メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「茶道具肩衝茶入」検索結果。

茶道具肩衝茶入の商品検索結果全4件中1~4件目

送料無料
茶道具 茶入肩衝 (仕服—段宝尽し模様—西陣織)京都 桶谷定一作

佐藤大観堂

25,670

茶道具 茶入肩衝 (仕服—段宝尽し模様—西陣織)京都 桶谷定一作

■在庫のない場合、新作仕入れの為、お申し込後、納品迄、 1〜2週間程度お待ち頂く場合があります。 ■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 生地の取り方によって、写真と多少異なる場合があります。 予めご了承下さい。 ■茶入 肩衝 (仕服—段宝尽し模様—西陣織) 分類 茶道具 R-W8-CI-K-DTM-OT 作者 京都 洛東 桶谷定一(おけたに ていいち) 作者略歴 大正末期に東山区今熊野蛇ヶ谷の現在地で 父定一が開窯、帝文、日展に出品、各展で受賞。 天目釉を得意とした。父に製陶を習い、自身も日展、 各展に出品、受賞。二代を継ぎ美術陶芸品を作る。 なお、純出品作品には本名の銘を使う。本名 桶谷 洋昭和10年 京都東山の窯業地に生まれる昭和30年 京都伏見高校陶磁器科卒業 日展陶芸家 父定一に作陶を学ぶ日本工芸会会員京都美術工芸作家協会会員京都クラフト展 銀賞京都工芸美術展 優賞京展・他工芸展 受賞日本伝統工芸近畿展 10回受賞日本伝統工芸展 3回入選 寸法 径6.0cm、 高さ8.8cm。 備考 桐共箱、作家栞・略歴付。牙蓋・仕服付。新品。 取扱品: 茶道具 茶碗 棗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 茶道具販売の老舗 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
○高取焼肩衝茶入○近代-無傷-陶器-フタ付き【茶道具】【美術品】【中古】【送料無料】

三浦古美術WEB

8,000

○高取焼肩衝茶入○近代-無傷-陶器-フタ付き【茶道具】【美術品】【中古】【送料無料】

商品詳細 時代 近代 材質 陶器 焼物 高取焼 作家 不明 種類 肩衝 形 茶入 高さ 7cm 幅(直径) 5.3cm 傷 無傷〇骨董傷用語〇 付属品 樹脂製のフタ付 数 現品限り 備考 ※『商品の在庫について 』 当店では実店舗で陳列・販売している商品の一部を掲載しております。ご注文いただきますタイミングによっては、既に完売や予約済になっている場合がございます。在庫状況につきましては、楽天から送られる「自動返信メール」の後に、当店からお送りする「受注ご案内メール」にてご確認ください。( 在庫がない場合は後程ご連絡させて頂きます。また、状況次第では注文がキャンセルとなる場合がございますのでご了承下さい。) ※『画像の色合について』 できるだけ実物に近くなるように努めておりますが、お使いのパソコンやモニターの環境や設定、光の加減等により若干違う場合ががあります。 ご理解の上ご注文くださいませ。 気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 ※『画像のサイズについて』 商品の実際の大きさにあわせておりません。 非常に大きい品物は小さく、小さい品物は見やすいよう実寸より拡大して表示しています。ほとんどの商品にサイズ表記と、画像の下部に携帯電話とのサイズ比較したものを掲載しておりますのでご参考下さいませ。 【smtb-ms】 トップページへ戻る 新入荷商品へ〇高取焼肩衝茶入〇近代 近代の高取焼肩衝茶入 【高取焼/たかとりやき】 九州は福岡県の鷹取山で焼かれていた。黒田藩の御用窯として栄え、 唐津焼の陶工を招き技術向上をさせている。藩主の交流から茶人の小堀遠州を招き、 遠州好みの茶器が多く焼かれ、遠州七窯の一つとして茶道の世界でその名を高める。 【茶入/ちゃいれ】 茶道具。茶入は、抹茶を入れるのに用いる茶器全体を指し、...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶道具】【茶入】【送料・代引手数料無料】羽室文琳写し茶入仕服:笹蔓緞子松本鉄山作(共箱)

花器茶道具いとうや商店楽天市場店

42,000

【茶道具】【茶入】【送料・代引手数料無料】羽室文琳写し茶入仕服:笹蔓緞子松本鉄山作(共箱)

瀬戸赤津焼き、松本鉄山作の唐物写し茶入です。仕服付き。素材:本体:陶器、サイズ:直径7.6センチ×高さ6センチ、口径(内法:3センチ) 唐物羽室文琳大名物茶入(本歌についての説明) 素地に細かい土が用い、その上に黒褐色の釉が薄くかかり、その厚薄によって変化に富んだ景色を見せている。作りは薄く、手取りも軽い。口はやや大きく、底は糸切り底で、畳付際に廻し箆がめぐらされている。文琳茶入は、その形状から、林檎の異名である文琳の名で呼ばれるもので、唐物茶入の中でも茄子と並んで最上位に位置づけられている。『東山御物内別帳』に「羽室文琳薬師院」と記されるほか、いくつかの記録にその名が見え、古くから名物茶入として知られていたことがわかる。もと葉室家に伝わったところから羽室の名を冠していると思われ、その後、堺の薬師院に伝わり、常陸(茨城県)土浦の城主土屋相模守数直が所有し、後、若狭酒井家へと伝来した。また、この茶入には、青木間道、剣先金襴、笹蔓緞子、うつぼや緞子の仕覆と金粉字形で羽室と記した鉄刀木の挽家および、塗師藤重藤厳作の四方盆が添えられている。『大正名器鑑』所載。 作家略歴 松本鉄山(まつもとてつざん) 「赤津の窯屋山口」として300有余年、作陶に従事する家柄である、二代山口錠鉄の二男として生まれる。 母方実家の窯元へ養子となり 後を継ぐ。 愛知県瀬戸市水野町で茶陶を専門としている。

送料無料
【茶道具 茶入 濃茶器】 茄子茶入 仕服:鴛鴦唐草文錦又は花文暈繝錦(うんげん)又は天平段文 龍村美術織物【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

8,316

【茶道具 茶入 濃茶器】 茄子茶入 仕服:鴛鴦唐草文錦又は花文暈繝錦(うんげん)又は天平段文 龍村美術織物【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで) 茄子唐物茶入(仕覆)花文暈繝錦(うんげん):龍村美術織物裂 サイズ約直径6.2×高6.5cm 箱化粧箱 備考蓋:プラスチック製 (礼丸り)(・10695) 【コンビニ受取対応商品】【●茄子茶入:(仕覆)鴛鴦唐草文錦又は花文暈繝錦(うんげん)又は天平段文 龍村美術織物裂】 茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。 茶入の見どころは 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。 糸切のいろいろ 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切) 和物糸切は右回り糸切(順糸切) 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。 <蓋色々>掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。 「国焼」として「高取」「薩摩」「上野」「唐津」「膳所」「志戸呂」等や「六古窯」の「丹波」「伊賀」「備前」「信楽」等の他、「仁清」にも名品があります。 高取茶入は朝鮮陶工八山が福岡高取に開窯に始まり、江戸時代小堀遠州の指導のもと和物入が造られた。 仕服 仕服は茶入れや薄茶器・茶碗など道具の保護のための袋を指します。ここでは茶入ための袋です。 仕服は底の丸い部分と銅の部分は二つの合わせ裂に裏地を縫い合わせ、それに併せて緒とつがりで構成されています。

送料無料
茶道具 抹茶茶碗色絵 羽子板(はごいた)画京都 相模竜泉作

佐藤大観堂

28,800

茶道具 抹茶茶碗色絵 羽子板(はごいた)画京都 相模竜泉作

■在庫のない場合、新作仕入れの為、お申し込後納品迄、 1〜2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。 ■茶道具 抹茶茶碗 色絵 羽子板画 分類 茶道具・美の器 cw-hagoita-ryu-r-t10---------------------------------------------【 羽子板 (はごいた) 】室町時代の文献『下学集』に「正月に羽子板を用いた」という旨の記述があり、これが文献における羽子板の初見だと言われる。胡鬼板(こぎいた)とも呼ばれ、羽子板で突く羽根を胡鬼子(こきのこ)と言い、蚊を食べる蜻蛉に似せて作られていた。※胡鬼とはトンボの 事を指す。 当初は羽根突きの道具として用いられたが、徐々に厄払いとしても使われるようになり、魔除けとして正月に女性にあげる習慣もこのころ出来たとされる。 作者 相模竜泉 (さがみ りゅうせん) 作者略歴 昭和25年 京都に生まれる。清閑寺窯 杉田祥平に師事、その後、 岡田赤雲に師事。昭和55年 京都山科に洛陶窯を開窯。 京焼・清水焼展にて 通商産業大臣賞を受賞。その他 陶芸展等、入選・入賞多数。 寸法 径12.2cm、 高さ8.2cm。 備考 桐共箱、共布、作家栞・略歴付。新品。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
茶道具 抹茶茶碗色絵 蕨(わらび)画京都 相模竜泉作

佐藤大観堂

29,800

茶道具 抹茶茶碗色絵 蕨(わらび)画京都 相模竜泉作

【 新入荷 】 【 在庫 有り 】 ■茶道具 抹茶茶碗 色絵 蕨 (わらび)画 分類 茶道具・美の器 cw-warabi-ryu-r-n2---------------------------------------------【 蕨 (わらび) 】---------------------------------------------全国に自生しているシダ植物の一種、旬は春から初夏。比較的日当たりの良い里山に生える。特に茶畑などには非常に良いワラビが生える事が多い。---------------------------------------------名前は「藁火(わらひ)」の意で、その色が焼いた藁に似ていることから。また、「わら(茎)」「み(実)」の ”わらみ”が変化したもので、「食べられる茎」の意との説もあり、ワラビの若芽を「童菜(ワラベナ)」という方言から「ワラベ」が転訛したという説もある。---------------------------------------------万葉の昔から親しまれ、万葉集にも「石走る(いわばしる)垂水(たるみ)の上の 早蕨(さわらび)の 萌え出づる春に なりにけるかも」とうたわれている。---------------------------------------------※早蕨 = 若芽の蕨(諸説あり)万葉集 志貴皇子(しきのみこ)より。 作者 相模竜泉 作者略歴 昭和25年 京都に生まれる。清閑寺窯 杉田祥平に師事、その後、 岡田赤雲に師事。昭和55年 京都山科に洛陶窯を開窯。 京焼・清水焼展にて 通商産業大臣賞を受賞。その他 陶芸展等、入選・入賞多数。 寸法 径12.2cm、 高さ8.2cm。 備考 桐共箱、共布、作家栞・略歴付。新品。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器...

送料無料
【茶道具 茶入 濃茶器】 文琳 仕服:9種類より選択 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

7,236

【茶道具 茶入 濃茶器】 文琳 仕服:9種類より選択 【smtb-KD】

サイズ約直径5.6×高6.8cm 素材蓋:プラスチック製 箱化粧箱 (ウ)(・9180) 【コンビニ受取対応商品】 A道元 B三雲屋緞子 C五色間道 D菊苺 E伊予すだれ F定家 G笹蔓 H笹蔓 I織部口紐の色は当店にお任せください。 茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。 茶入の見どころは 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。 糸切のいろいろ 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切) 和物糸切は右回り糸切(順糸切) 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。 <蓋色々>掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。 「国焼」として「高取」「薩摩」「上野」「唐津」「膳所」「志戸呂」等や「六古窯」の「丹波」「伊賀」「備前」「信楽」等の他、「仁清」にも名品があります。 高取茶入は朝鮮陶工八山が福岡高取に開窯に始まり、江戸時代小堀遠州の指導のもと和物入が造られた。 仕服 仕服は茶入れや薄茶器・茶碗など道具の保護のための袋を指します。ここでは茶入ための袋です。 仕服は底の丸い部分と銅の部分は二つの合わせ裂に裏地を縫い合わせ、それに併せて緒とつがりで構成されています。

送料無料
【茶道具 茶入(お濃茶器・長緒茶入)】 大海茶入れ 9種より選択 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

9,288

【茶道具 茶入(お濃茶器・長緒茶入)】 大海茶入れ 9種より選択 【smtb-KD】

サイズ約直径8.4×高4.7cm 素材蓋:プラスチック製 箱化粧箱 (山申丸ウ)(11610) 【コンビニ受取対応商品】 A朝倉間道 B亀甲龍紋緞子 C三雲屋緞子 D三雲屋緞子 E笹蔓 F笹蔓 G金春 H小葵間道 I相阿弥緞子茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。 茶入の見どころは 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。 糸切のいろいろ 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切) 和物糸切は右回り糸切(順糸切) 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。 <蓋色々>掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。 「国焼」として「高取」「薩摩」「上野」「唐津」「膳所」「志戸呂」等や「六古窯」の「丹波」「伊賀」「備前」「信楽」等の他、「仁清」にも名品があります。 高取茶入は朝鮮陶工八山が福岡高取に開窯に始まり、江戸時代小堀遠州の指導のもと和物入が造られた。 仕服 仕服は茶入れや薄茶器・茶碗など道具の保護のための袋を指します。ここでは茶入ための袋です。 仕服は底の丸い部分と銅の部分は二つの合わせ裂に裏地を縫い合わせ、それに併せて緒とつがりで構成されています。

茶道具 抹茶茶碗 淡紫釉 カラー(花)の絵水出宋絢作

佐藤大観堂

4,760

茶道具 抹茶茶碗 淡紫釉 カラー(花)の絵水出宋絢作

■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 1〜2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。■当作品は季節商品につき、完売済みの場合があります。 売り切れの際は、申し訳ございませんがご了承下さいませ。 ■茶碗 淡紫釉 カラー(花)の絵 分類 茶道具 O-O5-C-M-K-SS----------------------------------------【 カラー(おらんだ かいう)】・南アフリカ原産。日本には江戸末期に オランダから渡来した。 ・和名は、江戸時代に この花がオランダ船によって持ち込まれたので、 「オランダ カイウ(阿蘭陀 海芋)」といわれる。・メガホン状のところが ワイシャツの襟(Collar)の部分に 似ているので「カラー」となった。 また、その形が、修道女の襟(カラー) を連想させるところからつけられたとも。・白いカラーはすっきりとして洗練された感じから、 結婚式や誕生日などの お祝い用のプレゼントによく用いられる。・花言葉は「乙女のしとやかさ、 すばらしい美、夢のように美しい」 ・花はメガホン状のところではなく 内側真ん中の黄色い棒部分。 メガホン状の部分が中の花を守っている。 作者 水出宋絢(すいで そうけん) 作者略歴 昭和23年 京都に生まれる。昭和47年 京都府立陶工訓練校終了。昭和52年 京都山科に開窯。昭和54年 東大寺清水公照師と合作展。伝統工芸展等、多数入選。 寸法 径12.4cm、 高さ8.2cm。 備考 化粧箱。新品。 取扱品: 茶道具 茶碗 棗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他 茶器・茶道具の通信販売店(通販):佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
茶道具 抹茶茶碗仁清黒 紫陽花(あじさい)絵中村清彩作

佐藤大観堂

26,980

茶道具 抹茶茶碗仁清黒 紫陽花(あじさい)絵中村清彩作

【 紫陽花(あじさい) 別名:水の器(うつわ)】 紫陽花は 咲き始めの頃は白っぽく、 次第に色が変ってくることから 「七変化」とも呼ばれ、 初夏から夏にかけて、 風物詩として広く親しまれています。 学名では「水の器(うつわ)」とも言われるようです。 平安時代には 「あぢさゐの 下葉にすだく 蛍をば 四ひらの数の 添ふかとぞ見る」(藤原定家) とも詠まれています。 しばしの間想いを馳せて、お茶を一服、 いかがでしょうか。 ■抹茶茶碗 仁清黒 紫陽花(あじさい)絵 分類 茶道具・美の器 r-m6-cw-ni-kuro-ajisai-seisai-----------------------------------------------【 紫陽花(あじさい) 別名:水の器(うつわ)】紫陽花は、咲き始めの頃は白っぽく、次第に色が変ってくることから「七変化」とも呼ばれ、初夏から夏にかけて、風物詩として広く親しまれている。学名では「水の器(うつわ)」とも言われる。平安時代には 「あぢさゐの 下葉にすだく 蛍をば 四ひらの数の 添ふかとぞ見る」(藤原定家)とも詠まれている。 作者 中村清彩(せいさい) 作者略歴 昭和30年 京都東山に生まれる。昭和54年 京都府立 陶工高等技術専門校 成形科 研究科終了。その後井上春峰 中村翠嵐 中村秋峰に師事し、京焼・清水焼を中心に、日々研鑽している。 寸法 径12.3cm、 高さ8.0cm。 備考 桐共箱、共布、作家栞・略歴付。新品。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
茶道具・香合矢筈(やはず)形 玄々斎好道場宗廣作

佐藤大観堂

29,800

茶道具・香合矢筈(やはず)形 玄々斎好道場宗廣作

■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 2〜3週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。 ■香合 矢筈(やはず)形 玄々斎好 分類 茶道具 O-O4-K-YH-MS----------------------------------------------【 矢筈(やはず) 】矢の一端で、弦にかける部分。----------------------------------------------※「筈」(はず)矢の末端の弦に番える部分。「筈」が弦にはまるのは当然のことであるから、当然のことを「筈」というようになった。これは今でも「きっとその筈だ」「そんな筈はない」といった言い回しに残っている。 作者 道場宗廣 作者略歴 加賀蒔絵・漆芸作家として30余年活躍。----------------------------------------------道場宗廣 栞より加賀百万石の文化の伝統に支えられた漆芸の町に生まれ、厳父より漆の技を教えられ、その難しさと漆の持つ不思議さとに取りつかれて早や半世紀になろうとして居ります。茶道を心の糧として三十余年、その愛着から、心ある器を作ろうと鋭意努力してまいりました。漆の持つ美しさが茶道具に表現出来得ますれば、私の喜びこれに優るものはありません。 寸法 6.5×3.5×高さ2.5cm。 備考 桐共箱、布、作家栞・略歴付。新品。 取扱品: 茶道具 茶碗 棗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他 茶器・茶道具の通信販売店(通販):佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
茶道具 香合菱形 海松貝(みるがい)絵花蝶窯 手塚石雲作

佐藤大観堂

69,800

茶道具 香合菱形 海松貝(みるがい)絵花蝶窯 手塚石雲作

■在庫のない場合、新作仕入れの為、お申し込後、納品迄、 1〜2週間程お待ち頂く場合があります。 ■香合 菱形 海松貝絵、 花蝶窯 石雲 分類 茶道具 ko-hisi-mirugai-sekiun-r-m10---------------------------------------------【 海松貝(みるがい) 】海松(みる)は海草で、水松とも書きます。海松に貝をあしらったものを「海松貝」。海の松という事で、おめでたい時の茶席にも使われます。 作者 花蝶窯 手塚充こと号・石雲 作者略歴 「花蝶窯 石雲(かちょうがま せきうん)」。陶芸家の手塚 充が、還暦を機に大徳寺・高田明浦(たかだ みょうほ)師からいただいた窯名。------------------------------------------------大徳寺開祖・大燈国師(だいとうこくし)による「大燈録」の中より「移花兼蝶到 買石得雲饒](はなをうつしてはちょういたるをかね いしをこうてはくもえることうし)という一文からとられたもの。「花を持ったなら自らが花となって蝶を招き、石を買えば自らが石となって雲を生じる」という意味。 寸法 6.8×5.0×高さ3.2cm。 備考 桐共箱、共布、作家栞・略歴付。新品。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
【 茶道具・香合 】冠(かんむり)中村宗悦作

佐藤大観堂

30,651

【 茶道具・香合 】冠(かんむり)中村宗悦作

■要予約■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 約2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。■こちらは季節商品の為、数に限りがございます。 品切れになる場合がございますので、予めご了承下さい。 ■香合 冠(かんむり) 鵬雲斎好写 分類 茶道具 O-D-K-K-S----------------------------------------------冠を被る風習は中国大陸に由来するが、現在知られている日本の冠と中国の冠は形状が異なる。日本の冠(かんむり)は成人男性が公的な場に用いる、黒い羅を漆で固めて出来た被り物。近世まで日本では髻を結って冠を被る冠着(かむりぎ)の儀礼を以って、成人式とした。「冠婚葬祭」の「冠」はこのことである。 作者 中村宗悦 作者略歴 1932年 石川県生まれ。1946年 父より きゅう漆を習う、 以来この道一筋に研鍛を重ねる。1967年 故・中尾宗和先生より茶道の指導を受ける。1979年 全国漆器展(東京三越本店)-林野庁長官賞受賞。1982年 全国漆器展(東京三越本店)-知事賞受賞。1983年 全国漆器展(東京三越本店)-精漆組合賞受賞。1987年 茶名拝受(宗恭)。その他、全国漆器展において受賞多数。 寸法 9.0×7.0×高さ9.5cm。 備考 桐共箱、共布、作家栞・略歴付。新品。 茶道具 美術工芸品 陶磁器 漆器 和の器 茶会用品 抹茶--大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
【茶器/茶道具 七事式用品】茶歌舞伎 文台・五段重硯箱セット(女桑) 幸斉作【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

43,092

【茶器/茶道具 七事式用品】茶歌舞伎 文台・五段重硯箱セット(女桑) 幸斉作【smtb-KD】

配送●通常注文は2日〜4日でお届け予定(九州〜北海道まで)●宅配便のみ(メール便不可) サイズ(文台:素材女桑)約巾59×奥33cm×高12cm セット硯箱五段重硯箱(女桑製) 作者幸斉作 箱紙箱 (仕七事-19・七事-20大)(・55004) 参考価格:文 台 ・¥20552円 参考価格:五重硯箱・¥34452円【茶カブキ】 ◆茶かぶきは試茶(しちや)の式にて、濃茶に限り薄茶には用ひず。・・・・・ ・・・・・ 参考資料【サイズ(文台)約巾59×奥33cm×高12cm】 【茶カブキ】 ◆茶かぶきは試茶(しちや)の式にて、濃茶に限り薄茶には用ひず。 ・・茶かぶき準備の事・・・ ◆茶かぶきには棚を用ふ、棗盆をのせて四方棚、臺子の類適當にて小さき棚は、形惡し ◆茶かぶきに必要なる道具は、 一:茶かぶき棗が5個 二:棗盆(なつめぼん)※如心斉好は宗哲形の長い長方形の盆 三:緋大袱紗(ひおほふくさ) 四:看板板(かんばんいた)※當日用ふる茶の詰の名竹田とか上林とかの 二つを記し殘りの一種は、最後へ客と記し初座より、柳釘へ懸け置くべし 五:折居 六:名乘札 七:小奉書(こぼうしよう)一帖(ぢやう) 八:硯箱等なり。 ※茶歌舞伎帛紗は表千家は朱を裏千家は赤を使います 五段重硯箱のみはこちら

送料無料
【茶器/茶道具 七事式用品】茶歌舞伎 五段重硯箱(女桑) 幸斉作【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

27,561

【茶器/茶道具 七事式用品】茶歌舞伎 五段重硯箱(女桑) 幸斉作【smtb-KD】

配送●通常注文は2日〜4日でお届け予定(九州〜北海道まで)●宅配便のみ(メール便不可) サイズ【別売り】【(文台:素材女桑)約巾59×奥33cm×高12cm】 中:硯箱五段重硯箱(女桑製) 作者幸斉作 箱紙箱 (仕七事-19大・34452) 参考価格:文 台 ¥20552円 参考価格:五重硯箱¥34452円【茶カブキ】 ◆茶かぶきは試茶(しちや)の式にて、濃茶に限り薄茶には用ひず。・・・・・ ・・・【●硯箱のみの販売】・・・ (別売:参考資料【サイズ(文台)約巾59×奥33cm×高12cm】) 【茶カブキ】 ◆茶かぶきは試茶(しちや)の式にて、濃茶に限り薄茶には用ひず。 ・・茶かぶき準備の事・・・ ◆茶かぶきには棚を用ふ、棗盆をのせて四方棚、臺子の類適當にて小さき棚は、形惡し ◆茶かぶきに必要なる道具は、 一:茶かぶき棗が5個 二:棗盆(なつめぼん)※如心斉好は宗哲形の長い長方形の盆 三:緋大袱紗(ひおほふくさ) 四:看板板(かんばんいた)※當日用ふる茶の詰の名竹田とか上林とかの 二つを記し殘りの一種は、最後へ客と記し初座より、柳釘へ懸け置くべし 五:折居 六:名乘札 七:小奉書(こぼうしよう)一帖(ぢやう) 八:硯箱等なり。 ※茶歌舞伎帛紗は表千家は朱を裏千家は赤を使います 文台と五段重硯箱セットはこちら

送料無料
【 茶道具・棗 】大棗秋海棠 (しゅうかいどう)蒔絵内梨地一瓢斎作

佐藤大観堂

410,400

【 茶道具・棗 】大棗秋海棠 (しゅうかいどう)蒔絵内梨地一瓢斎作

■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 約2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。 ■大棗 秋海棠 蒔絵 内梨地 一瓢斎作 分類 茶道具 美の器 R-D5-NSKD-IP-------------------------------------- 美術工芸品 漆器 蒔絵 --------------------------------------【秋海棠 (しゅうかいどう) 】■ヨウラクソウ(瓔珞草)とも呼ばれる。夏から初秋にかけて草丈 70cm 前後に生長し、扁心形で左右非対称の葉を互生させる。この葉は長さが 20cm 程度と大きい。江戸時代初期に日本に持ち込まれた。 貝原益軒の『大和本草』に、「寛永年中、中華より初て長崎に来る。……花の色海棠に似たり。故に名付く」と記されている。■和歌和歌では秋の季語として詠まれる。「秋海棠 西瓜の色に 咲きにけり」 松尾芭蕉 ■花言葉花言葉は、自然を愛す、片思い、未熟。「片思い」はハート形の葉の片方が大きくなるところからといわれる。 作者 一瓢斎 [一瓢 栄造 いっぴょう えいぞう ] 作者略歴 昭和十七年、代々続く蒔絵師の家に生まれる。父・六代一瓢斎、清水屋恒民に師事。茶道具、特に棗を中心に制作。棗の限られた面に蒔絵のいろいろな手法を少しでも多く入れられるよう、また玄人に好まれる蒔絵を心がける。昭和五十九年、第十二回工芸産業技術コンクール入選。 京蒔絵工芸会会員。 寸法 径7.5cm、 高さ7.5cm。 備考 桐共箱、共布、作家栞・略歴付。新品。 取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
茶道具 薄茶器 大雪吹誰ヶ袖(たがそで)蒔絵 即中斎好中村宗尹作

佐藤大観堂

143,000

茶道具 薄茶器 大雪吹誰ヶ袖(たがそで)蒔絵 即中斎好中村宗尹作

■薄茶器 大雪吹 誰ヶ袖(たがそで)蒔絵 即中斎好 分類 茶道具 R-W8-N-TS-SO-NS------------------------------------------------【 薄茶器-- 雪吹(ふぶき)】この形は雪吹(ふぶき)と呼ばれ、天地同じように面取りしてあり、天地も分からぬほどの吹雪の意味。なお、文字も「吹雪」ではなく「雪吹」と逆に書き、これも天地分からぬという遊び心です。------------------------------------------------【 誰袖(たがそで)】『古今和歌集』の中に「色よりも香こそあはれとおもゆれ 誰が袖触れし宿の梅ぞも」 があり、その歌からの着想といわれる。1.匂い袋(においぶくろ)の名。 衣服の袖の形に作り、 紐で二つつないで袂落としのようにして持った物。2.細長い匂い袋のような形をした楊枝さし。3.桃山時代から江戸時代にかけて流行した、 さまざまな豪華な着物を衣桁(いこう)にかけた図。------------------------------------------------【 即中斎 】表千家 十三代目 無盡宗左 即中斎 ------------------------------------------------【 好み物 】茶家(家元)の意匠によってつくられた道具類。 作者 中村宗尹(そういん) 作者略歴 加賀蒔絵の作家として二十年以上活躍。師---豊島文洲。 宗尹の父--人間国宝の川北良造に師事。 寸法 径7.4cm、 高さ7.5cm。 備考 桐共箱、布、作家栞付。新品。 取扱品: 茶道具 茶碗 棗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他創業1946年 茶道具販売の老舗 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂 ■トップページに戻り...

スポンサーリンク
スポンサーリンク