メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「安藤広重」検索結果。

安藤広重の商品検索結果全61件中1~60件目

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~舞坂』リトグラフ【A1687】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~舞坂』リトグラフ【A1687】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~舞坂 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~土山』リトグラフ【A1705】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 版画 広重 土山 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~土山』リトグラフ【A1705】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 版画 広重 土山 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~土山 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~水口』リトグラフ【A1706】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 版画 広重 水口 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~水口』リトグラフ【A1706】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 版画 広重 水口 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~水口 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~石部』リトグラフ【A1707】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 版画 広重 石部 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~石部』リトグラフ【A1707】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 版画 広重 石部 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~石部 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~京都』リトグラフ【A1710】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 版画 広重 京都 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~京都』リトグラフ【A1710】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 版画 広重 京都 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~京都 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~沼津』リトグラフ【A1675】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~沼津』リトグラフ【A1675】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~沼津 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~江尻』リトグラフ【A1679】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~江尻』リトグラフ【A1679】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~江尻 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~鳴海』リトグラフ【A1697】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~鳴海』リトグラフ【A1697】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~鳴海 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~関』リトグラフ【A1703】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~関』リトグラフ【A1703】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~関 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~荒井』リトグラフ【A1688】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~荒井』リトグラフ【A1688】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~荒井 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~金谷』リトグラフ【A1661】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~金谷』リトグラフ【A1661】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~金谷 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~御油』リトグラフ【A1692】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~御油』リトグラフ【A1692】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~御油 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~藤沢』リトグラフ【A1669】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~藤沢』リトグラフ【A1669】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~藤沢 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~池鯉鮒』リトグラフ【A1696】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~池鯉鮒』リトグラフ【A1696】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~池鯉鮒 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~二川』リトグラフ【A1690】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~二川』リトグラフ【A1690】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~二川 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~川崎』リトグラフ【A1664】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~川崎』リトグラフ【A1664】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~川崎 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~岡部』リトグラフ【A1681】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~岡部』リトグラフ【A1681】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~岡部 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~大磯』リトグラフ【A1671】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~大磯』リトグラフ【A1671】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~大磯 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~戸塚』リトグラフ【A1668】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~戸塚』リトグラフ【A1668】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~戸塚 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~石薬師』リトグラフ【A1701】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~石薬師』リトグラフ【A1701】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~石薬師 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~日坂』リトグラフ【A1682】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~日坂』リトグラフ【A1682】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~日坂 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~府中』リトグラフ【A1680】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~府中』リトグラフ【A1680】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~府中 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~小田原』リトグラフ【A1672】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~小田原』リトグラフ【A1672】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~小田原 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~三島』リトグラフ【A1674】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~三島』リトグラフ【A1674】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~三島 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~掛川』リトグラフ【A1683】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~掛川』リトグラフ【A1683】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~掛川 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~四日市』リトグラフ【A1700】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~四日市』リトグラフ【A1700】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~四日市 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~草津』リトグラフ【A1708】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~草津』リトグラフ【A1708】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~草津 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~箱根』リトグラフ【A1673】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~箱根』リトグラフ【A1673】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~箱根 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~宮』リトグラフ【A1698】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~宮』リトグラフ【A1698】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~宮 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~大津』リトグラフ【A1709】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~大津』リトグラフ【A1709】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~大津 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~神奈川』リトグラフ【A1666】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~神奈川』リトグラフ【A1666】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~神奈川 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~白須賀』リトグラフ【A1689】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~白須賀』リトグラフ【A1689】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~白須賀 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~見附』リトグラフ【A1685】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~見附』リトグラフ【A1685】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~見附 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~保土ヶ谷』リトグラフ【A1667】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~保土ヶ谷』リトグラフ【A1667】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~保土ヶ谷 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~藤枝』リトグラフ【A1663】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~藤枝』リトグラフ【A1663】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~藤枝 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~平塚』リトグラフ【A1670】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~平塚』リトグラフ【A1670】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~平塚 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~藤川』リトグラフ【A1694】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~藤川』リトグラフ【A1694】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~藤川 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~島田』リトグラフ【A1662】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~島田』リトグラフ【A1662】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~島田 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~赤阪』リトグラフ【A1693】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~赤阪』リトグラフ【A1693】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~赤阪 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 ヨコ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

送料無料
歌川広重『東海道五十三次~興津』リトグラフ【A1678】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

ココクレアcococlea

21,600

歌川広重『東海道五十三次~興津』リトグラフ【A1678】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定300部 額付き 安藤広重 浮世絵 東海道五十三次 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~興津 技法 リトグラフ 額寸 ヨコ740xタテ560 (mm) 絵寸 コ625xタテ415 (mm) エディション 131/300 良好 限定300部 額付き 箱付き ■作品の状態 良品■E.D.131/300■歌川 広重(うたがわ ひろしげ)(1797年~1858年)浮世絵師本名安藤鉄蔵 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。また、ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。1797年 寛政九年、江戸・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源衛右門の子として誕生。 幼名・徳太郎の後、重右衛門、又は、徳兵衛とも称す。1811年 15歳の頃 歌川豊国の門に入ろうとしたが、門生満員で拒絶され、歌川豊廣に入門する。1812年 歌川の姓をゆるされ広重の名をもらう。1830年 「一幽斎廣重」と改め、花鳥を描いていたが、豊廣の死後、風景画を主に制作した。1832年 「一立齋」と号を改める。 幕府の行列に加わり、上洛する機会を得て、翌年『東海道五十三次絵』が誕生。大評判をよぶ。1834年 「東海道五十三次」完成。大評判をよぶ。1838年 「木曾街道六十九次」に参加、七十枚中四十六枚を描く。1841年 甲州に旅する。「立斎」を用いる。1842年 「甲陽猿橋の図」「行書東海道」「狂歌入東海道」など。1843年 「東都名所」完成す。1849年 「隷書東海道」1853年 「不二三十六景」1856年 「名所江戸百景」はじまる。1857年 「六十余州名所図会」完成。「雪月花」「阿波鳴門之風景...

■龍香堂■☆復刻木版画 歌川広重 浮世絵『亀戸梅屋舗』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版画 歌川広重 浮世絵『亀戸梅屋舗』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:425×310mm 印面サイズ:375×258mm 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『亀戸梅屋舗』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、右は裏面の画像、中は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa) 江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景「亀戸梅屋舗(かめいどうめやしき)」 近景を大写しにし、遠くを望む広重好みのダイナミックな構図で、このシリーズの代表作の一つといえる。亀戸梅屋舗は、亀戸天神から北東300メートル足らずのところに、梅屋舗と呼ばれる梅の名園があった。中でもそこにあった 「臥龍梅」(がりょうばい)と呼ばれる梅が有名で...

■龍香堂■復刻木版 歌川広重浮世絵『深川州崎十万坪』

龍香堂

5,400

■龍香堂■復刻木版 歌川広重浮世絵『深川州崎十万坪』

外寸:315×440mm 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『深川州崎十万坪』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面の画像と使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『深川州崎十万坪』(ふかがわすざきじゅうまんつぼ) 大空を飛翔する一羽の鷲。その視点から眼下の荒涼たる雪景色を眺めた秀逸な構図。洲崎から深川木場、そしてその先の十万坪であるが、雪に覆われた荒涼とした景色と、海にぽつりと浮かぶ桶が一層の物寂しさを誘う。広重らしい情感に溢れ...

歌川広重『東海道五十三次~日本橋』木版画【A1421】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 額付き ※少々、経年しています 安藤広重 浮世絵 東海道 日本橋 ■現品限り

ココクレアcococlea

16,200

歌川広重『東海道五十三次~日本橋』木版画【A1421】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 額付き ※少々、経年しています 安藤広重 浮世絵 東海道 日本橋 ■現品限り

商品の詳細 作家名 歌川広重 作品名 東海道五十三次~日本橋 技法 木版画 額寸 ヨコ625xタテ320 (mm) 絵寸 ヨコ280×タテ190 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■作品の状態 少々経年しています。額縁は良好■技法 手摺木版 復刻版■額 本作の額縁は、障子戸をあしらった粋な意匠です。江戸の時代に戻り、障子戸を開いて風景を眺めるような趣になっております。 ■歌川 広重 (うたがわひろしげ/Hiroshige Utagawa) 1797~1858 (寛政9年~安政5年) 江戸出身。 葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師である。 歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年 風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。 山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。 他の◆歌川広重◆作品を検索歌川広重『東海道五十三次~日本橋』木版画・【版画・絵画・美術品】・風景画

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『大はしあたけの夕立』(船二艘)額装済

龍香堂

10,800

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『大はしあたけの夕立』(船二艘)額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 重さ:約2050g 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『大はしあたけの夕立』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ☆当品は、船が二艘描かれた「幻の絵」と呼ばれる初版刷りの復刻です。(当初、川岸に有った御船蔵を描くのを憚り、後にその付近を改版したと言われています) ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『大はしあたけの夕立』(おおはしあたけのゆうだち): 広重の最晩年を代表する竪版揃物の中で、最高傑作といわれる。「亀戸梅屋舗...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『水道橋駿河台』額装済

龍香堂

10,800

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『水道橋駿河台』額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 重さ:約2050g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『水道橋駿河台』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『水道橋駿河台』(すいどうばしするがだい) いたるところ鯉幟がはためいている。時はあたかも端午の節句。大きく大胆に描かれた一匹の鯉のぼり。ダイナミックな鯉のぼりは武家の象徴でもある。広重ならではの抜群の構図力が光るおおらかで楽しげな作品。画面奥には富士がくっきりと姿を見せ、爽やかな五月晴れの一日である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『浅草金竜山』

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:325×447mm 印面サイズ:260×370mm 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『浅草金竜山』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、上は使用した版木、下は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『浅草金竜山』(あさくさきんりゅうざん) 雷神門より仁王門と五重塔を望んだ雪の日を描いている。大写しの近景に雷門の大提灯を画き、遠景に浅草寺と五重塔、参詣人を両脇に描き、三角形中央に吸い込まれるように描いているのは、広重の遠近法の一つで、境内の広さと奥行きがよくわかる。境内まで続く参道の雪の部分には...

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『日本橋 朝之景』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆中国画伯「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『日本橋 朝之景』

外寸:450×335mm 印面サイズ:377×242mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『東海道五十三次』中の『日本橋 朝之景』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、左上は裏面の画像、右下は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】東海道五十三次『日本橋 朝之景』(にほんばし あさのけい) 江戸から京都へ向かう東海道の起点である日本橋。むかし風にいえば江戸から京都まで百二十四里半の旅の振り出しは此処からで、その東海道シリーズの巻頭を飾るにふさわしい開幕の絵である。参勤交代の大名行列が毛槍を高々と立て朝早く江戸を出発する様子と...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『箕輪金杉三河しま』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『箕輪金杉三河しま』

外寸:300×440mm 画面サイズ:250×375mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『箕輪金杉三河しま』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『蓑輪金杉三河しま』(みのわかなすぎみかわしま) 江戸時代の三河島(現・荒川区東日暮里)は冬になると鍋鶴や丹頂鶴が越冬のため渡ってきていた。将軍が自ら鷹を使って鶴を捕獲し、朝廷に献上する「鶴御成(つるのおなり)」の猟場の一つだった。飛翔する鶴から見た荒涼とした景色が物寂しさを誘う。広重らしい情感に溢れ、かつ雄大で大胆な気風が感じられる素晴らしい作品で...

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『京都名所之内 淀川』

龍香堂

5,400

■龍香堂■「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『京都名所之内 淀川』

外寸:450×340mm 画面サイズ:377×245mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、歌川広重。その『京都名所之内 淀川』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ※画像3、右は裏面の画像、左は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】『京都名所之内 淀川』(きょうとめいしょのうち よどがわ) 各種の諸国名所を手がけた広重は、京の名所もしばしば描いている。江戸時代の淀川・枚方は京街道の宿場町また淀川舟運の中継港として栄え、周辺農村にとって物資の集散地および遊興場の役割を果たしていた...

■龍香堂■☆復刻木版 歌川広重浮世絵『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図』色替

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆復刻木版 歌川広重浮世絵『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図』色替

技法(種別):木版画 紙質:和紙 外寸:477×330mm 印面サイズ:364×242mm 世界的浮世絵師、歌川広重。その『名所江戸百景』中の『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ●本来の作とは配色が違います。当品は新しい表現として、故意に手前の藍色を抜き、摺っております。その旨御了承の上、ご検討下さい。 ※画像3、上は使用した版木、下は裏面の画像です。版画用染料が裏写りしているのは印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】名所江戸百景『真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図(まつさきあたりよりすいじんのもりうちかわせきやのさとをみるず) 料亭の円月窓の向こうには隅田川の渡し場...

歌川広重 保永堂版平成の復刻 江戸木版画『東海道五十三次』全55図揃【日本画・絵画】【通販・販売】

東京書芸館

594,000

歌川広重 保永堂版平成の復刻 江戸木版画『東海道五十三次』全55図揃【日本画・絵画】【通販・販売】

■全55図、地図・目録の計57枚セット ■素材:越前生漉奉書紙に手摺り木版画 ■寸法(約):[画寸]縦22×横35cm[額寸]縦35×横51×厚さ2cm、重さ1.3kg ■木製専用額1点、収納ケース、解説書つき ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は商品1点につき648円(税込)をお申し受けます。 追加用『木製額』はこちらからご注文いただけます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる歌川広重 保永堂版平成の復刻 江戸木版画『東海道五十三次』全55図揃 人間国宝ほか、現在望み得る選り抜きのアーティストにより 「五十三次 保永堂版」を木版で完全復刻 ! 江戸期の画材と匠の手技で復元された美しい色彩と質感、風雅な味わい—。 江戸の人々を熱狂させ、西洋人をも驚嘆させた歴史的傑作が今よみがえる。 現代で可能な限りの技術を結集し復刻 ■近年、世界中で大ブームを巻き起こしている浮世絵。その中でも絶大な人気を誇るのが、天才浮世絵師・歌川(安藤)広重の『東海道五十三次』です。今回ご紹介するのは、平成の復刻記念事業により、人間国宝や伝統工芸士らが集結し、当時と同じ画材と技法で蘇らせた貴重な木版画です。 ■広重が五十三次を描いたのは、天保3年(1832)、36歳の時。この翌年、江戸の版元・保永堂より満を持して出版すると、爆発的なヒットを記録。旅先の賑わい、雨風や雪が舞う気象変化など…めくるめく千変万化の風景描写は、モネやゴッホなど海外の巨匠にも多大なる影響を与えました。 ■本作は東京伝統的工芸協同組合により、広重の出世作「五十三次 保永堂版」を復刻した貴重作品。今回の復元では、半世紀以上前に一度再現された際、主導した木版画家・奥山儀八郎氏のご子息である版画家・奥山義人氏を中心に復刻。彫師や摺師を招聘し、江戸期の画材と手技を用いて完全再現に挑みました...

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『原 朝之富士』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 歌川広重浮世絵『原 朝之富士』

外寸:433×302mm 印面サイズ:383×253mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 世界的浮世絵師、歌川広重。その『東海道五十三次』中の『原 朝之富士』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。広重の描いた自然な美を、手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3、左は裏面の画像、右は使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ●歌川広重(Hiroshige Utagawa)江戸の下級武士・八代洲河岸火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生、天保3年(1832年)秋、幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛(京都まで東海道往復の旅)する機会を得たとされる。天保4年(1833年)には傑作といわれる『東海道五十三次絵』が生まれた。この作品は遠近法が用いられ、風や雨を感じさせる立体的な描写など、絵そのものの良さに加えて、当時の人々があこがれた外の世界を垣間見る手段としても、大変好評を博した。広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。欧米では「ジャパンブルー」、あるいはフェルメール・ブルー(ラピスラズリ)になぞらえて「ヒロシゲブルー」とも呼ばれる。19世紀後半のフランスに発した印象派の画家たちや、アール・ヌーヴォーの芸術家たちに大きな影響をあたえたとされ、当時ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされている。 【作品解説】東海道五十三次『原 朝之富士』(はら あさのふじ) 一番目を引くのは、風景を囲む枠から富士の頂上が飛び出ている優美で大胆な構図である。富士を仰ぎ見る母娘や供の者、旅人が足を止め、振り返って眺めたほどの去りがたい風景には、朝日に白雪が紅に染まり、街道の沼地には白鷺、遠い西の空は藍色に晴れ渡っている...

送料無料
送料無料 手ぬぐい 江戸百景 堀切の花菖蒲 てぬぐい 手拭い【smtb-k】【ky】

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

2,104

送料無料 手ぬぐい 江戸百景 堀切の花菖蒲 てぬぐい 手拭い【smtb-k】【ky】

商品名(柄) 江戸百景 堀切の花菖蒲 商品詳細 -浮世絵師歌川広重の最晩年の傑作《名所江戸百景 堀切の花菖蒲》より-堀切の花菖蒲は、江戸名所の一つとして数えられ、その景観は安藤広重を始め、歌川豊国・清親等の錦絵に描かれています。 江戸時代中期には、花見の名所としてたくさんの江戸っ子でにぎわい、明治・大正のころまでは、文人墨客も多く訪れたといいます。 約37×90cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移る場合がございますのでご注意ください。 お洗濯の際は単独で、たっぷりの水で手洗いしてください。浸け置きはお避けください。 2枚以上 お買い上げの方は5%OFFとなります。 こちらの手ぬぐいはレビューを書いたら5%OFFの割引の対象にはなりません。 こちらの商品はメール便にてお送りさせて頂きます。 メール便の為、日時・時間指定は出来ません。 メール便の為、配送後、2日~4日程、お時間がかかります。 メール便の為、商品代引きは取扱いが御座いません。 ご了承の程、宜しくお願い致します。 文永堂商品名(柄) 江戸百景 堀切の花菖蒲 商品詳細 -浮世絵師歌川広重の最晩年の傑作《名所江戸百景 堀切の花菖蒲》より-堀切の花菖蒲は、江戸名所の一つとして数えられ、その景観は安藤広重を始め、歌川豊国・清親等の錦絵に描かれています。 江戸時代中期には、花見の名所としてたくさんの江戸っ子でにぎわい、明治・大正のころまでは、文人墨客も多く訪れたといいます。 約37×90cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移る場合がございますのでご注意ください。 お洗濯の際は単独で、たっぷりの水で手洗いしてください。浸け置きはお避けください。 2枚以上 お買い上げの方は5...

浮世絵 風景画 額 箱根 湖水図 (東海道五十三次) (中) 作:歌川広重 G4-BU017- 【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

サン・ブレス

6,480

浮世絵 風景画 額 箱根 湖水図 (東海道五十三次) (中) 作:歌川広重 G4-BU017- 【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

★東海道最大の難所を巧みに描いた本作。山間を歩む大名行列、色彩豊かな山々。峠とは対照的に、静かに雄大に広がる芦ノ湖が印象的な作品です。 ★歌川広重:寛政九年(一七九七)江戸の町火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後浮世絵師となったが、現代広く呼ばれる安藤広重なる名前は使用しておらず、浮世絵師としては歌川広重が正しいと言える。「東海道五十三次」を発表し、風景画家としての名声を決定的なものとする。ゴッホやモネなどに多大な影響を与えた著名な画家である。 ●サイズ:41×33センチ ●本紙:新絹本 ●額/:木製(前面アクリルカバー) ※メーカー取り寄せ商品につき、ご入金・決済確認後、約7~10日でのお届けとなります。お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。 ※在庫共有によるメーカー欠品等の理由により、出荷まで更にお時間がかかる場合は別途ご連絡いたします。ご了承願います。 ※北海道・沖縄・島等の配達特別地域の配達は、別途、送料が追加となる場合がございます。その際は送料変更のご連絡をさせていただき、ご納得いただいた後の商品発送となります。日本画 掛軸 額絵 こちらからもご覧いただけます

スポンサーリンク
スポンサーリンク