メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「巻煙草」検索結果。

巻煙草の商品検索結果全6件中1~6件目

送料無料
【茶器/茶道具 巻煙草入れ/巻莨入れ】 唐花紋 張貫 井上和恵作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

37,692

【茶器/茶道具 巻煙草入れ/巻莨入れ】 唐花紋 張貫 井上和恵作 【smtb-KD】

※模様は唐花文になります。 配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ直径4.8×高9cm 作者井上和恵作 箱木箱 (輪野大) 【コンビニ受取対応商品】【井上和恵】塗師 ※名古屋知立市在住 1969年昭和44年3月生まれ ※師:2代・父の木村表恵に師事 【初代:木村表恵】 ※初代表惠氏(明治41年〜平成9年)は京都漆芸家の高橋表清門下である名古屋の漆匠棚橋表光氏に師事し、表惠と名乗る 【二代:木村表恵】 ※2代目は初代を師として昭和38年より技術の習得、研鑽に励み、茶器、香合、菓子器などの作品を制作 ※金鱗会正会員。東海伝統工芸展は昭和61年に初入選以来7回の入選を果たす ・・・・・ ●手法としての【張貫】張抜き, はりぬき, 張貫と書く。 ●張貫は茶器などで形(かた)に紙を張り重ね、その後、形を 抜いたものに塗りを施した漆器を云う。 ※模様は唐花文になります。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【海田宗恵】 ※愛知一宮の塗師三代目で、主に真塗、一閑塗の茶道具の塗り物を制作しています。 1928年昭和03年 生まれる 1962年昭和32年 木村表恵に師事する

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶道具・煙草盆・莨盆】 糸巻透竹縁煙草盆(掻合塗) 惺斎好写し(表千家) 川瀬表完作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

58,590

【茶道具・煙草盆・莨盆】 糸巻透竹縁煙草盆(掻合塗) 惺斎好写し(表千家) 川瀬表完作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約縦18.5×横25×高10.2cm 作者川瀬表完作 箱木箱 (野申丸柴) 【コンビニ受取対応商品】※【川瀬 表完工房】(伝統工芸士:号「表完」) 江戸末期、木村表斉を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承する京塗師三代目。先々代より表完をなのる。 ※現在三代目で兄弟ともに表完工房を営む。 ・・・●【煙草盆の取り扱いに関して】・・・ ※火入れに入れる灰は入れっぱなしにしないようにしてください。 ※煙草盆にはすぎはらという種類の紙や奉書紙を底に敷いて使います。 〇現在では奉書紙を敷くことがほ殆どです。 ・・・・<参考資料>・・・・ 【広瀬拙斎著より】 火入れの火は上面が左に傾くように入れ、火の廻り一分ほど灰を残して灰は火箸で書き上げておく 【櫛形粒足煙草盆】 三千家使用: ※表千家は火入れに三ツ足香炉釉をよく使用する 主(客)の位置の前に置く 糸巻透竹縁煙草盆(掻合塗) 惺斎好写し(表千家)川瀬表完作 ・・・・<参考資料>・・・・ 【 初代:千太郎】 【 二代:繁太郎 初代「表完」】 明治37年(1904)〜昭和44年(1969) 〇木村表斎を流祖とする「表派」の京塗を継承する川瀬家の二代目 〇師:表派の技法を伝承する初代鈴木表朔(二代表斎)に師事)に師事し、本堅地・溜塗・布摺・木地溜塗など正統な塗技法を受け継ぎ、初代表完を名乗る 三代目【川瀬 表完 (二代)本名:功】 1937年昭和12年生まれ ※京漆器伝統工芸士 ※京都府優秀技術者(京の名工) 四代目【川瀬 表完 (三代)本名:豊】 ※1965年昭和40年生まれ ※伝統工芸士

送料無料
【茶道具 煙草入/莨入】 煙草入れ(キザミ入れ) (タトウ紙) 奥村吉兵衛(表具師) 裏千家(唐松又は亀甲松紋)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

22,464

【茶道具 煙草入/莨入】 煙草入れ(キザミ入れ) (タトウ紙) 奥村吉兵衛(表具師) 裏千家(唐松又は亀甲松紋)【smtb-KD】

サイズ約高16×7.7cm 作者奥村吉兵衛作(表具師)経師(きょうじ)とも言う 箱化粧箱 (野棒大特20800)(・34650) 【コンビニ受取対応商品】檀紙 古くは天平十八年(750年)正倉院に出典しており、独特の技法を必要とするこの紙は「漉屋秘伝之儀二付難申候」ものとして、殆ど改良を加えられることなく継承されてきた、保守的な紙です。 【刻み煙草入】:奥村吉兵衛作(表具師:経師(きょうじ)とも言う)裏千家(唐松又は亀甲松紋) ☆奥村家 江州佐々木家の流れをくむ武士の家系だったが、初代は京へ上り、母方の家業の表具師を継いだ。千家とのつながりは二代から。表千家六代覚々斎の取りなしで、紀州徳川家の御用も務めた。以来、表具のほか屏風や風炉先屏風、紙釜敷などを手がける。 ・・・・・<参考資料:淡交社「現在の千家十職」より>・・・・・ 【奥村吉兵衛(表具師):経師(きょうじ)とも言う。】 ☆奥村家は佐々木氏の末裔を称し、近江国北部の「谷の庄」の郷士であったとされる。奥村三郎定道の代、姉川の戦いの後、主家浅井氏が滅亡し浪人となる。定道の息子・奥村源六郎定次は長男・源子郎を前田利家に仕官させ、長男は後に「奥村摂津守定光」を名乗り加賀藩士となる。☆次男・吉右衛門清定は仕官せず、母方の家業を継いで商人となり京にて表具屋となる。この清定が初代とされる ☆(6代の吉兵衛は奥村家の功績をまとめるために調査を重ね、家系図や歴代の表具作成の記録などを文書化する) ○初代 吉右衛門【諱「清定」出家後法名「宗勢」】(1618年元和4年〜1700年元禄13年09月) ※正保3年(1646年)に上洛、武士から商人に転業。承応3年に表具屋業を開業、屋号「近江屋吉兵衛」を名乗る。妻は売茶翁の友人で能書家として知られた亀田窮楽の伯母。現在も奥村家の玄関にかかる「表具師...

送料無料
【茶道具 煙草盆セット/莨盆セット】 手付松皮菱煙草盆3点セット 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

62,121

【茶道具 煙草盆セット/莨盆セット】 手付松皮菱煙草盆3点セット 【smtb-KD】

内容・煙草盆 手付松皮菱 清水晃樹作(加州) 箱:木箱 サイズ:横19×縦19×(取っ手含む)高21.5cm・(取っ手なし)9.5cm ・火入 織部焼 筒 田中源彦(菊泉窯) サイズ:約直径7.4×高8.7cm ・灰吹 白竹 (瀬・77600)茶道具 セット●【煙草盆の取り扱いに関して】 ※火入れに入れる灰は入れっぱなしにしないようにしてください。 ※煙草盆にはすぎはらという種類の紙や奉書紙を底に敷いて使います。 〇現在では奉書紙を敷くことがほ殆どです。 ※裏千家では、向かって左側に火入れをおきます。 (火入れの火は上面を左に傾ける) 灰吹は良くぬらして、少量の水を入れておきます (灰吹きの樋を正面にして使用します) 主(客)の位置の前に置く 煙草盆 手付松皮菱 清水晃樹作サイズ:横19×縦19×(取っ手含む)高21.5cm・(取っ手なし)9.5cm画像をクリックすると拡大画像が見られます。 火入 織部焼 筒 田中源彦(菊泉窯) サイズ:約直径7.4×高8.7cm画像をクリックすると拡大画像が見られます。 灰吹 白竹 ・・・・・・ 【清水晃樹】金沢在住 ※昭和03年生まれ ※師:人間国宝の氷見晃堂氏に師事・・・・・・ その他のセット・単品はコチラよりご覧下さい。

送料無料
【茶器/茶道具 煙草盆(莨盆)】 火入れ 白釉 三ツ足 真葛香斎作(宮川香斎作) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

112,320

【茶器/茶道具 煙草盆(莨盆)】 火入れ 白釉 三ツ足 真葛香斎作(宮川香斎作) 【smtb-KD】

●火入れ:香炉釉三つ足 サイズ直径11.4×高10.8cm 作者真葛香斎作(宮川香斎作) 箱木箱 (棒丸り・145000) 【コンビニ受取対応商品】2代 真葛香斎 (5代 宮川香斎) 【真葛焼き】 【宮川香山 (本名:虎之助)】 1842年天保13年 宮川香山は京都府真葛原に生まれる1916年大正05年75才没 明治時代の日本を代表する陶芸家・陶工です。 高浮彫、真葛焼きの創始者。 1866年天保13年 幕府から御所献納の品を依頼される名工に。 1870年明治03年 薩摩の御用商人梅田半之助、実業家鈴木保兵衛らに招聘される。 1871年明治04年 横浜に輸出向けの陶磁器を作る工房・真葛釜を開く。 1876年明治09年 高浮彫で作られた真葛焼きはフィラデルフィア万国博覧会に出品される。 【2代 宮川香山:初代の子(本名:宮川半之助】 【3代 香斎】 【4代 宮川香斎(初代:真葛香斎)】2代宮川香斎の次男 1897年明治30年〜1987年昭和62年 1913年大正02年 4代宮川香斎を襲名 1929年昭和04年 久田家11代無適斎宗也に入門 1934年昭和09年 無適斎宗也より「真葛焼」の箱書を授かって「真葛香斎」を名乗る。 【真葛香斎】 【2代 真葛香斎 (5代 宮川香斎)】 1992年大正11年 東京生まれ 1946年昭和21年 国立陶磁器試験所に伝修生で入 1969年昭和44年 4代香斎に婿養子に入る 1972年昭和47年 5代宮川香斎を襲名or同時に 13代表千家 即中斎宗左宗匠より真葛印を拝領。2代真葛香斎を襲名 師 4代宮川香斎or5代清水六兵衛氏 【3代 真葛香斎(6代 宮川香齋)】 1944年昭和19年 京都市に生れる 1970年昭和45年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業 1976年昭和51年 京都の真葛窯に入り...

送料無料
【茶器/茶道具 お棚/長板】 桐旅箪笥 (利休好写し) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

34,560

【茶器/茶道具 お棚/長板】 桐旅箪笥 (利休好写し) 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約横34.5×奥行27×高45cm 素材桐旅箪笥(利休好写し) (仕大)(・43200)桐旅箪笥(利休好写し) ・・・・・・<参考資料>・・・・・・ 【慶事や年中使のお棚】【長板・小板等】 ●丸卓棚・宗旦好写 ●小四方棚:即中斉好写し ●糸巻棚:碌々斉好写し ●桑小卓棚・:仙正作 ●高麗卓 〇三友棚:三千家のお好み ●桐丸卓:利休好写し ・・・・・ ●更々棚:玄々斎好写し ●寿棚;鵬雲斎好写し 手作り品のため木目が写真と異なる場合があります。※詳細商品を 【一月のお棚】【長板・小板等】 ●紹鴎棚●袋棚●高麗卓●台子各種●四方棚・・・・・※ 季語初詣初市陽春開春千代結 【二月のお棚】【長板・小板等】●梅文棚●抱清棚●丸卓●長板・・・・・ 手作り品のため木目が写真と異なる場合があります。※季語節分初午観梅早春お多福 【三月のお棚】【長板・小板等】 ●糸巻棚●江岑棚●四方棚・・・・・手作り品のため木目が写真と異なる場合があります。※季語雛祭西王母春の宵若草わらび土筆 【四月のお棚】【長板・小板等】※透木釜 大水指大口●長板●旅箪笥・・・・・ 木地や塗りは変わる場合があります。 ※季語花吹雪花衣花筏観桜祭若緑 【五月のお棚】【長板・小板等】※初風炉●丸棚●三木町棚・・・・・木地や塗りは変わる場合があります。 ※季語時鳥端午若葉杜若藤娘観世水 【六月のお棚】【長板・小板等】 ●二重棚●小卓長板・・・・・お好写しにより、木地や塗りは変わる場合があります。 ※季語蛍狩梅雨田植え早苗深みどり五十鈴川 【七月のお棚】【長板・小板等】●【平水指】 ●扇棚※平水指・・・・・ 自然の木地を使用しているため写真とは異なる場合があります。...

送料無料
【茶器/茶道具 茶入(お濃茶器)】 唐物茶器 文琳茶入 丹波焼 市野信水窯 仕服:吉野間道 (やや小ぶりです) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

24,192

【茶器/茶道具 茶入(お濃茶器)】 唐物茶器 文琳茶入 丹波焼 市野信水窯 仕服:吉野間道 (やや小ぶりです) 【smtb-KD】

サイズ約直径6.8×高7.5cm外口径2.6cm 作者市野信水窯 仕様蓋:象牙 箱木箱 (野輪大・30240) 【コンビニ受取対応商品】「日本六古窯の一つ丹波焼き (立杭焼)」 【初代 市野信水】 1932年昭和07年 丹波焼の陶村・立杭に生 立杭の尾中に穴窯、登窯を築き、日展や日本伝統工芸展等で入選多数 高松宮殿下へ茶入・茶碗の献上 日本工芸会正会員 【2代 市野信水】市野克(本名:克明) 1957年昭和32年 丹波に初代信水の長男として生 1977年昭和52年 京都造形芸術大学卒業 1980年昭和55年 師 丹波にて初代信水のもとで研鑽 1991年平成03年 師 清水卯一主催 蓬莱会出展 1993年平成05年 日本工芸会正会員 2002年平成14年 2代市野信水を襲名 丹波立杭にて作陶し受賞・個展多数。 茶入-茶入は濃茶を入れる器です。 茶入れには中国製の唐物や日本製の和物や東南アジアで焼かれた島物があります。 名称の種々 茄子・文遊・尻張・丸壺・大海・内海・小肩付・撫肩付・鶴首・戦草等多くの形があります。 茶入の見どころは 茶入の形成は口造り・銅の表情(釉なだれ・釉露・釉際)・銅紺があります。 糸切のいろいろ 唐物糸切は左回り糸切(逆糸切) 和物糸切は右回り糸切(順糸切) 他に渦糸切・刀糸切などの同心円の糸切 茶入の蓋の材は象牙です。象牙は毒を消すといいます。また、蓋裏には毒消の金を貼ってあります。 <蓋色々>掬蓋・一文字蓋・瓶子蓋・盛蓋などがあります。 和物茶入れには、瀬戸焼と、国焼に大別されます。 瀬戸茶入れが、本家で、他の窯で焼かれた物は、脇の意味で、国焼きと呼びます。 瀬戸茶入は唐物茶入を倣って瀬戸窯で最初に造られた。 「国焼」として「高取」「薩摩」「上野」「唐津」「膳所」「志戸呂」等や「六古窯」の「丹波」「伊賀」...

送料無料
【茶器/茶道具 お棚/長板】 桑旅箪笥(上) 又は 桐旅箪笥(利休好写し)上 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

55,123

【茶器/茶道具 お棚/長板】 桑旅箪笥(上) 又は 桐旅箪笥(利休好写し)上 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約横34.5×奥行27×高45cm 素材桑製(瓢箪屋 仙正作)桐旅箪笥(利休好写し)一斉作 (桑1個のみ仕:輪申り柴り)(・68905)桑旅箪笥(上):仙正作 又は桐旅箪笥(上)一斉作 ・・・・・・<参考資料>・・・・・・ 【慶事や年中使のお棚】【長板・小板等】 ●丸卓棚・宗旦好写 ●小四方棚:即中斉好写し ●糸巻棚:碌々斉好写し ●桑小卓棚・:仙正作 ●高麗卓 〇三友棚:三千家のお好み ●桐丸卓:利休好写し ・・・・・ ●更々棚:玄々斎好写し ●寿棚;鵬雲斎好写し 手作り品のため木目が写真と異なる場合があります。※詳細商品を 【一月のお棚】【長板・小板等】 ●紹鴎棚●袋棚●高麗卓●台子各種●四方棚・・・・・※ 季語初詣初市陽春開春千代結 【二月のお棚】【長板・小板等】●梅文棚●抱清棚●丸卓●長板・・・・・ 手作り品のため木目が写真と異なる場合があります。※季語節分初午観梅早春お多福 【三月のお棚】【長板・小板等】 ●糸巻棚●江岑棚●四方棚・・・・・手作り品のため木目が写真と異なる場合があります。※季語雛祭西王母春の宵若草わらび土筆 【四月のお棚】【長板・小板等】※透木釜 大水指大口●長板●旅箪笥・・・・・ 木地や塗りは変わる場合があります。 ※季語花吹雪花衣花筏観桜祭若緑 【五月のお棚】【長板・小板等】※初風炉●丸棚●三木町棚・・・・・木地や塗りは変わる場合があります。 ※季語時鳥端午若葉杜若藤娘観世水 【六月のお棚】【長板・小板等】 ●二重棚●小卓長板・・・・・お好写しにより、木地や塗りは変わる場合があります。 ※季語蛍狩梅雨田植え早苗深みどり五十鈴川 【七月のお棚】【長板・小板等】●【平水指】 ●扇棚...

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/お薄器】 中棗 梅月棗(淡々斎好写し)又は豊兆棗(玄々斎好写し)又は源氏棗(玄々斎好写し)又は吹雪 刷毛目銀杏蒔絵 木崎作 木質【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

6,620

【茶器/茶道具 なつめ/お薄器】 中棗 梅月棗(淡々斎好写し)又は豊兆棗(玄々斎好写し)又は源氏棗(玄々斎好写し)又は吹雪 刷毛目銀杏蒔絵 木崎作 木質【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ各約直径6.7×高6.7cm 作者木崎作 素材木質製 箱化粧箱 (木質大・8280) 【コンビニ受取対応商品】山棒梅月・限定N258豊兆・N258源氏・銀杏・・・・・<参考資料>・・・・・ ●梅月棗(14代淡々斎好写)[一閑張溜塗の折撓(おりため)大棗]…老木の梅花を中村宗哲が黒絵で描き右上の月を銀蒔絵この月にかかった一枝を金蒔絵の意匠 一、中国の詩人で 最も梅を愛した 林和靖の「疎影横斜水清浅、暗香浮動月黄昏」の有名な詩の語句を茶器に応用された一種の詩棗というべきものです。それゆえに「暗香浮動月黄昏」の文字が 箱の表に書付されています。 (棗製作は 飛来一閑、蒔絵は 中村宗哲です。) ・・・・・ ●豊兆棗 (11代 玄々斎好写)の本歌は…玄々斎宗匠のお筆で「今年はじめて女子猶鹿子誕生に付 祝として好之」とあるように「和気兆豊年」より兆豊と名づけた。 猶鹿子氏とは後に又玅斎 宗匠の室になられた方です。 後に語呂がわるいので「雪是豊年兆」より豊兆棗となった。一、(形は黒の雪華蒔絵棗で、甲に三個、胴に三個、合計六個を それぞれ形を替えて雪花が描かれています。) (棗の制作の本歌の作者:8代 中村宗哲です) ・・・・・ ●源氏棗 (11代 玄々斎好の本歌は…お香の図:好の二個:上が須磨で金蒔絵、下が明石で青金、胴の点前が松風で銀、客付は榊で金、裏向こうが東屋で赤になっています。 (棗の制作の本歌の作者:8代 中村宗哲です)

送料無料
【茶道具 鉄瓶】 岩松蟹蘭鉄瓶 梅泉写し (蟹欄銀粒面・月象嵌岩松面) 般若勘渓作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

205,200

【茶道具 鉄瓶】 岩松蟹蘭鉄瓶 梅泉写し (蟹欄銀粒面・月象嵌岩松面) 般若勘渓作 【smtb-KD】

サイズ約胴直径5寸4分(16.2cm)×高7寸1分(高21.3cm) 容量5合(900ml) 作者般若勘渓作 箱木箱 素材鋳鉄製(模様に銀象嵌有)蓋:唐銅製 (N02718野輪大)(・265000) 【コンビニ受取対応商品】鉄瓶 岩松蟹蘭鉄瓶 梅泉写し 般若勘渓作:蟹欄銀粒面 月象嵌岩松面 ・・・・・ 【般若勘渓(別号)/本名:昭三】 ・・・・(以下、備忘録)・・・・・・・・・ ・・・・・ ●二男【般若勘渓 本名:昭三】 1933年昭和08年富山県高岡市生まれ 1449年昭和24年父のよ吉の稼業を手伝う〜以来研鑽する 昭和44年 日本伝統工芸展初入選(以後、35回) 1972年昭和47年日本工芸会正会員 ※昭和53年 総本山善通寺済世橋の真言八宗文字入り:大擬宝珠製作 1986年昭和61年人間国宝:香取正彦氏の梵鐘研修会受講 ※宮内庁より正倉院御物の復元を依頼され砂張物や黄銅合子を制作 平成15年高岡市伝統工芸産業技術保持者に指定される ・・・・・参考資料・・・・ ●般若鋳造所と般若泰樹 長男【般若茂雄】 ※伝統工芸士 昭和3年生まれ 昭和23年より父与吉の営む双型鋳造に従事 昭和48年に家業を継承。業界活動に積極的参加し業界発展に尽力する 昭和58年 伝産協会指定:伝統工芸士に認定される(双型鋳造部門) 平成2年 高岡市伝統工芸産業保持者に認定(双型鋳造部門) 三男【般若保】 日本工芸会正会員 昭和16年生まれ 昭和34年より父与吉の営む惣型鋳造に従事 昭和44年より鋳金家中村義一氏に惣型、箆押し、挽き型、変形法を習う 第40回日本伝統工芸展総裁賞受賞 第3回香取正彦賞受賞 宮内庁献上品制作「吹分花瓶」 第5回佐野ルネッサンス鋳金展 大賞: 轆轤行程複製された砂波理加盤

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 大棗 玉の絵(宝珠) 鵬雲斎好写し 坂下雄峰作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

38,070

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 大棗 玉の絵(宝珠) 鵬雲斎好写し 坂下雄峰作 【smtb-KD】

限定品:鵬雲斎好写の縁起物の玉の絵です サイズ約直径7.5×高7.5cm 作者坂下雄峰作 素材木製 箱木箱 (輪輪中)(49350) 【コンビニ受取対応商品】 参考商品:下の左の商品:辻石斉の縁起物の玉の絵です【坂下雄峰】 大正06年石川県山中町生まれ 師:蒔絵師 坂田秀峰に師事 昭和06年日本伝統工芸石川支部会員 昭和54年伝統工芸士認定 現在 長男と共に製作中 【坂下仙秀】 昭和27年坂下雄峰の長男として山中町に生まれ 昭和45年師:父の坂下雄峰に師事 限定品鵬雲斎好み 玉の絵(宝珠) 宝珠とは頭部がとがり、その左右両側から火炎が燃え上がっている状態にかたどった玉。干支「巳」の方位は南南東。五行では「火」・五色では赤色・蛇は弁財天のお使いとして財宝の神・技芸の神として崇拝されている「巳」に関わりがあります。 ・・・・・・ 【初代 辻石斎】 ※江戸時代の人 【二代 辻石斎】 1885年明治18年生まれ ※加賀蒔絵の第一人者となり、四代を育てる 北大路魯山人に造形と蒔絵の指導を受け、辻家の 工房で共作した「日月碗」などの名品を残す 1973年昭和48年90才で没す 【三代 辻石斎】 ※二代のもと三千家のお好み物を制作するも早逝 【四代 辻石斎】 1938年昭和13年、石川県山中町に生 1974年昭和49年四代石斎を襲名 ※三千家宗匠の指導の下二代祖父と茶道漆芸の製作に専念 【五代 辻石斎 本名:和成】 1963年昭和38年石川県山中町に四代の長男に生まれ 1885年昭和60年帝京大学経済学部経営学科卒 師:父の四代に師事 1999年平成11年初個展・作家名(和成)で開催 2003年平成15年、五代:石斉を襲名 注意 この商品は季節物ですので数量に限りがあります。メーカーの方で在庫切れになり次第終了となります。万が一売り切れの場合は...

送料無料
【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 平棗 花筏蒔絵 玄々斎好写し 山下泰園作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

68,688

【茶器/茶道具 なつめ/薄器】 平棗 花筏蒔絵 玄々斎好写し 山下泰園作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径8.3×高5.4cm 箱木箱 作者山下泰園作玄々斎好写し(裏千家) (平棗・山棒柴)(・85860) 【コンビニ受取対応商品】【山下泰園】加賀蒔絵師 昭和36年 加賀に生まれる 高校卒業後:蒔絵師の坂下武雄(雄峰)氏に師事 5年後独立して、現在研鑽中 道場宗廣氏に師事し現在に至る。 【11代 玄々斎】裏千家 裏千家10世家元 認得斎の養子 三河奥殿藩主松平縫殿 頭乗友の子。幼名は千代松、号に不忘・虚白斎・寒雲等。 江戸〜明治への移行期に(茶の湯の革命児)と言われる。 10才で裏千家の養子となる。 50才で得度し、精中と称する。 茶箱立・立礼式を考案され、さらに和巾立ての復興など、茶の湯の近代化が行われた。 棗(薄茶器)の歴史「松屋久政茶会記」 初座に唐物肩付茶入を床に飾り、中立のときに茶入は水屋に収め、後座の床に松花茶壺が飾られ、薄茶のときに薬籠(中次)が用いられています。町衆によるわびの茶風は天目茶碗から高麗茶碗へ唐物茶入を飾り、塗物茶器で茶を点てるように広まっていきました。 棗(薄茶器)<植物の棗の実に形が似ていることからその名がついた> 種類は、棗(大・中・小・一服)、雪吹(大・小)、尾張、白粉解、茶桶、面中次、寸切、金輪寺、茶器の十三種に裏千家七代如心斎の時代に規格整理されました。 その他に平棗、老松、飯器棗、四滴など変わったものも多くあります。

送料無料
【茶器/茶道具 お棚】 竹台子 利休好写し 小林幸斎作 組立式 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

39,420

【茶器/茶道具 お棚】 竹台子 利休好写し 小林幸斎作 組立式 【smtb-KD】

サイズ約幅75.1×奥行39.0×高60.0cm 素材桐木製柱:竹 作者小林幸斎作 箱紙箱 (仕輪野山大)(・49680) 参考資料(総重量:約4.9Kg[箱込]) ☆類似品で紹鴎好写しが有ります。別商品で別売りになります参考:真台子サイズ(大サイズ)価格は後日お知らせ瀬ます。 紹鴎好写し 竹台子在庫確認後の発送 サイズ京間・江戸間共に同じ 約幅約幅91.5×奥行42.4×高67.4cm (真台子のサイズになり大ぶりです)納期は2日〜5日程度の期間です。(メーカーに在庫確認後の発送) 竹台子 利休好写し 小林幸斎作 組立式 注意;組立の際、竹に記載の番号と穴の番号は同じに場所に差し込んでください。 間違って差し込むと折れたりなどの原因となります。 【真台子】 すべての棚物の始まり 台子飾りには飾り方に一定の規式があります 規式は能阿弥が「書院の七所飾」を参考に「書院の台子飾」を制定したと される。 真台子・及台子・竹台子・桑台子・高麗台子などがある。 ◆真台子の寸法「幅三尺五分、奥行一尺四寸、高さ二尺二寸」という物で様々な茶道具の寸法の基準ともなっています。先の「珠光好竹台子」も同じ大きさとしています。また利休好で「唐物から」ともいわれる「及台子」がありますが、ほぼ「真台子」と同寸 【竹台子の組立と道具の位置】 ・4本の竹柱の組み立て方は、左手手前が節が二つ見えるもの。 次に、節の低い柱を右手奥(客付き奥)、その次に節の低い柱を右手前(客付き手前)に、一番高い柱を勝手付き奥(左手奥)に立てます。 ・竹台子の内に、左奥 柄杓と飾り火箸を立てた杓立、左手前 蓋置きを中に置いた建水、右 手桶形水指を飾り、竹台子の前に置き合わせ、茶入と左側 茶碗を置く。 ・裏千家中興の祖 如心斉の天然忌の時は、竹台子の棚の中央に鳳凰風炉と富士釜を置きますが...

送料無料
【茶器/茶道具 風炉釜】 筒釜 遠山霰 鵬雲斎好写し 菊池政光作 釜鐶付 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

51,013

【茶器/茶道具 風炉釜】 筒釜 遠山霰 鵬雲斎好写し 菊池政光作 釜鐶付 【smtb-KD】

サイズ約胴直径18.8cm×高21.2cm(蓋含む) 蓋除いた18.5cm 作者菊池政光作 付属品釜鐶付 箱木箱 (仕野申菊No27大)(・64000) 面取風炉のページで電熱器対応は、こちら電熱器のコードを通す穴が底に開いています。 唐銅面取風炉はこちら釜・茶の湯では一年が炉の季節・風炉の季節と大きく二つに分かれます。 利休七ヶ条〜夏はすずしく冬はあたたかく〜 炉は立冬の節に開け立夏に閉じるのが標準。 西の芦屋釜・東の天命釜、そして京釜と移りその釜の亭主の心を松風の声として客をもてなします。 釜の蓋のツマミ・鐶付・釜肌多数の見どころがあります。 【菊池政光(きくち まさみつ)】釜師 山形在住 高橋敬典に師事。 奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐ作家 1937年1月19日生まれ。山形県出身 日本伝統工芸展に1973年の初入選以来、10回以上の入選を果たす 第五回伝統工芸武蔵野店では日本工芸界東京支部賞を受賞 伝統工芸日本金工展では12回の入選歴を持つ 1982年、日本伝統工芸士に認定される 日本工芸会正会員 ・・・・参考資料・・・・ 【角谷一圭】次男 大阪の釜師 1984年重要無形文化財保持者(人間国宝)「茶の湯釜」で認定される 【角谷莎村】三男 大阪の釜師 茶の湯釜の重要無形文化財(人間国宝)角谷一圭は実兄です 2代 角谷興斎 長男の三兄弟です 日本工芸会会員 府工芸功労賞など数々の賞を受賞 【3代 角谷興斎】 1938年昭和13年 釜師二代角谷興斎の長男として生 大阪市立工芸高校金属工芸科卒 師:父の2代興斎に師事 1970年昭和45年 3代目与斎を襲名す 裏千家今日庵出入り方

送料無料
【茶道具 鉄瓶】 蘭蟹鉄瓶 大 梅泉写し 般若勘渓作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

249,480

【茶道具 鉄瓶】 蘭蟹鉄瓶 大 梅泉写し 般若勘渓作 【smtb-KD】

サイズ約胴直径6寸3分(18.9cm)×高7寸9分(高23.7cm) 容量8合(1440ml) 作者般若勘渓作 箱木箱 素材鋳鉄製 蓋:唐銅製 (N02724野丸輪大)(・337000) 【コンビニ受取対応商品】鉄瓶 大 蘭蟹鉄瓶 梅泉写し 般若勘渓作 表面:蘭柄・裏面:蟹柄 ・・・・・ 【般若勘渓(別号)/本名:昭三】 ・・・・(以下、備忘録)・・・・・・・・・ ・・・・・ 二男【般若勘渓 本名:昭三】 1933年昭和08年富山県高岡市生まれ 1449年昭和24年父のよ吉の稼業を手伝う〜以来研鑽する 昭和44年 日本伝統工芸展初入選(以後、35回) 1972年昭和47年日本工芸会正会員 ※昭和53年 総本山善通寺済世橋の真言八宗文字入り:大擬宝珠製作 1986年昭和61年人間国宝:香取正彦氏の梵鐘研修会受講 ※宮内庁より正倉院御物の復元を依頼され砂張物や黄銅合子を制作 平成15年高岡市伝統工芸産業技術保持者に指定される ・・・・・参考資料・・・・ ●般若鋳造所と般若泰樹 長男【般若茂雄】 ※伝統工芸士 昭和3年生まれ 昭和23年より父与吉の営む双型鋳造に従事 昭和48年に家業を継承。業界活動に積極的参加し業界発展に尽力する 昭和58年 伝産協会指定:伝統工芸士に認定される(双型鋳造部門) 平成2年 高岡市伝統工芸産業保持者に認定(双型鋳造部門) 三男【般若保】 日本工芸会正会員 昭和16年生まれ 昭和34年より父与吉の営む惣型鋳造に従事 昭和44年より鋳金家中村義一氏に惣型、箆押し、挽き型、変形法を習う 第40回日本伝統工芸展総裁賞受賞 第3回香取正彦賞受賞 宮内庁献上品制作「吹分花瓶」 第5回佐野ルネッサンス鋳金展 大賞: 轆轤行程複製された砂波理加盤

送料無料
【茶器/茶道具 お棚】 上 桐竹台子 利休好写し 昇雅作 組立式 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

