メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「フランス画家」検索結果。

フランス画家の商品検索結果全509件中1~60件目

送料無料
東風の便り:庄漫/メゾチント/銅版画

ギャルリー ヴィヴァン

27,000

東風の便り:庄漫/メゾチント/銅版画

作家名 庄 漫:Man ZHUANG サイズ 27.5x35.5cm 技法 メゾチント 限定 30 サイン 有 制作年 2013 備考 *上海出身の庄漫は、日本で版画の勉強を始め、特にメゾチントを得意とする将来有望な女流版画家です。 メゾチントは、フランス語でマニエールノワールとも言われ、17世紀よりヨーロッパを中心にひろがった技法です。 ベルソーで刻み、バニシャーで削る作業は、非常に根気のいる仕事です。モノクロ写真のような効果がでるため、肖像画、静物画等、挿絵等の表現に利用されましたが、19世紀に写真が出現したため、廃れた技法でもあります。 20世紀にはいって、パリ在住の長谷川潔が、この技法を復活させました。あまりに、根気のいる技法のため、数多い銅版画家のなかでも、メゾチントを専門にする作家は、ごくわずかです。 この、仕事にチャレンジした庄慢は、上海での医者のキャリアーを捨て、日本で版画家としてデビューしました。 女性らしい感性を、モノクロの世界にやさしく表現しています。 この作品には額(フレーム)は付いておりません。 フレームご希望の方はフレームページをご参照下さい。 この作品の参考フレームサイズ:小全紙 送料 *全国一律(500-税抜)合計金額1万円以上は、送料無料です。 決済方法 お支払方法についてはこちら

送料無料
こだま:庄漫/メゾチント/銅版画

ギャルリー ヴィヴァン

64,800

こだま:庄漫/メゾチント/銅版画

作家名 庄 漫:Man ZHUANG サイズ 35.5x52.0cm 技法 メゾチント 限定 30 サイン 有 制作年 2014 備考 *上海出身の庄漫は、日本で版画の勉強を始め、特にメゾチントを得意とする将来有望な女流版画家です。 メゾチントは、フランス語でマニエールノワールとも言われ、17世紀よりヨーロッパを中心にひろがった技法です。 ベルソーで刻み、バニシャーで削る作業は、非常に根気のいる仕事です。モノクロ写真のような効果がでるため、肖像画、静物画等、挿絵等の表現に利用されましたが、19世紀に写真が出現したため、廃れた技法でもあります。 20世紀にはいって、パリ在住の長谷川潔が、この技法を復活させました。あまりに、根気のいる技法のため、数多い銅版画家のなかでも、メゾチントを専門にする作家は、ごくわずかです。 この、仕事にチャレンジした庄慢は、上海での医者のキャリアーを捨て、日本で版画家としてデビューしました。 女性らしい感性を、モノクロの世界にやさしく表現しています。 この作品には額(フレーム)は付いておりません。 フレームご希望の方はフレームページをご参照下さい。 この作品の参考フレームサイズ:小全紙 送料 *全国一律(500-税抜)合計金額1万円以上は、送料無料です。 決済方法 お支払方法についてはこちら

送料無料
井堂雅夫平成浮世絵:京都百景 洛西十景より『妙心寺』木版画

内田画廊

17,280

井堂雅夫平成浮世絵:京都百景 洛西十景より『妙心寺』木版画

■妙心寺 みょうしんじ 木版画技術継承のために井堂先生が5年がかりで完成させた 『平成版浮世絵京都百景』のうちの一作です。 浮世絵は限定枚数を設けないので、自身亡き後も職人による 木版画の技術のが未来につながっていくこと託しました。 正法山妙心寺は臨済宗妙心寺派の大本山です。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ■井堂雅夫 1945年、中国東北部に生まれる 日動版画グランプリ入賞 日本版画協会入選 1975年以降は公募展に出品せず独自の活動を展開 全国主要都市、アメリカ、中国、スイス、オーストリア、ドイツ カナダ、フランスにて個展 1992年作品集「日本の四季彩」出版(NHK出版) 1997年画文集「宮沢賢治・心象の風景」出版(河出書房新社) その他出版物、テレビ出演多数 木版画家 染色家 三軌会評議員 作家名 井堂雅夫 題 名 平成浮世絵:京都百景 洛西十景より 『妙心寺』 技 法 木版画 落 款 朱落款 彫 師 西村智明 摺 師 森光美智子 画面の寸法 ヨコ:19.6×タテ:30.2cm 額縁の外寸法 ヨコ:38.2×タテ:49.7cm 額縁の仕様 墨色版画額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも 額縁の窓 ガラス マット 紙マット 箱 かぶせ箱

歌川広重『東海道五十三次』【浮世絵・日本画】【通販・販売】

東京書芸館

361,800

歌川広重『東海道五十三次』【浮世絵・日本画】【通販・販売】

■越前生漉奉書紙使用。 ■一枚ずつに彫師・摺師名を明示。 ■浮世絵研究の権威・吉田暎二氏の詳しい解説書付き。 ■木製額縁1点つき。 各作品「窓付き台紙」つきで、入れ替えて飾っていただけます。 ■作品収納用桐箱つき。 ■寸法(約):【画寸】縦19×横30cm 【額寸】縦33×横44cm ■商品お届けは受注から約1ヶ月後。 ■発送手数料は1点につき別途648円(税込)をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる■関が原の合戦後、徳川家康が江戸を中心とした街道整備として、最初に手掛けたのが東海道。 幕府開府後は、参勤交代の大名行列や参府の公家の通行をはじめ、町人、行商人など旅人や物資がさかんに行き来し、 宿場町は大変な賑わいを見せたと言います。 そんな街道沿いの活気あふれる風景を描いたのが歌川広重の傑作 『東海道五十三次』です。 ■広重は、ゴッホが愛し、フランス印象派画家に多大な影響を与えたといわれる江戸の浮世絵師。 その国際的人気は、現代でもおとろえることを知りません。 もともと《浮世絵》は、美人画や役者絵が中心でした。 風景は人物の背景でしかなく、いわば脇役的な存在。そこに、風景を主役に引き上げ、「風景画」という新たなジャンルを確立したのが、広重と北斎だったのです。 それというのも、透視遠近法や陰影法などの画法にさらなる磨きををかけ、ぼかし技法で空間を表すなど、 当時としては非常に困難であった技術的課題をも克服できる才能と技量があったからこそといえます。 ■広重は、もともと武家の出。 寛政9年(1797)幕府の「火消同心」の家に生まれます。 幼いころから絵画に長じた広重は、13歳で浮世絵師歌川豊広に入門しました。 当時は武家出身の絵師や戯作者が輩出された頃でもあったのです。 19歳で号〈広重〉を許され...

送料無料
【これがゴッホの本当の色】ゴッホ 「収穫」

HERITAGE

24,480

【これがゴッホの本当の色】ゴッホ 「収穫」

Vincent van Gogh 【これがゴッホの本当の色】ゴッホ 「収穫」 本商品はメーカー直送商品です。 店内他商品との同時購入はできませんので、ご注意下さい。 ゴッホの傑作の一つ、「収穫」 フィンセント・ファン・ゴッホは1853年にオランダで生まれ、フランスで活躍した画家です。 「炎の画家」とも呼ばれるゴッホ。 ゴッホは27歳という年齢で画家を志し、その10年後の37歳でこの世を去りました。 さらに彼の代表作と呼ばれる作品の多くは、1888年から1890年にわたる晩年の約2年半に集中して制作され、まさに炎が激しく燃えてあっという間に燃え尽きるような画家人生を送ったことで知られています。 赤々と燃え上がるように実った麦。 それを刈り取る農夫の素朴で力強い姿。 見ているだけで元気が沸いてくる作品です。 額付き、送料無料でのお届けです。 お部屋のインテリアに、また、新築祝いや結婚祝いに、素敵な絵画はいかがでしょうか? ジクレ版画とは 最新のデジタルカメラとスキャナー技術を駆使して作成される版画(複製画)。 繊細な線のタッチ、微妙な色彩の変化、色彩の揺れなども逃さず再現することができることから、現在最も原画に近い版画制作法といわれています。 ジクレ版画をおすすめする理由 大判のジクレ版画には、数十億粒以上のインク粒子が吹き付けられます。 毎秒にすると400万以上、インクのミクロ粒子を噴射して、7万色以上の微細な発色を可能にしてます。 このような技術から、世界的にその品質が美術品クラスのものとして認知されています。 また、顔料インクを使用するために、耐光性にも優れ、実験データから退色が目で確認できる程度になるまで75年~200年以上かかるとの結果が出ています。 ただし、専用の機械を導入すれば誰でもすぐにジクレ版画を作成できるのも事実。...

送料無料
井堂雅夫『祇王寺の庭』木版画【中古】

内田画廊

29,160

井堂雅夫『祇王寺の庭』木版画【中古】

■祇王寺の庭 竹林と楓に包まれたつつましやかな草庵・祇王寺は、 平清盛の寵愛を受けた白拍子:祇王が、清盛の心変わりに より都を追われ、母と妹とともに出家・入寺した尼寺として 有名です。 横長の画面を生かした構図が美しい木版画作品です。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ●中古作品のため、作品・額縁ともに径年変化がみられます。 ご了承の上お買い求めください ■井堂雅夫 1945年、中国東北部に生まれる 日動版画グランプリ入賞 日本版画協会入選 1975年以降は公募展に出品せず独自の活動を展開 全国主要都市、アメリカ、中国、スイス、オーストリア、 ドイツ、カナダ、フランスにて個展 1992年作品集「日本の四季彩」出版(NHK出版) 1997年画文集「宮沢賢治・心象の風景」出版(河出書房新社) その他出版物、テレビ出演多数 木版画家 染色家 三軌会評議員 作家名 井堂雅夫 題 名 祇王寺の庭 技 法 木版画 落 款 作者鉛筆サイン 限定部数 101/200 画面の寸法 ヨコ:21.0×タテ:44.2cm 額縁の外寸法 ヨコ:39.0×タテ:63.0cm 額縁の仕様 ブラウン色版画額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも 額縁の窓 アクリル マット 紙マット 箱 かぶせ箱 状 態 【中 古】 作品・額縁ともに径年変化がみられます

送料無料
井堂雅夫平成浮世絵:京都百景 洛西十景より『金閣寺』木版画

内田画廊

17,280

井堂雅夫平成浮世絵:京都百景 洛西十景より『金閣寺』木版画

■金閣寺 きんかくじ 木版画技術継承のために井堂先生が5年がかりで完成させた 『平成版浮世絵京都百景』のうちの一作です。 浮世絵は限定枚数を設けないので、自身亡き後も職人による 木版画の技術のが未来につながっていくこと託しました。 金閣寺は正式名を鹿苑寺といい、祖国時の塔頭寺院の一つです。 舎利殿「金閣」が有名なため金閣寺と呼ばれています。 在庫限り。 再入荷の予定はございません。 ■井堂雅夫 1945年、中国東北部に生まれる 日動版画グランプリ入賞 日本版画協会入選 1975年以降は公募展に出品せず独自の活動を展開 全国主要都市、アメリカ、中国、スイス、オーストリア、ドイツ カナダ、フランスにて個展 1992年作品集「日本の四季彩」出版(NHK出版) 1997年画文集「宮沢賢治・心象の風景」出版(河出書房新社) その他出版物、テレビ出演多数 木版画家 染色家 三軌会評議員 作家名 井堂雅夫 題 名 平成浮世絵:京都百景 洛西十景より 『金閣寺』 技 法 木版画 落 款 朱落款 彫 師 西村智明 摺 師 森光美智子 画面の寸法 ヨコ:19.6×タテ:30.2cm 額縁の外寸法 ヨコ:38.2×タテ:49.7cm 額縁の仕様 墨色版画額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも 額縁の窓 ガラス マット 紙マット 箱 かぶせ箱

送料無料
フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1998年

世界の貨幣専門店オズコレ

15,246

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1998年

フランス共和国の100フラン紙幣です。フランス紙幣は非常に芸術性の高いものが多いため、収集家からはとても人気のある国のひとつです。 この紙幣シリーズはフランス紙幣の中でも特に人気の高い種類です。 表面にはフランスの画家セザンヌの写真が見られます。 ポール・セザンヌ(Paul Cezanne、1839年1月19日 - 1906年10月22日)はフランスの画家。当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していましたが、1880年代から独自の作風を確立したのでポスト印象派の画家の一人に数えられ、「近代絵画の父」として知られています。 セザンヌは風景、人物、静物のいずれの画題の作品も多数手がけています。初期の作品にはドラクロワの影響が強く、ロマン主義的な傾向もみられましたが、後半生に繰り返し描いた故郷の山・サント=ヴィクトワール山の風景や、晩年に描いた水浴群像などには主題に伴う物語性は希薄で、平面上に色彩とボリュームとからなる秩序だった世界を構築すること自体が目的となっています。西洋の伝統的絵画においては、線遠近法という技法が用いられていましたが、セザンヌの作品では、複数の異なった視点から眺められたモチーフが同一画面に描き込まれ、モチーフの形態は単純化あるいはデフォルメされています。『台所のテーブル』を見ると、果物籠の上部の果物は斜め上から見下ろしていますが、籠の側面は真横から描かれています。西洋絵画の伝統的な約束事から離れた絵画理論は後の世代の画家たちに多大な影響を与えました。モーリス・ドニは1900年に『セザンヌ礼賛』という絵を描いており、エミール・ベルナールは、1904年にエクスのセザンヌのもとに1か月ほど滞在し、後に『回想のセザンヌ』という著書でセザンヌの言葉を紹介しています。 この紙幣は1997年...

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1997-1998年 極美

世界の貨幣専門店オズコレ

9,504

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1997-1998年 極美

フランス共和国の100フラン紙幣です。フランス紙幣は非常に芸術性の高いものが多いため、収集家からはとても人気のある国のひとつです。 この紙幣シリーズはフランス紙幣の中でも特に人気の高い種類です。 表面にはフランスの画家セザンヌの写真が見られます。 ポール・セザンヌ(Paul Cezanne、1839年1月19日 - 1906年10月22日)はフランスの画家。当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していましたが、1880年代から独自の作風を確立したのでポスト印象派の画家の一人に数えられ、「近代絵画の父」として知られています。 セザンヌは風景、人物、静物のいずれの画題の作品も多数手がけています。初期の作品にはドラクロワの影響が強く、ロマン主義的な傾向もみられましたが、後半生に繰り返し描いた故郷の山・サント=ヴィクトワール山の風景や、晩年に描いた水浴群像などには主題に伴う物語性は希薄で、平面上に色彩とボリュームとからなる秩序だった世界を構築すること自体が目的となっています。西洋の伝統的絵画においては、線遠近法という技法が用いられていましたが、セザンヌの作品では、複数の異なった視点から眺められたモチーフが同一画面に描き込まれ、モチーフの形態は単純化あるいはデフォルメされています。『台所のテーブル』を見ると、果物籠の上部の果物は斜め上から見下ろしていますが、籠の側面は真横から描かれています。西洋絵画の伝統的な約束事から離れた絵画理論は後の世代の画家たちに多大な影響を与えました。モーリス・ドニは1900年に『セザンヌ礼賛』という絵を描いており、エミール・ベルナールは、1904年にエクスのセザンヌのもとに1か月ほど滞在し、後に『回想のセザンヌ』という著書でセザンヌの言葉を紹介しています。 この紙幣は1997年...

スポンサーリンク
スポンサーリンク