色が出なくなるまで水ですすぎ、脱水して天日干し、アイロンで仕上げる。 お客様の制作デザインやデジタル写真などを9800円で100cm×100cmのシルクスカーフに仕上げますデジタ...

生成りシルクの白ロングスカーフ細長25cm×200cmサイズの生成りホワイトしっとり柔らかなシルクサテンを使用白のままで使う場合の黄変防止加工は1800円追加です。※加工には2週間程度かかります...

MAYUKO絹工房

2,592

生成りシルクの白ロングスカーフ細長25cm×200cmサイズの生成りホワイトしっとり柔らかなシルクサテンを使用白のままで使う場合の黄変防止加工は1800円追加です。※加工には2週間程度かかります...

シルク生地は、精練後3か月目くらいから生成り色に酸化黄変してきます。草木染で使用するには差し支えないですが、 白のままでお使いなる場合にはいつまでも純白が美しい 防縮+黄変防止加工【サニーライク加工】をお勧めしています。 費用は1枚実費1800円追加です。加工期間はお届けまで2週間くらいみてください。 トップ>> スカーフ一覧>>白シルクスカーフ mayukoパーティーショールcollection 上質のシルクデシン生地を使いました。結婚式などのゲストドレスに向いています。 草木染の方法 印刷用A4版のPDFファイル (1)鍋に染める布の重さの約20~30倍の水を入れ火にかける。(100gの布なら2~3Lの水) 草木を水から入れ15分位煮出す。(木の枝なら30分以上) バケツにザルをのせ布を敷いて鍋の中身を濾す。[一番液] 布に残った草木をもう一度鍋に入れて水を入れ同様に二回目の染料を作る。[二番液] 二回分の染料を合わせ鍋に入れ火にかける。 ※草木によって煮出す回数が異なります。(2~10回) (2)染める布をよく絞って染料に浸し、15分菜箸でつきながらムラにならないように染める。 火を止め、ぬるま湯まで冷ます。 (3)媒染剤(木酢酸鉄液)は布の重さの約2~5%ほどを布の20~40倍の水で溶かす。 ※木酢酸鉄液はネットで500円前後で買えます。食酢に水と鉄の古釘を入れ煮つめ7~10日放置したものも同様に使える。 染めた布をよく絞って30分間媒染液に浸す。 (4)媒染した布をよく水洗いしてすすぐ。 染料の鍋を火にかけ、布を入れてもう一度菜箸で混ぜながら15分煮る。 (5)布は色が出なくなるまで水ですすぎ、脱水して天日干し、アイロンで仕上げる。 お客様の制作デザインやデジタル写真などを9800円で100cm...

スポンサーリンク
スポンサーリンク