メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「いわさきちひろ」検索結果。

いわさきちひろの商品検索結果全245件中1~60件目

送料無料
絵画 いわさきちひろ はなぐるま 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ はなぐるま 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 はなぐるま 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 美登利 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 美登利 額 児童画 色紙 送料無料

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 美登利(童心社「たけくらべ」より) 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

いわさきちひろ『花の精』オフセットによる複製

アート静美洞

4,320

いわさきちひろ『花の精』オフセットによる複製

商品の詳細 作品名 花の精 作家名 いわさきちひろ 技法 オフセットによる複製 額寸 30×27cm 絵寸 26×23cm 新品 額付 ◆ いわさき ちひろ(Chihiro Iwasaki) ◆1918 12月15日、福井県武生市に生まれ。翌年、東京に移る。 本名、松本知弘(旧姓、岩崎)。1933 岡田三郎助に師事、デッサン・油絵の勉強をはじめる。1936 朱葉会女子洋画展に入選。 1937 小田周洋に師事、藤原行成流の書を習いはじめる。1942 中谷泰に師事、再び油絵を描きはじめる。1946 日本共産党に入党、人民新聞の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入る。赤松俊子(丸木俊)に師事。1948 新聞のカット・挿絵、絵雑誌、教科書の仕事の多く手掛ける。 1949 紙芝居「お母さんの話」を出版し、翌年、文部大臣賞を受賞。1956 小学館児童文化賞を受賞。1960 「あいうえおのほん」を描き、翌年、サンケイ児童出版文化賞を受賞。1964 安泰、遠藤てるよ、久米宏一、滝平二郎、東本つね、箕田源二郎らと「童画ぐるーぷ車」を結成。1971 「ことりのくるひ」を描き、73年、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。 1974 8月8日、肝臓ガンのため逝去、享年55歳。 没後、『戦火のなかの子どもたち』で、ライプツィヒ国際書籍展銅賞を受賞する。 三人姉妹の長女として生まれ、子どもをテーマにたくさんの作品を残す。明るく淡い透明な水彩画で、赤ちゃんや子どもたちの、色々な表情を生き生きと描き続けた。子供の発達段階を、数ヵ月の単位で、描き分けることができる観察力と表現力を有していました。たっぷりと水分を含ませて描く、透明感のある独特の画風が印象的な作品です。 他の◆いわさきちひろ◆作品を検索

送料無料
絵画 いわさきちひろ おつむてんてん 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ おつむてんてん 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 おつむてんてん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ チューリップのある少女像 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ チューリップのある少女像 額 児童画 色紙 送料無料

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップのある少女像 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

送料無料
絵画 いわさきちひろ ぶどうを持つ少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ ぶどうを持つ少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 ぶどうを持つ少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 草むらの小鳥と少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 草むらの小鳥と少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ チューリップのなかの男の子 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ チューリップのなかの男の子 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップのなかの男の子 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 五つぶのえんどう豆 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 五つぶのえんどう豆 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 五つぶのえんどう豆 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 -...

送料無料
絵画 いわさきちひろ ビーズの指輪をしたあかちゃん 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ ビーズの指輪をしたあかちゃん 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 ビーズの指輪をしたあかちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ あやとりをする少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ あやとりをする少女 額 児童画 色紙 送料無料

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あやとりをする少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 「紫色の馬と少女」 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 「紫色の馬と少女」 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 「紫色の馬と少女」 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ あかちゃん(絶筆) 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ あかちゃん(絶筆) 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あかちゃん(絶筆) 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 -...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 十五夜の子どもたち 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 十五夜の子どもたち 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 十五夜の子どもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 緑の風のなかで 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 緑の風のなかで 額 児童画 色紙 送料無料

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 緑の風のなかで 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

送料無料
絵画 いわさきちひろ わらびを持つの少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ わらびを持つの少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 わらびを持つの少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ チューリップと赤ちゃん 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ チューリップと赤ちゃん 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 チューリップと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ バラ飾りの帽子の少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ バラ飾りの帽子の少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 バラ飾りの帽子の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ あかちゃんのくるひ 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ あかちゃんのくるひ 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 ■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あかちゃんのくるひ 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 -...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 小鳥と少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 小鳥と少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 小鳥と少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ マフラーをした少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ マフラーをした少女 額 児童画 色紙 送料無料

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 マフラーをした少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 貝殻と赤い帽子の少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 貝殻と赤い帽子の少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 貝殻と赤い帽子の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ アヒルとクマと赤ちゃん 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ アヒルとクマと赤ちゃん 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 アヒルとクマと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ くちもとに指をそえた少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ くちもとに指をそえた少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 くちもとに指をそえた少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 和服の少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 和服の少女 額 児童画 色紙 送料無料

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 和服の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 - サンケイ児童出版文化賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 「母の日」 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 「母の日」 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 「母の日」 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ すすきと子どもたち 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ すすきと子どもたち 額 児童画 色紙 送料無料

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 すすきと子どもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 子犬と雨の日の子どもたち 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 子犬と雨の日の子どもたち 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 子犬と雨の日の子どもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ シクラメンと2人の少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ シクラメンと2人の少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 シクラメンと2人の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 暖炉の前でネコを抱く少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 暖炉の前でネコを抱く少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 暖炉の前でネコを抱く少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 花の国のこどもたち 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 花の国のこどもたち 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 花の国のこどもたち 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 毛糸を編む少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 毛糸を編む少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 毛糸を編む少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ ピンクのうさぎと赤ちゃん  額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ ピンクのうさぎと赤ちゃん 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 ピンクのうさぎと赤ちゃん 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 赤い毛糸帽の少女 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 赤い毛糸帽の少女 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ 水仙と母子像 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 水仙と母子像 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。 送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 水仙と母子像 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ  華の精  額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ 華の精 額 児童画 色紙 送料無料

横の商品画像をクリックして頂きますと画像が大きくなります。送料無料 作品名:いわさきちひろ色紙 華の精 額付き 作家名:いわさきちひろ 作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居...

送料無料
絵画 いわさきちひろ あごに手をおく少女 額 児童画 色紙 送料無料

古都-京都 掛け軸専門店 文永堂

4,590

絵画 いわさきちひろ あごに手をおく少女 額 児童画 色紙 送料無料

■商品詳細 作品名:いわさきちひろ色紙 あごに手をおく少女 額付き 作家名:いわさきちひろ ■作家履歴 1918年 - 12月15日、陸軍築城本部の建築技師である岩崎正勝と、女学校の教師である 文江との間に、母の単身赴任先福井県武生市で長女として生まれる。 1919年 - 東京都に移る。 1933年 - 岡田三郎助に師事し、デッサン・油絵を習う。 1937年 - 小田周平に師事し、藤原行成流の書を習う。 1939年 - 4月、婿養子を迎え結婚。6月、夫の勤務地である満州・大連に渡る。 1940年 - 2月、夫の自殺により帰国。 1942年 - 中谷泰に師事し、再び油絵を描き始める。 1944年 - 4月、女子義勇隊に同行して満州・勃利に渡る。夏、戦況悪化のため帰国。 1945年 - 5月、空襲で家を焼かれ、母の実家長野県松本市に疎開。終戦を迎える。 1946年 - 疎開先の松本で日本共産党に入党。同年上京して人民新聞社の記者となる。 日本共産党宣伝部・芸術学校に入り丸木俊に師事する。 1949年 - 松本善明と知り合う。紙芝居『お母さんの話』を描き、翌年文部大臣賞を受賞する。 1950年 - 1月、松本善明と結婚。 1951年 - 4月、長男・猛誕生。 1952年 - 東京都練馬区下石神井に家を建てる(後のちひろ美術館・東京)。 1974年 - 8月8日、肝臓癌のため死去。享年55。 1977年 - 9月、自宅跡地にいわさきちひろ絵本美術館(後のちひろ美術館・東京)開館。 1997年 - 4月、長野県安曇郡松川村に安曇野ちひろ美術館開館。 ★ 受賞歴 1950年 - 文部大臣賞(紙芝居『お母さんの話』) 1956年 - 小学館児童文化賞 1959年 - 厚生大臣賞(紙芝居『お月さまいくつ』) 1961年 -...

いわさきちひろ 『枯葉の中の少女』複製画ポスター額縁付き

内田画廊

5,040

いわさきちひろ 『枯葉の中の少女』複製画ポスター額縁付き

■枯葉の中の少女 青春時代に戦争を体験したちひろは「世界中のこども みんなに、平和としあわせを」ということばを 残しています。 ちひろが描いた子どもや花は、今もいのちの輝き、 平和の大切さを語り続けています。 ■いわさきちひろ(1918~1974) 福井県武生市(現・越前市)に生まれ、東京で育つ。 東京府立第六高等女学校卒。 藤原行成流の書を学び、絵は岡田三郎助、中谷泰、 丸木俊に師事。 1946年 日本共産党に入党。 1949年紙芝居『お母さんの話』を出版、翌年文部大臣賞受賞。 1950年松本善明と結婚、翌年長男猛を出産。 1952年、下石神井 (東京・練馬)に自宅兼アトリエを建てる。 1956年小学館児童文化賞、 1961年産経児童出版文化賞、 1973年『ことりのくるひ』(至光社)でボロー ニャ国際児童 図書展グラフィック賞等を受賞。 1974年肝ガンのため死去。享年55歳。 その他の代表作に『おふろでちゃぷちゃぷ』(童心社) 『あめのひのおるすばん』(至光社)『戦火のなかの子どもたち』 (岩崎書店)などがある。 作家名 いわさき ちひろ 題 名 枯葉の中の少女 技 法 プリント(ポスター) 画面の寸法 24.8x36.0cm 額縁の外寸法 44.6x56.0cm 額縁の仕様 パールホワイト色木製額縁 裏面に壁吊り用金具・ひも付き 額縁の窓 ガラス

スポンサーリンク
スポンサーリンク