メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ギヤボックス」検索結果。

ギヤボックスの商品検索結果全14件中1~14件目

【 6速ギヤボックス HE 】 タミヤ テクニクラフトシリーズ #TK005 / ギヤを組みかえることで6種類のギヤ比が選べるギヤボックスの組み立てキットです。

Amazon

1,296

【 6速ギヤボックス HE 】 タミヤ テクニクラフトシリーズ #TK005 / ギヤを組みかえることで6種類のギヤ比が選べるギヤボックスの組み立てキットです。

高精度な強化樹脂製ギヤを採用した、効率の高い組み立て式のギヤボックスです。 ギヤを組み変えることで高速から極低速まで6種類のギヤ比が選択可能、 しかも505.9:1と1300.9:1の場合はクラッチギヤが組み込まれギヤの破損を防ぎます。 大きさは横68mm、高さ27mm、幅45mmのコンパクトサイズで、縦置きでも横置きでも搭載できます。 また、出力シャフトの位置は3ヶ所が選べ、I字タイプ、十字タイプ、円形タイプの3種類のアームもセットされて、幅広い動きの様々な工作が楽しめます。 RE-260モーター付き、2種類のアダプターが付いてFA-130モーター、RE-140モーターも使えます。 ★完成時の全長68mm、取り付け幅45mm、全高27mm。ギヤ比11.6:1,29.8:1,76.5:1,196.7:1,505.9:1,1300.9:1。モーター付き。 【テクニクラフトシリーズ】 さまざまなメカニズムの動きが楽しい動く工作。 主にモーターと電池を使った動く工作のために、ハイグレードな材料を集めたシリーズです。 エンジニアリングプラスチックなど、新しい素材を多用したパーツは、ハイテックな感覚にあふれているのに加え、精 度、耐久性の高さも特徴。 メカニズムの基本的な知識を身につけていただけると同時に 、いろいろな動きのくふうも楽しめます。

【 遊星ギヤーボックスセット 】 タミヤ テクニクラフトシリーズ TK001/ 精密機械などに使われる精度の高いギヤボックスです。

Amazon

1,620

【 遊星ギヤーボックスセット 】 タミヤ テクニクラフトシリーズ TK001/ 精密機械などに使われる精度の高いギヤボックスです。

内部のギヤが、太陽のまわりを回る惑星と同じように自転と公転をしながら動くことでその名が付けられた遊星ギヤーボックスの組み立てキットです。 精密機械などに使われる精度の高いギヤボックスです。 モーターのシャフトと同軸上にパワーが取り出せるのがポイント。 しかもモーターとギヤボックスが一体になっているのでコンパクトにまとまるのも特長です。 セットには4:1と5:1のギヤボックスがそれぞれ2個ずつあり、組み合わせることで4:1から最大400:1まで8種類のギヤ比が選べます。 また2種類のクランクアームもセットされ様々な動きを生み出せます。 ★完成時の全長90mm、取り付け幅40mm、全高38mm。 ギヤ比4:1,5:1,16:1,20:1,25:1,80:1,100:1,400:1。 モーター付き。 【テクニクラフトシリーズ】 さまざまなメカニズムの動きが楽しい動く工作。 主にモーターと電池を使った動く工作 のために、ハイグレードな材料を集めたシリーズです。 エンジニアリングプラスチックなど、新しい素材を多用したパーツは、ハイテックな感覚にあふれているのに加え、精度、耐久性の高さも特徴。 メカニズムの基本的な知識を身につけていただけると同時に 、いろいろな動きのくふうも楽しめます

送料無料
マテル 1/18スケール フェラーリ F10 F.アロンソ バーレーンGP エリートシリーズ

F1グッズ・ショップ Victory Lap

19,440

マテル 1/18スケール フェラーリ F10 F.アロンソ バーレーンGP エリートシリーズ

フェラーリ F10は、スクーデリア・フェラーリが2010年F1世界選手権に参戦用に開発したフォーミュラ・マシン。 フェルナンド・アロンソ搭乗車、カーナンバー8 移籍初年度マシン F10は、「2010年のF1参戦用マシン」を意味します。 前年型のF60より、フロントノーズが前方に長くなり、フロントサスペンション取り付け部分の前後は、モノコックの両端が持ち上がった形状となっています。 サイドミラーは、F60から引きつづきサイドポンツーン先端に装着され、支持ステーが整流フィンとしての役割も果たしています。 レギュレーションの変更に伴い第5戦スペインGPから、サイドミラーがコクピット両脇に移設されました。 ディフューザー設計の自由度を高める狙いから、エンジンとギヤボックスが前方に向かって3.5度傾けられており、車両後部を持ち上げられている設計になっています。 カラーリングはF60と同じく赤を主体としていますが、新たに前後ウイングが白に塗装され、2010年からフェラーリのスポンサーとなったサンタンデール銀行のマーキングが施されています。 エンジンカバーにはマールボロのロゴを模したと言われる赤・白・黒のバーコードのようなロゴが掲載されていました。 しかし、第5戦スペインGP前にイギリスの医師会から、このロゴがタバコ広告を連想させるサブリミナル効果を持っているのではないかと指摘されたため、第5戦スペインGP以降バーコードロゴが撤去されました。 第7戦トルコGPではバーコードのあった部分に800という数字を表示されました。 これは、フェラーリにとってのF1参戦800戦目を記念したロゴでした。 第8戦カナダGP以降はエンジンカバー部分に何もマーキングは施されず、赤一色となっっています。 フェラーリ2010年型F1マシンであるF10の開幕戦バーレーンGP...

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク