メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「渡辺宏」検索結果。

渡辺宏の商品検索結果全15件中1~15件目

送料無料
渡辺宏『新しい友達』ジクレー【送料無料】

アート静美洞

37,800

渡辺宏『新しい友達』ジクレー【送料無料】

商品の詳細 作品名 新しい友達 作家名 渡辺宏 技法 ジクレー 額寸 60×48cm 絵寸 38×29cm 限定200部 作者直筆サイン入り 新品 額付 ◆ 渡辺宏(Watanabe Hiroshi) ◆1961年 大阪生まれ 1984年 大阪芸術大学デザイン学科卒業 主な受賞歴1987年 「イラストレーション」誌第4回ザ・チョイス年度賞大賞 1987年 IBM・ABC&PI展優秀賞 1988年 ニューヨークADC賞入賞 チョイス展ポスター 1988年 全国カタログ・ポスター展部門賞 チョイス展ポスター 1989年 北海道新聞広告賞最優秀賞 丸井今井新聞広告 1991年 「イラストレーション」誌第8回ザ・チョイス特別賞1991年 ニューヨークADC賞入賞 オリジナルポスター 1992年 ニューヨークADC賞入賞 リクルートG8ポスター 1993年 日本産業広告賞部門賞 イワタニ産業新聞広告 1994年 日経広告賞部門賞 イワタニ産業新聞広告 1996年 ニューヨークイラストレーションソサエティ国際部門選出 1998年 JPC(日本パッケージ協会)部門賞 ポーラ化粧品 1998年 日経BP広告賞部門賞 モトローラ雑誌広告 2005年 ニューヨークイラストレーションソサエティ国際部門選出 他の◆渡辺宏◆作品を検索 動物画 アニマル 象 ゾウ ペンギン 友人 フレンド 幻想的 メルヘン わたなべひろし

こちらの関連商品はいかがですか?

天野和敏『ソアムーアの森で』ジクレー

アート静美洞

4,320

天野和敏『ソアムーアの森で』ジクレー

商品の詳細 作品名 ソアムーアの森で 作家名 天野和敏 技法 ジクレー 額寸 42×33cm 絵寸 26×17cm 限定100部 作家サイン入り 新品 額付 ■お姫さまへの手紙■ ソアムーアの森で ~次のお休みの日には どんな楽しいことが待っているのだろうかとわくわくすることを忘れてしまった時のお姫さまへ~お姫さま、いかがお過ごしでしょう。忙しい中にも充実感を得て心を喜ばせているお姫さまがいらっしゃることを願っております。ここからは、より心を整えてまいりましょう。今回お姫さまの為にお届けしますのは小鳥に餌をあげている天使の絵でございます。小鳥たちは喜んで天使の差し出す餌をもらっています。お姫さまは小鳥に餌をあげたことはございますか?この絵の中の天使のように小鳥に餌をあげているご自分を想像なさって下さい。そんな時に、この世のすべての小鳥たちに餌を与えることができないことを憂い、がっかりする人もいるのかもしれません。けれども今、目の前の自分よりも小さな者や弱い者に対し、与える立場に立とうとすることができるだけでも素晴らしいことなのではないでしょうか。今回お姫さまにお伝えしたいのは、そのことです。見返りを求めず与えることの象徴としての“親"という立場に立った人の中でも、ある人は自分の子供に対し多くのお金と時間と労力を費やし、親としての愛情を充分に感じさせてあげながら暮らしていることでしょう。しかし、その一方で、ある親は子供に対し充分なお金も時間も労力もかけてあげることができずにいることでしょう。けれどもお姫さま、親に深い愛情があったのなら前者も後者も親としての価値は同じだということを知らなければなりません。親が子に与えたいという思いがあって努力をし、より素晴らしい環境を与えていられることは素晴らしいことですが、最も重要なのは愛情です...

天野和敏『小さな舞台』ジクレー

アート静美洞

4,320

天野和敏『小さな舞台』ジクレー

商品の詳細 作品名 小さな舞台 作家名 天野和敏 技法 ジクレー 額寸 36×30cm 絵寸 20×14cm 限定100部 作家サイン入り 新品 額付 ■ 天野 和敏(あまの・かずとし)■1969年 9月27日、静岡県藤枝市に生まれる。1987年 洋画研究所に通い、本格的に絵を習い始める。1990年 日本デザイナー学院(東京)卒業。1995年 アトリエ・サン・クルーにて初個展。1996年 由美画廊にて個展。1998年 GALLERY 55を開廊する。2001年 静岡グランシップ「アートフェスティバル静岡」に出店。2002年 「ART PARADISE」発行開始。 油彩画を始める。2003年 「GALLERY 55」の名称を「天和美術館」に変更する。 天和美術館第一回常設展開催。2004年 天和美術館をホームページ上での運営に切り換える。2005年 芸術世紀フェスティバル2005に油彩画「ねずみ」を出品、優秀賞を受賞する。 『こびとの森』とは、天野和敏がその妻と二人で創作している物語です。「こびとの森」には天上の世界からやってきた幼い天使のこびとちゃんたちが登場します。天使たちの姿は人の目には見えませんが、神様の願いを受けて、いつも私たち人間が幸せになる方向へと導くお手伝いをしているのです。 他の◆天野和敏◆作品を検索

はりたつお『Mother』ジクレー

アート静美洞

5,076

はりたつお『Mother』ジクレー

商品の詳細 作品名 Mother 作家名 はりたつお 技法 ジクレー 額寸 45×37cm 絵寸 29×22cm 限定300部 作者版上サイン入り 新品 額付 ◆ はり たつお(Tatsuo Hari) ◆1974 鳥取県境港に生まれる(大阪育ち)。本名、畭 辰雄。1986 清家文博、故・中嶋たをに師事。1992 豊中市美術展、ターレンスジャパン賞、受賞。2000 愛媛新聞広告大賞作品にてCIデザインを担当。2001 江戸崎農業公園ポティロンの森のCMキャラクター製作(TV東京)。2003 社団法人日本グラフィックデザイナー協会、正会員。2005 社団法人日本グラフィックデザイナー協会主催JAGDAポスター展。2004 滋賀県文化振興事業団主催「はりたつお展」が報知新聞掲載。2005 わたむきホール虹エントランス窓面巨大装飾デザインを担当。2006 大阪難波丸善書店OCATギャラリーにて「はりたつお展」が河内新聞掲載。 文芸社出版大賞にて月間賞を受賞。 寝屋川市教育委員会主催「はりたつお展」開催。2008 Benesseの幼児向け英語教材のキャラクター絵本を手掛ける。2009 東京銀座の老舗画廊トップアート35周年記念作品に採用される。 東亜建設工業の企画カレンダーイメージイラストを手掛ける。2010 イオングループ「タキヤ」Webメインビジュアル製作。2011 ヤマト科学工業企業カレンダーを手掛ける。現在、社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 正会員,日本アーキテクチュラル・レンダラーズ協会 正会員 他の◆はりたつお◆作品を検索

はりたつお『空色の傘』ジクレー

アート静美洞

5,076

はりたつお『空色の傘』ジクレー

商品の詳細 作品名 空色の傘 作家名 はりたつお 技法 ジクレー 額寸 45×37cm 絵寸 29×24cm 限定300部 作者版上サイン入り 新品 額付 ◆はり たつお(Tatsuo Hari)◆1974 鳥取県境港に生まれる(大阪育ち)。本名、畭 辰雄。1986 清家文博、故・中嶋たをに師事。1992 豊中市美術展、ターレンスジャパン賞、受賞。2000 愛媛新聞広告大賞作品にてCIデザインを担当。2001 江戸崎農業公園ポティロンの森のCMキャラクター製作(TV東京)。2003 社団法人日本グラフィックデザイナー協会、正会員。2005 社団法人日本グラフィックデザイナー協会主催JAGDAポスター展。2004 滋賀県文化振興事業団主催「はりたつお展」が報知新聞掲載。2005 わたむきホール虹エントランス窓面巨大装飾デザインを担当。2006 大阪難波丸善書店OCATギャラリーにて「はりたつお展」が河内新聞掲載。 文芸社出版大賞にて月間賞を受賞。 寝屋川市教育委員会主催「はりたつお展」開催。2008 Benesseの幼児向け英語教材のキャラクター絵本を手掛ける。2009 東京銀座の老舗画廊トップアート35周年記念作品に採用される。 東亜建設工業の企画カレンダーイメージイラストを手掛ける。2010 イオングループ「タキヤ」Webメインビジュアル製作。2011 ヤマト科学工業企業カレンダーを手掛ける。現在、社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 正会員,日本アーキテクチュラル・レンダラーズ協会 正会員 他の◆はりたつお◆作品を検索

【版画・絵画】アルフォンス・ミュシャ『夕べの夢想』ジクレー■新品★

アート明日香

14,040

【版画・絵画】アルフォンス・ミュシャ『夕べの夢想』ジクレー■新品★

商品の詳細 作家名 アルフォンス・ミュシャ 作品名 夕べの夢想 技法 ジクレー 外径サイズ 78×39 cm 作品サイズ 62×22 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション — ◆ アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha) ◆1860 7月24日、現在のチェコ共和国南モラヴィア地方にある イヴァンチッツェに誕生。 チェコ語の発音では「ムハ」。1871 ブルノーの中学校に入学。 聖ペテロ教会の聖歌隊員となる。1873 最初の公的な仕事、ウスチー・ナド・オルリツィ合唱団の 聖歌集「モテツト」の表紙を描く。1874 変声期の為、聖歌隊を脱団。 中学を卒業、書記として働き、デッサンを学ぶ。1879 ウィーンに行き、昼間は舞台美術工房で働き、 夜はデッサン教室に通う。1882 リング劇場の焼失で、ウィーンを去りミクロフに移る。1883 ミクロフの領主クーエン・ベラシ伯爵に雇われ、 エマホフ城の食堂と図書室の絵画を修復する。1884 伯爵の援助を受けて、ミュンヘンへ留学し、 翌年、美術アカデミーに入学。1888 パリに出て、アカデミー・ジュリアンに学ぶ。1889 アカデミー・コラロシュに学ぶ。 クーエン伯爵の援助を打ち切られる。1891 雑誌に挿絵を描く、ゴーギャン、ストリンドペリに出会う。1892 セニボス著「ドイツの歴史」の挿絵を描く。 ポスター、カレンダーも制作。1894 サラ・ベルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作し、 大好評となる。1895 サラ・ベルナールと六年間のポスター契約を結ぶ。1896 サロン・デ・サン展のポスターを描き、 ロートレック等と共に出品。1897 サロン・デ...

天野和敏『お姫さまのお花(紫)』ジクレー

アート静美洞

4,320

天野和敏『お姫さまのお花(紫)』ジクレー

商品の詳細 作品名 お姫さまのお花(紫) 作家名 天野和敏 技法 ジクレー 額寸 43×34cm 絵寸 26×18cm 限定100部 作者サイン入り 新品 額付 ◆ 天野 和敏(Kazutoshi Amano) ◆1969 9月27日、静岡県藤枝市に生まれる。1987 洋画研究所に通い、本格的に絵を習い始める。1990 日本デザイナー学院(東京)卒業。1995 アトリエ・サン・クルーにて初個展。1996 由美画廊にて個展。1998 GALLERY 55を開廊する。2001 静岡グランシップ「アートフェスティバル静岡」に出店。2002 「ART PARADISE」発行開始。 油彩画を始める。2003 「GALLERY 55」の名称を「天和美術館」に変更する。 天和美術館第一回常設展開催。2004 天和美術館をホームページ上での運営に切り換える。2005 芸術世紀フェスティバル2005に油彩画「ねずみ」を出品、優秀賞を受賞する。 幼い天使のこびとちゃんたちが登場する「こびとの森」のお話の中で、主人公の一人として登場するのが、心のやさしいクイム姫さまです。 お花が大好きなクイム姫さまは、いつでも家を大好きなお花でいっぱいにします。それまでは、ただ何となく咲いていると思っていた花々が、神様からの贈りものだと知った時、クイム姫さまには花々が放つ特別な輝きが見えるようになったのです。 風水画の基本は自然の中にあります。人間の体に無駄がなく、全て意味があることを思えば、昼間の空の青さにも秘密があることがうかがえるのです。「お姫さまのお花(紫)」・・・社会運・交際運・気運・仕事運 紫色が神秘的で高貴な色として扱われることが多い理由は、青=(水・冷・静)、赤=(火・熱・動)などのように、環境の中に紫を思い起こさせる象徴的なものがないように感じる...

【版画・絵画】カシニョール『過ぎ去りし夢』ジクレー■新品★

アート明日香

15,120

【版画・絵画】カシニョール『過ぎ去りし夢』ジクレー■新品★

商品の詳細 作家名 ジャン・ピエール・カシニョール 作品名 過ぎ去りし夢 技法 ジクレー 外径サイズ 70×62 cm 作品サイズ 50×41 cm 補足説明 額付 状態 新品 付属品 — エディション — カシニョールならではの柔らかな描写と、気品高くそして官能的に描かれた女性の仕草や表情が、とても印象的です。◆ ジャン・ピエール・カシニョール(Jean Pierre Cassigneul) ◆1935 7月13日、パリに生まれる。1952 パリのルシー・クロッグ画廊にて初の個展開催。1954 シャルパンティエ・アカデミー校、入学。1955 パリ美術学校入学試験に合格。 シャプラン・ミディの教室に学ぶ。1958 パリ・ボザール画廊にて個展。1959 サロン・ドートンヌ会員に推挙される。1965 初めてリトグラフを制作。1978 東京三越ギャラリーにて大規模な個展を開催。1980 初めてのタピスリーが制作される。1981 東京三越にて個展。 三越劇場の為に油絵の大作を制作。 黒柳徹子さんの肖像を描く。1983 油彩画を収録した「カシニョール画集」が出版される。1984 名古屋松坂屋にて、リトグラフ集「南回り」の 出版記念展開催。1986 リトグラフと銅板画のカタログレゾネ 「カシニョール版画カタログレゾネ」を刊行1988 画集「カシニョール」刊行。1990 大丸ミュージアムにて個展開催。 大阪の「花と緑の博覧会」の公式ポスター制作。 NTTの依頼で電話百年事業の記念に油彩制作。1992 画文集「流れ行くままに」が出版される。 プランタン銀座で個展1993 画集「カシニョール 魅せられた夢」刊行。 松坂屋各店で個展開催。1995 この年から日本各地でリトグラフ展を開催する。 ...

天野和敏『お姫さまのお花(オレンジ) 』ジクレー

アート静美洞

4,320

天野和敏『お姫さまのお花(オレンジ) 』ジクレー

商品の詳細 作品名 お姫さまのお花(オレンジ) 作家名 天野和敏 技法 ジクレー 額寸 43×34cm 絵寸 26×18cm 限定100部 作者サイン入り 新品 額付 ◆天野 和敏(Kazutoshi Amano)◆1969 9月27日、静岡県藤枝市に生まれる。1987 洋画研究所に通い、本格的に絵を習い始める。1990 日本デザイナー学院(東京)卒業。1995 アトリエ・サン・クルーにて初個展。1996 由美画廊にて個展。1998 GALLERY 55を開廊する。2001 静岡グランシップ「アートフェスティバル静岡」に出店。2002 「ART PARADISE」発行開始。 油彩画を始める。2003 「GALLERY 55」の名称を「天和美術館」に変更する。 天和美術館第一回常設展開催。2004 天和美術館をホームページ上での運営に切り換える。2005 芸術世紀フェスティバル2005に油彩画「ねずみ」を出品、優秀賞を受賞する。 幼い天使のこびとちゃんたちが登場する「こびとの森」のお話の中で、主人公の一人として登場するのが、心のやさしいクイム姫さまです。 お花が大好きなクイム姫さまは、いつでも家を大好きなお花でいっぱいにします。それまでは、ただ何となく咲いていると思っていた花々が、神様からの贈りものだと知った時、クイム姫さまには花々が放つ特別な輝きが見えるようになったのです。 風水画の基本は自然の中にあります。人間の体に無駄がなく、全て意味があることを思えば、昼間の空の青さにも秘密があることがうかがえるのです。「お姫さまのお花(オレンジ)」・・・環境運・気運・健康運 人が活動するための「元」となる「気」、つまり「元気」を与えてくれる朝日。 そんな朝日を意識させてくれる黄色の輝きと、その中の情熱を意識させるオレンジや赤は...

【版画・絵画】アルフォンス・ミュシャ『夜の安らぎ』ジクレー■新品★

アート明日香

14,040

【版画・絵画】アルフォンス・ミュシャ『夜の安らぎ』ジクレー■新品★

商品の詳細 作家名 アルフォンス・ミュシャ 作品名 夜の安らぎ 技法 ジクレー 外径サイズ 78×39 cm 作品サイズ 62×22 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション — ◆ アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha) ◆1860 7月24日、現在のチェコ共和国南モラヴィア地方にある イヴァンチッツェに誕生。 チェコ語の発音では「ムハ」。1871 ブルノーの中学校に入学。 聖ペテロ教会の聖歌隊員となる。1873 最初の公的な仕事、ウスチー・ナド・オルリツィ合唱団の 聖歌集「モテツト」の表紙を描く。1874 変声期の為、聖歌隊を脱団。 中学を卒業、書記として働き、デッサンを学ぶ。1879 ウィーンに行き、昼間は舞台美術工房で働き、 夜はデッサン教室に通う。1882 リング劇場の焼失で、ウィーンを去りミクロフに移る。1883 ミクロフの領主クーエン・ベラシ伯爵に雇われ、 エマホフ城の食堂と図書室の絵画を修復する。1884 伯爵の援助を受けて、ミュンヘンへ留学し、 翌年、美術アカデミーに入学。1888 パリに出て、アカデミー・ジュリアンに学ぶ。1889 アカデミー・コラロシュに学ぶ。 クーエン伯爵の援助を打ち切られる。1891 雑誌に挿絵を描く、ゴーギャン、ストリンドペリに出会う。1892 セニボス著「ドイツの歴史」の挿絵を描く。 ポスター、カレンダーも制作。1894 サラ・ベルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作し、 大好評となる。1895 サラ・ベルナールと六年間のポスター契約を結ぶ。1896 サロン・デ・サン展のポスターを描き、 ロートレック等と共に出品。1897 サロン・デ...

送料無料
横山大観『霊峰春色』彩美版・シルクスクリーン併用

内田画廊

270,000

横山大観『霊峰春色』彩美版・シルクスクリーン併用

■霊峰春色 本作の制作年代は厳密には特定できないが、 落款は昭和15から20年頃の作品にみられる 『抜け落款』と言われる書体であり、70歳を超えたにも かかわらず画技も気力も高揚した時期にあたる。 本作においても富士そのものは真景に基づくが、 雲煙の彼方に頭頂部を現し手前に桜を配する構図は 実際の風景とは異なり、富士と桜を配することで 戦時下における国威高揚を示す時代背景に加え、 大観独特の気品や情緒といった精神的な象徴性が 画面に現れている。 かつて取り組んだ朦朧体では色彩を主体とする没骨 描法を試みたが、油彩画と異なり日本画の顔料は マチエール(絵肌)が弱く、水彩画のような味わいの 表現力の弱さが克服できなかった。 後年その経験を踏まえ、墨と色彩を等価におき墨を 色彩として取り入れており、本作でも雪を頂く霊峰は 胡紛と墨彩でくっきり描かれ、富士の白肌が雲煙の 中で清浄に輝きわたっている。 色彩のコントラストにより富士の崇高なさまを表現する とともに、雲煙は幽玄な雰囲気を醸し出し山桜の 薄紅色が画面に華やかさを添えている。 付属解説書より抜粋 【 彩美版とは? 】 画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された 新時代の画期的な技法による複製画です。 最新のデジタル画像処理技術と高精度プリントにより、 原本の持つ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった 絵の鼓動までもが表現されております。 『彩美版』は共同印刷の登録商標です。 ■横山大観 明治元 茨城県水戸市に生まれる 明治22 東京美術学校に第一期生として入学 明治26 同校を卒業 明治29 同校図案科助教授となる 明治31 美術学校騒動 ...

【版画・絵画】くりのきはるみ『奏で』ジクレー■限定500部・新品★

アート明日香

4,644

【版画・絵画】くりのきはるみ『奏で』ジクレー■限定500部・新品★

商品の詳細 作家名 くりのきはるみ 作品名 奏で 技法 ジクレー 外径サイズ 27×27 cm 作品サイズ 15×15 cm 補足説明 作者直筆サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定500部 ◆ 栗乃木 ハルミ(Harumi Kurinoki) ◆1960年、東京都生まれ。女子美術短期大学グラフィックデザイン科、卒業。14年間、広告制作会社に勤務。出産を機に退職し、1998年よりイラストレーターとしてフリーに転身。2008年、フレーマーの夫と『株式会社クリスピー』を設立。広告・出版の仕事を手掛ける傍ら、クリスピーにて活動。夫の退職を機に1年ほどハワイで人生の夏休みを過ごす。当時、自宅に姿見がなかったため輸入品のミラーを注文したが、半年経っても出来上がらず、夫自ら姿見を制作。あまりに完成度が高く、雑誌に紹介されたり、市の広報紙に載ったこともあり、業者向け展示会に出品。その際、ミラーのフレームだけでなく額縁としても使える商品を夫が考案。その額の中に入れる絵を描いたことがきっかけで仕事が入り始める。現在、夫との共同アトリエである『株式会社クリスピー』で額装イラスト、ウェルカムボード制作などを中心に活動中。風景画や動物画を中心に多数の作品を発表し、全国で好評を博している。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■くりのきはるみの一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 くりのきはるみ_ジクレー_風景画_庭園_ガーデン_静物_花_植物_薔薇_バラ_ローズ_彫刻_石像_天使_エンジェル_栗乃木ハルミ

【版画・絵画】照沼光治『爛漫』ジクレー■限定100部・新品★

アート明日香

12,960

【版画・絵画】照沼光治『爛漫』ジクレー■限定100部・新品★

商品の詳細 作家名 照沼光治 作品名 爛漫 技法 ジクレー 外径サイズ 41×32 cm 作品サイズ 25×14 cm 補足説明 作者直筆サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定100部 ◆ 照沼 光治(Koji Terunuma) ◆ 1950 茨城県水戸市に生まれる。曽祖父、祖父は日本画家。 曽祖父は、院展四人衆の一人木村武山の師匠、 桜井華陵。1968 茨城県芸術祭にて、優賞一席を受賞。1969 茨城県芸術祭にて、無鑑査。1970 茨城県芸術祭にて、優賞二席を受賞。 水戸市展にて、受賞。 1971 二科展にて、入選。1972 二科展にて、奨励賞を受賞。 茨城大学教育学部美術、科卒業。1974 (株)サン・アドに入社。 広告デザインの仕事を勤める。1984 (株)照沼デザイン事務所を設立。1996 この年以降、茨城・東京を中心として、 個展活動を始める。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■照沼光治の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 照沼光治_ジクレー_風景画_夜空_月夜_夜桜_桜_照明_季節春_てるぬまこうじ

【版画・絵画】くりのきはるみ『あじさい』ジクレー■限定500部・新品★

アート明日香

5,940

【版画・絵画】くりのきはるみ『あじさい』ジクレー■限定500部・新品★

商品の詳細 作家名 くりのきはるみ 作品名 あじさい 技法 ジクレー 外径サイズ 43×20 cm 作品サイズ 29×10 cm 補足説明 作者直筆サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定500部 ◆ 栗乃木 ハルミ(Harumi Kurinoki) ◆1960年、東京都生まれ。女子美術短期大学グラフィックデザイン科、卒業。14年間、広告制作会社に勤務。出産を機に退職し、1998年よりイラストレーターとしてフリーに転身。2008年、フレーマーの夫と『株式会社クリスピー』を設立。広告・出版の仕事を手掛ける傍ら、クリスピーにて活動。夫の退職を機に1年ほどハワイで人生の夏休みを過ごす。当時、自宅に姿見がなかったため輸入品のミラーを注文したが、半年経っても出来上がらず、夫自ら姿見を制作。あまりに完成度が高く、雑誌に紹介されたり、市の広報紙に載ったこともあり、業者向け展示会に出品。その際、ミラーのフレームだけでなく額縁としても使える商品を夫が考案。その額の中に入れる絵を描いたことがきっかけで仕事が入り始める。現在、夫との共同アトリエである『株式会社クリスピー』で額装イラスト、ウェルカムボード制作などを中心に活動中。風景画や動物画を中心に多数の作品を発表し、全国で好評を博している。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■くりのきはるみの一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 くりのきはるみ_ジクレー_静物画_植物_花_フラワー_紫陽花_アジサイ_あじさい_八仙花_季節夏

【版画・絵画】神崎淳『蒼き湖畔』ジクレー■限定250部・新品★

アート明日香

20,520

【版画・絵画】神崎淳『蒼き湖畔』ジクレー■限定250部・新品★

商品の詳細 作家名 神崎淳 作品名 蒼き湖畔 技法 ジクレー 外径サイズ 70×62 cm 作品サイズ 51×43 cm 補足説明 作者サイン・落款入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定250部 ◆ 神崎 淳(Jun Kanzaki) ◆1941 福井県武生市に生まれる。1985 旺玄会展(都美術館)新人賞。1986 旺玄会展、佳作賞。1987 旺玄会展、佳作賞、旺玄会会友推挙、県展知事賞。1988 県展無鑑査推挙。1989 旺玄会会員推挙、市民文化賞市より表彰。1990 旺玄会展会員奨励賞、東京銀座に於個展。1993 市ギャラリー寄贈。1996 宇都宮東武百貨店個展。1997 川崎さいか屋二人展、東京池袋東武百貨店個展、 奈良そごう二人展、横須賀さいか展個展。1998 上野松阪屋個展、池袋東武百貨店個展、 川崎さいか屋個展。1999 上野松阪屋個展、川崎さいか屋個展。2001 町田小田急個展、上野松阪屋個展、 川崎さいか屋個展。2004 7月29日逝去。 自らの心象を画面に重ね合わせ、生命感溢れる四季折々の風景を深く追求している作家。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■神崎淳の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 神崎淳_ジクレー_風景画_自然_森林_湖畔_季節夏_かんざきじゅん

【版画・絵画】ラウル・デュフィ『バラ色の人生』ジクレー■限定200部・新品★

アート明日香

32,400

【版画・絵画】ラウル・デュフィ『バラ色の人生』ジクレー■限定200部・新品★

商品の詳細 作家名 ラウル・デュフィ 作品名 バラ色の人生 技法 ジクレー 外径サイズ 70×54 cm 作品サイズ 53×38 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定200部 ◆ ラウル・デュフィ(Raoul Dufy) ◆1877 6月3日、フランスのル・アーヴルで生まれる。 早くからコーヒー輸入会社に勤務する。1892 市立の美術学校の夜間課程に通う。1900 ル・アーヴル市より奨学金を得てパリに出る。 国立美術学校に学ぶ。1903 アンデパンダン展に出品(~1913年)。1905 サロン・ドートンヌで賞賛されたマティスの作品に 影響を受けフォービズムへと向かう。1906 ベルト・ヴェイルで初めての個展、 サロン・ドートンヌにも初めて出品。1910 生活に困窮し、生活のために版画制作を行う。 ギョーム・アポリネールと親交を結び、 彼の『動物詩集』のための挿絵を木版画で制作。1912 リヨンのビアンキーニ=フェリエ商会と デザイナー契約を結ぶ。1919 地中海のヴァンスに滞在、木版画をやめ、 リトグラフの制作をはじめる。1921 ベルネーム=ジュンヌ画廊で個展、 1932年まで定期的に展覧会を開催。1925 モロッコへ旅行し、水彩画を制作。1936 世界万博の電気館のパビィリオンのための 巨大な装飾壁画『電気の精』の依頼を受ける。1937 「アンデパンダン展の巨匠たち」展に34点を出品。1950 ボストンに渡り、リューマチの治療をうける。1952 ジュネーブの美術歴史博物館が最大規模の個展。 ヴェネツッア・ビエンナーレで国際大賞を受賞。1953 3月23日、心臓麻痺により逝去、享年75歳。 ※ 本商品は...

【版画・絵画】はりたつお『こいのぼり』ジクレー■限定300部・新品★

アート明日香

5,076

【版画・絵画】はりたつお『こいのぼり』ジクレー■限定300部・新品★

商品の詳細 作家名 はりたつお 作品名 こいのぼり 技法 ジクレー 外径サイズ 45×37 cm 作品サイズ 29×24 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 - エディション 限定300部 ◆ はり たつお(Tatsuo Hari) ◆1974 鳥取県米子市生まれ、大阪府出身。本名、畭 辰雄。1986 清家文博、故・中嶋たにを師事。1992 豊中市美術展 ターレンスジャパン賞。2000 愛媛新聞広告大賞作品にてCIデザインを担当。 2001 江戸崎農業公園ポティロンの森のCMキャラクター製作。 (TV東京)2003 社団法人日本グラフィックデザイナー協会、正会員。2004 滋賀県文化振興事業団主催「はりたつお展」掲載 (報知新聞)2005 わたむきホール虹エントランス窓面巨大装飾デザイン。 JAGDAポスター展。2006 OCATギャラリーにて「はりたつお展」が掲載。 (河内新聞) 文芸社出版大賞にて月間賞を受賞。 寝屋川市教育委員会主催「はりたつお展」開催。2007 大額株式会社より版画12作品を発表。2008 Benesse幼児向英語教材キャラクター絵本を手掛ける。2009 画廊トップアート35周年記念作品に採用される。 東亜建設工業の企画カレンダーイメージイラストを 手掛ける。2010 イオングループ「タキヤ」Webメインビジュアル製作。2011 ヤマト科学工業企業カレンダーを手掛ける。現在、株式会社アド毎広、デザイン室 室長社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 正会員日本児童出版美術家連盟会員国土交通大臣認定 屋外広告士社団法人 照明学会認定 照明コンサルタント ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座...

