メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「喜多川歌麿美人画」検索結果。

喜多川歌麿美人画の商品検索結果全96件中1~60件目

喜多川歌麿『難波屋おきた』木版画【A124】・【版画・絵画・美術品】・人物画 中古 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 喜多川 歌麿 美人画 浮世絵 着物 ■現品限り

ココクレアcococlea

11,100

喜多川歌麿『難波屋おきた』木版画【A124】・【版画・絵画・美術品】・人物画 中古 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 喜多川 歌麿 美人画 浮世絵 着物 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 難波屋おきた 技法 木版画 額寸 ヨコ410xタテ530 (mm) 絵寸 ヨコ260xタテ390 (mm) 中古 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■難波屋 おきた寛政盛時の歌麿を代表する佳品の一つである。 おきたは浅草観音境内の水茶屋難波屋の看板娘で、当時のミス江戸ともいうべき存在であり、高島屋おひさとその美貌を争い、彼女を見ようとする客で店は常にあふれるばかりであったという。「なにはやてふ茶やにやすらひて、難波津の名におふ者はゆきかひにあしのとまらぬ人もあらじな 桂眉住 」の歌が添えられている。■技法 手摺木版 復刻版■作品の状態 少々経年しております 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『難波屋おきた』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『婦人相学拾躰「髪すき」』木版画【A1415】・【版画・絵画・美術品】・人物画 新品 良好 額付 人物画 美人画 浮世絵 洗髪 着物 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,540

喜多川歌麿『婦人相学拾躰「髪すき」』木版画【A1415】・【版画・絵画・美術品】・人物画 新品 良好 額付 人物画 美人画 浮世絵 洗髪 着物 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦人相学拾躰「髪すき」 技法 木版画 額寸 ヨコ440×タテ560(mm) 絵寸 ヨコ250×タテ400(mm) 新品 良好 額付 「婦人相学十躰」は、美人大首絵の中に気質の類型まで描き分けようとした歌麿の代表作ともいえます。十躰とあるが、現在確認されている作品は五点であり、本作はその中の一作。江戸時代、髪の毛を解いて髪を洗う姿は、なかなか見せるものではなく、女性の恥ずかしい瞬間だとも言われていたようです。背景に雲母(キラ)びきといって、膠と雲母を混ぜたものを紙にのせてあり、より美人を引き立たせる効果が施されています。■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)■1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦人相学拾躰「髪すき」』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『歌撰恋之部 深く忍恋』木版画【A1419】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 箱、額付き 人物画 浮世絵 美人画 着物 大首絵 雲母 膠 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,540

喜多川歌麿『歌撰恋之部 深く忍恋』木版画【A1419】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 箱、額付き 人物画 浮世絵 美人画 着物 大首絵 雲母 膠 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 歌撰恋之部 深く忍恋 技法 木版画 額寸 ヨコ455×タテ570(mm) 絵寸 ヨコ240×タテ375(mm) 良好 箱、額付き 「歌撰恋之部」は王朝和歌集をもじった題名である。歌麿が得意とした人物をクローズアップして描く大首絵(おおくびえ)の傑作。お歯黒から既婚女性と見られ、大店の内儀ではないかと思われる。煙管を持つ仕草が女性らしい柔らかさを感じさせる作品。2016年に江戸時代、出版された当時に摺られた作品がフランスのオークションで8800万円で落札されたニュースも話題になった。■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)■1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『歌撰恋之部 深く忍恋』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『煙を吹く女』木版画【A125】・【版画・絵画・美術品】・人物画 中古 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 喜多川 歌麿 美人画 浮世絵 着物 ■現品限り

ココクレアcococlea

11,100

喜多川歌麿『煙を吹く女』木版画【A125】・【版画・絵画・美術品】・人物画 中古 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 喜多川 歌麿 美人画 浮世絵 着物 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 煙を吹く女 技法 木版画 額寸 ヨコ410xタテ530 (mm) 絵寸 ヨコ260xタテ390 (mm) 中古 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■煙を吹く女・婦女人相十品寛政初期の優れた揃物のひとつ「婦女人相十品」の中の一図である。(現在は四図が知られるのみ)これらに描かれた女性はいずれも佳雅で、女の性格的なものが相貌の特徴によって顕著に描現され歌麿の円熟した発想と技巧を知ることができる。この女の顔は非常に特徴のある眉が、太く立派であり、その割には目が細く、この女独特のくせのある魅力が描き出されている。■技法 手摺木版 復刻版■作品の状態 少々経年しております 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『煙を吹く女』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『婦人相学十躰浮気の相(大)』木版画【A1413】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付き 美人画 着物 浮世絵 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,540

喜多川歌麿『婦人相学十躰浮気の相(大)』木版画【A1413】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付き 美人画 着物 浮世絵 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦人相学十躰浮気の相(大) 技法 木版画 額寸 ヨコ394×タテ504(mm) 絵寸 ヨコ263×タテ370(mm) 良好 額付き 「婦人相学十躰」は、美人大首絵の中に気質の類型まで描き分けようとした歌麿の代表作ともいえます。十躰とあるが、現在確認されている作品は五点であり、本作はその中の一作。浮気とあるが上気とも書き、色恋事の他に派手で陽気な様など複数の意味がある。モデルの女性は、湯上りの色っぽい姿で描かれています。背景に雲母(キラ)びきといって、膠と雲母を混ぜたものを紙にのせてあり、より美人を引き立たせる効果が施されています。■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)■1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦人相学十躰浮気の相(大)』木版画・【版画・絵画・美術品】

喜多川歌麿『婦人相学十躰浮気の相(小)』木版画【A1414】・【版画・絵画・美術品】 新品 良好 額付き 浮世絵 美人画 ■現品限り

ココクレアcococlea

13,320

喜多川歌麿『婦人相学十躰浮気の相(小)』木版画【A1414】・【版画・絵画・美術品】 新品 良好 額付き 浮世絵 美人画 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦人相学十躰浮気の相(小) 技法 木版画 額寸 ヨコ365×タテ440(mm) 絵寸 ヨコ200×タテ295(mm) 新品 良好 額付き 「婦人相学十躰」は、美人大首絵の中に気質の類型まで描き分けようとした歌麿の代表作ともいえます。十躰とあるが、現在確認されている作品は五点であり、本作はその中の一作。浮気とあるが上気とも書き、色恋事の他に派手で陽気な様など複数の意味がある。モデルの女性は、湯上りの色っぽい姿で描かれています。背景に雲母(キラ)びきといって、膠と雲母を混ぜたものを紙にのせてあり、より美人を引き立たせる効果が施されています。■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)■1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦人相学十躰浮気の相(小)』木版画・【版画・絵画・美術品】

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 喜多川歌麿『鮑取り』

龍香堂

5,400

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 喜多川歌麿『鮑取り』

外寸(約):315×445mm 絵サイズ:255×367mm 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、喜多川歌麿。その作の浮世絵版画『鮑取り』(三枚続の一部)です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。歌麿の得意とする美人画を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ※画像3は裏面の画像と使用した版木です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。 ◎当品は和紙1枚の状態です。額飾しておりません。 ●喜多川 歌麿:江戸時代に活躍した浮世絵師の代表的な一人。喜多川派の祖である。国際的にもよく知られる浮世絵師として葛飾北斎と並び称される。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。肉筆画・春画にも優れ、ついで役者の大首絵を美人画に採用。寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態、表情の女性美を追求した美人画の大家である。 【作品解説】鮑取り(あわびとり): 江ノ島の海女を描いたと言われており、全裸に近い海女ふたりの姿が印象的な美人画である。女性の輪郭線を墨色ではなく肌色を用いた事により、健康的でみずみずしい海女の肉体を見事に表現し、それと対称的に黒々とした濡れ髪が画面を締めている。この様な歌麿独自の手法、色彩表現は浮世絵ならではの見事な技法であろう。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室...

送料無料
歌麿 浮世絵 美人画掛軸 3種

ヘルシー救急BOX

6,480

歌麿 浮世絵 美人画掛軸 3種

商品名 歌麿 『浮世絵 美人画掛軸』 3種 掛け軸 インテリア 和風 うたまろ うきよえ 商品詳細 ※喜多川歌麿の「美人画」の中より、三名作を掛軸に仕上げました。 ※女性美を描きだすことにかけては定評の巨匠である喜多川歌麿 ※日本女性ならではの優美な特長を、無駄のない精緻な線で優美に表現した歌麿の代表作を復刻。 ※原作オリジナル作品を基本に、染み・汚れを取り除き、原作発行当時の色彩・線画を名匠の手に より迫真に復刻した珠玉の芸術作品。 ◆寛政の三美人 ・三人の美しい女性を絶妙な構図で一つの絵に構成した代表作。 ・それぞれの表情の微妙な違いまでも、如実に表現した華やかで高潔な趣が漂う作品です。 ◆団扇をもつおひさ ・肩越しに振り返りながら、団扇で涼風を招く様子。 ・襟元の絶妙な開き具合や絣の着物でも見事に夏の季節感を醸し出している代表的な人気作品。 ◆ビードロ吹く女 ・当時流行したビードロを優しく吹き鳴らす娘。 ・振袖を大きくなびかせて振り返り、微妙に息を吹き込む口元の色気までも見事に現した歌麿の人気作品です。 サイズ 幅 31cm 高さ 90cm 材質 本紙 / 新絹本 , 軸先 / プラスチック(約 36cm) 保証 表装品質10年保証 印刷 特殊印刷(インクジェット方式) 製造国 日本 写楽 『歌舞伎 浮世絵掛軸』 3種はこちら 開運祈願掛軸 【大昇鯉】 森山観月 筆はこちら 掛軸「松竹梅鶴亀」 戸塚翠漣 筆はこちら 商品特徴一覧 歌麿 『浮世絵 美人画掛軸』 3種 掛け軸 インテリア 和風 うたまろ うきよえ:通販:販売:買う:購入:お店:売っている:ショッピング 広告文責 (有)パルス 048-551-7965 20170429記載『歌麿 『浮世絵 美人画掛軸』 3種』掛け軸 インテリア 和風 うたまろ うきよえ 『歌麿 ...

喜多川歌麿『両国の花火(右)』木版画【A1557】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 箱付 解説書付 美人画 浮世絵 江戸 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,540

喜多川歌麿『両国の花火(右)』木版画【A1557】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 箱付 解説書付 美人画 浮世絵 江戸 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 両国の花火(右) 技法 木版画 額寸 ヨコ390×タテ470(mm) 絵寸 ヨコ260×タテ385(mm) 良好 額付 箱付 解説書付 昭和49年制作 高見澤忠雄監修 悠々洞 版画集 (シート)をきれいに額装しました。いわゆる現在の隅田川花火大会の様子を描いた図。両国橋は現在の中央区日本橋両国と墨田区東両国1丁目との間にかけられた端で、扇をかたどった形をしている。本図は縁台に煙草を吸いながら休んでいる茶屋の女将、右手には下女らしき少女、左手には当時の名優瀬川菊之丞の紋所をつけたうちわを持った茶屋の看板娘らしき女性が描かれている。喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『両国の花火(右)』木版画・【版画・絵画・美術品】

喜多川歌麿『婦人相学十躰・浮気の相』木版画【A334】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『婦人相学十躰・浮気の相』木版画【A334】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦人相学十躰・浮気の相 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■婦人相学十躰「浮気の相」中年女の美しさが画面一ぱいに匂っている。 歌麿の脂ののりきった寛政頃の逸品である。夏の一日、湯上りの櫛巻きの髪に、淡い色の浴衣がけの年増女の姿態は、無造作の中に若い女にはみられない異なった情趣がただよって、みるものをうっとりさせる。明るい白雲英に、淡色最小限の色数でこれだけ効果をあげた歌麿の技巧は非凡という他ない。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦人相学十躰・浮気の相』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 喜多川歌麿『ビードロを吹く女』額装済

龍香堂

13,824

■龍香堂■☆「劉長青」復刻木版 喜多川歌麿『ビードロを吹く女』額装済

額サイズ:425×525×厚35mm 画サイズ:240×370mm 重さ:約2100g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 ●世界的浮世絵師、喜多川歌麿。その作の浮世絵版画『ビードロを吹く女』です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。歌麿の得意とする美人画を手摺木版で忠実に復刻した作品です。 ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。 ●喜多川 歌麿:江戸時代に活躍した浮世絵師の代表的な一人。喜多川派の祖である。国際的にもよく知られる浮世絵師として葛飾北斎と並び称される。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。肉筆画・春画にも優れ、ついで役者の大首絵を美人画に採用。寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態、表情の女性美を追求した美人画の大家である。 【作品解説】ビードロを吹く女(ポッピンを吹く女) 娘島田に髪を結い、ビードロ(フラスコ形のガラス製玩具)を吹くこの娘はまだ年若いのであろうか、赤い市松模様の着物がやけに印象深い。当作品は艶やかな中に漂う優雅さと清純さ、そして当時の女性としての魅力を大いに感じさせる歌麿の代表的な1枚である。 ※製作者プロフィール 【劉 長青】(りゅう ちょうせい) 1955年 7月9日中国山東省生まれ。 中国山東省工芸美術学院絵画専業卒業。中国北京中央美術学院版画学部版画専業修了。中国政府派遣版画研究のため来日(東京芸術大学版画研究室)。「中国版画展」「世界版画展」「美術展覧」等において入選、受賞。 ※1995年・中国政府に「特殊貢献の優秀人材」の称号を受ける。 2001年・中国政府派遣再来日(東京芸術大学版画研究室、客員研究員) 現在は、東京芸術大学美術学部版画研究室、客員研究員。 中国済南日報社高級編輯(教授職)。...

喜多川歌麿『かんざしさす女』木版画【A327】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『かんざしさす女』木版画【A327】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 かんざしさす女 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■吾妻美人ゑらみ「かんざしさす女」特に実在の個人をモデルにして描かれたものではないかもしれない。シリーズものでもない。歌麿の作品のなかで特に喧伝された作品というのでもない。が、これは彼の秀作の一つとしてとりあげられていい。日常生活の中でいくつも目に付く女性の何気ない姿態ながら女の美しさがふつと胸をうつ。全体の配色の妙と相俟って、しっとりと娯しめる。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『かんざしさす女』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『当時全盛美人揃・扇屋の花』木版画【A331】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『当時全盛美人揃・扇屋の花』木版画【A331】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 当時全盛美人揃・扇屋の花 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■当時全盛美人揃 「扇屋の花」寛政のころ吉原で評判の花魁を十余枚のシリーズとして描いたもので、ここに収めた扇屋の花、雛づる、花妻、若つる、花紫のほかに滝川、玉屋内の小紫、玉屋内し津か、松葉屋内染之助、鶴屋内篠原、越前屋内唐士がある。それぞれの顔の個性にあわせて描き分けられたと思われる女の姿態の美しさを、ここで扇屋の花(扇)にみることができる。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『当時全盛美人揃・扇屋の花』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『両国の花火(中)』木版画【A1558】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 箱付 解説書付(コピー) 浮世絵 江戸 美人画 夜 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,540

喜多川歌麿『両国の花火(中)』木版画【A1558】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 箱付 解説書付(コピー) 浮世絵 江戸 美人画 夜 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 両国の花火(中) 技法 木版画 額寸 ヨコ390×タテ470(mm) 絵寸 ヨコ260×タテ385(mm) 良好 額付 箱付 解説書付(コピー) 昭和49年制作 高見澤忠雄監修 悠々洞 版画集 (シート)をきれいに額装しました。いわゆる現在の隅田川花火大会の様子を描いた図。両国橋は現在の中央区日本橋両国と墨田区東両国1丁目との間にかけられた端で、扇をかたどった形をしている。本図に描かれているのは、白いうちわを持っているのが若い芸者で、子連れの女性はかたぎの妻女と思われる。川面では花火船が今まさに大蛇のような花火を打ち上げたその瞬間を捉えて描いている。喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『両国の花火(中)』木版画・【版画・絵画・美術品】

喜多川歌麿『両国の花火(左)』木版画【A1559】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 箱付 解説書付(コピー) 浮世絵 江戸 美人画 夜 ■現品限り

ココクレアcococlea

15,540

喜多川歌麿『両国の花火(左)』木版画【A1559】・【版画・絵画・美術品】 良好 額付 箱付 解説書付(コピー) 浮世絵 江戸 美人画 夜 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 両国の花火(左) 技法 木版画 額寸 ヨコ390×タテ470(mm) 絵寸 ヨコ260×タテ385(mm) 良好 額付 箱付 解説書付(コピー) 昭和49年制作 高見澤忠雄監修 悠々洞 版画集(シート)をきれいに額装しました。いわゆる現在の隅田川花火大会の様子を描いた図。両国橋は現在の中央区日本橋両国と墨田区東両国1丁目との間にかけられた端で、扇をかたどった形をしている。本図は中心の薄桃色の着物の女性は若い芸者で、右のやや年増の女性は料理屋の女将らしく、豪華な前帯を締めている。前の子供はどこかの茶屋の子供でこの二人を茶屋に案内している様子が描かれている。喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日) 江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。 当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『両国の花火(左)』木版画・【版画・絵画・美術品】

送料無料
喜多川歌麿『七福神乗合宝船』シルクスクリーン【A1132】・掛軸 掛け軸・人物 新品 表装済 高級桐箱付き 尺八横 人物画 商売繁盛 吉祥開運 縁起物 正月

ココクレアcococlea

88,800

喜多川歌麿『七福神乗合宝船』シルクスクリーン【A1132】・掛軸 掛け軸・人物 新品 表装済 高級桐箱付き 尺八横 人物画 商売繁盛 吉祥開運 縁起物 正月

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 七福神乗合宝船 技法 シルクスクリーン 表装サイズ 縦140×横69 (cm) 絵寸 縦44×横50 (cm) 新品 表装済 高級桐箱付き 尺八横 ■作品の状態 新品【作品解説・掛軸】大黒天、恵比寿、毘沙門天、弁財天女、福禄寿、寿老人、布袋。の七人の神様が宝船に乗っている図柄です縁起の良い掛け軸なので、お正月やお店の開業など、福を招くためにお掛けになる掛軸です。【作家略歴】喜多川歌麿(うたまろ) 1753年(宝暦3年)~1806年10月31日(文化3年9月20日)喜多川派の祖である浮世絵師。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。肉筆画・春画にもすぐれたが「八景浮世絵」など名所風景画にも名作を残す。【掛け軸寸法・体裁】■寸法 縦140×横69 (cm) (尺八横)■絵寸法 縦44×横50 (cm)■表装 三段表装・風帯付■本紙 絹本■軸先 木製■箱 桐箱収納■シルクスクリーン 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『七福神乗合宝船』シルクスクリーン・掛軸 掛け軸・人物

喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画【A345】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画【A345】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 婦人手業拾二工・髪ゆい 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■婦人手業拾二工「髪ゆい」歌麿が作画上の転機を迎えた晩年の作で、題材を江戸庶民の生活の中にもとめ、働く女の姿を描いたものだが、しかし決してこれをもって生活詩とはいえない。働く者の姿を写実的に描写したものではなく。その行き方は大首絵の美人画を瓦魄譴砲垢襪發里世・蕕任△襦・BR この図で歌麿はこのような場面にみせる女心の表情を、女性二人を配して心憎い筆致で描き出している。梳きあげられた女のふじびたいも、まことに美しい。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『婦人手業拾二工・髪ゆい』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画【A352】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※手摺木版画で復刻 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画【A352】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※手摺木版画で復刻 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※手摺木版画で復刻 ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■教訓親の目鑑「ぐうたら兵衛」歌麿の晩年享和の頃の作で、十枚の揃物になっている。表現も着想も生き生きとして秀でている。ことにこの図は莫漣女の性情を余すところなく描き得て妙である。ただ気になるのは図上の解説で、長々となくもがなの感がある。当時の幕府の取り締まりを配慮しすぎての結果とも考えられるが、また反面歌麿の内面的な苦悩の一つの現れとみられないこともない。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『教訓親の目鑑・ぐうたら兵衛』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画【A353】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※手摺木版画で復刻 ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ...

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画【A353】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※手摺木版画で復刻 ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ...

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 咲分け言葉の花・おちゃっぴ 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※手摺木版画で復刻 ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■咲分け言葉の花「おちゃっぴ」教訓親の目鑑が性情的なものとすれば、このシリーズものは庶民風俗のなかで女性をスケッチしたものといえようか。享和の頃の作。粋でおきゃんな江戸の女、負けん気が強くて、涙もろい下町娘の面目が躍如としていてまことにほほえましい。歌麿の美人画らしい女の体臭はここには見当たらないが、せいせいする絵柄である。ほかにすけべいおぼこ、たわいなし、にくまれ盛り、などが知られている。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『咲分け言葉の花・おちゃっぴ』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画【A351】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画【A351】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 青楼七小町・扇屋内滝川 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■青楼七小町「扇屋内滝川」高く結いあげた黒髪に白い肌、涼しい目もとの瓜実顔に点じられた朱唇は、全体の渋い色調の中で匂うようだ。遊女とはいえ一流の滝川、崩れようとしてようやく支えられたほのかな気品が、哀れに美しい。寛政末期の作とされている。当時宣伝された遊女篠原、多賀袖、明石、花紫、白露、嘉瀬川の七図の揃物だが、ほかに歌麿は滝川を数枚描いている。署名に「正銘」の文字がみえるが、歌麿の盛名に模作が行われたものと思われる。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『青楼七小町・扇屋内滝川』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

特色工芸色紙1枚 浮世絵 美人画 寛政の三美人 作:喜多川歌麿 K3-003 【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

サン・ブレス

1,620

特色工芸色紙1枚 浮世絵 美人画 寛政の三美人 作:喜多川歌麿 K3-003 【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

★優美な趣を大胆な構図と繊細な線画で描く、歌麿芸術の「粋」。 ★喜多川歌麿:北斎、広重、写楽と並ぶ世界的に著名な浮世絵師。浮世絵の黄金期に春画や美人画絵師の第一人者として活躍した。 ★色の再現性が鮮やかな新絹本地に版画手彩色仕上げの特色工芸色紙です。日本土産に最適です。 ●サイズ:約幅24×高さ27cm ●特色工芸色紙:新絹本 お土産 海外手土産 日本土産 誕生日 新築祝 退職祝 御餞別 還暦祝 プレゼント 志 記念日 記念品 お礼 お祝い 内祝い お祝い返し 景品 ノベルティ 贈答品 コンペ 歓迎会 送別会 粗品 ※メーカー取り寄せ商品につき、ご入金・決済確認後、約7~10日でのお届けとなります。お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。 ※在庫共有によるメーカー欠品等の理由により、出荷まで更にお時間がかかる場合は別途ご連絡いたします。ご了承願います。 ※北海道・沖縄・島等の配達特別地域の配達は、別途、送料が追加となる場合がございます。その際は送料変更のご連絡をさせていただき、ご納得いただいた後の商品発送となります。日本画 掛軸 額絵 こちらからもご覧いただけます

喜多川歌麿『教訓親の目鑑・正直者』木版画【A349】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『教訓親の目鑑・正直者』木版画【A349】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 教訓親の目鑑・正直者 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■教訓親の目鑑「正直者」歌麿の盛時にみられた女性美の創造的探究の段階からようやく精神的、肉体的に転機を迎えた歌麿晩年の作、ぐうだら兵衛、ばくれん、不作者等十枚からなる一連の作品の一枚で、美追及の描写から個性的、性格的表現を覘って新しい境地を開拓しようとする意図がみられる。この揃物の中でもこの図柄は得に好ましく、乙女こころの愛くるしさが、構図を全体の配色の中で見事に描出されている。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『教訓親の目鑑・正直者』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

喜多川歌麿『当時全盛美人揃 若松屋内若づる』木版画【A315】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

ココクレアcococlea

9,546

喜多川歌麿『当時全盛美人揃 若松屋内若づる』木版画【A315】・【版画・絵画・美術品】・人物画 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています 人物画 女性画 着物 浮世絵 江戸時代 ■現品限り

商品の詳細 作家名 喜多川歌麿 作品名 当時全盛美人揃 若松屋内若づる 技法 木版画 額寸 ヨコ365xタテ440 (mm) 絵寸 ヨコ190xタテ290 (mm) 良好 額付き 箱付き ※少々、経年しています ■喜多川歌麿(きたがわうたまろ)1753年(宝暦3年)頃~1806年10月31日(文化3年9月20日)江戸時代に活躍した浮世絵師。喜多川派の祖。当初は黄表紙や洒落本などの挿絵を描く。 ついで役者の大首絵を美人画に採用、豊かな女性の表情を捉えた画風により、 寛政期、鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となった。葛飾北斎と並び国際的にもよく知られる。■当時全盛美人揃(とうじおいらんびじんぞろえ)若松屋内若づる玉屋内し津かと同一の図である。し津かの図では立膝の腿とそれに絡らむ下着は着物にかくされている。どちらをとるかはみる人の好みによって異なるだろう。このシリーズで、遊女たちのそれぞれの場面でみせる姿態を性情的に描き上げ、個々の体臭を描き分けようと意図されたものと思われ興味深いが、しかし多少無理にわたる点も散見される。■作品の状態 良好 少々経年の風合いがありますが良好です。■技法 手摺木版 復刻版 他の◆喜多川歌麿◆作品を検索喜多川歌麿『当時全盛美人揃 若松屋内若づる』木版画・【版画・絵画・美術品】・人物画

スポンサーリンク
スポンサーリンク