メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「神田手芸」検索結果。

神田手芸の商品検索結果全26件中1~26件目

海外で大人気 浮世絵 東都駿台 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 東都駿台 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画東都駿台はこちらのページでお求めいただけます。夏の暑い午後を描写した一枚です。緑の土坡、樹木がうだるような暑さを見せています。現在の神田にあたる駿河台の坂を行商人、六部、商人、侍たちが、暑い日ざしの中を行き来しています。遠景に見える富士山も夕焼けのなかで熱をもったような熱さを感じます。また右手前の家の屋根も熱く乾いているようです。夏の暑さを描写して、ここまで表現出来るのはやはり北斎であると感心してしまいます。【東都駿台】 (とうと するがだい) 【東都駿台(とうと するがだい)】 夏の暑い午後を描写した一枚です。 緑の土坡、樹木がうだるような暑さを見せています。現在の神田にあたる駿河台の坂を行商人、六部、商人、侍たちが、暑い日ざしの中を行き来しています。遠景に見える富士山も夕焼けのなかで熱をもったような熱さを感じます。また右手前の家の屋根も熱く乾いているようです。夏の暑さを描写して、ここまで表現出来るのはやはり北斎であると感心してしまいます。 大名屋敷にむかうであろう武士一行が往来の賑やかさを演出しています。 山の際から見える武家屋敷の屋根。一体に数多く武家屋敷があることを連想させます。 屋根の際から見える控え目ながら存在感のある富士山。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

送料無料
送料無料 鏑木清方 朝涼 彩美版 シルクスクリーン 掛軸 掛け軸【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

194,400

送料無料 鏑木清方 朝涼 彩美版 シルクスクリーン 掛軸 掛け軸【smtb-k】【ky】

朝 涼 k239 大正14年(1925年)第6回帝国美術院展出品作 鎌倉市鏑木清方記念美術館蔵 作品からは、少女の髪形やしぐさからあどけなさが伝わり、 緑と紫を基調とした色合いと相まって清楚な感じが表現されています。 残月を背景に、朝露が滴るみずみずしさが漂います。 清方は、作品を描くにあたって美しさを求めただけでなく、 当時の風俗を後世に伝えようという意図も持っていました。 風俗や女性の髪形、帯や着物の模様など、細部にまで こだわって描いています。 (鎌倉市鏑木清方記念美術館 主任学芸員 宮崎徹氏による解説より抜粋) 【 彩美版とは 】 画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された 新時代の画期的な技法による複製画です。 最新のデジタル画像処理技術と高精度プリントにより、原画の 持つ微妙なニュアンスや作家の筆使いといった絵の鼓動までも が表現されています。 鏑木清方 明治11 東京神田に生まれる 明治24 永野年方に入門 大正8 第1回帝展審査員をつとめる 大正14 「朝涼」を制作 昭和2 帝国美術院賞を受賞 昭和12 帝国芸術院会員となる 昭和19 帝室技芸員に任命される 昭和21 第1回日展の審査員をつとめる 昭和29 文化勲章受章 昭和47 逝去 享年93歳 平成10 鎌倉市に鏑木記念美術館開館 原画所蔵 鎌倉市鏑木清方記念美術館 版 式 彩美版・シルクスクリーン併用 限定:100部 画面寸法 天地:100.0cm×左右:38.5cm 掛軸寸法 天地:169.0cm×左右:57.0cm 用 紙 特製絹本 表 装 三段表装 天 地:白茶無地 中 廻:薄茶綿ムラ経 風帯・一文字:牙地唐花唐草文金襴 軸 先:朱塗頭切 付属品:柾目桐箱(タトウ付き) 写真は出来るだけ実物と近づけていますがどうしても差異が発生する事があります...

送料無料
送料無料 紙雛図 酒井抱一 絵画 版画 彩美版 掛軸 掛け軸【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

97,200

送料無料 紙雛図 酒井抱一 絵画 版画 彩美版 掛軸 掛け軸【smtb-k】【ky】

紙雛図(かみびなず) k214 寸 法 【絵寸】縦70cm×横28.2cm 【軸寸】丈161cm×幅44cm 【技法】彩美版 ※彩美版とは・・・ 画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法による複製画です。 最新のデジタル加工処理技術と高精度プリントにより、 原画のもつ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった絵の鼓動までもが表現されています。 【用紙】特製絹本 【表装】三段表装 【天地】無地 【中廻】焦茶二重蔓牡丹緞子 【一文字】新金襴 【軸先】為塗 原画所蔵:財団法人逸翁美術館 複製画 【証明】奥付に所蔵美術館検印入り 作 家酒井抱一(さかい・ほういち) 宝暦11年(1761) 7月1日、姫路藩主酒井忠仰の第4子次男として神田小川町別邸に生まれる。 安永6年(1777)元服。その後、俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と交わる。 寛政2年(1790)句集『軽挙館句藻』を刊行。 寛政9年(1796)西本願寺分如の弟子として出家し、等覚院文詮?真と称す。浅草千束に移住して抱一と称す。 文化6年(1809)下根岸大塚に新居を建て鴬邨を別号とする。 文化12年(1815) 光琳百回忌と遺墨展を催し、『光琳百図』前編と『緒方流略印譜』を刊行。 文化14年(1817) 『鴬邨画譜』を刊行し、雨華庵号を用いる。 文政6年(1823)『乾山遺墨』を刊行。 文政9年(1826)『光琳百図』後篇を刊行。 文政11年(1828) 11月29日逝去。享年68歳 写真は出来るだけ実物と近づけていますがどうしても差異が発生する事がありますのでご了承下さい。

送料無料
送料無料 紙雛図 酒井抱一 絵画 版画 彩美版【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

97,200

送料無料 紙雛図 酒井抱一 絵画 版画 彩美版【smtb-k】【ky】

紙雛図(かみびなず) s019 寸 法 【絵寸】縦70cm×横28.2cm 【額寸】縦87.5cm×横42.3cm 体 裁 【技法】彩美版 ※彩美版とは・・・ 画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法による複製画です。 最新のデジタル加工処理技術と高精度プリントにより、 原画のもつ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった絵の鼓動までもが表現されています。 【用紙】特製絹本 【額縁】高級木製和額、アクリル付 【重量】約2.4kg 【付属品】黄布袋・吊紐付 原画所蔵:財団法人逸翁美術館 複製画 【証明】奥付に所蔵美術館検印入り 作 家酒井抱一(さかい・ほういち) 宝暦11年(1761) 7月1日、姫路藩主酒井忠仰の第4子次男として神田小川町別邸に生まれる。 安永6年(1777)元服。その後、俳諧に凝り、歌・能・茶などの文人墨客と交わる。 寛政2年(1790)句集『軽挙館句藻』を刊行。 寛政9年(1796)西本願寺分如の弟子として出家し、等覚院文詮?真と称す。浅草千束に移住して抱一と称す。 文化6年(1809)下根岸大塚に新居を建て鴬邨を別号とする。 文化12年(1815) 光琳百回忌と遺墨展を催し、『光琳百図』前編と『緒方流略印譜』を刊行。 文化14年(1817) 『鴬邨画譜』を刊行し、雨華庵号を用いる。 文政6年(1823)『乾山遺墨』を刊行。 文政9年(1826)『光琳百図』後篇を刊行。 文政11年(1828) 11月29日逝去。享年68歳 写真は出来るだけ実物と近づけていますがどうしても差異が発生する事がありますのでご了承下さい。

謎の詩人和馬の直筆詩額『商売繁盛』"神田明神"御守り付(B5サイズ)!!【書画/インテリア/御祝い/メッセージ/ギフト/贈り物/贈答品/詩人/和馬くらぶ/縁起物/店】

和馬くらぶ

8,500

謎の詩人和馬の直筆詩額『商売繁盛』"神田明神"御守り付(B5サイズ)!!【書画/インテリア/御祝い/メッセージ/ギフト/贈り物/贈答品/詩人/和馬くらぶ/縁起物/店】

謎の詩人和馬のあなたに贈る言葉の『商売繁盛』"神田明神"御守り付!(B5サイズ) 商売をされている方、必見です! 幸福を呼び込んでくれる言葉です。 謎の詩人和馬氏が、心を込めて書いてくれますから、きっと商売が上手くいきます。 しかも、縁結び、商売繁盛、除災厄除の神様、神田明神の御守り付! これは、商売繁盛間違いなし! この機会に購入して頂き、この言葉と御守りと共に、新年をより良い年にして下さい! 商品説明カラー台紙:黒×文字:金 台紙:白×文字:黒 台紙:赤×文字:金サイズ 作品 縦 182mm 横 257mm商品説明商品は、作品を額に入れた状態で、お送り致します。画像の額とは色、形が違う場合がありますことを、ご了承下さい。謎の詩人 和馬何が出来るかわかりません。何も出来ないことばかりかもしれません。しかし、あなたの心の奥の想いに訴えかけること、そっと背中を押すことは出来るかもしれません。あなたが辛いとき、ほんの少しでも力になりたい。あなたが悲しいとき、「大丈夫ですよ」と勇気付けたい。あなたが苦しいとき、「そんなに頑張らないで力を抜いて」と伝えたい。私のほんのちょっとだけいい言葉で、たった一人でもほんの少しでも笑顔になってもらえたならば、それはとても嬉しいことです。ひとりでも多くの人にもっと楽に生きて欲しい。もっともっと夢を叶えて欲しい。自分をもっともっと楽しんで欲しい。そう願いながら、今日もどこかでほんのちょっとだけいい言葉を綴ってまいります。いつか笑顔のあなたに出逢えるその時を心より待ち望みながら…。和馬氏本人が新しい作品や日々の出来事などTwitterやブログで綴っています。興味のある方は"謎の詩人和馬"で検索してみて下さい。

送料無料
送料無料 手ぬぐい 江戸百景 神田紺屋町 てぬぐい 手拭い【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

2,104

送料無料 手ぬぐい 江戸百景 神田紺屋町 てぬぐい 手拭い【smtb-k】【ky】

商品名(柄) 江戸百景 神田紺屋町 商品詳細 浮世絵師・歌川広重の最晩年の傑作より 約37×90cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移る場合がございますのでご注意ください。 お洗濯の際は単独で、たっぷりの水で手洗いしてください。浸け置きはお避けください。 2枚以上 お買い上げの方は5%OFFとなります。 こちらの手ぬぐいはレビューを書いたら5%OFFの割引の対象にはなりません。 こちらの商品はメール便にてお送りさせて頂きます。 メール便の為、日時・時間指定は出来ません。 メール便の為、配送後、2日~4日程、お時間がかかります。 メール便の為、商品代引きは取扱いが御座いません。 ご了承の程、宜しくお願い致します。 文永堂商品名(柄) 江戸百景 神田紺屋町 商品詳細 浮世絵師・歌川広重の最晩年の傑作より 約37×90cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移る場合がございますのでご注意ください。 お洗濯の際は単独で、たっぷりの水で手洗いしてください。浸け置きはお避けください。 2枚以上 お買い上げの方は5%OFFとなります。 こちらの手ぬぐいはレビューを書いたら5%OFFの割引の対象にはなりません。 こちらの商品はメール便にてお送りさせて頂きます。 メール便の為、日時・時間指定は出来ません。 メール便の為、配送後、2日~4日程、お時間がかかります。 メール便の為、商品代引きは取扱いが御座いません。 ご了承の程、宜しくお願い致します。 文永堂

★値下げ交渉可能品★(おたからや美術画廊)中島千波●神田の大糸櫻(山梨県)/風景画/春/本人サイン/花見/絵画/版画/アート/美術品/保証23508mo

おたからや美術画廊・骨董館

131,068

★値下げ交渉可能品★(おたからや美術画廊)中島千波●神田の大糸櫻(山梨県)/風景画/春/本人サイン/花見/絵画/版画/アート/美術品/保証23508mo

当店販売の美術品作品は全て真作を 保証しておりますのでご安心してご購入ください ※詳しくはこちらの真作保証についてをご確認ください   ★値下げ交渉可能品★多数ございます お気軽にお問合せください ※商品名に ★値下げ交渉可能品★ と入っている物のみが対象品ですのでご注意ください 商品説明 作家名 中島千波 作品名 神田の大糸櫻 技法 リトグラフ・シルクスクリーン併用 サイン・印・エディション 右下に本人サイン・印・左下にed(81/150) 作品ランク 「A」 額ランク 「A」 作品状態 概ね良好 額状態 アクリル板にスレ 額寸 縦約64cm・横約77cm 画寸 縦約38.5cm・横約53cm 支持体・額裏 額裏に版元シール 付属品 さし箱・黄袋 備考 - ストア管理番号 A23508 送料 3700円 ※当商品は中古品になりますので中古品の性質をよくご理解していただいた上ご購入ください   ※飾った状態で確認できるマイナスポイントがない場合良好とさせていただいております。 画像を良くご覧になり、全文を最後までお読みになってから、ご納得の上でご購入ください。 ※一部複製画や模写等の販売もございます。商品説明、画像等よくご覧になってご購入ください。 ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので万が一品切れの場合ご了承ください。■現物に近い色合いを出せるようにしておりますがモニター環境の違い等による差異はご了承ください。 ■額縁等はあくまでも付帯品としてお考えください。販売しているのは作品そのものですので、額・箱等に関する購入後のクレームはご遠慮ください。 ■万一お届け商品が下記の項目に該当する場合、商品到着後7日以内にご連絡ください。誠意をもって早急に対応させていただきます。 ※お届け商品が、ご注文の品と違った場合...

葛飾北斎『富嶽三十六景 東都駿台』木版画【A1423】・【版画・絵画・美術品】 新品 額付 箱付 浮世絵 富嶽三十六景 富士山 富士 北斎 ■現品限り

ココクレアcococlea

5,550

葛飾北斎『富嶽三十六景 東都駿台』木版画【A1423】・【版画・絵画・美術品】 新品 額付 箱付 浮世絵 富嶽三十六景 富士山 富士 北斎 ■現品限り

商品の詳細 作家名 葛飾北斎 作品名 富嶽三十六景 東都駿台 技法 木版画 額寸 ヨコ440×タテ360(mm) 絵寸 ヨコ290×タテ195(mm) 新品 額付 箱付 駿台とは駿河台の略称。現在の御茶ノ水駅付近の、神田川の南側の台地のことです。この辺りの土地が駿府城在播衆に下賜されたためにこの名がついたとも、富士が手のひらの上に載せられたようによく見えるため名付けられたとも言います。本作は、その駿河台を、神田川の北側である湯島側から眺めた構図と思われます。■葛飾北斎(かつしかほくさい)■1760(宝暦十年)誕生1778(安永七年)19歳、勝川春章に師事、春朗と号す。黄表紙のさし絵や役者絵をかく。 1780-1800(天明・寛政のころ) 歌川豊春、司馬江漢の影響を受け、洋風技法を学び、遠近法、陰影法の研究を続ける。 1801(享和一年)洋風技法による『くだんうしがふち』『たかはしのふじ』などの「ひらがながき」の洋風版画をかいた。横文字でかいたようにみえるサインがある。 1823(文政六年)『富嶽三十六景』をかきはじめる。 1834(天保五年)『富嶽百景』をかきはじめる。 1849(嘉永二年)北斎没、享年九十歳。作品は三万枚を超えるが『富嶽百景』は完結せず。 他の◆葛飾北斎◆作品を検索葛飾北斎『富嶽三十六景 東都駿台』木版画・【版画・絵画・美術品】

送料無料
掛け軸/掛軸【趣味画額】「きっと咲く しあわせの花いちりん」桃【中】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

まろ庵

5,400

掛け軸/掛軸【趣味画額】「きっと咲く しあわせの花いちりん」桃【中】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

■ 店長より一言コメント■ 解説どんな苦しい状況に置かれても、素直に一生懸命今を生きれば必ずいいことが訪れます。あなたの頑張りは無駄ではないのです。努力という種はいつか必ず花を咲かせ、あなたの実になるでしょう。※大サイズもご用意致しておりますこの作品は、特殊工芸技能を駆使して制作した作品です。■ 作家略歴安藤 實昭和二年愛知県旭町に生まれる。二十余年の美術教師退官後、陶芸の世界に没頭、織部焼の道を究める。後に熊谷守一画伯に出会い師と仰ぎ、書・日本画・洋画とその非凡な才能を開花させる。支持著名人も多く、興福寺貫首、海音寺潮五郎氏、神田川俊朗氏等がいる。安西碑林博物館展示、画集制作、評論にとその鬼才をしめす。■ 備考 ・完全受注生産の為、 ご注文後納期に10日程頂いております。 ・木製・前面アクリルカバー 表装柄が画像と異なる場合がございます。 ・送料・代引き手数料込み■ サイズ巾41cm×高さ33cm(額装)構図☆☆☆品格☆☆価格 ☆☆画像をクリックすると大きくなります 新品の掛け軸/掛軸を豊富に取り揃え販売!日本画画壇による名作をお値打ちに!流行に合わせた表装仕上げ! 掛軸のしおり ●初めて・自宅用の掛け軸(掛軸) 水墨山水・彩色山水・四季花・赤富士●新築・落成式用の掛け軸(掛軸) 富士・山水画・四季花・花鳥画●結婚・結納用の掛け軸(掛軸) 高砂・松竹梅鶴亀・夫婦昇鯉●出産・節句用の掛け軸(掛軸) 四季花・四君子・立雛・武者・兜・龍門●開店・開業祝用の掛け軸(掛軸) 七福神・富士・赤富士●節句用の掛け軸(掛軸) 立雛・武者・鐘馗・兜・龍門●お祝い用の掛け軸(掛軸) 山水画・四季花・富士・開運・吉祥●贈答用の掛け軸(掛軸) 山水・四季花・春・夏・秋・冬...

送料無料
掛け軸/掛軸【趣味画額】「いくつになっても 今が旬」葡萄【中】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

まろ庵

5,400

掛け軸/掛軸【趣味画額】「いくつになっても 今が旬」葡萄【中】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

■ 店長より一言コメント■ 解説私たちは今この時、この瞬間を生きています。そしてその積み重ねが人生です。だから若い時も年を経ても、今この時が最も良い時、いくつになっても旬なのです。いつも今この時を輝いて生きていたいものですね。※大サイズもご用意致しておりますこの作品は、特殊工芸技能を駆使して制作した作品です。■ 作家略歴安藤 實昭和二年愛知県旭町に生まれる。二十余年の美術教師退官後、陶芸の世界に没頭、織部焼の道を究める。後に熊谷守一画伯に出会い師と仰ぎ、書・日本画・洋画とその非凡な才能を開花させる。支持著名人も多く、興福寺貫首、海音寺潮五郎氏、神田川俊朗氏等がいる。安西碑林博物館展示、画集制作、評論にとその鬼才をしめす。■ 備考 ・完全受注生産の為、 ご注文後納期に10日程頂いております。 ・木製・前面アクリルカバー 表装柄が画像と異なる場合がございます。 ・送料・代引き手数料込み■ サイズ巾41cm×高さ33cm(額装)構図☆☆☆品格☆☆価格 ☆☆画像をクリックすると大きくなります 新品の掛け軸/掛軸を豊富に取り揃え販売!日本画画壇による名作をお値打ちに!流行に合わせた表装仕上げ! 掛軸のしおり ●初めて・自宅用の掛け軸(掛軸) 水墨山水・彩色山水・四季花・赤富士●新築・落成式用の掛け軸(掛軸) 富士・山水画・四季花・花鳥画●結婚・結納用の掛け軸(掛軸) 高砂・松竹梅鶴亀・夫婦昇鯉●出産・節句用の掛け軸(掛軸) 四季花・四君子・立雛・武者・兜・龍門●開店・開業祝用の掛け軸(掛軸) 七福神・富士・赤富士●節句用の掛け軸(掛軸) 立雛・武者・鐘馗・兜・龍門●お祝い用の掛け軸(掛軸) 山水画・四季花・富士・開運・吉祥●贈答用の掛け軸(掛軸) 山水・四季花・春・夏・秋...

送料無料
掛け軸/掛軸【趣味画額】「いくつになっても 今が旬」葡萄【大】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

まろ庵

7,200

掛け軸/掛軸【趣味画額】「いくつになっても 今が旬」葡萄【大】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

■ 店長より一言コメント■ 解説私たちは今この時、この瞬間を生きています。そしてその積み重ねが人生です。だから若い時も年を経ても、今この時が最も良い時、いくつになっても旬なのです。いつも今この時を輝いて生きていたいものですね。※中サイズもご用意致しておりますこの作品は、特殊工芸技能を駆使して制作した作品です。■ 作家略歴安藤 實昭和二年愛知県旭町に生まれる。二十余年の美術教師退官後、陶芸の世界に没頭、織部焼の道を究める。後に熊谷守一画伯に出会い師と仰ぎ、書・日本画・洋画とその非凡な才能を開花させる。支持著名人も多く、興福寺貫首、海音寺潮五郎氏、神田川俊朗氏等がいる。安西碑林博物館展示、画集制作、評論にとその鬼才をしめす。■ 備考 ・完全受注生産の為、 ご注文後納期に10日程頂いております。 ・木製・前面アクリルカバー 表装柄が画像と異なる場合がございます。 ・送料・代引き手数料込み■ サイズ巾48cm×高さ39cm(額装)構図☆☆☆品格☆☆価格 ☆☆画像をクリックすると大きくなります 新品の掛け軸/掛軸を豊富に取り揃え販売!日本画画壇による名作をお値打ちに!流行に合わせた表装仕上げ! 掛軸のしおり ●初めて・自宅用の掛け軸(掛軸) 水墨山水・彩色山水・四季花・赤富士●新築・落成式用の掛け軸(掛軸) 富士・山水画・四季花・花鳥画●結婚・結納用の掛け軸(掛軸) 高砂・松竹梅鶴亀・夫婦昇鯉●出産・節句用の掛け軸(掛軸) 四季花・四君子・立雛・武者・兜・龍門●開店・開業祝用の掛け軸(掛軸) 七福神・富士・赤富士●節句用の掛け軸(掛軸) 立雛・武者・鐘馗・兜・龍門●お祝い用の掛け軸(掛軸) 山水画・四季花・富士・開運・吉祥●贈答用の掛け軸(掛軸) 山水・四季花・春・夏・秋...

送料無料
掛け軸/掛軸【趣味画額】「自分を信じて 一歩ずつ」苺【大】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

まろ庵

7,200

掛け軸/掛軸【趣味画額】「自分を信じて 一歩ずつ」苺【大】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

■ 店長より一言コメント■ 解説長い人生、いろいろなことがあります。嬉しいこと、楽しいこともあれば、悲しいこと、苦しいことも勿論あります。苦境に立たされた時にこそ、自分を信じてみてください。きっと道が開けるはずです。※中サイズもご用意致しておりますこの作品は、特殊工芸技能を駆使して制作した作品です。■ 作家略歴安藤 實昭和二年愛知県旭町に生まれる。二十余年の美術教師退官後、陶芸の世界に没頭、織部焼の道を究める。後に熊谷守一画伯に出会い師と仰ぎ、書・日本画・洋画とその非凡な才能を開花させる。支持著名人も多く、興福寺貫首、海音寺潮五郎氏、神田川俊朗氏等がいる。安西碑林博物館展示、画集制作、評論にとその鬼才をしめす。■ 備考 ・完全受注生産の為、 ご注文後納期に10日程頂いております。 ・木製・前面アクリルカバー 表装柄が画像と異なる場合がございます。 ・送料・代引き手数料込み■ サイズ巾48cm×高さ39cm(額装)構図☆☆☆品格☆☆価格 ☆☆画像をクリックすると大きくなります 新品の掛け軸/掛軸を豊富に取り揃え販売!日本画画壇による名作をお値打ちに!流行に合わせた表装仕上げ! 掛軸のしおり ●初めて・自宅用の掛け軸(掛軸) 水墨山水・彩色山水・四季花・赤富士●新築・落成式用の掛け軸(掛軸) 富士・山水画・四季花・花鳥画●結婚・結納用の掛け軸(掛軸) 高砂・松竹梅鶴亀・夫婦昇鯉●出産・節句用の掛け軸(掛軸) 四季花・四君子・立雛・武者・兜・龍門●開店・開業祝用の掛け軸(掛軸) 七福神・富士・赤富士●節句用の掛け軸(掛軸) 立雛・武者・鐘馗・兜・龍門●お祝い用の掛け軸(掛軸) 山水画・四季花・富士・開運・吉祥●贈答用の掛け軸(掛軸) 山水・四季花・春・夏・秋・冬...

送料無料
掛け軸/掛軸【趣味画額】「きっと咲く しあわせの花いちりん」桃【大】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

まろ庵

7,200

掛け軸/掛軸【趣味画額】「きっと咲く しあわせの花いちりん」桃【大】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

■ 店長より一言コメント■ 解説どんな苦しい状況に置かれても、素直に一生懸命今を生きれば必ずいいことが訪れます。あなたの頑張りは無駄ではないのです。努力という種はいつか必ず花を咲かせ、あなたの実になるでしょう。※中サイズもご用意致しておりますこの作品は、特殊工芸技能を駆使して制作した作品です。■ 作家略歴安藤 實昭和二年愛知県旭町に生まれる。二十余年の美術教師退官後、陶芸の世界に没頭、織部焼の道を究める。後に熊谷守一画伯に出会い師と仰ぎ、書・日本画・洋画とその非凡な才能を開花させる。支持著名人も多く、興福寺貫首、海音寺潮五郎氏、神田川俊朗氏等がいる。安西碑林博物館展示、画集制作、評論にとその鬼才をしめす。■ 備考 ・完全受注生産の為、 ご注文後納期に10日程頂いております。 ・木製・前面アクリルカバー 表装柄が画像と異なる場合がございます。 ・送料・代引き手数料込み■ サイズ巾48cm×高さ39cm(額装)構図☆☆☆品格☆☆価格 ☆☆画像をクリックすると大きくなります 新品の掛け軸/掛軸を豊富に取り揃え販売!日本画画壇による名作をお値打ちに!流行に合わせた表装仕上げ! 掛軸のしおり ●初めて・自宅用の掛け軸(掛軸) 水墨山水・彩色山水・四季花・赤富士●新築・落成式用の掛け軸(掛軸) 富士・山水画・四季花・花鳥画●結婚・結納用の掛け軸(掛軸) 高砂・松竹梅鶴亀・夫婦昇鯉●出産・節句用の掛け軸(掛軸) 四季花・四君子・立雛・武者・兜・龍門●開店・開業祝用の掛け軸(掛軸) 七福神・富士・赤富士●節句用の掛け軸(掛軸) 立雛・武者・鐘馗・兜・龍門●お祝い用の掛け軸(掛軸) 山水画・四季花・富士・開運・吉祥●贈答用の掛け軸(掛軸) 山水・四季花・春・夏・秋・冬...

送料無料
掛け軸/掛軸【趣味画額】「たったひとつの あなたのいのち 光ってる」蜜柑【中】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

まろ庵

5,400

掛け軸/掛軸【趣味画額】「たったひとつの あなたのいのち 光ってる」蜜柑【中】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

■ 店長より一言コメント■ 解説人はみな同じように見えても、中身は全く異なるいきもの。それぞれ個性豊かで、その違いがいいのです。世界にたった一人しかいないあなた。その貴重な命の輝きを大切に、これからも過ごしてください。※大サイズもご用意致しておりますこの作品は、特殊工芸技能を駆使して制作した作品です。■ 作家略歴安藤 實昭和二年愛知県旭町に生まれる。二十余年の美術教師退官後、陶芸の世界に没頭、織部焼の道を究める。後に熊谷守一画伯に出会い師と仰ぎ、書・日本画・洋画とその非凡な才能を開花させる。支持著名人も多く、興福寺貫首、海音寺潮五郎氏、神田川俊朗氏等がいる。安西碑林博物館展示、画集制作、評論にとその鬼才をしめす。■ 備考 ・完全受注生産の為、 ご注文後納期に10日程頂いております。 ・木製・前面アクリルカバー 表装柄が画像と異なる場合がございます。 ・送料・代引き手数料込み■ サイズ巾41cm×高さ33cm(額装)構図☆☆☆品格☆☆価格 ☆☆画像をクリックすると大きくなります 新品の掛け軸/掛軸を豊富に取り揃え販売!日本画画壇による名作をお値打ちに!流行に合わせた表装仕上げ! 掛軸のしおり ●初めて・自宅用の掛け軸(掛軸) 水墨山水・彩色山水・四季花・赤富士●新築・落成式用の掛け軸(掛軸) 富士・山水画・四季花・花鳥画●結婚・結納用の掛け軸(掛軸) 高砂・松竹梅鶴亀・夫婦昇鯉●出産・節句用の掛け軸(掛軸) 四季花・四君子・立雛・武者・兜・龍門●開店・開業祝用の掛け軸(掛軸) 七福神・富士・赤富士●節句用の掛け軸(掛軸) 立雛・武者・鐘馗・兜・龍門●お祝い用の掛け軸(掛軸) 山水画・四季花・富士・開運・吉祥●贈答用の掛け軸(掛軸) 山水・四季花・春・夏・秋・冬...

送料無料
掛け軸/掛軸【趣味画額】「たったひとつの あなたのいのち 光ってる」蜜柑【大】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

まろ庵

7,200

掛け軸/掛軸【趣味画額】「たったひとつの あなたのいのち 光ってる」蜜柑【大】(安藤 實)【送料無料】【代引き手数料無料】

■ 店長より一言コメント■ 解説人はみな同じように見えても、中身は全く異なるいきもの。それぞれ個性豊かで、その違いがいいのです。世界にたった一人しかいないあなた。その貴重な命の輝きを大切に、これからも過ごしてください。※中サイズもご用意致しておりますこの作品は、特殊工芸技能を駆使して制作した作品です。■ 作家略歴安藤 實昭和二年愛知県旭町に生まれる。二十余年の美術教師退官後、陶芸の世界に没頭、織部焼の道を究める。後に熊谷守一画伯に出会い師と仰ぎ、書・日本画・洋画とその非凡な才能を開花させる。支持著名人も多く、興福寺貫首、海音寺潮五郎氏、神田川俊朗氏等がいる。安西碑林博物館展示、画集制作、評論にとその鬼才をしめす。■ 備考 ・完全受注生産の為、 ご注文後納期に10日程頂いております。 ・木製・前面アクリルカバー 表装柄が画像と異なる場合がございます。 ・送料・代引き手数料込み■ サイズ巾48cm×高さ39cm(額装)構図☆☆☆品格☆☆価格 ☆☆画像をクリックすると大きくなります 新品の掛け軸/掛軸を豊富に取り揃え販売!日本画画壇による名作をお値打ちに!流行に合わせた表装仕上げ! 掛軸のしおり ●初めて・自宅用の掛け軸(掛軸) 水墨山水・彩色山水・四季花・赤富士●新築・落成式用の掛け軸(掛軸) 富士・山水画・四季花・花鳥画●結婚・結納用の掛け軸(掛軸) 高砂・松竹梅鶴亀・夫婦昇鯉●出産・節句用の掛け軸(掛軸) 四季花・四君子・立雛・武者・兜・龍門●開店・開業祝用の掛け軸(掛軸) 七福神・富士・赤富士●節句用の掛け軸(掛軸) 立雛・武者・鐘馗・兜・龍門●お祝い用の掛け軸(掛軸) 山水画・四季花・富士・開運・吉祥●贈答用の掛け軸(掛軸) 山水・四季花・春・夏・秋・冬...

送料無料
奥山義八朗『村から五竜を望む』木版画【A235】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 額付き 作者サインあり 風景画 雪国 雪中 季節冬 ■現品限り

ココクレアcococlea

27,750

奥山義八朗『村から五竜を望む』木版画【A235】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 額付き 作者サインあり 風景画 雪国 雪中 季節冬 ■現品限り

商品の詳細 作家名 奥山義八朗 作品名 村から五竜を望む 技法 木版画 額寸 ヨコ575xタテ455 (mm) 絵寸 ヨコ455xタテ235 (mm) 良好 額付き 作者サインあり ■ 奥山 儀八郎(おくやま ぎはちろう)1907年2月17日 ~ 1981年10月1日 日本の木版画家。山形県出身。主に商業広告版画・創作版画を手がけた。1907年山形県西村山郡寒河江町(現・寒河江市)に生まれる。子供の頃から木版画に親しみを持つ1928年に日本創作版画協会展に初入選を果たした。 同年その技量を買われて日本毛織宣伝部の広告作家として数々の商業広告を手がけ、 後に大高重治とともにニッカウヰスキーのポスター・ウイスキーラベルのデザインも制作した。1936年に浮世絵研究家の石井研堂に師事し、伝統的技法の復興に注力した。 また、自らのコーヒー好きが高じて歴史等を研究しコーヒーの多様な呼び方を表した木版画「かうひい異名熟字一覧」を制作した。 金田信武の株式会社金田商店の代表的作家として活躍した後、1949年から1952年、千代田区神田小川町で自ら日本版画研究所を運営し、 新版画といわれる浮世絵と同様の彫師、摺師による分業制作の木版画を創り始める。1954年には松戸市下矢切に自宅と工房を開設し、住居周辺を題材にした作品を制作した。1965年には伊藤左千夫の小説を記念にした野菊の墓文学碑を自宅近くの西蓮寺に建てることの発起人となった。 西連寺の一室には彼の版画が10数点展示されている。1981年10月に74歳で死去。1998年遺族がイギリス王室のビクトリアアンド・アルバート美術館から依頼を受け、ニッケのポスターを出展した。 他の◆奥山義八朗◆作品を検索奥山義八朗『村から五竜を望む』木版画・【版画・絵画・美術品】・風景画

送料無料
鏑木清方『朝涼』彩美版・シルクスクリーン併用 複製画 掛軸

内田画廊

194,400

鏑木清方『朝涼』彩美版・シルクスクリーン併用 複製画 掛軸

朝 涼 大正14年(1925年)第6回帝国美術院展出品作 鎌倉市鏑木清方記念美術館蔵 作品からは、少女の髪形やしぐさからあどけなさが伝わり、 緑と紫を基調とした色合いと相まって清楚な感じが表現されて います。 残月を背景に、朝露が滴るみずみずしさが漂います。 清方は、作品を描くにあたって美しさを求めただけでなく、 当時の風俗を後世に伝えようという意図も持っていました。 風俗や女性の髪形、帯や着物の模様など、細部にまで こだわって描いています。 (鎌倉市鏑木清方記念美術館 主任学芸員 宮崎徹氏による解説より抜粋) 【 彩美版とは 】 画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された 新時代の画期的な技法による複製画です。 最新のデジタル画像処理技術と高精度プリントにより、原画の 持つ微妙なニュアンスや作家の筆使いといった絵の鼓動までも が表現されています。 鏑木清方 明治11 東京神田に生まれる 明治24 永野年方に入門 大正8 第1回帝展審査員をつとめる 大正14 「朝涼」を制作 昭和2 帝国美術院賞を受賞 昭和12 帝国芸術院会員となる 昭和19 帝室技芸員に任命される 昭和21 第1回日展の審査員をつとめる 昭和29 文化勲章受章 昭和47 逝去 享年93歳 平成10 鎌倉市に鏑木記念美術館開館 原画所蔵   鎌倉市鏑木清方記念美術館   版 式 彩美版・シルクスクリーン併用 限定:100部 画面寸法 天地:100.0cm×左右:38.5cm 掛軸寸法 天地:169.0cm×左右:57.0cm 用 紙 特製絹本 表 装 三段表装 天 地:白茶無地 中 廻:薄茶綿ムラ経 風帯・一文字:牙地唐花唐草文金襴 ...

【内祝い お返し・22%OFF】神田川俊郎 神田川美味彩色盆付トリオ鉢 KA-230413 ※【お中元/出産内祝い/出産祝い/出産/ギフト/結婚内祝い/香典返し 満中陰志/結婚式引き出物/法事...

ギフト工房 愛来-内祝・引出物通販

2,106

【内祝い お返し・22%OFF】神田川俊郎 神田川美味彩色盆付トリオ鉢 KA-230413 ※【お中元/出産内祝い/出産祝い/出産/ギフト/結婚内祝い/香典返し 満中陰志/結婚式引き出物/法事...

【ギフト対応】 内祝い お返し お盆に乗せたまま食卓へ出せる、ちょっとしたおつまみに最適。●材質/磁器、盆:木製●セット内容/小鉢(Φ10.7×4cm)×3、盆(12×34×3.8cm)×1●箱サイズ(約)/14×35×6cm●箱入重量(約)/0.7kg●原産国/日本※日本製 ※のし包装(ラッピング)はひとつずつ無料で致します。●あらゆるギフトシーンにどうぞ 内祝い・お返し・出産・出産内祝い・結婚・結婚内祝い・御礼・快気祝い・快気内祝い・御見舞御礼・全快祝い・お祝い・祝い返し・結婚式・引き出物・結婚祝い・結婚内祝い・ 引越しご挨拶・父の日・母の日・敬老の日・入学内祝い・入園内祝い・成人式・初節句・新築内祝い・粗品・記念品・二次会・景品・周年記念・コンペ景品・プレゼント・誕生日・お中元・残暑見舞い・お歳暮・御年賀・贈答品・総合通販・一周忌・三回忌・法事引出物・香典返し・初盆・志・回忌法要・還暦御祝い・開店お祝い・退職・卒業記念品・お餞別・心ばかり・大量注文可・内祝・御返し・出産内祝・結婚内祝・お礼・快気祝・快気内祝・全快祝・御祝い・御祝・結婚式・引出物・結婚祝・御結婚お祝い・御結婚御祝・結婚御祝・結婚内祝・引越挨拶・引越御挨拶・挨拶・御挨拶・ごあいさつ・ご挨拶・入学内祝・入園内祝・新築内祝・周年記念・ギフト・誕生日・中元・御中元・残暑見舞・残暑御見舞・歳暮・年賀・お年賀・法事・法要・法事引き出物・香典・還暦祝・還暦御祝・還暦お祝い・開店祝・開店御祝・開店御祝い・開店祝い出産祝い・餞別・メッセージカード無料 メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています

こちらの関連商品はいかがですか?

海外で大人気 浮世絵 江都駿河町三井見世略図 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 江都駿河町三井見世略図 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画江都駿河町三井見世略図はこちらのページでお求めいただけます。素晴らしい春景色の舞台は、現在の日本橋三越。沖天には凧がゆるりと舞い、日本橋駿河町の三井見世を両角にした通りの正面に白雪を頂いた富士山が端然と描かれています。軒先の看板には「現金掛け値なし」という商売口上も描かれ、当時の江戸商家の姿を鮮明に伝えています。瓦の修理をする三人の屋根屋の姿がいかにも動的で、絵をさらに清新なものにしています。風景のなかに働く者の姿を描き込むことで、絵をより身近なものとしてくれています。【江都駿河町三井見世略図】 (こうと するがちょう みつい みせりゃくず) 【江都駿河町三井見世略図(こうと するがちょう みつい みせりゃくず)】 素晴らしい春景色の舞台は、現在の日本橋三越。 沖天には凧がゆるりと舞い、日本橋駿河町の三井見世を両角にした通りの正面に白雪を頂いた富士山が端然と描かれています。軒先の看板には「現金掛け値なし」という商売口上も描かれ、当時の江戸商家の姿を鮮明に伝えています。瓦の修理をする三人の屋根屋の姿がいかにも動的で、絵をさらに清新なものにしています。風景のなかに働く者の姿を描き込むことで、絵をより身近なものとしてくれています。 現在の三越の前身である三井越後屋の看板です。 三人の瓦職人の仕事ぶりが作品に躍動感を与えています。 存在感のある雪をまとった富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

海外で大人気 浮世絵 従千住花街眺望の不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 従千住花街眺望の不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画従千住花街眺望の不二はこちらのページでお求めいただけます。「武州干住」の田園風景とちがい、同じ干住でも干住の花街の裏手を遠くに見た、街道の賑わいを描いています。街道を進む大名行列の一行の土を踏む足音が聞こえてくるようです。遠くに見える富士山の端麗な姿が、花街とのいい対照を見せてくれます。中景の畑では農作業の休憩中でしょうか、大名行列が街道を行くのを眺める農夫の姿が見えます。春めいているのんびりとした雰囲気が漂う作品です。【従千住花街眺望の不二】 (せんじゅ はなまち よりちょうぼうのふじ) 【従千住花街眺望ノ不二(せんじゅ はなまち よりちょうぼうのふじ)】 「武州干住」の田園風景とちがい、同じ干住でも干住の花街の裏手を遠くに見た、街道の賑わいを描いています。 街道を進む大名行列の一行の土を踏む足音が聞こえてくるようです。遠くに見える富士山の端麗な姿が、花街とのいい対照を見せてくれます。中景の畑では農作業の休憩中でしょうか、大名行列が街道を行くのを眺める農夫の姿が見えます。春めいているのんびりとした雰囲気が漂う作品です。 端麗ながら存在感のある富士山 街道を進む大名行列の一行の土を踏む足音が聞こえてくるようです。 農作業の手を止め大名行列を眺める農夫。ほのぼのとした雰囲気が流れます。 ひしめきあう家々の向こうに青い空が広がります。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 相州梅沢左 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 相州梅沢左 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画相州梅沢左はこちらのページでお求めいただけます。北斎は自己の澄みきった心境をこの絵で表しています。それは富士山の圧倒的な美しさから伺い知ることができます。この霊山に配して鶴の群を描いている様は、おそらく白々明けの心も澄み渡った北斎の画境といっていいでしょう。薄紅色の雲から富士の稜線の美しさを見せた描写は、46枚中「凱風快晴」に次ぐものです。また画題の「梅沢左」とは、「梅沢庄」の誤彫りでしょう。【相州梅沢庄】 (そうしゅう うめざわのしょう) 【相州梅沢庄(そうしゅう うめざわのしょう)】 北斎は自己の澄みきった心境をこの絵で表しています。 それは富士山の圧倒的な美しさから伺い知ることができます。この霊山に配して鶴の群を描いている様は、おそらく白々明けの心も澄み渡った北斎の画境といっていいでしょう。薄紅色の雲から富士の稜線の美しさを見せた描写は、46枚中「凱風快晴」に次ぐものです。 薄紅色の雲、緑生い茂るやま、そして藍色の富士山。すがすがしいコントラストです。 藍一色で表現された富士山はとてもさわやかな印象です。 鶴の群れが新春のおめでたい雰囲気を演出します。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え...

海外で大人気 浮世絵 身延川裏不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 身延川裏不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画身延川裏不二はこちらのページでお求めいただけます。いかにも甲州の富士山の裏を思わせる作品です。そびえ立つ岩山の間に見える富士山の描写も厳しい姿で描かれています。身延川の急流も波を立てて流れ、そのとうとうたる水勢の波音が耳をふさぐほどに聞こえてくるようです。身延山久遠寺を訪れる街道の旅人、駄馬、駕籠の人など人物の配置も巧みで旅情があります。こうした人々と岩山との対照が中間の雲で仕切られ、とてもバランスの良い作品に仕上がっています。【身延川裏不二】 (みのぶがわ うらふじ) 【身延川裏不二(みのぶがわ うらふじ)】 いかにも甲州の富士山の裏を思わせる作品です。 そびえ立つ岩山の間に見える富士山の描写も厳しい姿で描かれています。身延川の急流も波を立てて流れ、そのとうとうたる水勢の波音が耳をふさぐほどに聞こえてくるようです。身延山久遠寺を訪れる街道の旅人、駄馬、駕籠の人など人物の配置も巧みで旅情があります。こうした人々と岩山との対照が中間の雲で仕切られ、とてもバランスの良い作品に仕上がっています。 豊かな富士川の流れを丁寧に表現しています。 険しい岩場がから顔を出す富士山が自然の厳しさを伝えてくれます。 街道らしい賑やかな人々の往来です。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判と...

海外で大人気 浮世絵 諸人登山 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 諸人登山 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画諸人登山はこちらのページでお求めいただけます。この絵には富士山の姿は描かれていません。なぜなら、この荒々しい岩肌こそが富士山そのものだからです。この絵は峨々たる山中の富士登山者を描いており、風景画というより風俗画といった方がいいかもしれません。白衣をまとった富士講の人々が白雲をついて登っていく姿のそれぞれに北斎独特の力強よい筆致が見られ、登山の困難が如実に伝わってくるようです。その登山者の心こそ、北斎の富士山に対する尊心のあらわれではないでしょうか。【諸人登山】 (しょにん とざん) 【諸人登山(しょにん とざん)】 この絵には富士山の姿は描かれていません。 なぜなら、この荒々しい岩肌こそが富士山そのものだからです。この絵は峨々たる山中の富士登山者を描いており、風景画というより風俗画といった方がいいかもしれません。白衣をまとった富士講の人々が白雲をついて登っていく姿のそれぞれに北斎独特の力強よい筆致が見られ、登山の困難が如実に伝わってくるようです。その登山者の心こそ、北斎の富士山に対する尊心のあらわれではないでしょうか。 白衣をまとった富士講の人々が黙々と霊峰富士山に登ってゆきます。 梯子をつたって険しい富士に登ります。 片寄せあいながら登山者が休憩を取っています。 ご来光間近の白みはじめた空に朝焼けの雲がたなびいています。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 甲州石班沢 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 甲州石班沢 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画甲州石班沢はこちらのページでお求めいただけます。石班沢は富士川に面した鰍沢あたりの急流を描いた作品です。この絵を見ると一幅の漢画を見る思いがします。激流のなかにつき出た巨巌の上で父子の漁師が綱を打っています。 その構図、その人物の配置、描写にはまことに北斎ならではの緊張感と構図美があります。中景の流れから富士山の厳しい姿への盛り上がりも、前景と調和がとれ、とても美しく仕上がっています。【甲州石班沢】 (こうしゅう かじかざわ) 【甲州石班沢(こうしゅう かじかざわ)】 石班沢は富士川に面した鰍沢あたりの急流を描いた作品です。 この絵を見ると一幅の漢画を見る思いがします。激流のなかにつき出た巨巌の上で父子の漁師が綱を打っています。 その構図、その人物の配置、描写にはまことに北斎ならではの緊張感と構図美があります。中景の流れから富士山の厳しい姿への盛り上がりも、前景と調和がとれ、とても美しく仕上がっています。 漁師の網を打つ姿が富士川の急流をうまく表現しています。 父の傍らで駕籠の中から何かを健気に儒云びする子供。緊張感の中にも穏やかな親子愛を感じます。 激しい波の描写は神奈川沖波裏を思わせます。北斎ならではの巧みな表現です。 藍の濃淡で端麗な姿で表現された富士山 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え...

海外で大人気 浮世絵 甲州三坂水面 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 甲州三坂水面 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画甲州三坂水面はこちらのページでお求めいただけます。河口湖北側にある三坂峠からの「さかさ富士」を絵にした作品です。湖面は波ひとつなく静かで、その水面に裏富士がくっきりと写っています。湖畔の民家もひっそりと眠る早暁の感じが、湖水にたった1艘浮かぶ漁舟の姿から読み取れます。「さかさ富士」は北斎の奇智にとんだ構図で見る人の目を楽しませてくれます。おそらく夏の風景ではありますが、湖に浮かぶ「さかさ富士」は雪をいただき、こうしたところに北斎のユーモアを感じます。【甲州三坂水面】 (こうしゅう みさか すいめん) 【甲州三坂水面(こうしゅう みさか すいめん)】 河口湖北側にある三坂峠からの「さかさ富士」を絵にした作品です。 湖面は波ひとつなく静かで、その水面に裏富士がくっきりと写っています。湖畔の民家もひっそりと眠る早暁の感じが、湖水にたった1艘浮かぶ漁舟の姿から読み取れます。「さかさ富士」は北斎の奇智にとんだ構図で見る人の目を楽しませてくれます。おそらく夏の風景ではありますが、湖に浮かぶ「さかさ富士」は雪をいただき、こうしたところに北斎のユーモアを感じます。 波ひとつない湖面に美しく映るさかさ富士は雪をまとっています。こんなところにも北斎の遊び心を感じます。 雄大に構える夏の富士山 ひっそりと湖面に浮かぶ一艘の船がひっそりとした早朝の雰囲気を伝えてくれます。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

海外で大人気 浮世絵 登戸浦 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 登戸浦 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画登戸浦はこちらのページでお求めいただけます。今は工業地帯になってしまいましたが、登戸は干葉県千葉市の海岸になります。ここは汐干狩の名所で、江戸からも行楽の人々が多かったようです。また、築地への荷を運ぶ湊の要所であり、当時の海上輸送の拠点でもありました。富士山はまだ春雪につつまれて彼方に遠く美しく見えます。汐干狩の人々のそれぞれの動作が面白く、いかにも愉しげです。海岸の丘陵の上に登戸神社があり、海中の鳥居はこの神社のもので、9月5日の祭礼には神社の神輿が海に入ります。【登戸浦】 (のぼとのうら) 【登戸浦(のぼとのうら)】 今は工業地帯になってしまいましたが、登戸は干葉県千葉市の海岸になります。ここは汐干狩の名所で、江戸からも行楽の人々が多かったようです。 また、築地への荷を運ぶ湊の要所であり、当時の海上輸送の拠点でもありました。富士山はまだ春雪につつまれて彼方に遠く美しく見えます。汐干狩の人々のそれぞれの動作が面白く、いかにも愉しげです。海岸の丘陵の上に登戸神社があり、海中の鳥居はこの神社のもので、9月5日の祭礼には神社の神輿が海に入ります。 潮干狩りをする人々から愉しげな雰囲気が伝わってきます。 潮干狩りする母親たちの周りで遊ぶ子供たち。この風景はいつの時代も変わりません。 鳥居越しに見える富士山はシンプルながらもさすがの存在感です。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

海外で大人気 浮世絵 相州箱根湖水 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 相州箱根湖水 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画相州箱根湖水はこちらのページでお求めいただけます。ここは箱根八里の難所で、旅人の心を慰める芦の湖周辺を描いた作品です。この絵は整然と描かれていますが、画面にかなり多くの霞を用いるあたりは北斎のひとつの試みといってよく、これが端正な風景を作り出しています。右手には箱根神社が描かれ、それに対し白雲に覆われた富士山の姿は、まこと静かな情景を生み出しています。なお、この霞の多用は北斎が大和絵を兼修した、その片鱗がここに表れたものです。【相州箱根湖水】 (そうしゅう はこね こすいず) 【相州箱根湖水(そうしゅう はこね こすいず)】 ここは箱根八里の難所で、旅人の心を慰める芦の湖周辺を描いた作品です。 この絵は整然と描かれていますが、画面にかなり多くの霞を用いるあたりは北斎のひとつの試みといってよく、これが端正な風景を作り出しています。右手には箱根神社が描かれ、それに対し白雲に覆われた富士山の姿は、まこと静かな情景を生み出しています。なお、この霞の多用は北斎が大和絵を兼修した、その片鱗がここに表れたものです。 木々の中から見えるのは箱根神社です。 木々の緑と湖の青が自然の絶妙な調和を生み出しています。 頂きに多くの雪をまとった富士山。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり...

海外で大人気 浮世絵 五百らかん寺さざえどう 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 五百らかん寺さざえどう 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画五百らかん寺さざえどうはこちらのページでお求めいただけます。五百羅漢寺は本所竪川五つ目(現在の江東区大島町付近)にあり、江戸の名所のひとつでした。「さざい堂」はその寺内にあった三層の堂宇で、ここから富士山を眺望することができ、多くの人で賑わったそうです。描かれているのは、町家の男や子供連れの女房、丁稚、そして札所廻りなどが、堅川越しにくっきりと浮かぶ富士山を楽しんでいるところです。なお、五百羅漢寺は現在、目黒に移転しています。【五百らかん寺さざえどう】 (ごひゃくらかんじ さざいどう) 【五百らかん寺さざゐどう(ごひゃくらかんじ さざいどう)】 五百羅漢寺は本所竪川五つ目(現在の江東区大島町付近)にあり、江戸の名所のひとつでした。 「さざい堂」はその寺内にあった三層の堂宇で、ここから富士山を眺望することができ、多くの人で賑わったそうです。描かれているのは、町家の男や子供連れの女房、丁稚、そして札所廻りなどが、堅川越しにくっきりと浮かぶ富士山を楽しんでいるところです。なお、五百羅漢寺は現在、目黒に移転しています。 ちょっと空いた時間に子連れで富士山を楽しむ女性たち。 人々が愛でる五百羅漢寺から見える富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり...

海外で大人気 浮世絵 甲州犬目峠 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 甲州犬目峠 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画甲州犬目峠はこちらのページでお求めいただけます。甲州街道犬目峠を描いた秀作のひとつです。この絵は構図的が絶妙で、左手の富士山に対し、左から右へと登る街道のカーブが機構的な美しさを表現しています。峠を登る旅人の足どりが険しいながらも、色彩もあいまってのんびりとした雰囲気さえ感じさせてくれます。峠の裾の二頭の駄馬と馬士、旅人の配置も絶妙です。全体の色調もすっきりとし、中間の白雲が効果的に機能し、絵を二分しない調和を見せています。富士山の裾野の代赭色もこの白雲によって生きています。【甲州犬目峠】 【甲州犬目峠】 甲州街道犬目峠を描いた秀作のひとつです。 この絵は構図的が絶妙で、左手の富士山に対し、左から右へと登る街道のカーブが機構的な美しさを表現しています。峠を登る旅人の足どりが険しいながらも、色彩もあいまってのんびりとした雰囲気さえ感じさせてくれます。峠の裾の二頭の駄馬と馬士、旅人の配置も絶妙です。全体の色調もすっきりとし、中間の白雲が効果的に機能し、絵を二分しない調和を見せています。富士山の裾野の代赭色(たいしゃいろ)もこの白雲によって生きています。 峠を登る旅人の足どりが険しいながらも、色彩もあいまってなぜかのんびりとした雰囲気醸し出しています。 富士裾野の代赭色(たいしゃいろ)が白雲に引き立てられています。 春の穏やかさを感じる富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

海外で大人気 浮世絵 本所立川 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 本所立川 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画本所立川はこちらのページでお求めいただけます。現在の深川木場と同じく、本所の竪川筋にも木材問屋が多くありました。このあたりを描いたもので佳作のひとつとして数えられています。縦の直線と横の直線を左右からつめて、その間に対岸の問屋街と手前に働く人物を配した北斎ならではの構図です。なによりもこの直線の技巧は秀技で、さらに人物の生き生きした動作の巧みなこと。また北斎独特の遠近法を駆使し、材木の間から見える富士山の姿も素晴らしい。【本所立川】 【本所立川】 現在の深川木場と同じく、本所の竪川筋にも木材問屋が多くありました。 このあたりを描いたもので佳作のひとつとして数えられています。縦の直線と横の直線を左右からつめて、その間に対岸の問屋街と手前に働く人物を配した北斎ならではの構図です。なによりもこの直線の技巧は秀技で、さらに人物の生き生きした動作の巧みなこと。また北斎独特の遠近法を駆使し、材木の間から見える富士山の姿も素晴らしい。 材木を受け取る躍動感ある瞬間を描写しています。 材木を上に投げ渡した瞬間を描写しています。 材木の間から紙まみえる富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え、葛飾派として一派を作り上げるまでになります...

海外で大人気 浮世絵 礫川雪ノ旦 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 礫川雪ノ旦 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画.礫川雪ノ旦はこちらのページでお求めいただけます。北斎には珍しい雪景色の一作です。現在の文京区(元の小石川)のあたりを描いた作品で、高台の多い小石川の料亭で男が雪見酒を楽しんでいます。白皚々たる満天地のかなたに、これもすっぽり雪をかぶった富士山の姿が見え、空は雪晴れです。茶屋の女性たちが、その富士の美しさに手をあげて喜んでいる姿が印象的です。中景の流れは江戸川でしょう、高台の下の屋並みの描写も爽やかに描いています。【礫川雪ノ旦】 (こいしかわ ゆきのあした) 【礫川雪ノ旦(こいしかわ ゆきのあした)】 北斎には珍しい雪景色の一作です。 現在の文京区(元の小石川)のあたりを描いた作品で、高台の多い小石川の料亭で男が雪見酒を楽しんでいます。白皚々たる満天地のかなたに、これもすっぽり雪をかぶった富士山の姿が見え、空は雪晴れです。茶屋の女性たちが、その富士の美しさに手をあげて喜んでいる姿が印象的です。中景の流れは江戸川でしょう、高台の下の屋並みの描写も爽やかに描いています。 富士山の美しさに茶屋の女性たちが驚嘆の声を上げている風景画まじまじと伝わってきます。 松や屋根に積もった雪の表現も巧みです。 すっぽり雪をかぶった富士山。その美しさに皆魅了されたのでしょう。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 日本橋 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 日本橋 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画日本橋はこちらのページでお求めいただけます。江戸日本橋は東海道の起点でもあり、ご存知の通り江戸の中心でした。北斎は日本橋そのものを描かず、橋を往来する人々の姿で街の活気や雑踏を表現しました。こうしたところに北斎の着眼点の素晴らしさを感じます。川を縦に見て、白壁の倉庫を左右対称的に描き、その頂点に千代田城の姿。そこから視線を左へずらすと富士山の遠景。西洋の画法を学んだ北斎が遠近法を巧みに使い、その結果、富士山は際立った存在感を示しています。【江戸日本橋】 (えどにほんばし) 【江戸日本橋(えどにほんばし)】 江戸日本橋は東海道の起点でもあり、ご存知の通り江戸の中心でした。 北斎は日本橋そのものを描かず、橋を往来する人々の姿で街の活気や雑踏を表現しました。こうしたところに北斎の着眼点の素晴らしさを感じます。川を縦に見て、白壁の倉庫を左右対称的に描き、その頂点に千代田城の姿。そこから視線を左へずらすと富士山の遠景。西洋の画法を学んだ北斎が遠近法を巧みに使い、その結果、富士山は際立った存在感を示しています。 橋の上の賑わいが江戸の起点日本橋の活気を伝えてくれます 正面奥に見えるのは江戸の象徴江戸城。存在感は抜群です。 雲の上から覗く富士山。大きさがひときわ際立ちます。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 甲州伊沢暁 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 甲州伊沢暁 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画甲州伊沢暁はこちらのページでお求めいただけます。早朝の富士山を甲州側から見た実に爽やかな絵です。晴れの一日になるだろう、幻想的なあかね色の空に富士山がくっきりと雄大な姿を見せています。朝の光が川沿いの宿場(伊沢は現在の甲州街道の石和)の屋根を照らしている様子も、北斎の巧みな色調によってよく表現されています。凛とした朝の空気のなか、慌ただしく宿場から出発する旅人たちの喧噪や足音が聞こえてくるようです。【甲州伊沢暁】 (こうしゅう いさわのあかつき) 【甲州伊沢暁(こうしゅう いさわのあかつき)】 早朝の富士山を甲州側から見た実に爽やかな絵です。 晴れの一日になるだろう、幻想的なあかね色の空に富士山がくっきりと雄大な姿を見せています。朝の光が川沿いの宿場(伊沢は現在の甲州街道の石和)の屋根を照らしている様子も、北斎の巧みな色調によってよく表現されています。凛とした朝の空気のなか、慌ただしく宿場から出発する旅人たちの喧噪や足音が聞こえてくるようです。 出立前の旅人達の話し声が聞こえてきそうです。 朝焼けに映える富士山 日の出前の幻想的な雰囲気を醸し出しています。 青のぼかしが朝の光を浴びた川を表現しています。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり、50代になると門人の数も増え、葛飾派として一派を作り上げるまでになります...

海外で大人気 浮世絵 武州千住 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 武州千住 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画武州千住はこちらのページでお求めいただけます。荒川は隅田川の上流にあり、その北側に干住があります。宿場町として栄えた千住ですが、この絵は街道から離れた田舎道なのでしょう。よく晴れた空に浮かび上がる富士山の姿に思わず見入る人々を描いています。草を刈った籠を馬の背に積んだ農夫、傍らの入江で釣人が二人。一人はやはり富士を見上げ、もう一人は釣りに夢中であるその姿も、田園風景にほがらかな情緒を与えています。富士山の手前に描かれた水門はいかにも北斎らしい幾何学的な構図になっています。【武州千住】 (ぶしゅう せんじゅ) 【武州千住(ぶしゅう せんじゅ)】 荒川は隅田川の上流にあり、その北側に干住があります。宿場町として栄えた千住ですが、この絵は街道から離れた田舎道なのでしょう。 よく晴れた空に浮かび上がる富士山の姿に思わず見入る人々を描いています。草を刈った籠を馬の背に積んだ農夫、傍らの入江で釣人が二人。一人はやはり富士を見上げ、もう一人は釣りに夢中であるその姿も、田園風景にほがらかな情緒を与えています。富士山の手前に描かれた水門はいかにも北斎らしい幾何学的な構図になっています。 人々もすがすがしい空に見える富士山に思わず見とれてしまいます。 もくもくと釣りに興じる人のどかな当時の雰囲気が伝わってきます。 水門の間から見えるすがすがい空に映える富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ...

海外で大人気 浮世絵 青山円座松 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 青山円座松 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画青山円座松はこちらのページでお求めいただけます。笠松ともいわれ江戸名所のひとつだった青山竜岩寺の円座の松を題材にした作品です。この絵は構図の妙と描写の細密さで大変優れ、富士山の左の斜線を長くのばした姿と位置、右から左への流れるような円座の松の描写が、配置よく心地のいい構図です。その円座の松の傍らで、数人の町家の男たちが酒盛りをして遊楽にふけっています。ここにだけ動く者を描き込むことで、この絵がまた生きています。【青山円座松】 (あおやま えんざまつ) 【青山円座松(あおやま えんざまつ)】 笠松ともいわれ江戸名所のひとつだった青山竜岩寺の円座の松を題材にした作品です。 の絵は構図の妙と描写の細密さで大変優れ、富士山の左の斜線を長くのばした姿と位置、右から左への流れるような円座の松の描写が、配置よく心地のいい構図です。その円座の松の傍らで、数人の町家の男たちが酒盛りをして遊楽にふけっています。ここにだけ動く者を描き込むことで、この絵がまた生きています 群れる松を一つ一つ丁寧に表現しています。これぞ職人芸ですね。 作品の中心にどっしりと構える富士山 酒盛りをする町人が作品に動きのあるアクセントを出しています。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃。40代後半に読本の挿絵の斬新な表現が評判となり...

海外で大人気 浮世絵 東海道江尻田子の浦略図 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 東海道江尻田子の浦略図 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画東海道江尻田子の浦略図はこちらのページでお求めいただけます。田子の浦は駿河湾の清水あたりで、ここは富士山が正面に眺められる名所の地です。この絵は三段の構図から構成されています。上段は富士の美しい姿と霞をへだて、中段は浜辺の塩田に働く多くの人々の群、そして下段の前景には海に浮かぶ漁舟と力を入れて漕ぐ漁夫たちの姿が細かく描かれています。しかも北斎一流の海の波がとても躍動的に描かれ、それを乗りきっていく漁舟の動きも動的に素晴らしく表現されています。【東海道江尻田子の浦略図】 (とうかいどう えじり たごのうら りゃくず) 【東海道江尻田子の浦略図(とうかいどう えじり たごのうら りゃくず)】 田子の浦は駿河湾の清水あたりで、ここは富士山が正面に眺められる名所の地です。 この絵は三段の構図から構成されています。上段は富士の美しい姿と霞をへだて、中段は浜辺の塩田に働く多くの人々の群、そして下段の前景には海に浮かぶ漁舟と力を入れて漕ぐ漁夫たちの姿が細かく描かれています。しかも北斎一流の海の波がとても躍動的に描かれ、それを乗りきっていく漁舟の動きも動的に素晴らしく表現されています。 田子の浦の沖から見た雪を頂く富士山。海上から見えるその姿は非常に存在感があります。 浜辺で作業する人の姿が非常に細密に描かれています。 船を漕ぐ人々の躍動感が伝わってきます。 うねる大きな膨らみが荒波を表しています。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し...

海外で大人気 浮世絵 神奈川沖波裏 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 神奈川沖波裏 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画神奈川沖波裏はこちらのページでお求めいただけます。「凱風快晴」「山下白雨」とともに三大役物のひとつであるばかりでなく、世界的にも有名でこれほど多くの人に知られた傑作はありません。大怒濤の逆巻く波の間に、人々の乗る舟のいかに小さく危なげなこと。ダイナミックでスリルに満ちた構図ですが、北斎はその逆巻く波に対し、人々の力を強く打ち出そうとしています。遠景の富士山が静かに見守っているように見えるところが、波と富士の画家といわれた北斎の心なのかもしれません。【神奈川沖波裏】 (かながわおき なみうら) 【神奈川沖浪裏(かながわおき なみうら)】 「凱風快晴」「山下白雨」とともに三大役物のひとつであるばかりでなく、世界的にも有名でこれほど多くの人に知られた傑作はありません。 大怒濤の逆巻く波の間に、人々の乗る舟のいかに小さく危なげなこと。ダイナミックでスリルに満ちた構図ですが、北斎はその逆巻く波に対し、人々の力を強く打ち出そうとしています。遠景の富士山が静かに見守っているように見えるところが、波と富士の画家といわれた北斎の心なのかもしれません。 自然の偉大さを感じる逆巻く波。この波が世界の人々を魅了し続けています。 遠方に小さいながらも波に負けない存在感を放つ富士山。 波間に見える船が自然のダイナミズムを感じさせてくれます。 逆巻く波の中必死に押送船を操る人々に人間の力強さを感じます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し...

海外で大人気 浮世絵 尾州不二見原 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 尾州不二見原 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画尾州不二見原はこちらのページでお求めいただけます。奇抜な構図によって世界的に有名な作品です。中央に大きな桶の円があり、そのなかに現在の名古屋の地から見える富士山が小さく見えるという面白い構図です。しかもこの桶を作っている桶職人の姿を、安定した場所で絵の中心にする幾何学的構図の技巧は北斎の独壇場といっていいでしょう。一生懸命に働く桶職人の姿が生き生きと描かれ、人物画に優れた北斎の典型的な傑作です。そのためでしょうか、本作品は「桶屋の富士」とも呼ばれています。【尾州不二見原】 (びしゅう ふじみがはら) 【尾州不二見原(びしゅう ふじみがはら)】 奇抜な構図によって世界的に有名な作品です。中央に大きな桶の円があり、そのなかに現在の名古屋の地から見える富士山が小さく見えるという面白い構図です。 しかもこの桶を作っている桶職人の姿を、安定した場所で絵の中心にする幾何学的構図の技巧は北斎の独壇場といっていいでしょう。一生懸命に働く桶職人の姿が生き生きと描かれ、人物画に優れた北斎の典型的な傑作です。そのためでしょうか、本作品は「桶屋の富士」とも呼ばれています。 大きな桶の円から望む富士山。北斎ならではの奇抜な構図です。 一心不乱に仕事をする桶職人が作品をより印象的にさせます。 桶の中ら見える富士山。小さいながらもさすがの存在感です。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました...

海外で大人気 浮世絵 駿州片倉茶園の不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 駿州片倉茶園の不二 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画駿州片倉茶園の不二はこちらのページでお求めいただけます。肉筆画で示すような細密な描写で、茶園風景を描いたものは、46景中でも大変珍しい作品です。茶摘みの女性たちの働く姿、摘んだ茶葉を馬や肩で運ぶ人々の姿、並んで休憩をする人々の姿。人々の働いて動く様子がこと細かに描かれ、まさしく「働く人の絵」といえます。色彩も爽やかで、入江の水の藍色が効いています。働く人々を見守るように中央に描かれた富士山には、まだ残雪が残っています。【駿州片倉茶園の不二】 (すんしゅう かたくら ちゃえんのふじ) 【駿州片倉茶園ノ不二(すんしゅう かたくら ちゃえんのふじ)】 肉筆画で示すような細密な描写で、茶園風景を描いたものは、46景中でも大変珍しい作品です。 茶摘みの女性たちの働く姿、摘んだ茶葉を馬や肩で運ぶ人々の姿。人々の働いて動く様子がこと細かに描かれ、まさしく「働く人の絵」といえます。色彩も爽やかで、入江の水の藍色が効いています。働く人々を見守るように中央に描かれた富士山には、まだ残雪が残っています。 茶摘みの女性たちの働く姿が当時の庶民の生活の様子を伝えています。 橋を渡るのを嫌がる馬を引く人。こんな描写が作品を「働く人の絵」と言わしめているのです。 雪に覆われた富士山 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 (特大版 額あり)凱風快晴  富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

30,240

海外で大人気 浮世絵 (特大版 額あり)凱風快晴 富嶽三十六景 葛飾北斎 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画凱風快晴(特大版 額あり)はこちらのページでお求めいただけます。浅草本願寺は一名西本願寺といわれ、築地本願寺の別院になります。この絵は本堂の大屋根を思いきって右に寄せた構図が特長です。その大屋根の上で働く瓦職人の姿はとても小さく、大屋根との対照比の面白さを感じ、遥か下に浅草の町並みが見え、大屋根の高さをも思わせます。凧がひとつ、これさえも大屋根には及びません。しかし富士山は、大屋根に対してゆるぎない位置に描かれ、尊大な存在感を保っています。【凱風快晴(特大版 額あり)】 【凱風快晴(特大版 額あり)】 北斎の最高傑作といわれるこの絵は、世界的にも大変有名な作品です。。 「富嶽三十六景」のなかで、「神奈川沖浪裏」「山下白雨」とともに三大名作のひとつに数えられています。描かれている「赤富士」は早朝に見られる現象で、広々とした晴天の青空に鱗雲のたなびき、赤みを帯びた山肌を抱く大富士の景観をあますことなく表現し、見る者の心に感動を揺り動かします。それをわずか三色で表現する北斎の技量に、彼の偉大なる精神力を感じます。 開運の象徴とも言われる赤く染まった印象的な富士 青空にたなびく雲がすがすがしい夏の雰囲気を伝えてくれます。 卓越した技術で鬱蒼とした樹海の雰囲気を表現しています。 摺り師の絶妙なぼかしの技術で表現された画の際の空は先に広がる奥行きを感じます。 葛飾北斎(かつしか ほくさい) 宝暦10年(1760)~嘉永2年(1849) 19歳の時、当時の似顔絵役者絵の第一人者だった勝川春章に弟子入りし、翌年、の画名で浮世絵界にデビューしました。師の亡くなったあと、北斎は勝川派から離れ、京の琳派の流れをくむ俵屋宗理の名を継ぎ、町絵師として活動を始めました。宗理として3年ほど活動し、北斎と名乗りはじめたのは38歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 今様邯鄲 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 今様邯鄲 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画今様邯鄲はこちらのページでお求めいただけます。ある宿の主人が持っている不思議な枕で横になると人生の終局を悟れるという中国の物語があります。この物語を遊女に見立て、大名の側室になる夢を見ている様子が描かれています。団扇を持ちながら、枕ならぬ草子にもたれて、遊女がまどろみながら果てない夢を追っている景色です。机に体をあずけ、立て膝をしながらうっとりと目を閉じている女性の姿に歌麿の魅力がよく出ています。着物の裾模様から、この女性は花扇を描いたものと考えられます。【今様邯鄲】 【今様邯鄲】 ある宿の主人が持っている不思議な枕で横になると人生の終局を悟れるという中国の物語があります。 この物語を遊女に見立て、大名の側室になる夢を見ている様子が描かれています。団扇を持ちながら、枕ならぬ草子にもたれて、遊女がまどろみながら果てない夢を追っている景色です。机に体をあずけ、立て膝をしながらうっとりと目を閉じている女性の姿に歌麿の魅力がよく出ています。着物の裾模様から、この女性は花扇を描いたものと考えられます。 人生の終局を見ることのできる不思議な枕があるという中国の伝説を描いています。 この伝説を遊女に見立て、大名の側室に乞われる夢を見ています。 うっとりと目を閉じる遊女の恍惚の表情が印象的です。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し、浮世絵美人画の第一人者への道をのぼりつめていきます。評判の美人をひと目見ようと、彼女たちの働く店に多くの人が集まるほど...

海外で大人気 浮世絵 合わせ鏡のおひさ 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 合わせ鏡のおひさ 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画合わせ鏡のおひさはこちらのページでお求めいただけます。寛政の三美人のひとり高島屋おひさの図です。右手に持つ鏡の背面の文字と丸に三つ柏の紋で高島屋の「高」とその定紋を示しています。それに美人の島田髷の髪から「島」をとり、すだれのなかの矢型は「屋」を示します。封じ絵のなかにも、田圃(タ)、鹿島(カシマ)をはじめ高島屋が示されており、蛇は巳年で蛇の舌は「九」から、この絵の制作年の寛政九丁巳年を示します。鏡に写し出されたおひさの麗しい顔、首筋に添う襟足の美しさも格別です。【合わせ鏡のおひさ】 【合わせ鏡のおひさ】 寛政の三美人のひとり高島屋おひさの図です。右手に持つ鏡の背面の文字と丸に三つ柏の紋で高島屋の「高」とその定紋を示しています。 それに美人の島田髷の髪から「島」をとり、すだれのなかの矢型は「屋」を示します。封じ絵のなかにも、田圃(タ)、鹿島(カシマ)をはじめ高島屋が示されており、蛇は巳年で蛇の舌は「九」から、この絵の制作年の寛政九丁巳年を示します。鏡に写し出されたおひさの麗しい顔、首筋に添う襟足の美しさも格別です。 判じ絵は、田圃(た)、鹿島(かしま)踊り手の尾(お)に火(ひ)がつき、徳利と盃で酒(さ)で、「たかしまおひさ」と読めます。 どの角度から見られても美しくありたい、そんな女心が伝わります。 合わせ鏡を見るために、こうして立て膝でバランスをとっていたのでしょうか。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し...

海外で大人気 浮世絵 高名美人六歌撰 富本豊雛 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 高名美人六歌撰 富本豊雛 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画高名美人六歌撰 富本豊雛はこちらのページでお求めいただけます。現在、花嫁が身につける角隠は、江戸時代では外出する時のかぶり物として髪の乱れやほこりをよけるために使われていました。この絵は暑い日中に角隠をかぶり、扇で襟元に風を送っている美人画です。黒い絽の着物にほんのりと下着の紅色が透けて見えます。襦袢の衿をつまみ上げている姿とその紅色が色っぽさを一段と引き立てています。封じ絵から、“とみもととよひな"と読むことができ、豊雛とは芸と美貌によって評判の高い吉原の廓芸者でした。【高名美人六歌撰 富本豊雛】 【高名美人六歌撰 富本豊雛】 現在、花嫁が身につける角隠は、江戸時代では外出する時のかぶり物として髪の乱れやほこりをよけるために使われていました。 この絵は暑い日中に角隠をかぶり、扇で襟元に風を送っている美人画です。黒い絽の着物にほんのりと下着の紅色が透けて見えます。襦袢の衿をつまみ上げている姿とその紅色が色っぽさを一段と引き立てています。封じ絵から、“とみもととよひな"と読むことができ、豊雛とは芸と美貌によって評判の高い吉原の廓芸者でした。 角隠、当時は帽子の役目をしていました。 ほんのり見える下着の薄紅色が色気を引き立てています。 判じ絵には、富(とみ)、藻(も)、砥石(と)、戸板(と)、行灯(夜を示す/よ)、紙雛(ひな)と描かれ、「とみもととよひな」と読めます。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し、浮世絵美人画の第一人者への道をのぼりつめて...

海外で大人気 浮世絵 二世市川高麗蔵の志賀大七 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 二世市川高麗蔵の志賀大七 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画二世市川高麗蔵の志賀大七はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」の内の敵役の志賀大七を描いた作品です。この絵は色彩でも構図でも実に単純な絵ですが、それだけに印象的で感銘に力強いものが感じられます。焦点はその顔。長い顔に高い鼻、しゃくられた長い顎、紅の眼隈に彩られた、ぐっと睨みをきかせたくぼんだ眼の光、三世高麗蔵の特異な顔が目前に迫ってくる思いがします。さらに効果を出しているのが内懐から出して、刀の柄頭を握ったポーズ。黒の着付けがさらにこの絵に雰囲気を盛り上げています。そしてこの単純な色彩に、着物の裏の濃い茶色とほんのわずかにのぞいた襦袢の赤が加わることで、高麗蔵という役者のもつ色気を表現しています。そこに写楽の役者描写の極致があるのです。三代目市川高麗蔵は、四代目の実子で安永元年九歳のとき高麗蔵という名になりました。天明三年に立役に、寛政十年に実悪となり、享和元年に五世幸四郎を襲名しました。眼はくぼみ、瞳は小さく凄みがあり、鼻の高いのが特徴で俗に「鼻高幸四郎」と呼ばれました。若い時はやつし方でしたが、実悪に転じてからは名声を高めました。芸風は繊巧で豪放、しかも写実的。一世の【二世市川高麗蔵の志賀大七】 【二世市川高麗蔵の志賀大七】 寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」の内の敵役の志賀大七を描いた作品です。この絵は色彩でも構図でも実に単純な絵ですが、それだけに印象的で感銘に力強いものが感じられます。焦点はその顔。長い顔に高い鼻、しゃくられた長い顎、紅の眼隈に彩られた、ぐっと睨みをきかせたくぼんだ眼の光、三世高麗蔵の特異な顔が目前に迫ってくる思いがします。さらに効果を出しているのが内懐から出して、刀の柄頭を握ったポーズ。黒の着付けがさらにこの絵に雰囲気を盛り上げています...

海外で大人気 浮世絵 二世市川高麗蔵の亀屋忠兵衛 中山富三郎の梅川 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 二世市川高麗蔵の亀屋忠兵衛 中山富三郎の梅川 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画二世市川高麗蔵の亀屋忠兵衛 中山富三郎の梅川はこちらのページでお求めいただけます。この絵は写楽第二期の作品で、第二期作品中全身二人立図七枚のうち、これだけが白雲母背色でなく、黒雲母摺作品になります。寛政六年八月、桐座の二番目狂言、梅川忠兵衛の芝居「四方錦故郷旅路」の大詰道行浄瑠璃の「月眉恋最中」の場を描いています。この図は実に歌舞伎味が豊かに表現され、歌舞伎の色彩、型、音楽、そして技芸、そうしたもののすべての情緒的な美しさがこの絵に盛られています。「二十日あまりに五十両つかい果して二分残る」の死出の道行き。せめて一目、親に逢ってと忠兵衛の親里新口村へ落ちていく二人の心根は、舞台上の詩情であり、またこの絵に漲る詩情でもあります。対の小袖、相合傘の二人連れは、歌舞伎の基調色である背色の黒雲母から浮かび上がって、画面は広い舞台面となって、見る人を陶酔の境へと導いていきます。舞台美を再現している役者絵の極致とも言うべきではないでしょうか。音楽的な描線の暢達(ちょうたつ)、衣裳と顔面、手足との配色美、もちろんこれらが適切にこの絵を美しいものにしています。三世市川高麗蔵については、「三世市川高麗蔵の志賀大七」の解説に記し【二世市川高麗蔵の亀屋忠兵衛 中山富三郎の梅川】 【二世市川高麗蔵の亀屋忠兵衛 中山富三郎の梅川】 この絵は写楽第二期の作品で、第二期作品中全身二人立図七枚のうち、これだけが白雲母背色でなく、黒雲母摺作品になります。寛政六年八月、桐座の二番目狂言、梅川忠兵衛の芝居「四方錦故郷旅路」の大詰道行浄瑠璃の「月眉恋最中」の場を描いています。この図は実に歌舞伎味が豊かに表現され、歌舞伎の色彩、型、音楽、そして技芸、そうしたもののすべての情緒的な美しさがこの絵に盛られています。...

海外で大人気 浮世絵 日本橋 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 日本橋 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画日本橋はこちらのページでお求めいただけます。江戸から京都まで百二十四里半という長い旅の振り出しは、ここ日本橋でした。夜間の町の治安を守るために封じていた木戸が左右に開かれると、家々の向こうの空を染める朝焼けとともに今まさに大名行列の先頭が橋を渡ってやってきます。左手を慌ただしく行くのは、魚河岸の朝市の買い出しをすませた魚屋の群れ。右手で戯れる二匹の犬が空気を和ませ、清々しいなかにも朝の活気を帯びた「朝之景」は、行き交う人々の息づかいが聞こえてくるようです。【日本橋 朝之景】 (にほんばし あさのけい) 【日本橋 朝之景(にほんばし あさのけい)】 江戸から京都まで百二十四里半という長い旅の振り出しは、ここ日本橋でした。 夜間の町の治安を守るために封じていた木戸が左右に開かれると、家々の向こうの空を染める朝焼けとともに今まさに大名行列の先頭が橋を渡ってやってきます。左手を慌ただしく行くのは、魚河岸の朝市の買い出しをすませた魚屋の群れ。右手で戯れる二匹の犬が空気を和ませ、清々しいなかにも朝の活気を帯びた「朝之景」は、行き交う人々の息づかいが聞こえてくるようです。 早朝出立する大名行列。はじまりの地にふさわしい活気を感じます。 売り出しに出かける魚屋たち。魚河岸があり商いの活気な日本橋ならではの風景です。 右手で戯れる二匹の犬が空気を和ませてくれます。 印象的な空を表現する一文字ぼかしの下には東海道五十三次とともに地名と作品名が書き入れられています。 歌川広重(うたがわ ひろしげ) 寛政9年(1797)~安政5年(1858) 江戸八代州河岸の定火消同心、安藤家の長男として生まれた広重。13歳の時、相次いで両親を亡くし同心職を継ぎますが、幼少の時から絵を描くことを好み、歌川豊広の門下となったのが15歳の頃...

海外で大人気 浮世絵 松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶはこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」に登場する役で、志賀大七に父を殺され、その敵を討つ姉妹、宮城野としのぶ。この絵は、敵を尋ねるため、けはい坂の少将という名で遊女となったしのぶを描いています。半身図で女形を描いた作のうちでは、最も穏やかな描写となっています。それは米三郎が若く(このとき二十一歳)、舞台上の米三郎の美しさをそのまま写楽が描いたためと思われます。つまり写楽は好んで異相を描くのではなく、その役者の舞台上の真を描くということを、この絵が証明しているといっても過言ではありません。また眼もとには真剣味があり、口もとにはいいしれない真実味があるのも、敵を探す娘の心の内がとてもよく表現されています。また色彩にも特徴があり、小豆色に麻の葉模様の着付け、薄紅に貝絞りの下着、紅の襦袢を懐から右手で見せた色彩は、ただ派手でなく、大きな帯の黒がぐっと引き締めています。さらに左手にもった煙管の斜めの直線が、画面に安定を与えています。松本米三郎は、上方の女形四世芳沢あやめの子で、二世松本幸四郎の弟子の松本小次郎の養子となって松本米三郎となりました。寛【松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ】 【松本米三郎のけはい坂少将実はしのぶ】 寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」に登場する役で、志賀大七に父を殺され、その敵を討つ姉妹、宮城野としのぶ。この絵は、敵を尋ねるため、けはい坂の少将という名で遊女となったしのぶを描いています。半身図で女形を描いた作のうちでは、最も穏やかな描写となっています。それは米三郎が若く(このとき二十一歳)、舞台上の米三郎の美しさをそのまま写楽が描いたためと思われます。つまり写楽は好んで異相を描くのではなく...

海外で大人気 浮世絵 教訓親の目鑑識 理口者 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 教訓親の目鑑識 理口者 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画教訓親の目鑑識 理口者はこちらのページでお求めいただけます。このシリーズは享和3年の作で十図からなっています。箱枕に頭をつけて寝転びながら美人が読むのは「繪本太閤記 七篇巻三」。これは安政9年から享和3年にかけて大阪で出版されたもの。石田玉山が挿絵をし、12冊を一篇として七篇になりました。その人気は江戸にまで広がり、この太閤記を題材にした絵は多くの絵師に描かれ、その中には歌麿の有名な三枚続「太閤五妻洛東遊観図」があります。「理口者」は、本来は利口者と書くところですが、これは女性の理屈っぽさを嫌っての当て字とみます。【教訓親の目鑑 理口者】 【教訓親の目鑑 理口者】 このシリーズは享和3年の作で十図からなっています。箱枕に頭をつけて寝転びながら美人が読むのは「繪本太閤記 七篇巻三」。 これは安政9年から享和3年にかけて大阪で出版されたもの。石田玉山が挿絵をし、12冊を一篇として七篇になりました。その人気は江戸にまで広がり、この太閤記を題材にした絵は多くの絵師に描かれ、その中には歌麿の有名な三枚続「太閤五妻洛東遊観図」があります。「理口者」は、本来は利口者と書くところですが、これは女性の理屈っぽさを嫌っての当て字とみます。 美人が読んでいる草子は「繪本太閤記 七篇巻三」。安政九年から享和三年にかけて大阪で出版されたものです。 箱枕が高いのは髪型を崩さないためといわれています。 本来、「利口」と書くべきですが、女性の理屈っぽさを嫌っての当て字と言われています。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ...

海外で大人気 浮世絵 三世沢村宗十郎の大岸蔵人 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 三世沢村宗十郎の大岸蔵人 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画三世沢村宗十郎の大岸蔵人はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、都座上演の「花菖蒲文禄曽我」に登場する義人の役柄で、この絵は一見平凡ですが佳作のひとつになります。写楽が役者の姿をただ写すのではなく、その役者の芸質、芸格、人間としての性格、そしてその役の性根までを描いたことに写楽の芸術の特色があり、それは他の絵師のなし得なかったものなのです。開いた扇を持つ侍の半身像は、色彩も実に単純で着物の濃紫と扇の金、そして背色の黒雲母だけという僅か三色が主なる色彩です。それでいて宗十郎の顔は、「人品男振よく」と評された宗十郎の風貌をそのままに表現しています。また向かって左の眉下から顎へかけた輪郭の曲線の緊張味と量感のある顔面のもりあがりには驚くべきものがあります。宗十郎を評した言葉に、「温和の内に底に烈しきところあり」とありますが、つぶらな瞳と引き締まった口元に、その標語のあやまりでない役者宗十郎の描写を見ることができます。その悠揚として一見平凡な肖像に活を与えているのが、胸元にひろげられた大きな金扇。ここにも写楽の色彩感の鋭さが見えます。 三世沢村宗十郎は、二世宗十郎の次男で、写楽も描いている三世市川八百蔵の【三世沢村宗十郎の大岸蔵人】 【三世沢村宗十郎の大岸蔵人】 写楽の第一期、二人立半身像を描いた五枚のうちの最高傑作と誉れ高い作品です。狂言は寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」です。他の半身二人立の絵がそうであるように、これも二人の人物の対比の妙をみせています。和田右衛門の痩せた顔に対して此蔵の肥り肉、和田右衛門の下がり眉に此蔵の上がり眉、和田右衛門の丸い眼に此蔵の細い眼、和田右衛門の鷲っ鼻に此蔵の獅子っ鼻、和田右衛門の開いた口に此蔵の結んだ口、これらが実に面白いコントラストになり...

海外で大人気 浮世絵 谷村虎蔵の鷲塚八平次 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 谷村虎蔵の鷲塚八平次 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画谷村虎蔵の鷲塚八平次はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、河原崎座上演の「恋女房染分手綱」に出る役を描いた作品です。由留木家を狙う悪人、鷲塚官太夫の弟の役で、これは大敵でなく端敵です。小柄できびきびした役者ですが、安手で小敵の役柄に適した虎蔵の面目がよく出ています。端敵の役柄を的確に描いているため、この絵は歌舞伎味あふれた役者絵として人気があります。顔の化粧はトノコを使い、月代も濃く、青黛それに髭のあと。濃紫の着物、黒の裃など色彩の濃さが、絵に歌舞伎味をさらに与えています。下唇をかみしめ、眼をむき、その眼の目ばりの赤が派手で表情も華やか。写楽第一期中の佳作といえます。谷村虎蔵は、谷村楯八の門人で大阪の小芝居出で出世した上方役者です。寛政四年、二十四歳で江戸へ下り、同七年に二世大谷友右衛と改名しました。愛嬌があり安敵を得意とし、所作事にも長じており、文政十二年には実悪、敵役で「功上上吉」になりました。天保元年春、七十歳のとき大阪で没しました。【谷村虎蔵の鷲塚八平次】 【谷村虎蔵の鷲塚八平次】 寛政六年五月、河原崎座上演の「恋女房染分手綱」に出る役を描いた作品です。由留木家を狙う悪人、鷲塚官太夫の弟の役で、これは大敵でなく端敵です。小柄できびきびした役者ですが、安手で小敵の役柄に適した虎蔵の面目がよく出ています。端敵の役柄を的確に描いているため、この絵は歌舞伎味あふれた役者絵として人気があります。顔の化粧はトノコを使い、月代も濃く、青黛それに髭のあと。濃紫の着物、黒の裃など色彩の濃さが、絵に歌舞伎味をさらに与えています。下唇をかみしめ、眼をむき、その眼の目ばりの赤が派手で表情も華やか。写楽第一期中の佳作といえます。 谷村虎蔵は、谷村楯八の門人で大阪の小芝居出で出世した上方役者です。寛政四年...

海外で大人気 浮世絵 北国五色墨 川岸 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 北国五色墨 川岸 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画北国五色墨 川岸はこちらのページでお求めいただけます。片方の乳房をあらわにし、左手は口にくわえた楊枝を持ち、もう一方は懐に入れた指先が下着からのぞき、ややきつそうな表情が女郎の雰囲気をよくとらえています。肩から紐で掛けている匂い袋が白くまろやかな乳房の表現に一役かっていて、肩や腕、胸の豊満な温かい女性の肌を的確に表現し、歌麿の手腕を示しています。川岸は吉原内部にあった安女郎のいた所で、歌麿の作品のなかにはこのようなすさんだ女性の描写は少なく、特異な地位ともいえます。【北国五色墨 川岸】 【北国五色墨 川岸】 片方の乳房をあらわにし、左手は口にくわえた楊枝を持ち、もう一方は懐に入れた指先が下着からのぞき、ややきつそうな表情が女郎の雰囲気をよくとらえています。 肩から紐で掛けている匂い袋が白くまろやかな乳房の表現に一役かっていて、肩や腕、胸の豊満な温かい女性の肌を的確に表現し、歌麿の手腕を示しています。川岸は吉原内部にあった安女郎のいた所で、歌麿の作品のなかにはこのようなすさんだ女性の描写は少なく、特異な地位ともいえます。 楊子を持つ左手が、他の女性と比較すると力強く描かれています。 懐から出した右手は、今にも脱げそうな着物を掴んでいます。 肩からかけている匂い袋が白いまろやかな肌に触れてなんとも艶かしく見えます。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し、浮世絵美人画の第一人者への道をのぼりつめていきます。評判の美人をひと目見ようと...

海外で大人気 浮世絵 水口 名物干瓢 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 水口 名物干瓢 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画水口 名物干瓢はこちらのページでお求めいただけます。土山から11.2キロ。この宿では、一年中どじょう汁を出すことで知られていたといわれています。平凡な村落であったらしく、広重も明るい近江路の静かな田園風景を描いています。画題の「名物干瓢」とあるように、この地の名産の干瓢作りをする三人の女性たちの傍ら、衣服を脱いだ飛脚が街道を行くのも炎天下の暑さを思わせます。一見平凡な絵のようですが、季節感を絵のなかに見せた図としては有数の作だといえます。【水口 名物干瓢】 (みなくち めいぶつかんぴょう) 【水口 名物干瓢(みなくち めいぶつかんぴょう)】 土山から11.2キロ。この宿では、一年中どじょう汁を出すことで知られていたといわれています。 平凡な村落であったらしく、広重も明るい近江路の静かな田園風景を描いています。画題の「名物干瓢」とあるように、この地の名産の干瓢作りをする三人の女性たちの傍ら、衣服を脱いだ飛脚が街道を行くのも炎天下の暑さを思わせます。一見平凡な絵のようですが、季節感を絵のなかに見せた図としては有数の作だといえます。 細く長くむかれた干瓢を丁寧に干してゆきます。 この地での干瓢づくりは初夏の風物詩でした。 上着を脱いで歩いている飛脚の姿からも季節を感じます。 印象的な空を表現する一文字ぼかしの下には,東海道五十三次とともに地名と作品名が書き入れられています。 歌川広重(うたがわ ひろしげ) 寛政9年(1797)~安政5年(1858) 江戸八代州河岸の定火消同心、安藤家の長男として生まれた広重。13歳の時、相次いで両親を亡くし同心職を継ぎますが、幼少の時から絵を描くことを好み、歌川豊広の門下となったのが15歳の頃。初期は美人画や役者絵などを描き、1831年頃に発表した『東都名所...

海外で大人気 浮世絵 芸国と印 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 芸国と印 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画芸国と印はこちらのページでお求めいただけます。江戸の南、西、東南にあたるそれぞれ品川、新宿、深川の女性を描いたシリーズ物。この女性は新吉原の廓芸者を描いたといわれ、「と」のついた頭文字の名として富本豊雛が思い出されます。口に手をあて微笑する女性らしい表情は、顔や優美な手の流れるような曲線によって美しく表現されています。漆黒の大きな髪が壮麗さをかもし出しています。このように上半身をアップで描く絵を大首絵といい、大首絵に美人画を取り入れたことで歌麿は、美人画家の名声を不滅のものにしました。【芸国と印】 【芸国と印】 江戸の南、西、東南にあたるそれぞれ品川、新宿、深川の女性を描いたシリーズ物。 この女性は新吉原の廓芸者を描いたといわれ、「と」のついた頭文字の名として富本豊雛が思い出されます。口に手をあて微笑する女性らしい表情は、顔や優美な手の流れるような曲線によって美しく表現されています。漆黒の大きな髪が壮麗さをかもし出しています。このように上半身をアップで描く絵を大首絵といい、大首絵に美人画を取り入れたことで歌麿は、美人画家の名声を不滅のものにしました。 漆黒で大きな髪が壮麗さをかもし出しています。 漆黒の髪、黒い着物に対比するような女性らしい色彩が華やかです。 手のひらを見せて微笑む仕草が魅惑的です。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し、浮世絵美人画の第一人者への道をのぼりつめていきます。評判の美人をひと目見ようと...

海外で大人気 浮世絵 川崎 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 川崎 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画川崎はこちらのページでお求めいただけます。品川から10キロの川崎宿。絵はこの宿に入る手前の六郷川の渡しが描かれています。六郷川は多摩川の下流の別称になり、多摩川が荏原六郷を流れる時にこの名となりました。雄大な白富士、川の藍、宿場を囲むように林立する木々の深緑のなか、体を弓なりにした船頭が旅人を乗せた舟を力強く進めます。対岸には舟を待つ人々。ゆるりとしたのどかな風景ですが、暴れ川ともいわれたこの川を渡るには時間もお金もがかかり、旅人を悩ませました。【川崎 六郷渡舟】 (かわさき ろくごう わたしぶね) 【川崎 六郷渡舟(かわさき ろくごう わたしぶね)】 品川から10キロの川崎宿。 絵はこの宿に入る手前の六郷川の渡しが描かれています。六郷川は多摩川の下流の別称になり、多摩川が荏原六郷を流れる時にこの名となりました。雄大な白富士、川の藍、宿場を囲むように林立する木々の深緑のなか、体を弓なりにした船頭が旅人を乗せた舟を力強く進めます。対岸には舟を待つ人々。ゆるりとしたのどかな風景ですが、暴れ川ともいわれたこの川を渡るには時間もお金もがかかり、旅人を悩ませました。 雄大に構える白富士が作品を引き締めます 体を弓なりにした船頭が旅人を乗せた舟を力強く進めます。 船の上で一服を楽しむ旅人。リラックスした雰囲気が伝わってきます。 印象的な空を表現する一文字ぼかしの下には,東海道五十三次とともに地名と作品名が書き入れられています。 歌川広重(うたがわ ひろしげ) 寛政9年(1797)~安政5年(1858) 江戸八代州河岸の定火消同心、安藤家の長男として生まれた広重。13歳の時、相次いで両親を亡くし同心職を継ぎますが、幼少の時から絵を描くことを好み、歌川豊広の門下となったのが15歳の頃。初期は美人画や役者絵などを描き...

海外で大人気 浮世絵 大谷徳次の奴袖助 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 大谷徳次の奴袖助 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画大谷徳次の奴袖助はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、都座の「花菖蒲文禄曽我」に出る仇討ちをする奴の袖助を描いた作品です。演じている大谷徳次は当時の道化役の一人者でした。下がった眉、つぶらな眼にその滑稽味がよく表れています。この絵で、写楽は人物を思いきって左へよせ、右側をひろく空間にするという構図法をとって成功しています。落款さえも右下に入れ、顔の前面に余裕をもたせることで徳次の動く美しさ、顔面描写がさらに生きています。また三つの類似型をつみ重ねる写楽独特の構図法を用いています。顔の輪郭と右手のコブシで大小二つの類似型で左側を固め、これに対して刀の鍔下を握っている左手の同型の類似型を描き、絵の均衡と安定をはかっているのです。色彩は渋い着物の色を大部分とし、あとは僅かな濃い黄と朱だけで、そのなかで刀の鞘の朱の色が全体のきき色となっています。少ない描線、少ない色彩で絵の効果を考えるのは、写楽の絵の特色ですが、その特徴を最もよく知ることのできる作品といえます。【大谷徳次の奴袖助】 【大谷徳次の奴袖助】 寛政六年五月、都座の「花菖蒲文禄曽我」に出る仇討ちをする奴の袖助を描いた作品です。 演じている大谷徳次は当時の道化役の一人者でした。下がった眉、つぶらな眼にその滑稽味がよく表れています。この絵で、写楽は人物を思いきって左へよせ、右側をひろく空間にするという構図法をとって成功しています。落款さえも右下に入れ、顔の前面に余裕をもたせることで徳次の動く美しさ、顔面描写がさらに生きています。また三つの類似型をつみ重ねる写楽独特の構図法を用いています。顔の輪郭と右手のコブシで大小二つの類似型で左側を固め、これに対して刀の鍔下を握っている左手の同型の類似型を描き、絵の均衡と安定をはかっているのです...

海外で大人気 浮世絵 四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、桐座の「敵討乗合話」へ登場した肴屋吾郎兵衛を描いた作品です。この役は松下造酒之進の娘、高城野、しのぶの姉妹に助刀をして、親の敵志賀大七を討たせる義侠の魚屋を演じたものでした。この絵では、黒い幅広いどてらの襟が色彩の基調となり、その外には袖口の草、煙管の黄と紅がほんの小さい部分に配され、大部分は黒襟に対してどてらの濃紫色の地味な配色になっています。背色の黒雲母とともに暗い色の間に小さな明るい色の点綴が効果をみせ、その色彩感は写楽独特のものとなっています。四世松本幸四郎は、天明から寛政時代へかけての名優で容姿と風采と音声と弁舌に優れ、つねに寡黙ではありますが、口を開けば皮肉であり、人々を笑わすといわれた性格でした。また生涯のほとんどを白塗りの役ばかり演じたといわれていましたが、この性格と特徴を写楽は十分とらえています。左の袖口へ入れた左手の線や左の肩から煙管をもつ手への線の柔らかさ、眼に紅の隈を入れた派手さなどの表現がまさにそれにあたります。四世幸四郎は、女形瀬川菊之丞の門から四世団十郎の門に移り、染五郎、高麗屋の名をへて幸四郎【四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛】 【四世松本幸四郎の山谷の肴屋五郎兵衛】 寛政六年五月、桐座の「敵討乗合話」へ登場した肴屋吾郎兵衛を描いた作品です。この役は松下造酒之進の娘、高城野、しのぶの姉妹に助刀をして、親の敵志賀大七を討たせる義侠の魚屋を演じたものでした。この絵では、黒い幅広いどてらの襟が色彩の基調となり、その外には袖口の草、煙管の黄と紅がほんの小さい部分に配され、大部分は黒襟に対してどてらの濃紫色の地味な配色になっています。背色の黒雲母とともに暗い色の間に小さな明るい色の点綴が効果をみせ...

海外で大人気 浮世絵 三世佐野川市松の祇園町の白人おなよ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 三世佐野川市松の祇園町の白人おなよ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画三世佐野川市松の祇園町の白人おなよはこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、都座上演の「花勝負文禄曽我」の登場人物です。狐のような大きな顔、全く男のような目鼻立ち、それに対して派手な衣裳と島田髷にかんざし、体の矮小さはいかにも奇態ですが、ここに写楽の芸術の実態を認めざるおえません。なぜなら市松は女形であるということ。実際に女性であれば奇態であるかもしれませんが、男性である女形が女性に扮したその現実をこれほどまでに描きえた作品は、多くの役者絵中に見ないところです。狐のような顔に迫真の描写力は驚愕せずにはいられません。つまり男が女に扮するという、世界に類のない女形の真髄がここに描出されているのです。天明四年、三世市松となり、寛政十年には男役に転じて市川荒五郎となりました。そして、文化十一年閏十一月、五十五歳で没しました。当時は女形の「上上白吉」(上上吉に届かないため吉の字を白抜きにしたもの)の位にあって、中堅の人気役者でした。【三世佐野川市松の祇園町の白人おなよ】 【三世佐野川市松の祇園町の白人おなよ】 寛政六年五月、都座上演の「花勝負文禄曽我」の登場人物です。狐のような大きな顔、全く男のような目鼻立ち、それに対して派手な衣裳と島田髷にかんざし、体の矮小さはいかにも奇態ですが、ここに写楽の芸術の実態を認めざるおえません。なぜなら市松は女形であるということ。実際に女性であれば奇態であるかもしれませんが、男性である女形が女性に扮したその現実をこれほどまでに描きえた作品は、多くの役者絵中に見ないところです。狐のような顔に迫真の描写力は驚愕せずにはいられません。つまり男が女に扮するという、世界に類のない女形の真髄がここに描出されているのです。 天明四年、三世市松となり...

海外で大人気 浮世絵 四世岩井半四郎の乳人重の井 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 四世岩井半四郎の乳人重の井 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画四世岩井半四郎の乳人重の井はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、河原崎座上演の「恋女房染分手綱」の女主人公、乳人重の井を描いた作品です。重の井は恋人伊達の与作との恋愛が知れ、与作はおいとま、父の竹村定之進は切腹、与作との間にできた一子与之助は自然生の三吉といって馬士になりました。主君の姫が浜松の入間家に養女に行くのにしたがって重の井は東へ下り、その途中、馬士自然生の三吉と出逢いますが、乳人という役目の手前、母子の名乗りもできずに別れます。その場の重の井を描いたのがこの絵になります。この絵は、四世岩井半四郎という当時三世瀬川菊之丞とともに女形の双璧と謳われた名優を描いて、写楽の半身像の女形の絵の最傑作といっていいでしょう。それは女形半四郎をあますところなく描ききっているからです。乳人という重の井の役柄がもつ温かい人情がこの絵にはみなぎっています。また白地に薄紅の蝶扇の模様の着物、紅裏に鶯色の裲襠(うちかけ)の配合は清楚ではありますが、乳人という落ち着きがあり、守り袋を右手にもった姿も悠揚として、大名の奥につとめる女性の気品が見られます。当時の役者評判記に「誠に花実兼備の若女形」とある標語はこの絵に【四世岩井半四郎の乳人重の井】 【四世岩井半四郎の乳人重の井】 寛政六年五月、河原崎座上演の「恋女房染分手綱」の女主人公、乳人重の井を描いた作品です。重の井は恋人伊達の与作との恋愛が知れ、与作はおいとま、父の竹村定之進は切腹、与作との間にできた一子与之助は自然生の三吉といって馬士になりました。主君の姫が浜松の入間家に養女に行くのにしたがって重の井は東へ下り、その途中、馬士自然生の三吉と出逢いますが、乳人という役目の手前、母子の名乗りもできずに別れます。その場の重の井を描いたのがこの絵になります。...

海外で大人気 浮世絵 咲分け言葉の花 かかあ 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 咲分け言葉の花 かかあ 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画咲分け言葉の花 かかあはこちらのページでお求めいただけます。子どもが「かゝア」と母を呼ぶのを父が口真似していったことで、それをのばした俗語になります。このシリーズは享和3年の制作で十図知られています。江戸下町のかみさんのきっぷのいい言い回しが句に書かれ、こうしていろいろな身分の女性の言葉を記しているため、江戸時代の口語を知る貴重なものといえます。女性の顔から胸にかけての白いふくよかな肌、乳児の手の指にも動的な感じが生き生きとし、勢いのある歌麿の芸術が画面に生きています。【咲分け言葉の花 かかあ】 【咲分け言葉の花 かかあ】 子どもが「かゝア」と母を呼ぶのを父が口真似していったことで、それをのばした俗語になります。 このシリーズは享和3年の制作で十図知られています。江戸下町のかみさんのきっぷのいい言い回しが句に書かれ、こうしていろいろな身分の女性の言葉を記しているため、江戸時代の口語を知る貴重なものといえます。女性の顔から胸にかけての白いふくよかな肌、乳児の手の指にも動的な感じが生き生きとし、勢いのある歌麿の芸術が画面に生きています。 気が強く、言葉使いもあっけらかんとした江戸の下町に生きる女性を描いています。 やわらかな白い肌から、女性の寛大さや優しさを感じます。 幼子の指の動きにも躍動感があり、生命力にあふれた作品です。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し、浮世絵美人画の第一人者への道をのぼりつめていきます。評判の美人をひと目見ようと...

海外で大人気 浮世絵 当世子育草 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 当世子育草 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画当世子育草はこちらのページでお求めいただけます。「節分のまめにそたてはおのづから鬼をもひしく和子のいたずら」と十返舎一句の歌が記され、歌舞伎女形の団扇を持ついたずら盛りの子どもに手を焼く二人の女性を描いています。これは文化元年頃の作品で、この頃になると子どもをテーマにした作品が多くなってきています。この年、太閤記を題材にした作品によって入牢および手鎖五十日の刑を受け、心身ともに疲れをみせる歌麿ですが、衝立てと二人の女性と子どもをひとつの画面に巧みに描き込み、安定した構図を示しています。【当世子育草】 【当世子育草】 「節分のまめにそたてはおのづから鬼をもひしく和子のいたずら」と十返舎一句の歌が記され、歌舞伎女形の団扇を持ついたずら盛りの子どもに手を焼く二人の女性を描いています。 これは文化元年頃の作品で、この頃になると子どもをテーマにした作品が多くなってきています。この年、太閤記を題材にした作品によって入牢および手鎖五十日の刑を受け、心身ともに疲れをみせる歌麿ですが、衝立てと二人の女性と子どもをひとつの画面に巧みに描き込み、安定した構図を示しています。 「節分のまめにそたてはおのづから鬼をもひしく和子のいたずら」と十返舎一九の狂歌が記されています。 見るからにやんちゃそうな子供。文化元年の頃になると子供をテーマにした作品が増えてきました 着物越しに女性のふくよかな脚が表現されています。どっしりと力強く構えた母の愛でしょうか。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ...

海外で大人気 浮世絵 中山富三郎の宮城野 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 中山富三郎の宮城野 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画中山富三郎の宮城野はこちらのページでお求めいただけます。女形を描いた写楽の作品の中では名作の一枚になります。寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」で、親の敵志賀大七を妹のしのぶとともに討つ役、宮城野を描いた作品です。「ぐにゃ富」とあだ名をされた富三郎が、これほど生々しく絵画となって表現されていることは、写楽の偉大さを感ぜずにはいられません。顔面描写にも、肩からの線にしても、左手の上げ方、指にしても、すべて富三郎の芸風と性格を如実に描いているといえ、長い顔、つりあがった眉、小さな眼、しゃくれた頬におちょぼ口、一見不思議さのなかに滑らかな印象を与えています。全体の姿態からゆったりとした雰囲気があって、見る人を和やかな気分にさせる写楽の絵は、人間とその芸風を描き、わずか半身でありながら舞台上の雰囲気までも感じさせ、時代を超え、あたかもその場の聴衆になった気分にさせてくれます。【中山富三郎の宮城野】 【中山富三郎の宮城野】 女形を描いた写楽の作品の中では名作の一枚になります。 寛政六年五月、桐座上演の「敵討乗合話」で、親の敵志賀大七を妹のしのぶとともに討つ役、宮城野を描いた作品です。「ぐにゃ富」とあだ名をされた富三郎が、これほど生々しく絵画となって表現されていることは、写楽の偉大さを感ぜずにはいられません。顔面描写にも、肩からの線にしても、左手の上げ方、指にしても、すべて富三郎の芸風と性格を如実に描いているといえ、長い顔、つりあがった眉、小さな眼、しゃくれた頬におちょぼ口、一見不思議さのなかに滑らかな印象を与えています。全体の姿態からゆったりとした雰囲気があって、見る人を和やかな気分にさせる写楽の絵は、人間とその芸風を描き、わずか半身でありながら舞台上の雰囲気までも感じさせ、時代を超え...

海外で大人気 浮世絵 石部 目川ノ里 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 石部 目川ノ里 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画石部 目川ノ里はこちらのページでお求めいただけます。水口から9.3キロ。この間に広重の描いた目川ノ里があります。春の景色らしく、遠くに見える三上山も春霞の彼方に眠っているような穏やかさのなか、街道を行く伊勢参りの人々の賑やかな声が聞こえてくるようです。中央に大きく構えるのは菜飯や田楽が名物の伊勢屋。人々の描写が実に巧みで、風景と伊勢屋の旅情に彩りをそえています。賑やかな人々にかまわず、荷を背負った二人の農夫の姿が村落の情緒を感じさせてくれます。【石部 目川ノ里】 (いしべ めかわのさと) 【石部 目川ノ里(いしべ めかわのさと)】 水口から9.3キロ。この間に広重の描いた目川ノ里があります。 春の景色らしく、遠くに見える三上山も春霞の彼方に眠っているような穏やかさのなか、街道を行く伊勢参りの人々の賑やかな声が聞こえてくるようです。中央に大きく構えるのは菜飯や田楽が名物の伊勢屋。人々の描写が実に巧みで、風景と伊勢屋の旅情に彩りをそえています。賑やかな人々にかまわず、荷を背負った二人の農夫の姿が村落の情緒を感じさせてくれます。 暖簾から伊勢屋であることがわかります。菜飯や田楽が名物で伊勢参りの参拝客からひいきにされていました。 陽気な旅人の姿に旅情を感じます 出立前の旅人たち。離れるのが名残惜しそうです。 印象的な空を表現する一文字ぼかしの下には,東海道五十三次とともに地名と作品名が書き入れられています。 歌川広重(うたがわ ひろしげ) 寛政9年(1797)~安政5年(1858) 江戸八代州河岸の定火消同心、安藤家の長男として生まれた広重。13歳の時、相次いで両親を亡くし同心職を継ぎますが、幼少の時から絵を描くことを好み、歌川豊広の門下となったのが15歳の頃。初期は美人画や役者絵などを描き...

海外で大人気 浮世絵 嵐竜蔵の金貸石部金吉 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 嵐竜蔵の金貸石部金吉 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画嵐竜蔵の金貸石部金吉はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、都座上演の「花菖蒲文禄曽我」に登場する役を描いた作品です。敵討をする石井兄弟に助力する田辺文蔵の貧家に、借金の取り立てにくる強欲な金貸しの役を描いており、その因業さがその顔面によく描写されています。真一文字に結ばれた口、アゴの皺、そして両目の睨みと袖をまくりあげた左手の構え、まさに迫力のある描写です。顔面、姿態のこの迫真の描写によって、画面の大部分を占めている黄八丈の着物の単調さが、むしろ効果を与えていると思われ、しかも襦袢の黒襟が強く画面を引き締めています。嵐竜蔵は、実悪方として当時は「上上白吉」(上上吉に届かないため吉の字を白抜きにしたもの)の位を与えられていたほどの役者で、写楽はその特異な渋い風貌を好んだらしく、他にもこの役者を描いています。竜蔵は寛政十年に三代目嵐七五郎を襲名しているが、その年の十一月に三十八歳で没しました。そのため顔とちがって年齢的には若く、この時の竜蔵は若干三十四歳でした。【嵐竜蔵の金貸石部金吉】 【嵐竜蔵の金貸石部金吉】 寛政六年五月、都座上演の「花菖蒲文禄曽我」に登場する役を描いた作品です。敵討をする石井兄弟に助力する田辺文蔵の貧家に、借金の取り立てにくる強欲な金貸しの役を描いており、その因業さがその顔面によく描写されています。真一文字に結ばれた口、アゴの皺、そして両目の睨みと袖をまくりあげた左手の構え、まさに迫力のある描写です。顔面、姿態のこの迫真の描写によって、画面の大部分を占めている黄八丈の着物の単調さが、むしろ効果を与えていると思われ、しかも襦袢の黒襟が強く画面を引き締めています。 嵐竜蔵は、実悪方として当時は「上上白吉」(上上吉に届かないため吉の字を白抜きにしたもの...

海外で大人気 浮世絵 風流七小町 花のいろは 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 風流七小町 花のいろは 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画風流七小町 花のいろははこちらのページでお求めいただけます。紅色の鮮やかな桜模様の下着に対し、着物の裾には紅葉と枯れ葉が描かれています。これは心のなかはいまだ春のような美しさを持ちながらも、外見は少しずつ老いて秋色が濃くなってきているのを暗示しているようです。たばこをふかしながら書物を読む気怠い日々のなか、美人にも一日一日と容姿が衰えていく様子がうかがえます。顔が少し痩せ気味で情感が稀薄になったとされる歌麿の最晩年の美人画で、文化2年頃の作品です。【風流七小町 花のいろは】 【風流七小町 花のいろは】 紅色の鮮やかな桜模様の下着に対し、着物の裾には紅葉と枯れ葉が描かれています。 これは心のなかはいまだ春のような美しさを持ちながらも、外見は少しずつ老いて秋色が濃くなってきているのを暗示しているようです。たばこをふかしながら書物を読む気怠い日々のなか、美人にも一日一日と容姿が衰えていく様子がうかがえます。顔が少し痩せ気味で情感が稀薄になったとされる歌麿の最晩年の美人画で、文化2年頃の作品です。 小野小町の和歌が記されています。 着物の柄で女性の心理を描いています。 書物の山。どんな本を読んでいるのでしょうか 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し、浮世絵美人画の第一人者への道をのぼりつめていきます。評判の美人をひと目見ようと、彼女たちの働く店に多くの人が集まるほど、歌麿の描く美人画は世の中に影響を与えていました。その後...

海外で大人気 浮世絵 三世坂田半五郎の藤川水右衛門 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 三世坂田半五郎の藤川水右衛門 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画三世坂田半五郎の藤川水右衛門はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、都座上演の「花菖蒲文禄曽我」に登場する大敵役の藤川水右衛門を描いた作品です。藤川水右衛門の名は、歌舞伎狂言の敵役中でも、有名な大悪逆人で知られています。写楽はこの大悪人を印象的に描いて半身図中屈指の傑作としています。着物は薄墨、襟の黒、袖口の濃緑、ただそれだけの地味な色彩でこの絵はまとめられおり、最少の配色で最大の効果を見せるのは写楽の技量がなせる業で、この図は最もよい例のひとつとなっています。またこの絵の優れた点は、その顔面描写にあります。突き出した顔は不気味で、鬼気があり、凄みがあり、ぐっと見る人に迫ってくる思いがします。眼隈が薄墨であるのも大悪人の雰囲気さらに盛り立てています。 三世坂田半五郎は、当時実悪の「上々吉」で、悪方の役者として認知されており、前名は坂東熊十郎、天明三年に三世を継ぎました。寛政六年は二世半五郎の十三回忌にあたるので、二世の当たり役水右衛門を先代追善のために、この狂言を上演したといいます。しかし半五郎は志半ばの翌年の六月、三十九歳で没しました。【三世坂田半五郎の藤川水右衛門】 【三世坂田半五郎の藤川水右衛門】 寛政六年五月、都座上演の「花菖蒲文禄曽我」に登場する大敵役の藤川水右衛門を描いた作品です。藤川水右衛門の名は、歌舞伎狂言の敵役中でも、有名な大悪逆人で知られています。写楽はこの大悪人を印象的に描いて半身図中屈指の傑作としています。着物は薄墨、襟の黒、袖口の濃緑、ただそれだけの地味な色彩でこの絵はまとめられおり、最少の配色で最大の効果を見せるのは写楽の技量がなせる業で、この図は最もよい例のひとつとなっています。またこの絵の優れた点は、その顔面描写にあります。突き出した顔は不気味で、鬼気があり...

海外で大人気 浮世絵 二世市川門之助の伊達の与作 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 二世市川門之助の伊達の与作 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画二世市川門之助の伊達の与作はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、河原崎座上演の「恋女房染分手綱」で、乳人重の井と恋に落ち、主家の役柄が完全に描かれている作品です。一見平凡のように見え、やさ男で意思が弱く、じっと我慢して主家を追われる内面的な役柄が、その風貌にも衣裳の色彩にも表現され、写楽の描写力の厚み、奥行きがよく示されています。おどおどしたような眼、悲しみをこらえる口もと、躊躇する右手、これらの描写に切実味があり、衣裳の色彩が和事師の雰囲気を出しています。薄紫の着物に下着が黄と薄紅の二枚重ね。この薄い派手な色の配合が役柄のすべてを表しています。 二世市川門之助は、初世門之助の養子で四世市川団十郎の門に入り、弁蔵と称し、明和七年に二世門之助を継ぎました。風采にすぐれ、舞台は華やかで人気役者で、和事を主としましたが、評判記に「とかく荒事が好きと見ゆるが、此の人はやはりしっぽりした事がうつりませう」とあるように、しばしば市川流の荒事もつとめました。寛政六年十月、五十二歳で没しました。【二世市川門之助の伊達の与作】 【二世市川門之助の伊達の与作】 寛政六年五月、河原崎座上演の「恋女房染分手綱」で、乳人重の井と恋に落ち、主家の役柄が完全に描かれている作品です。一見平凡のように見え、やさ男で意思が弱く、じっと我慢して主家を追われる内面的な役柄が、その風貌にも衣裳の色彩にも表現され、写楽の描写力の厚み、奥行きがよく示されています。おどおどしたような眼、悲しみをこらえる口もと、躊躇する右手、これらの描写に切実味があり、衣裳の色彩が和事師の雰囲気を出しています。薄紫の着物に下着が黄と薄紅の二枚重ね。この薄い派手な色の配合が役柄のすべてを表しています。 二世市川門之助は...

海外で大人気 浮世絵 藤川 棒鼻ノ図 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 藤川 棒鼻ノ図 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画藤川 棒鼻ノ図はこちらのページでお求めいただけます。赤坂から9キロ。天保3年、広重は八朔の御馬献上の行列に加わって東海道を下り、この際に東海道五十三次のモチーフが彼の画嚢に納まりました。江戸に帰った広重は、この続絵を描き、翌四年から出版、五年に五十五枚を完成させたのです。馬の背に御幣が立てられるこの風景は、毎年8月1日に幕府から朝廷へ馬を献上する慣例です。その行列が、いま藤川宿の入口にさしかかり、町役人や旅人が土下座をしてこの行列を迎えているところです。【藤川 棒鼻ノ図】 (ふじかわ ぼうはなのず) 【藤川 棒鼻ノ図(ふじかわ ぼうはなのず)】 赤坂から9キロ。天保3年、広重は八朔の御馬献上の行列に加わって東海道を下り、この際に東海道五十三次のモチーフが彼の画嚢に納まりました。 江戸に帰った広重は、この続絵を描き、翌四年から出版、五年に五十五枚を完成させたのです。馬の背に御幣が立てられるこの風景は、毎年8月1日に幕府から朝廷へ馬を献上する慣例です。その行列が、いま藤川宿の入口にさしかかり、町役人や旅人が土下座をしてこの行列を迎えているところです。 画面のほぼ中央に描かれた傍示杭(宿境や境界のしるしに建てられた標柱)。 馬の背に御幣が立てられるこの風景は、毎年8月1日に幕府から朝廷へ馬を献上する慣例です。 幕府から朝廷へ馬を献上する行列を迎える際には町役人や旅人が土下座をするのが慣例になっていました。 印象的な空を表現する一文字ぼかしの下には,東海道五十三次とともに地名と作品名が書き入れられています。 歌川広重(うたがわ ひろしげ) 寛政9年(1797)~安政5年(1858) 江戸八代州河岸の定火消同心、安藤家の長男として生まれた広重。13歳の時、相次いで両親を亡くし同心職を継ぎますが...

海外で大人気 浮世絵 岩井喜代太郎の二見屋娘お袖 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 岩井喜代太郎の二見屋娘お袖 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画岩井喜代太郎の二見屋娘お袖はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年七月、河原崎座上演の二番目狂言「桂川月思出」に登場する二見屋という宿屋の娘役を描いた作品です。この絵は写楽第二期作品で、黄摺背色に、さらに黄八丈の縞を着物に描いたところが写楽の大胆な色彩感覚を表現しています。全体にこの黄っぽい色彩をかっきりと引きしめているのが、黒い襟と裾廻し、そして濃緑の帯です。この二つの色の寸分の狂いのない位置の効果には、素晴らしい写楽の芸術感に現れています。さらにこの絵を見事にしているものに、姿態の彎曲した歌舞伎の女形の女性らしい描写があります。左手の位置、そのもつ長煙管と左手で煙草をつめている、その左手の位置がその女形らしい姿を際立させています。【岩井喜代太郎の二見屋娘お袖】 【岩井喜代太郎の二見屋娘お袖】 寛政六年七月、河原崎座上演の二番目狂言「桂川月思出」に登場する二見屋という宿屋の娘役を描いた作品です。 この絵は写楽第二期作品で、黄摺背色に、さらに黄八丈の縞を着物に描いたところが写楽の大胆な色彩感覚を表現しています。全体にこの黄っぽい色彩をかっきりと引きしめているのが、黒い襟と裾廻し、そして濃緑の帯です。この二つの色の寸分の狂いのない位置の効果には、素晴らしい写楽の芸術感に現れています。さらにこの絵を見事にしているものに、姿態の彎曲した歌舞伎の女形の女性らしい描写があります。左手の位置、そのもつ長煙管と左手で煙草をつめている、その左手の位置がその女形らしい姿を際立させています。 艶やかな手元を彩る鮮やかな着物 役者岩井喜代太郎を表す家紋は「三つ扇に喜代の字」です。 東洲斎写楽を見出したのは元祖出版プロデューサー蔦屋重三郎でした。 東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく) 生没年不詳 寛政6年(1794)...

海外で大人気 浮世絵 青楼十二時 卯ノ刻 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 青楼十二時 卯ノ刻 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画青楼十二時 卯ノ刻はこちらのページでお求めいただけます。遊女の一日を描いた12枚揃のシリーズ物。卯の刻とは朝の6時から7時頃のことで、そろそろ早帰りの客が帰り支度をする頃です。なじみの客の羽織を着せ掛けようとしたところ、羽織の裏が見え、そこには達麿が描かれており、その顔が客を皮肉な目で見ているようで、歌麿の揶揄が感じられます。黄色一色の背景は遊女のすらりとした長身の姿を強調して効果的です。 歌麿のもっとも円熟した頃の作品で、のびのびとした線描と情感豊かな描法が満ちあふれた傑作シリーズのひとつです。【青楼十二時 卯ノ刻】 【青楼十二時 卯ノ刻】 遊女の一日を描いた12枚揃のシリーズ物。 卯の刻とは朝の6時から7時頃のことで、そろそろ早帰りの客が帰り支度をする頃です。なじみの客の羽織を着せ掛けようとしたところ、羽織の裏が見え、そこには達麿が描かれており、その顔が客を皮肉な目で見ているようで、歌麿の揶揄が感じられます。黄色一色の背景は遊女のすらりとした長身の姿を強調して効果的です。 歌麿のもっとも円熟した頃の作品で、のびのびとした線描と情感豊かな描法が満ちあふれた傑作シリーズのひとつです。 卯ノ刻とは、午前六時から七時頃を指します。 そろそろ早帰りの客が帰り支度をはじめ、羽織を着せてあげようとしているところです。 遊女の背景には、全面を黄色で塗りつぶす「黄潰し」の技法が使われています。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し...

海外で大人気 浮世絵 関 本陣早立 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 関 本陣早立 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画関 本陣早立はこちらのページでお求めいただけます。亀山から6キロ。これは本陣から未明の早立をする大名一行の慌ただしさを描いています。本陣とは大名の泊まる旅館で、その宿場は最も格式の高い旅館でした。大名の泊まる日は玄関に定紋の幕を張り、提灯をかかげ、本陣の主人は袴姿で宿外れまで出迎えます。こうした本陣の有様、出立前のざわめきが聞こえてくるようです。すでに大名の乗る駕篭は玄関口に置かれ、供廻りの仲間や侍は早々に旅装を整えて待っています。夜明けの空に朝の凛とした雰囲気が伝わってきます。【関 本陣早立】 (せき ほんじんはやだち) 【関 本陣早立(せき ほんじんはやだち)】 亀山から6キロ。これは本陣から未明の早立をする大名一行の慌ただしさを描いています。 本陣とは大名の泊まる旅館で、その宿場は最も格式の高い旅館でした。大名の泊まる日は玄関に定紋の幕を張り、提灯をかかげ、本陣の主人は袴姿で宿外れまで出迎えます。こうした本陣の有様、出立前のざわめきが聞こえてくるようです。すでに大名の乗る駕篭は玄関口に置かれ、供廻りの仲間や侍は早々に旅装を整えて待っています。夜明けの空に朝の凛とした雰囲気が伝わってきます。 「田」と「中」を組み合わせ円で囲んだ紋所は広重の父方の実家、田中家にちなんだもの。 講中札と見せかけ、「仙女香」や「美玄香」と書かれた広告。 大名の乗る駕篭は玄関口に置かれ、供廻りの仲間や侍は早々に旅装を整えて待っています。 夜明けの空に朝の凛とした雰囲気が伝わってきます。 歌川広重(うたがわ ひろしげ) 寛政9年(1797)~安政5年(1858) 江戸八代州河岸の定火消同心、安藤家の長男として生まれた広重。13歳の時、相次いで両親を亡くし同心職を継ぎますが、幼少の時から絵を描くことを好み...

海外で大人気 浮世絵 藤沢 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 藤沢 東海道五十三次 歌川広重 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画藤沢はこちらのページでお求めいただけます。戸塚から7.3キロの藤沢。遠景の山頂に見えるのは時宗総本山である遊行寺です。ここは東海道のなかでも有名な寺院で、参詣の人も絶えず、庶人の信仰を集めていました。街道は寺の前を通り、橋を渡って鳥居のところへと続きます。鳥居は江の島弁財天への道の入口を示し、江の島詣との岐れ路になっています。寺の門前町の家並みから鳥居までの往還はたいそうな賑わいを見せ、大山詣や江の島詣の人々、東海道の旅人、なかには盲人の旅姿も描かれています。【藤沢 遊行寺】 (ふじさわ ゆぎょうじ) 【藤澤 遊行寺(ふじさわ ゆぎょうじ)】 戸塚から7.3キロの藤沢。遠景の山頂に見えるのは時宗総本山である遊行寺です。 ここは東海道のなかでも有名な寺院で、参詣の人も絶えず、庶人の信仰を集めていました。街道は寺の前を通り、橋を渡って鳥居のところへと続きます。鳥居は江の島弁財天への道の入口を示し、江の島詣との岐れ路になっています。寺の門前町の家並みから鳥居までの往還はたいそうな賑わいを見せ、大山詣や江の島詣の人々、東海道の旅人、なかには盲人の旅姿も描かれています。 遠景の山頂に見えるのは時宗総本山である遊行寺です。 江の島弁財天への入口を示す鳥居の存在感は抜群です。 参拝を終えた人々の満足そうな雰囲気が伝わってきます。 印象的な空を表現する一文字ぼかしの下には,東海道五十三次とともに地名と作品名が書き入れられています。 歌川広重(うたがわ ひろしげ) 寛政9年(1797)~安政5年(1858) 江戸八代州河岸の定火消同心、安藤家の長男として生まれた広重。13歳の時、相次いで両親を亡くし同心職を継ぎますが、幼少の時から絵を描くことを好み、歌川豊広の門下となったのが15歳の頃。初期は美人画や役者絵などを描き...

海外で大人気 浮世絵 尾上松助の松本造酒之進 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 尾上松助の松本造酒之進 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画尾上松助の松本造酒之進はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、桐座の狂言、「敵討乗合話」の内の役を描いた作品です。浪人した上、貧困のうちにあって、志賀大七(二一座)のために殺害される役ですが、その寂しく疲れた不運な生活を送る造酒之進の役柄の境遇、性格が画面ににじみでています。着物は地味な濃緑一色で、のびた月代、鼻の下やあごに薄くのびた髭、うつろのような眼にそのやつれが如実に感じられ、まさに芸質の再現です。扇子をもつ手にも力がなく、そこにもうらぶれた浪人の境涯が感じられます。 松助は、後に松緑となり、息子が三世尾上菊五郎であり、文化時代に名優となりました。「小幡小兵次」や「天竺徳兵衛」といった怪物もの、ケルン物を演じて名を成しました。文化十二年、七十三歳で没。この五月狂言でも敵役佐々木岸柳を勤めていますが、写楽はことさらにこの造酒之進の方を描いていました。それもこの陰影の多い役柄に魅せられた結果と考えられ、いかにも写楽らしさが感じられます。【尾上松助の松本造酒之進】 【尾上松助の松本造酒之進】 寛政六年五月、桐座の狂言、「敵討乗合話」の内の役を描いた作品です。浪人した上、貧困のうちにあって、志賀大七(二一座)のために殺害される役ですが、その寂しく疲れた不運な生活を送る造酒之進の役柄の境遇、性格が画面ににじみでています。着物は地味な濃緑一色で、のびた月代、鼻の下やあごに薄くのびた髭、うつろのような眼にそのやつれが如実に感じられ、まさに芸質の再現です。扇子をもつ手にも力がなく、そこにもうらぶれた浪人の境涯が感じられます。 松助は、後に松緑となり、息子が三世尾上菊五郎であり、文化時代に名優となりました。「小幡小兵次」や「天竺徳兵衛」といった怪物もの、ケルン物を演じて名を成しました。文化十二年...

海外で大人気 浮世絵 五人美人愛敬競 芝住の江 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 五人美人愛敬競 芝住の江 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画五人美人愛敬競 芝住の江はこちらのページでお求めいただけます。円型の封じ絵には、武士(シ)、葉に濁点(バ)、炭(スミ)、野原(ノ)、柄杓(エ)で「芝住の江」と読めます。このシリーズは他に4人の美人も描いています。簪を人差し指と親指でつまんで差し直している、ほんのちょっとした仕草をつかんだ描写が心憎くくもあります。あや毛といわれるごく細い毛髪を丹念に掘り出していく、生え際の難しい彫法がみられます。美人表出のひとつの手法として開発されたものだけあって見事な冴えがみられます。【五人美人愛敬競 芝住の江】 【五人美人愛敬競 芝住の江】 円型の封じ絵には、武士(シ)、葉に濁点(バ)、炭(スミ)、野原(ノ)、柄杓(エ)で「芝住の江」と読めます。このシリーズは他に4人の美人も描いています。 簪を人差し指と親指でつまんで差し直している、ほんのちょっとした仕草をつかんだ描写が心憎くくもあります。あや毛といわれるごく細い毛髪を丹念に掘り出していく、生え際の難しい彫法がみられます。美人表出のひとつの手法として開発されたものだけあって見事な冴えがみられます。 判じ絵には、武士(し)、葉に濁点(ば)、炭(すみ)、野原(の)、柄杓(え)が描かれ、これで「芝住みの江」と読めます。 簪(かんざし)を人差し指と親指でそっとつまんで指し直している、ほんの一瞬の動作を描いています。 「あや毛」という細かな毛髪を丹念に掘り出していく掘法。美人を表現する時の手法のひとつです。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ...

海外で大人気 浮世絵 八世森田勘弥の駕舁鶯の治郎作 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 八世森田勘弥の駕舁鶯の治郎作 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画八世森田勘弥の駕舁鶯の治郎作はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、桐座の「敵討乗合話」の内に上演された所作事「花菖蒲思笄」に登場する役を描いた作品です。この絵は舞踊でよく見られる思い切った体の動きからきまった時の姿が鮮やかに描かれています。所作事であるため衣裳も派手で描線もとても滑らかです。この派手な衣裳が画面の大部分を占めているのも所作事図としての効果を出し、勘弥の顔が比較的小さく描かれているのも写楽の非凡な技巧といえます。そのうえ背色の黒雲母がまた有効に画面に調和を与えています。着物の藍地に貝絞りの柄、袖なしは鼠で模様があばれ熨斗(のし)の白抜き、そして頭巾は黄。この配色も他の写楽の絵としては珍しく複雑ですが、さらに襟元と袖口に見える下着の紅が、これらとうまく調和し、しかも一分の隙もない、つまりこれ以上の色もこれ以下の色も考えられないくらい素晴らしいものとなっています。さらに勘弥のえぐられたような頬の線と眼と口許が印象的で迫るものが感じられるのは、まさに写楽の絵の特徴となっています。 森田勘弥は、江戸三座、中村、市村、森田の森田座の座元とした伝統ある家柄の出身です。この勘弥は八代目で、宝暦九年【八世森田勘弥の駕舁鶯の治郎作】 【八世森田勘弥の駕舁鶯の治郎作】 寛政六年八月、桐座上演の切狂言の「四方錦故郷旅路」に登場する松本米三郎の仲居おつゆの役を描いたものです。芝居は近松物の心中狂言としてよく知られた桜川忠兵衛の狂言で、この役は新町井筒屋、忠兵衛の封印切りの場に出る役でした。この絵は第二期の細判作品のなかで一、二を争う佳品で、いくつかの三角形の集積によって人物の構図を作り上げ、写楽独特の立体美を見せています。しかも描線はなんの誇張もなく、ごく自然な立体像を描き出し...

海外で大人気 浮世絵 松本米三郎の仲居おつゆ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 松本米三郎の仲居おつゆ 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画松本米三郎の仲居おつゆはこちらのページでお求めいただけます。寛政六年八月、桐座上演の切狂言の「四方錦故郷旅路」に登場する松本米三郎の仲居おつゆの役を描いたものです。芝居は近松物の心中狂言としてよく知られた桜川忠兵衛の狂言で、この役は新町井筒屋、忠兵衛の封印切りの場に出る役でした。この絵は第二期の細判作品のなかで一、二を争う佳品で、いくつかの三角形の集積によって人物の構図を作り上げ、写楽独特の立体美を見せています。しかも描線はなんの誇張もなく、ごく自然な立体像を描き出し、写楽の奥行きと厚味のある芸術が表現されています。色彩はベニガラ色の着物と黒襟と黒い帯が背色の黄摺りとよく調和し、重厚味が発揮されています。襦袢の襟の前垂れの薄藍がまた絶妙な配色になっています。 松本米三郎は、女形の四世芳沢あやめの子として生まれ、のち四世松本幸四郎の門に移り、松本米三郎となりました。若女形としての人気が高く、中山富三郎、岩井粂三郎と三幅対といわれていました。写楽は第一期の大判半身画でも米三郎を描いています。【松本米三郎の仲居おつゆ】 【松本米三郎の仲居おつゆ】 寛政六年八月、桐座上演の切狂言の「四方錦故郷旅路」に登場する松本米三郎の仲居おつゆの役を描いたものです。芝居は近松物の心中狂言としてよく知られた桜川忠兵衛の狂言で、この役は新町井筒屋、忠兵衛の封印切りの場に出る役でした。この絵は第二期の細判作品のなかで一、二を争う佳品で、いくつかの三角形の集積によって人物の構図を作り上げ、写楽独特の立体美を見せています。しかも描線はなんの誇張もなく、ごく自然な立体像を描き出し、写楽の奥行きと厚味のある芸術が表現されています。色彩はベニガラ色の着物と黒襟と黒い帯が背色の黄摺りとよく調和し、重厚味が発揮されています...

海外で大人気 浮世絵 風俗三段娘 上品の園 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 風俗三段娘 上品の園 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画風俗三段娘 上品の園はこちらのページでお求めいただけます。上品(じょうぼん)、中品、下品と、それぞれの品位に娘を分けて描いたシリーズ物。3作とも女性ふたりの夏姿を描き、部屋のなかの様子や小物の描写で品位を表現しています。この絵は、みるからに深窓の娘の上品さを表し、口に袖をあてて話をする仕草や、足元には季節を先取りする虫かごを置いて生活の上級感を表しています。美しい黒の大振袖を着て立つ娘を引き立たせるため、地味な着物を着た人物を並行に配したり、背景を黄潰しにしているところも手法として考えられます。【風俗三段娘 上品の園】 【風俗三段娘 上品の園】 上品(じょうぼん)、中品、下品と、それぞれの品位に娘を分けて描いたシリーズ物。 3作とも女性ふたりの夏姿を描き、部屋のなかの様子や小物の描写で品位を表現しています。この絵は、みるからに深窓の娘の上品さを表し、口に袖をあてて話をする仕草や、足元には季節を先取りする虫かごを置いて生活の上級感を表しています。美しい黒の大振袖を着て立つ娘を引き立たせるため、地味な着物を着た人物を並行に配したり、背景を黄潰しにしているところも手法として考えられます。 黒の絽の大振袖は、ところどころに黒の濃淡をつけ、夏に向けた薄物の感じを出しています。 立ち姿の娘と一体化するかのように琴が描かれ、全体のバランスをとっています。 琴、爪箱、虫籠などが置かれていることから娘の生活環境の高さがわかります。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気...

海外で大人気 浮世絵 玉屋内まき絹 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

14,580

海外で大人気 浮世絵 玉屋内まき絹 喜多川歌麿 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画玉屋内まき絹はこちらのページでお求めいただけます。三味線の音を調節している新造の前には教本や爪箱などが描かれ、片膝をたてた典型的なポーズとともにひとつのまとまりを見せています。それに対し、遊女と禿が立ち姿で描かれ、二つのグループが互いにバランスを保ち、見事な構成をなしています。前で着物のすその左右両端の部分を手にとり軽く持ち上げた太夫姿のすその線が末広がりに規則正しく描かれ、図案化した面が見えるものの美しさが一段と増して見えます。太夫と禿の着物がともに萩を描いているのもペアルックとして注目されます。【玉屋内まき絹】 【玉屋内まき絹】 三味線の音を調節している新造の前には教本や爪箱などが描かれ、片膝をたてた典型的なポーズとともにひとつのまとまりを見せています。 それに対し、遊女と禿が立ち姿で描かれ、二つのグループが互いにバランスを保ち、見事な構成をなしています。前で着物のすその左右両端の部分を手にとり軽く持ち上げた太夫姿のすその線が末広がりに規則正しく描かれ、図案化した面が見えるものの美しさが一段と増して見えます。太夫と禿の着物がともに萩を描いているのもペアルックとして注目されます。 新造の前に置かれた教本や爪箱が、さりげなくもバランスをとっています。 すそのラインが蛇腹折りのように規則正しい末広がりに描かれ、美しいバランスを見せています まき絹と禿の着物は、色は違いますが同じ萩の模様を描いています。 喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) 宝暦3年(1753)~文化3年(1806)) 狩野派の町絵師・鳥山石燕に絵を学んだのち、版元・蔦屋重三郎に才能を見出され、精力的に錦絵や狂歌絵本などを手がけるようになりました。1791年頃から美人画に大首絵を取り入れ、さらに評判の茶屋娘らをモデルとした作品で人気を博し...

海外で大人気 浮世絵 三世坂東彦三郎の鷲坂左内 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

Transit store

9,180

海外で大人気 浮世絵 三世坂東彦三郎の鷲坂左内 東洲斎写楽 復刻版浮世絵 日本のお土産に最適 職人の美技 手作り 希少

復刻版 浮世絵 手摺り 木版画三世坂東彦三郎の鷲坂左内はこちらのページでお求めいただけます。寛政六年五月、河原崎座上演の「恋女房染分手綱」に登場する人物鷺坂左内を描いた作品です。この狂言の由留木家の御家騒動で悪人方は鷲塚官太夫、善人方は鷺坂左内です。この絵は伊達の与作の勘当場の左内であることが絵本番附によってわかります。端正な彦三郎の風貌が、この役にぴったりであることが、その顔の輪郭、眼の上の中途からひかれた瞼の筋の弧線と引き上げられた眼、力強い唇の線などによって手に取るようにわかります。そして構図的にも写楽独特の類似型描写が見られます。左内の左向きの顔と右手にもつ雪洞の形の類似の二つが左右にあって、この絵に安定を与えています。色彩は濃く、濃紫の着付けと橙色の肩衣が写楽としては珍しく濃厚ですが、この絵が夜であることを考えると、写楽の意図もそこにあったのではないかと考えられます。【三世坂東彦三郎の鷲坂左内】 【三世坂東彦三郎の鷲坂左内】 寛政六年五月、河原崎座上演の「恋女房染分手綱」に登場する人物鷺坂左内を描いた作品です。 この狂言の由留木家の御家騒動で悪人方は鷲塚官太夫、善人方は鷺坂左内です。この絵は伊達の与作の勘当場の左内であることが絵本番附によってわかります。端正な彦三郎の風貌が、この役にぴったりであることが、その顔の輪郭、眼の上の中途からひかれた瞼の筋の弧線と引き上げられた眼、力強い唇の線などによって手に取るようにわかります。そして構図的にも写楽独特の類似型描写が見られます。左内の左向きの顔と右手にもつ雪洞の形の類似の二つが左右にあって、この絵に安定を与えています。色彩は濃く、濃紫の着付けと橙色の肩衣が写楽としては珍しく濃厚ですが、この絵が夜であることを考えると、写楽の意図もそこにあったのではないかと考えられます。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク