メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「茶道具仕覆」検索結果。

茶道具仕覆の商品検索結果全5件中1~5件目

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 上 桑中次茶器(和巾棗) 内金箔張 裏千家用 本桑 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

24,624

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 上 桑中次茶器(和巾棗) 内金箔張 裏千家用 本桑 【smtb-KD】

サイズ約直径6.6×高6.6cm 箱紙箱 注意自然の木を使用している為、木目色合いが異なる場合があります。 (No89野山大)(・30800) 【コンビニ受取対応商品】「相伝用道具」【四カ伝】 一 茶通箱 一 唐物点 一 台天目 一 盆点 -------------------- ◆風炉【和巾点のお手前】の準備 ※準備 一重口水差し。 茶杓は中節。 棗は淡々斎好:桑中次。和巾・仕覆は名物布。 水差し、和巾にのせた中次を飾って向付け。 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器)<植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた> 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ ●裏千家では入門、小習いの基本的な点前の次の段階に位置する物として、茶通箱、唐物点、台天目、盆点を四ヶ伝(しかでん)と呼ばれる点前があります。 ●表千家では入門後、家元から許される資格として「習事」、「茶通箱点」、「唐物点」、「台天目天」、「盆天」、「乱飾」がある。

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】(摺漆の欅材) 和巾棗 中次茶器 (内金箔張) 裏千家用【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

13,089

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】(摺漆の欅材) 和巾棗 中次茶器 (内金箔張) 裏千家用【smtb-KD】

サイズ約直径6.6×高6.6cm 箱紙箱 素材摺漆 欅材(和巾茶器、内金箔張) 注意自然の木を使用している為、木目色合いが異なる場合があります。 (棒目り)(・16365) 【コンビニ受取対応商品】・・・・・・・・・・ 「相伝用道具」【四カ伝】 一 茶通箱 一 唐物点 一 台天目 一 盆点 ・・・・・・・・・・ 和巾:中次茶器(摺漆の欅材)【裏千家用】 ◆風炉【和巾点のお手前】の準備 ※準備 一重口水差し。 茶杓は中節。 棗は淡々斎好:桑中次。和巾・仕覆は名物布。 水差し、和巾にのせた中次を飾って向付け。・・・・・・・・・ 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器)<植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた> 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ ●裏千家では入門、小習いの基本的な点前の次の段階に位置する物として、茶通箱、唐物点、台天目、盆点を四ヶ伝(しかでん)と呼ばれる点前があります。 ●表千家では入門後、家元から許される資格として「習事」、「茶通箱点」、「唐物点」、「台天目天」、「盆天」、「乱飾」がある。

送料無料
【茶器/茶道具 棗/なつめ】 阿古陀茶器 (梅生地蓋:桜の木製品)六弧の形です【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

14,083

【茶器/茶道具 棗/なつめ】 阿古陀茶器 (梅生地蓋:桜の木製品)六弧の形です【smtb-KD】

仕様(阿古陀茶器:仕覆を付けてお濃茶器のお点前もします) サイズ溜塗り約直径7.2×高7.7cm 形阿古陀(六弧の形です) 素材身(桜の木製)・蓋(梅の木製) 箱紙箱 (吉山大)(・18106) 【コンビニ受取対応商品】【茶器・棗/なつめ・梅型茶器と同じ扱い】 ●阿古陀茶器形(六弧の形です):(梅生地蓋・溜塗り:桜の木製品)仕服は別売りです。 つまり、外は溜塗で蓋は梅木地を使用しています。また、仕服は如心玉金襴です。 ※仕服をつけてお濃茶器に使用:(2月頃)※この形は、金冬瓜・紅南瓜とも称する阿古陀瓜の形をとり入れた茶器。・・・・・ ※仕服をつけてお濃茶器に使用:(9月13日天然忌頃) ・・・・・<参考資料>・・・・・ ※形(五弧の形です)【梅型茶器(桜の木製品)溜塗り】 ●表千家12代家元、惺斎(敬翁)宗左宗匠が好まれた梅型茶器です・・・・・ ・・・・・参考資料●世界百科辞典より・・・・・ 一、覚々斎は内室秋とのあいだに如心斎,裏千家の養子となった竺叟,一灯宗室の3子をもうけた。7世如心斎宗左(天然,丁々軒)は,三井八郎右衛門の経済的援助をうけて千家の中興につくした。そして弟の一灯宗室,川上不白,中村宗哲,堀内宗心,無学和尚らとはかり千家七事式を制定した。・・・・・ 【茶器・棗/なつめ・阿古陀茶器(桜の木製品)】(六弧の形です)阿古陀茶器:(蓋は梅木地と本体桜の木・溜塗り)※仕服をつけてお濃茶器に使用:(9月13日天然忌頃)●如心斎好みの竹台子(たけだいす)に、 阿古陀(あこだ)の茶器を使ったお稽古 (7代家元、如心斎(天然)宗左宗匠は、今日の家元制度の基を作り出したので、表千家「中興の祖」と呼ばれています) ●表千家7代家元、如心斎宗匠が好まれた阿古陀茶器写しがあります

送料無料
【茶器/茶道具 棗/なつめ】阿古陀茶器 仕服:如心斎好(如心玉裂) 吉田一峰作(梅生地蓋:桜の木製品)六弧の形です【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

22,118

【茶器/茶道具 棗/なつめ】阿古陀茶器 仕服:如心斎好(如心玉裂) 吉田一峰作(梅生地蓋:桜の木製品)六弧の形です【smtb-KD】

仕様(阿古陀茶器:仕覆を付けてお濃茶器のお点前もします) サイズ溜塗り約直径7.4(口径4cm)×高7.3cm 形阿古陀(六弧の形です)阿古陀茶器 仕服:如心斎好(如心玉裂) 素材身(桜の木製)・蓋(梅の木製) 作者吉田一峰作 箱木箱 (野野丸酒)(・27650) 【コンビニ受取対応商品】【茶器・棗/なつめ・梅型茶器と同じ扱い】 【吉田一峰】 ※1954年昭和29年9月生 ※1968年昭和43年から、6年間荒井正春先生より蒔絵技術の指導を受け、兄弟子蓑輪一星氏と共に棗専門に勉強する ※1976年昭和51年 独立・・・・ 【阿古陀茶器 吉田一峰作 仕服:如心斎好(如心玉裂)】 ●阿古陀茶器形(六弧の形です):(梅生地蓋・溜塗り:桜の木製品)仕服は別売りです。 つまり、外は溜塗で蓋は梅木地を使用しています。また、仕服は如心玉金襴です。 ※仕服をつけてお濃茶器に使用:(2月頃)※この形は、金冬瓜・紅南瓜とも称する阿古陀瓜の形をとり入れた茶器。・・・・・ ※仕服をつけてお濃茶器に使用:(9月13日天然忌頃) ・・・・・<参考資料>・・・・・ ※形(五弧の形です)【梅型茶器(桜の木製品)溜塗り】 ●表千家12代家元、惺斎(敬翁)宗左宗匠が好まれた梅型茶器です・・・・・ ・・・・・参考資料●世界百科辞典より・・・・・ 一、覚々斎は内室秋とのあいだに如心斎,裏千家の養子となった竺叟,一灯宗室の3子をもうけた。7世如心斎宗左(天然,丁々軒)は,三井八郎右衛門の経済的援助をうけて千家の中興につくした。そして弟の一灯宗室,川上不白,中村宗哲,堀内宗心,無学和尚らとはかり千家七事式を制定した。・・・・・ 【茶器・棗/なつめ・阿古陀茶器(桜の木製品)】(六弧の形です)阿古陀茶器:(蓋は梅木地と本体桜の木・溜塗り)※仕服をつけてお濃茶器に使用:...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶道具・老松棗/なつめ 割蓋茶器】 老松茶器 溜塗り (表千家) 木製【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

9,028

【茶道具・老松棗/なつめ 割蓋茶器】 老松茶器 溜塗り (表千家) 木製【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ蓋:約直径10.0(本体径9.0)×高5.2cm 素材木製品 箱紙箱 (礼吉酒礼丸No89大)(・11290) 【コンビニ受取対応商品】【老松棗/なつめ・割蓋茶器(木製品)】溜塗り ●表千家用:表千家6世原叟(覚々斉)が、妙喜庵の松の木で作る 〇子供で3男の一燈宗室(裏千家中興の祖)…裏千家8 世が好みなをしています。 ●扱ひは大海と同樣なるも、蓋は「り」の字形に拭き、茶を入れる時は蓋を取らず、左掌へのせ、左の拇指で蓋の「左」の側を押へ、右手に茶杓を握込んで拇指・食指・中指の三本にて蓋の「右」の側を、左へ折返して、茶を掬ふべし。終れば此反對に扱うて、蓋をなす。 客方へ一覽に供する時は、袱紗を握込んで、先のように蓋をあけ、口の右側のみを竪に一度拭くべし。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【老松割蓋】※茶道用語集 井口海仙 表千家6代覚々斉:原痩が山崎妙喜庵の老松をもって50個作った茶器。蓋は割り蓋になっており、銀のちょうつがいで留めてある。 溜塗りである。 原痩の箱書きに「山崎妙喜禅庵茶亭之側有老松枯滑拙採之以作 茶湯之珍器遺愛於千歳」とある。 ・・・・・<扱い方は大海と同様・・>・・・・・ 一、薄器として用いるので、扱い方は平素の如く、左手に載せて縦に「り」の字形に拭く。 一、茶を掬うときは、左手に載せ、左の親指で蓋の左側をおさえ、茶杓を握りこんで右側開けて、茶を掬う。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ ●【一燈宗室(裏千家中興の祖)…裏千家8 世】 一、表千家6世原叟(覚々斎宗左)の3男で、7世:長兄の如心斎宗左・裏千家7 世:竺叟宗乾の弟。次兄であった政之助(裏千家7世竺叟宗室)が25歳で突然没し...

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 梅に松葉 竹型 門出俊平作 木箱 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

46,224

【茶器/茶道具 なつめ(お薄器)】 中棗 梅に松葉 竹型 門出俊平作 木箱 【smtb-KD】

サイズ約直径6.9×高7cm 作者門出俊平作 箱木箱 素材竹材 注意使用後はぬるま湯で絞った柔らかい布でふいて下さい。 (輪山大・58050) 【コンビニ受取対応商品】【門出俊平】加賀蒔絵師 昭和17年04月石川県山中町生まれ 昭和52年 表正則氏に師事 昭和56年 山中創作蒔絵展に於いて金賞受賞 以後、連続11会受賞(山中町永久保存一回含・加賀市永久保存三回含) 所属 日本伝統工芸会石川支部所属 加賀美術協会会員 山中町彩漆会会員 五月会会員 山中漆器の伝承漆芸を日々精進 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器)<植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた> 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/お薄器】中棗 紅富士蒔絵棗 竹内幸斉作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

30,240

【茶器/茶道具 なつめ/お薄器】中棗 紅富士蒔絵棗 竹内幸斉作 【smtb-KD】

※2013年6月22日世界遺産登録:富士山 配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径6.9×高7.2cm 作者竹内幸斉作 大なつめ・素材本漆 箱木箱 (大) 【コンビニ受取対応商品】【竹内幸斉】山中塗り 略歴 昭和19年石川県山中町泉町に生 昭和48年より山中漆器蒔絵師見習 昭和56年山中町で漆器蒔絵師として独立現在に至る 昭和56年 山中漆器工芸展入選 昭和58年 山中漆器蒔絵師作品展入選 昭和61年 石川県工芸漆器作品展入選 ※2013年6月22日世界遺産登録:富士山 (不二山)※富士山、不二山に、みんななろう。(高さ:3776m)「一、富士・二、鷹・三、茄子で縁起の良い夢見枕絵 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【土居義峰】山中塗り ※1964年昭和39年山中の下地師・土居家の長男に生 ※1980年昭和55年前端雅法峯に入門 1994年平成06年 94年淡交ビエンナーレ茶道美術公募展出展 1999年平成11年通産大臣認定の伝統工芸士を授受・・・・・<参考資料>・・・・・ 【叩き塗り】 一、叩き塗とは通常のつるっとした漆器の肌ではなく、布を小さく丸めてスタンプの様に叩いて漆を塗っていきます

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 中棗 団扇の絵 川瀬表完作 淡々斎好写【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

51,840

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 中棗 団扇の絵 川瀬表完作 淡々斎好写【smtb-KD】

中棗団扇蒔絵(うちわ) サイズ約直径6.7×高6.8cm 作者川瀬表完作 箱木箱 (輪申り)(・64800) 【コンビニ受取対応商品】【川瀬表完】・・・・・ 【伝統工芸士:号「表完」】 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。 先々代より表完をなのる。 ※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 ●初代没後、長男厚(1933〜2007)と次男功(1937〜)が共に表完を襲名し、表完工房を設ける。 ・・・・・・・・・ ●淡々斎好写(裏千家)〇中棗:団扇棗 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【 祖父:千太郎】 【初代表完: 父:繁太郎】京都の塗師。 明治37年(1904)〜昭和44年(1969) 〇木村表斎を流祖とする「表派」の京塗を継承する川瀬家の二代目 〇師:表派の技法を伝承する初代鈴木表朔(二代表斎)に師事)に師事し、本堅地・溜塗・布摺・木地溜塗など正統な塗技法を受け継ぎ、初代表完を名乗る 【2代表完:川瀬 表完 (三代目)本名:功】 表完工房【川瀬表完 本名:功】・・・ 1937年昭和12年生まれ ※京漆器伝統工芸士 ※京都府優秀技術者(京の名工) ・・・【次代 本名:豊】・・・ 1965年昭和40年生まれ ※伝統工芸士

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ 薄器】 雪吹(ふぶき)茶器 雪月花 青貝入 内銀 村田宗覚作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

143,424

【茶器/茶道具 なつめ 薄器】 雪吹(ふぶき)茶器 雪月花 青貝入 内銀 村田宗覚作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径7.4×高7.7cm 時季無季・春 箱木箱 作者田村宗覚作 (仕大) 【コンビニ受取対応商品】【村田宗覚(本名:義信)】 1953年昭和28年石川県山中町生まれ 師:父 後加賀市で蒔絵師の表正則氏に師事 1980年昭和55年独立 作品:棗/茶器・炉縁等茶道具の写し物or懐石道具 ・・・・<参考資料>・・・・ 【茶器/雪吹】ちゃき・ふぶき ◆雪吹(吹雪:上・下の分からない形) ・・・・・・・ 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器)<植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた> 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 大棗 塩竈蒔絵(塩釜) 田中湖堂作 黒漆 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

82,080

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 大棗 塩竈蒔絵(塩釜) 田中湖堂作 黒漆 【smtb-KD】

サイズ約直径7.3×高7.7cm 作者田中湖堂作 箱木箱 【コンビニ受取対応商品】【田中湖堂】 作者略歴:山中塗作家 【なつめ・薄器】塩竈蒔絵(塩釜蒔絵) 大棗(内黒)田中湖堂作 一、塩釜蒔絵は海水を煮つめて塩を作る風景で、波、松、小舟、桶等がセットで描かれる。 本作は松の間の塩釜から立ち上る煙、いわゆる塩煙が海に向って棚引いている図。 一、平安時代の貴族で源融という方は、百人一首の「陸奥のしのぶもぢずり誰ゆえに乱れそめにしわれならなくに」を書いた人ですが、塩釜の風景にあこがれていたけれど、遠い陸奥には行けないので、家の庭に松を植え塩釜を建てて、海の風景を再現したそうです。 (つまり、宮城の塩釜神社が全国に信者を集めたので、そこが神聖な場所としての憧れから図案になったという説) ・・・・・<参考資料>・・・・・ 縁起物(全国に信者を集めた神聖な場所)【住吉蒔絵】 一、住吉蒔絵とは大阪の住吉大社にちなみ松、太鼓橋、住吉造の社殿、住吉鳥居をあしらっ た蒔絵。 (従三位頼政卿の歌:「住吉の松の木まより見渡せば、月おちかかる淡路島やま」)

送料無料
【茶器/茶道具・なつめ・薄器】 大棗和紙張 鳥獣戯画 筑城筑良作【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

26,703

【茶器/茶道具・なつめ・薄器】 大棗和紙張 鳥獣戯画 筑城筑良作【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径7.2×高7cm 時季無季 箱木箱 作者筑城筑良作ついき ちくりょう (柴) 【コンビニ受取対応商品】【筑城 筑良(ついき ちくりょう)】山中町在住 昭和26年生まれ 昭和42年師: 蒔絵師・小中寿山氏に師事 昭和46年師: 蒔絵師・野村大仙氏に師事 昭和49年金沢美術大学工芸デザイン漆科・聴講生となる 昭和50年加賀山中蒔絵師として独立 鳥獣人物戯画ちょうじゅじんぶつぎがとは 京都市右京区の高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物。国宝。鳥獣戯画とも呼ばれる。現在の構成は、甲・乙・丙・丁と呼ばれる全4巻からなる。内容は当時の世相を反映して動物や人物を戯画的に描いたもので、鳴呼絵(おこえ)に始まる戯画の集大成といえる。特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化して描かれた甲巻が非常に有名である。一部の場面には現在の漫画に用いられている効果に類似した手法が見られることもあって、「日本最古の漫画」とも称される。 注意 この商品は季節物ですので数量に限りがあります。メーカーの方で在庫切れになり次第終了となります。万が一売り切れの場合は、メールにてお知らせいたします。申し訳ございませんがあしからずご了承下さいませ。

送料無料
【茶道具・老松棗/なつめ 割蓋茶器】上 老松茶器(純銀金具付:溜塗) 久世宗春作 木製【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

17,280

【茶道具・老松棗/なつめ 割蓋茶器】上 老松茶器(純銀金具付:溜塗) 久世宗春作 木製【smtb-KD】

上老松茶器(純銀金具付:溜塗) 配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 作者上老松茶器(純銀金具付:溜塗)久世宗春作 サイズ蓋:約直径10.0(本体径9.0)×高5.2cm 箱木箱 備考表千家用 (目丸酒)(・21600) 【コンビニ受取対応商品】【上老松茶器(純銀金具付:溜塗)久世宗春作/なつめ・割蓋茶器(木製品)】 【久世宗春作】 ※1950年昭和25年生れ ※1961年昭和36年より師:父宗春に師事 ※1975年昭和50年2代目宗春を襲名 ※日芸展賞入賞・漆器協同組合理事長賞受賞 、以後茶道具専門の塗師として今日に至る・・・・・<参考資料>・・・・・ ●表千家用:表千家6世原叟(覚々斉)が、妙喜庵の松の木で作る 〇子供で3男の一燈宗室(裏千家中興の祖)…裏千家8 世が好みなをしています。 ●扱ひは大海と同樣なるも、蓋は「り」の字形に拭き、茶を入れる時は蓋を取らず、左掌へのせ、左の拇指で蓋の「左」の側を押へ、右手に茶杓を握込んで拇指・食指・中指の三本にて蓋の「右」の側を、左へ折返して、茶を掬ふべし。終れば此反對に扱うて、蓋をなす。 客方へ一覽に供する時は、袱紗を握込んで、先のように蓋をあけ、口の右側のみを竪に一度拭くべし。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【老松割蓋】※茶道用語集 井口海仙 表千家6代覚々斉:原痩が山崎妙喜庵の老松をもって50個作った茶器。蓋は割り蓋になっており、銀のちょうつがいで留めてある。 溜塗りである。 原痩の箱書きに「山崎妙喜禅庵茶亭之側有老松枯滑拙採之以作 茶湯之珍器遺愛於千歳」とある。 ・・・・・<扱い方は大海と同様・・>・・・・・ 一、薄器として用いるので、扱い方は平素の如く、左手に載せて縦に「り」の字形に拭く。 一...

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】雪吹茶器 立雛蒔絵 (欅木地) 福田耕一作 (お雛様/内裏雛)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

68,342

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】雪吹茶器 立雛蒔絵 (欅木地) 福田耕一作 (お雛様/内裏雛)【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径6.5×高7cm 素材欅 作者福田耕一作 箱木箱 (大) 【コンビニ受取対応商品】父【福田芳郎 本名(芳雄)】 子【福田耕一 本名:耕一郎】日本工芸会正会員 ※高校卒後、茶道具専門挽き込専門技術を師:福田芳郎に師事し製作に入る ※山中町で漆器蒔絵師として父:芳郎のロクロ挽き込技法と独自の沈金技法を用いて活躍中 ・・・・<参考資料>・・・・ 【茶器/雪吹】ちゃき・ふぶき ◆雪吹(吹雪:上・下の分からない形) ・・・・・・・ 父【福田芳朗:本名(芳雄)】 ※昭和07年生まれ ※昭和21年15歳で師:父の栄次郎より挽き物工芸技術の指導を受ける ※昭和45年唐木・煤竹の材で寿輪挽き込み象嵌棗を制作 ◆重要無形文化財保持者氷見晃堂氏よりデザインの指導を受ける ※石川県山中温泉市 ※ 日本工芸会正会員:山中漆器:ろくろ挽きの名工 子【福田耕一 本名:耕一郎】 略歴 昭和33年5月石川県山中に生まれる 昭和52年高校卒後、茶道具専門挽き込専門技術を師:福田芳郎に師事し製作に入る ※以後毎年入選する 平成05年日本工芸会正会員に選出さる ●山中町で漆器蒔絵師として父:芳郎のロクロ挽き込技法と独自の沈金技法を用いて活躍中

送料無料
【茶器/茶道具 水次(水注)】 片口水次 壺々(壷ツボ) 通次嵩山作 裏千家用 (木箱)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

73,440

【茶器/茶道具 水次(水注)】 片口水次 壺々(壷ツボ) 通次嵩山作 裏千家用 (木箱)【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約高16cm約蓋の直径16cm約口から持ち手までの長さ28cm 作者通次嵩山作 箱木箱 (酒)(・73440)【水次(水注)】 ●水次は水注とも書きます。 ●釜・水指に水を補うための道具です。 ●片口水次と水次薬鑵(水次やかん)の2種類があります。 【水次(みずつぎ)】 ●表千家 腰黒ヤカンを使用します。 小四方棚で塗りの水次(春慶塗り・溜塗り)を使用することもあるようです。 〇裏千家 使い分けとしては、水屋はともかく、お手前でつかう場合はお棚により、使い分けます。 腰黒ヤカン:お棚手前で、4本足の棚は水指を手前に出して腰黒ヤカンで水を注ぎます。 片口水次:2本足の棚は、水指を棚においたままで、水を注ぐ時は片口水次を使い水を注ぎます。 【通次嵩山(つうじ すうざん)】通次阿山の妻 1945年昭和20年08月京都生 1963年昭和38年 京焼の作陶に拘る 1970年昭和45年 寛斎・阿山(夫)の元で作陶、日本画 池田道夫師に師事 淡交ビエンナーレ入選 (通次阿山の父 京作家 日展作家 通次寛斉)

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 平棗 花筏蒔絵 玄々斎好写し 山下泰園作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

68,688

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 平棗 花筏蒔絵 玄々斎好写し 山下泰園作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径8.3×高5.4cm 箱木箱 作者山下泰園作玄々斎好写し(裏千家) (平棗・山棒柴)(・85860) 【コンビニ受取対応商品】【山下泰園】加賀蒔絵師 昭和36年 加賀に生まれる 高校卒業後:蒔絵師の坂下武雄(雄峰)氏に師事 5年後独立して、現在研鑽中 道場宗廣氏に師事し現在に至る。 【11代 玄々斎】裏千家 裏千家10世家元 認得斎の養子 三河奥殿藩主松平縫殿 頭乗友の子。幼名は千代松、号に不忘・虚白斎・寒雲等。 江戸〜明治への移行期に(茶の湯の革命児)と言われる。 10才で裏千家の養子となる。 50才で得度し、精中と称する。 茶箱立・立礼式を考案され、さらに和巾立ての復興など、茶の湯の近代化が行われた。 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器)<植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた> 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 平棗 溜塗り 桜蒔絵 岡本陽斎作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

32,400

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 平棗 溜塗り 桜蒔絵 岡本陽斎作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径8.3×高5.9cm 箱木箱 作者岡本陽斎作 (平棗・ス吉〜野棒岡)(・43200) 【コンビニ受取対応商品】【岡本陽斎】加賀蒔絵師 昭和36年 加賀に生まれる 高校卒業後:蒔絵師の坂下武雄(雄峰)氏に師事 5年後独立して、現在研鑽中 道場宗廣氏に師事し現在に至る。 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器)<植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた> 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク