メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リャド」検索結果。

リャドの商品検索結果全1件中1~1件目

送料無料
【作家名】ホワキン・トレンツ・リャド【作品名】マルパスの入り江

アートギャラリーモトカワ

324,000

【作家名】ホワキン・トレンツ・リャド【作品名】マルパスの入り江

●画家名:ホワキン・トレンツ・リャド ●作品名:マルパスの入り江 ●絵のサイズ: W71×H71cm ●額装サイズ:W84×H84cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:リャド直筆鉛筆サイン ホワキン・トレンツ・リャドがシルクスクリーンの版画で制作した海の絵「マルパスの入り江」は、1992年にリリースされた海の絵のシルクスクリーンです。 ホワキン・トレンツ・リャドらしい大胆で確かな筆さばきにより描かれた素晴らしい海の絵です。 ホワキン・トレンツ・リャドの絵画や版画は花や女性を描いた作品が多いですが流石に海の絵を描いてもホワキン・トレンツ・リャドが描くと天才だなと納得できます。 このシルクスクリーンの版画はホワキン・トレンツ・リャドが、精力的に制作活動をしていた1992年にリリースされ、もちろんホワキン・トレンツ・リャドの直筆鉛筆サインが入っています。 ホワキン・トレンツ・リャドのファンにとってはコレクターズ・アイテムの一つと言ってもいいシルクスクリーンの版画作品です。 ホワキン・トレンツ・リャドがシルクスクリーンの版画で制作した海の絵「マルパスの入り江」をぜひご自宅のインテリアやコレクションの絵としてご購入ください。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【作家名】朝日みお【作品名】ねこサーカス・6

アートギャラリーモトカワ

20,000

【作家名】朝日みお【作品名】ねこサーカス・6

●画家名:朝日みお ●作品名:ねこサーカス・6 ●絵のサイズ:W18×H14,8cm ●額装サイズ:W39,5×H30,5cm ●版画の技法:銅版画 ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:17/25 朝日みおさんの猫の銅版画「ねこサーカス・6」は、エッチングとアクアチントの技法を併用して制作された猫の絵の銅版画作品です。 「ねこ貝から飛び出す」というサブタイトルが付いた面白い猫の絵の銅版画です。 朝日みおさんの猫のサーカスシリーズは、とても人気のある銅版画作品なのですが、限定枚数がたったの25枚しかなく、すぐにソールドアウトになってしまいます。 猫が好きな方には心からお奨めしたい銅版画作品です。 我が家の飼い猫は貝から飛び出すことはありませんが、透明のビニールの袋が大好きで、袋の中に自ら入り、僕と妻が触ると袋から飛び出してきて驚かそうとします。 僕らはもうそれに慣れているので驚きはしないのですが、演技で驚いた仕草をすると調子に乗って何度も繰り返します。 まったく困った猫です。 朝日みおさんが銅版画で制作した猫の絵「ねこサーカス・6」を、ぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】石井清【作品名】モネの池の小道・B

アートギャラリーモトカワ

48,000

【作家名】石井清【作品名】モネの池の小道・B

●画家名:石井清 ●作品名:モネの池の小道・B ●絵のサイズ:W29×H37,5cm ●額装サイズ:W46,5×H59cm ●絵画の技法:ジークレー ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:AP(作家保存版) 石井清先生がジークレーの版画で制作した絵「モネの池の小道・B」は、モネの池と、その周りに咲き乱れる花や柳の枝の色彩が、見事なコントラストで描かれたジークレーの版画です。 石井清先生は、モネの池のシリーズを描くために、フランスのジヴェルニーのモネの庭まで、何日も通ってパステル画の絵画を描かれました。 そのパステル画の絵画の中から、特にお気に入りの絵を選んでジークレーの版画を制作しました。 その中の一つが「モネの池の小道・B」です。 ジヴェルニーの明るい太陽の光に照らされたモネの池の美しさが、見事に表現された素晴らしいジークレーの版画です。 石井清先生はジークレーの版画だけでは飽き足らず、その版画の一つ一つにパステルで手彩を加えています。 しかも少しの部分だけに加筆したのではなく、全体にまんべんなくパステルで加筆しています。 絵だけを見るとジークレーの版画ではなく、パステル画の絵画にしか見えません。 アートギャラリーモトカワが絶対の自信を持ってお薦めする石井清先生のジークレーの版画「モネの池の小道・B」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】池上壮豊 【作品名】月庭

