メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「フランス 50 フラン」検索結果。

フランス 50 フランの商品検索結果全1件中1~1件目

フランス 20 francs 作曲家ドビュッシーと代表作『海』 1990-1997年

世界の貨幣専門店オズコレ

4,455

フランス 20 francs 作曲家ドビュッシーと代表作『海』 1990-1997年

フランス共和国の50フラン紙幣です。画家ラ・トゥールと有名なベルサイユ宮殿が描かれています。 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593年3月19日 - 1652年1月30日)は、現フランス領のロレーヌ地方で17世紀前半に活動した画家です。ラ・トゥールは著名な画家でしたが、次第に忘却され、20世紀初頭に「再発見」された画家です。残された作品は少なく、生涯についてもあまり詳しいことはわかっていません。作風は明暗の対比を強調する点にカラヴァッジョの影響がうかがえますが、単純化・平面化された構図や画面にただよう静寂で神秘的な雰囲気はラ・トゥール独自のものです。 1617年からは同じロレーヌ地方の町リュネヴィルに移住して活動し、1620年には弟子がいたことがわかっており、この頃には画家としての地位を確立していたものと見られます。この当時の画家の常として、ラ・トゥールも修業時代にはイタリアなどの外国を遍歴したものと思われますが、彼がイタリア等に滞在したという確かな証拠は見つかっていません。 1639年にはパリに出て、国王ルイ13世から「国王付画家」の称号を得ています。ラ・トゥールの代表作の1つである『イレネに介抱される聖セバスティアヌス』はルイ13世のお気に入りの絵だったそうです。 その後リュネヴィルに戻り活動を続けますが、1652年1月、伝染病(当時ヨーロッパ全体で流行していたペストと伝わる)のため15日に妻、22日に子を相次いで失い、30日に画家本人も後を追うように死去しました。 ヴェルサイユ宮殿は今更説明するまでも無いほど有名な世界遺産です。太陽王ルイ14世が建造した宮殿で、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれます。 余談ですがヴェルサイユ宮殿には王族用以外のトイレがなかった(少なかった)ため、宮廷の女性の大きくパラソルのように開いたドレ...

こちらの関連商品はいかがですか?

フランス 10 francs 作曲家ベルリオーズとヴィラ・メディチ 1972-1978年

世界の貨幣専門店オズコレ

6,732

フランス 10 francs 作曲家ベルリオーズとヴィラ・メディチ 1972-1978年

フランス共和国の10フラン紙幣です。 表面には教会で指揮を取る作曲家ベルリオーズの姿が描かれています。ベルリオーズ(本名:ルイ・エクトル・ベルリオーズ(Louis Hector Berlioz, 1803年12月11日 - 1869年3月8日)は、『幻想交響曲』で良く知られているフランスのロマン派音楽の作曲家です。この他に『死者のための大ミサ曲』(レクイエム、1837年)にみられるように、楽器編成のはなはだしい拡張や、色彩的な管弦楽法によってロマン派音楽の動向を先取りしました。 生前のベルリオーズは、作曲家としてより指揮者として有名でした。定期的にドイツやイングランドで演奏旅行を行い、オペラや交響曲を指揮しました。自作だけでなく他人の作品も指揮しており、中にはリストのピアノ協奏曲第1番の初演なども含まれています。リストによると、指揮者ベルリオーズはリハーサルを多用する“練習魔"だったといいます。 ヴァイオリンのヴィルトゥオーソにして作曲家のニコロ・パガニーニとの出会いからは『イタリアのハロルド』が生まれ(パガニーニの依頼で書かれたがヴィオラの活躍が少ないのに失望した、という逸話は今日では信憑性が疑われている)、また金銭的援助も得られました。ベルリオーズの『回想録』によるならば、パガニーニは『イタリアのハロルド』の演奏を聴いて感動を表明し、2日後に「ベートーヴェンの後継者はベルリオーズをおいて他にいない」との手紙とともに2万フランを提供したそうです。 裏面にはローマの元フランス大使館だった建物(ヴィラ・メディチ)と楽器が見られます。 この紙幣は1972年-1978年に発行されていました。 ・発行国:フランス ・発行年:1972-78年 ・サイズ:縦 79mm × 横 140mm ・商品状態:【UNC】未使用または新品...

送料無料
フランス 200 francs 『法の精神』哲学者モンテスキュー 1989-92年 極美

世界の貨幣専門店オズコレ

11,088

フランス 200 francs 『法の精神』哲学者モンテスキュー 1989-92年 極美

フランス共和国の200フラン紙幣です。表面にはフランスの有名な哲学者モンテスキューが描かれています。 シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー(1689年1月18日 - 1755年2月10日)は、啓蒙期のフランスの哲学者・政治思想家です。また、社会学の父と考えられています。 1689年1月18日、フランス南西部にあるボルドー近郊で生まれました。彼が7歳の時、母が逝去。母の遺産を継承し、ラ・ブレード男爵となります。ボルドー大学法学部卒業後、1709年からパリに遊学。1713年末、父の訃報により帰郷。翌年、25歳でボルドー高等法院の参事官となります。1716年、伯父の死により、モンテスキュー男爵の爵位とボルドー高等法院副院長の官職を継承します。しかし、実務面には無関心で、1721年には、匿名で『ペルシア人の手紙(英語版、フランス語版)』を出版。1726年、37歳で、ボルドー高等法学院副院長の官職を辞職。以後、学究生活に入ります。1728年1月、アカデミー・フランセーズの会員に選出された直後、4月から諸国遍歴の旅に出ます。1731年に祖国であるフランスに帰国。1734年、『ローマ人盛衰原因論』、1748年、『法の精神』を出版しました。 イギリスの政治に影響を受け、フランス絶対王政を批判し、均衡と抑制による権力分立制の基礎を築きました。 法とは、「事物の本性に由来する必然的な関係」であると定義し、権力を分割しない統治形態による法からは、政治的自由が保障されないと考え、執筆に20年かけたと言われる自身の著作『法の精神』の中で、政治権力を立法・行政・司法に三分割する三権分立論を提唱しています。 『ペルシア人の手紙』の一節では、非キリスト教国の出生率の高さを離婚を許容している為とし、また、「夫婦相互の愛情に何よりも寄与するのは離婚の可能性である...

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1997-1998年 極美

世界の貨幣専門店オズコレ

9,504

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1997-1998年 極美

フランス共和国の100フラン紙幣です。フランス紙幣は非常に芸術性の高いものが多いため、収集家からはとても人気のある国のひとつです。 この紙幣シリーズはフランス紙幣の中でも特に人気の高い種類です。 表面にはフランスの画家セザンヌの写真が見られます。 ポール・セザンヌ(Paul Cezanne、1839年1月19日 - 1906年10月22日)はフランスの画家。当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していましたが、1880年代から独自の作風を確立したのでポスト印象派の画家の一人に数えられ、「近代絵画の父」として知られています。 セザンヌは風景、人物、静物のいずれの画題の作品も多数手がけています。初期の作品にはドラクロワの影響が強く、ロマン主義的な傾向もみられましたが、後半生に繰り返し描いた故郷の山・サント=ヴィクトワール山の風景や、晩年に描いた水浴群像などには主題に伴う物語性は希薄で、平面上に色彩とボリュームとからなる秩序だった世界を構築すること自体が目的となっています。西洋の伝統的絵画においては、線遠近法という技法が用いられていましたが、セザンヌの作品では、複数の異なった視点から眺められたモチーフが同一画面に描き込まれ、モチーフの形態は単純化あるいはデフォルメされています。『台所のテーブル』を見ると、果物籠の上部の果物は斜め上から見下ろしていますが、籠の側面は真横から描かれています。西洋絵画の伝統的な約束事から離れた絵画理論は後の世代の画家たちに多大な影響を与えました。モーリス・ドニは1900年に『セザンヌ礼賛』という絵を描いており、エミール・ベルナールは、1904年にエクスのセザンヌのもとに1か月ほど滞在し、後に『回想のセザンヌ』という著書でセザンヌの言葉を紹介しています。 この紙幣は1997年...

フランス 200 francs 『法の精神』哲学者モンテスキュー 1992年 美++

世界の貨幣専門店オズコレ

7,821

フランス 200 francs 『法の精神』哲学者モンテスキュー 1992年 美++

フランス共和国の200フラン紙幣です。表面にはフランスの有名な哲学者モンテスキューが描かれています。 シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー(1689年1月18日 - 1755年2月10日)は、啓蒙期のフランスの哲学者・政治思想家です。また、社会学の父と考えられています。 1689年1月18日、フランス南西部にあるボルドー近郊で生まれました。彼が7歳の時、母が逝去。母の遺産を継承し、ラ・ブレード男爵となります。ボルドー大学法学部卒業後、1709年からパリに遊学。1713年末、父の訃報により帰郷。翌年、25歳でボルドー高等法院の参事官となります。1716年、伯父の死により、モンテスキュー男爵の爵位とボルドー高等法院副院長の官職を継承します。しかし、実務面には無関心で、1721年には、匿名で『ペルシア人の手紙(英語版、フランス語版)』を出版。1726年、37歳で、ボルドー高等法学院副院長の官職を辞職。以後、学究生活に入ります。1728年1月、アカデミー・フランセーズの会員に選出された直後、4月から諸国遍歴の旅に出ます。1731年に祖国であるフランスに帰国。1734年、『ローマ人盛衰原因論』、1748年、『法の精神』を出版しました。 イギリスの政治に影響を受け、フランス絶対王政を批判し、均衡と抑制による権力分立制の基礎を築きました。 法とは、「事物の本性に由来する必然的な関係」であると定義し、権力を分割しない統治形態による法からは、政治的自由が保障されないと考え、執筆に20年かけたと言われる自身の著作『法の精神』の中で、政治権力を立法・行政・司法に三分割する三権分立論を提唱しています。 『ペルシア人の手紙』の一節では、非キリスト教国の出生率の高さを離婚を許容している為とし、また、「夫婦相互の愛情に何よりも寄与するのは離婚の可能性である...

フランス 100 francs 劇詩人コルネイユとベルサイユの劇場 1968-76年 美++

世界の貨幣専門店オズコレ

9,999

フランス 100 francs 劇詩人コルネイユとベルサイユの劇場 1968-76年 美++

フランス共和国の100フラン紙幣です。劇詩人ピエール・コルネイユとベルサイユの劇場が描かれています。 ピエール・コルネイユ(Pierre Corneille, 1606年6月6日 - 1684年10月1日)は、17世紀フランス、古典主義の時代の劇作家で、ラシーヌ、モリエールと並び称されます。 コルネイユはルーアンで生まれた。父親は小官吏のピエール・コルネイユ、母親はマルト・ル・パサン。厳格なイエズス会の教育を受け、18歳になると法律を学び始め、法職に就くが成功はしませんでした。 1629年に喜劇『メリット Melite 』を書いて、それがパリで成功すると、コルネイユは定期的に劇を書き出します。同年、パリに移り、フランス演劇界の人気劇作家の一人になりました。『メリット』など彼の初期の喜劇は、流行の先端をゆくパリっ子たちの言葉遣いやマナーを反映させていて、それまでの伝統的なフランスの笑劇とはまったくかけ離れたものでした。コルネイユは自身の喜劇のバラエティさを「紳士階級の会話の1枚の絵」と語っています。そして、1635年、彼は最初の悲劇『メデ Medee 』を書きました。 彼の代表作は1637年の『ル・シッド Le Cid 』ですが、これは古典主義で重要視された当時の劇の鉄則である「三一致の法則」(劇は1日の間、1つの場所で、1つの行為だけで完結しないといけない)が守られていないということで、『ル・シッド』論争と呼ばれる論争を巻き起こしました。もはや論争が手には負えないものになり、コルネイユはルーアンに戻ります。 コルネイユが劇作に復帰したのは1640年でした。『ル・シッド』論争で、コルネイユは、古典的な劇のルールに細心の注意を払うことにし、その証拠はさっそく作品に現れます。『オラース Horace 』(1640年。リシュリューに献呈)、...

スペイン 100 peseta 作曲家マヌエル・デ・ファリャ 1970年 未-

世界の貨幣専門店オズコレ

1,980

スペイン 100 peseta 作曲家マヌエル・デ・ファリャ 1970年 未-

スペイン発行の 100 peseta 紙幣です 表面には、作曲家マヌエル・デ・ファリャが描かれています。 マヌエル・デ・ファリャ・イ・マテウ(Manuel de Falla y Matheu, 1876年11月23日カディス - 1946年11月14日アルゼンチン・コルドバ)は、スペインの作曲家です。 1890年代からマドリードでピアノを学ぶかたわら、近代スペイン音楽復興の立役者フェリーペ・ペドレルに作曲を師事しました。ファリャはとりわけ、アンダルシアのフラメンコ(のカンテ・ホンド)に興味を寄せ、多くの作品においてその影響を示しています。 1907年から1914年までパリ滞在中にピアノと管弦楽のための『スペインの庭の夜』の作曲に着手しますが、第一次世界大戦勃発に伴い1914年9月に帰国。マドリードに戻ってからは、『スペインの庭の夜』を完成(1915年)させたのに続き、バレエ音楽『恋は魔術師』 (1915年作曲、単独でも演奏される〈火祭りの踊り〉で有名)、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために作曲された『三角帽子』(1917年作曲)など、最も有名なファリャ作品が生み出されました。これらの作品では、民族主義と印象主義の両方がバランスよく混在しています。 1921年から1939年にグラナダに移住して隠遁生活を送りつつ、室内オペラ『ペドロ親方の人形芝居』(1923年)や『クラヴサン協奏曲』(1926年)を作曲しました。 1936年にスペイン内戦が始まり、グラナダにいた親友フェデリコ・ガルシーア・ロルカが銃殺されたことを機に祖国を離れることを決意、1939年にアルゼンチンに亡命しました。 ・発行国:スペイン ・発行年:1970年 ・サイズ:縦 78mm × 横 135mm ・商品状態:【UNC-】未使用または新品(世界基準での未使用状態...

送料無料
フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1998年

世界の貨幣専門店オズコレ

15,246

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1998年

フランス共和国の100フラン紙幣です。フランス紙幣は非常に芸術性の高いものが多いため、収集家からはとても人気のある国のひとつです。 この紙幣シリーズはフランス紙幣の中でも特に人気の高い種類です。 表面にはフランスの画家セザンヌの写真が見られます。 ポール・セザンヌ(Paul Cezanne、1839年1月19日 - 1906年10月22日)はフランスの画家。当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していましたが、1880年代から独自の作風を確立したのでポスト印象派の画家の一人に数えられ、「近代絵画の父」として知られています。 セザンヌは風景、人物、静物のいずれの画題の作品も多数手がけています。初期の作品にはドラクロワの影響が強く、ロマン主義的な傾向もみられましたが、後半生に繰り返し描いた故郷の山・サント=ヴィクトワール山の風景や、晩年に描いた水浴群像などには主題に伴う物語性は希薄で、平面上に色彩とボリュームとからなる秩序だった世界を構築すること自体が目的となっています。西洋の伝統的絵画においては、線遠近法という技法が用いられていましたが、セザンヌの作品では、複数の異なった視点から眺められたモチーフが同一画面に描き込まれ、モチーフの形態は単純化あるいはデフォルメされています。『台所のテーブル』を見ると、果物籠の上部の果物は斜め上から見下ろしていますが、籠の側面は真横から描かれています。西洋絵画の伝統的な約束事から離れた絵画理論は後の世代の画家たちに多大な影響を与えました。モーリス・ドニは1900年に『セザンヌ礼賛』という絵を描いており、エミール・ベルナールは、1904年にエクスのセザンヌのもとに1か月ほど滞在し、後に『回想のセザンヌ』という著書でセザンヌの言葉を紹介しています。 この紙幣は1997年...

送料無料
フランス 10 francs 哲学者ヴォルテールとチュイルリー宮殿 1973年 極美++

世界の貨幣専門店オズコレ

11,187

フランス 10 francs 哲学者ヴォルテールとチュイルリー宮殿 1973年 極美++

フランス共和国の10フラン紙幣です。哲学者ヴォルテールと、パリのチュイルリー宮殿が描かれています。 ヴォルテール(本名:フランソワ=マリー・アルエ 1694年11月21日 - 1778年5月30日)は、啓蒙主義を代表するフランスの多才な哲学者、作家で、当時の権力者オルレアン公フィリップ2世を諷刺したとしてバスティーユに投獄されたりケンカで投獄された経歴を持つやんちゃな一面を持つ人でした。 ヴォルテール(Voltaire)という名はペンネームのようなもので、彼の名のArouetをラテン語表記した「AROVET LI」 のアナグラムの一種、「ヴォロンテール」(意地っぱり)という小さい頃からの渾名(あだな)をもじった等、諸説あります。 ヴォルテールは、フランスの政治や政府を痛烈に中傷する詩を書き、流布し続けたあげく、1717年5月、彼はバスティーユ牢獄に投獄され、11ヶ月間を過ごします。 1718年、ヴォルテールがその生涯に大量に書き残す韻文悲劇の処女作、『エディップ(オイディプス)』がコメディー・フランセーズにて初公演されました。この劇は大成功を収め、四十五回という異例の回数にわたって上演されました。このことからヴォルテールは摂政より金メダルと年金を受け、ジャン・ラシーヌやピエール・コルネイユとも並ぶ大物作家になりました。 つねに目立ったところで行われた反ローマ・カトリック、反権力の精力的な執筆活動や発言により、ヴォルテールは18世紀的自由主義の一つの象徴とみなされました。没後、パリの教会が埋葬を拒否したためスイス国境近くに葬られますが、フランス革命中の1791年、ジロンド派の影響によって、パリのパンテオンに移されました。 チュイルリー宮殿は17世紀から19世紀まで使用されていたフランス・パリにある宮殿...

フランス 10 francs 哲学者ヴォルテールとチュイルリー宮殿 1973年 極美

世界の貨幣専門店オズコレ

7,326

フランス 10 francs 哲学者ヴォルテールとチュイルリー宮殿 1973年 極美

フランス共和国の10フラン紙幣です。哲学者ヴォルテールと、パリのチュイルリー宮殿が描かれています。 ヴォルテール(本名:フランソワ=マリー・アルエ 1694年11月21日 - 1778年5月30日)は、啓蒙主義を代表するフランスの多才な哲学者、作家で、当時の権力者オルレアン公フィリップ2世を諷刺したとしてバスティーユに投獄されたりケンカで投獄された経歴を持つやんちゃな一面を持つ人でした。 ヴォルテール(Voltaire)という名はペンネームのようなもので、彼の名のArouetをラテン語表記した「AROVET LI」 のアナグラムの一種、「ヴォロンテール」(意地っぱり)という小さい頃からの渾名(あだな)をもじった等、諸説あります。 ヴォルテールは、フランスの政治や政府を痛烈に中傷する詩を書き、流布し続けたあげく、1717年5月、彼はバスティーユ牢獄に投獄され、11ヶ月間を過ごします。 1718年、ヴォルテールがその生涯に大量に書き残す韻文悲劇の処女作、『エディップ(オイディプス)』がコメディー・フランセーズにて初公演されました。この劇は大成功を収め、四十五回という異例の回数にわたって上演されました。このことからヴォルテールは摂政より金メダルと年金を受け、ジャン・ラシーヌやピエール・コルネイユとも並ぶ大物作家になりました。 つねに目立ったところで行われた反ローマ・カトリック、反権力の精力的な執筆活動や発言により、ヴォルテールは18世紀的自由主義の一つの象徴とみなされました。没後、パリの教会が埋葬を拒否したためスイス国境近くに葬られますが、フランス革命中の1791年、ジロンド派の影響によって、パリのパンテオンに移されました。 チュイルリー宮殿は17世紀から19世紀まで使用されていたフランス・パリにある宮殿...

送料無料
【レア!!】フランス10 nouveaux francs リシュリュー公爵とパレ・ロワイヤル 1960年 美

世界の貨幣専門店オズコレ

23,265

【レア!!】フランス10 nouveaux francs リシュリュー公爵とパレ・ロワイヤル 1960年 美

フランス共和国の10フラン紙幣です。フランスのデノミ政策により100分の1(1000F=10NF)に切り下げられた最初の発行紙幣です。 カトリック教会の聖職者にしてルイ13世の宰相を務めたフランス王国の政治家リシュリュー公爵アルマン・ジャン・デュ・プレシが描かれています。彼の後方にはパリの有名な歴史的建造物であり、彼自身の城館だったパレ・ロワイヤルが見えます。 枢機卿およびリシュリュー公爵アルマン・ジャン・デュ・プレシー(1585年9月9日-1642年12月4日)は、カトリック教会の聖職者にしてフランス王国の政治家です。1624年から死去するまでルイ13世の宰相を務めました。 中央集権体制の確立と王権の強化に尽力し、行政組織の整備、三部会の停止などを通じて後年の絶対王政の基礎を築きました。また、国内のプロテスタントを抑圧しました。これらの諸政策は一部の王族や封建的な大貴族の強い反発を招き、幾度となくリシュリューを排除しようとする陰謀が企てられましたが、その度に発覚して関係者が処刑されます。しかし、これらの動きはリシュリューの死の直前まで続きました。1642年に居館のパレ・カルディナル(現パレ・ロワイヤル)で没し、後にたてられたパリのソルボンヌ教会に葬られています。 この紙幣は1959年-1963年に発行されていました。 日本ではめったに見ることがない貴重な一品です。 ・発行国:フランス ・発行年:1960年 ・サイズ:縦 80mm × 横 150mm ・商品状態:【VF】シワや汚れが多少目立つが良品ですこの商品は現品販売のみです。 写真の商品そのものをお送りいたしますので、商品の状態等は画像でご確認の上、ご納得された上でご注文くださいませ。

【レア!!】ニュージーランド 2 dollars エリザベス女王 1986-1990年

世界の貨幣専門店オズコレ

7,524

【レア!!】ニュージーランド 2 dollars エリザベス女王 1986-1990年

ニュージーランド発行の 2 dollars 紙幣です。 表面には、エリザベス2世が描かれています。 エリザベス2世(1926年4月21日 - )は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家(イギリス連邦王国)の君主である上に、54の加盟国から成るイギリス連邦およびイギリスの王室属領と海外領土の元首です。また、イングランド国教会の首長でもあります。ウィンザー朝の第4代女王。実名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー。 1952年2月6日の即位を以て、イギリス連邦に加盟する独立国家である7か国、すなわち、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦、パキスタン、セイロンの女王となりました。1956年から1992年までの間に、独立を果たしたり、共和制へと移行したりしたことにより、連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は、度々移り変わっていきました。 2013年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)に加え、ジャマイカ、バルバドス、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビスが女王を君主としています。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねています。またクック諸島など、上記の国と自由連合制をとる国や、その一部となっている国・地域の中にも女王を元首としているところが存在します。 エリザベス2世のこれまでの61年間という在位期間は、イギリスの君主としては、63年間に亘って在位したヴィクトリア女王に次いで...

スポンサーリンク
スポンサーリンク