メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リャド」検索結果。

リャドの商品検索結果全1件中1~1件目

送料無料
【作家名】ホワキン・トレンツ・リャド【作品名】マルパスの入り江

アートギャラリーモトカワ

324,000

【作家名】ホワキン・トレンツ・リャド【作品名】マルパスの入り江

●画家名:ホワキン・トレンツ・リャド ●作品名:マルパスの入り江 ●絵のサイズ: W71×H71cm ●額装サイズ:W84×H84cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:リャド直筆鉛筆サイン ホワキン・トレンツ・リャドがシルクスクリーンの版画で制作した海の絵「マルパスの入り江」は、1992年にリリースされた海の絵のシルクスクリーンです。 ホワキン・トレンツ・リャドらしい大胆で確かな筆さばきにより描かれた素晴らしい海の絵です。 ホワキン・トレンツ・リャドの絵画や版画は花や女性を描いた作品が多いですが流石に海の絵を描いてもホワキン・トレンツ・リャドが描くと天才だなと納得できます。 このシルクスクリーンの版画はホワキン・トレンツ・リャドが、精力的に制作活動をしていた1992年にリリースされ、もちろんホワキン・トレンツ・リャドの直筆鉛筆サインが入っています。 ホワキン・トレンツ・リャドのファンにとってはコレクターズ・アイテムの一つと言ってもいいシルクスクリーンの版画作品です。 ホワキン・トレンツ・リャドがシルクスクリーンの版画で制作した海の絵「マルパスの入り江」をぜひご自宅のインテリアやコレクションの絵としてご購入ください。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【作家名】ポール・アイズピリ 【作品名】青い背景のバラ

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】ポール・アイズピリ 【作品名】青い背景のバラ

●画家名:ポール・アイズピリ ●作品名:青い背景のバラ ●絵のサイズ:W48×H64cm ●額装サイズ:W71×H90cm ●版画の技法:リトグラフ ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:122/150 ポール・アイズピリがリトグラフの版画で制作した花の絵「青い背景のバラ」は、ポール・アイズピリのリトグラフにしては色のトーンを抑えたシックな花の絵です。 油絵の絵画のように、若草色に近い下地を塗り、その上から色を載せています。 そうすることで色に深みを与える効果がでています。 ポール・アイズピリは2016年1月22日に亡くなるまで、花の絵のリトグラフの版画や油絵の絵画を数多く描いてきました。 どの絵を見ても、一目でポール・アイズピリの作品だと判るオリジナルティ溢れる作品ばかりです。 ポール・アイズピリが2016年に亡くなってから、すでにマーケットでは作品の売買が非常に増えています。 油絵や水彩画などの絵画と違って、複数制作される版画作品でも、作家が亡くなればいずれ品薄の時代がやってきます。 ポール・アイズピリのリトグラフの版画や油絵の絵画がお好きな方には、まだ作品が選べる時期にコレクションされることを心からお奨めいたします。 ちなみに薔薇の花の花言葉は「愛」、「美」などです。 ポール・アイズピリらしい素敵な花の絵のリトグラフの版画だと思います。 ポール・アイズピリがリトグラフの版画で制作した花の絵「青い背景のバラ」をぜひご自宅のインテリアやコレクションの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】ドナルド・サルタン 【作品名】スペードのエース

アートギャラリーモトカワ

230,000

【作家名】ドナルド・サルタン 【作品名】スペードのエース

●画家名:ドナルド・サルタン ●作品名:スペードのエース ●絵のサイズ: W20×H29cm ●額装サイズ:W55,5×H71cm ●版画の技法:銅版画 ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ドナルド・サルタンが銅版画で制作したトランプの絵・「スペードのエース」は制作されて20年以上が経過している銅版画作品ですが、今見ても斬新で現代的な銅版画作品です。 ドナルド・サルタンは画家・版画家・彫刻家として幅広く活躍し、今やアメリカを代表する芸術家としての地位を確立しました。 伝統的モチーフである静物画に独自の斬新でモダンな方法でアプローチしています。 対象物が大胆に拡大された構図は幾何学的でありながらも、しっかりと本質を捉えています。 特にフルーツや花・ドミノ・トランプなど身の周りのオブジェクトを描いた作品が人気を集めています。 このスペードのエースというタイトルの銅版画は1990年に「プレイイング・カード」 というシリーズの一作としてリリースされた銅版画です。 今や巨匠の仲間入りを果たし、アメリカを代表する大美術館に次々とコレクションされているドナルド・サルタンのオリジナル銅版画・「スペードのエース」をぜひご自宅のインテリアやドナルド・サルタンのコレクションとしてご購入ください。

送料無料
【作家名】大場正男【作品名】熊本の木ノ葉猿

アートギャラリーモトカワ

15,000

【作家名】大場正男【作品名】熊本の木ノ葉猿

●画家名:大場正男 ●作品名:熊本の木ノ葉猿 ●絵のサイズ: W4×H10cm ●額装サイズ:W27×H33cm ●版画の技法:ペーパースクリーン ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:18/35 大場正男先生がペーパースクリーンの版画で制作した絵「熊本の木ノ葉猿」は、熊本の伝統的な玩具を描いたペーパースクリーンの版画です。 型を使わず指先だけで粘土をひねって作り、素焼きの荒いタッチの素朴さと、とぼけた味の玩具です。 もともとは無彩ですが、彩色したものもあります。 悪病・災難除け、子孫繁栄などのお守りとして人気があります。 養老7年(723年)の元旦に「虎の歯(このは)」の里に住んでいた都の落人が、夢枕に立った老翁のお告げによって奈良の春日大明神を祀り、木葉山の赤土で祭器を作り、残った土を捨てたところ、それが猿に化けたという伝説から生まれたものと言われています。 木ノ葉猿の素朴さが、大場正男先生の制作意欲をそそったのかもしれません。 大場正男先生はペーパースクリーンという版画の技法の第一人者で、世界的にも非常に評価が高く、コレクターが数多くいる方です。 しかし2008年に亡くなられて、今現在ではマーケットには、ほとんど売り物はありません。 あったとしても作品の保存状態があまり良くないものが多いようです。 今回ご紹介している大場正男先生のペーパースクリーンの版画「熊本の木ノ葉猿」は、保存状態は完璧です。 焼けや染み、浪うちなど一切ない美しいペーパースクリーンの版画作品です。 大場正男先生のファンやコレクターの方には心からお薦めできる作品です。 大場正男先生がペーパースクリーンの版画で制作した絵「熊本の木ノ葉猿」をぜひご自宅のインテリアやコレクション、プレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】今井アレクサンドル 【作品名】SAB3-46

アートギャラリーモトカワ

55,000

【作家名】今井アレクサンドル 【作品名】SAB3-46

●画家名:今井アレクサンドル ●作品名:SAB3-46 ●絵のサイズ:W17×H28cmの絵が3作品 ●額装サイズ:W81,5×H41,5cm ●絵画の技法:アクリル画 ●サイン:紙の裏に作家直筆サイン 今井アレクサンドルさんがアクリル画の絵画で描いた抽象画「SAB3-46」は2013年1月に描かれた抽象画の絵画です。 赤や青、黄色、茶色、ゴールド、シルバーなどのカラフルな色合いで今井アレクサンドルさんの抽象画の絵画の中では珍しくポップなイメージの作品です。 たくさんの色を使っても今井アレクサンドルさんの絵がうるさくならないのは色のバランスがとても良いからだと思います。 今井アレクサンドルさんの抽象画の絵画は何気なく描かれているように見えますが、実は今井アレクサンドルさんの天賦の才によって成り立っている繊細な絵画です。 今井アレクサンドルさんは今、パリに渡りまた新たなチャレンジをしています。 今度日本に戻られた時に今井アレクサンドルさんの抽象画の絵画がどのように変化しているのかとても楽しみです。 今井アレクサンドルさんがアクリル画の絵画で描いた抽象画「SAB3-46」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】中野克彦 【作品名】通りの赤いレストラン

アートギャラリーモトカワ

150,000

【作家名】中野克彦 【作品名】通りの赤いレストラン

●画家名:中野克彦 ●作品名:通りの赤いレストラン ●絵のサイズ:50×H35cm ●額装サイズ:W78,5×H60,5cm ●絵画の技法:アクリル画 ●サイン:作家直筆鉛筆サイン 中野克彦さんがアクリル画の絵画で描いた描いたパリの街角「通りの赤いレストラン」は、2017年3月に描かれたアクリル画の絵画です。 このアクリル画の絵画の正式なタイトルは「RUE GABRIELLE PARIS」です。 中野克彦さんの作品と言えば、これまでは油絵の絵画とジークレーに手彩を加えた版画でした。 紙にアクリル絵の具で描かれた絵画作品は、これが初めてだと思います。 もちろん油絵の絵画と同じように、世界中に一つしかない一点物のオリジナルです。 油絵の絵画ほどの重厚感はありませんが、ジークレーの版画のようにあっさりしていて、しかもオリジナルの一点物というところが、この作品の素晴らしさだと思います。 価格も油絵よりもずっとリーズナブルなので、中野克彦さんのコレクターの方にもお薦めです。 中野克彦さんがアクリル画の絵画で描いたパリの街角「通りの赤いレストラン」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】阿蘇・瀬の本高原

アートギャラリーモトカワ

260,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】阿蘇・瀬の本高原

●画家名:内藤謙一 ●作品名:阿蘇・瀬の本高原 ●絵のサイズ: W74,5×H34,5cm ●額装サイズ:W93×H48cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サイン 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「阿蘇・瀬の本高原」は2015年に描かれた水彩画の絵画です。 瀬の本高原は、熊本の阿蘇東端と大分県久住町にまたがる壮大な高原地帯です。 南には阿蘇五岳、北にはくじゅう連山を望み、その真ん中を山並みハイウエイが走っています。 その眺めは雄大で、眺めているだけで気持ちが晴れ晴れしてくるようです。 その瀬の本高原の美しい花と緑の中に何故か馬に跨る三人の武者が・・・。 その理由は、あの有名な黒澤明監督の映画「乱」のワンシーンが、この瀬の本高原で撮影されたため、内藤謙一さんが遊び心で描いたものです。 内藤謙一さんは、(株)電通で長くビジュアルを作ってきた方なので、こういった遊び心がふんだんに絵の中に見られます。 牧歌的な瀬の本高原の風景に武者は似合わないように思えますが、どこか戦国時代にタイムスリップしたようにも思えます。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「阿蘇・瀬の本高原」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】熊本・Denkikan

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】熊本・Denkikan

●画家名:内藤謙一 ●作品名:熊本・Denkikan ●絵のサイズ:W52×H33,5cm ●額装サイズ:W70,5×H55cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「熊本・Denkikan」は、2017年に描かれた水彩画の絵画です。 この作品は2017年6月に開催された熊本の鶴屋百貨店での個展のために描かれた水彩画の絵画です。 熊本・Denkikanは、熊本市の新市街にある老舗の映画館です。 1911年に活動弁士の窪寺喜之助により、熊本市の熊本城の近くで「電気館」として開館しました。 熊本初の常設の映画館です。 この当時は東京・浅草にあった浅草電気館の隆盛により、全国各地に「電気館」という名の映画館が開業していました。 1914年には、新市街に近代建築として移転しました。 そして1995年に現在入居するビルへの建て替えに伴い、3スクリーンに増設のうえ館名を現在の「Denkikan」に変更し、リニューアルオープンしました。 当初はビルの2階がDenkikan、3階と5階が熊本松竹1・2でしたが、2009年8月1日より全スクリーン名がDenkikanに統一されました。 これ以降松竹の邦画・洋画上映は少なくなり、アート系作品を数多く上映するミニシアターとしての色合いが濃くなっています。 内藤謙一さんも、(株)電通の熊本支社長時代にはよく通った映画館です。 ちなみに僕も大好きな映画館で、年に何回かは足を運んでいます。 熊本には無くてはならない映画館です。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「熊本・Denkikan」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】水前寺成趣園

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】水前寺成趣園

●画家名:内藤謙一 ●作品名:水前寺成趣園 ●絵のサイズ:W52×H33,5cm ●額装サイズ:W70,5×H55cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵・「水前寺成趣園」は「すいぜんじじょうじゅえん」と読みます。 水前寺成趣園は熊本市のほぼ中央に位置し、国の名勝・史跡に指定されている見事な大名庭園です。 肥後細川藩初代・細川忠利が鷹狩りの時、渾々と清水が湧くこの地を気に入り御茶屋として作事したのが水前寺成趣園の始まりです。 その後、細川綱利の代に大規模な作庭がされ桃山式の優美な回遊式庭園が完成しました。 華やかな元禄時代には東屋も沢山ありましたが、細川重賢の代に宝暦の改革で建物は酔月亭一つを残して撤去され、樹木も松だけの質素なものとなりました。 細川護久の代には版籍奉還で一時官有地となりましたが、明治11年10月7日、細川藤孝・忠興以下歴代藩主を祀る出水神社が創建され今日に至っています。 僕も毎年、お正月には必ずお参りするのですが「古今伝授の間」でお抹茶をいただいたことはありません。 機会があればぜひ、そんなひと時を楽しんでみたいと思います。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵・「水前寺成趣園」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】亀井明美 【作品名】ウォーミングアップ

アートギャラリーモトカワ

189,000

【作家名】亀井明美 【作品名】ウォーミングアップ

●画家名:亀井明美 ●作品名:ウォーミングアップ ●絵のサイズ:W60,6×H72,7cm ●額装サイズ:W71,2×H83,3cm ●版画の技法:油絵 ●サイン:作家直筆サイン 亀井明美さんが油絵の絵画で描いた猫の絵・「ウォーミングアップ」は一度見たら忘れられないとてもチャーミングな猫の油絵です。 亀井明美さんはプロの画家さんではありません。 熊本で紅茶とハーブの専門店を経営されながらずっと以前から猫の油絵を描いてこられました。 亀井明美さんが描く猫の油絵はとてもチャーミングで熊本の幾つかのお店で見ることができます。 僕は初めて亀井明美さんの猫の油絵・「ウォーミングアップ」を見た瞬間、雷に打たれたような衝撃を受けました。 そこにはこれまでに見たことがない個性的で強烈な印象を放っている猫の絵がありました。 すぐさまご本人とお会いしてこの猫の油絵をアート・ギャラリー・モトカワで販売させていただけるようにお願いしました。 他にもたくさん亀井明美さんの猫の油絵はあるのですがこの「ウォーミングアップ」を手始めに販売させていただくことになりました。 こんな猫の油絵に偶然出会えたことはとても幸運で絵の神様に心から感謝しています。 亀井明美さんが油絵の絵画で描いた猫の絵・「ウォーミングアップ」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】キース・ヘリング 【作品名】Pop Shop 2,1988

アートギャラリーモトカワ

1,500,000

【作家名】キース・ヘリング 【作品名】Pop Shop 2,1988

●画家名:キース・ヘリング ●作品名:Pop Shop 2,1988 ●絵のサイズ: W38×H30,5cm ●額装サイズ:W60×H52,5cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:キース・ヘリング直筆鉛筆サイン キース・ヘリングがシルクスクリーンの版画で制作したポップアート「Pop Shop 2,1988」は、1988年に制作されたポップアートのシルクスクリーンです。 このポップアートのシルクスクリーンの版画、「Pop shop 2」のシリーズは4種類ありますが、その中の一作です。 限定枚数は200枚です。 背景の黄色に見える部分は、現物は蛍光色の鮮やかなオレンジで、下部のピンクの部分はもっと鮮やかな蛍光色のピンクです。 この色の違いは、蛍光色のためにどうしても本物の色が出ないところにあります。 キース・ヘリングのシルクスクリーンの版画の中でも、小品の部類に入りますが、キース・ヘリングらしい絵柄で非常に人気がある作品です。 キース・ヘリングのシルクスクリーンの版画は世界中で人気がありますが、残念ながらマーケットにはその数がほとんどありません。 キース・ヘリングがシルクスクリーンの版画を制作したのは、1982年からエイズで亡くなる1990年までの9年間しかありませんので、仕方がないのかもしれません。 今後、キース・へリングのシルクスクリーンの版画は、増々入手が困難になりことは間違いありません。 キース・ヘリングがシルクスクリーンの版画で制作したポップアート「Pop Shop 2,1988」をぜひご自宅のインテリアやコレクションとしてご購入ください。

送料無料
【作家名】原田泰治 【作品名】水芭蕉

アートギャラリーモトカワ

150,000

【作家名】原田泰治 【作品名】水芭蕉

●画家名:原田泰治 ●作品名:水芭蕉 ●絵のサイズ: :W43,5×H34cm ●額装サイズ:W67×H51,5cm ●版画の技法:木版画 ●サイン:原田泰治直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:830/880 原田泰治さんが木版画で制作した絵「水芭蕉」は、見ているだけで心が癒されるような優しい色使いの木版画です。 今となっては非常に珍しい原田泰治さんの直筆鉛筆サインの入った木版画です。 現在の原田泰治さんの版画作品はジークレー(ピエゾグラフ)と呼ばれるデジタルな技法で制作され、サインは刷り込み印刷サインになっています。 超の付く人気作家になってしまったので、仕方がないのかもしれません。 5人の家族で後ろに止めてある黄色い車に乗って水芭蕉を見に来たのでしょうか。 家族の仲良さそうな雰囲気が伝わってきて、幸せな気分になります。 絵の四隅にLが入っているのは、ここで絵を切ってマットで隠してくださいという制作者からの指示です。 限定番号と直筆サインが入っていますが、額装するときには絵柄部分だけが見えるようにしています。 直筆サイン入りの貴重な木版画ですので、原田泰治さんのコレクターの方にはお薦めです。 ちなみに水芭蕉の花言葉は「美しい思い出」、「変わらぬ美しさ」などです。 原田泰治さんの木版画「水芭蕉」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】マナブ間部 【作品名】落葉

アートギャラリーモトカワ

195,000

【作家名】マナブ間部 【作品名】落葉

●画家名:マナブ間部 ●作品名:落葉 ●絵のサイズ:W48×H40cm ●額装サイズ:W73×H69cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:066/100 マナブ間部さんがシルクスクリーンの版画で制作した抽象画「落葉」は1988年、マナブ間部さんが64歳の時に制作された抽象画のシルクスクリーンです。 このマナブ間部さんのシルクスクリーンの限定枚数は100部です。 画面では判りづらいですが黒や茶色の部分は2色の版で刷られています。 「ブラジルのピカソ」と評されるマナブ間部さんが全盛期に制作した素晴らしいシルクスクリーンの版画です。 マナブ間部さんはアートギャラリーモトカワと同じ、熊本に生を受けた画家さんなので、とても親しみを持つ画家さんの一人で、地元でもとても人気があります。 しかし残念ながら日本のマーケットには、マナブ間部さんの絵画や版画の作品がほとんどありません。 マナブ間部さんのコレクターには、ぜひお奨めしたい抽象画のシルクスクリーンです。 マナブ間部さんがシルクスクリーンの版画で制作した抽象画「落葉」をぜひご自宅のインテリアやコレクションとしてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】霊台橋・2

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】霊台橋・2

●画家名:内藤謙一 ●作品名:霊台橋・2 ●絵のサイズ:W52×H33,5cm ●額装サイズ:W70,5×H55cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「霊台橋・2」は、2017年に描かれた水彩画の絵画です。 この作品は2017年6月に開催された熊本の鶴屋百貨店での個展のために描かれた水彩画の絵画です。 霊台橋(れいだいきょう)は、熊本県美里町の緑川に江戸時代後期に架けられた石橋です。 霊台橋の「霊台」とは物見台の意味です。 全長89,86m、道幅5,45m、高さ16,32m、径間(アーチの大きさ)28,4mで、単一アーチ式石橋としては日本3位の径間を誇り、明治以前に完成した石橋の中では日本一の大きさです。 石同士はわずかなの隙間も無い精密な作りで、1967年に国の重要文化財に指定されています。 内藤謙一さんは以前にも、この霊台橋を描いていますが、今回は見る角度を変えて描いた二つ目の水彩画の絵画です。 川でのんびりと魚釣りをしている人の姿が、美里町の長閑で平和な雰囲気を醸し出している水彩画の絵画です。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵「霊台橋・2」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】萩・平安古の鍵曲

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】萩・平安古の鍵曲

●画家名:内藤謙一 ●作品名:萩・平安古の鍵曲 ●絵のサイズ:W49×H34cm ●額装サイズ:W71×H56cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた山口県の絵・「萩・平安古の鍵曲」は内藤謙一さんが(株)電通の北九州支社に勤務していた頃に描いた水彩画の絵画です。 「平安古の鍵曲」は「ひやこのかいまがり」と読みます。 平安古 (ひやこ) は萩の地名で鍵曲(かいまがり)とは左右を高い土塀で囲み、道を鍵の手(直角)に曲げた道で、一見行き止まりかと錯覚させるような独特な道筋のことです。 藩政時代、萩の堀内地区に屋敷を構えていた重臣たちは、堀内地区が手狭になったことから新たに平安古地区に下屋敷を求めました。 その重臣たちの屋敷を守るために造られたこの平安古の鍵曲は、堀内地区の追廻し筋の鍵曲とともに、城下町特有の街路の姿をそのまま残しています。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた「平安古の鍵曲」はまるで映画のセットを見ているような風景画です。 江戸時代の風景の中に現代の学生が自転車を引いて歩いている絵は見ていてとても面白いです。 内藤謙一さんの画家としての演出がとても素晴らしい水彩画の絵画です。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた山口県の絵・「萩・平安古の鍵曲」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク