メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「慈母観音」検索結果。

慈母観音の商品検索結果全6件中1~6件目

慈母観音『専用ガラスケース』

東京書芸館

54,000

慈母観音『専用ガラスケース』

■寸法(約):高さ108×幅49×奥行36cm ■4面ガラス、背板は金色。 ■お届けは受注から約2ヵ月後。 ■発送手数料は商品1点につき4,320円(税込)をお申し受けます。 純金手彩色 樟総手彫り『慈母観音』本品はこちらからご注文いただけます。母と子のきずな。理想の愛そのものの御仏 ■「母こそ慈悲、そして、慈悲そのものの観世音菩薩は、人々の理想の母である—」。 これは観音像を終生描き続けた、明治の巨匠 狩野芳崖の言葉。私たち日本人がなぜ観音菩薩に憧れるかを、よく言い表わしています。 今回は、この言葉に感銘を受けた現代木彫芸術の名匠による新作『慈母観音』をご紹介します。 ■みどり児を優しく抱き上げ、天上に浮かぶようにたたずむ慈母観音。輝く化仏と白い頭巾を頭上にいただき、金色の天衣と裳をなびかせるお姿の実に華麗なこと。ほのかに微笑んだご尊顔には、大らかな温もりが感じられます。日々拝するたびに、ご尊家の安全と繁栄を見守る、御仏の眼差しをご実感いただけるでしょう。 その胸に抱かれ、一心に合掌するあどけないみどり児。お互いに慈しむ母と子の姿に心が癒されます。 高さ80cmの迫力。現代の名匠が精緻に総手彫り ■本作品『慈母観音』は、仏教美術の俊英 李国珍氏が、すべての母親への感謝を込めて創作。かぐわしい芳香を放つ高級樟を贅沢に用い、高さ80cmもの存在感で、一彫一彫丁寧に総手彫りしました。 ■「国や時代を問わず、慈母観音はあらゆる人の心を癒します。今までの慈母観音を超えるため、持てる技の全てを注ぎました」という李氏の言葉通り、本作品はまさにかつてない美しさ。 私たちに近づくため、少し身を乗り出した優美な姿勢。天衣の襞や御髪の一筋一筋は、木彫とは信じられないほどに繊細。台座の蓮の葉と瑞雲も...

送料無料
高村光雲作品/慈母観音像 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

502,200

高村光雲作品/慈母観音像 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 慈母観音像 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅16.5×奥行12.5×高36cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

仏像■ 慈母観音菩薩像 ■牧田秀雲作 合金製純金メッキ 紙箱入【高岡銅器】

仏具徳

16,799

仏像■ 慈母観音菩薩像 ■牧田秀雲作 合金製純金メッキ 紙箱入【高岡銅器】

高岡銅器 仏像慈母観音菩薩像 素材 合金製純金メッキ 作者 牧田秀雲 サイズ(センチ) 高さ:約20.0×幅約8.5 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 特典 1、消費税込み2、紙箱入 3、ご希望でしたら無料包装いたします ※ 菩薩仏像 菩薩像 弥勒如来 弥勒仏 転輪聖王 観弥勒菩薩上生兜率天経 弥勒下生経 弥勒大成仏経 阿含経 ミルク神 布袋 弥勒菩薩半跏思惟像【仏心】仏教における最も大切なことは"慈悲"すなわちすべての人々に対する思いやりの心です。私達、日本人の心の糧として古来より学び、祀られてきた仏像・・・・。仏教文化は私達すべての日本人に大きな影響を与え、また仏教芸術を源として、伝統工芸を育み、その深い味わいが今も多くの人々を魅きつけています。心に安らぎをもたらし、穏やかな気持ちにさせてくれる仏教芸術品をより多くの人に味わって戴きたいと願います。

送料無料
狩野芳崖『慈母観音』ピエゾグラフシルクスクリーン紙本彩色【R3004】 ■作品の状態:新品 ■額(高級木製隅丸和額)付き 黄袋、タトウ箱付き ■原画所蔵:東京芸術大学大学美術館 ■限定200部...

ココクレアcococlea

349,000

狩野芳崖『慈母観音』ピエゾグラフシルクスクリーン紙本彩色【R3004】 ■作品の状態:新品 ■額(高級木製隅丸和額)付き 黄袋、タトウ箱付き ■原画所蔵:東京芸術大学大学美術館 ■限定200部...

商品の詳細 作家名 狩野芳崖 作品名 慈母観音 技法 ピエゾグラフシルクスクリーン紙本彩色 外寸 ヨコ1303xタテ604(mm) 絵寸 ヨコ1005xタテ436(mm) ■作品の状態:新品 ■額(高級木製隅丸和額)付き 黄袋、タトウ箱付き ■原画所蔵:東京芸術大学大学美術館 ■限定200部 ■重要文化財。近代日本画の父と讃えられる狩野芳崖が、死の直前まで全精力を傾けた不朽の名作です。■作者略歴:狩野芳崖(かのうほうがい)1828年 長府藩の御用絵師狩野晴皐の子として山口県下関に生まれる。1848年 木挽町狩野家勝川院雅信に入門し、以後10年間絵の修行をする。1858年 このころより芳崖と号するようになる。1860年 江戸城本丸大広間の天井画を担当する。1885年 第一回鑑画大会でアメリカ人のフェノロサの高評を得る。1888年 東京美術学校教官となる。「悲母観音」完成。同年11月逝去。享年61歳。【仕様・体裁】・版式技法:ピエゾグラフ シルクスクリーン 紙本彩色(版画用紙かきた)・装幀:高級木製隅丸和額・マット:銅玄裂風影笹紋貼り・アクリル入り ・箱:黄袋・布張帙付・原画所蔵:東京芸術大学大学美術館■発送まで1週間ほどいただく場合がございます。 他の◆狩野芳崖◆作品を検索狩野芳崖『慈母観音』ピエゾグラフシルクスクリーン紙本彩色

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
高村光雲作品/岩上観音像 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

356,400

高村光雲作品/岩上観音像 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 岩上観音像 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅16.5×奥行12.5×高20cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
観音像 高村光雲作品/聖観音像 丸台付 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

469,800

観音像 高村光雲作品/聖観音像 丸台付 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 聖観音像 丸台付 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅12×奥行11.5×高39.5cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/老子像 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

572,400

高村光雲作品/老子像 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 老子像 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅34×奥行12×高28cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
観音像 高村光雲作品/聖観音像 蓮台付(大) 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

475,200

観音像 高村光雲作品/聖観音像 蓮台付(大) 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 聖観音像 蓮台付(大) 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅14.5×奥行14.5×高41cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/元禄若衆 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

702,000

高村光雲作品/元禄若衆 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 元禄若衆 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅28×奥行19.5×高41.5cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/達磨大師 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

356,400

高村光雲作品/達磨大師 明治の巨匠の名作 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 達磨大師 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 幅14×奥行11×高27.5cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
聖観音像 高村光雲作品/聖観音像 後背・蓮台付(金箔) 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

246,240

聖観音像 高村光雲作品/聖観音像 後背・蓮台付(金箔) 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 聖観音像 後背・蓮台付 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製(金箔仕上げ) 寸法 幅14×奥行14×高40cm 特典 桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 福牛 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 福牛 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 福牛 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿愛 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

270,000

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿愛 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 寿愛 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 金龍登天 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

118,281

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 金龍登天 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 金龍登天 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 タロ ジロ 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

222,166

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 タロ ジロ 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 タロ ジロ ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
高村光雲『聖観世音菩薩(B)』ブロンズ像【R1411】【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 桐箱付 銅像 ブロンズ像 仏像 仏教 佛 観音様

ココクレアcococlea

319,680

高村光雲『聖観世音菩薩(B)』ブロンズ像【R1411】【オブジェ・置物・美術品】 新品 銅製 桐箱付 銅像 ブロンズ像 仏像 仏教 佛 観音様

商品の詳細 作家名 高村光雲 作品名 聖観世音菩薩(B) 技法 ブロンズ像 外寸 幅12.5×高40×奥行き12.5 (cm) 新品 銅製 桐箱付 「聖観世音菩薩」は、光雲が生涯をかけて彫り続けた観音菩薩像の中でも入魂の作品とされ、最も人気の高い物の一つとされています。やさしく気高いお姿は約40cmの高さで、玄関や床の間に飾っても存在感はたっぷりです。■高村 光雲(Koun Takamura)■1852 3月8日、江戸下谷(現・東京都台東区)に生まれる。本名:幸吉、旧姓:中島。1863 仏師・高村東雲の元に徒弟となる。後に、東雲の姉エツの養子となり「高村光雲」を名乗る。1877 第一回内国勤業博覧会にて、龍紋賞を受賞。1886 東京彫工会を設立。1890 東京美術学校(現・東京芸術大学)の彫刻家教授に就任。帝室技芸員拝命。1897 古社寺保存委員。1907 文展審査員。1919 帝国美術院会員。1926 東京美術学校を退職し、名誉教授となる。 聖観世音菩薩を製作。1929 国宝保存会委員。1934 10月10日、東京にて逝去。享年、83歳。 他の◆高村光雲◆作品を検索高村光雲『聖観世音菩薩(B)』ブロンズ像・【オブジェ】・【オブジェ・置物・美術品】

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 置物 馬 午 新風 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

158,392

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 置物 馬 午 新風 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 新風 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿福 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 寿福 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 寿福 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 御神鶏 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 御神鶏 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 御神鶏 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 愛 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 愛 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 愛 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。 2006年...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 愛情 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 愛情 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 愛情 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 壽 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

221,400

文化勲章授章 富永直樹 作品 干支作品 壽 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 壽 ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。 2006年...

送料無料
文化勲章授章 富永直樹 作品 置物 馬 午 干支作品 カンタカ 床の間 銅像 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

199,540

文化勲章授章 富永直樹 作品 置物 馬 午 干支作品 カンタカ 床の間 銅像 送料無料

作家 富永直樹 文化勲章授章 商品名 干支作品 カンタカ ■作家履歴 1913年(大正2 )5月18日、長崎市に生まれる。本名を富永良雄という。 1938年(昭和13)東京美術学校彫刻科塑造部卒業。 1940年(昭和15)東京美術学校彫刻科研究科卒業。 1950年(昭和20)『殊勲者』第6回日展特選受賞。 1951年(昭和26)日展無鑑査出品。『山』第7回日展連続特選受賞。 1952年(昭和27)日展無鑑査出品。『主将』第8回日展連続特選受賞。『主将』文部省買上となる。 1953年(昭和28)第9回日展審査員となる。 1954年(昭和29)日展会員となる。 1962年(昭和37)日展評議員に就任する。 1968年(昭和43)『平和の叫び』第11回日展文部大臣賞受賞。 1970年(昭和45)改組第2回日展審査員となる。 1972年(昭和47)日本彫塑会理事に就任する。 『新風』改組第3回日展日本芸術院賞受賞。 『新風』日本芸術院買上となる。 『歌う子供達』(第2回日彫展出品作)東京都美術館買上となる。 1973年(昭和48)日展理事に就任する。 1974年(昭和49)日本芸術院会員に任命される。 1975年(昭和50)日展常務理事、日本彫塑会常務理事に就任する。 1977年(昭和52)日展事務局長に就任する。 1979年(昭和54)日展理事長に就任する(以後4年間)日展審査委員長に就任する。(第11・12・13・14回) 1981年(昭和56)金沢美術工芸大学客員教授となる。紺綬褒章を授与される。 1983年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和58)日展常務理事に就任する。 1984年(昭和59)勲三等瑞宝章受賞。文化功労者顕彰。 1989年(平成1年)文化勲章受賞。 1990年(平成2)長崎県名誉県民となる。...

【置物・美術品】高村光雲『魚籃観音』ブロンズ像■新品★

アート明日香

259,200

【置物・美術品】高村光雲『魚籃観音』ブロンズ像■新品★

商品の詳細 作家名 高村光雲 作品名 魚籃観音 技法 ブロンズ像 外径サイズ 高:42×幅:18×奥行:15 cm 補足説明 銅製 作者刻サイン入り 状態 新品 付属品 桐箱 エディション — ◆ 高村 光雲(Koun Takamura)◆1852 3月8日、江戸下谷(現・東京都台東区)に生まれる。 本名:幸吉、旧姓:中島。1863 仏師・高村東雲の元に徒弟となる。 後に、東雲の姉エツの養子となり「高村光雲」を名乗る。1877 第一回内国勤業博覧会にて、龍紋賞を受賞。1886 東京彫工会を設立。1890 東京美術学校の彫刻家教授に就任。 (現・東京芸術大学) 帝室技芸員拝命。1897 古社寺保存委員。1907 文展審査員。1919 帝国美術院会員。1926 東京美術学校を退職し、名誉教授となる。 聖観世音菩薩を製作。1929 国宝保存会委員。1934 10月10日、東京にて逝去。享年、83歳。※本商品は受注製作の為、仕上がりまでに1ヶ月程掛かる 場合がございますので予めご了承下さい。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為、在庫状況によっては 入荷までに数日~数週間を要する場合が御座います。 ■高村光雲の一覧 ※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。 置物_銅像_ブロンズ像_仏像_仏教_佛

スポンサーリンク
スポンサーリンク