メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「絵画シルクスクリーン」検索結果。

絵画シルクスクリーンの商品検索結果全1,264件中1~60件目

送料無料
絵画 「花と大地2」 本間武男画伯 【送料無料】

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

39,900

絵画 「花と大地2」 本間武男画伯 【送料無料】

←画像をクリックすると拡大されます 作品名 花と大地2 作 者 本間 武男 寸 法 額寸:約60cm×77cm 絵サイズ:約36cm×56cm 技 法 シルクスクリーン本間 武男 (1929-2006) 1929年北海道余市町に生まれる。 日本水彩画会宮崎信吉先生に師事。 電通イラストレーター・日宣美・日本デザイン協議会退会後 北海道放浪・東京銀座・日本橋・横浜・各地で個展。 画集『灰色の旅情』出版NHKで放映紹介される。国鉄総局のデザイン担当、花の北海道・ 最後のSL記念乗車券などがある。ジュネーブ・アテネ・ノルマンデー・オンフール・ バルセロナ・ストックホルム・ノルウェー・モデル市・イギリス・スコットランドで個展、 トウェンナレ展出品。ギリシャ芸術会議名誉参与・アンフナカフイキ夫人、スイス・ アーチボルド・クローニン、オーストラリア・ビクトリア大学美術館、イギリス・ エンジンバラ美術館、スイス・プティパレ美術館作品収蔵。 雪の北海層をテーマに全国各地で版画展開催。 1981年 紺綬褒賞受賞。 1982年 新宿センタービル51階・朝日生命ギャラリー・池袋西武・ 銀座松坂屋・札幌三越パステル画展開催。 1985年 郵政省お年玉付き年賀はがき原画制作。 北海道の四季絵入はがき原画制作。 1987年 郵政省お年玉付き年賀はがき原画制作。 1993年 スペイン王立美術院から感謝状贈呈される。 1994年 郵政省50円切手「エゾシカ」原画制作。 1998年 郵政省80円切手「ナナカマド」「芝ザクラ」原画制作。 1999年 オーストラリア メルボルン大丸にて個展開催。 フランス パリにて個展開催。 本間 武男シルクスクリーン版画 国内総販売元・川端美術店

★感謝祭★
送料無料
【送料無料】絵画:ジョルジュ・ド・ラトゥール「生誕」●サイズF10(53.0×45.5cm)●プレゼント・ギフト・風水にも人気な名画の絵画(油絵複製画)オーダーメイド制作◆無料で選べる額縁付き!◆...

絵画販売のアート名画館

48,384

【送料無料】絵画:ジョルジュ・ド・ラトゥール「生誕」●サイズF10(53.0×45.5cm)●プレゼント・ギフト・風水にも人気な名画の絵画(油絵複製画)オーダーメイド制作◆無料で選べる額縁付き!◆...

額装選択をお忘れなくお願いします! ≪↑クリックで全体図を表示↑≫ ↑有料額をご希望の場合はコチラから! ↑アクリル板&マット/オプション仕上げをご希望の場合はコチラから! 有名絵画の油絵複製画は祝い事のプレゼントにも大人気!誕生日プレゼント・母の日プレゼント・新築祝い・結婚祝い・出産祝い・還暦祝い・風水インテリアに、ポスターやシルクスクリーンでは得られない感動を呼び起こす油彩画を!絵画(油絵複製画)制作 F10(53.0×45.5cm) ジョルジュ・ド・ラトゥール 「生誕」 ▼画家紹介 ----------------------------------------------------------------------- 1593年~1652年 アカデミック・バロック・古典主義ジョルジュ・ド・ラトゥール (Georges de La Tour) 1593年、現フランス(当時まだフランスの一部ではなかったロレーヌ公国)の小さな町ヴィック=シュル=セイユのパン屋の家庭に誕生。ラトゥールの作品は、戦乱などのためその多くが失われ、今日まで伝わるのは僅か40点あまりにすぎない。それだけでなく、ラトゥールに関する資料も、作品同様ほとんど残されていないため希少性の高い画家だと言える。フランス王ルイ13世に認められていた彼は、ルイ13世のために多くの作品を描き残したと言われている。 ▼作品紹介 ----------------------------------------------------------------------- ジョルジュ・ド・ラトゥール【生誕】1648-51年頃 原画サイズ(91×76cm)所蔵:レンヌ美術館 1593年ロレーヌ公国(現フランス)生まれの古典主義の画家、ジョルジュ・ド・ラトゥール...

★感謝祭★
送料無料
【送料無料】絵画:フランシスコ・デ・ゴヤ「我が子を喰らうサトゥルヌス」●サイズF12(60.6×50.0cm)●プレゼント・ギフト・風水にも人気な名画の絵画(油絵複製画)オーダーメイド制作...

絵画販売のアート名画館

52,704

【送料無料】絵画:フランシスコ・デ・ゴヤ「我が子を喰らうサトゥルヌス」●サイズF12(60.6×50.0cm)●プレゼント・ギフト・風水にも人気な名画の絵画(油絵複製画)オーダーメイド制作...

額装選択をお忘れなくお願いします! ≪↑クリックで全体図を表示↑≫ ↑有料額をご希望の場合はコチラから! ↑アクリル板&マット/オプション仕上げをご希望の場合はコチラから! 有名絵画の油絵複製画は祝い事のプレゼントにも大人気!誕生日プレゼント・母の日プレゼント・新築祝い・結婚祝い・出産祝い・還暦祝い・風水インテリアに、ポスターやシルクスクリーンでは得られない感動を呼び起こす油彩画を!絵画(油絵複製画)制作 F12(60.6×50.0cm) フランシスコ・デ・ゴヤ 「我が子を喰らうサトゥルヌス」 ▼画家紹介 ----------------------------------------------------------------------- 1746年~1828年 ロマン主義フランシスコ・デ・ゴヤ (Francisco Jose de Goya y Lucientes) スペインの巨匠、近代絵画の創始者とも言われる、フランシスコ・デ・ゴヤ。14歳の頃からサラゴーサで地元の画家に師事して絵画の修行を開始。タピスリーの下絵描きとして修業を積む。1770年にイタリア留学に行くが、帰ってきたあとも、依然としてタピスリーの下絵を描く仕事は続いた。長年タピスリーの下絵を描く仕事をしていたゴヤにチャンスが訪れたのは1774年。このとき初めて王室のタピスリーの下絵を描いた。それからというのも1786年に40歳で国王カルロス3世付き画家となり、その後1789年には念願だった宮廷画家となり、首席宮廷画家の地位にまでのぼりつめた。しかし、1792年、不治の病に侵され聴力を失うと、そこからの作風は暗い色彩のものへと変化する。当時のスペインの自由主義者弾圧を避けて1824年、78歳の時にフランスに亡命。1826年、宮廷画家を引退する。1828年...

★感謝祭★
スポンサーリンク
スポンサーリンク