メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「フランス画家」検索結果。

フランス画家の商品検索結果全539件中1~60件目

送料無料
フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1998年

世界の貨幣専門店オズコレ

15,246

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1998年

フランス共和国の100フラン紙幣です。フランス紙幣は非常に芸術性の高いものが多いため、収集家からはとても人気のある国のひとつです。 この紙幣シリーズはフランス紙幣の中でも特に人気の高い種類です。 表面にはフランスの画家セザンヌの写真が見られます。 ポール・セザンヌ(Paul Cezanne、1839年1月19日 - 1906年10月22日)はフランスの画家。当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していましたが、1880年代から独自の作風を確立したのでポスト印象派の画家の一人に数えられ、「近代絵画の父」として知られています。 セザンヌは風景、人物、静物のいずれの画題の作品も多数手がけています。初期の作品にはドラクロワの影響が強く、ロマン主義的な傾向もみられましたが、後半生に繰り返し描いた故郷の山・サント=ヴィクトワール山の風景や、晩年に描いた水浴群像などには主題に伴う物語性は希薄で、平面上に色彩とボリュームとからなる秩序だった世界を構築すること自体が目的となっています。西洋の伝統的絵画においては、線遠近法という技法が用いられていましたが、セザンヌの作品では、複数の異なった視点から眺められたモチーフが同一画面に描き込まれ、モチーフの形態は単純化あるいはデフォルメされています。『台所のテーブル』を見ると、果物籠の上部の果物は斜め上から見下ろしていますが、籠の側面は真横から描かれています。西洋絵画の伝統的な約束事から離れた絵画理論は後の世代の画家たちに多大な影響を与えました。モーリス・ドニは1900年に『セザンヌ礼賛』という絵を描いており、エミール・ベルナールは、1904年にエクスのセザンヌのもとに1か月ほど滞在し、後に『回想のセザンヌ』という著書でセザンヌの言葉を紹介しています。 この紙幣は1997年...

送料無料
セーブル 飾り皿鳥たちのデュプレシスK04陶磁器 フランス SEVRES

ブルーアンプルール

2,160,000

セーブル 飾り皿鳥たちのデュプレシスK04陶磁器 フランス SEVRES

★フランス国立セーブル製陶所工房作品詳細★ ブランド(原産国) 【セーブル・SEVRES】フランス 作品名(パターン) SERVICE DUPLESSIS AUX OISEAUX(鳥たちのデュプレシス 品番:K04) (Façon Louis Richard・ルイ リチャード様式) 成型年度 1986年 制作年度 2005年 Veronique CHEVALIER(ヴェロニック シュヴリエ) 作品サイズ 直径:25cm,高さ:2cm 特記事項 画像と実際の作品の色合い及び風合いは微妙に異なります。 参考上代(定価) オープンプライス 作品説明 クリエーター:Veronique CHEVALIER(ヴェロニック シュヴリエ) セーブル工房で創作活動をする装飾家(画家)、陶芸家。 この作品はエリゼ宮(フランス大統領官邸)よりの注文品の為に創作された。 【素材:PD(ハードペースト)1770年頃にセーブル工房で開発された素材】 装飾:中央部の鳥たちと3箇所の飾り枠の鳥は手描きで画家Veronique CHEVALIER(ヴェロニック シュヴリエ)により描かれ 低温で焼かれる。縁飾りはBleu de SEVRES(セーブル ブルー)地に三次元立体デザインの金彩柄No,76で飾られている。縁線、縁模様は24K金仕上げ。 金の縁模様は中央部の絵画をより強調的に際立たせ、 絵皿の気品を生み出す。 金の古色仕上げは700度での焼きで仕上がる。その後、金磨き専用工房にて 瑪瑙・赤鉄の磨き棒にて最終の完成作業が行われる。 作品にはセーブル工房のロゴと成型年度、装飾完成年度、作家のサインがが記されている。---------------------------------------------------------------------...

送料無料
セーブル 飾り皿チプッステッドの楡の木陶磁器 フランス SEVRES

ブルーアンプルール

1,944,000

セーブル 飾り皿チプッステッドの楡の木陶磁器 フランス SEVRES

★フランス国立セーブル製陶所工房作品詳細★ ブランド(原産国) 【セーブル・SEVRES】フランス 作品名(パターン) SERVICE UNI L'Orme de Chipstead(サービス ユニ チプッステッドの楡の木) 《Duche de Kent》イギリスのケント公園 成型年度 1999年 制作年度 2004年 Dominique MULTON(ドミニック ムルトン) 作品サイズ 直径:25cm,高さ:3cm 特記事項 画像と実際の作品の色合い及び風合いは微妙に異なります。 参考上代(定価) オープンプライス 作品説明 クリエーター:Dominique MULTON(ドミニック ムルトン)セーブル工房で創作活動をする装飾家(画家)、陶芸家。 【素材:PD(ハードペースト)1770年頃にセーブル工房で開発された素材】 装飾:中央部の景色“イギリスのケント公園"は手描きで画家Dominique MULTON(ドミニック ムルトン)により描かれ 低温で焼かれる。縁飾りはBleu nuage de SEVRES(セーブル ブルー雲模様)地に森の木々(チプッステッドの楡の木)を象形化した金彩柄で飾られている。縁線、縁模様は24K金仕上げ。 金の縁模様は中央部の絵画をより強調的に際立たせ、 絵皿の気品を生み出す。絵柄の場所名は皿の裏面に明記されている。 金の古色仕上げは700度での焼きで仕上がる。その後、金磨き専用工房にて 瑪瑙・赤鉄の磨き棒にて最終の完成作業が行われる。 作品にはセーブル工房のロゴと成型年度、装飾完成年度、作家のサインがが記されている。------------------------------------------------------------------------ 同作品は1832年より制作準備が行われた...

送料無料
セーブル 飾り皿フロマージュ 洋食器 陶磁器フランス SEVRES

ブルーアンプルール

237,600

セーブル 飾り皿フロマージュ 洋食器 陶磁器フランス SEVRES

★フランス国立セーブル製陶所工房作品詳細★ ブランド(原産国) 【セーブル・SEVRES】フランス 作品名(パターン) SERVICE UNI 142bis“Les Petits Fromages" (サービス ユニ No.142bis)“プティ フロマージュ" 成型年度 1993年 制作年度 1995年 Catherine BLERIOT(カトリーヌ ブレリオ) 作品サイズ 直径:22.5cm,高さ:2.3cm 特記事項 画像と実際の作品の色合い及び風合いは微妙に異なります。 参考上代(定価) オープンプライス 作品説明 クリエーター:Catherine BLERIOT(カトリーヌ ブレリオ) セーブル工房で創作活動をする装飾作家(画家)、陶芸家。 【素材:PD(ハードペースト)1770年頃にセーブル工房で開発された素材】 装飾:このシリーズの中央部の象徴的な多彩色図柄はフランスの家庭の食卓にあがる食材をモチーフにしている。リム部のブルーはpetit feu(920℃の低温)で焼かれている。エッジ部の24K金彩(No.142bis)紋様は金の古色仕上げで700℃の焼きで仕上がる。その後、金磨き専用工房にて 瑪瑙・赤鉄の磨き棒にて最終の完成作業が行われる。 作品にはセーブル工房のロゴと成型年度、装飾完成年度、作家のサインがが記されている。------------------------------------------------------------------------ ☆Pate dure(porcelaine dure ou P.D)☆ ハードペースト(硬質磁器・P.D):基本素材はカオリン、長石、水晶、凍石からなる。これらの素材を約1300℃~1450℃で高温焼成する。【フランス国立セーブル製陶所工房作品】

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1997-1998年 極美

世界の貨幣専門店オズコレ

9,504

フランス 100 francs 画家ポール・セザンヌ 1997-1998年 極美

フランス共和国の100フラン紙幣です。フランス紙幣は非常に芸術性の高いものが多いため、収集家からはとても人気のある国のひとつです。 この紙幣シリーズはフランス紙幣の中でも特に人気の高い種類です。 表面にはフランスの画家セザンヌの写真が見られます。 ポール・セザンヌ(Paul Cezanne、1839年1月19日 - 1906年10月22日)はフランスの画家。当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していましたが、1880年代から独自の作風を確立したのでポスト印象派の画家の一人に数えられ、「近代絵画の父」として知られています。 セザンヌは風景、人物、静物のいずれの画題の作品も多数手がけています。初期の作品にはドラクロワの影響が強く、ロマン主義的な傾向もみられましたが、後半生に繰り返し描いた故郷の山・サント=ヴィクトワール山の風景や、晩年に描いた水浴群像などには主題に伴う物語性は希薄で、平面上に色彩とボリュームとからなる秩序だった世界を構築すること自体が目的となっています。西洋の伝統的絵画においては、線遠近法という技法が用いられていましたが、セザンヌの作品では、複数の異なった視点から眺められたモチーフが同一画面に描き込まれ、モチーフの形態は単純化あるいはデフォルメされています。『台所のテーブル』を見ると、果物籠の上部の果物は斜め上から見下ろしていますが、籠の側面は真横から描かれています。西洋絵画の伝統的な約束事から離れた絵画理論は後の世代の画家たちに多大な影響を与えました。モーリス・ドニは1900年に『セザンヌ礼賛』という絵を描いており、エミール・ベルナールは、1904年にエクスのセザンヌのもとに1か月ほど滞在し、後に『回想のセザンヌ』という著書でセザンヌの言葉を紹介しています。 この紙幣は1997年...

スポンサーリンク
スポンサーリンク