メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「横尾忠則」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
「日傘」 リトグラフ 斎藤真一

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

110,250

「日傘」 リトグラフ 斎藤真一

←画像をクリックすると拡大されます 作品名 日傘 作 者 斎藤真一 技 法 リトグラフ 寸 法 額寸:71.0cm×59.0cm (額付きとなっております) 画寸:約45.5cm×35.0cm リトグラフとは リトグラフ(石版画)は、1798年ドイツの アロイス・ゼネフェルダー氏が 発明したもので、石や金属版を 使用した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に油性の 画材で描いた後、水と油の反発性を 用いて版をつくり、描画された油の 部分のみインクを付着させ、 紙をのせて刷っていきます。 豊富な色のリトグラフ は、一色につき一版ずつ必要なので、 色分解された版をつくる作業を 繰り返し、重ねて刷りあげて いくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的 技法になっています。 斎藤真一 sinichi saito 1959年 37歳 4月、渡仏。パリのレピュブリック通りに下宿する。 7月、ドイツ・オランダ・ベルギー・ナポリを原動機付自転車で旅行。 11月、スペイン旅行。横断中、藤田嗣冶と親交を結ぶ。 1960年 38歳 8月、文芸春秋画廊(東京)にて帰国後初の個展開催。 1961年 39歳 夏、津軽にてねぶた祭に感動、津軽三味線の音色に驚き、 宿の古老からも瞽女のことを教えられる。 1962年 40歳 瞽女に惹かれ、盲目の女性を描く。 1963年 41歳 1月、養清堂画廊(東京)にて個展開催。 1980年 58歳 5月、エッチング集「雪国」(毎日新聞社)刊行。 6月、「さすらいー斎藤真一画集」(講談社)刊行。 1981年 59歳 3月、ギャラリー・ヤマモト(伊東)にて「斎藤真一展」開催。 6月、岡山県総合文化センターへ油彩画14点奇贈。 カナダのヴィクトリア美術館(モントリオール)に作品収蔵。 1982年 60歳 2月...

スポンサーリンク
スポンサーリンク