メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「漆器文庫」検索結果。

漆器文庫の商品検索結果全84件中1~60件目

天野漆器:文庫 鳳凰 貝入

百選横丁 楽天市場店

54,000

天野漆器:文庫 鳳凰 貝入

高岡漆器は、その香り高い文化と長い伝統が育んだ技と心。 他に類を見ない技術で日本人の伝統的な心を呼び起こす。 そして、漆の艶やかな温もりは、次代へと語り継がれながら新たな生命が吹き込まれる。 ●青貝塗…あわび貝や夜光貝等、虹のような輝きをもった貝殻を刀・針等を用いて細片をつくり、これを組合せて、山水や花鳥等を表現する技法。 ●彫刻塗…木地に彫刻を施し、多彩な色漆を自在に配して立体感と独特の艶を出していく技法。 ●勇助塗…うるみ色の地に、唐物の雰囲気を持つ意匠に花鳥・山水・人物などの錆絵や箔絵を描き、要所に玉石などを施す総合技法。 ●変り塗…いろいろな漆・塗料を用い、多彩な表情を出す技法。 ●蒔絵…漆で模様を描き、乾かないうちに金・銀などの粉や色粉を蒔きつけ、模様を表現したもの。 ●錆絵…漆にとの粉を混ぜた錆漆に水分を適度に加えて柔らかくし、筆につけて、肉付きの厚い模様を描いたもの。 文庫・浅文庫・硯箱:大切な思い出の品や、重要な書類等を収納するのに便利です。書斎においておくだけで、奥ゆかしい「日本の美」を演出できます。 商品詳細 名称 天野漆器:文庫 鳳凰 貝入 内容量 1個 材質 木製、木質繊維板(MDF)、塗料…カシュー塗 サイズ 33×24×11cm 備考 製造元:天野漆器 富山県高岡市波岡 商品表示責任者 天野漆器株式会社永い伝統に培われた「高岡漆器」の技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにマッチした漆器の提案を積極的に取り組んでいます。

天野漆器:小文庫 二羽鶴 貝入

百選横丁 楽天市場店

27,000

天野漆器:小文庫 二羽鶴 貝入

高岡漆器は、その香り高い文化と長い伝統が育んだ技と心。 他に類を見ない技術で日本人の伝統的な心を呼び起こす。 そして、漆の艶やかな温もりは、次代へと語り継がれながら新たな生命が吹き込まれる。 ●青貝塗…あわび貝や夜光貝等、虹のような輝きをもった貝殻を刀・針等を用いて細片をつくり、これを組合せて、山水や花鳥等を表現する技法。 ●彫刻塗…木地に彫刻を施し、多彩な色漆を自在に配して立体感と独特の艶を出していく技法。 ●勇助塗…うるみ色の地に、唐物の雰囲気を持つ意匠に花鳥・山水・人物などの錆絵や箔絵を描き、要所に玉石などを施す総合技法。 ●変り塗…いろいろな漆・塗料を用い、多彩な表情を出す技法。 ●蒔絵…漆で模様を描き、乾かないうちに金・銀などの粉や色粉を蒔きつけ、模様を表現したもの。 ●錆絵…漆にとの粉を混ぜた錆漆に水分を適度に加えて柔らかくし、筆につけて、肉付きの厚い模様を描いたもの。 文庫・浅文庫・硯箱:大切な思い出の品や、重要な書類等を収納するのに便利です。書斎においておくだけで、奥ゆかしい「日本の美」を演出できます。 商品詳細 名称 天野漆器:小文庫 二羽鶴 貝入 内容量 1個 材質 木製、木質繊維板(MDF)、塗料…カシュー塗 サイズ 30×23×6cm 備考 製造元:天野漆器 富山県高岡市波岡 商品表示責任者 天野漆器株式会社永い伝統に培われた「高岡漆器」の技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにマッチした漆器の提案を積極的に取り組んでいます。

送料無料
会津塗 面取文庫 初音 漆器 日本製【送料無料】【英文説明書付】【名入れ可能商品】【メール便不可】

人形と日本のおみやげ 久宝堂

10,800

会津塗 面取文庫 初音 漆器 日本製【送料無料】【英文説明書付】【名入れ可能商品】【メール便不可】

豪華な蒔絵をふんだんに施した綺麗な文庫です。 底の部分に面取りをし、丁寧な仕上げとなっております。 A4サイズの書類がちょうど入る大きさですので、使いやすく、国内の方への贈り物にはもちろん、海外の方への日本みやげとしても最適な逸品です。 「初音」 三代将軍家光の長女千代姫が嫁いだ時の嫁入り道具のことを「初音の調度」と呼びます。 そのデザインは、寝殿造りの屋敷と庭先の水の流れる情景をモチーフに蒔絵で表現されています。 源氏物語の歌に託して娘に伝える親の愛情が見えます。 ご結婚のお祝いとしてもどうぞ こちらの商品は名入れが可能です。(シルクスクリーン印刷) 記念品・贈答品にご利用ください。 費用:版代4500円、押代60円(1個あたり) 納期:約2~3週間 *在庫状況によって変わります。詳細はお問い合わせ下さい。 サイズ 外寸:33×24×6cm 化粧箱サイズ/35.5×26×7cm 内容 素材:木製 カシュー塗装 日本製 化粧箱入り この商品についてのお問合せは、下のお問い合わせフォームよりおよせください。 又、お電話の場合は フリーダイヤル 0120-66-8655 までお気軽にどうぞ。 左の画像をクリックすると拡大画像になります 会津塗の歴史は約五百年。漆独特の黒や朱色に施された装飾が特徴で 卓越した職人の手による器や盆は、芸術品としても高く評価されています 豪華な蒔絵をふんだんに施した文庫は、見る人をうっとりとさせます

送料無料
会津塗 文庫 赤富士 漆器 日本製【送料無料】【名入れ可能商品】【メール便不可】

人形と日本のおみやげ 久宝堂

10,800

会津塗 文庫 赤富士 漆器 日本製【送料無料】【名入れ可能商品】【メール便不可】

縁起の良い赤富士と松の柄をあしらった綺麗な文庫です。 国内の方への贈り物にはもちろん、海外の方への日本みやげとしても最適な逸品です。 -赤富士- 赤富士(あかふじ)は、晩夏から晩秋に限って見られる朝焼けや夕焼けで赤く染 まった富士山をいいます。 赤々と染まり輝く霊峰富士は、一年に一度あるかないかの奇跡と言われ、 古来より幸運、心願成就・病気平癒を願い、大切にされてきた吉兆です。 神々しい程の勇姿には、強い開運力があると信じられています。 こちらの商品は名入れが可能です。(シルクスクリーン印刷) 記念品・贈答品にご利用ください。 費用:版代4500円、押代60円(1個あたり) 納期:約2~3週間 *在庫状況によって変わります。詳細はお問い合わせ下さい。 サイズ 外寸/22.5×29.8×6cm 内寸/20.6×28×4.5cm 化粧箱サイズ/23.5×30.8×6.5cm 内容 素材:木繊 カシュー塗 日本製 化粧箱入り この商品についてのお問合せは、下のお問い合わせフォームよりおよせください。 又、お電話の場合は フリーダイヤル 0120-66-8655 までお気軽にどうぞ。 左の画像をクリックすると拡大画像になります  会津塗の歴史は約五百年。漆独特の黒や朱色に施された装飾が特徴で 卓越した職人の手による器や盆は、芸術品としても高く評価されています 豪華な蒔絵をふんだんに施した文庫は、見る人をうっとりとさせます    

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 柿合 忘れな盆 912509(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

9,504

【送料無料】越前漆器 文庫 柿合 忘れな盆 912509(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 沈金松 黒 912505(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

30,240

【送料無料】越前漆器 文庫 沈金松 黒 912505(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 鉄線 板蓋 内梨地 912405(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

37,800

【送料無料】越前漆器 文庫 鉄線 板蓋 内梨地 912405(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 沈金故郷の詩 黒 912209(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

70,200

【送料無料】越前漆器 文庫 沈金故郷の詩 黒 912209(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約258×335×75 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 合口 月に紅梅 黒 912101(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

324,000

【送料無料】越前漆器 文庫 合口 月に紅梅 黒 912101(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約260×365×120 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 沈金富貴 光琳 912306(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

54,000

【送料無料】越前漆器 文庫 沈金富貴 光琳 912306(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 沈金帯松 板蓋 内梨地 912406(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

37,800

【送料無料】越前漆器 文庫 沈金帯松 板蓋 内梨地 912406(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 沈金鏡富士 912304(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

54,000

【送料無料】越前漆器 文庫 沈金鏡富士 912304(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 月に飛鶴 黒 912507(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

17,280

【送料無料】越前漆器 文庫 月に飛鶴 黒 912507(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 沈金故郷の詩 溜 912501(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

32,400

【送料無料】越前漆器 文庫 沈金故郷の詩 溜 912501(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 沈金富貴 黒 912504(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

30,240

【送料無料】越前漆器 文庫 沈金富貴 黒 912504(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 沈金鉄線 912308(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

50,760

【送料無料】越前漆器 文庫 沈金鉄線 912308(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 松に鷹 912309(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

45,360

【送料無料】越前漆器 文庫 松に鷹 912309(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 文庫 プラチナ牡丹彫 912408(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

37,800

【送料無料】越前漆器 文庫 プラチナ牡丹彫 912408(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
ダイヤ文庫 昇鶴 黒内梨地 木製漆塗り 漆器

京都 漆器の井助

27,000

ダイヤ文庫 昇鶴 黒内梨地 木製漆塗り 漆器

商品の仕様 入数 1個 塗り・素材 漆塗り・木製 サイズ 横22.2×縦30.2×高さ6.5 (cm) 色合い 画像と実際の商品では、多少色合いが異なって見える場合がありますので、予めご了承下さい。 在庫 在庫数の更新は随時行っておりますが、実店舗でも販売しておりますので、商品が品切れになってしまうこともございます。 その場合、お客様にはご連絡いたしますが、万が一追加できない場合は、 キャンセルさせて頂く場合もございますので、予めご了承ください。 お手入れ 電子レンジ、食器洗い機、乾燥機のご使用はお控え下さい。 京都の老舗が普段使いをご提案 ≫「漆器の井助」について鶴の構図が印象的な木製漆塗りの文庫 デザイン化された鶴の構図が印象的な、木製漆塗りのの文庫です。 法人様、ビジネス用途での贈答などにも人気。 井助では、~もっと気軽に、もっとおしゃれに~ をテーマに現代のライフスタイルにもあった漆器を、 みなさまへお届けします。   京都で創業して180年余、7代続く漆と漆器のお店です。 これまで培った長い経験と知識をもとに、デザイン性を重視した漆器を中心に、日本だけでなく海外にも広く販売しています。 文庫 松に鷹 黒 A4サイズ 文庫 黒 沈金日の出鶴 A4サイズ 文庫 沈金松 黒 A4サイズ

送料無料
○金蒔絵樹木文庫○-明治時代-木製箱付-漆ヒビ・漆ハゲ・中フタの一部に修理有り-漆器-文房具【古美術】【骨董】【中古】【送料無料】

三浦古美術WEB

80,000

○金蒔絵樹木文庫○-明治時代-木製箱付-漆ヒビ・漆ハゲ・中フタの一部に修理有り-漆器-文房具【古美術】【骨董】【中古】【送料無料】

【smtb-ms】〇金蒔絵樹木文庫〇明治時代 商品情報 商品名 金蒔絵樹木文庫【古美術・骨董品】 時代 明治時代 材質 漆器 種類 金蒔絵・樹木文 形 文箱(ふみばこ) 高さ 8.5cm 幅 31.5cm×15.4cm 状態 長く使用してきた使用傷など・良い味わいです 傷 一部に漆ヒビ・底に漆ハゲ・中フタ角の一部に修理有り *傷表記のあるものは傷部分の写真に赤い矢印等で印をしています。写真をよくご確認下さい *傷の名称は 〇骨董傷用語〇でご確認ください 付属品 なし 数 現品限り 商品詳細 商品の在庫について 当店では実店舗で陳列・販売している商品の一部を掲 載しております。ご注文いただきますタイミングによっては、既に完売や予約済になっている 場合がございます。在庫状況につきましては、 楽天から送られる「自動返信メール」の後に、 当店からお送りする「受注ご案内メール」にて ご確認ください。( 在庫がない場合は後程ご連 絡させて頂きます。また、状況次第では注文が キャンセルとなる場合がございますのでご了承下さい。) 画像の色合について できるだけ実物に近くなるように努めております が、お使いのパソコンやモニターの環境や設定、 光の加減等により若干違う場合ががあります。 ご理解の上ご注文くださいませ。 気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 画像サイズについて 商品の実際の大きさにあわせておりません。 非常に大きい品物は小さく写り、小さい品物は見やすいよう実寸より大きく表示しています。ほとんどの 商品にサイズ表記を記載しておりますのでご参考下さいませ。 商品について 当店が長年の経験から判断し鑑定しております。取扱っている商品の多くは古美術・骨董品・中古品となります。 時代物は特に多少のスリ傷や表面の枯れ、貫入(カンニュウ...

送料無料
【漆器】文庫 松に鷹 黒 A4サイズ 京都 漆器の井助  【送料無料】

京都 漆器の井助

45,360

【漆器】文庫 松に鷹 黒 A4サイズ 京都 漆器の井助 【送料無料】

ギフトラッピングについて 【漆器】文庫 松に鷹 黒 A4サイズ 解説 松の上を飛ぶ鷹の優雅な姿を蒔絵にした文庫です。 贈り物にも喜ばれます。 【漆器】文庫 松に鷹 黒 A4サイズ 仕様・詳細 商品の仕様 入数 1個 塗り・素材 漆塗り・木製 サイズ 横24.3×縦33.4×高さ6.8 (cm) 色合い 画像と実際の商品では、多少色合いが異なって見える場合がありますので、予めご了承下さい。 在庫 在庫数の更新は随時行っておりますが、実店舗でも販売しておりますので、商品が品切れになってしまうこともございます。 その場合、お客様にはご連絡いたしますが、万が一追加できない場合は、 キャンセルさせて頂く場合もございますので、予めご了承ください。 お手入れ 電子レンジ、食器洗い機、乾燥機のご使用はお控え下さい。 京都の老舗が普段使いをご提案 ≫「漆器の井助」について松の上を飛ぶ鷹の優雅な姿を蒔絵にした文庫です。 贈り物にも喜ばれます。 井助では、~もっと気軽に、もっとおしゃれに~ をテーマに現代のライフスタイルにもあった漆器を、 みなさまへお届けします。   京都で創業して180年余、7代続く漆と漆器のお店です。 これまで培った長い経験と知識をもとに、デザイン性を重視した漆器を中心に、日本だけでなく海外にも広く販売しています。 文庫 黒 沈金日の出鶴 A4サイズ 文庫 沈金松 黒 A4サイズ 板蓋文庫 黒内梨地 昇鶴 A4サイズ

送料無料
【送料無料】越前漆器 菊総彫 硯箱 912602(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

97,200

【送料無料】越前漆器 菊総彫 硯箱 912602(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 南天 半唐戸硯箱 黒内梨地 912606(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

43,200

【送料無料】越前漆器 南天 半唐戸硯箱 黒内梨地 912606(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
漆器の雑貨 文庫 黒 沈金日の出鶴 A4サイズ 【送料無料】【京都 漆器の井助】

京都 漆器の井助

43,200

漆器の雑貨 文庫 黒 沈金日の出鶴 A4サイズ 【送料無料】【京都 漆器の井助】

商品の仕様 入数 1個 塗り・素材 漆塗り・木製 サイズ 横24.3×縦33.4×高さ6.8 (cm) 色合い 画像と実際の商品では、多少色合いが異なって見える場合がありますので、予めご了承下さい。 在庫 在庫数の更新は随時行っておりますが、実店舗でも販売しておりますので、商品が品切れになってしまうこともございます。 その場合、お客様にはご連絡いたしますが、万が一追加できない場合は、 キャンセルさせて頂く場合もございますので、予めご了承ください。 お手入れ 電子レンジ、食器洗い機、乾燥機のご使用はお控え下さい。 京都の老舗が普段使いをご提案 ≫「漆器の井助」について日の出に優雅に飛翔する鶴が美しい、木製漆塗りの 文庫です。 A4サイズなので、オフィスでも役立ちます。 日展作家冨田立山作。 井助では、~もっと気軽に、もっとおしゃれに~ をテーマに現代のライフスタイルにもあった漆器を、 みなさまへお届けします。   京都で創業して180年余、7代続く漆と漆器のお店です。 これまで培った長い経験と知識をもとに、デザイン性を重視した漆器を中心に、日本だけでなく海外にも広く販売しています。 文庫 松に鷹 黒 A4サイズ 文庫 沈金松 黒 A4サイズ 板蓋文庫 黒内梨地 昇鶴 A4サイズ

送料無料
【送料無料】越前漆器 秋草 硯箱 912601(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

祭りのええもん

108,000

【送料無料】越前漆器 秋草 硯箱 912601(書類入れ、書類整理箱)【楽ギフ_包装】

越前漆器 最高級の文庫です。 6世紀当時の天皇に冠の塗り替えを命じられた漆塗の職人が、黒塗の食器を献上したところ、その艶の見事さに深く感銘され 製作を奨励されたのが始まりです 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 サイズ:約250×340×63 木製・うるし塗 越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク