メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リトグラフ作品」検索結果。

リトグラフ作品の商品検索結果全1,267件中1~60件目

送料無料
ロジェ・ミュールアネモネリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールアネモネリトグラフ

作品名 アネモネ 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュールアイリスリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールアイリスリトグラフ

作品名 アイリス 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横63cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュール農家リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

210,600

ロジェ・ミュール農家リトグラフ

作品名 農家 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦50cm×横60cm 額付き寸法 縦70cm×横80cm

送料無料
ロジェ・ミュールピンクのテーブルクロスリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

237,600

ロジェ・ミュールピンクのテーブルクロスリトグラフ

作品名 ピンクのテーブルクロス 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュール黄土色の家リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

172,800

ロジェ・ミュール黄土色の家リトグラフ

作品名 黄土色の家 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦38cm×横40cm 額付き寸法 縦60cm×横62cm

送料無料
ロジェ・ミュールピンクの屋根リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

210,600

ロジェ・ミュールピンクの屋根リトグラフ

作品名 ピンクの屋根 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦50cm×横60cm 額付き寸法 縦70cm×横80cm

送料無料
ロジェ・ミュールチューリップのブーケリトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールチューリップのブーケリトグラフ

作品名 チューリップのブーケ 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュールぼたん2リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

248,400

ロジェ・ミュールぼたん2リトグラフ

作品名 ぼたん2 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦60cm×横64cm 額付き寸法 縦80cm×横85cm

送料無料
ロジェ・ミュール開いた窓リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

237,600

ロジェ・ミュール開いた窓リトグラフ

作品名 開いた窓 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦54cm×横73cm 額付き寸法 縦74cm×横93cm

送料無料
ロジェ・ミュール南仏グラス風景リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

172,800

ロジェ・ミュール南仏グラス風景リトグラフ

作品名 南仏グラス風景 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦38cm×横40cm 額付き寸法 縦60cm×横62cm

送料無料
ロジェ・ミュール海辺の家リトグラフ

オーダーメイド掛軸の店川端美術店

378,000

ロジェ・ミュール海辺の家リトグラフ

作品名 海辺の家 作 者 ロジェ・ミュール 略 歴 1929年 ストラスブルグに生まれる 1948年 ストラスブルグで装飾美術を学ぶ 1960年 パリ画廊にて個展。 プレステージ・デザール賞受賞 1961年 ニューヨーク、デビッド・フィンドレー画廊にて個展。 以後隔年開催 1965年 アルザスに住んでいたが、 この年より南仏に定住する 1967年 パリ、ギャラリー・パシティにて個展 以後隔年開催 1971年 ミュルーズ、アルザス美術館にて個展 1975年 パリ、ロベール・シュミット画廊にて 個展。以後隔年開催 1985年 東京アートセンターにて個展 以後、1987年、1990年にも個展開催 1989年 スイス、ギャラリー・グロスマンにて 個展 1992年 個展開催(心斎橋・京都) 1993年以降 スイス、パリ、ニューヨークで 個展活動など多数 208年 79歳で逝去 技法 リトグラフ リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏 が発明したもので、石や金属版を使用 した版画の手法の一つです。 特定の石や金属の平面上に、石や 金属版を油性の画材で描いた後、 水と油の反発性を用いて版をつくり、 石や金属版を描画された油の部分のみ インクを付着させ、紙をのせて刷って いきます。 豊富な色のリトグラフは、一色につき 一版ずつ必要なので、色分解された 版をつくる作業を繰り返し、重ねて 刷りあげていくのです。 重厚な表現もでき、版画の主流的技法 になっています。 寸法 縦70.0cm×横90.0cm 額付き寸法 縦90.0cm×横110.0cm

スポンサーリンク
スポンサーリンク