メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「日本万国博覧会」検索結果。

日本万国博覧会の商品検索結果全560件中1~60件目

送料無料
送料無料 橋本雅邦 松竹梅七福神図 掛軸 掛け軸 彩美版 七福神【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

75,600

送料無料 橋本雅邦 松竹梅七福神図 掛軸 掛け軸 彩美版 七福神【smtb-k】【ky】

松竹梅七福神図 k234 寸 法 丈:118cm×幅:66cm(尺八横) 作 家橋本雅邦(はしもと・がほう) 橋本雅邦 天保6年(1835)江戸木挽町の狩野家の邸内に生まれる。幼名千太郎。 弘化3年(1846)木挽町画所の当主狩野勝川院雅信の門に入る。 安政4年(1857)この頃、勝川院門の弟子頭(塾頭)となる。塾内では、芳崖らとともに勝川院門下の四天王と称される。 明治18年(1885)第一回鑑画会大会に「山駅秋色」「毘沙門天」を出品、「山駅秋色」が三等受賞。 明治23年(1890) 第三回内国勧業博覧会の審査官となる。「秋景山水(白雲紅樹)」を出品し、妙技一等賞を受賞。 帝室技芸員、東京美術学校絵画科教授となる。 明治28年(1895) 第四回内国勧業博覧会に「釈迦十六羅漢図」を出品、妙技一等賞を受賞。「晩林帰漁」を制作。 12月、勲六等瑞宝章を受章。 明治31年(1898)日本美術院創立にあたり、その主幹となる。 明治33年(1900)パリ万国博覧会に「龍虎図」を出品、銀賞受賞。 明治37年(1904)セントルイス万国博覧会に、「山風蕩樹」「蓬莱朝陽」などを出品し、最高名誉賞を受賞。 明治41年(1908)本郷龍岡町の自邸にて逝去。享年74歳。 体 裁 表装:三段表装 天地:宝冠紋万象裂 中廻:宝尽紋北山緞子 一文字・風帯:福寿紋金襴 軸先:黒檀 箱:柾目桐箱、タトウ入り 技法 彩美版 写真は出来るだけ実物と近づけていますが どうしても差異が発生する事がありますのでご了承下さい。

送料無料
硬貨 日本万国博覧会 記念硬貨 金 銀 銅 USED-A【中古】 a17-7595 質屋 かんてい局茜部店

質屋かんてい局 楽天市場店

70,980

硬貨 日本万国博覧会 記念硬貨 金 銀 銅 USED-A【中古】 a17-7595 質屋 かんてい局茜部店

商品情報 管理番号 a17-7595 ジャンル 記念硬貨 商品名 日本万国博覧会 記念硬貨 素材 金・銀・銅 重量 金:13.3g/銀:18.4g/銅:15.8g 額面 - 付属品 箱 商品説明 ■日本万国博覧会 記念硬貨のご紹介です。 コレクター必見!是非この機会にいかがでしょうか。   ■箱に劣化、ケースにキズがあります。 ランク USED-A/【中古品】 注意事項 ※デジタルカメラにて撮影のため実際の商品の色・質感等が若干異なる場合があります。 ※商品の状態は写真でもご確認下さい。 ※写真には目立つ箇所、また一番状態の悪い箇所を優先的に掲載しております。 ※店頭でも販売中の為多少の小傷等はご了承下さい。 商品に関する問い合わせ先 かんてい局茜部店 TEL:058-273-8002 営業時間/10:00~19:00     商品の状態について NEW 新品 USED-SS 展示品等で一度も使用されていない商品 未使用品 USED-S ほぼ新品に近いが若干使用感がある商品 特上品 USED-SA 使用感が極めて少ない美品 メンテナンス済みの商品 USED-A 多少の小傷はあるが,かなり程度の良い商品 USED-AB Aランクの中でも比較的使用感がある商品 USED-B ある程度の使用感が見られる商品 USED-BC Bランクの中でも使用感、傷がみられる商品 USED C かなりの使用感、大きな傷、汚れが多く見られる商品 ※程度の目安はあくまでも当店の基準となります。 ※他店様とは同一の基準ではございませんのでご理解ください。

送料無料
絵画 御ひな之図 上村松園 端午・桃の節句名品撰 額 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

97,200

絵画 御ひな之図 上村松園 端午・桃の節句名品撰 額 全国送料無料 【smtb-k】【ky】

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:御ひな之図 作家名:上村松園 ■作家履歴 上村松園(うえむら・しょうえん)…1875年 京都市に生まれ。 1887年 京都府画学校に入学、鈴木松年に師事する。 1890年 第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品。 同作品が、来日中の英国コンノート殿下の買上げとなり、評判になる。 1900年 第9回日本絵画協会・日本美術院連合共進会に出品。銀牌をうけ、画壇での地位を固める。 1910年 第10回毘画会の審査員となる。(大正3年14回展まで続ける) 1916年 第10回文展に出品、文展永久無鑑査となる。 1924年 帝展の審査員となる。 1934年 第15回帝展に出品、帝展参与となる。 1937年 皇太后御用画「雪月花」完成。 1940年 ニューヨーク万国博覧会に出品。 1941年 帝国芸術院会員となる。 1943年 第6回新文展の審査員をつとめる。 六合書院より随筆集「青眉抄」出版。 1944年 帝室技芸員となる。 1946年 第1回日展の審査員をつとめる。 1948年 文化勲章を受賞。 1949年 逝去。享年74歳。従四位。寿慶院釈尼松園。 ■商品説明 立雛は紙で作られた衣装を着ているので紙雛ともいわれる。 松園の描く雛は、赤池の着物の麻の葉模様の金泥が美しく強い描線が見事である。 男の袴には「君が代は」「さざれ」の国歌の一節が散らし書きされている。 ■証明:奥付に所蔵先の承認印を押印 ■版式:彩美版 ■画面寸法:69.5cm×34.5cm ■額寸法:約巾49cm×約縦87.5cm ■額=高級木製和額・アクリル付 ■重量=3.95Kg ■付属品=黄布袋・吊金具・紐付 作品については画面を見てご確認ください。 写真は出来るだけ実物と近づけていますがどうし...

送料無料
【茶器/茶道具 香合】 染付 隅田川 真葛香斎作(宮川香齋作) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

90,720

【茶器/茶道具 香合】 染付 隅田川 真葛香斎作(宮川香齋作) 【smtb-KD】

サイズ約縦6×横6cm 作者真葛香斎作(宮川香齋作) 箱木箱 (棒丸理・129600) 【コンビニ受取対応商品】【真葛焼】 【宮川香山 (本名:虎之助)】 1842年天保13年 宮川香山は京都府真葛原に生まれる1916年75才没 明治時代の日本を代表する陶芸家・陶工です。 高浮彫、真葛焼きの創始者。 1866年慶応02年 幕府から御所献納の品を依頼される名工に。 1870年明治03年 薩摩の御用商人梅田半之助、実業家鈴木保兵衛らに招聘される。 1871年明治04年 横浜に輸出向けの陶磁器を作る工房・真葛釜を開く。 1876年明治09年 高浮彫で作られた真葛焼きはフィラデルフィア万国博覧会に出品される。 【2代 宮川香山 初代の子(本名:宮川半之助】 【3代 香斎】 【4代 宮川香斎/初代 真葛香斎】 2代宮川香斎の次男 1897年明治30年~1987年昭和62年 1913年大正02年 4代宮川香斎を襲名 1929年昭和04年 久田家11代無適斎宗也に入門 1934年昭和09年 無適斎宗也より「真葛焼」の箱書を授かって「真葛香斎」を名乗る。 【2代 真葛香斎/5代 宮川香斉】 1992年大正11年 東京生まれ 1946年昭和21年 国立陶磁器試験所に伝修生で入 1969年昭和44年 4代香斎に婿養子に入る 1972年昭和47年 5代宮川香斎を襲名or同時に 13代 表千家 即中斉宗左宗匠より真葛印を拝領。2代 真葛香斉を襲名 師 4代 宮川香斉・5代 清水六兵衛氏 【3代 真葛香斎/6代 宮川香齋】 1944年昭和19年 京都市に生れる 1970年昭和45年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業 1976年昭和51年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする 2002年平成14年01月 6代 宮川香齋を襲名する ...

送料無料
【茶道具・煙草盆・莨盆】(宮川香斎) 火入 黄交趾 三ツ足 真葛香斎作【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

194,400

【茶道具・煙草盆・莨盆】(宮川香斎) 火入 黄交趾 三ツ足 真葛香斎作【smtb-KD】

●火入れ:黄交趾三つ足 配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ直径11.5×高11cm 作者真葛香斎作 箱木箱 【コンビニ受取対応商品】2代 真葛香斉 (5代 宮川香斉)【真葛焼】黄交趾、三つ足火入れ 【真葛焼】 【宮川香山 (本名:虎之助)】 1842年宮川香山は京都府真葛原に生まれる1916年75才没 明治時代の日本を代表する陶芸家・陶工です。 高浮彫、真葛焼きの創始者。 1866年幕府から御所献納の品を依頼される名工に。 1870年薩摩の御用商人梅田半之助、実業家鈴木保兵衛らに招聘される。 1871年横浜に輸出向けの陶磁器を作る工房・真葛釜を開く。 1876年高浮彫で作られた真葛焼きはフィラデルフィア万国博覧会に出品される。 【2代目宮川香山:初代の子(本名:宮川半之助】 【3代目 香斎】 【4代目宮川香斎(初代:真葛香斎)】2代宮川香斎の次男 明治30年~昭和62年 大正2年、4代宮川香斎を襲名 昭和4年、久田家11代無適斎宗也に入門 昭和9年、無適斎宗也より「真葛焼」の箱書を授かって「真葛香斎」を名乗る。 【真葛香斉】 【2代 真葛香斉 (5代 宮川香斉)】 1992年(大正11年)東京生まれ (昭和21年)国立陶磁器試験所に伝修生で入 1969年4代香斎に婿養子に入る 1972年昭和47年5代宮川香斎を襲名or同時に 13代表千家:即中斉宗左宗匠より真葛印を拝領。2代真葛香斉を襲名 師:4代宮川香斉or5代清水六兵衛氏 【3代 真葛香斎(六代 宮川香齋)】 1944年昭和19年 京都市に生れる 1970年昭和45年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業 1976年昭和51年 京都の真葛窯に入り...

スポンサーリンク
スポンサーリンク