メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「トーションレース販売」検索結果。

トーションレース販売の商品検索結果全942件中1~60件目

トーションレース 幅広 生成り BLAZE

BLAZE(ブレイズ)楽天市場店

108

トーションレース 幅広 生成り BLAZE

↑クレジット決済・代金引換の場合に限ります。 商品詳細 サイズ長さ:100cm〜(100cm単位でご注文いただけます。個数1=100cmとしてご注文ください。) デザインA<幅4cm>B<幅4.5cm> 材質コットン 原産国中国 注意事項 ※火気に近づけないで下さい。 ※洗濯はネットを使用し、水洗いをして下さい。 ※ヒモ状の商品は誤って首をしめる可能性がありますので、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。落ち着きのある生成りのトーション☆ハンドメメイドのアクセントには必須アイテム!ちょこっと使うだけでお洒落に変身しちゃいます(*^^*)※一部に黒い斑点がありますがレースの性質上の物ですのご了承ください。※この商品は海外直輸入品となります。一般に海外では販売者・消費者ともに多少の不良は問題視されません。お客様にお安くご提供させていただく為、『海外製品の基準』をもとに検品しております。レースの端のほつれ・切れ、裏糸の絡み等がある場合がございます。ご了承の上ご注文下さいませ。※ご利用のモニターにより、写真と実際の商品とにカラー等の差異が生じる場合がございます。 ※ロットにより商品のサイズ誤差・色味等が多少異なる場合がございます。 ※必ずカラー・デザイン・サイズ等をご確認後、カートに入れてください。 ※カートに入れるタイミングで品切れになる場合もございます。 こちらの商品は計り売り販売です!********************************** 長さのご希望は【個数】でご指定ください。 <例>1個=100cm、2個=200cm ********************************** ※メール便対応可能ですがご購入数によって宅配便での配送となる場合がございます。予めご了承下さい。 Aは完売となりました...

両山トーションレース アモーレ 50ヤード 手芸

手芸レースのfairylace Merci

2,160

両山トーションレース アモーレ 50ヤード 手芸

約32mm幅両山トーションレース(アモーレ) 50ヤードパック 大人気の両山トーションレース。 このたびは縁どりにも使いやすい約3cm前後幅。 このまま使っても縁どりにしても可愛いレースは、 ハンドメイドに大活躍! クラシカルなデザインも素敵です♪ 商品説明 幅 約32mm前後。(この表記よりも幅が狭かったり広かったりする場合もございます) ※ロットや色によって、多少幅が異なります。 あらかじめご了承の上、ご注文をお願い致します。 【お願い】こちらは海外生産のため、日本製のように正確ではございません。 レース幅をきっちりお求めの方は、ご注文をご遠慮ください。 色 白、生成り色、ミルクティー、ミントグリーン、黒 ※お使いのPCのブラウザの設定により、多少異なって見える場合がございます。 ミルクティーなどの中間色はご覧になる環境によって色合いが変わって見えます。 (ミルクティー色はピンク色ではありません) 色合いの違い等でのご返品、交換を承ることができません。 ご考慮のうえ、ご注文をお願い致します。 厚み 普通 素材 綿100% 販売単位 50ヤードパック ※入荷したままの状態でのお届けとなります。こちらでは検品をしておりません。 そのため、巻きの途中でつなぎ目やほつれ、汚れ等がある場合があります。 その分格安でのご提供とさせていただいております。 ご理解のうえ、ご注文をお願い致します。 ●海外生産のため、品質が一定ではございません。 そのため色や幅、長さなど、記載と違う場合もございます。 その分、格安とさせて頂いております。 予めご了承の上、ご注文ください。 交換・返品不可。 配送方法 メール便配送は1セットまで。 その他に同梱がある場合は自動的に宅配便配送に切り替え。 ご注文後のキャンセル、色、数量のご変更を承ることができません。...

麻の両山トーションレース(アモーレ)50ヤード(宅配便配送のみ)

手芸レースのfairylace Merci

3,240

麻の両山トーションレース(アモーレ)50ヤード(宅配便配送のみ)

麻の両山トーションレース(アモーレ) 50ヤードパック 大人気の両山トーションレース。 このたびは縁どりにも使いやすい約3cm前後幅。 このまま使っても縁どりにしても可愛いレースは、 ハンドメイドに大活躍! クラシカルなデザインも素敵です♪ リネンとの相性もバツグンです! 商品説明 幅 約32mm前後。(この表記よりも幅が狭かったり広かったりする場合もございます) ※ロットや色によって、多少幅が異なります。 あらかじめご了承の上、ご注文をお願い致します。 【お願い】こちらは海外生産のため、日本製のように正確ではございません。 レース幅をきっちりお求めの方は、ご注文をご遠慮ください。 色 ナチュラルリネン色 (ベージュとグレーの中間色) ※お使いのPCのブラウザの設定により、多少異なって見える場合がございます。 色合いの違い等でのご返品、交換を承ることができません。 ご考慮のうえ、ご注文をお願い致します。 厚み 普通 素材 麻30%綿70% 販売単位 50ヤードパック ※入荷したままの状態でのお届けとなります。こちらでは検品をしておりません。 そのため、巻きの途中でつなぎ目やほつれ等がある場合があります。 その分格安でのご提供とさせていただいております。 ご理解のうえ、ご注文をお願い致します。 ●海外生産のため、品質が一定ではございません。 そのため色や幅、長さなど、記載と違う場合もございます。 その分、格安とさせて頂いております。 予めご了承の上、ご注文ください。交換・返品不可。 配送方法 宅配便配送のみ。 メール便をご指定いただきましても宅配便配送に切り替えさせていただきます。 ご注文後のキャンセル、色、数量のご変更を承ることができません。 また、配送方法変更によるキャンセルも承ることができません。 ご理解の上...

トーションレース(Lilias)

Art Fiber Endo 楽天市場店

108

トーションレース(Lilias)

商品詳細 素材 綿 100%(国産レー染色) 幅 約 7mm 長さ 1mからのmカット商品です。 ご注文量が多い場合によっては途中から継ぎ目が入ることがあります。ご了承くださいませ。 特徴 Lilias フランス語でLilas(リラ)。英語名のライラックのほうが有名かと思います。モクセイ科の落葉低木で初夏に紫の花を咲かせます。名前の由来は青を意味するアラビア語のLaylak、ペルシア語のNilacに由来しているという説もありますが、Lilac(ライラック)が色名として記されたのは1775年。比較的新しい色名と言えると思われます。 ご注意 画面上と実物では多少色合いが異なって見えることがあります。ご了承くださいませ。 この商品は当店実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、 お買い上げいただいた商品が、品切れになってしまうこともございます。 その場合、お客様には必ず連絡をいたしますが、万が一入荷予定がない場合は、 キャンセルさせていただく場合もございますことをあらかじめご了承ください。Lilias フランス語でLilas(リラ)。英語名のライラックのほうが有名かと思います。モクセイ科の落葉低木で初夏に紫の花を咲かせます。名前の由来は青を意味するアラビア語のLaylak、ペルシア語のNilacに由来しているという説もありますが、Lilac(ライラック)が色名として記されたのは1775年。比較的新しい色名と言えると思われます。

トーションレース(桜色)

Art Fiber Endo 楽天市場店

108

トーションレース(桜色)

商品詳細 素材 綿 100% (国産レース染色) 幅 約 7mm 長さ 1mからのmカット商品です。 ご注文量が多い場合によっては途中から継ぎ目が入ることがあります。ご了承くださいませ。 色名 日本伝統古色の中で、桜色は紅染めの中で最も淡い色調をもつ色だとされています。事実、古色に分類される赤系統の色でこの桜色よりも薄い色はありません。 その淡い薄紅色は古来からたくさんの人々をも虜にしてきました。 その桜色に染め上げたレースです。 ご注意 画面上と実物では多少色合いが異なって見えることがあります。ご了承くださいませ。 この商品は当店実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、 お買い上げいただいた商品が、品切れになってしまうこともございます。 その場合、お客様には必ず連絡をいたしますが、万が一入荷予定がない場合は、 キャンセルさせていただく場合もございますことをあらかじめご了承ください。桜色についての詳細 日本伝統古色の中で、桜色は紅染めの中で最も淡い色調をもつ色だとされています。事実、古色に分類される赤系統の色でこの桜色よりも薄い色はありません。 日本人の桜好き、というのは今に始まったことではなく、江戸時代は勿論、遠くは平安時代にまでさかのぼります。平安時代当時の桜といえば、現在の「ソメイヨシノ」ではなく、「山桜」のですが、その淡い薄紅色は当時の人々をも虜にしました。この当時、日本人の服装といえば当然和装なのですが、桜の名前は重ねの色に頻繁に出てきます。 「重ね」ではなく染め色で出てくるようになるのは平安時代から下ること数百年、江戸時代に入ってからだとも言われています(江戸中期、紺屋伊三郎染見本帳より)。 いずれにせよ、今も昔も変わらず慕われる色であることは間違いありません。 そんな桜色を染め上げたレースです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク