メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「昭和 24 年 5 円玉」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

吉岡浩太郎『和 おしどり』シルクスクリーン版画色紙(額縁付き)

内田画廊

6,966

吉岡浩太郎『和 おしどり』シルクスクリーン版画色紙(額縁付き)

■和 おしどり カップルの睦まじい姿の縁起図として人気のおしどりです。 力を合わせて今生を生きる。 健康長寿で夫婦円満。 長寿のお祝いや、銀婚式、金婚式などの贈り物としても おすすめです。 【 色紙を額縁にセットにした作品です 】 ご自身で色紙を入れ替えてお楽しみいただくことも できます。 【 額縁の窓にはアクリルを使用 】 万が一の落下時にもガラスに比べ破損が少なく安心です ■吉岡浩太郎 1928 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967 スクリーン版画の研究を始める 1973 絵画研究のため渡欧 1974 セントラル画廊でスクリーン版画個展 1996 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997 以降毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004 東京絵画フェスティバル出品 2006 ユニセフ絵葉書に決定 2007 技術評論社「和の趣」に掲載 2008 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2009 額縁絵画展出品制作 作家名 吉岡浩太郎 題 名 和 おしどり 技 法 シルクスクリーン版画 作品の寸法 24.2×27.2cm(色紙)  額縁の寸法 たて38.5×よこ35.4×厚み1.5cm   額縁の仕様 アイボリー色 色紙用額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き 額縁の窓:アクリル  箱 かぶせ箱

吉岡浩太郎『おしどり』 2シルクスクリーン版画色紙(額縁付き)

内田画廊

6,966

吉岡浩太郎『おしどり』 2シルクスクリーン版画色紙(額縁付き)

■おしどり カップルの睦まじい姿の縁起図として人気のおしどりです。 長寿のお祝いや、銀婚式、金婚式などの贈り物としても おすすめです。 一色ごとに丹念に摺上げ摺り重ねて完成した芸術性の高い 作品です。 【 色紙を額縁にセットにした作品です 】 ご自身で色紙を入れ替えてお楽しみいただくことも できます。 【 額縁の窓にはアクリルを使用 】 万が一の落下時にもガラスに比べ破損が少なく安心です ■吉岡浩太郎 1928 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967 スクリーン版画の研究を始める 1973 絵画研究のため渡欧 1974 セントラル画廊でスクリーン版画個展 1996 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997 以降毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004 東京絵画フェスティバル出品 2006 ユニセフ絵葉書に決定 2007 技術評論社「和の趣」に掲載 2008 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2011 額縁絵画展出品 2012 個展・グループ展開催 2013 横濱グッズ-001受賞 2014 日本ユネスコ協会支援カード採用 2016 没(享年88歳) 以後30年に渡り一緒に作品制作を行ってきた息子が 初代の意思を継ぎ二代目浩太郎襲名 初代作品の名入り管理・販売を二代目浩太郎が行う 作家名 吉岡浩太郎 題 名 おしどり 技 法 シルクスクリーン版画 作品の寸法 24.2×27.2cm (色紙)  額縁の寸法 たて38.5×よこ35.4×厚み1.5cm   額縁の仕様 アイボリー色 色紙用額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き 額縁の窓:アクリル  箱 かぶせ箱

ジョアン・ミロ(ホアン・ミロ)『ジュービリー』複製画(アートポスター)額縁付き

内田画廊

7,128

ジョアン・ミロ(ホアン・ミロ)『ジュービリー』複製画(アートポスター)額縁付き

■ジュービリー ■ジョアン・ミロ(ホアン・ミロ) 1893 スペインのバルセロナに生まれる 1920 渡仏 ダダ運動に参加 1926 ロシア・パレエ団の「ロミオとジュリエット」の舞台装飾を マックス・エルンストと共同制作 1930 パリのピエール画廊 ブリュッセルのゴーマン画廊で個展 NYのヴァレンタイン画廊でアメリカ初の個展 1931 ピエール画廊でオブジェ彫刻展 1936 フランスに亡命 印象派美術館の現代スペイン絵画展に出品 1941 ニューヨーク近代美術館で初の大回顧展 1942 スペインのバルセロナに戻る 1945 NYのピエール・マティス画廊で個展 1947 シンシナティの高層ビル内レストランの大壁画を制作 1948 パリのマーグ画廊で個展。 1953 パリのマーグ画廊 NYのピエール・マティス画廊で個展 1954 ヴェネツッア・ビエンナーレの版画部門国際大賞受賞 1956 パルマに移住 1957 ロレンス・イ・アルティガスと共同で『太陽の壁』『月の壁』を制作 1959 NY近代美術館で回顧展 グッゲンハイム財団国際大賞受賞 1962 パリ国立近代美術館で大規模代表作品展 1964 ロンドンのテート・ギャラリーとチューリヒ美術館で大回顧展 1966 日本で大回顧展 1967 カーネギー絵画賞受賞 1968 バルセロナの旧聖十字架病院で大回顧展 1970 大阪万博のために陶壁画制作 1974 グラン・パレで絵画・彫刻・陶器の大回顧展 パリ市立近代美術館で大版画展 1975 ジョアン・ミロ財団現代美術研究センターオープン 1981 「ミラノのミロ」展がミラノの多くの会場で開催 1982 死去 作家名 ジョアン・ミロ(ホアン・ミロ) 題 名 ジョービリー 技 法...

吉岡浩太郎開運花風水『白い花』シルクスクリーン版画色紙(額縁付き)

内田画廊

5,400

吉岡浩太郎開運花風水『白い花』シルクスクリーン版画色紙(額縁付き)

開運花風水シリーズ ■白い花 風水とは、古代中国で生まれた幸せに暮らすための 『環境開運学』です。 人間はみな環境によってハッピーになったり、落ち込んだり と変わるものですが、私たちにとって最も大切な環境は家や 部屋ではないでしょうか。 この最も身近な環境である、住まいの運気をよくして幸福に なろうというのが、風水の考え方です。 ● 人間関係向上 ● 風水で『白』は、人と人との思いやり、親子関係や親愛、 信頼、家庭円満など人間関係にパワーがあるとされています。 また、気を浄化する力をもつ『神聖な色』とされ、家相の 悪い方、病気がちな方、孤独な方にもパワーを発揮します。 北や北東(鬼門)に飾ると効果が大きいとされています。 【 贈り物にもおすすめ 】 縁起が良いことはもちろん、どなたにも好まれる作品で 各種御祝・記念品にもおすすめの一枚です。 ■吉岡浩太郎 1928 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967 スクリーン版画の研究を始める 1973 絵画研究のため渡欧 1974 セントラル画廊でスクリーン版画個展 1996 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997 以降毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004 東京絵画フェスティバル出品 2006 ユニセフ絵葉書に決定 2007 技術評論社「和の趣」に掲載 2008 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2011 額縁絵画展出品 2012 個展・グループ展 2013 横濱グッズ-001受賞 2014 日本ユネスコ協会支援カード採用 2016 没(享年88歳) 以後30年以上に渡り一緒に作品制作を行ってきた息子が 初代の意思を継ぎ二代目浩太郎に襲名 ...

アルフォンス・ミュシャ『Summer』夏ミックスドメディア複製画(アートポスター)額縁付き

内田画廊

6,480

アルフォンス・ミュシャ『Summer』夏ミックスドメディア複製画(アートポスター)額縁付き

■SUMMER 夏 アール・ヌーヴォー様式を代表する巨匠 アルフォンスミュシャの美しいアートポスターです。 金使いがとても豪華で、版画に近いクオリティーの高さが 大人気のシリーズです。 ■アルフォンス・ミュシャ 1860 チェコ南モラビア地方のイヴァンチッツェに誕生 1988 パリに出てアカデミー・ジュリアンに学ぶ 1894 サラ・べルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作 大好評となる 1900 パリ万国博覧会開催 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館の装飾を担当 1901 レジオン・ドヌール勲章受章 装飾資料集を刊行 1931 プラハの聖ヴィタ大聖堂のステンドグラスを制作 1939 母国のプラハで逝去 草花をモチーフとした幾何的な文様や、曲線を多用した平面的で 装飾的な画面構成。 典型的なアール・ヌーヴォー様式とモデルの女性など、描く対象の 個性や特徴を的確に掴みながら、視覚的な美しさを、観る者に 嫌味なく感じさせる独自の対象表現を融合させ、数多くの商業用 ポスターや挿絵を制作しました。 作家名 アルフォンス・ミュシャ 題名 SUMMER 技法 ミックスドメディア 画面の寸法 14.8×28.9cm 額縁の外寸法 39.2×46.8cm 額縁の仕様 ホワイト色柄額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き  額縁の窓 アクリル  状態 新品  箱 かぶせ箱 

アルフォンス・ミュシャ『Poetry』詩ミックスドメディア複製画(アートポスター)額縁付き

内田画廊

6,480

アルフォンス・ミュシャ『Poetry』詩ミックスドメディア複製画(アートポスター)額縁付き

■POETRY 詩 アール・ヌーヴォー様式を代表する巨匠 アルフォンスミュシャの美しいアートポスターです。 金使いがとても豪華で、版画に近いクオリティーの高さが 大人気のシリーズです。 ■アルフォンス・ミュシャ 1860 チェコ南モラビア地方のイヴァンチッツェに誕生 1988 パリに出てアカデミー・ジュリアンに学ぶ 1894 サラ・べルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作 大好評となる 1900 パリ万国博覧会開催 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館の装飾を担当 1901 レジオン・ドヌール勲章受章 装飾資料集を刊行 1931 プラハの聖ヴィタ大聖堂のステンドグラスを制作 1939 母国のプラハで逝去 草花をモチーフとした幾何的な文様や、曲線を多用した平面的で 装飾的な画面構成。 典型的なアール・ヌーヴォー様式とモデルの女性など、描く対象の 個性や特徴を的確に掴みながら、視覚的な美しさを、観る者に 嫌味なく感じさせる独自の対象表現を融合させ、数多くの商業用 ポスターや挿絵を制作しました。 作家名 アルフォンス・ミュシャ 題 名 POETRY 技 法 ミックスドメディア 画面の寸法 18.2×28.9cm 額縁の外寸法 39.2×46.8cm 額縁の仕様 ホワイト色柄額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き  額縁の窓 アクリル  状 態 新 品  箱 かぶせ箱 

アルフォンス・ミュシャ『Carnation』カーネーションミックスドメディア複製画(アートポスター)額縁付き

内田画廊

6,480

アルフォンス・ミュシャ『Carnation』カーネーションミックスドメディア複製画(アートポスター)額縁付き

■CARNATION カーネーション アール・ヌーヴォー様式を代表する巨匠 アルフォンスミュシャの美しいアートポスターです。 金使いがとても豪華で、版画に近いクオリティーの高さが 大人気のシリーズです。 ■アルフォンス・ミュシャ 1860 チェコ南モラビア地方のイヴァンチッツェに誕生 1988 パリに出てアカデミー・ジュリアンに学ぶ 1894 サラ・べルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作 大好評となる 1900 パリ万国博覧会開催 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館の装飾を担当 1901 レジオン・ドヌール勲章受章 装飾資料集を刊行 1931 プラハの聖ヴィタ大聖堂のステンドグラスを制作 1939 母国のプラハで逝去 草花をモチーフとした幾何的な文様や、曲線を多用した平面的で 装飾的な画面構成。 典型的なアール・ヌーヴォー様式とモデルの女性など、描く対象の 個性や特徴を的確に掴みながら、視覚的な美しさを、観る者に 嫌味なく感じさせる独自の対象表現を融合させ、数多くの商業用 ポスターや挿絵を制作しました。 作家名 アルフォンス・ミュシャ 題 名 CARNATION 技 法 ミックスドメディア 画面の寸法 11.9×29.0cm 額縁の外寸法 39.2×46.8cm 額縁の仕様 ホワイト色柄額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き  額縁の窓 アクリル  状 態 新 品  箱 かぶせ箱 

送料無料
【清水寺貫主】森 清範『福』 書 色紙(高級額縁付)

内田画廊

38,800

【清水寺貫主】森 清範『福』 書 色紙(高級額縁付)

■福 年末に今年1年を表す漢字を巨大な和紙に書き上げている ことでも有名な清水寺・森清範貫主の書です。 画像はお届けする現品を撮影しております。 真筆のためそれぞれ一点ものです。 贈り物としても大変おすすめです。 ■森 清範 1940 京都府生まれ 1955 清水寺貫主大西良慶和上のもとに得度入寺 1963 京都花園大学卒業後、清水寺・真福寺住職となり、 八幡市円福寺専門道場に掛塔(雲水修行)する。 1979 清水寺法務部長、泰産寺住職を歴任 1988 清水寺貫主、北法相宗管長に就任 現在は、全国清水寺ネットワーク会議代表、日朝友好仏教 協会副会長、社会福祉法人衆善会名誉顧問などの役員を 務めるほか、中国人民大学法学院客員教授も務める。 著書に「心を活かす」(講談社) 「心に花を咲かそう」(講談社) 「一口説法 心を練る」(講談社) 「人のこころ 観音の心」(NOMA総研)など。 毎年12月にテレビ、新聞等で報道される「今年を象徴する漢字」 の揮ごうを務める。 清水寺……宝亀9年(778年)に開創。本尊は、十一面千手観 作家名 森 清範 題 名 福 落 款 作者サイン・朱落款 技 法 墨 書(真筆・肉筆保証) 作品の寸法 24.2cm×27.2cm(色紙) 額縁の外寸法 41.7×44.6cm 額縁の枠 ブラウン色木製枠 額縁のマット 布マット(ベージュ) 額縁の仕様 裏面に壁掛け用金具・ひも付き 額縁の窓 アクリル 付属品 シール付きタトウ ※画像3段目はタトウのシールです 状 態 新品額付 箱 かぶせ箱 ●こちらの作品を立てて飾ることができます 2本組木製額立てH350 ¥2549

送料無料
清水信行『富嶽』日本画 SM(サムホール)【中古】

内田画廊

86,400

清水信行『富嶽』日本画 SM(サムホール)【中古】

■富 嶽 抜けるような青を背景に描かれた白富士が美しく 小ぶりながらも目を惹く素敵な作品です。 ■清水信行 1950 京都市に生まれる 1972 日展初出品初入選 1974 京都市立芸術大学日本画家卒業 全関西展読売新聞社賞受賞 1976 京都市立芸術大学専攻科(現大学院)終了 在学中に日展連属4回入選 1984 日仏現代美術展出品 第二席同フランソワール賞受賞 1985 個展(東京セントラル絵画展) 同'87'89'93 1986 東京セントラル美術館日本画大賞展に招待出品 1987 京都画壇日本画秀作展出品 1999 「増上寺天井絵画」日本橋三越、京都高島屋に出品 2001 画文集「心の山河 心の森」(芸艸堂)発刊 2007~2010年 「富岳」「紅富士」「清水新雪」がユニセフの グリティングカードや年賀ハガキを通して世界各国へ 京都日本画家協会会員 全国主要百貨店にて個展多数開催 作家名 清水信行 題 名 富 嶽 技 法 紙に岩絵の具(真筆・肉筆保証) サイン 金筆サイン 落 款 金泥落款 作品の寸法 たて15.8×よこ22.7cm(SM) 額縁の寸法 たて35.3×よこ42.4cm 額縁の仕様 ステンレス日本画額縁 マット 樹脂マット 装 丁 布タトウ箱(黄袋付き)  状 態  【中古】良好 非常にきれいな状態です

いわさきちひろ 『枯葉の中の少女』複製画ポスター額縁付き

内田画廊

5,040

いわさきちひろ 『枯葉の中の少女』複製画ポスター額縁付き

■枯葉の中の少女 青春時代に戦争を体験したちひろは「世界中のこども みんなに、平和としあわせを」ということばを 残しています。 ちひろが描いた子どもや花は、今もいのちの輝き、 平和の大切さを語り続けています。 ■いわさきちひろ(1918~1974) 福井県武生市(現・越前市)に生まれ、東京で育つ。 東京府立第六高等女学校卒。 藤原行成流の書を学び、絵は岡田三郎助、中谷泰、 丸木俊に師事。 1946年 日本共産党に入党。 1949年紙芝居『お母さんの話』を出版、翌年文部大臣賞受賞。 1950年松本善明と結婚、翌年長男猛を出産。 1952年、下石神井 (東京・練馬)に自宅兼アトリエを建てる。 1956年小学館児童文化賞、 1961年産経児童出版文化賞、 1973年『ことりのくるひ』(至光社)でボロー ニャ国際児童 図書展グラフィック賞等を受賞。 1974年肝ガンのため死去。享年55歳。 その他の代表作に『おふろでちゃぷちゃぷ』(童心社) 『あめのひのおるすばん』(至光社)『戦火のなかの子どもたち』 (岩崎書店)などがある。 作家名 いわさき ちひろ 題 名 枯葉の中の少女 技 法 プリント(ポスター) 画面の寸法 24.8x36.0cm 額縁の外寸法 44.6x56.0cm 額縁の仕様 パールホワイト色木製額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き 額縁の窓 ガラス

送料無料
岩切裕子 額付き木版画 『Waterland』(2006年)

ベルセーブ

59,400

岩切裕子 額付き木版画 『Waterland』(2006年)

作家名岩切 裕子タイトルWaterland技法木版画制作年2006年限定部数40画面寸法(イメージサイズ)375×375mm額外寸596×586mm[岩切裕子 TOP]【岩切裕子 プロフィール】1961年 渋谷区に生まれる / 1988年 多摩美術大学院修了、日本版画協会展協会賞受賞 / 1989年 平成元年度文化庁芸術家国内研修員 / 1992年 日本版画協会展第60回記念賞受賞 / 1996年 日本版画協会展準会員優作賞受賞、日本版画協会会員に推挙される / 2001年 文化庁作品買上げ(予言者のカンカーター) 【個展】1990年 シロタ画廊(銀座)以後定期的に開催 / 1994年 ギャルリー宮脇(京都)以後定期的に開催 / 2001年 ギャラリー ベルセーブ(富士)以後定期的に開催【パブリックコレクション】ワシントン市立美術館、宮崎県立美術館、相生森林美術館、文化庁版を重ねる。色を重ねる。多くの時間を、記憶の層をたどり、さまざまなカタチのフラグメントを重ねる。それらは、コトバであったり、音であったり、またわずかな空気の揺らぎであったりする。それらは、いくつかの情景を呼び起こす。置き忘れられた、長い長い時間の手触りを感じる。それらを取り出して、埃を払ってみる。ひとつ、またひとつ、丁寧にふるいにかけて選別し、並べ直し、重ね合わせていく。かつて見えていたものとは違う風景が拡がる。並べ替えられた音は、違う音楽を奏でる。懐かしい手触りの、もうひとつの静謐な世界を手繰り寄せる。世界を開き、世界を綴じる。岩切裕子 記 落ち着いた色合い、不思議なカタチと構図の建物、そして森や植物などの一見全く関連性のないパーツが非常に上手く調和されていて、見る人のココロが和み、そして見る人によって異なった見え方のするそんな心象風景画です。岩切さんの作品は...

送料無料
岩切裕子 額付き木版画 『wollenbaum』(2006年)

ベルセーブ

19,440

岩切裕子 額付き木版画 『wollenbaum』(2006年)

作家名岩切 裕子タイトルwollenbaum技法木版画制作年2006年限定部数60画面寸法(イメージサイズ)140×140mm額外寸310×310mm[岩切裕子 TOP]【岩切裕子 プロフィール】1961年 渋谷区に生まれる / 1988年 多摩美術大学院修了、日本版画協会展協会賞受賞 / 1989年 平成元年度文化庁芸術家国内研修員 / 1992年 日本版画協会展第60回記念賞受賞 / 1996年 日本版画協会展準会員優作賞受賞、日本版画協会会員に推挙される / 2001年 文化庁作品買上げ(予言者のカンカーター) 【個展】1990年 シロタ画廊(銀座)以後定期的に開催 / 1994年 ギャルリー宮脇(京都)以後定期的に開催 / 2001年 ギャラリー ベルセーブ(富士)以後定期的に開催【パブリックコレクション】ワシントン市立美術館、宮崎県立美術館、相生森林美術館、文化庁版を重ねる。色を重ねる。多くの時間を、記憶の層をたどり、さまざまなカタチのフラグメントを重ねる。それらは、コトバであったり、音であったり、またわずかな空気の揺らぎであったりする。それらは、いくつかの情景を呼び起こす。置き忘れられた、長い長い時間の手触りを感じる。それらを取り出して、埃を払ってみる。ひとつ、またひとつ、丁寧にふるいにかけて選別し、並べ直し、重ね合わせていく。かつて見えていたものとは違う風景が拡がる。並べ替えられた音は、違う音楽を奏でる。懐かしい手触りの、もうひとつの静謐な世界を手繰り寄せる。世界を開き、世界を綴じる。岩切裕子 記 落ち着いた色合い、不思議なカタチと構図の建物、そして森や植物などの一見全く関連性のないパーツが非常に上手く調和されていて、見る人のココロが和み、そして見る人によって異なった見え方のするそんな心象風景画です。岩切さんの作品は...

送料無料
岩切裕子 額付き木版画 『Cider house garden』(2005年)

ベルセーブ

28,080

岩切裕子 額付き木版画 『Cider house garden』(2005年)

作家名岩切 裕子タイトルCider house garden技法木版画制作年2005年限定部数50画面寸法(イメージサイズ)200×165mm額外寸407×366mm商品説明季刊雑誌版画藝術143号(2009年春号)の122ページに掲載されています。[岩切裕子 TOP]【岩切裕子 プロフィール】1961年 渋谷区に生まれる / 1988年 多摩美術大学院修了、日本版画協会展協会賞受賞 / 1989年 平成元年度文化庁芸術家国内研修員 / 1992年 日本版画協会展第60回記念賞受賞 / 1996年 日本版画協会展準会員優作賞受賞、日本版画協会会員に推挙される / 2001年 文化庁作品買上げ(予言者のカンカーター) 【個展】1990年 シロタ画廊(銀座)以後定期的に開催 / 1994年 ギャルリー宮脇(京都)以後定期的に開催 / 2001年 ギャラリー ベルセーブ(富士)以後定期的に開催【パブリックコレクション】ワシントン市立美術館、宮崎県立美術館、相生森林美術館、文化庁版を重ねる。色を重ねる。多くの時間を、記憶の層をたどり、さまざまなカタチのフラグメントを重ねる。それらは、コトバであったり、音であったり、またわずかな空気の揺らぎであったりする。それらは、いくつかの情景を呼び起こす。置き忘れられた、長い長い時間の手触りを感じる。それらを取り出して、埃を払ってみる。ひとつ、またひとつ、丁寧にふるいにかけて選別し、並べ直し、重ね合わせていく。かつて見えていたものとは違う風景が拡がる。並べ替えられた音は、違う音楽を奏でる。懐かしい手触りの、もうひとつの静謐な世界を手繰り寄せる。世界を開き、世界を綴じる。岩切裕子 記 落ち着いた色合い、不思議なカタチと構図の建物、そして森や植物などの一見全く関連性のないパーツが非常に上手く調和されていて...

送料無料
岩切裕子 額付き木版画 『ひそやかな夜に』(2003年)

ベルセーブ

71,280

岩切裕子 額付き木版画 『ひそやかな夜に』(2003年)

作家名岩切 裕子タイトルひそやかな夜に技法木版画制作年2003年限定部数20画面寸法(イメージサイズ)505×380mm額外寸728×593mm[岩切裕子 TOP]【岩切裕子 プロフィール】1961年 渋谷区に生まれる / 1988年 多摩美術大学院修了、日本版画協会展協会賞受賞 / 1989年 平成元年度文化庁芸術家国内研修員 / 1992年 日本版画協会展第60回記念賞受賞 / 1996年 日本版画協会展準会員優作賞受賞、日本版画協会会員に推挙される / 2001年 文化庁作品買上げ(予言者のカンカーター) 【個展】1990年 シロタ画廊(銀座)以後定期的に開催 / 1994年 ギャルリー宮脇(京都)以後定期的に開催 / 2001年 ギャラリー ベルセーブ(富士)以後定期的に開催【パブリックコレクション】ワシントン市立美術館、宮崎県立美術館、相生森林美術館、文化庁版を重ねる。色を重ねる。多くの時間を、記憶の層をたどり、さまざまなカタチのフラグメントを重ねる。それらは、コトバであったり、音であったり、またわずかな空気の揺らぎであったりする。それらは、いくつかの情景を呼び起こす。置き忘れられた、長い長い時間の手触りを感じる。それらを取り出して、埃を払ってみる。ひとつ、またひとつ、丁寧にふるいにかけて選別し、並べ直し、重ね合わせていく。かつて見えていたものとは違う風景が拡がる。並べ替えられた音は、違う音楽を奏でる。懐かしい手触りの、もうひとつの静謐な世界を手繰り寄せる。世界を開き、世界を綴じる。岩切裕子 記 落ち着いた色合い、不思議なカタチと構図の建物、そして森や植物などの一見全く関連性のないパーツが非常に上手く調和されていて、見る人のココロが和み、そして見る人によって異なった見え方のするそんな心象風景画です。岩切さんの作品は...

スポンサーリンク
スポンサーリンク