メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「竹久夢二 肉筆」検索結果。

竹久夢二 肉筆の商品検索結果全7件中1~7件目

こちらの関連商品はいかがですか?

竹久夢二 木版画『黒船屋』【絵画】【通販・販売】

東京書芸館

345,600

竹久夢二 木版画『黒船屋』【絵画】【通販・販売】

■技法 : 木版画(43版75度摺) ■素材:越前特製生漉奉書紙 ■寸法(約) : [画寸]縦69.7×横27cm[額寸]縦91×横48.5×厚さ4.5cm、重さ6kg ■木製専用額、限定番号入り証紙つき ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は商品1点につき1,620円(税込)をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる竹久夢二 木版画『黒船屋』 描かれたのは夢二の愛した女性と、自画像の黒猫。 大正浪漫の色香が漂う美人画の最高峰。 「夢二式美人」を木版画で再現 ■愁いを含んだ表情の内に秘められた愛情、微笑みからは穏やかな優しさ…。絵の中心に配された黒猫は、女性に全てをゆだねるかのごとく安心して抱かれています。 本作品『黒船屋』は、日本女性の美しさと優しさを描いた天才画家・竹久夢二画伯による、大正ロマンの頂点であり、当時大流行した「夢二式美人画」を象徴する傑作。黒猫により女性の白い柔肌が引き立てられ、そのたおやかな姿態は夢二の真骨頂です。 ■大正3年、夢二は当時18歳だった笠井彦乃と恋に落ちました。彦乃の父に交際を禁じられていた二人は、駆け落ちして京都に行きます。しかし、幸せの時間もつかの間。彦乃は肺を病み、連れ戻されてしまいました。愛する人に会うことのできない煩悶とした中、夢二は『黒船屋』の創作に励むのです。図らずも画中に残ることとなった彦乃の面影。 限定番号入り証紙つき そして、愛おしく抱かれた黒猫は、まさしく夢二自身にほかなりません。本作品の完成後、夢二に届いたのは彦乃の訃報。まさに、『黒船屋』は最愛の女性への情熱と悲哀を描いた、夢二の人生そのものといえます。 ■夢二が最愛の女性に捧げたこの名画を、夢二作品の木版画制作で知られる「港屋」が手彫り手摺りで精緻に復刻。43枚の版木を使用し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク