メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「吉岡浩太郎版画」検索結果。

吉岡浩太郎版画の商品検索結果全969件中1~60件目

吉岡浩太郎『不動明王』クリスタルプリント

内田画廊

3,996

吉岡浩太郎『不動明王』クリスタルプリント

不思議な光が奏でるヒーリングアート ■不動明王 見る人の位置によって変化するホノグラムの光の表現を 取り入れた新しいアート作品です。 虹色に浮かび上がる美しい光が見る人の心を、 ファンタジックな世界へと優しく癒してくれます。 【 不動明王 】 火炎の中に座し、剣と羅策を持ち、煩悩悪行を断つ使命を 持つ如来に使える不動使者です。 大慈悲をもって人々の所願成就を守護します。 こちらの作品は背面にスタンドが付属しております。 立てても掛けても飾ることができます。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ■吉岡浩太郎 1928年 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967年 スクリーン版画の研究を始める 1973年 絵画研究のため渡欧 1974年 セントラル画廊でシルクスクリーン 版画個展 1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997年 以降 毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004年 東京絵画フェスティバル出品 2006年 ユニセフ絵葉書に決定 2007年 技術評論社「和の趣」に掲載 2008年 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2009年 額縁絵画展出品制作 作家名 吉岡浩太郎 題 名 不動明王 技 法 クリスタルプリント 画面の寸法 横12.9×縦10.8cm 額縁の外寸法 縦31.5×横26.3×厚み1.7cm 額縁の仕様 ゴールド色版画額縁 裏面にスタンド壁吊り用金具・ひも (立て置き・壁掛け両用) 額縁の窓 ガラス マット 二重マット 箱 かぶせ箱 状態 新 品

吉岡浩太郎・昇龍赤富士(絵画・版画)

絵画生活

8,640

吉岡浩太郎・昇龍赤富士(絵画・版画)

版画: ジグレー、シルクスクリー 限定:500枚 額サイズ:43 x 34cm 額付価格幸運来福「昇龍赤富士」天の神とされる龍は神様の中でも最高位の位にあるとされる太陽神とも言われています。宇宙全体に光りを与え、角は生命力、髯は長寿、巨大な手足は天と地を表し万物すべてをあらわしたものとされ、富士山には風水の吉相の地と呼ばれる「龍穴」にエネルギーが集まると言われてます。フレーム作品の価値を最大限高めるため、上質な木製フレームで額装いたしました。 色:パールクリーム、材質:木、右下:フレーム形状、 表面:アクリル ジグレー、シルクスクリーン版画とはアメリカの版画技法の主流になりつつあるデジタル技法による精密機器を利用した版画です。色彩の美しさを徹底的に追求した特殊技法で、コンピューターによる色彩分析調整を行い特殊な用紙にプリントされています。さらに耐光性を強めるためにシルクスクリーン版画の技法により表面処理がされています版画について版画の場合、作品下部左側に 125/500 のように数字(エディション)が入っています。これは分母の数字が作成(限定)枚数を表し、分子の数字は、作品番号を表してます。作品番号は管理上の通し番号として、刷り順とは関係なく入れられます。又、下部右側には作家のサインが入ります。版画は愛好者が、作品を分かち合って持つことが出来る複数芸術で、現代の生活様式の中で、多くの人たちに支持されながら普及しているアートです。作家略歴1828年山口県生まれ、1949年シルク版による製作技術の習得および研究を始める。1951年香月泰男に洋画を学ぶ。1976年スクリーン版画の各種絵画の制作開始。1987年~95年ピクチャーショーに新作発表。1996年日連宗円頓寺(名古屋)正面壁画製作。現在、岐阜県各務原市在住...

吉岡浩太郎『石榴』(ざくろ)ジグレ版画

内田画廊

3,240

吉岡浩太郎『石榴』(ざくろ)ジグレ版画

■石 榴 たくさんの実をつけ、しかも一粒一粒の実の中に 種を宿す石榴は、古来より子宝の象徴として 尊ばれてきました。 旺盛なる活力、生命力の集合体として、子孫繁栄 家運隆昌をもたらすといわれる図柄です。 【ジグレ版画とは?】 アメリカでは主流になりつつある版画技法です。 デジタル技法による精密機器を利用したアートであり、色彩の美しさを 徹底的に追及した特殊技術によりコンピューターで色彩分析調整を行い 特殊な用紙にプリントされています。 ■吉岡浩太郎 1928年 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967年 スクリーン版画の研究を始める 1973年 絵画研究のため渡欧 1974年 セントラル画廊でスクリーン版画個展 1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997年 以降 毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌 (表紙)掲載 2004年 東京絵画フェスティバル出品 2006年 ユニセフ絵葉書に決定 2007年 技術評論社「和の趣」に掲載 2008年 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2009年 額縁絵画展出品制作 ●壁に掛けるのはもちろん 自立して立てて飾ることもできます。 (※画像と同じタイプのスタンドが額縁裏面に付属しています) 作家名 吉岡浩太郎 題 名 石 榴 技 法 ジグレ版画 落 款 作者サイン  限定部数 2000枚(画像の数字は見本です) 画面の寸法 10.5×15.5cm 額縁の寸法 24.7×29.7cm 額縁の仕様 アイボリー色版画額縁 裏面:壁吊り用金具・ひも 立て置き用スタンド 額縁の窓 ガラス マット 紙マット 状 態 新 品 箱 かぶせ箱

【インチサイズ】版画DP68 紫陽花吉岡浩太郎

絵画と額縁のアートギャラリー前田

3,780

【インチサイズ】版画DP68 紫陽花吉岡浩太郎

○ショップコメントパステル画調の花の作品です。作品名紫陽花作家名吉岡浩太郎○作品詳細作品の種類ジグレスクリーン版画作品の詳細エディション800部/作家サイン絵サイズ15.5X10.5センチ額縁サイズ27.5X22.5センチ額縁のタイプアルミ製デザイン額/アクリルガラス付/マット額装 ※ブラウン・ホワイトの額縁が選択できます。○吉岡浩太郎プロフィール1928年山口県に生まれる。 香月泰男に師事 1967年スクリーン版画の研究を始める 1973年絵画研修のため渡欧 1974年セントラル画廊でスクリーン版画個展 1989年絵画研修のため渡欧 1992年スクリーン版画個展 1996年日蓮宗 円頓寺壁画制作 1997年以降ピクチャーショーで新作を発表 各種カレンダー、雑誌の表紙に掲載 2001年東京絵画フェスティバル出品○吉岡浩太郎版画作品について◎吉岡浩太郎版画についてシルクスクリーンとジグレスクリーンの2種類の版画技法によって制作されています。 ・シルクスクリーン版画とは、絹の繊細な織布の上に製版し、熟達した高度な摺り技術により 一色ごとに丹念に摺りあげていく多色刷版画です。 ・ジグレスクリーン版画とは、デジタル技法による精密機器を利用したアートでコンピュータにより 色彩分析を行いプリントされています。さらに、耐光性を強まるためにシルクスクリーンによる 表面処理がされています。 ◎エディションとは、作品左下にある限定数をいいます。分母が刷り数で分子が通し番号です。 通し番号に価値の違いはありません。また、追加再販には、Sまたは'があります。 APナンバーは作家所有のエディションナンバーです。 ギフト対応

「大樹」 吉岡 浩太郎 シルクスクリーン

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

9,180

「大樹」 吉岡 浩太郎 シルクスクリーン

←画像をクリックすると拡大されます 作品名 大樹 作 者 吉岡 浩太郎 寸 法 額寸:約53cm×42cm 絵サイズ:約32.5cm×21cm 技 法 シルクスクリーン 作品説明 古くから大黒柱は「家と家族を守る」 神聖なものとして大切にされて きました。地方によっては柱の 上部に大黒天をお祀りしている 所もあります。しかし、建築様式が 著しく変化した昨今、大黒柱の ない家が急増しています。 風水では、「大樹」を大黒柱に 見立て、その絵を飾ることで 家内安全、家運隆昌の幸運を もたらすとされています。シルクスクリーン版画とは、従来からの絵画的表現では得られない強烈な色彩 や、グラデーションの美しさ、特に色むらのない色面や単純化された抽象的な 形の色面構成など、抽象画家や商業美術家達の間で盛んに用いられる技法で あります。従来から肉筆や印刷技術では到底及ぶものではありません。 作家が歳月をかけて研究し開拓した高度な製版技術、それは絹の繊細な織布で スクリーンを作り、その上にオリジナルなイメージを創作製版し、熟達した 高度の摺技術によって、一色ごと丹念に摺り上げ摺り重ねて完成した、芸術性 の高い作品です。

吉岡浩太郎『普賢菩薩』クリスタルプリント

内田画廊

3,996

吉岡浩太郎『普賢菩薩』クリスタルプリント

不思議な光が奏でるヒーリングアート ■普賢菩薩 見る人の位置によって変化するホノグラムの光の表現を 取り入れた新しいアート作品です。 虹色に浮かび上がる美しい光が見る人の心を、 ファンタジックな世界へと優しく癒してくれます。 【 普賢菩薩 】 理法や修行の実践の面を表し、長寿延命の徳を具え、 人々に繁栄をもたらします。 こちらの作品は背面にスタンドが付属しております。 立てても掛けても飾ることができます。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ■吉岡浩太郎 1928年 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967年 スクリーン版画の研究を始める 1973年 絵画研究のため渡欧 1974年 セントラル画廊でシルクスクリーン 版画個展 1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997年 以降 毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004年 東京絵画フェスティバル出品 2006年 ユニセフ絵葉書に決定 2007年 技術評論社「和の趣」に掲載 2008年 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2009年 額縁絵画展出品制作 作家名 吉岡浩太郎 題 名 普賢菩薩 技 法 クリスタルプリント 画面の寸法 横12.9×縦10.8cm 額縁の外寸法 縦31.5×横26.3×厚み1.7cm 額縁の仕様 ゴールド色版画額縁 裏面にスタンド壁吊り用金具・ひも (立て置き・壁掛け両用) 額縁の窓 ガラス マット 二重マット 箱 かぶせ箱 状態 新 品

吉岡浩太郎『虚空蔵菩薩』クリスタルプリント

内田画廊

3,996

吉岡浩太郎『虚空蔵菩薩』クリスタルプリント

不思議な光が奏でるヒーリングアート ■虚空蔵菩薩 見る人の位置によって変化するホノグラムの光の表現を 取り入れた新しいアート作品です。 虹色に浮かび上がる美しい光が見る人の心を、 ファンタジックな世界へと優しく癒してくれます。 【 虚空蔵菩薩 】 一切の功徳を包蔵し大無辺の福徳智慧で、人々の願望を 叶えます。 こちらの作品は背面にスタンドが付属しております。 立てても掛けても飾ることができます。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ■吉岡浩太郎 1928年 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967年 スクリーン版画の研究を始める 1973年 絵画研究のため渡欧 1974年 セントラル画廊でシルクスクリーン 版画個展 1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997年 以降 毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004年 東京絵画フェスティバル出品 2006年 ユニセフ絵葉書に決定 2007年 技術評論社「和の趣」に掲載 2008年 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2009年 額縁絵画展出品制作 作家名 吉岡浩太郎 題 名 虚空蔵菩薩 技 法 クリスタルプリント 画面の寸法 横12.9×縦10.8cm 額縁の外寸法 縦31.5×横26.3×厚み1.7cm 額縁の仕様 ゴールド色版画額縁 裏面にスタンド壁吊り用金具・ひも (立て置き・壁掛け両用) 額縁の窓 ガラス マット 二重マット (作者名プレートあり・なしを お選びいただけます) 箱 かぶせ箱 状態 新 品

吉岡浩太郎『天照皇大神』アートプリント額装

内田画廊

3,024

吉岡浩太郎『天照皇大神』アートプリント額装

■天照皇大神 近年の住宅には、神仏をおまつりする祭壇や 家庭内の芸術鑑賞の場である床の間すら 影をひそめる時代となりました。 そこで床の間に掛けていた「天照皇大神」の 掛軸が、飾りやすいミニ額になって登場しました。 家族の集まる団らんの居間や 寝室の壁面にも飾ってみてください。 心に限りない安らぎが訪れ 平安の境地へと導かれることでしょう。 ★こちらの作品は、壁掛けはもちろん 立てて飾ることができます。 額縁裏面の画像と同じタイプのスタンドです。 ■吉岡浩太郎 1928年 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967年 スクリーン版画の研究を始める 1973年 絵画研究のため渡欧 1974年 セントラル画廊でシルクスクリーン 版画個展 1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997年 以降 毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004年 東京絵画フェスティバル出品 2006年 ユニセフ絵葉書に決定 2007年 技術評論社「和の趣」に掲載 2008年 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2009年 額縁絵画展出品制作 作家名 吉岡浩太郎 題 名 天照皇大神 技 法 アートプリント額装 額縁の寸法 28.7×24.6cm 額縁の仕様 1:ブラウン 2アイボリー 裏面に額吊金具・ひもスタンド付き 額縁の窓 ガラス おすすめ 神 道 状 態 新 品

「招福」 吉岡 浩太郎 シルクスクリーン

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

8,925

「招福」 吉岡 浩太郎 シルクスクリーン

←画像をクリックすると拡大されます 作品名 招福 作 者 吉岡 浩太郎 寸 法 額寸:約53cm×42cm 絵サイズ:約32.5cm×21cm 技 法 シルクスクリーン 作品説明 「お客様は福の神です。」右手を挙げると 金運を呼び込み、挙げた手が 耳より高ければ遠方からも福がやって 来るという招き猫は、江戸時代後期、 花街や飲食店で愛用されその後、 庶民の間にも普及しました。 また、ピンと立った耳は情報を収集し、 大きく見開いた眼は小さな幸運をも 見逃さず、手に持った小判は金運・ 財運 を表し、背景の小判は努力をした 結果花開く繁栄を表しています。シルクスクリーン版画とは、従来からの絵画的表現では得られない強烈な色彩 や、グラデーションの美しさ、特に色むらのない色面や単純化された抽象的な 形の色面構成など、抽象画家や商業美術家達の間で盛んに用いられる技法で あります。従来から肉筆や印刷技術では到底及ぶものではありません。 作家が歳月をかけて研究し開拓した高度な製版技術、それは絹の繊細な織布で スクリーンを作り、その上にオリジナルなイメージを創作製版し、熟達した 高度の摺技術によって、一色ごと丹念に摺り上げ摺り重ねて完成した、芸術性 の高い作品です。

吉岡浩太郎『阿弥陀如来』クリスタルプリント

内田画廊

3,996

吉岡浩太郎『阿弥陀如来』クリスタルプリント

不思議な光が奏でるヒーリングアート ■阿弥陀如来 見る人の位置によって変化するホノグラムの光の表現を 取り入れた新しいアート作品です。 虹色に浮かび上がる美しい光が見る人の心を、 ファンタジックな世界へと優しく癒してくれます。 【 阿弥陀如来 】 阿弥陀如来は元印度の王族に生まれ出家し修行を重ね、 48の誓願を起こし徳を積んで阿弥陀仏となり、西方浄土より 人々の悩み不安を救済し、永遠の至福をもたらします。 こちらの作品は背面にスタンドが付属しております。 立てても掛けても飾ることができます。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ■吉岡浩太郎 1928年 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967年 スクリーン版画の研究を始める 1973年 絵画研究のため渡欧 1974年 セントラル画廊でシルクスクリーン 版画個展 1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997年 以降 毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004年 東京絵画フェスティバル出品 2006年 ユニセフ絵葉書に決定 2007年 技術評論社「和の趣」に掲載 2008年 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2009年 額縁絵画展出品制作 作家名 吉岡浩太郎 題 名 阿弥陀如来 技 法 クリスタルプリント 画面の寸法 横12.9×縦10.8cm 額縁の外寸法 縦31.5×横26.3×厚み1.7cm 額縁の仕様 ゴールド色版画額縁 裏面にスタンド壁吊り用金具・ひも (立て置き・壁掛け両用) 額縁の窓 ガラス マット 二重マット 箱 かぶせ箱 状態 新 品

吉岡浩太郎『千手観音菩薩』クリスタルプリント

内田画廊

3,996

吉岡浩太郎『千手観音菩薩』クリスタルプリント

不思議な光が奏でるヒーリングアート ■千手観音菩薩 見る人の位置によって変化するホノグラムの光の表現を 取り入れた新しいアート作品です。 虹色に浮かび上がる美しい光が見る人の心を、 ファンタジックな世界へと優しく癒してくれます。 【 千手観音菩薩 】 千手観音菩薩は、千手千眼(大悲金剛)と称し、あらゆる 災難と苦難から人々を救済するもので不変の慈悲で 安らぎをもたらします。 こちらの作品は背面にスタンドが付属しております。 立てても掛けても飾ることができます。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ■吉岡浩太郎 1928年 山口県に生まれる 香月泰男に師事 1967年 スクリーン版画の研究を始める 1973年 絵画研究のため渡欧 1974年 セントラル画廊でシルクスクリーン 版画個展 1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作 1997年 以降 毎年ピクチャーショーで新作発表 各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載 2004年 東京絵画フェスティバル出品 2006年 ユニセフ絵葉書に決定 2007年 技術評論社「和の趣」に掲載 2008年 西京銀行2008年カレンダー採用 風水版画展開催 2009年 額縁絵画展出品制作 作家名 吉岡浩太郎 題 名 千手観音 技 法 クリスタルプリント 画面の寸法 横12.9×縦10.8cm 額縁の外寸法 縦31.5×横26.3×厚み1.7cm 額縁の仕様 ゴールド色版画額縁 裏面にスタンド壁吊り用金具・ひも (立て置き・壁掛け両用) 額縁の窓 ガラス マット 二重マット 箱 かぶせ箱 状態 新 品

スポンサーリンク
スポンサーリンク