【版画・絵画】勢克史『桜と富士』ジクレー■限定30部・新品★

アート明日香

27,000

【版画・絵画】勢克史『桜と富士』ジクレー■限定30部・新品★

商品の詳細 作家名 勢克史 作品名 桜と富士 技法 ジクレー 外径サイズ 55×43 cm 作品サイズ 40×30 cm 補足説明 作者サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定30部 ◆ 勢 克史(Katsushi Sei) ◆1945 東京都に生まれる。日本デザインスクール卒業。1970 イラストレーターとして売り込む為に、渡米。 ロス・サンフランシスコ・ニューヨーク・シカゴの、 スタジオや広告代理店を歴訪。 プッシュピンスタジオへ売り込むが失敗する。1978 CBSソニー・日本コロンビア・ビクターETC等の レコードジャケットのイラストを製作。1984 全国カレンダー展にて、通産大臣賞を受賞。 米国のソサエティ・オブ・イラストレーターズに招待出品。1986 銀座にて、レコード・ジャケット展を開催。1987 電通ギャラリーにて、個展開催。1988 ペプシコーラのカレンダーを製作、好評につき オーストラリアからも打診される。 資生堂のディスプレイにて、国内最高賞を受賞。 美術出版社より、作品集を出版。 3D作品の製作を開始。1990 スイスにて、カゴメのパッケージデザインで受賞する。1992 ゴールドディスク大賞を受賞。1998 版画製作を開始。2002 アートコムより、版画作品を発表。 ※ 本商品は、店舗等でも販売している為、 ご注文のタイミングによっては完売となる場合が御座います ので、その場合は、ご容赦下さい。 ■勢克史の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 風景画_月夜_満月_山岳_富士_冨士_不二_富嶽_霊峰...

【版画・絵画】中川学『千手観音』ジクレー■限定100部・新品★

アート明日香

18,360

【版画・絵画】中川学『千手観音』ジクレー■限定100部・新品★

商品の詳細 作家名 中川学 作品名 千手観音 技法 ジクレー 外径サイズ 51×32 cm 作品サイズ 30×17 cm 補足説明 額付 作者サイン入り 状態 新品 付属品 — エディション 限定100部 【手観世音(せんじゅかんのん)】千手千眼(大悲金剛)と称し、あらゆる災難と苦難から人々を救済するもので、不変の慈悲で安らぎをもたらします。■ 中川 学(Gaku Nakagawa)1966年 5月31日、京都の寺院「瑞泉寺」に生まれる。 小学校3年生の時「得度」を受け僧侶となり、 高校2年の時、本山の浄土宗西山禅林寺において 加行。1986年 仏教大学文学部に入学。 当麻曼荼羅など仏教美術を学ぶ。1990年 株式会社リクルートに入社。 求人広告制作部にてコピーライターとなり、 広告のコンセプトワークなどを学ぷ。1996年 「アトリエこぼうず」を立ち上げ、 フリーのイラストレーターとして独立。瑞泉寺に戻り、 坊主とイラストレーターの二足のワラジ生活を始める。2002年 挿絵師集団「七人の筆侍」を結成。 以降、毎年展覧会を開催。2004年 AMUSE ART JAM 2004 in kyotoに入選。2005年 ドイツの美術出版社TASCHEN発行の 「ILLUSTRATION NOW!」に選出され掲載される。 第5回21世紀アジアデザインコンペに入選。年末・瑞泉寺にて極めてプライベートな京都の四季を描いた「京都慕情vol2」を開催し、読売テレビをはじめとした各メディアに取り上げられ好評を博す。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■中川学の一覧 ※商品画像は...

【版画・絵画】とみながまい『空をあおぐ子』ジクレー■限定300部・新品★

アート明日香

6,804

【版画・絵画】とみながまい『空をあおぐ子』ジクレー■限定300部・新品★

商品の詳細 作家名 とみながまい 作品名 空をあおぐ子 技法 ジクレー 外径サイズ 47×39 cm 作品サイズ 29×22 cm 補足説明 作者直筆サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定300部 ◆ とみなが まい(mai tominaga) ◆2010年 4月 Enjoy Rabbit Life うさぎ雑貨展示販売ブース 5月 Kyto Art Festa artDive#2 9月 ギャラリーそら『151人展』 出展 10月 個展『もしもし~、こてんをしますよ~』2011年 3月 OSAKA アート&てづくりバザールvol.6 出展 5月 グループ展『Flower Massaage展』 出展 6月 ギャラリーそら『風・ふうりん展』 出展 7月 堺アート・ワールド2011 出展2012年 3月 Melody ~音のある世界~ 出展 5月 うさぎアーティスト祭2012 出展 7月 ギャラリーそら『151人展』 出展 8月 堺アート・ワールド2012 出展 10月 Special Exhibition ANOTHER SKY 出展 12月 クリエーターズマーケット vol.27 出展 OSAKA アート&てづくりバザール 出展うつろいゆく季節のモチーフとうさぎをこよなく愛しそれらを透明水彩絵の具と銅版画を用いて描いています。絵を見た人が思わず笑顔になってしまうような心あたたかい幸せを届けられる絵を描くことを目標として製作している作家です。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■とみながまいの一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見...

【版画・絵画】くりのきはるみ『木陰の教室』ジクレー■限定500部・新品★

アート明日香

4,644

【版画・絵画】くりのきはるみ『木陰の教室』ジクレー■限定500部・新品★

商品の詳細 作家名 くりのきはるみ 作品名 木陰の教室 技法 ジクレー 外径サイズ 27×27 cm 作品サイズ 15×15 cm 補足説明 作者直筆サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定500部 ◆ 栗乃木 ハルミ(Harumi Kurinoki) ◆1960年、東京都生まれ。女子美術短期大学グラフィックデザイン科、卒業。14年間、広告制作会社に勤務。出産を機に退職し、1998年よりイラストレーターとしてフリーに転身。2008年、フレーマーの夫と『株式会社クリスピー』を設立。広告・出版の仕事を手掛ける傍ら、クリスピーにて活動。夫の退職を機に1年ほどハワイで人生の夏休みを過ごす。当時、自宅に姿見がなかったため輸入品のミラーを注文したが、半年経っても出来上がらず、夫自ら姿見を制作。あまりに完成度が高く、雑誌に紹介されたり、市の広報紙に載ったこともあり、業者向け展示会に出品。その際、ミラーのフレームだけでなく額縁としても使える商品を夫が考案。その額の中に入れる絵を描いたことがきっかけで仕事が入り始める。現在、夫との共同アトリエである『株式会社クリスピー』で額装イラスト、ウェルカムボード制作などを中心に活動中。風景画や動物画を中心に多数の作品を発表し、全国で好評を博している。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■くりのきはるみの一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 くりのきはるみ_ジクレー_風景画_樹木_草原_屋外_青空_教室_黒板_時計_栗乃木ハルミ

【版画・絵画】吉岡浩太郎『思い出の町角』ジクレー■限定800部・新品★

アート明日香

5,184

【版画・絵画】吉岡浩太郎『思い出の町角』ジクレー■限定800部・新品★

商品の詳細 作家名 吉岡浩太郎 作品名 思い出の町角 技法 ジクレー 外径サイズ 41×32 cm 作品サイズ 23×16 cm 補足説明 作者直筆サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定800部 ◆ 吉岡 浩太郎(Kotaro Yoshioka) ◆1928 山口県生まれる。1967 スクリーン版画を研究を始める1973 絵画研修のため渡欧1974 セントラル画廊でスクリーン版画個展1992 スクリーン版画個展1996 円頓寺障壁画制作 1997 この年以降、毎年ピクチャーショーで新作発表。 各種カレンダーや雑誌(表紙)掲載2001 東京絵画フェスティバル出品現在、岐阜県各務原市在住特殊印刷の石版画の原版製作に従事、意匠描法等その技術の習得に研鑚を積みながら絵画の道に入る。香月泰男・高木春太郎に師事し、油絵から日本画まであらゆる技法を会得。シルク版画の研究にも打ち込み、石版画の技術を利用した独自の複合技術を確立。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■吉岡浩太郎の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 吉岡浩太郎_ジクレー_風景画_建物_街並_商店街_繁華街_駅前通り_浪花_ナニワ_想い出_メモリー_よしおかこうたろう

【版画・絵画】くりのきはるみ『Rose Topiary』ジクレー■限定500部・新品★

アート明日香

5,940

【版画・絵画】くりのきはるみ『Rose Topiary』ジクレー■限定500部・新品★

商品の詳細 作家名 くりのきはるみ 作品名 Rose Topiary 技法 ジクレー 外径サイズ 43×20 cm 作品サイズ 29×10 cm 補足説明 作者直筆サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定500部 ◆ 栗乃木 ハルミ(Harumi Kurinoki) ◆1960年、東京都生まれ。女子美術短期大学グラフィックデザイン科、卒業。14年間、広告制作会社に勤務。出産を機に退職し、1998年よりイラストレーターとしてフリーに転身。2008年、フレーマーの夫と『株式会社クリスピー』を設立。広告・出版の仕事を手掛ける傍ら、クリスピーにて活動。夫の退職を機に1年ほどハワイで人生の夏休みを過ごす。当時、自宅に姿見がなかったため輸入品のミラーを注文したが、半年経っても出来上がらず、夫自ら姿見を制作。あまりに完成度が高く、雑誌に紹介されたり、市の広報紙に載ったこともあり、業者向け展示会に出品。その際、ミラーのフレームだけでなく額縁としても使える商品を夫が考案。その額の中に入れる絵を描いたことがきっかけで仕事が入り始める。現在、夫との共同アトリエである『株式会社クリスピー』で額装イラスト、ウェルカムボード制作などを中心に活動中。風景画や動物画を中心に多数の作品を発表し、全国で好評を博している。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■くりのきはるみの一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 くりのきはるみ_ジクレー_静物画_花_植物_フラワー_ブーケ_薔薇_バラ_ローズ_食卓_テーブル_花瓶_栗乃木ハルミ_ローズ_トピアリー

【版画・絵画】天野和敏『それなぁに』ジクレー■限定100部・新品★

アート明日香

4,320

【版画・絵画】天野和敏『それなぁに』ジクレー■限定100部・新品★

商品の詳細 作家名 天野和敏 作品名 それなぁに 技法 ジクレー 外径サイズ 42×33 cm 作品サイズ 24×18 cm 補足説明 作者サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定100部 ◆ 天野 和敏(Kazutoshi Amano) ◆1969 9月27日、静岡県藤枝市に生まれる。1987 洋画研究所に通い本格的に絵を習い始める。1990 日本デザイナー学院(東京)卒業。1995 アトリエ・サン・クルーにて初個展。1996 由美画廊にて個展。1998 GALLERY 55を開廊する。2001 「アートフェスティバル静岡」に出店。2002 「ART PARADISE」発行開始。 油彩画を始める。2003 天和美術館第一回常設展開催。2005 芸術世紀フェスティバル2005に、 「ねずみ」を出品、優秀賞を受賞する。 『こびとの森』とは「こびとの森」とは、天野和敏がその妻と二人で創作している物語です。「こびとの森」には天上の世界からやってきた幼い天使のこびとちゃんたちが登場します。天使たちの姿は人の目には見えませんが、神様の願いを受けて、いつも私たち人間が幸せになる方向へと導くお手伝いをしているのです。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■天野和敏の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 天野和敏_ジクレー_人物画_小人_犬_天使_指揮棒_メルヘン_空想_幻想_物語

【版画・絵画】ベルナール・カトラン『赤いテーブルの紫陽花とピーマン』ジクレー■新品★

アート明日香

22,680

【版画・絵画】ベルナール・カトラン『赤いテーブルの紫陽花とピーマン』ジクレー■新品★

商品の詳細 作家名 ベルナール・カトラン 作品名 赤いテーブルの紫陽花とピーマン 技法 ジクレー 外径サイズ 89×64 cm 作品サイズ 72×47 cm 補足説明 額付 状態 新品 付属品 — エディション — ◆ ベルナール・カトラン(Bernard Cathelin) ◆1919 5月、パリに生まれる。1945 パリの国立高等美術工芸高校に入る。1957 パリ、ニューヨークなどで定期的に個展を開催。 また各種のグループ展に出品する。1965 「ムルロー工房の版画」のカタログにシャガール、 ピカソ、ミロらと共に採録される。1976 母、マドレーヌ・カトラン・テライユの思い出のため、 リトグラフ50枚をヴァランスの美術館へ寄贈。1984 東京で「俳諧十選」による小品展。1987 リトカタログレゾネの出版を記念して、大阪・神戸・東京 、大規模なリトグラフ展が開催された。1990 リトグラフ・タピスリー展のため滞在中に制作した、 6点のリトグラフィ・モニュマンタルが、 91年5月シカゴで発表され話題となった。1995 フランス大統領フランソワ・ミッテランより、 レジオン・ドヌール勲章を授与される。2004年4月17日、心臓疾患の為、パリ市内の自宅にて逝去。享年84歳。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日を要する場合が御座います。 ■ベルナール・カトランの一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 静物画_植物_花_華_フラワー_花束_ブーケ_紫陽花_アジサイ_あじさい_野菜

【版画・絵画】ルイ・シン『サラダになったわたし』ジクレー■限定100部・新品★

アート明日香

32,400

【版画・絵画】ルイ・シン『サラダになったわたし』ジクレー■限定100部・新品★

商品の詳細 作家名 ルイ・シン 作品名 サラダになったわたし 技法 ジクレー 外径サイズ 71×56 cm 作品サイズ 49×34 cm 補足説明 額付 作家直筆サイン入り 状態 新品 付属品 — エディション 限定100部 ■ ルイ・シン(平野琳人 Yoshito Hirano)■1938 東京都生まれ。 成城大学卒業後、文化学院美術家卒業。 永年にわたり、TVの世界で活躍する。1982 ターブル館にて個展、版画の制作を始める。1984 CHRISTIE'S COMTEMPORARY ARTにて 取り扱われる。1985 NEW YORK ART EXPOに出品。 ギャラリーハピタ(東京)にて個展。1987 ワシントンにて個展。1988 フィラデルフィアにて個展。1989 銀座にて個展。1996 ペンネームをルイ・シンとして動物の世界を描く。2000 以後、日本各地で展覧会を開催し好評を博す他、 各地にて個展多数開催。 版画・アクリルだけでなく、絵本・カレンダー・ ポスター等、多岐にわたり活躍中。現在、東京都在住。 ※ 本商品は、店舗等でも販売している為、 ご注文のタイミングによっては完売となる場合が御座います ので、その場合は、ご容赦下さい。 ■ルイ・シンの一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 風景画_動物_猫_ネコ_ねこ_キャット_ルイシン_幻想的_メルヘン_野菜_ワイン_料理_食事_海_山_空_青

宮本秋風 ジクレー版画『季節の風景』10点揃え 豪華木製額つき【絵画】【通販・販売】

東京書芸館

158,000

宮本秋風 ジクレー版画『季節の風景』10点揃え 豪華木製額つき【絵画】【通販・販売】

■素材:ジクレー版画(奉書仕様和紙)、木製額 ■寸法(約):【画寸】縦23×横35cm【額寸】縦41×横52×厚さ2cm、額装総重量1.7kg ■作者直筆サイン入り桐箱 ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は商品1組につき648円(税込)をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる宮本秋風 ジクレー版画『季節の風景』10点揃え 春夏秋冬そして富士、半世紀近くに渡り巨匠が追い続けた、 日本の四季の印象が今ここに結集 春 春うらら 筑後平野に広がる田園風景を、春の温もりを背中に感じながら描いた作品。 憧れの名作や絶版作品を驚きの価格で 春 桜花乱舞 旅先でヘッドライトに浮かび上がった、 夜風の中で生きとし生ける桜の舞 ■海外の美術館にも多くの作品が収蔵されている国際的版画家・宮本秋風が、1969年に飯岡修(いいおかおさむ)画伯に師事してから、画業45周年を迎えることになりました。しょげい倶楽部ではこの喜びを共に味わいたいと願うファンのため、特選10種『季節の風景』をご用意いたしました。 ■本来木版画は、作家の手による原画を彫師(ほりし)、摺師(すりし)に託して制作するもの。ところが宮本画伯に限っては違います。原画や下絵などは描かず、自分で直接版木に掘り込み、彩色摺りなどすべての工程を一人で行う無二の作家で、別名「刀で絵を描く画家」とも呼ばれ讃えられているのです。この独特の手法により、作家の息づかいまでが伝わる繊細な表現を可能にしています。 ■本作は、そんな崇高(すうこう)な画業より生まれた膨大な作品より、ご自身のお気に入りである10点、日本の四季に取材した8点と富士山を画題とした2点を『季節の風景』と題してまとめた、東京書芸館オリジナルのセットです。各作品は、お部屋に飾りやすいサイズに仕様を変更。本来は絶版(ぜっぱん...

【版画・絵画】はりたつお『屋久杉と子どもたち (大)』ジクレー■限定300部・新品★

アート明日香

16,200

【版画・絵画】はりたつお『屋久杉と子どもたち (大)』ジクレー■限定300部・新品★

商品の詳細 作家名 はりたつお 作品名 屋久杉と子どもたち (大) 技法 ジクレー 外径サイズ 77×59 cm 作品サイズ 55×37 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 エディション 限定300部 ◆ はり たつお(Tatsuo Hari) ◆1974 鳥取県米子市生まれ、大阪府出身。本名、畭 辰雄。1986 清家文博、故・中嶋たにを師事。1992 豊中市美術展 ターレンスジャパン賞。2000 愛媛新聞広告大賞作品にてCIデザインを担当。 2001 江戸崎農業公園ポティロンの森のCMキャラクター製作。 (TV東京)2003 社団法人日本グラフィックデザイナー協会、正会員。2004 滋賀県文化振興事業団主催「はりたつお展」掲載 (報知新聞)2005 わたむきホール虹エントランス窓面巨大装飾デザイン。 JAGDAポスター展。2006 OCATギャラリーにて「はりたつお展」が掲載。 (河内新聞) 文芸社出版大賞にて月間賞を受賞。 寝屋川市教育委員会主催「はりたつお展」開催。2007 大額株式会社より版画12作品を発表。2008 Benesse幼児向英語教材キャラクター絵本を手掛ける。2009 画廊トップアート35周年記念作品に採用される。 東亜建設工業の企画カレンダーイメージイラストを 手掛ける。2010 イオングループ「タキヤ」Webメインビジュアル製作。2011 ヤマト科学工業企業カレンダーを手掛ける。現在、株式会社アド毎広、デザイン室 室長社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 正会員日本児童出版美術家連盟会員国土交通大臣認定 屋外広告士社団法人 照明学会認定 照明コンサルタント ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為...

【版画・絵画】はりたつお『熊野の滝 (熊野古道)』ジクレー■限定300部・新品★

アート明日香

5,076

【版画・絵画】はりたつお『熊野の滝 (熊野古道)』ジクレー■限定300部・新品★

商品の詳細 作家名 はりたつお 作品名 熊野の滝 (熊野古道) 技法 ジクレー 外径サイズ 45×37 cm 作品サイズ 30×25 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定300部 ◆ はり たつお(Tatsuo Hari) ◆1974 鳥取県米子市生まれ、大阪府出身。本名、畭 辰雄。1986 清家文博、故・中嶋たにを師事。1992 豊中市美術展 ターレンスジャパン賞。2000 愛媛新聞広告大賞作品にてCIデザインを担当。 2001 江戸崎農業公園ポティロンの森のCMキャラクター製作。 (TV東京)2003 社団法人日本グラフィックデザイナー協会、正会員。2004 滋賀県文化振興事業団主催「はりたつお展」掲載 (報知新聞)2005 わたむきホール虹エントランス窓面巨大装飾デザイン。 JAGDAポスター展。2006 OCATギャラリーにて「はりたつお展」が掲載。 (河内新聞) 文芸社出版大賞にて月間賞を受賞。 寝屋川市教育委員会主催「はりたつお展」開催。2007 大額株式会社より版画12作品を発表。2008 Benesse幼児向英語教材キャラクター絵本を手掛ける。2009 画廊トップアート35周年記念作品に採用される。 東亜建設工業の企画カレンダーイメージイラストを 手掛ける。2010 イオングループ「タキヤ」Webメインビジュアル製作。2011 ヤマト科学工業企業カレンダーを手掛ける。現在、株式会社アド毎広、デザイン室 室長社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 正会員日本児童出版美術家連盟会員国土交通大臣認定 屋外広告士社団法人 照明学会認定 照明コンサルタント ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為...

【版画・絵画】ラウル・デュフィ『ピンクのアネモネのある花束』ジクレー■限定250部・新品★

アート明日香

32,400

【版画・絵画】ラウル・デュフィ『ピンクのアネモネのある花束』ジクレー■限定250部・新品★

商品の詳細 作家名 ラウル・デュフィ 作品名 ピンクのアネモネのある花束 技法 ジクレー 外径サイズ 70×54 cm 作品サイズ 54×40 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション 限定250部 ◆ ラウル・デュフィ(Raoul Dufy) ◆1877 6月3日、フランスのル・アーヴルで生まれる。 早くからコーヒー輸入会社に勤務する。1892 市立の美術学校の夜間課程に通う。1900 ル・アーヴル市より奨学金を得てパリに出る。 国立美術学校に学ぶ。1903 アンデパンダン展に出品(~1913年)。1905 サロン・ドートンヌで賞賛されたマティスの作品に 影響を受けフォービズムへと向かう。1906 ベルト・ヴェイルで初めての個展、 サロン・ドートンヌにも初めて出品。1910 生活に困窮し、生活のために版画制作を行う。 ギョーム・アポリネールと親交を結び、 彼の『動物詩集』のための挿絵を木版画で制作。1912 リヨンのビアンキーニ=フェリエ商会と デザイナー契約を結ぶ。1919 地中海のヴァンスに滞在、木版画をやめ、 リトグラフの制作をはじめる。1921 ベルネーム=ジュンヌ画廊で個展、 1932年まで定期的に展覧会を開催。1925 モロッコへ旅行し、水彩画を制作。1936 世界万博の電気館のパビィリオンのための 巨大な装飾壁画『電気の精』の依頼を受ける。1937 「アンデパンダン展の巨匠たち」展に34点を出品。1950 ボストンに渡り、リューマチの治療をうける。1952 ジュネーブの美術歴史博物館が最大規模の個展。 ヴェネツッア・ビエンナーレで国際大賞を受賞。1953 3月23日、心臓麻痺により逝去、享年75歳。 ※ 本商品は...

送料無料
【渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より】村松秀太郎『第一章 落日(一)』リトグラフ(石版画)

内田画廊

17,280

【渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より】村松秀太郎『第一章 落日(一)』リトグラフ(石版画)

■第一章 落日 (一) 渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より 【画家による解説】 日本画材の岩絵具と、銀の線を主体にして描いた。 トップを飾った挿絵で、男女の絡みのポーズはからりと 嫌味の無いように、又構図を考えて実験的に表現した。 ■村松秀太郎 むらまつひでたろう 1935 静岡県清水港に生まれる 1963 東京芸術大学専攻科卒業 新制作春季展受賞('64'79'74) 新制作展新作家賞受賞3回('68'71) 1964 アンコールワット(カンボジア)及び 東南アジア取材旅行中央公論新人展出品 1976 第三回創画会展にて受賞(春、秋) 1978 創画会会員推挙 1981 「北京ー東京展」出品 出品作「脱浸」於北京 山形県金山町役場の大壁画完成 1983 清水市新市庁舎大壁画完成 陶板 1986 大個展 セントラル美術館 1988 筑波大学助教授 1990 個展 日本橋高島屋 1990 日本画「現代の視覚ーその模索と実験」 1993 シンポジウム「地域文化と生涯教育」清水市文化会館 1995 膠彩画4ヶ国(中国、韓国、台湾、日本)シンポジウム 於台湾省立美術館(台中) 1996 「交換する磁場」-6つの個展 茨城県近代美術館 1998 筑波大学退官記念展(つくば美術館) 村松秀太郎自選展(日本橋・高島屋大ホール) 1999 増上寺襖絵完成記念展 ギャラリー清水(銀座) 2000 大阪芸術大学教授 2003 週刊新潮5月号[家康と次郎長の握手] 文:村松友視、挿絵:村松秀太郎(清水静岡市合併記念) 2008 大阪芸術大学教授退官 創画会脱退 村松秀太郎展 東京日本橋 日本画廊 作家名...

送料無料
【渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より】村松秀太郎『第八章 落花(三十六)』リトグラフ(石版画)

内田画廊

17,280

【渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より】村松秀太郎『第八章 落花(三十六)』リトグラフ(石版画)

■第八章 落花 (三十六) 渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より 【画家による解説】 久木と凛子は旅が好きなようで、最初が鎌倉、七里ヶ浜、 秋の箱根仙石原、雪の中禅寺湖、華厳の滝、春・桜の修善寺 能舞台のある旅館、秋が軽井沢とその都度現場へ取材旅行を したが、みな思い出がある。 中でも桜の修善寺は天国でした。 太陽の下、池の上の能舞台をゆっくりのびのびと描いた。 次は仕事抜きで新内流しを酒と共に聞いてみたい。 ■村松秀太郎 むらまつひでたろう 1935 静岡県清水港に生まれる 1963 東京芸術大学専攻科卒業 新制作春季展受賞('64'79'74) 新制作展新作家賞受賞3回('68'71) 1964 アンコールワット(カンボジア)及び 東南アジア取材旅行中央公論新人展出品 1976 第三回創画会展にて受賞(春、秋) 1978 創画会会員推挙 1981 「北京ー東京展」出品 出品作「脱浸」於北京 山形県金山町役場の大壁画完成 1983 清水市新市庁舎大壁画完成 陶板 1986 大個展 セントラル美術館 1988 筑波大学助教授 1990 個展 日本橋高島屋 1990 日本画「現代の視覚ーその模索と実験」 1993 シンポジウム「地域文化と生涯教育」清水市文化会館 1995 膠彩画4ヶ国(中国、韓国、台湾、日本)シンポジウム 於台湾省立美術館(台中) 1996 「交換する磁場」-6つの個展 茨城県近代美術館 1998 筑波大学退官記念展(つくば美術館) 村松秀太郎自選展(日本橋・高島屋大ホール) 1999 増上寺襖絵完成記念展 ギャラリー清水(銀座) 2000 大阪芸術大学教授 2003 週刊新潮5月号...

送料無料
【渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より】村松秀太郎『第五章 初会(十一)』リトグラフ(石版画)

内田画廊

17,280

【渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より】村松秀太郎『第五章 初会(十一)』リトグラフ(石版画)

■第五章 初会 (十一) 渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より 【画家による解説】 二人の関係はこれからどうなって行くのか、私達は 糸の切れた凧のようだ、というセリフよりヒントを 得て描いた。 凧の足をからませて、空間の部分を読者に想像して もらうように一味考えた。 バックには生まれ故郷の清水の海と富士山、それに 三保の松原を配して、羽衣の天女を関連させた。 ■村松秀太郎 むらまつひでたろう 1935 静岡県清水港に生まれる 1963 東京芸術大学専攻科卒業 新制作春季展受賞('64'79'74) 新制作展新作家賞受賞3回('68'71) 1964 アンコールワット(カンボジア)及び 東南アジア取材旅行中央公論新人展出品 1976 第三回創画会展にて受賞(春、秋) 1978 創画会会員推挙 1981 「北京ー東京展」出品 出品作「脱浸」於北京 山形県金山町役場の大壁画完成 1983 清水市新市庁舎大壁画完成 陶板 1986 大個展 セントラル美術館 1988 筑波大学助教授 1990 個展 日本橋高島屋 1990 日本画「現代の視覚ーその模索と実験」 1993 シンポジウム「地域文化と生涯教育」清水市文化会館 1995 膠彩画4ヶ国(中国、韓国、台湾、日本)シンポジウム 於台湾省立美術館(台中) 1996 「交換する磁場」-6つの個展 茨城県近代美術館 1998 筑波大学退官記念展(つくば美術館) 村松秀太郎自選展(日本橋・高島屋大ホール) 1999 増上寺襖絵完成記念展 ギャラリー清水(銀座) 2000 大阪芸術大学教授 2003 週刊新潮5月号[家康と次郎長の握手] 文:村松友視、挿絵...

送料無料
【渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より】村松秀太郎『第四章 短日(二十五)』リトグラフ(石版画)

内田画廊

17,280

【渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より】村松秀太郎『第四章 短日(二十五)』リトグラフ(石版画)

■第四章 短日 (二十五) 渡辺淳一『失楽園』挿絵石版画集より 【画家による解説】 横浜の海の見える高層ホテルで、喪服の凛子に少しずつ 迫る場面。 着物の裾に手を入れて行くところで、色っぽくきわどいが いやらしくない表現を考え、浮世絵と他とのコラージュに して見た。 乳房や股のところは特に注意を払い、紙紐を使用して画面の 構成などを考えた。 ■村松秀太郎 むらまつひでたろう 1935 静岡県清水港に生まれる 1963 東京芸術大学専攻科卒業 新制作春季展受賞('64'79'74) 新制作展新作家賞受賞3回('68'71) 1964 アンコールワット(カンボジア)及び 東南アジア取材旅行中央公論新人展出品 1976 第三回創画会展にて受賞(春、秋) 1978 創画会会員推挙 1981 「北京ー東京展」出品 出品作「脱浸」於北京 山形県金山町役場の大壁画完成 1983 清水市新市庁舎大壁画完成 陶板 1986 大個展 セントラル美術館 1988 筑波大学助教授 1990 個展 日本橋高島屋 1990 日本画「現代の視覚ーその模索と実験」 1993 シンポジウム「地域文化と生涯教育」清水市文化会館 1995 膠彩画4ヶ国(中国、韓国、台湾、日本)シンポジウム 於台湾省立美術館(台中) 1996 「交換する磁場」-6つの個展 茨城県近代美術館 1998 筑波大学退官記念展(つくば美術館) 村松秀太郎自選展(日本橋・高島屋大ホール) 1999 増上寺襖絵完成記念展 ギャラリー清水(銀座) 2000 大阪芸術大学教授 2003 週刊新潮5月号[家康と次郎長の握手] 文:村松友視、挿絵:村松秀太郎...

スポンサーリンク
スポンサーリンク