95,040

【茶器/茶道具 お棚】 上 桐竹台子 利休好写し 昇雅作 組立式 【smtb-KD】

サイズ利休形約幅75.1×奥行39.0×高60.0cm 素材桐木製柱:竹 作者昇雅作 箱紙箱 (仕柴・118880) 紹鴎好写しは取り扱っておりません大サイズ(真台子と同じサイズ) 紹鴎好写し 竹台子 サイズ京間・江戸間共に同じ 約幅91.5×奥行42.4×高67.4cm (真台子のサイズになり大ぶりです) 別の商品でせい工房作有ります。素材は桐と竹 ※納期は4〜15日です。 ※納期はメールで連絡いたします 桐竹台子の一枚板291,900円(特価219,000円税抜)納期は日〜7日程度の期間です。(メーカーに在庫確認後の発送) 上 桐竹台子 利休好写し 【真台子】 すべての棚物の始まり 台子飾りには飾り方に一定の規式があります 規式は能阿弥が「書院の七所飾」を参考に「書院の台子飾」を制定したと される。 真台子・及台子・竹台子・桑台子・高麗台子などがある。 ◆真台子の寸法「幅三尺五分、奥行一尺四寸、高さ二尺二寸」という物で様々な茶道具の寸法の基準ともなっています。先の「珠光好竹台子」も同じ大きさとしています。また利休好で「唐物から」ともいわれる「及台子」がありますが、ほぼ「真台子」と同寸 【竹台子の組立と道具の位置】 ・4本の竹柱の組み立て方は、左手手前が節が二つ見えるもの。 次に、節の低い柱を右手奥(客付き奥)、その次に節の低い柱を右手前(客付き手前)に、一番高い柱を勝手付き奥(左手奥)に立てます。 ・竹台子の内に、左奥 柄杓と飾り火箸を立てた杓立、左手前 蓋置きを中に置いた建水、右 手桶形水指を飾り、竹台子の前に置き合わせ、茶入と左側 茶碗を置く。 ・裏千家中興の祖 如心斉の天然忌の時は、竹台子の棚の中央に鳳凰風炉と富士釜を置きますが、この一つ飾りを、考案したのが如心斎です。 この時は中置のお点前になります。 茶道辞典【総飾り】...

送料無料
【茶道具 香合】 独楽香合 堀内書付(堀之内宗完) 岩倉隆斉作 (隆弘峯) 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

166,752

【茶道具 香合】 独楽香合 堀内書付(堀之内宗完) 岩倉隆斉作 (隆弘峯) 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径8.5×高2.8cm 作者堀内書付岩倉隆斉作 箱木箱(コマ香合・風炉用) 時季風炉用 備考コマ香合 【コンビニ受取対応商品】【岩倉隆弘斎(隆弘峯)】岩倉隆斉 ※1926年大正15年石川県山中市生まれ ※1950年 昭和25年隆弘峯を名乗る ※1983年 昭和58年57歳:癸亥 京都市伝統産業祭に特別出品 ※1986年 昭和61年60歳:山中塗りの作家で還暦からは隆斎と改号 ・・・<参考資料>・・・ 〇次代に山中塗・岩倉隆斎(隆弘斎)の跡継ぎに岩倉史幸がおられます ・・・・・<参考資料>・・・・・ 堀内宗完とは、初代長生庵仙鶴が表千家:覚々斎に師事 (堀内家は江戸中期の堀内仙鶴を祖としています。) ●12代【堀内宗完(兼中斎 宗心)】長生庵主 (11代幽峯斎宗完弟) ※1919年大正08年京都に生(名は吉彦、別号に長生庵) ※1944年昭和19年京都帝国大学理学部卒業 1946年昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ 同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事 ※建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く ※1953年昭和28年十二代堀内宗完を襲名する ●1997年平成09年、甥の堀内国彦氏が宗完を継 現在号:宗心を名乗る ・・・・・・ ●13代【表千家流堀内家13代宗完 :分明斎】11代宗完幽峯斎の長男 ※1943年昭和18年生まれ-(兼中斎の甥:幽峯斎長男) ※1997年平成09年宗完を襲名:分明斎を名乗り当代13代となる

送料無料
【茶器/茶道具 蓋置】 交趾 茅の輪(ちのわ) (正面にしめ縄) 今岡三四郎作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

18,144

【茶器/茶道具 蓋置】 交趾 茅の輪(ちのわ) (正面にしめ縄) 今岡三四郎作 【smtb-KD】

作者今岡三四郎作 サイズ約幅6×高5cm 箱木箱 (ス野柴・22700) 【コンビニ受取対応商品】茅輪とは 【夏越の祓い】水無月の神事 茅輪神事は「ちのわしんじ」と読んで、他に「輪越祭」「茅の輪くぐり」とも言われています 。 茅(ち=かや)とは、茅萱(ちがや)菅(すげ)薄(すすき)などの総称で、この輪をくぐり 越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りするものです。 ☆由来:茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が武塔神(むとうのかみ)(素盞鳴尊すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。 作法は、本殿に向かって、左→右→左と、くぐり二礼、二拍手一礼をします。 【今岡三四郎】妙見窯(みょうけんがま)今岡妙見の長男 1980年昭和55年生まれ 1999年平成11年 京都市立銅駝美術工芸高校陶芸科卒 2001年平成14年 嵯峨美術短期大学陶芸科卒 2002年平成15年 京都府立陶工高等技術専門校成形科卒

スポンサーリンク
スポンサーリンク