メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「秋山巌」検索結果。

秋山巌の商品検索結果全12件中1~12件目

送料無料
秋山巌『奉る』木版画【B2871】・【版画・絵画・美術品】・動物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き 動物画 ふくろう 梟 カラス 烏 鳥 ■現品限り

ココクレアcococlea

28,860

秋山巌『奉る』木版画【B2871】・【版画・絵画・美術品】・動物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き 動物画 ふくろう 梟 カラス 烏 鳥 ■現品限り

商品の詳細 作家名 秋山巌 作品名 奉る 技法 木版画 額寸 530×410 (mm) 絵寸 330×270 (mm) 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き ■ 秋山巌(あきやまいわお)(Iwao Akiyama) ■1921 大分県竹田市に生まれる。1953 太平洋美術学校を卒業。1954 日本版画院に入会、棟方志功に師事。1955 木版画・銅版画・孔版画・黒画を修す。1966 日本カレッジウイメンズ版画展に初入選、以後招待作家。1977 棟方志功四大弟子展を開催。主なモチーフ:動物、民話、俳句。版種:木版・約3000種、銅版・約700種、その他・150種。個展:国内250以上、海外14回。所蔵 大英博物館、ヴィクトリア国立博物館、ハイファ美術館ティコティン日本美術館、ボン大学、 スコットランド国立美術館、他。現在:美術団体無所属、日本美術家連盟会員 木版画家としての作者は、師・棟方志功の技法と精神を忠実に伝承研磨しながら、志功独特のアクと念力の作風ではなく、近代的で知的な感覚での日本の木版画の伝統を、打ち出しているところに、貴重なオリジナリティがあります。 他の◆秋山巌◆作品を検索秋山巌『奉る』木版画・【版画・絵画・美術品】・動物画

送料無料
秋山巌『丘で見た』木版画【B2873】・【版画・絵画・美術品】・動物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き 動物画 梟 ふくろう 鳥 戦争 ■現品限り

ココクレアcococlea

28,860

秋山巌『丘で見た』木版画【B2873】・【版画・絵画・美術品】・動物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き 動物画 梟 ふくろう 鳥 戦争 ■現品限り

商品の詳細 作家名 秋山巌 作品名 丘で見た 技法 木版画 額寸 530×410 (mm) 絵寸 330×270 (mm) 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き ■ 秋山巌(あきやまいわお)(Iwao Akiyama) ■1921 大分県竹田市に生まれる。1953 太平洋美術学校を卒業。1954 日本版画院に入会、棟方志功に師事。1955 木版画・銅版画・孔版画・黒画を修す。1966 日本カレッジウイメンズ版画展に初入選、以後招待作家。1977 棟方志功四大弟子展を開催。主なモチーフ:動物、民話、俳句。版種:木版・約3000種、銅版・約700種、その他・150種。個展:国内250以上、海外14回。所蔵 大英博物館、ヴィクトリア国立博物館、ハイファ美術館ティコティン日本美術館、ボン大学、 スコットランド国立美術館、他。現在:美術団体無所属、日本美術家連盟会員 木版画家としての作者は、師・棟方志功の技法と精神を忠実に伝承研磨しながら、志功独特のアクと念力の作風ではなく、近代的で知的な感覚での日本の木版画の伝統を、打ち出しているところに、貴重なオリジナリティがあります。 他の◆秋山巌◆作品を検索秋山巌『丘で見た』木版画・【版画・絵画・美術品】・動物画

送料無料
秋山巌『兵を』木版画【B2867】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き 人物画 兵隊 戦争 隊列 ■現品限り

ココクレアcococlea

28,860

秋山巌『兵を』木版画【B2867】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き 人物画 兵隊 戦争 隊列 ■現品限り

商品の詳細 作家名 秋山巌 作品名 兵を 技法 木版画 額寸 530×410 (mm) 絵寸 330×270 (mm) 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き ■ 秋山巌(あきやまいわお)(Iwao Akiyama) ■1921 大分県竹田市に生まれる。1953 太平洋美術学校を卒業。1954 日本版画院に入会、棟方志功に師事。1955 木版画・銅版画・孔版画・黒画を修す。1966 日本カレッジウイメンズ版画展に初入選、以後招待作家。1977 棟方志功四大弟子展を開催。主なモチーフ:動物、民話、俳句。版種:木版・約3000種、銅版・約700種、その他・150種。個展:国内250以上、海外14回。所蔵 大英博物館、ヴィクトリア国立博物館、ハイファ美術館ティコティン日本美術館、ボン大学、 スコットランド国立美術館、他。現在:美術団体無所属、日本美術家連盟会員 木版画家としての作者は、師・棟方志功の技法と精神を忠実に伝承研磨しながら、志功独特のアクと念力の作風ではなく、近代的で知的な感覚での日本の木版画の伝統を、打ち出しているところに、貴重なオリジナリティがあります。 他の◆秋山巌◆作品を検索秋山巌『兵を』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

送料無料
秋山巌『兵を射つ』木版画【B2874】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き 人物画 兵隊 戦争 ■現品限り

ココクレアcococlea

28,860

秋山巌『兵を射つ』木版画【B2874】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き 人物画 兵隊 戦争 ■現品限り

商品の詳細 作家名 秋山巌 作品名 兵を射つ 技法 木版画 額寸 530×410 (mm) 絵寸 330×270 (mm) 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 落款付き ■ 秋山巌(あきやまいわお)(Iwao Akiyama) ■1921 大分県竹田市に生まれる。1953 太平洋美術学校を卒業。1954 日本版画院に入会、棟方志功に師事。1955 木版画・銅版画・孔版画・黒画を修す。1966 日本カレッジウイメンズ版画展に初入選、以後招待作家。1977 棟方志功四大弟子展を開催。主なモチーフ:動物、民話、俳句。版種:木版・約3000種、銅版・約700種、その他・150種。個展:国内250以上、海外14回。所蔵 大英博物館、ヴィクトリア国立博物館、ハイファ美術館ティコティン日本美術館、ボン大学、 スコットランド国立美術館、他。現在:美術団体無所属、日本美術家連盟会員 木版画家としての作者は、師・棟方志功の技法と精神を忠実に伝承研磨しながら、志功独特のアクと念力の作風ではなく、近代的で知的な感覚での日本の木版画の伝統を、打ち出しているところに、貴重なオリジナリティがあります。 他の◆秋山巌◆作品を検索秋山巌『兵を射つ』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

送料無料
秋山巌『戦争が』木版画【B2872】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 人物画 抽象画 ■現品限り

ココクレアcococlea

28,860

秋山巌『戦争が』木版画【B2872】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン 人物画 抽象画 ■現品限り

商品の詳細 作家名 秋山巌 作品名 戦争が 技法 木版画 額寸 530×410 (mm) 絵寸 330×270 (mm) 良好(シートに多少波打ちあり) 限定150部 額付き 作者直筆サイン ■ 秋山巌(あきやまいわお)(Iwao Akiyama) ■1921 大分県竹田市に生まれる。1953 太平洋美術学校を卒業。1954 日本版画院に入会、棟方志功に師事。1955 木版画・銅版画・孔版画・黒画を修す。1966 日本カレッジウイメンズ版画展に初入選、以後招待作家。1977 棟方志功四大弟子展を開催。主なモチーフ:動物、民話、俳句。版種:木版・約3000種、銅版・約700種、その他・150種。個展:国内250以上、海外14回。所蔵 大英博物館、ヴィクトリア国立博物館、ハイファ美術館ティコティン日本美術館、ボン大学、 スコットランド国立美術館、他。現在:美術団体無所属、日本美術家連盟会員 木版画家としての作者は、師・棟方志功の技法と精神を忠実に伝承研磨しながら、志功独特のアクと念力の作風ではなく、近代的で知的な感覚での日本の木版画の伝統を、打ち出しているところに、貴重なオリジナリティがあります。 他の◆秋山巌◆作品を検索秋山巌『戦争が』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
伊藤若冲筆 「豆花双鶏図」 木版画 (掛け軸)

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

189,000

伊藤若冲筆 「豆花双鶏図」 木版画 (掛け軸)

画像をクリックすると拡大されます 作品名 豆花双鶏図(掛け軸) 作 者 伊藤若冲 いとうじゃくちゅう 技 法 木版画 摺師:佐治敬造(12版39度摺) 寸 法 軸寸:160×5.5cm 画寸:79×37cm 略年譜 1716年-1800年(享保元年-寛政12年) 江戸中期京都画壇を代表する画家の一人。 名は汝鈞(じょきん)、字は景和。 若冲のほか、斗米庵、米斗庵の号がある。 京都錦小路の青物問屋の長男に生まれ、 家業のかたわら、狩野派に学ぶが、 その粉本主義に不満をもち、宗・元画に直接近づいた。 40歳で家業を弟に譲り、生涯妻子を持たず絵画制作に専心、 濃彩の花鳥画と水墨画に異色の画風を作りあげた。 この時代には、本草学の流行にみられる 実証主義的な風潮を背景に、 円山応挙のような写生主義を唱える画家が生まれた。 数10羽の鶏を飼って形状を写しとったという逸話が 若冲にもあり、身の回りの動・植物をモチーフにした作品が多い。 しかし、写生を重視する平明な表現を標榜した応挙と 比べると、同じく事物の具体性をよりどころとしながらも 若冲画の場合には対象の形態と緻密な細部描写とが 想像力にみちた主観性の強い画面に再構成され、 独自の空間表現と装飾効果が求められている。 若冲の創作態度は、当時流行した設色稠密な 沈銓の花鳥画よりも、若冲が熱中したと伝えられる 明代を中心にした中国絵画の模写に啓示を受けている。 濃彩の花鳥画の代表作には若冲が京都相国寺に 寄進した≪動植綵絵≫(1757-66)と ≪仙人掌群鶏図襖≫(1790)がある。 水墨画には軽妙でユーモラスな作品が多いが、 画箋紙に墨がにじむ性質を巧みに利用しており、こうした高度な技法が生む表現効果には 濃彩の作品に通じるマチェールの画家としての 側面がうかがえる。 水墨画の代表作に...

送料無料
上村淳之 木版画「爽秋」

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

157,500

上村淳之 木版画「爽秋」

◆上村 淳之 木版画◆ ■作者肉筆サイン入・落款・番号入 ■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(F5相当) ■額寸:天地490ミリ×左右590ミリ ←画像をクリックすると拡大されます。 上村 淳之 「爽秋」そうしゅう 鑑賞木版画 額装品 上村淳之画伯は、上村松園、松篁と代々続く、京の「美の系譜」に連なる 正統派花鳥画の第一人者です。 画伯はまた、千羽を超える鳥類を手ずから飼育する鳥類研究家でもあり、 その描くところは、常に自然の中に身をおき、五感によって感じとった、 自然の配色の妙や生き物たちの形の不思議と生命の躍動をそのまま画布に 写しとっているかのようです。 本作は、秋冷の清澄な空間に、羽ばたく小禽「尉鶲」(じょうびたき)の 美しい姿を見事に捉えています。 鳥の羽ばたきにつれて、あえかにふるえる芒の穂先、緊張感あふれる 構図の中に、美の一刹那がきらりと輝いています。 木版画のもつ深い味わいも併せてご鑑賞下さい。 「尉鶲」(じょうびたき) スズメ目ヒタキ科の小鳥で、大きさは雀位。 秋から冬にかけて野原、田畑で多く見られる。 姿は美しく、黒い羽に白斑があるので、紋付鳥ともいう。 上村淳之 略歴 1933年京都に生まれる。祖父母松園、父松篁ともに日本画家。 1956年新製作教会展初入選。(以後、連続入選) 1959年京都市立美術大学専攻科を修了。 1968年創画会春季展賞受賞 1986年新制作協会展で、新作家賞を受賞、会友となる。 1978年第5回創画展「晨」が創画会賞受賞。文化庁買上。 1981年創画会会員となる。 1984年京都市立芸術大学教授となる。 1994年松伯美術館が開館、館長となる。 1995年日本芸術院賞を受賞。 1999年京都市立芸術大学副学長となる。 2002年日本芸術院会員となる。 2003年古希記念...

送料無料
上村淳之 木版画「早春」

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

157,500

上村淳之 木版画「早春」

◆上村 淳之 木版画◆ ■作者肉筆サイン入・落款・番号入 ■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(扇面) ■額寸:天地410ミリ×左右670ミリ ←画像をクリックすると拡大されます。 上村 淳之 「早春」そうしゅん 鑑賞木版画 額装品 上村淳之画伯は、自らも1000羽を超える 鳥たちと共に暮らす愛鳥家で鳥類研究家としても 名高く、豊かな自然に恵まれた環境の中で、花を愛し 鳥を慈しみ、風を想い月に心通わせる、まさに東洋画の 伝統「花鳥風月」の精神を一身に受け継いだ芸術家であります。 本作は、扇面という技法的にも極めて難しい空間に松の新芽と 愛らしい小鳥菊戴(きくいただき)が構図もすっきりと 描かれています。 春の訪れを寿ぎ、小鳥は生命の賛歌を歌い上げているようです。 銀箔をおいた背景も、落ち着きのある装飾性とともに 絵に奥行と気品を与えています。 鳥のことを知り尽くし、人の心を鳥に託して描く画伯ならではの 典雅な作品となっています。 木版画のもつ深い味わいも併せてご鑑賞下さい。 上村淳之 略歴 1933年京都に生まれる。祖父母松園、父松篁ともに日本画家。 1956年新製作教会展初入選。(以後、連続入選) 1959年京都市立美術大学専攻科を修了。 1968年創画会春季展賞受賞 1986年新制作協会展で、新作家賞を受賞、会友となる。 1978年第5回創画展「晨」が創画会賞受賞。文化庁買上。 1981年創画会会員となる。 1984年京都市立芸術大学教授となる。 1994年松伯美術館が開館、館長となる。 1995年日本芸術院賞を受賞。 1999年京都市立芸術大学副学長となる。 2002年日本芸術院会員となる。 2003年古希記念「上村淳之展」巡回開催。 限定100部 ■作者肉筆サイン入・落款・番号入■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(扇面...

スポンサーリンク
スポンサーリンク