アートギャラリーモトカワ

126,000

【作家名】池上壮豊 【作品名】月庭

●画家名:池上壮豊 ●作品名:月庭 ●絵のサイズ: W51×H67cm ●額装サイズ:W71×H90cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:36/55 池上壮豊先生がシルクスクリーンの版画で制作した桜の花の絵「月庭」は、1985年に制作された桜の花の絵のシルクスクリーンです。 月の色やその背景の色は、シルクスクリーンの刷りでは一番難しいと言われている金色で描かれています。 普通、シルクスクリーンは専門の工房で刷りの職人さんによって制作されます。 しかし金の色は空気中の僅かなほこりでも付着してしまうので、刷りの職人さんでも制作をいやがります。 また工房にシルクスクリーンの版画を発注すると、かなり高い料金がかかります。 ですからこのクオリティのシルクスクリーンになると、なかなかこの価格では販売できません。 しかし池上壮豊先生は刷りの行程まで全部を自分一人でやられるシルクスクリーンのスペシャリストですから、このような芸当ができるのです。 日本画の画家さんの版画によく金色が使われていますが、金箔を貼った作品がほとんどです。 金箔はきれいですが、傷が付きやすいという欠点がありますので、理想的には池上壮豊先生の桜の花の絵のように金色のインクで刷ることがベストだと思います。 池上壮豊先生がシルクスクリーンの版画で制作された桜の花の絵「月庭」は、アートギャラリーモトカワにご来店されるお客様にも非常に人気があって、何人ものお客様にご購入いただきました。 普通の桜の花の絵と違って、この作品は豪華で金の色にも品があるとよくお客様に褒められます。 まるで錦絵のように美しい桜の花の絵だと言われたお客様もおられました。 池上壮豊先生がシルクスクリーンの版画で制作した桜の花の絵「月庭...

送料無料
【作家名】本荘正彦 【作品名】ミツバツツジ

アートギャラリーモトカワ

25,000

【作家名】本荘正彦 【作品名】ミツバツツジ

●画家名:本荘正彦 ●作品名:ミツバツツジ ●絵のサイズ:W23×H11cm ●額装サイズ:W39,5×H30,5cm ●版画の技法:木版画 ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:28/50 本荘正彦さんが木版画で制作した和の花の絵「ミツバツツジ」は、柔らかでしっとりとしたピンクの色がとても美しい和の絵の木版画です。 ミツバツツジはおもに関東地方から近畿東部地方の太平洋側に分布しています。 やせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育します。 古くから庭木としても植えられてきましたが、野生ではあまり見られません。 ミツバツツジは4月から5月頃に咲くピンクの花が美しく、花が終わってから葉が出てきます。 枝先に三枚の葉がつくことからミツバツツジという名が付いたと言われています。 本荘正彦さんらしい瑞々しい和の花の絵は、見ているだけで心に静寂をもたらせてくれます。 和室や和のテイストの空間にさりげなく、こんな花の絵が飾られているだけで、そこに住む人の美意識が伝わってくるようです。 ちなみにミツバツツジの花言葉は、「節制」、「抑制のきいた生活」、「平和」、「自制心」などです。 ミツバツツジの花のイメージにぴったりな花言葉だと思います。 本荘正彦さんが木版画で制作した和の花の絵「ミツバツツジ」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】阿蘇・瀬の本高原

アートギャラリーモトカワ

260,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】阿蘇・瀬の本高原

●画家名:内藤謙一 ●作品名:阿蘇・瀬の本高原 ●絵のサイズ: W74,5×H34,5cm ●額装サイズ:W93×H48cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サイン 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「阿蘇・瀬の本高原」は2015年に描かれた水彩画の絵画です。 瀬の本高原は、熊本の阿蘇東端と大分県久住町にまたがる壮大な高原地帯です。 南には阿蘇五岳、北にはくじゅう連山を望み、その真ん中を山並みハイウエイが走っています。 その眺めは雄大で、眺めているだけで気持ちが晴れ晴れしてくるようです。 その瀬の本高原の美しい花と緑の中に何故か馬に跨る三人の武者が・・・。 その理由は、あの有名な黒澤明監督の映画「乱」のワンシーンが、この瀬の本高原で撮影されたため、内藤謙一さんが遊び心で描いたものです。 内藤謙一さんは、(株)電通で長くビジュアルを作ってきた方なので、こういった遊び心がふんだんに絵の中に見られます。 牧歌的な瀬の本高原の風景に武者は似合わないように思えますが、どこか戦国時代にタイムスリップしたようにも思えます。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「阿蘇・瀬の本高原」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】南正雄 【作品名】サンクス・P

アートギャラリーモトカワ

12,000

【作家名】南正雄 【作品名】サンクス・P

●画家名:南正雄 ●作品名:サンクス・P ●絵のサイズ: :W12×H12cm ●額装サイズ:W31,5×H31,5cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:2/20 南正雄先生がシルクスクリーンの版画で制作したハートの絵「サンクス・P」は、2015年に制作されたハートのシルクスクリーンです。 限定枚数は僅かに20枚の希少なハートの絵です。 ハートは可愛いピンクの色で描かれ、回りの飾りがとてもお洒落です。 南正雄先生のシルクスクリーンの版画は全てご自宅に開設された自前の版画工房で制作されます。 シルクスクリーンの全ての工程を南正雄先生が一人で行います。 1986年に工房を開設して以来、30年以上の長きにわたってシルクスクリーンの版画一筋に制作を続けてこられました。 このハートの絵にも使われている金の色などは、傷つきやすいので版画工房の刷り師の職人でも嫌がる作業です。 南正雄先生はこれまでに1200種類を超えるシルクスクリーンの版画を制作してこられ、その技術の高さは匠のレベルです。 「サンクス・P」と名づけられたこのハートのシルクスクリーンも完璧な技術に裏付けされた素晴らしくクオリティの高い作品です。 家族や友人、恋人などに感謝の気持ちを伝える贈り物として最適なハートの絵だと思います。 南正雄先生がシルクスクリーンの版画で制作したハートの絵「サンクス・P」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】海老原昭治【作品名】梅

アートギャラリーモトカワ

80,000

【作家名】海老原昭治【作品名】梅

●画家名:海老原昭治 ●作品名:梅 ●絵のサイズ:W27,3×H22cm(F3号) ●額装サイズ:W42×H36,5cm ●絵画の技法:油絵 ●サイン:作家直筆サイン 海老原昭治さんが油絵の絵画で描いた絵「梅」は、かなり老木の梅を描いた油絵の絵画です。 老木の梅ですが、今でも生命力に溢れ鮮やかな梅の花を咲かせています。 海老原昭治さんも、もうすぐ90才を迎える大ベテランの画家さんなので、何かリンクする感じがします。 F3号というサイズの小品の油絵ですが、油絵の具がかなり分厚く塗られ、立体感を感じる梅の木の絵画です。 梅の花は古くから日本人に愛されてきました。 江戸時代以降の花見といえば桜ですが、奈良時代以前に「花」といえば梅のことでした。 平安時代、菅原道真が愛した花としても知られ、菅原道真とその神格化である学問の神、天神のシンボルとしても梅が使用されています。 この油絵の絵画の制作年数は判りませんが、保存状態も完璧で油絵の具の剥離や汚れは一切ありません。 お客様のお好みの額にお入れしてお届けいたします。 海老原昭治さんが油絵の絵画で描いた絵「梅」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】大場正男【作品名】トラ

アートギャラリーモトカワ

25,000

【作家名】大場正男【作品名】トラ

●画家名:大場正男 ●作品名:トラ ●絵のサイズ:W15×H10,5cm ●額装サイズ:W33×H27cm ●版画の技法:ペーパースクリーン ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:作家保存版 大場正男先生がペーパースクリーンの版画で制作した絵「トラ」は、大場正男先生らしいユニークで愛嬌のあるトラの絵です。 版画のシートには「ToRa」とタイトルが書かれています。 大場正男先生はペーパースクリーンという版画の技法の第一人者で、世界的にも非常に評価が高く、コレクターが数多くいる方です。 しかし2008年に亡くなられて、今現在ではマーケットには、ほとんど売り物はありません。 あったとしても作品の保存状態があまり良くないものが多いようです。 今回ご紹介している大場正男先生のペーパースクリーンの版画「トラ」は、嬉しいことに保存状態は完璧です。 焼けや染み、浪うちなど一切ない美しい宝石を見るようなペーパースクリーンの版画作品です。 大場正男先生のファンやコレクターの方には心からお薦めできる作品です。 大場正男先生がペーパースクリーンの版画で制作した絵「トラ」をぜひご自宅のインテリアやコレクション、プレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】ドナルド・サルタン 【作品名】スペードのエース

アートギャラリーモトカワ

230,000

【作家名】ドナルド・サルタン 【作品名】スペードのエース

●画家名:ドナルド・サルタン ●作品名:スペードのエース ●絵のサイズ: W20×H29cm ●額装サイズ:W55,5×H71cm ●版画の技法:銅版画 ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ドナルド・サルタンが銅版画で制作したトランプの絵・「スペードのエース」は制作されて20年以上が経過している銅版画作品ですが、今見ても斬新で現代的な銅版画作品です。 ドナルド・サルタンは画家・版画家・彫刻家として幅広く活躍し、今やアメリカを代表する芸術家としての地位を確立しました。 伝統的モチーフである静物画に独自の斬新でモダンな方法でアプローチしています。 対象物が大胆に拡大された構図は幾何学的でありながらも、しっかりと本質を捉えています。 特にフルーツや花・ドミノ・トランプなど身の周りのオブジェクトを描いた作品が人気を集めています。 このスペードのエースというタイトルの銅版画は1990年に「プレイイング・カード」 というシリーズの一作としてリリースされた銅版画です。 今や巨匠の仲間入りを果たし、アメリカを代表する大美術館に次々とコレクションされているドナルド・サルタンのオリジナル銅版画・「スペードのエース」をぜひご自宅のインテリアやドナルド・サルタンのコレクションとしてご購入ください。

送料無料
【作家名】鷹塀三奈【作品名】午後の散歩

アートギャラリーモトカワ

18,000

【作家名】鷹塀三奈【作品名】午後の散歩

●画家名:鷹塀三奈 ●作品名:午後の散歩 ●絵のサイズ: W20×H14.5cm ●額装サイズ:W43×H33cm ●版画の技法:銅版画 ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:66/300 鷹塀三奈さんが銅版画で制作したウサギとアヒルの可愛い絵・「午後の散歩」は鷹塀三奈さんらしい愛らしく、動物達の表情が生き生きと描かれた楽しい銅版画作品です。 可愛らしい絵というのは本当はとても難しいのではないかといつも感じます。 画家さんは可愛らしい絵だと思って描いた絵画や版画でも、見ている側からすると全然可愛くない絵のほうが世の中にはたくさん溢れているような気がします。 個人の感性によって捉え方が違うので人それぞれではあるのですが僕は個人的に可愛く絵を描こうと思って描かれた絵画や版画はわざとらしくて好きになれません。 鷹塀三奈さんの銅版画はそのわざとらしさを感じずに見れます。 鷹塀三奈さんの銅版画は自分自身が楽しみながら銅版画を制作している様子が目に見えるようです。 これからも沢山の可愛い銅版画を制作し続けて欲しいと心から願っています。 鷹塀三奈さんが銅版画で制作したウサギとアヒルの可愛い絵・「午後の散歩」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク