メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「キセルセット」検索結果。

キセルセットの商品検索結果全3件中1~3件目

銀魂 フィギュア ヴァリアブルアクションヒーローズ 坂田銀時 【新入荷・即納品】 VAH メガハウス

天天ストア 楽天市場店

9,600

銀魂 フィギュア ヴァリアブルアクションヒーローズ 坂田銀時 【新入荷・即納品】 VAH メガハウス

【入荷・即納品】大人気のアクションフィギュア、「ヴァリアブルアクションヒーローズ」にいよいよ「銀魂」が始動!第1弾は主人公「坂田銀時」!!幅広い可動範囲を持ち、アクションフィギュアとしての魅力は勿論のこと、全高18センチの大きさだからこそ表現できるディテール、造形、彩色再現!!また、作品中で見せる銀さんの多彩な表情や小物などのオプションパーツが充実!あのシーンやこのシーンなど様々なシチュエーションを再現可能です♪[商品内容]・彩色済み完成品アクションフィギュア・フィギュアサイズ:約180mm[セット内容]・フィギュア本体・表情パーツ3種・髪型パーツ4種・木刀・パフェ・スプーン・週刊少年ジャンプ・キセル・各種拳パーツ*商品画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。*本商品に付属するもの以外すべて別売りです。【注意】*ご注文のキャンセルはお承りできません。*発売月が異なる商品を同時にご注文された場合は分割配送(各送料)となります。(C) 空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス*メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています。銀魂 - ヴァリアブルアクションヒーローズ 第一弾 -【 坂田 銀時 】~ 彩色済み完成品アクションフィギュア ~

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 今様花魁煙管「静」 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

76,900

[煙管マイスター 飯塚昇作] 今様花魁煙管「静」 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

江戸時代の花魁煙管から紐解いた普遍的な美しい形を残しながら、現代のファッションにも調和する今までに無い鮮やかな色合いを融合させました。 200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
飯塚 昇 作 日本唯一の手作りキセル『七寸純銀手綱延』

Amazon

108,000

飯塚 昇 作 日本唯一の手作りキセル『七寸純銀手綱延』

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる)煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 プレゼントにも最適。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品

送料無料
飯塚昇 小錦二ツ銀 200年の伝統を持ち、巧みの技を極めた伝統の手作りキセル(きせる)(煙管) 飯塚昇 手作りキセル

Amazon

29,333

飯塚昇 小錦二ツ銀 200年の伝統を持ち、巧みの技を極めた伝統の手作りキセル(きせる)(煙管) 飯塚昇 手作りキセル

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 プレゼントにも最適。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品

送料無料
飯塚 昇 作 日本唯一の手作りキセル 『六角水仙赤銅四ツ銀』

Amazon

97,200

飯塚 昇 作 日本唯一の手作りキセル 『六角水仙赤銅四ツ銀』

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる)煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 プレゼントにも最適。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 四寸丸延二ツ銀 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

26,900

[煙管マイスター 飯塚昇作] 四寸丸延二ツ銀 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 銀丸六寸延 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

47,045

[煙管マイスター 飯塚昇作] 銀丸六寸延 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角女信形羅宇 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

48,500

[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角女信形羅宇 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角五寸延 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

52,283

[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角五寸延 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
飯塚 昇 作 日本唯一の手作りキセル 流昇形煙管『薄暮』

Amazon

86,400

飯塚 昇 作 日本唯一の手作りキセル 流昇形煙管『薄暮』

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる)煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 プレゼントにも最適。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 銀竹節延二段節 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

59,300

[煙管マイスター 飯塚昇作] 銀竹節延二段節 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 極細延煙管「花」 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

59,300

[煙管マイスター 飯塚昇作] 極細延煙管「花」 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

主張しすぎない美が「粋」という概念にはあります。特に粋な女性の傍らには、そっとその人の美しさを引き立てる道具があったりします。この煙管は、そうした美に敏感な女性の手元を彩るアクセサリーとなることをイメージして作られました。真っすぐな銀の延べ煙管が媚びない強さを感じさせると共に、控えめに彫られた花と蝶が優しさも感じさせてくれます。銀板を叩いて細く丸めることには高い技術を要し、飯塚氏ならではの作品ともいえます。 200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 流昇型煙管「薄暮」200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

83,711

[煙管マイスター 飯塚昇作] 流昇型煙管「薄暮」200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

火皿から雁首まで、接ぎのない一体型。角のない滑らかで柔らかな流線的なラインに仕上げました。鍛金の高い技術をもつ飯塚氏ならではの逸品です。「流」れるように立ち「昇」る煙と、形を生み出した飯塚「昇」氏にちなんで「流昇形」と命名しました。金工産業の盛んな燕市の煙管職人として様々な金属とその加工方法を知る飯塚氏。固定概念にとらわれない発想と高い技術が、新鮮で印象的な煙管を生み出しました。 200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

スポンサーリンク
スポンサーリンク