メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「トーマス n ゲージ」検索結果。

トーマス n ゲージの商品検索結果全6件中1~6件目

こちらの関連商品はいかがですか?

255系 4両増結セット 【KATO・10-1286】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

ミッドナイン

8,629

255系 4両増結セット 【KATO・10-1286】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

「房総特急(Boso View Express)」と総称される直流特急形電車255系は、平成5年(1993)に老朽化の183系からの置き換え用として誕生、千葉県房総半島の内房線・外房線用の特急用車両として運行され「ビユーさざなみ」「ビューわかしお」の愛称で、平成17年(2005)12月10日のダイヤ改正まで活躍しました。 現在は定期列車運用で主に総武本線の「しおさい」に使用されています。 255系はJR東日本の特急形電車として初のVVVFインバータ制御車で、253系の車体断面と同一の車体断面を持ち、グリーン車以外の普通車両についてもリクライニングシートを採用し、1993年度には、グッドデザイン商品に選定されております。 ●4両増結セット:動力なし ●写真:Railstation.net ●JR特急形車両の企画製品化の一環として、リリース。 ●平成6年(1994)に製造された2次形のBe-05編成で、側面窓の天地が拡大され、近年実施された機器更新編成のプロトタイプを的確に再現。 ●特徴ある車体形状、非貫通形の大胆な前面、ブルーとイエローの爽やかな塗色を的確に再現。 ●定評あるフライホイール付動力ユニットを搭載し安定走行を実現。 ●連結器はボデイーマウント式KATOカプラー伸縮密連形を標準装備。実感的な連結面間を実現。 ●側面行先表示はシール対応。運用が大きく変化した3月改正前後の表示内容を収録。 ●メーカー:KATO ●商品番号:10-1286 ●スケール:Nゲージ 255系 5両基本セット ユーロスター 8両基本セット JR 287系特急電車(くろしお) 3両基本セットA E259系(成田エクスプレス) 3両基本セット 251系(スーパービュー踊り子)新塗色 6両基本セット

レーティッシュ鉄道 ベルニナ急行 4両増結セット【KATO・10-1319】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

ミッドナイン

7,803

レーティッシュ鉄道 ベルニナ急行 4両増結セット【KATO・10-1319】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

「ベルニナ急行」はサン・モリッツ~ティラーノを結ぶベルニナ線がメインルートです。クール発着便やダヴォス発着便もあり、世界遺産に認定されているベルニナ線、アルブラ線を雄大なアルプスの風景の中をゆったりと走行する、観光客には大人気のパノラマ列車です。 ●【10-1319】 4両増結セット:動力なし ●牽引機である「アレグラ」は既存製品の車番違い。 ●3502編成でアルブラ線建設時の設計責任者「F.ヘニングス」の名前を冠し、前面表示は「Bernina Express」で製品化。 ●屋根にまで回り込んだ解放感あふれる側窓を持つ「ベルニナ急行」用客車。氷河特急用客車とは異なる優美な外観を持つパノラマ客車を新規製作。 ●座席配置が2+1の1等車、2+2の2等車の室内を的確に再現。 ●カプラーは「アレグラ」、パノラマ客車とも氷河特急用ショートカプラーを採用。 ●「アレグラ」「パノラマ客車」ともに室内灯点灯可能。 ●「アレグラ」のヘッド/テールライト点灯(実車同様に後部ライトは向かって右側の下部前照灯が点灯します。) ●最少通過半径は氷河特急同様のR150を通過します。 ●メーカー:KATO ●商品番号:10-1319 ●スケール:Nゲージ レーティッシュ鉄道 ベルニナ急行 5両基本セット スターターセットスペシャル レーティッシュ鉄道 ABe8/12 アレグラ レーティッシュ鉄道ABe8/12 アレグラ 3両セット 箱根登山鉄道 2000形サン・モリッツ号(レーティッシュ塗装)セット (2両) アルプスの氷河特急 3両基本セット

送料無料
神戸電鉄3000系・中期型・旧塗装 4両セット 【マイクロエース・A6993】「鉄道模型 Nゲージ MICROACE」

ミッドナイン

18,543

神戸電鉄3000系・中期型・旧塗装 4両セット 【マイクロエース・A6993】「鉄道模型 Nゲージ MICROACE」

神戸電鉄では増加する乗客に対応するために同社初の4両固定編成である3000系を1973(昭和48)年に登場させました。 電動機は従来の1000系と同様のものを使用していますが、ボディはアルミ合金製とされ、両開き扉が片側3箇所に配置されています。 また、同社で初めて冷房装置が搭載されたことも大きな特徴です。急勾配を安全に走行するために定速度抑速運転装置や非常電制バックアップ機能などを備えています。 車体はクリアラッカー仕上げに朱色の帯を配した大胆なもので、ヒーローキャラクターに似ている事から多くの人々に親しまれています。 2002(平成14)年からワンマン運転に対応する形でマスコンハンドルの交換や助手席側ワイパーの大型化などの改造が行われています。 ●動力付き ●ヘッドライト、テールライト、前面行先表示器点灯。LED使用 ●フライホイール付動力ユニット搭載 ●独特の狭幅・小型の車体を忠実に再現 ●側面方向幕は種別表示と一体型 ●前面標識灯周囲にくぼみ有 ●昭和53から56年製造車を製品化 ●メーカー:マイクロエース ●商品番号:A6993 ●スケール:Nゲージ

鉄コレ 京阪電車3000系(2次車)4両セット 【トミーテック・287759】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」

ミッドナイン

5,508

鉄コレ 京阪電車3000系(2次車)4両セット 【トミーテック・287759】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」

京阪電車3000系は1971年から製造された特急型車両です。 当初、特急列車の運行を20分間隔から15分間隔にするための増発用として製造されましたが1900系と比べて車内設備の違いなどから好評を博し、特急の全車両を置き換えるべく追加増備されました。 増備車である2次車以降は昼間の運用時に7両編成とするため付随車の3600形が新たに登場しています。 1989年の鴨東線(三条〜出町柳間)開業の際、全編成を7両固定編成化することとなり、増結用として後継特急車8000系の付随車である8550形を新造。 6両編成で運行されていた編成に組み込まれました。 その後も8000系の増備は進み、徐々に置き換えられましたが予備編成の見直しなどで1編成だけ継続使用されることに決まり、1995年には内装や電装機器を8000系と同等になるよう改修工事が施されました。 その際、3600形1両をダブルデッカーに改造。 利用客から大きな注目を集め、後に8000系にもダブルデッカー車が追加されるなど影響を与えています。 長年愛され続けた3000系ですが車輌の老朽化には勝てず、2013年に惜しまれつつ引退しました。 現在3000系は譲渡先の富山地方鉄道と くずはモール『SANZEN HIROBA』で見ることができます。 製品は2次車をプロトタイプとし、パンタグラフ無し中間車を新規製作します。 ●動力なし ●Nゲージ対応 ●製品はディスプレイモデル ●シリーズ:鉄道コレクション ●商品番号:287759

送料無料
レーティッシュ鉄道 ベルニナ急行 5両基本セット【KATO・10-1318】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

ミッドナイン

18,360

レーティッシュ鉄道 ベルニナ急行 5両基本セット【KATO・10-1318】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

「ベルニナ急行」はサン・モリッツ~ティラーノを結ぶベルニナ線がメインルートです。クール発着便やダヴォス発着便もあり、世界遺産に認定されているベルニナ線、アルブラ線を雄大なアルプスの風景の中をゆったりと走行する、観光客には大人気のパノラマ列車です。 ●【10-1318】 5両基本セット:動力付き ●牽引機である「アレグラ」は既存製品の車番違い。 ●3502編成でアルブラ線建設時の設計責任者「F.ヘニングス」の名前を冠し、前面表示は「Bernina Express」で製品化。 ●屋根にまで回り込んだ解放感あふれる側窓を持つ「ベルニナ急行」用客車。氷河特急用客車とは異なる優美な外観を持つパノラマ客車を新規製作。 ●座席配置が2+1の1等車、2+2の2等車の室内を的確に再現。 ●カプラーは「アレグラ」、パノラマ客車とも氷河特急用ショートカプラーを採用。 ●「アレグラ」「パノラマ客車」ともに室内灯点灯可能。 ●「アレグラ」のヘッド/テールライト点灯(実車同様に後部ライトは向かって右側の下部前照灯が点灯します。) ●最少通過半径は氷河特急同様のR150を通過します。 ●メーカー:KATO ●商品番号:10-1318 ●スケール:Nゲージ レーティッシュ鉄道 ベルニナ急行 4両増結セット スターターセットスペシャル レーティッシュ鉄道 ABe8/12 アレグラ レーティッシュ鉄道ABe8/12 アレグラ 3両セット 箱根登山鉄道 2000形サン・モリッツ号(レーティッシュ塗装)セット (2両) アルプスの氷河特急 3両基本セット

鉄コレ 熊本電気鉄道6000形(6211編成A)2両セット【トミーテック・260134】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」

ミッドナイン

2,386

鉄コレ 熊本電気鉄道6000形(6211編成A)2両セット【トミーテック・260134】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」

熊本電気鉄道は北熊本駅を中心に3方向に路線を伸ばす鉄道会社です。 現在はもと都営地下鉄三田線で活躍していた6000形が主力として活躍中です。 6221ef編成は 熊本県のキャラクターである「くまモン」がラッピングされております。 またこの車両には川崎重工業(株)が開発した新世代台車「efWING」を世界で初めて採用しています。 今回は通常塗装の6211A編成と共に製品化致します。 6221efには「efWINGR」装着となります。 (CFRPバネのカバーを外した状態を模型化します。黒の単色となりますので予めご了承ください) 共に別売りパーツの動力ユニットはTM-08R(20m級A)、走行用パーツセットはTT-04R、パンタグラフはPG16(0238)を推奨しています。 ●Nゲージ対応 ●製品はディスプレイモデル ●シリーズ:鉄道コレクション ●商品番号:260134 【別売りオプションパーツ】 【0238】 パンタグラフ PG16 【251071】 トレーラー化パーツセット TT-04R 【271345】 動力ユニット TM-08R(20m級A) 鉄コレ 熊本電気鉄道6000形(くまモンラッピング)2両セット 鉄コレ 熊本市交通局0800型「COCORO」 鉄コレ LRT専用ケースII 鉄コレ 京阪電車大津線700形2次車「けいおん!」ラッピング2両セット 鉄コレ 京阪電車大津線600形1次車2両セット 

鉄道コレクション 国鉄キハ04形100番代 2両セット 【トミーテック・288121】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」

ミッドナイン

2,754

鉄道コレクション 国鉄キハ04形100番代 2両セット 【トミーテック・288121】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」

キハ04形グループは1933年にキハ36900形(のちに改番されキハ41000形となる)として登場した16m級のディーゼルカーです。 装荷するエンジンの違いから、キハ41200形、キハ41300形、キハ41500形等に細別することができます。 登場の経緯や車体の構造から日本車輌製造が開発した私鉄向けの大型ディーゼルカーがベースになっていると考えられています。 戦況の悪化で代用燃料車に改造された車両を除いて一旦は全ての車両が休車となりましたが戦後、輸送需要が増大するにつれて旅客車の不足が問題となり、一部の車両が天然ガス動車や新型ディーゼル機関に載せ替えられるなどして復活。 それでもなお不足する分は同じ図面を用い、新たに製造されました。 この製品はキハ41500形のうち、戦後に製造された車両(41600形)のエンジンを41300形と同じDMF13に載せ替えたキハ04形100番代をプロトタイプとし、晩年、宇品線(広島県)で活躍したキハ04 104とキハ04 106を製品化。 新製時から付けられていた雨樋や引退時まで交換されなかった木製ドアなどの特徴を再現致します。 動力ユニットは16m級用C TM-11R、走行化パーツはTT-03R (クロ)を指定します。 展示レール付属 ●動力なし ●Nゲージ対応 ●製品はディスプレイモデル ●シリーズ:鉄道コレクション ●商品番号:288121

鉄コレ 秋田内陸縦貫鉄道AN8900(MORIYOSHI EXPRESS)2両セットA 【トミーテック・282471】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」

ミッドナイン

2,754

鉄コレ 秋田内陸縦貫鉄道AN8900(MORIYOSHI EXPRESS)2両セットA 【トミーテック・282471】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」

秋田内陸縦貫鉄道の軽快車両AN8900は、急行用、イベント用として誕生し、現在もイベント列車に活躍する車両です。 車両先端部は非貫通流線型とし、前面は視界を大きく広げるワイド強化ガラス、上部前照灯は内部埋込方式を採用し、スッキリと品格のある顔としています。 客室は大型固定式ガラス窓により、前方・側面の視界を大きく確保。 座席は転換クロスシートで、中央部にサロンコーナーが設けられております。 製品はかつて活躍したグリーンとレッドのカラーリングが印象的な「MORIYOSHI EXPRESS」をモデル化します。 鉄道コレクションのAN8800各種、TOMIXの秋田新幹線E6系との並びなどをお楽しみください。 別売りパーツの動力ユニットはTM-23を、走行用パーツセットはTT-04Rを推奨しています。 ●動力なし ●Nゲージ対応 ●製品はディスプレイモデル ●車番印刷済み ●シリーズ:鉄道コレクション ●商品番号:282471 鉄コレ高松琴平電気鉄道600形志度線2両セット 鉄コレ 上毛電気鉄道700形ミントグリーン2両セット 鉄コレ 京成電鉄3500形旧塗装4両セット 鉄コレ 東武鉄道ED5010形(前期型) 鉄コレ 伊豆急行100系4両セットA

寝台急行「つるぎ」 5両増結セット【KATO・10-1388】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

ミッドナイン

9,639

寝台急行「つるぎ」 5両増結セット【KATO・10-1388】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

寝台急行「つるぎ」は北陸本線において「日本海」と並ぶ知名度を誇る客車列車です。 大阪と富山を結び、富山県内で有効なダイヤが設定されていました。 昭和44年(1969)10月改正から昭和47年(1972)10月改正まで見られた、ほぼ全車が旧形客車で構成されていた頃の姿を再現致します。 日本初の3等寝台客車であり丸屋根を初めて採用したスハネ30を中心に、43系座席客車、オロネ10のほか荷物車マニ60とマユ35を連結し重厚な雰囲気を放つ編成です。 編成中のマユ35は昭和23年(1948)に登場した11t積郵便車で、郵便車としては珍しい国鉄所有車です。 車体中央にトイレと休憩室、その両側に区分室、両端に郵袋室を備えています。 同時に発売されるED70を牽引機とすることで北陸本線ならではの寝台急行列車の勇姿を再現することができ、また20系ブルートレイン「日本海」、EF70等と併せれば昭和40年代の北陸本線の世界がNゲージで甦ります。 ●動力なし ●モノクラス制移行の昭和44年(1969)10月から、10系客車化されるまでの昭和47年(1972)3月までの様態がプロトタイプ。 ●マユ35を新規設定。 ●郵便車ならではの区分室に並ぶ採光窓をはじめとした、特徴ある扉と窓の配置を再現。 ●マニ60は裏縦貫・北海道用に区分された200番台車。 ●特徴的な屋根と煙突を忠実に再現。 ●マニ60とスハフ42はテールライト点灯(消灯スイッチ付)車体色はマニ60とマユ35がぶどう色2号、等級帯はなしの青15号。 ●等級表記はオロネ10が「A寝台」、スハネ30が「B寝台」。 ●各種サボは印刷済みで行先は「富山行」。 ●編成端のマニ60、スハフ42のテール点灯側には検査表記を印刷。 ●マニ60、スハフ42で設定のテール点灯側のみアーノルドカプラー。 ...

南海7100系・めでたいでんしゃ 2両セット 【マイクロエース・A6376】「鉄道模型 Nゲージ MICROACE」

ミッドナイン

14,137

南海7100系・めでたいでんしゃ 2両セット 【マイクロエース・A6376】「鉄道模型 Nゲージ MICROACE」

昭和44年に南海7100系は登場しました。南海電鉄では昭和48年に架線電圧を600Vから1500Vへ昇圧を実施しました。 7100系は1500V昇圧を考慮した設計で登場しています。 車体は20mで4ドア・4連と2連が用意され、2次車(昭和45年落成)からは冷房付きで登場しています。 登場時はグリーンの濃淡によるツートンカラーでしたが新塗装化されています。 モハ7187+クハ7967の2両編成は平成28年より始まった「加太さかな線プロジェクト」の一環で鯛をモチーフにした塗装に変更され「めでたいでんしゃ」として加太線で使用されています。 ●ヘッドライト、テールライト点灯。LED使用 ●フライホイール付動力ユニット搭載 ●側面のうろこ模様を美しく再現 ●屋根上配管(グレー)、クーラー(赤)、ランボード(グレー)各々の部品を別部品化し、実車通りの塗り分けを再現 ●モハ7187、クハ7967共に前面幌が無い姿を再現 ●モハ7187のジャンパ栓をホースと共に別部品化 ●メーカー:マイクロエース ●商品番号:A6376 ●スケール:Nゲージ 南海10000系・新造中間車編成 4両セット 南海10000系・復活塗装 4両セット 南海10000系サザン(旧塗装) 基本2両編成セット(動力付き) 南海10000系サザン(中間改造車編成・現行塗装)基本4両編成セット(動力付き) マイプランNR-PC(F)(レールパターンA+B)

送料無料
伊豆急200系・トランバガテル 6両セット 【マイクロエース・A6767】「鉄道模型 Nゲージ MICROACE」

ミッドナイン

34,608

伊豆急200系・トランバガテル 6両セット 【マイクロエース・A6767】「鉄道模型 Nゲージ MICROACE」

伊豆急行では100系と1000系の置き換え用としてJR東日本から113系・115系を購入しました。 これらの車両は200系と呼ばれ、2000(平成12)年に国府津電車区より113系4両編成2本が転入したのを皮切りに、合計で11編成35両が導入されました。 2001(平成13)年から翌年に掛けて松本電車区から115系0・800番台分散冷房車3両編成6本が転入し、200系の中では最大勢力になりました。 このうち、F3+F4編成はライトブルーとシルバーホワイトを基調とした爽やかな塗りわけで登場し、F5+F6編成は「トラン・バガテル」塗装、F7+F8編成はF3+F4編成を基調とした赤+シルバーホワイトの塗装で登場しました。 トラン・バガテルはフランス語で「小さくて愛らしい電車」の意味で、沿線の河津町にあるフランス式ローズガーデンのPRのために特別塗装で登場しました。 ダークブルーをベースに金色、白色の帯を締めたシックな装いながら、各車戸袋窓部分には伊豆やフランスの風物がローズピンクで表現された大胆な装飾で大きな話題になりました。 2004(平成16)年より後継となる8000系の投入が開始され、115系0・800番台を改造した200系は2007(平成19)年までに全車引退しました。 ●元115系初期車のグループを製品化 ●シングルアームパンタグラフ搭載 ●ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付) ●フライホイール付動力ユニット搭載 ●車体に装飾されたイラストを忠実に再現 ●メーカー:マイクロエース ●商品番号:A6767 ●スケール:Nゲージ 伊豆急200系・赤編成 6両セット 伊豆急100系・復活クモハ103 伊豆急2100系4次車「リゾート21EX」・パンタ増設後 8両セット 鉄コレ...

JR京都線・神戸線 321系 3両基本セット【KATO・10-1121】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

ミッドナイン

9,180

JR京都線・神戸線 321系 3両基本セット【KATO・10-1121】「鉄道模型 Nゲージ カトー」

321系は、平成17年(2005)に登場したJR西日本アーバンネットワークの新しい通勤電車です。 複雑な表情の先頭部形状とグラデーション表現により特徴的な表情を持ち、側面の色帯も濃紺にオレンジと白を配色した在来車とは異なるイメージに一新されました。 編成は7両固定編成で、東海道本線、山陽本線、福知山線を中心に活躍中です。 ●動力付き ●JR西日本のアーバンネットワークの中心となる、JR京都線・JR神戸線で活躍する通勤形電車を製品化。 ●手軽に楽しんでいただけるように、3両基本セットと4両増結セットの2セット構成。揃えて7両フル編成も再現が可能。 ●3両基本セットのコンパクトな編成は、初心者にピッタリ。 マスター1などの線路セットと組み合わせれば入門用に最適。 ●基本セットの先頭車はヘッド/テールライトと前面行先表示「普通 西明石」が点灯。優先座席シールが付属。 ●別売のグレードアップパーツの321系行先表示セット(#11-512・11-513)で、お好みの行先に交換可能。 ●定評あるフライホイール搭載動力ユニットを採用。安定した軽快な走行が楽しめます。 ●中間連結部には、ボディマウント式KATOカプラー密連形を標準装備。実感的な連結面とスムーズな走行を実現。 ●メーカー:KATO ●商品番号:10-1121 ●スケール:Nゲージ 【別売りオプションパーツ】 【11-212】 LED室内灯クリア(6両) 【11-214】 LED室内灯クリア(電球色)(6両) JR京都線・神戸線 321系 4両増結セット 丸ノ内線の赤い電車 営団地下鉄500形 3両基本セット EF510-500 北斗星色 (ナンバー変更) マイプランNRll エンドレス基本セットマスター1 (M1)

スポンサーリンク
スポンサーリンク