メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「お城」検索結果。

お城の商品検索結果全1,111件中1~60件目

【ハウルの城とソフィー】ハウルの動く城スタジオジブリmini◆紙模型(ペーパークラフト/キット)◆インテリア小物、置物【みにちゅあーとキット/★2】

みにちゅあーとショップ

2,808

【ハウルの城とソフィー】ハウルの動く城スタジオジブリmini◆紙模型(ペーパークラフト/キット)◆インテリア小物、置物【みにちゅあーとキット/★2】

>>みにちゅあーとキットの作り方はこちらからどうぞ >>その他の“スタジオジブリmini"はこちらからどうぞ この商品について 商品名 スタジオジブリmini ハウルの動く城 【ハウルの城とソフィー】 セット内容 レーザーシートA~P(16枚) 緑セット(パウダー) ベース(1枚) 組み立て説明書 スケール Non-scale サイズ W60×D60×H60(106)mm ※()内はジオラマを乗せた時の寸法です 対象年齢 12才以上 組立て所要時間 約2時間~ スタジオジブリmini パッケージ W60×H60×D60mm ※写真の色調はご使用のモニターの機種や設定により、実際の商品と異なる場合があります。Non-scale スタジオジブリmini 【ハウルの城とソフィー】 MP07-31 スタジオジブリ作品の世界が“みにちゅあーと入門版"で登場♪ ■企画:スタジオジブリ・さんけい■ © 2004 Studio Ghibli - NDDMT #セット内容 ハウルの動く城の箱の中には レーザーシートA~P(16枚)とベース(1枚)、緑セット(パウダー)、 組立て説明書が入っています。 このハウルの動く城シリーズのキャラクターは服装なども厚紙パーツで貼り合せて作ります。色を塗るパーツが減りました。それぞれのパーツが細かいので慎重に♪ 一部カラーペンや色鉛筆等で塗り塗り♪細かいので慎重に(笑) zoom #組立てるとかわいい“ハウルの動く城"のあのシーンが完成♪ #組立てレベル★★☆☆☆ おばあさんになったソフィーが荒地の斜面を登った先でハウルの城と出会います☆ ところどころゴツゴツした大きな岩がある山道。ソフィーの足元にはヒンもいますね! ソフィーの目線でまで下げて見てください...

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】熊本城・二様の石垣

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】熊本城・二様の石垣

●画家名:内藤謙一 ●作品名:熊本城・二様の石垣 ●絵のサイズ:W52×H33,5cm ●額装サイズ:W70,5×H55cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「熊本城・二様の石垣」は、2017年に描かれた水彩画の絵画です。 この作品は2017年6月に開催された熊本の鶴屋百貨店での個展のために描かれた水彩画の絵画です。 熊本城は加藤清正が築き、のちに細川忠利が城主として入りますが、加藤時代の石垣を細川時代に拡張しています。 その様子がはっきり見て取れるのが二様の石垣です。 加藤清正時代の勾配の緩やかな石垣(右側)と、細川時代の勾配の急な石垣(左側)を一度に見ることが出来ます。 左側の急な石垣は「算木積(さんぎづみ)」と呼ばれる石垣の積み方で、石垣の角の部分には長方形の石を左右交互に積んであります。 そして右の緩い方の石垣は「穴太積(あのうづみ)」と呼ばれる石垣の積み方で、石垣の角の部分には同じような大きさの石を積んでいってます。 時代によって違う石垣の積み方を同時に見れて、石垣の積み方や角度がよく分かります。 内藤謙一さんの水彩画の絵画「熊本城・二様の石垣」は、熊本城の持つ歴史の奥深さを教えてくれます。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「熊本城・二様の石垣」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】鞠智城

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】鞠智城

●画家名:内藤謙一 ●作品名:鞠智城 ●絵のサイズ:W52×H33,5cm ●額装サイズ:W70,5×H55cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵・「鞠智城」は熊本県の北部、山鹿市にあります。 鞠智城は663年の「白村江(はくすきのえ)の戦い」で唐・新羅の連合軍に大敗した大和朝廷が日本列島への侵攻に備え、西日本各地に築いた城の一つで、九州を統治していた大宰府やそれを守るための大野城・基肄(きい)城に武器・食糧を補給する支援基地でした。 『続日本紀(しょくにほんぎ)』など、国の歴史書にも記載のある全国有数の重要遺跡として、平成16年2月27日に国史跡に指定されました。 周囲の長さ3.5km、面積55haの規模をもつ城で、八角形建物跡をはじめとする72棟の建物跡や、貯水池跡、土塁跡など、当時の姿を物語る貴重な遺構が相次いで発見されています。 内藤謙一さんが描いた水彩画の絵画・「鞠智城」は夕暮れの中に浮かぶ鞠智城がとても美しく郷愁感漂う水彩画の絵画です。 こんな絵画を見ながら悠久の時の流れに思いを馳せるのも乙なものかもしれません。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の山鹿の絵・「鞠智城」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】熊本城・宇土櫓と天守閣

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】熊本城・宇土櫓と天守閣

●画家名:内藤謙一 ●作品名:熊本城・宇土櫓と天守閣 ●絵のサイズ:W52×H33,5cm ●額装サイズ:W70,5×H55cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「熊本城・宇土櫓と天守閣」は、2017年に描かれた水彩画の絵画です。 この作品は2017年6月に開催された熊本の鶴屋百貨店での個展のために描かれた水彩画の絵画です。 在りし日の美しく雄大な夕暮れの熊本城を描いた素晴らしい水彩画の絵画です。 在りし日のというのは、2016年に起こった熊本地震により熊本城は大きく傷つき、今はこの姿を見ることはできません。 この水彩画の絵画に描かれている天守閣も宇土櫓も、完全復興までには20年以上かかると言われています。 内藤謙一さんは、悲しみに暮れる熊本の人々のせめてもの慰めになればと、この水彩画の絵画を描きました。 傷ついた熊本城を見るのは、熊本に生きる人々にとってはとても辛いことですが、みんなで一致団結して再びこの雄大で美しい熊本城を取り戻したいと思います。 この熊本城の水彩画の絵画を描いていただいた内藤謙一さんに、熊本市民の一人として心から感謝いたします。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「熊本城・宇土櫓と天守閣」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

【版画・絵画】ビュッフェ『キュラン城』リトグラフ■新品★

アート明日香

24,840

【版画・絵画】ビュッフェ『キュラン城』リトグラフ■新品★

商品の詳細 作家名 ベルナール・ビュッフェ 作品名 キュラン城 技法 リトグラフ 外径サイズ 92×73 cm 作品サイズ 65×50 cm 補足説明 作者版上サイン入り 額付 状態 新品 付属品 — エディション — ◆ ベルナール・ビュッフェ(Bernard buffet) ◆1928 7月10日、パリに生まれる。 美術学校で学ぶも、 母の死があり退学。 学友の家に滞在し、独自に制作を始める。1943 夜間講座に通いデッサンを学ぶ。1944 パリ美術大学に入学。ナルボンヌに師事する。1946 サロン・ド・モワン・ド・トランタンに初めて出品。1947 アンデパンダン展、サロン・ドートンヌに出品、 注目され始める。1948 第一回クリティック賞を受賞。 版画(ドライポイント)を始める。1949 ドルゥアンニダヴィット画廊と契約を結び、 毎年2月定期的に、主題を決めた新作個展を開催。1951 最高傑作とされる三部作「キリストの受難」を制作。1953 日本国際美術展に出品。1963 東京・国立近代美術館でビュッフェ展を開催。1971 フランス政府からレジオン・ドヌール勲章の シュヴァリエの称号を受ける。1973 静岡県長泉町駿河平に、世界ではじめての ベルナール・ビュッフェ美術館開館。1981 妻アナベルの文章と、ビュッフェの文字による、 「日本旅行」の挿絵のため24点のリトグラフを制作。1987 9月、名古屋市愛知県美術館にて展覧会を開催。1991 東京・京都国立美術館で回顧展。 静岡にベルナール・ビュッフェ美術館オープン。1999 10月4日、南フランスの自宅で逝去。享年71歳。 仏政府よりレジオン・ド・ヌールの称号を受ける。 ※ 本商品は、メーカー取寄せ商品の為...

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】熊本城・飯田丸五階櫓

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】熊本城・飯田丸五階櫓

●画家名:内藤謙一 ●作品名:熊本城・飯田丸五階櫓 ●絵のサイズ:W33,5×H52cm ●額装サイズ:W55×H70,5cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「熊本城・飯田丸五階櫓」は、2017年に描かれた水彩画の絵画です。 この作品は2017年6月に開催された熊本の鶴屋百貨店での個展のために描かれた水彩画の絵画です。 「飯田丸五階櫓」は「いいだまるごかいやぐら」と読みます。 熊本城にはかつて大小天守閣をはじめ、櫓が49、櫓門が18、城門が29もあり、特に五階櫓は築城当時6棟を数えたと云われています。 飯田丸五階櫓は加藤清正の重臣の一人である「飯田覚兵衛」が預かっていた曲輪(郭)にあることからこの名がつきました。 外観三層内部五階建ての櫓で、延べ床面積503平方メートル、石垣からの高さ14,3メートルで天守級の規模を誇ります。 飯田丸五階櫓は2016年に起こった熊本地震に被災し、一本足のように見える残った石垣だけで支えられ、何とか倒壊を免れました。 今現在は緊急の補強工事も終わり、元の姿に戻すべく努力がなされている状態です。 内藤謙一さんの水彩画の絵画のような飯田丸五階櫓の美しい姿を見るために、復興への協力をしていきたいと思っています。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵「熊本城・飯田丸五階櫓」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク