メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「美術」検索結果。

美術の商品検索結果全13,130件中1~60件目

送料無料
観音像 高村光雲作品/聖観音像 丸台付 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

469,800

観音像 高村光雲作品/聖観音像 丸台付 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 聖観音像 丸台付 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅12×奥行11.5×高39.5cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

阿修羅像/ブロンズ製 喜多敏勝 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

145,800

阿修羅像/ブロンズ製 喜多敏勝 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

名工が手がけた阿修羅像仏教美術の代表作として知られる、奈良・興福寺の阿修羅像。興福寺では「興福寺国宝特別公開2017」と題し、2017年11月19日まで阿修羅像をはじめとした数々の国宝が公開されています。普段は非公開の仮講堂での展示ともあり、足を運ばれた方も多いのではないでしょうか。この阿修羅像、古代インドでは戦いの神とされているだけに荒ぶる姿で表現されることも多く「修羅場」という言葉の語源でもあるため、恐ろしい存在という印象を持たれがちです。しかし、興福寺の阿修羅像は、少年のようでありながらも凛とした表情で、人々の心を打ちます。ご紹介するのは、この阿修羅像をもとに、日展作家の喜多敏勝さんが精緻なブロンズ像で表現したものです。阿修羅像は3つの顔に6本の腕を持つ異形で、左の顔には怒り、右の顔には苦悩が見られます。愁いを秘めた正面の顔の眼には意志と力強さが感じられ、左、右、正面の順に見ることで阿修羅の心の変遷がわかります。像を手がけた喜多さんは、歴史ある鋳物師の家系に生まれました。喜多家は平安時代、近衛天皇へ御代鋳物燈炉を献上した際に、朝廷から鋳物制作への特権を与えられ、藤原の姓を賜ったといいます。喜多さんは日本古来の鋳物の伝統を引き継ぎ、塑像家の巨匠、故・米治一氏に師事。数々の伝統創作展で受賞を果たし、高い評価を得ています。国宝の阿修羅像は脱活乾漆造という特殊な技法で作られていますが、本像は富山県高岡市の伝統工芸、高岡銅器に伝わる蝋型鋳造の技術で制作。金箔や本漆を用いて仕上げを施し、乾漆に近い外観を見事に表現しています。4分の1スケールながら重厚感と品格溢れる像を、世にあまたある複製とは一線を画す芸術品としてご堪能ください。

送料無料
【送料無料】超大型ブロンズ製仏教美術毘沙門天四天王55cm銅像 彫刻 仏像 インテリア

西洋美術屋 楽天市場店

30,000

【送料無料】超大型ブロンズ製仏教美術毘沙門天四天王55cm銅像 彫刻 仏像 インテリア

毘沙門天(びしゃもんてん、梵名: ヴァイシュラヴァナ、梵: वैश्रवण, VaiśravaṇaまたはvaizravaNa)とは、仏教における天部の仏神で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神である。また四天王としてだけでなく、中央アジア、中国など日本以外の広い地域でも、独尊として信仰の対象となっており、様々な呼び方がある。 日本では四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例である。庶民における毘沙門信仰の発祥は平安時代の鞍馬寺である。鞍馬は北陸若狭と山陰丹波を京都と結ぶ交通の要衝でもあり古くから市が栄え、自然と鞍馬寺の毘沙門天の本来の神格である財福の神という面が強まり、また9世紀頃からは正月の追儺において、疫病を祓う役どころがかつての方相氏から毘沙門天と竜天のコンビに変わっていったことから無病息災の神という一面が加わる。平安時代末期にはエビスの本地仏ともされ、日本では毘沙門天は甲冑をつけた姿が主流となるがこの姿はエビス神の古い形態でもあり、このことは市場で祀られたことと関係がある。こうして福の神としての毘沙門天は中世を通じて恵比寿・大黒にならぶ人気を誇るようになる。室町時代末期には日本独自の信仰として七福神の一尊とされ、江戸時代以降は特に勝負事に利益ありとして崇められる。 毘沙門天の姿には三昧耶形が宝棒(仏敵を打ち据える護法の棍棒)、宝塔であるという他には、はっきりした規定はなく、様々な表現がある(後述)。日本では一般に革製の甲冑を身に着けた唐代の武将風の姿で表される。また、邪鬼と呼ばれる鬼形の者の上に乗ることが多い...

萩徳利 波多野善蔵 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

37,800

萩徳利 波多野善蔵 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

素朴さに静かな品格を併せ持つ萩焼を晩酌で愉しむ。旧萩城の城下町、山口県萩市に「波多野指月窯(はだのしげつがま)」を構える陶芸家、波多野善蔵さん。唐津焼、有田焼の修業を経て萩焼の道に入り、その作品が認められ文部大臣賞など多くの受賞歴を持つ名工です。2002年3月に山口県指定無形文化財保持者に認定。さらに2013年には文化財保護功労により旭日双光章を受章しました。書家の故・榊莫山氏も生前、波多野さんの作品に惚れ込み、「波多野さんの陶器の肌を、わたしはとてもすきなのである。(略)土のにおいそのままの肌なのが楽しい」と、窯元を訪れたときのエピソードを著書『莫山つれづれ』に記しています。同氏による窯元の看板の文字は、その親交の証です。萩焼は淡い白色や枇杷色とで、柔らかな手触り、口触りが特徴です。「使ううちに風合いが少しずつ変化していく面白さや、他の焼物に比べて軽くて扱いやすい点が魅力です」と波多野さんは語ります。ご紹介するのは、素朴な自然美を極めた萩焼の徳利。「どっしりとした見た目ですが比較的軽く、常に使ってもらえるような身近な作品になればと思います」。手にすれば美味いつまみと銘酒を用意したくなることうけあいです。品格を携えた実用の美を存分に愉しんでください。

親王雛飾り 高 明 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

32,400

親王雛飾り 高 明 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

ほのぼのとした味わいが魅力の優美な「陶雛」。いくつになっても雛祭りは愉しいものです。大げさな段飾りではなく、男雛と女雛だけの親王飾りで春の訪れを満喫できます。そんな折に最適なのが、こちらの愛らしい「親王雛飾り」。手がけたのは、日本工芸会正会員である九谷焼の伝統工芸士、高明さん。九谷焼は絵付の技術を駆使した焼物で、上絵のバリエーションの豊富さも魅力のひとつ。歴代作家たちが切磋琢磨し、釉彩、釉裏金銀彩、青・白粒、金銀彩などをはじめとする秀麗な作風を作り上げてきました。高さんは「人のやらないことをやってみたい」と伝統画風に加え、独自の作風を追求しています。こちらは従来の器や壺の制作とは異なり、肩の力を抜いたような愛らしい作品に仕上げました。「手で触っていただいても心地よくなるような、全体に柔らかいイメージにしたかったので、金襴が映える丸みを帯びた優しいシェイプにしました」。写真ではわかりにくいかもしれませんが、白粒を全面に施し、金彩を載せています。「上絵だけで、最高約850℃から約680℃まで、4回ほど焼いています」と高さん。ほのぼのとした味わいが魅力の、優雅で気品に富む雛人形です。

陶彫/狛犬 宮本直樹 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

29,160

陶彫/狛犬 宮本直樹 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

表現力豊かな陶製彫刻の守り神九谷焼の置物は数あれど、それを手がける作家は絵付のみの場合が多いですが、日展作家であり九谷焼の伝統工芸士でもある宮本直樹さんは、陶器の置物を型づくりから制作しています。ご紹介するのは、その宮本さんが手がけた愛らしい狛犬の作品です。宮本さんは九谷焼という日本を代表する伝統的焼物の窯元の二代目でありながら彫刻家を目指し、近代彫刻界の巨匠・朝倉文夫氏に師事。朝倉彫塑塾での6年に及ぶ内弟子生活で、彫刻技術とそこに魂を吹き込む精神を養いました。それゆえ、宮本さんの作品は、小さなサイズのものであっても細部までしっかりと彫り込まれています。宮本さんの作品作りはモチーフの持つ動きをよく観察し、本質を見極めて形作ることから始まります。そして粘土で原型彫刻を作り、それを分割して石膏型をとります。この時に原型をどのように分割して成型するかを考えるのですが、成型後の組み立てや仕上げにも彫刻のセンスが求められます。その後、素焼き、本焼き、上絵付という工程を経て入魂の作品が完成します。もちろん、この狛犬も同様の過程を経て仕上げられたものです。魔除けとして神の社を守る狛犬。宮本さんならではの愛くるしい表情が見る度に心を和ませてくれそうで、玄関に置けば、文字通り家の守り神になってくれるに違いありません。

送料無料
【送料無料】ブロンズ像仏教美術乗龍観音菩薩像42cm希少インテリア彫刻仏像

西洋美術屋 楽天市場店

24,800

【送料無料】ブロンズ像仏教美術乗龍観音菩薩像42cm希少インテリア彫刻仏像

観音菩薩(かんのんぼさつ、繁体字:觀音菩薩、梵: Avalokiteśvara Bodhisattva, アヴァローキテーシュヴァラ・ボーディサットヴァ)は、仏教の菩薩の一尊であり、北伝仏教、特に日本や中国において古代より広く信仰を集めている尊格である。「観世音菩薩」(かんぜおんぼさつ)または「観自在菩薩」(かんじざいぼさつ)ともいう。「救世菩薩」(くせぼさつ・ぐせぼさつ)など多数の別名がある。一般的には「観音さま」とも呼ばれる。 ・高さ:35センチ ・幅:15センチ ・奥行:15センチ ・重さ:6.1キロ ・材質:ブロンズ及び大理石 ◆注意事項◆ ★在庫数の更新は随時行っておりますが、実店舗でも販売しているためお買い上げいただいた商品が、在庫切れの場合がございます。その場合は、早急にお客様へご連絡をさせていただきます。 残念ながら入荷予定がない場合は、やむを得ずご注文をキャンセルさせていただく場合もございます。何卒ご容赦くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 ★商品の写真については、自然の光の下で実物を撮影しております。しかし、撮影時の背景、照明、使用機器の影響により色が実際の商品と異なる場合もあります。 また、商品の表面の色についてはすべて人工着色しております。できるだけ色の差が出ないよう努力しておりますが、完全に100%同じ色を出すことはできません。ご了承ください。 ★ブロンズ商品の形1つに1つの金型モデルとなっています。そのため同じタイプのブロンズ商品の出来上がりの大きさなどはすべて同じです。ブロンズ商品は、精巧な規格を測ることは難しく、とりわけ当方のブロンズ商品は動物のしっぽ、天使の羽、等は精巧に铸造した後、溶接していきます。(この工程によって動きを美しく見せることができます。...

ぐい呑み 奥山峰石 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

162,000

ぐい呑み 奥山峰石 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

人間国宝ならではの、上品で格調高いぐい呑み。ひんやりとした銀器ならではの感触、そして秀麗なる沈金の妙。重厚にして華やかな、春を待つ喜びに満ちたぐい呑みです。作品を手がけたのは、鍛金で数多くの賞を受賞、紫綬褒章も受けている人間国宝の奥山峰石氏です。鍛金とは、銀などの金属を木槌で叩いて形を作る技法のこと。古来、武具や酒器、茶道具などを作るときに用いられてきた手法です。その作業の大半は、ひたすら叩くことに費やされます。「鍛」とは鍛えることでもあり、金属を金鎚で丁寧に叩きながら思い通りの形に整え、丈夫にしてゆくという意味合いを持ちます。ご紹介するのは、上品で格調高いぐい呑み。一枚の銀板を叩きつつ立ち上げてボディを作り、先の丸い金鎚で鎚目を入れ、丹念に叩いて磨いていきます。器の内側や花芯などには金メッキが施されています。また、背面にも花とつぼみがさりげなく描かれており、小さな酒器をキャンバスとして、情感溢れる風景が繰り広げられているのです。まさに人間国宝ならではの逸品。この器で美酒に酔いしれるもよし、飾って日々眺めるのも愉しみな、実に優美なぐい呑みなのです。

屋久杉/自然仏壇 山王産業 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

486,000

屋久杉/自然仏壇 山王産業 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

代々受け継ぎたい重厚な逸品。神秘の長寿木に託す先祖への祈り。国内最大規模の原生林を有し、島の面積の約20%が世界遺産に登録されている屋久島。その島のシンボル、屋久杉には樹齢千年から三千年に達するものも少なくありません。〈山王産業〉は、自然倒木や江戸時代に残された根株を再利用し、その屋久杉の魅力を最大限に活かした家具や工芸品を製造、販売し、取り扱うのは屋久杉だけというこだわりを持つ会社です。ご紹介するのは、一本の屋久杉から作られたという、重厚感に溢れる仏壇です。「近年、巷では海外製の安価な仏壇が多くみられますが、日本の材料を使って日本人が作ったものを、日本人に使ってほしいのです」と同社代表の山王博和さん。長い年月風雨にさらされながらも腐らずに耐えた屋久杉の自然そのままの姿を活かして磨き上げています。木目や節に表れた生命力が圧巻で、見ているだけで自然への敬意に満たされるでしょう。無骨に見えますが、蝶番部分は丁寧に木で特別加工し、観音開きの扉には開けやすいように指を掛ける部分を作るなど、細部にまで心配りが行き届いたつくりも魅力。扉を開け閉めするとほのかに漂う清涼な香りにも心が安らぎます。 山王さんは、屋久杉の魅力をこう語ります。「一つは地球レベルでの生命力を感じること。二つ目は日本の空気と水を吸って育った純日本産の木であること。そして千年を超える長い歴史を有していること。香りが高く、それが持続すること。木目と色合いが得も言われぬものであることです」先祖への思いとともに、代々大切に受け継いでいきたい逸品です。

帝釈天像/ブロンズ製 村田 宏 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

162,000

帝釈天像/ブロンズ製 村田 宏 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

凛々しくも穏やかな顔立ちに、心奪われる格調高き帝釈天像京都・東寺にある平安期の国宝「帝釈天半跏像」で広く知られている帝釈天。古代インド神話に登場する武神、インドラを仏教に取り入れたもので、仏教では梵天と共に仏法を守護する護法善神です。闘神・阿修羅との壮絶な戦いの末に仏門に帰依し、その後は慈悲深く柔和な性質になったといわれています。ご紹介するのは、その国宝の帝釈天半跏像をもとに、造形作家の村田宏さんがブロンズ像で表現した作品です。村田さんは加賀藩前田家以来の伝統を受け継ぐ金工の本場、高岡生まれ。豊かな感性と優れた技術力から生まれる精密な表現が持ち味で、その実力は日展や日本現代工芸展などでの度重なる入選歴にも表れています。威厳を保ちつつも優雅で穏やかな表情を見せる、白象に乗って半跏踏み下げの姿勢をとる帝釈天。右手に持つのは煩悩を打ち砕く独鈷杵です。甲冑の上の長袂衣の立体感や頭上で結んだ宝髻、どっしりと構えた象のシワにもためらいのなさが感じられ、村田さんが得意とする精緻な表現が存分に発揮されています。ところで国宝の帝釈天像は、その端正な顔立ちから仏像ファン、特に女性の間では“男前"と人気があります。本像もまた、世にあまたある複製とは一線を画す名工ならではの輝きを放つ芸術品。ぜひこの機会に自分だけの念持仏としてみてはいかがでしょうか。

【版画・絵画】ラウル・デュフィ『ピンクのアネモネのある花束』ジクレー■限定250部・新品★

アート明日香

32,400

【版画・絵画】ラウル・デュフィ『ピンクのアネモネのある花束』ジクレー■限定250部・新品★

商品の詳細 作家名 ラウル・デュフィ 作品名 ピンクのアネモネのある花束 技法 ジクレー 外径サイズ 70×54 cm 作品サイズ 54×40 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定250部 ◆ ラウル・デュフィ(Raoul Dufy) ◆1877 6月3日、フランスのル・アーヴルで生まれる。 早くからコーヒー輸入会社に勤務する。1892 市立の美術学校の夜間課程に通う。1900 ル・アーヴル市より奨学金を得てパリに出る。 国立美術学校に学ぶ。1903 アンデパンダン展に出品(~1913年)。1905 サロン・ドートンヌで賞賛されたマティスの作品に 影響を受けフォービズムへと向かう。1906 ベルト・ヴェイルで初めての個展、 サロン・ドートンヌにも初めて出品。1910 生活に困窮し、生活のために版画制作を行う。 ギョーム・アポリネールと親交を結び、 彼の『動物詩集』のための挿絵を木版画で制作。1912 リヨンのビアンキーニ=フェリエ商会と デザイナー契約を結ぶ。1919 地中海のヴァンスに滞在、木版画をやめ、 リトグラフの制作をはじめる。1921 ベルネーム=ジュンヌ画廊で個展、 1932年まで定期的に展覧会を開催。1925 モロッコへ旅行し、水彩画を制作。1936 世界万博の電気館のパビィリオンのための 巨大な装飾壁画『電気の精』の依頼を受ける。1937 「アンデパンダン展の巨匠たち」展に34点を出品。1950 ボストンに渡り、リューマチの治療をうける。1952 ジュネーブの美術歴史博物館が最大規模の個展。 ヴェネツッア・ビエンナーレで国際大賞を受賞。1953 3月23日、心臓麻痺により逝去、享年75歳。 ※ 本商品は...

三分乃壱「兜」貝桶飾り 加藤鞆美 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

194,400

三分乃壱「兜」貝桶飾り 加藤鞆美 美術/工芸品 【ライトアップショッピングクラブ】

甲冑制作の巨匠が魂を込めた、風格あふれる美しき兜端午の節句には、できるだけ精巧で味わい深い逸品を飾り祝ってあげたいもの。本物が持つ美しさや価値は、幼い心にも伝わるからです。その点、六十有余年にわたり甲冑を手掛ける加藤鞆美氏が、豊富な知識と持てる技の粋を尽くして作り上げたこの三分乃壱「兜」は、まさしく職人魂が込められた名品です。鉢に真ちゅう、吹き返しに鹿革、房に正絹と古法そのままのつくりにより、室町時代の将軍の兜を見事なまでに再現したその佇まいは、三分の一の縮尺作品でありながらも風格があり、高貴な美しさを感じさせます。親から子へ、そして孫へと伝えたい小さな傑作です。仕舞えば雅やかな「貝桶」として部屋や玄関の調度品に。兜を収めるケースは、人形で名高い老舗〈久月〉の製作。優美な八角形の意匠は、平安時代の貴族の遊戯だった貝合わせの収納具として用いられた「貝桶」を象ったもの。観音開きにして中央に兜を、両側に弓と太刀を飾り、閉じればすっきりと仕舞える仕組みは実に粋です。三名の経済産業大臣認定の伝統工芸士が手掛けた、蒔絵も美しい貝桶は、床の間や棚の上などに飾って節句以外の時期にも風趣に富んだ美しい姿を楽しめます。出し入れの煩わしさや収納場所の悩みも解決してくれるアイデアで、贈り物にしても喜ばれる価値ある名品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク