メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ギヤボックス」検索結果。

ギヤボックスの商品検索結果全8件中1~8件目

MATTEL 1/43 フェラーリF1 412T1Bベルガー ウィナー ドイツGP1994

グッドカンパニー

6,208

MATTEL 1/43 フェラーリF1 412T1Bベルガー ウィナー ドイツGP1994

商品名MATTEL 1/43 フェラーリF1 412T1Bベルガー ウィナー ドイツGP1994JAN0027084680447品番gmktb0029rww3u重量商品仕様商品説明412T1Bは、スクーデリア・フェラーリが1994年のF1世界選手権に投入した412T1を改良し、第7戦から投入されたフォーミュラマシンです。 ジョン・バーナードデザインの412T1をグスタフ・ブルナーが改良し412T1Bは、誕生しました。 1気筒あたり4バルブのV12エンジンと横置き(Traversa:横断)ギヤボックスを搭載した1代目のマシンということが名前の由来。 T1に冷却系統に問題があり、またシーズン中のレギュレーション変更などに振り回され、マシンデザインを変更せざるを得なかったシーズンでした。 ですが、軽く高出力の043エンジンを投入したことが功を奏しフェラーリにとって1991年以来の優勝をあげました。 こちらの商品は、1994年のF1世界選手権第9戦・ドイツGPでゲルハルト・ベルガーが駆りフェラーリにとって91年以来になる優勝をもたらしたマシンをモデル化したものです。 現在の明るいブライト・レッドではなく、深く濃い深紅を纏ったボディ。 現在ではホワイトで塗装されているフロントウイングも、漆黒のブラックで塗装され、サイドのエアロパーツなどもしっかりと再現されています。 コックピット内や小さいスポンサーロゴ、タイヤサイドの「GOOD YEAR」のマークの細かいところまで精密に再現されています。※ご注文タイミングやご注文内容によっては、購入履歴からのご注文キャンセル、修正を受け付けることができない場合がございます。※大型商品や一部の商品につきましてはメーカー取り寄せとなる場合がございます。

送料無料
マテル 1/18スケール フェラーリ F10 F.アロンソ バーレーンGP エリートシリーズ

フェラーリ・グッズの店 BENEROSSO

19,440

マテル 1/18スケール フェラーリ F10 F.アロンソ バーレーンGP エリートシリーズ

フェラーリ F10は、スクーデリア・フェラーリが2010年F1世界選手権に参戦用に開発したフォーミュラ・マシン。 フェルナンド・アロンソ搭乗車、カーナンバー8 移籍初年度マシン F10は、「2010年のF1参戦用マシン」を意味します。 前年型のF60より、フロントノーズが前方に長くなり、フロントサスペンション取り付け部分の前後は、モノコックの両端が持ち上がった形状となっています。 サイドミラーは、F60から引きつづきサイドポンツーン先端に装着され、支持ステーが整流フィンとしての役割も果たしています。 レギュレーションの変更に伴い第5戦スペインGPから、サイドミラーがコクピット両脇に移設されました。 ディフューザー設計の自由度を高める狙いから、エンジンとギヤボックスが前方に向かって3.5度傾けられており、車両後部を持ち上げられている設計になっています。 カラーリングはF60と同じく赤を主体としていますが、新たに前後ウイングが白に塗装され、2010年からフェラーリのスポンサーとなったサンタンデール銀行のマーキングが施されています。 エンジンカバーにはマールボロのロゴを模したと言われる赤・白・黒のバーコードのようなロゴが掲載されていました。 しかし、第5戦スペインGP前にイギリスの医師会から、このロゴがタバコ広告を連想させるサブリミナル効果を持っているのではないかと指摘されたため、第5戦スペインGP以降バーコードロゴが撤去されました。 第7戦トルコGPではバーコードのあった部分に800という数字を表示されました。 これは、フェラーリにとってのF1参戦800戦目を記念したロゴでした。 第8戦カナダGP以降はエンジンカバー部分に何もマーキングは施されず、赤一色となっっています。 フェラーリ2010年型F1マシンであるF10の開幕戦バーレーンGP...

送料無料
BBR MODELS 1/43スケール フェラーリ F10 Launch version 2010 【送料無料】

F1グッズ・ショップ Victory Lap

23,760

BBR MODELS 1/43スケール フェラーリ F10 Launch version 2010 【送料無料】

フェラーリ F10は、スクーデリア・フェラーリが2010年F1世界選手権に参戦用に開発したフォーミュラ・マシンです。 フェルナンド・アロンソ移籍初年度マシン。 F10は、「2010年のF1参戦用マシン」を意味します。 前年型のF60より、フロントノーズが前方に長くなり、フロントサスペンション取り付け部分の前後は、モノコックの両端が持ち上がった形状となっています。 サイドミラーは、F60から引きつづきサイドポンツーン先端に装着され、支持ステーが整流フィンとしての役割も果たしています。 ただし、レギュレーションの変更に伴い第5戦スペインGPから、サイドミラーがコクピット両脇に移設されました。 ディフューザー設計の自由度を高める狙いから、エンジンとギヤボックスが前方に向かって3.5度傾けられており、車両後部を持ち上げられている設計になっています。 カラーリングはF60と同じく赤を主体としていますが、新たに前後ウイングが白に塗装され、2010年からフェラーリのスポンサーとなったサンタンデール銀行のマーキングが施されています。 エンジンカバーにはマールボロのロゴを模したと言われる赤・白・黒のバーコードのようなロゴが掲載されていました。 しかし、第5戦スペインGP前にイギリスの医師会から、このロゴがタバコ広告を連想させるサブリミナル効果を持っているのではないかと指摘されたため、第5戦スペインGP以降バーコードロゴが撤去されました。 第7戦トルコGPではバーコードのあった部分に800という数字を表示されました。 これは、フェラーリにとってのF1参戦800戦目を記念したロゴでした。 第8戦カナダGP以降はエンジンカバー部分に何もマーキングは施されず、赤一色となっっています。 BBRの新しいシリーズ・「CONCEPT 43」シリーズ こちらの商品は...

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク