メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「キセルセット」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
飯塚昇 小錦二ツ銀 200年の伝統を持ち、巧みの技を極めた伝統の手作りキセル(きせる)(煙管) 飯塚昇 手作りキセル

Amazon

30,240

飯塚昇 小錦二ツ銀 200年の伝統を持ち、巧みの技を極めた伝統の手作りキセル(きせる)(煙管) 飯塚昇 手作りキセル

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 プレゼントにも最適。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 銀竹節延二段節 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

59,300

[煙管マイスター 飯塚昇作] 銀竹節延二段節 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角五寸延 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

53,900

[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角五寸延 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角女信形羅宇 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

48,500

[煙管マイスター 飯塚昇作] 六角女信形羅宇 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 四寸丸延二ツ銀 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

26,900

[煙管マイスター 飯塚昇作] 四寸丸延二ツ銀 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 銀丸六寸延 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

48,500

[煙管マイスター 飯塚昇作] 銀丸六寸延 200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

送料無料
[煙管マイスター 飯塚昇作] 流昇型煙管「薄暮」200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

Amazon

86,300

[煙管マイスター 飯塚昇作] 流昇型煙管「薄暮」200年の歴史を持つ伝統の手作り煙管キセル きせる

火皿から雁首まで、接ぎのない一体型。角のない滑らかで柔らかな流線的なラインに仕上げました。鍛金の高い技術をもつ飯塚氏ならではの逸品です。「流」れるように立ち「昇」る煙と、形を生み出した飯塚「昇」氏にちなんで「流昇形」と命名しました。金工産業の盛んな燕市の煙管職人として様々な金属とその加工方法を知る飯塚氏。固定概念にとらわれない発想と高い技術が、新鮮で印象的な煙管を生み出しました。 200年の歴史を持ち、匠の技を極めた 伝統の手作り煙管(きせる) 煙管はかつて東京、京都、福島、新潟などで作られていました。新潟県燕市の煙管作りは少なくとも200年の歴史がありますが、煙管職人の数は年々減少し、現在燕市における手作り煙管職人は飯塚昇氏ただ一人となっています。 昭和9年生まれの飯塚氏は、中学卒業後、同じく煙管職人であった父親の元に弟子入りし、その技と心を学びました。その後、紙巻きたばこが普及し、煙管の需要が減ると、一旦、電気機器の部品づくりの仕事に転職するものの、定年後再び、煙管職人としての道を選び、技を磨き続け、2012年4月には「にいがた県央マイスター」に認定されました。 煙管の製作は父の代から受け継いだ作業台が使われ、様々な種類の煙管を生みだしています。煙管の製作だけではなく、羅宇竹の買い付けに自ら国内外へ出かけるなど、ものづくりに対するこだわりは今なお健在。その煙管の一本一本が、伝統を引き継ぐ匠の技術に裏打ちされた、いつまでも飽きのこない、奥深い世界をつくりあげています。 飯塚昇氏曰く、一生面倒を見るというほど熱意を込められた逸品。プレゼントにも最適

スポンサーリンク
スポンサーリンク