メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「十二支人形」検索結果。

十二支人形の商品検索結果全3件中1~3件目

『ちりめん十二支 未(ひつじ)』手作りちりめん細工 未(ひつじ)干支飾り リュウコドウ

京都 和匠ポラーコ

1,080

『ちりめん十二支 未(ひつじ)』手作りちりめん細工 未(ひつじ)干支飾り リュウコドウ

※この商品はゆうパケットはご利用いただけません。 ギフト対応 > 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_メッセ入力】 ◆ギフト対応させていただきます。ご要望はご注文画面SREP3の備考欄にご記入下さい。 その他の干支飾りはこちら▼ その他の夏の風物詩はこちら▼ お手持ちのお人形や置物の雰囲気をさらに演出してくれる屏風。『屏風特集』はこちら▼限定生産のためお早めのご注文をどうぞよろしくお願いいたします。 新年はこだわりの和柄のお正月飾りで… ☆招福の願いを形に…☆群れなす羊は同じ行動を取って大勢で暮す事から、家族の安泰を示しいつまでも平和に暮らす事から縁起がよいとされています。 真心こめてひとつひとつ手作りしています。 なつかしく、誰もが心を和ませる手作りのぬくもり。 商品詳細 素材 レーヨンちりめん・他 サイズ 約幅 特徴 手作り京都発高級感あふれる手作りちりめん細工。 和室にも洋室にも場所を選ばず、飾るだけでなごみの空間を作り出してくれます。 ご注意 商品写真はできる限り現品を再現するように心掛けておりますが、画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合がございます。予めご了承ください。

こちらの関連商品はいかがですか?

掛け軸 武藤純一 十二支 卯歳生御守本尊 文殊菩薩 仏画 掛軸

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

3,651

掛け軸 武藤純一 十二支 卯歳生御守本尊 文殊菩薩 仏画 掛軸

商品名: 開運十二支御守本尊 文殊菩薩 作家名:武藤純一(本号:恒星) ■ 作家画歴 昭和34年、岐阜県出身 得意:仏画・人物 彩現会 会友 ■ 商品説明 「卯」歳生まれの人は、文殊菩薩が御守りします。 文殊菩薩は、古来より「文殊の智慧」又は、「仏道中の父母」と呼ばれ、 人々の学業を助け知恵を伝授します。 作品については画面を見てご確認ください。 写真は出来るだけ実物と近づけていますがどうしても差異が発生する事がありますのでご了承下さい。 技法:オフセットによる複製 ◆ 額寸法: 縦38.5cm×横35.5cm ◆ 絵寸法: 縦26cm×横23cm この商品に付きましては送料及び手数料が別途かかります。 お問い合わせ下さい。 ◆年中掛けにお勧めする掛け軸は 「山水」「開運」「神社掛」などが代表的なものです。 ◆行事によってお盆やお彼岸、法事ごとに掛ける掛け軸は 「仏掛」「六字名号」「観音様」 ◆お正月やおめでたい時に掛ける「祝掛」として掛ける掛け軸は 「高砂」「旭日」「赤富士」 ◆節句に掛ける掛け軸は 「立雛」「武者」「天神様」 ◆季節に合わせた掛け軸は 「花鳥図」などいろいろです

絵画 いわさきちひろ 花の国のこどもたち 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 花の国のこどもたち 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 花の国のこどもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』...

絵画 いわさきちひろ 毛糸を編む少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 毛糸を編む少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 毛糸を編む少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 竹村定之進 東洲斎写楽 浮世絵 色紙 額

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

540

絵画 竹村定之進 東洲斎写楽 浮世絵 色紙 額

メール便発送の為、 ポスト(縦型)ですと色紙が入りません。 オレ・シワ等が発生いたしますので ご注文はご遠慮下さいますよう 宜しくお願い致します。 他のポストの方も ポストのサイズをご確認頂きまして ご注文の程、宜しくお願い致します。 ポストの巾が28cm以上ありますか ご確認下さい。 横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:竹村定之進 作家名:東洲斎写楽 ■作家略歴 江戸時代の浮世絵師である。 寛政6年(1794年)から翌年にかけて、 およそ10ヶ月の期間内に約145点余の錦絵作品を出版した後、 浮世絵の分野から姿を消した。 本名、生没年、出生地などは長きにわたり不明であり、 その正体については様々な研究がなされてきたが、 現在では阿波の能役者 斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、1763年? - 1820年?) だとする説が有力となっている ■ 商品説明 娘の不義理の責任をとって切腹するという 役どころの竹村定之進。 引きゆがめられた唇からは、 今にも声が漏れそうな感じさえします! K3-023 注意:メール便にて1点づつの発送となります。 額入りは上記と異なります。 技法:印刷 注意: この商品には額が付いていません。 別途に額付きの場合はプラス2140円となります。 ◆色紙サイズ/約幅24.2×約高さ27.3cm ★額外寸:約縦38.5cm×約横35.5cm ご贈答品に最適です。お勧めいたします。 のし代、書き込み代無料 包装紙代は150円かかります。 額をご希望の場合は額を購入するに変更して下さい。 送料全国一律:240円 注意:こちらの商品はメール便対応ですので 同梱包は出来ません。 ご了承の程、宜しくお願い致します。 新品の色紙の為.オレ・シワが出来ないよう。...

絵画 いわさきちひろ マフラーをした少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ マフラーをした少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 マフラーをした少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞...

絵画 いわさきちひろ アヒルとクマと赤ちゃん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ アヒルとクマと赤ちゃん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 アヒルとクマと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ 和服の少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 和服の少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 和服の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞(絵本...

絵画 いわさきちひろ チューリップのなかの男の子 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ チューリップのなかの男の子 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップのなかの男の子 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ ビーズの指輪をしたあかちゃん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ ビーズの指輪をしたあかちゃん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 ビーズの指輪をしたあかちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

絵画 いわさきちひろ あやめと少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ あやめと少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あやめと少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞(絵本...

絵画 いわさきちひろ 木の葉の精 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 木の葉の精 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 木の葉の精 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ ピンクのうさぎと赤ちゃん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ ピンクのうさぎと赤ちゃん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 ピンクのうさぎと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ 水仙と母子像 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 水仙と母子像 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 水仙と母子像 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ 「母の日」 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 「母の日」 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 「母の日」 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ すすきと子どもたち 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ すすきと子どもたち 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 すすきと子どもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞...

絵画 いわさきちひろ 美登利 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 美登利 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 美登利(童心社「たけくらべ」より) 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

絵画 いわさきちひろ おつむてんてん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ おつむてんてん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 おつむてんてん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ ぶどうを持つ少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ ぶどうを持つ少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 ぶどうを持つ少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ チューリップのある少女像 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ チューリップのある少女像 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップのある少女像 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

絵画 いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 草むらの小鳥と少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』...

絵画 奴江戸兵衛 東洲斎写楽 浮世絵/色紙 額

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

540

絵画 奴江戸兵衛 東洲斎写楽 浮世絵/色紙 額

メール便発送の為、 ポスト(縦型)ですと色紙が入りません。 オレ・シワ等が発生いたしますので ご注文はご遠慮下さいますよう 宜しくお願い致します。 他のポストの方も ポストのサイズをご確認頂きまして ご注文の程、宜しくお願い致します。 ポストの巾が28cm以上ありますか ご確認下さい。 横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:奴江戸兵衛 作家名:東洲斎写楽 ■作家略歴 江戸時代の浮世絵師である。 寛政6年(1794年)から翌年にかけて、 およそ10ヶ月の期間内に約145点余の錦絵作品を出版した後、 浮世絵の分野から姿を消した。 本名、生没年、出生地などは長きにわたり不明であり、 その正体については様々な研究がなされてきたが、 現在では阿波の能役者 斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、1763年? - 1820年?) だとする説が有力となっている ■ 商品説明 大胆なデフォルメと繊細な線描で 歌舞伎の真髄を描く大首絵の代表作 当時の人気役者のブロマイド的な 作品が現代に蘇ります。 K3-021 注意:メール便にて1点づつの発送となります。 額入りは上記と異なります。 技法:印刷 注意: この商品には額が付いていません。 別途に額付きの場合はプラス2140円となります。 ◆色紙サイズ/約幅24.2×約高さ27.3cm ★額外寸:約縦38.5cm×約横35.5cm ご贈答品に最適です。お勧めいたします。 のし代、書き込み代無料 包装紙代は150円かかります。 額をご希望の場合は額を購入するを選択して下さい。 送料全国一律:240円 注意:こちらの商品はメール便対応ですので 同梱包は出来ません。 ご了承の程、宜しくお願い致します。 新品の色紙の為.オレ・シワが出来ないよう。...

絵画 いわさきちひろ あやとりをする少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ あやとりをする少女 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あやとりをする少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞...

絵画 いわさきちひろ 緑の風のなかで 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ 緑の風のなかで 額 児童画 色紙

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 緑の風のなかで 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞(絵本...

絵画 いわさきちひろ わらびを持つの少女 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ わらびを持つの少女 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 わらびを持つの少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』...

絵画 いわさきちひろ チューリップと赤ちゃん 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ チューリップと赤ちゃん 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

絵画 いわさきちひろ はなぐるま 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ はなぐるま 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 作品名:いわさきちひろ色紙 はなぐるま 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』)...

絵画 いわさきちひろ あかちゃんのくるひ 額 児童画 色紙

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,217

絵画 いわさきちひろ あかちゃんのくるひ 額 児童画 色紙

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あかちゃんのくるひ 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
虚空蔵菩薩・純金鍍金・厨子付き・渡辺景秋作【お取り寄せ商品】77-52

風水ドラゴン

13,824

虚空蔵菩薩・純金鍍金・厨子付き・渡辺景秋作【お取り寄せ商品】77-52

虚空蔵菩薩は あらゆる祈願に応えると言われている菩薩です。梵名は「アーカーシャ・ガルバ」または「ガガナ・ガンジャ」といい、広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩という意味です。智恵・知識・記憶といったご利益がある菩薩として信仰されています。どんな力にも打ち勝つ事ができる無限に大きな力を持ち、全ての福徳と智慧をさずけると言われています。 虚空蔵とは宇宙のような無限の知恵と慈悲が収まっている蔵(貯蔵庫)を意味し、人々の願えを叶えるために蔵から取り出して知恵や記憶力、知識を与えてくれるとされています。 真言宗の開祖・弘法大師は虚空蔵菩薩の真言を100万遍唱えるという虚空蔵求聞持法を行ったそうですよ。無限の記憶力がつき、仏の知恵を体得することができるといわれています。求聞持法の本尊像のほかに、増益や除災を願って行う修法の本尊である五大虚空蔵菩薩があります。これは虚空蔵菩薩の持つ智恵を5方に配し、金剛界五仏の変化した姿としたものです。 成績向上、記憶力増進、頭脳明晰、商売繁盛、技芸向上のご利益があります。また、丑・寅年の守り本尊です。丑・寅年に生まれた人々の開運、厄除け、祈願成就を助けるといわれています。 ●内容1)厨子の高さ95mm×巾65mm×奥行き43mm。厨子付き・渡辺景秋作。日本製。亜鉛合金製・純金メッキです。2)化粧箱入り。 【ご注意】こちらの商品は【お取り寄せ商品】です。在庫の有無やお届け期日などにつきましては店舗からの詳細メールをご確認ください。予めご了承くださいませ。【仏像】【菩薩】

送料無料
御木幽石(みきゆうせき)木製色紙額 「開運招福」【色紙額/書画/インテリア/アート額/新築祝い/お祝い/各種ギフト/贈答品/贈り物/かわいい/木製額/作品/和室/絵画/和体書/デザイナー/書家】

ギフトプラザ フレンド

6,804

御木幽石(みきゆうせき)木製色紙額 「開運招福」【色紙額/書画/インテリア/アート額/新築祝い/お祝い/各種ギフト/贈答品/贈り物/かわいい/木製額/作品/和室/絵画/和体書/デザイナー/書家】

商品詳細 御木幽石(みきゆうせき)木製色紙額「開運招福」 小倉生まれの書家・和書体デザイナー御木幽石(みきゆうせき)作。 枠にとらわれない自由な発想の現代書をテーマに活躍中 ご自宅使用はもちろん、贈り物やお返しでもきっと喜ばれます。 選べるギフト包装・のし・メッセージカードも無料です。紙袋を必要な場合は別途お買求め下さい。 メッセージ内容 「開運招福 長楽無極 家内安全 福寿海無量 瑞気集門」 商品スペック ●現品:41×38cm ●木製額(壁掛け・置き兼用) ギフト対応について 包 装 のし紙 のし掛け方 のし上・のし下 メッセージカード 紙 袋 複数お届け先リスト おすすめのギフトシーン 結婚引出物 結婚内祝い 結婚御祝い 出産内祝い 命名内祝い 初節句 七五三 入学内祝い 進学内祝い 快気祝い 快気内祝い 全快祝い 新築内祝い 上棟祝い 母の日 父の日 敬老の日 結婚式引き出物 法事引き物 長寿祝い 入園内祝い 卒園内祝い 卒業内祝い 就職内祝い 各種 内祝い・お返し 入園祝い 卒園祝い 入学祝い 進学祝い 卒業祝い 就職祝い 新築祝い 初老祝い 還暦祝い 古稀祝い 喜寿祝い 傘寿祝い 米寿祝い 卒寿祝い 白寿祝い 長寿祝いお返し グルメ・お歳暮 年始挨拶 ゴルフコンペ 記念品 賞品 粗品 粗供養 法要 香典返し 志 満中陰志 メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています御木幽石 木製色紙額 「開運招福」 心あたたまる癒しの書画「御木幽石」の世界 小倉生まれの書家・和書体デザイナー御木幽石(みきゆうせき)作。 枠にとらわれない自由な発想の現代書をテーマに活躍中 ご自宅使用はもちろん、贈り物やお返しでもきっと喜ばれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク