メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「歌川国芳」検索結果。

歌川国芳の商品検索結果全24件中1~24件目

スカイツリーを描いた!?高品質の復刻浮世絵歌川国芳 「東都三ツ股の図」

浮世絵のアダチ版画

14,040

スカイツリーを描いた!?高品質の復刻浮世絵歌川国芳 「東都三ツ股の図」

仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ27.5 × 37.5 cm  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期注文日より3営業日以内に発送 日時指定OK 詳細 >>  在庫あり  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料国内 一律700円(3万円以上無料)  海外 実費 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応  詳細 >>  備考浮世絵専用額をお持ちのお客様  絵の差し替えのご案内 >>    東都三ツ股の図 歌川 国芳    「東京スカイツリー®」が描かれている浮世絵として話題になった作品です。今からおよそ180年前に、国芳はスカイツリーの建設を予見していたのでしょうか?三ツ股は、隅田川の下流域。場所もほぼ一致しています。実際は櫓(やぐら)だと言われていますが、果たして真相は…?遠景の右手に見えているのが永代橋。空と水の青が広がる下町の朴訥な風景が、ゆったり大らかな気持ちにさせてくれます。        ■浮世絵サイズ:27.5 × 37.5 cm     ■墨田区にお住まいの方に ■日本のお土産に ★★★★★ ★★★

日本のお土産・贈り物に高品質の復刻浮世絵歌川国芳「まとい」(金魚づくし)

浮世絵のアダチ版画

8,640

日本のお土産・贈り物に高品質の復刻浮世絵歌川国芳「まとい」(金魚づくし)

仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ 26.0 × 18.5 cm  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期注文日より3営業日以内に発送 日時指定OK 詳細 >>  在庫 あり  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料国内 一律700円(3万円以上無料)  海外 実費 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応  詳細 >>  備考        まとい歌川 国芳     「金魚づくし」全9図からの1枚。タイトルの「まとい」とは、火消しが持つ纏(まとい)の意。同シリーズの「にはかあめんぼう」同様、水中ながら、火事場へ走る金魚たちです。江戸の火事は、家屋を打ち壊して火の手を食い止める破壊消防。このカワイイ金魚たちがどんな荒くれ者になるのか、想像するとますます滑稽ですよね。そして、国芳自身は大の火消し好きだったといいますから、一団を後方から描く視点は、まさに国芳の野次馬目線なんです。           ■浮世絵サイズ: 26.0 × 18.5 cm       ■女性への贈り物に■お部屋のちょっとした空間に ■夏のインテリアに★★★★★ ★★★ ★★★★

送料無料
江戸文化の傑作浮世絵集江戸春画 全4巻セット

スターアイ

10,286

江戸文化の傑作浮世絵集江戸春画 全4巻セット

■江戸文化の傑作浮世絵集江戸春画 全4巻セット 時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵です。 喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた不朽の名作を迫力 の大型サイズで提供!時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵集! 世界に誇る江戸文化、「浮世絵」が最近、何度目かのブームを迎えています。特に「春画」人気は衰えることなく、本書は喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた不朽の名作を迫力の大型サイズで提供しています。 ●サイズ(約)/横22×縦29×厚さ1.1cm ●重量(約)/650g(1巻) ●仕様/本文各巻144ページ オールカラー ●日本製 ■ご注意 ※掲載商品は撮影時の光源や画面表示の都合上、現品と多少色合いが異なる場合もございますので予めご了承下さい。 ■広告文責 株式会社ルイアンヌ  ■江戸文化の傑作浮世絵集江戸春画 全4巻セット 喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた名作時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵集です 時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵 喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた不朽の名作を迫力の大型サイズで提供!時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵集! 世界に誇る江戸文化、「浮世絵」が最近、何度目かのブームを迎えています。特に「春画」人気は衰えることなく、本書は喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた不朽の名作を迫力の大型サイズで提供しています。   人気絵師が描いた不朽の名作を 迫力の大型サイズ(約22×29cm)で提供しています

日本のお土産・贈り物に高品質の復刻浮世絵【額付】歌川国芳「百ものがたり」(金魚づくし)

浮世絵のアダチ版画

14,040

日本のお土産・贈り物に高品質の復刻浮世絵【額付】歌川国芳「百ものがたり」(金魚づくし)

仕様  版種木版画(手摺り)  サイズ 26.0 × 18.5 cm  用紙越前生漉奉書  監修アダチ伝統木版画技術保存財団  制作アダチ版画研究所  解説日本語・英語併記  納期注文日より3営業日以内に発送 日時指定OK 詳細 >>  在庫あり  配送業者国内 ゆうパック  海外 EMS  送料国内 一律700円(3万円以上無料)  海外 実費 詳細 >>  支払方法カード・振込・代金引換・現金書留 詳細 >>  ギフト対応  詳細 >>  備考この商品は額装してお届けします。       百ものがたり歌川 国芳     「金魚づくし」全9図からの1枚。大きな目をギラつかせる猫が印象的です。百物語は、怪談話が1つ終わるごとに灯火を消していき、百話目が終わって最後の灯が消えたとき、恐ろしい妖怪が襲ってくる!という怪談会のこと。(葛飾北斎の「百物語」シリーズも人気ですよ!)金魚の世界では、妖怪の中でも化け猫が登場してびっくり!慌てふためく金魚たちの中、勇敢な侍金魚が水草の刀を持って立ち向かおうとしています。           ■浮世絵サイズ: 26.0 × 18.5 cm       ■女性への贈り物に■お部屋のちょっとした空間に ■夏のインテリアに★★★★★ ★★★ ★★★★

送料無料
歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『猪王山森右ェ門』木版画【B813】

ココクレアcococlea

93,960

歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『猪王山森右ェ門』木版画【B813】

商品の詳細 作家名 歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代) 作品名 猪王山森右ェ門 技法 木版画 − − 絵寸 ヨコ255xタテ368 (mm) 額装サービス(有料)を承ります ■作家 歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)天明6年 江戸生まれ、江戸後期の浮世絵師。初号は国貞、のちに三代目歌川豊国、別号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎等多数。幼少より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称す。歌川派として、武者絵の国芳、風景画の広重と共に「役者絵の国貞」として名を馳せた。元治元年(1864)歿、79才。■タイトル 猪王山森右ェ門(いおうざんもりえもん)宮城出身の力士、安政3年大関。稀代の酒豪であったといわれる。■技法 浮世絵 木版画(江戸時代後期の作品)■作品の状態 おおむね良好 相撲の好事家の方が大切に保管していた作品を譲り受けました。経年による古さ、風合いはありますが、非常に状態のよい作品です。■額装サービス(有料)にて対応する額のサイズ / 外寸413x527 (mm) 他の◆歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)◆作品を検索歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『猪王山森右ェ門』木版画

送料無料
歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『小柳常吉』木版画【B812】

ココクレアcococlea

42,120

歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『小柳常吉』木版画【B812】

商品の詳細 作家名 歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代) 作品名 小柳常吉 技法 木版画 − − 絵寸 ヨコ245xタテ355 (mm) 額装を承ります(有料) ■作家 歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)天明6年 江戸生まれ、江戸後期の浮世絵師。初号は国貞、のちに三代目歌川豊国、別号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎等多数。幼少より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称す。歌川派として、武者絵の国芳、風景画の広重と共に「役者絵の国貞」として名を馳せた。元治元年(1864)歿、79才。■タイトル 小柳常吉(こやなぎつねきち)天保11年入幕〜安政3年上総国長柄郡高根本郷村(現・千葉県市原市上高根)出身。170cm、150kgのアンコ型でありながら動きは俊敏であった。ペリー率いる黒船が来航した際には力自慢のアメリカ人水兵3人との手合わせで、3人同時に相手をして圧勝した。■技法 浮世絵 木版画(江戸時代後期の作品)■作品の状態 おおむね良好 相撲の好事家の方が大切に保管していた作品を譲り受けました。紙の右下、左下部分に少々痛みが見られますが、色は鮮やかで経年の割に状態は良好です。 他の◆歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)◆作品を検索歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)『小柳常吉』木版画

送料無料
歌川国貞・香蝶楼豊国・歌川豊国(三代)『不知火大鳴門取組之図(三枚続)』木版画・人物画【B825】

ココクレアcococlea

443,880

歌川国貞・香蝶楼豊国・歌川豊国(三代)『不知火大鳴門取組之図(三枚続)』木版画・人物画【B825】

商品の詳細 作家名 歌川国貞・香蝶楼豊国・歌川豊国(三代) 作品名 不知火大鳴門取組之図(三枚続) 技法 木版画 − − 絵寸 全長ヨコ780xタテ375 (mm) 額装・裏打ちサービス承ります(有料、32 400円) ■作家歌川国貞/香蝶楼豊国/歌川豊国(三代)天明6年 江戸生まれ、江戸後期の浮世絵師。初号は国貞、のちに三代目歌川豊国、別号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・琴雷舎等多数。幼少より画才を認められ、初代豊国の門に入って歌川と称す。歌川派として、武者絵の国芳、風景画の広重と共に「役者絵の国貞」として名を馳せた。元治元年(1864)歿、79才。■タイトル不知火大鳴門取組之図江戸を沸かす第11代横綱と実力派力士の大取り組みを、人気浮世絵師が描いています。その出来栄えは、ミュージアムピースともいえるクオリティです。┗不知火 光右衛門(しらぬい みつえもん/こうえもん)肥後国菊池郡陣内村(現:熊本県菊池郡)出身。文久3年、第11代横綱となる。┗大鳴門灘右エ門 (おおなるとなだえもん)嘉永6年摂津国八部郡(現在の兵庫県神戸市の西部・北部)出身元は大坂相撲に属したが江戸相撲に挑み、1853年2月に二段目に付け出されると43連勝を記録した。その後も強さを発揮し続けたが、何故か前頭筆頭に留め置かれ続けた。■技法江戸後期の浮世絵 木版画(安政4年制作)■作品の状態 良好相撲の好事家の方が大切に保管していた作品を譲り受けました。経年の割に状態は良好です。僅かに虫食いがありますが、鑑賞に差し支えるような目立った難はありません。 ■保管するより飾りたい!という方へ本作は安政4年に制作された木版画です。相撲の好事家の方が大切に保管していた作品を譲り受けました。コレクション用として保管も良いですが、大きく見栄えのする作品ですので...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 月岡芳年『月百姿 金時山の月』額装済

龍香堂

11,664

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 月岡芳年『月百姿 金時山の月』額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 絵サイズ:255×370mm 重さ:約2100g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●独特の画風が人気の浮世絵師、月岡芳年。その連作「月百姿」の『金時山の月』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。芳年の得意とする構図の妙を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ※画像3は使用した版木と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●月岡 芳年(つきおか よしとし):幕末から明治前期にかけての浮世絵師。12歳で歌川国芳に入門。その画業は幅広く、歴史絵・美人画・風俗画・古典画・合戦絵など多種多様な浮世絵を手がけ、各分野で独特の画風がある。構図や技法の点で工夫が見られ、動きの瞬間をストップモーションのように止めて見せる技法は現代のマンガや劇画に通じるものがあり、劇画の先駆者との評もある。 【作品解説】月百姿(つきひゃくし):1885〜1892年の7年間の歳月をかけて発表した大判錦絵。月岡芳年は自分の名から月に対する思い入れが深く、晩年の傑作として『月百姿』という月にちなんだ説話、能、歌舞伎を題材にした百枚に及ぶ連作を描いている。 この『金時山の月』は、満月の下、赤肌で丸々とした金太郎が相撲を見ている。金太郎を描いた浮世絵は多いが、殆どは鉞を担いでいるなど勇ましい怪童の姿で描かれている。一方でこの金太郎は、その伝統的なモチーフでなく猿とウサギの相撲を体を屈め慈愛の表情で見守り、何とも優しげである。凄惨な風俗作品などを多数描いた芳年であるが、この様な微笑ましい光景も残している事に、人間味溢れる一面を感じ取れる。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 月岡芳年『熊坂 朧夜月』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 月岡芳年『熊坂 朧夜月』

画サイズ:265×365mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 独特の画風が人気の浮世絵師、月岡芳年。その連作「月百姿」の『熊坂 朧夜月』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。芳年の得意とする構図の妙を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は使用した版木と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ☆額飾も可能です(プラス額代金2000円)。ご希望の場合はご連絡下さい。 ●月岡 芳年(つきおか よしとし):幕末から明治前期にかけての浮世絵師。12歳で歌川国芳に入門。その画業は幅広く、歴史絵・美人画・風俗画・古典画・合戦絵など多種多様な浮世絵を手がけ、各分野で独特の画風がある。構図や技法の点で工夫が見られ、動きの瞬間をストップモーションのように止めて見せる技法は現代のマンガや劇画に通じるものがあり、劇画の先駆者との評もある。 【作品解説】月百姿(つきひゃくし):1885〜1892年の7年間の歳月をかけて発表した大判錦絵。月岡芳年は自分の名から月に対する思い入れが深く、晩年の傑作として『月百姿』という月にちなんだ説話、能、歌舞伎を題材にした百枚に及ぶ連作を描いている。 この『熊坂 朧夜月』は、僧に扮した熊坂長範の亡霊が旅の僧に、自分が牛若丸に討たれた有様を見せ無念を語るという能舞台の一場面である。臨場感溢れるポーズに原色の色使いと構図が何とも大胆である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 月岡芳年『月百姿 金時山の月』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 月岡芳年『月百姿 金時山の月』

紙サイズ:315×435mm 画サイズ:254×370mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●独特の画風が人気の浮世絵師、月岡芳年。その連作「月百姿」の『金時山の月』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。芳年の得意とする構図の妙を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3は使用した版木と裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●月岡 芳年(つきおか よしとし):幕末から明治前期にかけての浮世絵師。12歳で歌川国芳に入門。その画業は幅広く、歴史絵・美人画・風俗画・古典画・合戦絵など多種多様な浮世絵を手がけ、各分野で独特の画風がある。構図や技法の点で工夫が見られ、動きの瞬間をストップモーションのように止めて見せる技法は現代のマンガや劇画に通じるものがあり、劇画の先駆者との評もある。 【作品解説】月百姿(つきひゃくし):1885〜1892年の7年間の歳月をかけて発表した大判錦絵。月岡芳年は自分の名から月に対する思い入れが深く、晩年の傑作として『月百姿』という月にちなんだ説話、能、歌舞伎を題材にした百枚に及ぶ連作を描いている。 この『金時山の月』は、満月の下、赤肌で丸々とした金太郎が相撲を見ている。金太郎を描いた浮世絵は多いが、殆どは鉞を担いでいるなど勇ましい怪童の姿で描かれている。一方でこの金太郎は、その伝統的なモチーフでなく猿とウサギの相撲を体を屈め慈愛の表情で見守り、何とも優しげである。凄惨な風俗作品などを多数描いた芳年であるが、この様な微笑ましい光景も残している事に、人間味溢れる一面を感じ取れる。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。...

送料無料
純金箔 一万円札プレミアムカード+純金箔天保壱両小判セット

スターアイ

12,960

純金箔 一万円札プレミアムカード+純金箔天保壱両小判セット

■純金箔 一万円札プレミアムカード+純金箔天保壱両小判セット 財運強化・金運アップのお守りに… 純金箔でつくられた1万円札をお財布に入れて金運アップを願いましょう!純金箔の一万円札カードは、長い歴史と伝統がいきづく金沢の特産である金箔を使用。純金のもつ延展性を極限まで活かし、1/1万ミリまで打ち延ばし、その工程すべてが熟練した職人の手の技が光っています。 ●材質/一万円札:純金箔・PET、壱両小判:順金箔・真鍮 ●サイズ(約)/16×7.5cm ●重量(約)/一万円札5g、天保壱両小判:28g ●セット内容/純金箔一万円札カード1枚・天保壱両小判1枚・純金箔証明書・しおり ●日本製 ※実際の紙幣として使用することはできません。 ※開封後の返品不可。 ■ご注意 ※掲載商品は撮影時の光源や画面表示の都合上、現品と多少色合いが異なる場合もございますので予めご了承下さい。 ■広告文責 株式会社ルイアンヌ  ■純金箔 一万円札プレミアムカード +純金箔天保壱両小判セット 喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら、人気絵師が描いた名作時代と風俗を鮮やかに描いた傑作浮世絵集です 財運強化・金運アップのお守りに… 純金箔でつくられた1万円札をお財布に入れて金運アップを願いましょう! 純金箔の一万円札カードは、長い歴史と伝統がいきづく金沢の特産である金箔を使用。純金のもつ延展性を極限まで活かし、1/1万ミリまで打 ち延ばし、その工程すべてが熟練した職人の手の技が光っています。   金沢の特産である金箔を使用 純金のもつ延展性を極限まで活かし打 ち延ばしました

送料無料
傑作浮世絵完全保存 ワイド版・江戸春画(全4巻)【代引き手数料無料】【送料無料】

夢みつけ隊 ONLINE SHOPPING

10,285

傑作浮世絵完全保存 ワイド版・江戸春画(全4巻)【代引き手数料無料】【送料無料】

女の色気と情念をも描いたエロス百態傑作浮世絵完全保存ワイド版・全4巻セット時代と風俗を鮮やかに描いた、世界に誇る江戸文化「浮世絵」が最近何度目かのブームを迎えています。特に市井の人々の風俗を生き生きと描いた「春画」の人気は衰えることはありません。本書は喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳ら人気絵師が描いた不朽の名作を迫力の大型サイズで提供。浮世絵マニアはもちろん、初心者にも楽しめる内容になっています。●サイズ/縦29×横22×厚さ1.05cm●本文144頁(オールカラー)●日本製 アイコンの詳細はこちらご購入前にこちらをご確認ください。1巻 江戸文化が生んだ耽美の世界 浮世絵はどのように生まれ、江戸の人々を熱狂させたのか、浮世絵師と名作の系譜をたどります。2巻 三大浮世絵師 国芳・笑山・英泉の世界 若い人たちの間で大ブームをおこしている国芳を中心に、幕末に人気を集めた三大絵師を大特集します。3巻 浮世絵師列伝 歌麿から北斎まで その大胆な表現力に世界が驚愕した歌麿をはじめ、北斎、豊国ら天才たちの絵をあますことなく収録しました。4巻 歌川派七人衆 国貞から国政まで 浮世絵界に一代勢力を誇った歌川派一門。その優美にして妖艶な筆致は、まさに爛熟の江戸文化の象徴です。歌川派を語るに欠かせない七人の絵師と、その作品を集めました。

こちらの関連商品はいかがですか?

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『日本橋 朝之景』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『日本橋 朝之景』

外寸:450×335mm 印面サイズ:377×242mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『東海道五十三次』中の『日本橋 朝之景』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、左上は裏面の画像、右下は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】東海道五十三次『日本橋 朝之景』(にほんばし あさのけい) 江戸から京都へ向かう東海道の起点である日本橋。むかし風にいえば江戸から京都まで百二十四里半の旅の振り出しは此処からで、その東海道シリーズの巻頭を飾るにふさわしい開幕の絵である。参勤交代の大名行列が毛槍を高々と立て朝早く江戸を出発する様子と...

送料無料
送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「隅田川水神の森真崎」|※包装のしメッセージカード無料対応

アンティナギフトスタジオ

22,680

送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「隅田川水神の森真崎」|※包装のしメッセージカード無料対応

※ラッピング・のし等はこちらをご覧いただきご選択ください(別ウインドウが開きます)。商品説明素材セット内容:手摺木版画、専用額 各1 素材:用紙/越前生漉奉書(人間国宝・岩野市兵衛漉元)、専用額/天然木(桜材)、アクリル原産国日本サイズ画寸法/縦34×横22cm 額寸法/縦51×横35×厚み2cm箱サイズ約縦52×横37×高さ3cm浮世絵版画は、通常15回から20回の色摺りが行われ、1色の絵の具で摺ったり、2色以上の絵の具を摺り重ねる「かけあわせ」と呼ばれる摺り方により完成します。紙は、楮(こうぞ)を原料とした手漉和紙の「生漉奉書」を使用。版木には細密な線の彫り、多色摺りの摩滅に耐え堅牢緻密で木質が揃う山桜材を用いた「無垢板」等を使います。向島から隅田川の対岸の真崎と水神社を望んだ風景。真崎は品川の御殿山や王子の飛鳥山と並ぶ桜の名所。奥には筑波山も見え、江戸時代有数の景勝地であったことがうかがえます。※手作り品のため、色が若干異なる場合がございます。【東京伝統木版画工芸協同組合】彫師・摺師らが集合し、江戸木版画の技術の継承に取り組んでいます。復刻不能とされてきた歌川広重の「名所江戸百景」、「東海道五十三次」の他、葛北斎の「富獄三十六景」などの作品の復刻も手掛けています。ショッピングバッグは、S・M・Lの3サイズをご用意しております。サイズをご確認いただき、商品ページからお買い求め下さい。>ショッピングバッグをお買い求めの方はこちらから この商品はこのような用途におすすめです。【新築・引越し祝い】【新築・引越し内祝い・お返し】【定年退職・還暦のお祝い】【その他お祝い(成人・長寿 など・・・)】【ちょっとしたお返し・手土産・ご挨拶】【開店・開業(企業のお祝い)】【ご褒美ギフト】【景品(2次会)】この商品はこのような贈り先さまにおすすめです...

送料無料
送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「深川洲崎十万坪」|※包装のしメッセージカード無料対応

アンティナギフトスタジオ

22,680

送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「深川洲崎十万坪」|※包装のしメッセージカード無料対応

※ラッピング・のし等はこちらをご覧いただきご選択ください(別ウインドウが開きます)。商品説明素材セット内容:手摺木版画、専用額 各1 素材:用紙/越前生漉奉書(人間国宝・岩野市兵衛漉元)、専用額/天然木(桜材)、アクリル原産国日本サイズ画寸法/縦34×横22cm 額寸法/縦51×横35×厚み2cm箱サイズ約縦52×横37×高さ3cm浮世絵版画は、通常15回から20回の色摺りが行われ、1色の絵の具で摺ったり、2色以上の絵の具を摺り重ねる「かけあわせ」と呼ばれる摺り方により完成します。紙は、楮(こうぞ)を原料とした手漉和紙の「生漉奉書」を使用。版木には細密な線の彫り、多色摺りの摩滅に耐え堅牢緻密で木質が揃う山桜材を用いた「無垢板」等を使います。現在の江東区東陽付近には、江戸時代、荒涼とした原野が広がっていました。上部で鷲がはばたく構図は迫力があり、空の天ボカシ、海の藍の美しいぼかしにより全体が引き締まった作品。※手作り品のため、色が若干異なる場合がございます。【東京伝統木版画工芸協同組合】彫師・摺師らが集合し、江戸木版画の技術の継承に取り組んでいます。復刻不能とされてきた歌川広重の「名所江戸百景」、「東海道五十三次」、葛飾北斎の「富獄三十六景」などの作品の復刻も手掛けています。ショッピングバッグは、S・M・Lの3サイズをご用意しております。サイズをご確認いただき、商品ページからお買い求め下さい。>ショッピングバッグをお買い求めの方はこちらから この商品はこのような用途におすすめです。【新築・引越し祝い】【新築・引越し内祝い・お返し】【定年退職・還暦のお祝い】【その他お祝い(成人・長寿 など・・・)】【ちょっとしたお返し・手土産・ご挨拶】【開店・開業(企業のお祝い)】【ご褒美ギフト】【景品(2次会)】この商品はこのような贈り先さまにおすすめ...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『上野山内月のまつ』額装済

龍香堂

8,640

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『上野山内月のまつ』額装済

額サイズ:480×580×厚20mm 重さ:約2410g 印面サイズ:247×370mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『上野山内月のまつ』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『上野山内月のまつ』(うえのさんないつきのまつ) 「月の松」と呼ばれたこの名物松は上野不忍池の弁財天に降りる石段の近くにあった。月のように円形をしている松の枝中に、遠く、本郷の町並みを覗かせる構図で描くことで、まるで遠眼鏡で見たような奇抜で不思議な印象を与えられる。遠近法による大胆な構図と前景の松の細密な表現が効...

送料無料
送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「亀戸梅屋敷」|※包装のしメッセージカード無料対応

アンティナギフトスタジオ

22,680

送料無料|江戸木版画 歌川広重 名所江戸百景「亀戸梅屋敷」|※包装のしメッセージカード無料対応

※ラッピング・のし等はこちらをご覧いただきご選択ください(別ウインドウが開きます)。商品説明素材セット内容:手摺木版画、専用額 各1 素材:用紙/越前生漉奉書(人間国宝・岩野市兵衛漉元)、専用額/天然木(桜材)、アクリル原産国日本サイズ画寸法/縦34×横22cm 額寸法/縦51×横35×厚み2cm箱サイズ約縦52×横37×高さ3cm浮世絵版画は、通常15回から20回の色摺りが行われ、1色の絵の具で摺ったり、2色以上の絵の具を摺り重ねる「かけあわせ」と呼ばれる摺り方により完成します。紙は、楮(こうぞ)を原料とした手漉和紙の「生漉奉書」を使用。版木には細密な線の彫り、多色摺りの摩滅に耐え堅牢緻密で木質が揃う山桜材を用いた「無垢板」等を使います。亀戸天神の裏手にあった名木「臥龍梅」を描いた版画。画家ゴッホが模写し、その日本的な構図を学んでいたことでも有名です。「各所江戸百景」を代表する作品。※手作り品のため、色が若干異なる場合がございます。【東京伝統木版画工芸協同組合】彫師・摺師らが集合し、江戸木版画の技術の継承に取り組んでいます。復刻不能とされてきた歌川広重の「名所江戸百景」、「東海道五十三次」、葛飾北斎の「富獄三十六景」などの作品の復刻も手掛けています。ショッピングバッグは、S・M・Lの3サイズをご用意しております。サイズをご確認いただき、商品ページからお買い求め下さい。>ショッピングバッグをお買い求めの方はこちらから この商品はこのような用途におすすめです。【新築・引越し祝い】【新築・引越し内祝い・お返し】【定年退職・還暦のお祝い】【その他お祝い(成人・長寿 など・・・)】【ちょっとしたお返し・手土産・ご挨拶】【開店・開業(企業のお祝い)】【ご褒美ギフト】【景品(2次会)】この商品はこのような贈り先さまにおすすめです。【男性向け】...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『大はしあたけの夕立』(船二艘)額装済

龍香堂

10,800

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『大はしあたけの夕立』(船二艘)額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 重さ:約2050g 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『大はしあたけの夕立』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ☆当品は、船が二艘描かれた「幻の絵」と呼ばれる初版刷りの復刻です。(当初、川岸に有った御船蔵を描くのを憚り、後にその付近を改版したと言われています) ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『大はしあたけの夕立』(おおはしあたけのゆうだち): 広重の最晩年を代表する竪版揃物の中で、最高傑作といわれる。「亀戸梅屋舗...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『水道橋駿河台』額装済

龍香堂

10,800

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『水道橋駿河台』額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 重さ:約2050g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『水道橋駿河台』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『水道橋駿河台』(すいどうばしするがだい) いたるところ鯉幟がはためいている。時はあたかも端午の節句。大きく大胆に描かれた一匹の鯉のぼり。ダイナミックな鯉のぼりは武家の象徴でもある。広重ならではの抜群の構図力が光るおおらかで楽しげな作品。画面奥には富士がくっきりと姿を見せ、爽やかな五月晴れの一日である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『原 朝之富士』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『原 朝之富士』

外寸:433×302mm 印面サイズ:383×253mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『東海道五十三次』中の『原 朝之富士』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、左は裏面の画像、右は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】東海道五十三次『原 朝之富士』(はら あさのふじ) 一番目を引くのは、風景を囲む枠から富士の頂上が飛び出ている優美で大胆な構図である。富士を仰ぎ見る母娘や供の者、旅人が足を止め、振り返って眺めたほどの去りがたい風景には、朝日に白雪が紅に染まり、街道の沼地には白鷺、遠い西の空は藍色に晴れ渡っている...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『深川州崎十万坪』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『深川州崎十万坪』

外寸:315×440mm 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『深川州崎十万坪』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面の画像と使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『深川州崎十万坪』(ふかがわすざきじゅうまんつぼ) 大空を飛翔する一羽の鷲。その視点から眼下の荒涼たる雪景色を眺めた秀逸な構図。洲崎から深川木場、そしてその先の十万坪であるが、雪に覆われた荒涼とした景色と、海にぽつりと浮かぶ桶が一層の物寂しさを誘う。広重らしい情感に溢れ...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『京都名所之内 淀川』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『京都名所之内 淀川』

外寸:450×340mm 画面サイズ:377×245mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『京都名所之内 淀川』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3、右は裏面の画像、左は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】『京都名所之内 淀川』(きょうとめいしょのうち よどがわ) 各種の諸国名所を手がけた広重は、京の名所もしばしば描いている。江戸時代の淀川・枚方は京街道の宿場町また淀川舟運の中継港として栄え、周辺農村にとって物資の集散地および遊興場の役割を果たしていた...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『箕輪金杉三河しま』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『箕輪金杉三河しま』

外寸:300×440mm 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『箕輪金杉三河しま』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『蓑輪金杉三河しま』(みのわかなすぎみかわしま) 江戸時代の三河島(現・荒川区東日暮里)は冬になると鍋鶴や丹頂鶴が越冬のため渡ってきていた。将軍が自ら鷹を使って鶴を捕獲し、朝廷に献上する「鶴御成(つるのおなり)」の猟場の一つだった。飛翔する鶴から見た荒涼とした景色が物寂しさを誘う。広重らしい情感に溢れ、かつ雄大で大胆な気風が感じられる素晴らしい作品であ...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『王子装束ゑの木大晦日の狐火』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『王子装束ゑの木大晦日の狐火』

外寸:307×440mm 絵サイズ:242×368mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『王子装束ゑの木大晦日の狐火』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3は、作品の裏面と使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『王子装束ゑの木大晦日の狐火』(おうじしょうぞくえのきおおみそかのきつねび): 現在、北区王子にある王子稲荷は、当時は田園が広がっており毎年大晦日の晩、関東一円から集まったキツネ達がまずは王子稲荷に近い榎の下で衣裳を整え儀式を行い...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:325×447mm 印面サイズ:260×370mm 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『浅草金竜山』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、上は使用した版木、下は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『浅草金竜山』(あさくさきんりゅうざん) 雷神門より仁王門と五重塔を望んだ雪の日を描いている。大写しの近景に雷門の大提灯を画き、遠景に浅草寺と五重塔、参詣人を両脇に描き、三角形中央に吸い込まれるように描いているのは、広重の遠近法の一つで、境内の広さと奥行きがよくわかる。境内まで続く参道の雪の部分には...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』額装済

龍香堂

10,800

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 重さ:約2100g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『浅草金竜山』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『浅草金竜山』(あさくさきんりゅうざん) 雷神門より仁王門と五重塔を望んだ雪の日を描いている。大写しの近景に雷門の大提灯を画き、遠景に浅草寺と五重塔、参詣人を両脇に描き、三角形中央に吸い込まれるように描いているのは、広重の遠近法の一つで、境内の広さと奥行きがよくわかる。境内まで続く参道の雪の部分には、空摺(からずり...

送料無料
上村淳之 木版画「早春」

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

157,500

上村淳之 木版画「早春」

◆上村 淳之 木版画◆ ■作者肉筆サイン入・落款・番号入 ■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(扇面) ■額寸:天地410ミリ×左右670ミリ ←画像をクリックすると拡大されます。 上村 淳之 「早春」そうしゅん 鑑賞木版画 額装品 上村淳之画伯は、自らも1000羽を超える 鳥たちと共に暮らす愛鳥家で鳥類研究家としても 名高く、豊かな自然に恵まれた環境の中で、花を愛し 鳥を慈しみ、風を想い月に心通わせる、まさに東洋画の 伝統「花鳥風月」の精神を一身に受け継いだ芸術家であります。 本作は、扇面という技法的にも極めて難しい空間に松の新芽と 愛らしい小鳥菊戴(きくいただき)が構図もすっきりと 描かれています。 春の訪れを寿ぎ、小鳥は生命の賛歌を歌い上げているようです。 銀箔をおいた背景も、落ち着きのある装飾性とともに 絵に奥行と気品を与えています。 鳥のことを知り尽くし、人の心を鳥に託して描く画伯ならではの 典雅な作品となっています。 木版画のもつ深い味わいも併せてご鑑賞下さい。 上村淳之 略歴 1933年京都に生まれる。祖父母松園、父松篁ともに日本画家。 1956年新製作教会展初入選。(以後、連続入選) 1959年京都市立美術大学専攻科を修了。 1968年創画会春季展賞受賞 1986年新制作協会展で、新作家賞を受賞、会友となる。 1978年第5回創画展「晨」が創画会賞受賞。文化庁買上。 1981年創画会会員となる。 1984年京都市立芸術大学教授となる。 1994年松伯美術館が開館、館長となる。 1995年日本芸術院賞を受賞。 1999年京都市立芸術大学副学長となる。 2002年日本芸術院会員となる。 2003年古希記念「上村淳之展」巡回開催。 限定100部 ■作者肉筆サイン入・落款・番号入■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(扇面...

スポンサーリンク
スポンサーリンク